俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:レザークラフト ( 231 ) タグの人気記事

ハーフウォレット完成♪



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

久々にちゃんとしたものを作ったような気がします。
革はレザーメイトさとうさんのSサドルのネイビーです。
パリッとしたとても良い革だと思います♪

紙で組み立てたサンプルを確認しながらの作業だったにもかかわらず、なんでここ漉いちゃうかな、、、とか言うミスもありましたがなんとか形にはなりました。
a0228364_08464790.jpg
中身はこんか感じです。
革の都合で当初の予定よりシンプルなものになりました。
a0228364_08470676.jpg
コインケースとカードケースが向き合っている構造で、あまり作った事がないです。
作っていく過程でうすうす感じていたのですが、予想通り物凄く使いにくいです(笑)
でも頑張って作ったので少しは使ってみようと思います。

次はiPhone Xカバー製作の予定です(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-16 09:01 | レザークラフト | Comments(0)

型紙を作る際の1つのヒント。あと中国製の劣化コピー商品はどうにかならないものか?

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

今日は型紙作りのヒントの1つになる記事です。
これは知っている方も多いかもしれませんが、型紙を作ったあとにそれを紙に写して切り抜きそれを組み立ててみたりする場合がありますよね。
新しい型紙を作っていきなりほんばに入ると予想だにしない構造のミスで革を無駄にしちゃう事ってあります。
紙で組み立ててみるのはそれを防ぐためにであったり、組み立てる順序の確認でもあったりします。
そこで組み立てる際、のりやセロテープで組み立てるのも良いと思いますが、ホチキスを使ってみるのも良い方法です。
ホチキスでとめるのが厳しい箇所は菱目打ちで穴を開けるのも手縫いするのも厳しい箇所です。
a0228364_22272405.jpg

こういうマチなんかはホチキスでとまらない場合があると思うんです。今回の型紙はここら辺を踏まえてホチキスで止められる構造にしてみました。そういう構造を考えてみるんです。
道具に合わせた構造にするという事でもあると思います。
a0228364_22290524.jpg

菱目打ちでキツくても菱ギリだったら大丈夫かな?ミシンならできるけど手縫いだと厳しいとか、、という考えかたもありますし、とにかく型紙を作りって難しいですね。僕は失敗だらけです。この型紙も修正します。

マチの構造は特に難しいと思いますが、既製品などをよく観察するのも良い方法です。
「仕立てやすい構造」で組み立てられている事がよく分かりますし、「効率よく無駄な作業やなを省き、それでいて使いやすい構造」のヒントが詰まっていると思います。
レザークラフトをやっている方なら構造を研究する目的でお財布とか見にお店にいったりしますよね(笑)

と、僕はこういう記事を多く書きます。

皆さんのブログやホームページを見ていると当たり前なんですが、「お客様向け」ですよね。僕のブログはどう見ても「レザークラフトをやっている方向け」です。。
商売人としては失格者です(笑)
まぁ、良いんです(とか言うとご飯が食べれなくなってしまうから目先の事をもう少し考える必要もあるんですが、、)
商売をしながらも僕が長期的に求めるものは「レザークラフト界が盛り上がる事」ですからね。
人口が増えないとメーカーさんが消えていくんです。そして困るのは僕のようなもの作りをしている人間なんです。
僕はいつでも5年後、10年後の事を考えています。

ヤフオクやメルカリなんて見てるとあい変わらず粗悪な中国製工具に満ち溢れてますね。。たまに掘り出し物があるからよく見てはいるんです。
最近SINCEなど質の良い中国製工具もでてきていますが、同様に見られてしまっているのでは?と思うとなんだかかわいそうです。

それで最近アクリル製の型紙、治具、定規なんかがとても目立ってきてますね。

アクリル製の型紙、、全部じゃないとは思いますが土屋鞄とかHERZ(ヘルツ)の製品からとった型紙、また日本のレザークラフトの参考書の型紙を多く見つけました。。当然良くない事だと思います。無許可のコピーですからね。作品の写真なんて無断掲載です。
a0228364_22503778.jpg
アクリル型紙についてもちゃんとオリジナルで作っている中国のメーカーはあります。これは上記のようなコピー品ではないのでそれなりの価格です。だから輸入して販売してもあまり利益にならないから日本で販売しようと思う人がいないんだと思います。

あと、アクリル製の定規、、
a0228364_22535050.jpg
こんなのを見るとあまりにも露骨なパクリで呆れてしまいます。
技術は盗んでも良いと思いますがアイデア丸パクリは良くないです。
こういう事例が目立つとやっぱり中国って嫌い、、とか思うのも当然ですよ。それでもって中国じゃ日本製の工具がかなりの高値で販売されてるなんていうのも嫌な話です。
地産地消してください。と切に思います。

ここからが真に言いたい事です。
こういうものを数十円、数百円、酷いものは数円で仕入れてヤフオクなどで販売しているのは間違えなく「日本人」なんです。
まぁ、輸入となると関税、為替、送料なんていのもあると思いますが商品の原価自体が恐ろしく安いので大した痛手ではありません。
こういう目先の利益のみ追求する「日本人」がレザークラフト業界を盛り上げようと頑張っている方々の足を引っ張っている事を自覚して欲しいですね。
中国に「コピー商品作るな!」と言うのが本来なんだと思いますが無駄だと思います。
僕もブログの写真を宣伝用に勝手に使われるなんて事も良くあるんです。それで抗議をしてみたこともあります。。でも何というか?言葉は通じるんですが、会話にならないんです。意思疎通ができません。
彼らの発言から分かるのは「コピーが悪い事」なんていう自覚が全くない事だけです。

うっかり間違えて、、うっかり知らずに、、なんて言うのは誰しもある事だし改善さえしてもらえれば大らかに許し合うべきだと思うんですが、
こういうのを販売している日本人はうっかり知らずに粗悪な工具や違法コピー品を売っている訳じゃないです。粗悪品なんていうのは原価の異常な安さで明らかにわかっている筈ですし、人気商品のコピー品なんかを仕入れている人は人気のある本物を知っているからこそ似たような安い物を発見して選ぶ事ができるんです。仕入先はほとんどが中国のネットショップサイトの淘宝(Taobao)です。
ヤフオクやメルカリなどで販売されているものがどれだけ安いか?がよくわかります。桁違いの安値に度肝を抜かれます。

つまり彼らのやっている事は「相当安いものを仕入れてそれなり高く売る。」という目先の利益を追求した故意です。
将来的にはメーカーさんが消えていく行為なんですよ。。
あと、知らずに買ってしまう初心者の方は工具が悪いから上手くできないだけなのにそれに気付かず、レザークラフトは難しいんだな。自分には向いてないのかな?なんて辞めてしまう方も多いでしょうから人口増の妨げだってしてるんです。

頑張っているメーカーさん、レザークラフト専門店さんなどは本当にユーザー目線でより良いものを必死で作ったり探したり選んだりして利益は企業努力でなんとかしているんだと思います。
「いい仕事は金にならない。」
以前こういう言葉を聞いた事があります。正にこんな感じですね。

色々ぐだぐだと書きました。僕なんかがこんな事を言っても無力なところもあるんですが、頑張っている方々の応援はしたいですから少しは抵抗したいですね。

こういう事を長々と書く時間があるのなら、僕は物作りをしなさい。という事ですね(^^;;
今リハビリを兼ねてハーフウォレット製作中です!ゆっくりですが頑張ります!

話はまるっきり変わりますが、今年の福島市は異常なまでの猛暑に見舞われました。しかも、嫁が自宅で熱中症になる。なんて事もありました。
だから止むを得ずクーラーはフル稼働でした。それでも全く部屋は涼しくならなかったので外気温が高過ぎるからなのか?
なんて思っていた最中ついに風すら出てこなくてなってクーラーの清掃をお願いしました。
お掃除本舗さんです。
a0228364_04505591.jpg
すると、
こんな毒液のような汚れが、、
a0228364_04550562.jpg

いや〜微風でもこんなに涼しくなるものか?というほどの冷風が、、無駄に電力を使ってしまい家計を圧迫させたとともに節電できなかった事で北海道の被災地の皆様に対しても申し訳ない気持ちにもなりました。震災に関しては僕も経験しているので人ごとには思えません。
こういうところからも節電はできるものだと思いました。よろしければ皆さんもクーラーの汚れなんか見てもらえればと思います。
やっぱりプロは違いますよ。

よろしければご覧下さい^_^

【お知らせ】欠品中の刻印や工具は2〜3週間前後で入荷予定です。

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-12 06:34 | 中国製の粗悪工具 | Comments(0)

革漉き機を使わないで段漉きしてみよう!



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

気圧の変化に弱いので偏頭痛に悩まされております(^^;)
まだ本調子ではなくしっかりとした作品を作ってはいませんが試作などは作れるようになってきて革を触る機会も増えてきました。
五助屋レザーさんは早くもBASEネットショップを再開しています(再度休養に入りますが)。思うように動けないなかでも強い精神力で頑張っている姿は見習わなければです。

でも工具は安定した購入しておりますよ(笑)

今回購入したのはSINCEのステッチンググルーバーです。
a0228364_02092489.jpg
日本ではまだ販売されていないので個人的に輸入してみました。
購入の決め手は「かっこいい」なので、本当は1,500円くらいのステッチンググルーバーでも全く問題ありません。
ただ、安いステッチンググルーバーってガイドの構造がいまいち好きではありません。薄い革だと外しちゃう事が多くて困っていました。ここら辺はこのグルーバー、見事にクリアーしてます。ガイドの構造が秀逸です。切れ味も良好です(^^)

ステッチンググルーバーはネジ捻同様、主にステッチの穴明けのガイドとして使う工具です。
a0228364_03371321.jpg
a0228364_03374515.jpg

銀面に溝を掘りそこに穴開けをして縫うと糸が埋まるので糸切れ防止の効果もあると思いますが、銀面を切る分革の方は強度が弱くなるのでしょうか?
あと、失敗してズラしてしまうとアウトという恐ろしさもありますね(^^;)

ちなみにアメリカだとステッチンググルーバーが良く使われていますよね。

余談ですが糸の強度に関して、

糸も麻糸だと革より糸が切れるので革へのダメージが少ないです。補修しながら使う感じですね。ビニモなどの化繊糸だと糸切れしにくい代わりに革の方が先に切れる。まぁ、革が切れると言っても毎日使って20年とか30年後、と言った感じだと思いますが、、
これは手縫いの場合です。ミシンの場合は化繊糸でも革へのダメージの前に糸が切れる。一箇所切れると解れるように糸が抜けていくというイメージでしょうか?

ついでに言うと、縫製にも様々な方法がありますが、それぞれに利点と欠点があるので「単純に手縫いだから頑丈、ミシンはすぐに糸が切れる。」とかいう訳ではないです。
内縫いのカバンなんかだと、ミシンは手縫いで難しいほどの細かい目でも縫えますから糸が表に出る事もありませんからミシンの方が頑丈です。あと、柔らかい革は断然ミシンの方が縫いやすいです。
合理的に考えるとミシンは早く手縫いは時間がかかります。もちろん手縫いのほうが頑丈だとは思いますが、そこまで強度が必要ないところはミシンの強度で充分です。
ミシン縫いは強度がない。なんていう事は全くないです。
糸の両端に針をつけて交差させる手縫いはアメリカではサドルステッチという技法で、その名の通りサドル(馬の鞍)を作る時の手縫いです。やはり人と馬の命にかかわるものですからね。悪意を持って全力で引き千切ろうととしても切れない、それだけ強度に拘る必要があると言う事です。逆に言えばお財布にそれだけの強度は必要ないとも言えると思います。
僕が手縫いしかしないのは、手縫いに拘っている訳ではなく単純にミシンを上手く使えない。というだけです。
今は改造アンティークミシンを使っていますが、ゆくゆくはしっかりとしたミシンを購入して適材適所で活用したいです(^^)

まとまりのない余談でした。失礼。

話をステッチンググルーバーに戻します。
僕の場合、穴開けのガイドは「捻」を使います。
どういう場面でよく使うかと言うと床面の溝掘りです。

ではステッチンググルーバーを使って均等な厚みに段漉きしてみましょう(^^)
1回だと溝が浅いと思ったら何度か同じ溝を掘ってみると均等な溝ができます。
段漉きは少し厚めの革じゃないと立体形成が決まりません。2mm厚以上ら欲しいところです。漉くのはだいたい1/2と言った感じでしょうか?
a0228364_02204729.jpg
それで、この溝に合わせて革包丁で漉きを入れます。
a0228364_02231402.jpg
基本的に革包丁は押すだけでは切れません(場合によっては押しますが力が必要)。
右利きの方でしたら、右横にスライドさせる様な感覚で押すと上手く切れますよ(^^)

と、こんな感じに上手く漉けました。
a0228364_02260181.jpg
革包丁の代わりにSINCEのエッジャーやフレンチエッジャーで漉くのも良い方法だと思います。
下の写真は段漉きをするために作られたSINCE のエッジャーです。構造的にはフレンチエッジャーですが、片側だけ彫刻刀でいう三角刀のような形状になっています。
a0228364_03551716.jpg

グルーバーで掘った溝にあわせて、
a0228364_03551866.jpg
漉いていきます。
a0228364_03551831.jpg

a0228364_03551939.jpg
なんだかこっちのほうが上手くいってますね。
相変わらず良く切れます。

段漉きを入れて立体形成した後に縫製すると糸スレ防止になりますし見た目もスマートな感じになります。
革漉き機だと簡単に均等に漉けます。だからといって気軽に導入できる機械でもありませんよね(^^;)
そこで開発されたのが段漉きに特化したSINCEのエッジャーだと思うのですが均等な厚みに漉くのがちょっと難しいです。
立体形成は段漉きでも斜め漉きでも良いのですが、厚みが均等というのが肝です。
ここら辺ははっきり言って僕が語るところではありません。五助屋レザーさんのブログにいっぱい書いてありますので探してみてください。探しついでに記事読破してみたらいいですよ。当然僕は読破しています。

革漉き機だとキツイ細かなところは今でもこの方法で段漉きしています。一つの方法としてよろしければ参考にしてみてください(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-01 23:49 | レザークラフト | Comments(0)

高級チャイニーズ工具のレビュー(1)


こんばんは(^^)

いま革製品の製作をほとんどせず、スーベル ナイフ、手縫いの練習や研ぎなどばかりしています。
なのでアップできる作品がありません(^^;)

その間に購入したこチャイニーズ工具のレビューをしてみたいと思います。

まずはクラフト社からFLINT 、協進エルからSINCE、、この2社が同時期に発売になった事が謎でした。また、なかにはお互いの工具がかぶってたり。。

高級ツールをうたっているだけあって、今までの粗悪なチャイニーズ工具とは全く違い細かなところで気になることは多いのですが、クオリティーの高い良い工具だと思います。
ただ、クオリティーが高いと言いましたが、僕が思うに「コピーの質が良くなった。」といった印象です。
日本、アメリカ製のコピーが露骨過ぎて、せっかくの出来栄えも素直に受け止められません。

という事でいっぱい買った工具を少しずつレビューしてみます。
まずはFLINTのエッジャー(ヘリ落とし)です。
0番と1番を購入してみました。
a0228364_22332608.jpg

しっかり研いであるので最初からかなりサクサク切れます。ちょっとびっくりする切れ味ですよ。
横から撮った写真
a0228364_22350373.jpg
明らかにRが違うのは謎です(^^;)

このエッジャーは研ぎ方が特殊でメーカーの説明によると、よくあるこの研ぎ方はしちゃいけないんです。
a0228364_22390627.jpg
厚めの床革を研ぎたいエッジャーで落とします。
a0228364_22402802.jpg
ここにルージュスティックを塗って、
a0228364_22405562.jpg
こうやって手前に引いて研いでくださいというのです。。
a0228364_22413999.jpg
いやいやいや、、ルージュスティックだって研ぐとは言いますが青棒なんて鏡面仕上げ用で研磨能力なんてほとんどないです。
僕は刃物に革の渋がついて滑りが悪くなってしまったとき、その渋をとるという認識で使っています。

裏側の溝の型を変えちゃいけないようにこういう風にして、、と書いてあるんですが、、
僕が思うにルージュスティックしか使えないという事は耐水ペーパーや砥石で研げないと解釈します。

これは構造的な問題もあると思います。
先ずは刃の厚みが薄い、約1.5mmです。
a0228364_22490300.jpg
それで裏側なんですが、これがかなり溝が深いんです。測ってみたら約0.7mmでした。
a0228364_22501706.jpg
かなりの本数、多くのメーカーのヘリ落としを持っていますがここまで深い溝は初めてです。

それで表の溝が約0.5mm
a0228364_22514968.jpg

つまり刃厚約1.5mm、表の溝約0.5mm、裏の溝約0.7mmなので真ん中の部分の厚みは約0.3mmともう本当に薄いんです。
こんなに薄いところを耐水ペーパーや砥石で研いだら結構早く貫通すると思います。鋼材自体はなんなのか知らないのですが、刃持ちが悪いので頻繁にルージュスティックを使っています。
研げないっていうのは大きな欠陥だと思います。。なんだかバリもすごかったですし。。

と思っていたら、このエッジャーの倍の価格で硬い鋼材使ったスペシャルエッジャーなるものが新発売になって、あれっ?と微妙な気分でした(^^;)

「研げない刃物は刃物じゃないです。」

次にこれもFLINTのエッジプレッサー
a0228364_22595556.jpg
使用目的はフチの立体成型、形状は露骨なまでにフロンティアさんのヘリ押さえ捻(押し捻)6Tさんのプレスエッジャーのコピー。今回新発売になったチャイニーズ工具の中で一番腹が立ちます。

でも、フロンティアさん、6Tさん、開発に携わった五助屋さんが考案したなかでも肝の部分が無視されています。わからないで形だけ真似しているんだと思いますよ。

色んな角度からの写真を貼りますが、製作者、開発者、本物を持っている方は違いが分かると思います。
a0228364_23064870.jpg

a0228364_23064834.jpg

a0228364_23064940.jpg

a0228364_23065022.jpg
接地面のRが逆についてますし、色んな厚みの革に対応できる構造ではありません。
細かなところですが、細かなところが肝心!
日本の職人さんはこんな適当な仕事はしません。

でもFRINTはSINCEと違って無駄に豪華な箱に入れていないのは良いですね。
a0228364_23101893.jpg
今回は最後にクラフト社のミストスプレー
a0228364_23114949.jpg
最高級霧吹き機とは比べちゃダメですよ。
でも100均の安い霧吹き機とは比べものになりません。強く握ると少しの間、霧を吹き続けるのもなかなか良いです。
意外と大きいな、と思ったのですが講習会とかの持ち歩き用、教室用と2つ買ってみました。
こういう良い新商品もでてますね(^^)

今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2018-06-27 23:32 | レザークラフト工具 | Comments(0)

驚くべきチャイニーズカーバーの技術!なのにがっかりの中国製工具、、

こんばんは(^^)

皆さんに少しでも良い報告ができるのを嬉しく思っています。
僕の睡眠時無呼吸症候群について、これからずっと寝る時は呼吸器をつけた状態なんですが、先日の診察で「正常値になりましたね。」と言われました。
呼吸器に挿入しているメモリーカードを持って行っていくと、呼吸器に内蔵されているセンサーの読み取ったデーターで呼吸が正常か?がわかるなんて凄いですよね。医学の進歩って凄いな。。って思います。

ちゃんと寝れるって幸せです。

それで話題は革の話に移ります。今日までだったんですが、荻窪のクラフト社で今年の3月に中国で開催されたA4サイズのカービングコンテストに出品のあった実物の作品展示会が開催されていたんです。
僕は見に行けなかったのですが図録を手にしました。
a0228364_21552696.jpg
その図録には100を超えるカービング作品が掲載されています。
いや、、技術の高さに目がくらみそうです(^^;)

唐草からフィギュアカービングまで本当に多くの技法を用いた作品が多くあります。そのなかでもシェリダンスタイルカービングの作品は相当数です。

図録を見たところ、芸術家と言える方からホビーとして楽しんでいる方と幅広いカーバーさんが参加しているようでした。
多分ホビーで楽しんでいる方々だと思いますが、日本、アメリカ、台湾のカーバーさんの図案をそのままカービングしている方も多かったです。
これはアメリカのコンテストでも良くある事なので悪い事ではないんだと思います。あくまで僕の考えですけどね(^^;)
ちなみに、WOULD LEATHER DEBUTは別格のコンテストなので図案描けないと通用しないです。

その各国の中でも群を抜いて日本のカーバーさんの図案をカービングしている方が多かったのが印象でした。日本から技術が伝わっている証拠だと思いますし、なんだか敬愛してくれているのかな?なんて思うと同じ日本人として少し嬉しい気持ちもあります。

中国では昨年だと思いますが、「深セン市皮彫刻芸術促進会」なるものが結成されて革工芸業界の発展、技術の継承、革工芸技術検定なるものまであるのです。
それに大きく関わっているのがクラフト社です。皆さんご存知クラフト学園の小屋敷清一さんはこの会の名誉会長だったりします。

日本では残念な事に今年の頭に日本革工芸会が解散となってしまいました。日本で唯一の公募展がなくなった事を残念に思います。
数値として分からないレザークラフト人口ですが、こういう事実があると、衰退しているのでは、、と否が応にも思ってしまいます。

レザークラフトは仕事とするとそれはもうキツイですが、趣味としては長く続けられる良いものだと思いますので皆さん気長に楽しみましょうね(^^)

ここからガラッと話が変わって凄ーく非対称的な話です。
「物作りは道具ありき」
僕はそう信じます。

極端な話、カービングだと良い革、良い刻印、良い道具、良い刃物を使えば良い作品が作れるんです。それ以上に良い作品は腕も必要なんだと思います。その逆もしかりで、どんなに腕があっても上記がかけると上手くカービングできません。

ただし、良い道具というのは高ければ良いと言う話ではなく、自分の表現したいものを作れる道具が本当に良い道具です。
例を挙げるとクラフト社の500円くらいで買える通常刻印、これは世界一の通常刻印です。言い切ります。鋳造ですが、最後の仕上げは職人さんによる手作業ですからね。


良い物を見抜くというのは難しく感じるかもしれませんが、人として信頼関係を築けると任せて安心です。

ちょっと前置きが長くなりました。
かなり凄いな、、と思い始めてきた中国なんですが、、
クラフト社のFRINT TOOL、協進エルのSINCE TOOL、、これらは中国製の高級、高品質ツールとして発売されていますが、日本の大手メーカーではないツールメーカーのアイデアのパクリが露骨過ぎます。
また、パクリパクリうるさいな!と言われようが言います。文句は買ってから言ってください。
一番酷いと思ったのがFRINTのエッジプレッサー、、フロンティアさんの押し捻のアイデア丸パクリですよ。開発に携わった五助屋レザーさんだってかわいそうです。
こちらは注文済み、到着待ちです。

それでSINCEのヨーロッパ菱ギリ、こんな工具は6T leather worksさんさんが開発して発売されているヨーロッパ菱ギリと6Tawl 以前はこんな名前の工具はなかったんですよ。
a0228364_23005515.jpg
a0228364_23010510.jpg
形状は似てますが真意を外していると思います、、つめが甘い。

僕個人としてはSINCEのワイド・ネジ捻とFRINTのEUクリーサーやらもなんだかモヤモヤしますね。

SINCEのワイド・ネジ捻
a0228364_23023742.jpg
こっちは太い飾り捻を入れる工具で

EUクリーサー
a0228364_23095970.jpg
こっちはヨーロッパ目打ち用の捻だそうです、、
形状と説明は違えど、どちらもヨーロッパ目打ち用の捻として使う道具じゃないのだろうか?

FRINTからでてるコバ磨きのツールなんて中国で信じられないくらい安いツールと同じものとしか思えません。
a0228364_22530848.jpg
これ↑
nijigami toolさんのと形がそっくり。

SKIVER(SINCE EDGER)なんて、アイデア的に物凄く良いと思っていたから黙っていましたが、柄はRon’s toolの丸パクリです。
上がSINCEのSKIVERで下がRon’s toolのEDGERです。
a0228364_22575694.jpg
他にもあるんですが、これくらいにしようと思います。
もしかしたら、こんなパクリどうでも良い。程度の低い真似だから全く気にしていない。なんていう誇り高いツールメーカーさんがいましたら、僕なんて1ユーザー、1ファンというだけなのに勝手に怒り心頭になっていてすいません。

随分前にも言ったかもしれません。

僕は工具職人さん、刃物職人さんを尊敬しています。

日本の職人さんっていうのは元々昔からあるものでも、アイデアと技術によって更に良い新しい物を作り出すところに真髄を感じます。
あと、僕にとっては、技術、責任感、覚悟を兼ね備えた崇高な存在です。

新しく考えた工具をいざ発売しようと思っても、まず行動に移すのが難しいです。狭い業界でレザークラフトの発展のためとはいえ、親しき仲にも礼儀あり、誰かと似たような工具作るときは事前の根回しだって大切です。あと、本人は凄く良いアイデアだと思っても売れるとは限りません。ヒットするのはごく僅かです。試作に試作を重ねても予想だにしない不具合がでる可能性だってあります。下手したら怪我だってします。
僕が思うに1番大変なのは、大手メーカーさん以外の個人メーカーさんはお客様と対面、誰が作っているか?を知らせながら売らないといけないから、責任感と覚悟も大手メーカーさんのような輸入代理店とは雲泥の差だと思います。
僕がツールを作って販売するのが怖い理由はここにあります。

僕は革製品販売と教室ですが、お金をもらっている以上、いまでも作って渡したは良いけど気に入ってくれなかったらどうしよう。。教えたは良いけどとんでもない嘘教えてたらどうしようとか悩むんです。
でもこれらは覚悟があるからやっています。
だから技術向上を追求しますし、色んな書籍を読んだり海外にも目を向けますし、本場のクラフトマンからアドバイスをいただけるコンペにも果敢に挑戦します。工具だって実際に使ってみないとわからないですから自信を持って生徒さんにオススメするための知識を身につけるための出費は惜しみません。

今はその覚悟を持つ自信がなくて休んでいるんだと思います。覚悟ってパワーが必要ですからね。しっかり充電させていただきたいと思います。暖かい目で見てくだされば幸いです。

グダグタと長文乱筆失礼、
また、繰り返しになりますが勝手に日本の工具職人さんの名前を出しました事を謝罪します。

散々悪い事を書きましたが、買ってから加工しなくてもすぐに使えるという意味では頑張っているな!と思いましたよ。
このFRINT のヘリ落としなんて日本の刃物には遠く及ばないものの、しっかり研いであるので良く切れますよ。結構びっくりしました。
ただ、構造上、ちょっと脆いな、、とも思っていた矢先、このヘリ落としのハイグレード版が新発売になって、「え〜〜」という感じでした(笑)
a0228364_23441824.jpg
レビューは後ほど♪

おまけ♪
こんな怒り心頭な雰囲気を察したのだろうか?
ネコカフェに行ったのだが、、
a0228364_00103510.jpeg


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2018-06-20 00:03 | レザークラフト工具 | Comments(4)

プレスエッジャーを使ってみての感想(^^)

こんばんわ♪

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

いつ入荷するのだろうか?と心待ちにしていたプレスエッジャー、、6T leather worksさん製です。
五助屋レザーさんのBASEカートショップで先日販売されたのですが、激しい競争を勝ち抜き手に入れました。お気に入り登録をしていたので通知が来てから30秒で購入手続き完了させました。3分で完売したそうですよ(^^;;

僕が実際に使ってみた感想を言うとフロンティアさんのツール同様入手困難になる工具です。これは間違えないと思います。
間違えなく形だけ真似した工具ではなく色んな工具を研究したり、もしかしたら色んな方からアドバイスをもらったのでは?と思います。

まずは写真を、
見た目だけで感じたのはシャフトの形状からくる強度の危うさでしたが、手にとってみたら十分な強度もありますし、そんなに力を入れなくても先端の一点に力が集中するので軽く押してす〜っと押す感じです。問題ないと思います。このカッコいい形状にした理由はわからないのですが、同様の形状をしているアメリカ工具のクリーサーとの違いを意地で表現したものなのかな?とも思います。もしかしたら理由があるのかもしれないので今後色んな持ち方をして研究してみたいと思います。
a0228364_20423205.jpg
オールハンドメイドのとても手の込んだ作りです。僕や五助屋レザーさんだったら、「割りが合わないから作らない。」というくらいの手間がかかっていると思います。
今回は急な買い物であったため、嫁には事後申告の事後プレゼンです。
a0228364_20452104.jpg
まぁ、五助屋レザーさんのところで買ったと言えば納得してくれるんですけどね(笑)

このプレスエッジャー、、本当は先日五助屋レザーさんの工房に行った時、これからまさに販売開始という感じで少し触らせてもらっていたんです。その時点でもう良さがわかったので、本当はその場で買いたかったんですが、全国の皆さんは激しい競争で買うわけだから僕だけ直接競争なしに買うのは卑怯だと思い、その場で売ってください!とは言えませんでした(^^;;
それに激しい競争を勝ち抜いて手に入れたほうが嬉しいに決まってますからね♪

それで早速なにか簡単なものを、、と思い、レザーメイトさとうさんで購入したSオイルの黒、茶、焦茶を使ってロディアケースを作ってみました♪
a0228364_20544665.jpg

a0228364_20544705.jpg

a0228364_20544816.jpg
オイル感がありながらもパリッとした仕上がりの革で作りやすい革ですね(^^)
作りやすい革は良い革です。

レザーメイトさとうさんの菱ギリも使いましたよ。最初から研がれていて理想的形状に仕上がっている貴重な工具です。
工具とはこうあって欲しいと切に願います。
レザークラフトの工具は研がないと使えない。。なんて時代は終わって欲しいですね(^^;;
a0228364_21391325.jpg

久々だったのですが、フチの立体形成をやってみました。構造をみたら、もしかしたら少し薄い革でもいけるんじゃないか?と思いました。
今回は2ミリ厚の1ミリ漉きです。本当はもう少し厚い革がベストだと思います。

こんな感じに漉いて、
a0228364_20582694.jpg
プレスエッジャーで段に落とします。
a0228364_20592161.jpg
a0228364_20593791.jpg
思った通りかも??
フロンティアさんの押し捻よりエッジが立っているような感じがしたんです。その分シャープに落ちますね。あと、操作性も良いです。安定感があるのでまず外さないですね。
五助屋レザーさんのブログでも、溝捻やネジ捻を引いてからじゃなくて、単体でもいけると書いてあったのはこういう事じゃないでしょうか?

形状、機能的なところはここら辺の工具を一つにまとめた感じでしょうか?
押し捻、クリーサー、もしかしたらカバン職人さんとかが使う加工済みフチ捻?
a0228364_21034434.jpg
革を押す力と言う事に関してはアメリカの工具である。真ん中のクリーサーが理想的な形状なんだと思います。この曲がったシャフトは操作性がよく、体重をちょっとかけられる感じで強い力をかけられます。
ちなみにクリーサーは漉きなどせずに力で沈める感じです。
ただ、これは持っている方なら分かると思うのですが、クリーサーは押す面の先端に力が集中するのではなくちょうど中心に力が集中するんです。その分入り組んだカーブがきつかったりします。
あと、クリーサーは平らに段に落とす訳ではなく玉捻のような装飾を施しながら革をグッと押す感じです。なので使用目的は全く違います。

プレスエッジャーに関しては先端に力が集中します。だからクリーサーほどの力を要しません。シャフトがクリーサーの形状であるため力の入り具合と操作感は押し捻より良好に感じます。

ただ厚い革から薄い革、対応範囲は押し捻の方が範囲が広いです。プレスエッジャーも立てたり寝かせたりすればあらゆる革の厚みに対応できるのですが、構造的に押し捻のほうが操作しやすいです。これは持ち方を色々試したりして見ようと思います。

これはもしかしたら間違えているかもしれないんですが、先端に僕がよく欲しがる本当に気づかないようなカーブが入っているような感じがするんです。気のせいかな??気のせいかもしれないです、、自信がないです。
(五助屋レザーさんに確認したらやっぱり意図的にRをつけているとの事でした。)

とにかく良い工具で手に入れる事ができて非常に満足しているのですが、どこかに屋号を刻んで欲しかったです。もし、これが実現したら僕が持っているものは初期ロットになる訳なのでこれはこれで嬉しいですが(笑)

需要と供給のバランスがすでに崩れる工具だと思います。皆さんにお待たせするも申し訳ないと思うのですが、クオリティーを保って欲しいな。と思います。

もう一度言いますが、僕だったらこんな手の込んだ割りの悪い仕事はしません。
まぁ、やれと言われてもできませんが(笑)

僕なりの勝手なレビューでした。失礼。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-11-24 21:56 | レザークラフト工具 | Comments(2)

夏休み企画!家族を説得し工具や革をスムーズに買うためのテクニック

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室、オーダーメイド販売、工具販売などをしておりますHandmade leather goods t.kannoです。

世の中がまだお盆である事を今日知りました。。ここ数年こんな感じです(笑)

カートショップサイトBASEで昨日から販売させて頂いております。ベベラなのですが本日完売してしまいました。本当にありがとうございますm(_ _)m
次回入荷が未定でいつになるかわからないのですが在庫確保できた際はまた改めてこのブログでお伝えさせていただきます。

そして以下の日程でBASE主催のキャンペーンが開始されました。アプリ限定のキャンペーンなのですが僕の方でも近日とは把握してなんとなく告知していたのですがこんなに早く始まると思いませんでした。タイミングが非常に悪くて大変申し訳ないです。

9月3日(日)まで】アプリ購入限定!10%OFFクーポンをプレゼント!
BASEアプリの300万ダウンロード突破を記念して、10%OFFクーポンをプレゼント! 商品購入画面でこちらのコードを入力してください《base300ajo》

という内容でアプリのトップ画面に詳細が記載されていると思います。

スマホアプリ限定のクーポンです。パソコン購入からですとクーポンを使えないのでご注意ください!!
是非お得にご購入して頂きたいです。

近日中、現在品切れになっている商品が届く予定となっておりますのでこの機会をご利用ください。


ここから本題なのですが製作の手が進まないのでお盆休みを兼ねてくだらない記事を書いて見ます。もしかしたらすごくいい記事になるかも?(笑)

僕自身、一旦レザークラフトを頭の中から完全に消去して刻印一本を手にとって見てみると、なんでこんな棒が数千円するんだろう?しかも尋常じゃない数、また似たようなものが何本もある。こんな棒1本100円でも買わない。バカじゃないのか?と(笑)

そうなんです。ご家族の方々は間違えなく同じことを思っています。入手困難なフロンティアのヘリ落としをやっと手に入れる事ができて恍惚に浸っていても家族から、「おんなじ様なのいっぱい持ってるよね、、なんでそんなに必要なの?」と言われます。
ところが日頃の絶え間ない努力の結果、我が家では「えっ!!フロンティアの!!すごい!!」となります。いや、、ここまでくるのは大変でした。
 
独身の方だと自分のさじ加減である程度好きなものを購入できますが家族がいるとどうもここら辺が難しくなっちゃいますよね。レザークラフト仲間のテクニックも交えて傾向と対策を練っていきます。
( )書きのところは真実なので家族には内緒です。

うちの嫁は本当に理解のある人でありがたい限りです。本当に感謝です。
↑ブログをやっている方はこういうことをたまに書きましょう。感謝の気持ちは言葉にした方がいいです。↑


まずは本日行った実例から。

なるべくカラフルにするのも重要だと感じます。

まずALL-2000で抜き型を使って革を切り出す。
a0228364_18541559.jpg

こいつがあればものの数分
a0228364_18541631.jpg

そして何となく可愛げなスタンプをドカンとプレスする。
金具をちゃちゃっとつけて5分くらいで完成。
嫁にあげたら「可愛い!」と言いました。大成功です。

という割には工房に忘れて2階に行ってしまいましたが、、
一瞬可愛いと思っただけに違いない(笑)
a0228364_18541613.jpg
いざって言う時の動物スタンプも大切。
a0228364_19021692.jpg

家の嫁は猫スタンプでイチコロですね(笑)
色んな猫シリーズでたら良いのにな、、僕も猫すきです。

色と可愛いは密接な関係にあると思うのですが実際には全く分かっていません。仮に可愛いを理解していたら今頃大金持ちになってると思います(笑)
可愛いは激烈に難しいです。

ここからくだらない文章です。

『レザークラフトに対して理解を深めてもらうアピール方法』

・革製品は買うと高い!作った方が安い!(本当は大量生産の既製品の方が安いに決まっている。)
・確かに材料とか工具とか高いけど売ったりもできるから元が取れる!回収できるから大丈夫!(売れたとしても新しい工具とか買うに決まっているので一生元は取れない。)
・既製品とは違って真の一点ものを作れるよ!(確かにそうだが使う工具が同じだから完璧な一点ものは作れないと思う。)
・可愛いの作ってあげるよ!(そもそも可愛いの概念が分かっていないから作れるわけがない。)
・孫のファーストシューズとか作れるよ!(確かにそうだが、孫を出しに使う卑怯な戦法である。)
・うるさいイメージがあるかもしれないけど、今の時代は無音で作れるから近所迷惑にならないよ!(本当は猛烈にALL-2000が欲しい!)
・革漉機っていうのがあるんだけどこれ持ってるとカードとかいっぱい入る薄いお財布とか作ってあげれるよ!みんな持ってるし。(一番の憧れの機械。真剣に欲しい。ただただ欲しい。)
・革の友達も増えるから!(人口が少ないため実際に会える近所の友達はごくわずかである。)
・手先を使うしボケ防止になるいい趣味だよ!(確かにそうかもしれないが、手先を使う趣味は他にいくらでもある。部屋にこもりがちになるのでどちらかというと不健康な趣味である。)
・バイク乗りさんは革好きだからバイクは必需品だね!(決めつけは良くない。でもバイクは欲しい。)
・やっぱりロックと革は切り離せないよね!(切り離せるけどギターは欲しい。)
・たまに役には立たないものを作ったりするけど技術向上のため仕方ないんだよね!(いつも更新を心待ちにしていて先日久々の更新に心踊らされています。猫マンガで非常に面白いみんなもご存知のブログレザークラフトあるあるですね(無断掲載失礼)。←全く持ってその通りです。)
・レザークラフトは自分との格闘だから一人で集中できる環境が欲しいんだ。。(自由を満喫したい。ヤッホーイ!!)
・夜更かしが多くてごめんね。音は立てないから、、レザークラフトってキリがいい時がないんだよね。。(本当はいつでも中断できる。早く完成させたいだけ。)


『材料や工具が増えてきた時の対応』
・同じような工具に見えるけど使ってみると全く違うんだよね!(実は同じものがいっぱいある。)
・ネットショップでセールやってるから今買うしかないんだよね!(ネットショップ巡りをすればどこかでセールは常時やっている。別に今じゃなくて良いけど今欲しくなって深夜にポチっただけ)
・一万円以上で送料無料なんだよね。(本当に必要なものは千円くらいの物である。)
・革は使って見ないとわからないから色々試すしかないんだよね。(僕の場合はツーリングレザーだけでOK!)
・色んな色の革を買わないと行けないんだよね。(染色したらいいだろう!)
・ほら!形が違うでしょ?(機能は全く同じ。)
・ほら!持ち手の木の色が違うでしょ?(気のせいである。)
・微妙な差なんだけど、この微妙な差で出来が全く変わってくるんだよね。(全く変わることはない。変わってくるのは本当に微妙。)
・ほら!○○さんも使ってるし!(小学生の言い訳)
・ほら!○○さんもオススメしてるし!(僕でよければ名前使ってください。)

『( )内の嘘がバレた時、バレても大丈夫な日頃の対策』
・可愛いアイテムを作ってあげる。(本当はカッコいいものしか作りたくない!)
・新しい工具を買ったら、ただただ嬉しそうな顔をして家の中では常に持ち歩く(この幸せを壊せるものなら壊してみろ!)
・売上でたまに旅行に連れて行ってあげる。(本当は売上じゃなくて小遣いからの出費なんだけど、まぁいいか、、)
・たまに家事を手伝う。(さりげなく。かつ、気付かれるようにやるのがコツです。)
・誕生日などのサプライズは忘れずに!(スマホで予定管理しておこう!)
・突然プレゼントする。(それ失敗作です。)
・突然意味もなく感謝を伝える。(ありがとうと言っておけばなんとかなる。)

まとめ

嘘でもいいから家族の理解を得て楽しいクラフト生活を満喫しましょう!(笑)


おまけ♪
チェコ共和国から送ってもらった刻印が1週間で届き、アメリカからの荷物が2週間かかる、、なんでだろうか?(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-14 19:38 | レザークラフト | Comments(2)

自分用の財布とハイドクラフターのベベラの検証!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室、オーダーメイド製作、工具販売などをしておりますHandmade leather goods t.kannoです(^^)

今日は嫁が飲み会でおりません。明日も飲み会です。レザークラフトが捗るのですがやっぱり寂しくもありますね(^^;;

と言う事でで久しぶりに自分のお財布をチェンジです♪
最近本当に何にも作れない状況にいました。なので自分用でリハビリです。

外側はアキャブ
a0228364_21435214.jpg

a0228364_21435331.jpg

内装はSサドルナチュラルです。
本当に銀面がキレイな革ですよ!
a0228364_21435329.jpg

どちらもとても良い革ですね。

0.8mm厚のサドルレザーにもくっきりと刻印できる五助屋さんに作って頂いたアクリル刻印はいつも大活躍です。
a0228364_22053588.jpg

このくらい薄い革だと打刻印は無理です。

しかし、アキャブは厄介な革でした(^^;;
a0228364_21435330.jpg

こんな切り目が入ってますからね。
漉きはどうしようかな、、と迷ったのですがほんの少しだけ漉きました。下手すると穴が空くので怖かったです(^^;;
手縫いもなかなか厳しい、、
なんとか糸目が乱れないように穴開けを微調整しながら、
a0228364_21435434.jpg

そうしてもコバがこんな感じです。

a0228364_21435428.jpg

こういうときはこんな感じにガイドが広いエッジカッターが役にたちますね(^^)
a0228364_21435538.jpg

コバはこんな感じになりました。
a0228364_21435575.jpg

捻もビシッと入れます。
a0228364_22115967.jpg


オイルのたっぷり入った革は良い色がでますね。
でも使っていくと切れ目の入っていることこはバサバサになるんだろうな、、と思います。まぁ、それはこの革の味という事で♪

今日から財布チェンジです。
a0228364_22014302.jpg


続いてハイドクラフターのベベラ
4本全て揃ったので検証開始です!
a0228364_22014391.jpg

花をカービングして比較して見たのですがこれだけだとやはり分かりません(^^;;
a0228364_22014381.jpg

なので、ハイドクラフターのベベラを使ってある程度の面積の図案をカービングしてみる事にしてみました。
a0228364_22014448.jpg

a0228364_22014421.jpg

とりあえずこんな感じです。
a0228364_22014504.jpg

ワールドレザーデビューの時カービングした図案です。仕上がりに期待です。
もしダメだったら不良在庫を大量に抱える事になります(笑)
もっと重要な刻印ですから時間をかけて検証してみます(^^)

レザークラフト教室
マイモウルを手に入れてウキウキのKさん
a0228364_22014583.jpg

バックグラウンド染色を終え、いよいよ終盤となったTさん
a0228364_22014561.jpg

練習あるのみ!ゆっくり頑張りましょう!!
今月末は初の外国の方が教室にこられます。楽しみですね(^^)

おまけ♪
そもそもはコバ処理剤ではなくアクリル染料の分類に入るのですが、実験的にコバ処理剤として使ってみました。
a0228364_22014646.jpg

この色が濃くつく感じ好きですね♪
a0228364_22014663.jpg

しばらく使って実験したいと思います!

おまけ2
持ち手の格好良さに惹かれて買っちゃいました♪
a0228364_22053509.jpg

当然研ぎます。
a0228364_22053643.jpg

刃物の館やすらぎ工房さんの刃物に慣れている僕の感覚だとやっぱり切れ味は落ちますね(^^;;
使い捨ての刃ですから仕方ないのかな??よくわかりません(笑)

今日はこんな感じです(^^)

BASEカートショップの方で近々またセールがあるようですよ!

その際はまた告知させていただきます!!

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-11 22:17 | レザークラフト | Comments(5)

【検証】五助屋レースメーカーの使い心地!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今週末からまずは教室から再開させて頂きます。サボっていたぶんを取り戻さなければです。生徒さんたちには長らくお待たせして申し訳ない気持ちです。ここまでワガママ言っても見捨てられないのが不思議でなりません。皆さんの暖かい心に甘えっぱなしも良くないと思うので頑張ります!

早速ですが、五助屋レースメーカーを実際に使ってみましたのでレビューを、、
一言で言うと非常に簡単です。
でも、こうしてもらいたい。というのもあったのでそれも書いてみました。

では、五助屋レザーさんのブログ(取説)を見ながら実際の作業をしてみました。

まず机にセットですね。密かにピカールで軽く磨いてピカピカにしてます。
a0228364_22351649.jpg

今回は同梱してくれた直径8センチ、厚み約1.8mmのちょっとパリッとした革です。このくらいがレース作りにぴったりかな?とは思うのですが革の種類はわかりません。失礼(^^;;
a0228364_23441782.jpg

今回は幅3ミリ、厚み約1mmのかがり用レース紐を作ってみようと思います。

それでは早速、切り出してみます。

こんな感じで幅を決めるのですが、これはあくまで目安ですね。取説のとおり少し広めにとったほうがいいです。
ここで自分の欲しい幅より細くなってしまうとリカバリーがききません。
約4ミリとってみました。
a0228364_22532652.jpg

実際に切り出してみると、約3.5ミリ幅でした。やはり定規と刃の間隔は目安ですね。
この誤差は革の硬さで変わってくるのかもしれません。革って伸び縮みがありますからね。
ここでちょっと迷ったのがガイドをどこに持っていけばベストなのか?ということでした。
とりあえず今回は水平にしてみました。
a0228364_22532694.jpg

このまま一気に切り出します。真横に引っ張れば良いです。

a0228364_22532754.jpg

それでは切り出します。
ここら辺をちょっと押さえると安定するような感じがします。ゆっくり切り出してください。あと、ちょっとでも引っかかる感がある時は刃の切れ味が落ちている証拠だと思うので交換してください。
いかに本体が良くとも刃に切れ味がないと本体が求める機能が発揮されません。

長さ約120センチのレースができました。思ったより長いレースができると思います。あと、この段階だと見ての通りレースがまっすぐではありませんが作業を進めていくとまっすぐになっていくのでご安心ください。
a0228364_22532799.jpg

この段階だと幅が約3.5ミリなので幅の調整をします。
a0228364_22532728.jpg

約3ミリ!こんな感じでしょう。
a0228364_22532861.jpg


次に厚みの調整(漉き)ですね。
約1.8ミリ、これを約1ミリ厚に落とします。
a0228364_22532877.jpg

これも一気にやらず様子を見ながら漉いたほうがいいと思います。
a0228364_22532814.jpg

この作業、、気持ちがいいです。一番良くできているところだと思いました。かなり正確に漉きけます!
これ漉きクズなんですが途中で切れませんでしたからね!
a0228364_22532997.jpg

再度調整の漉きです。
a0228364_22532921.jpg

もう少しかな?なんて感じで幅を決めて漉くと、約1ミリのレースができました。
a0228364_23052537.jpg

次にベベリングです。
分かりやすく言うとレースのトコ面両サイドをヘリ落とし、若しくは斜め漉きするような感じです。
a0228364_23052666.jpg

ベベリングモードにセットしました。
a0228364_23052638.jpg

あとは幅を調整して決まったら引っ張ってトコ面の角をとっていきます。
銀面まで達しないようにしてくださいね。ゼロ漉きにならないように。という事です。
この作業はちょっと慣れが必要だと思います。
a0228364_23052633.jpg

これでレースメーカーによる作業は終わりですね。
この頃にはレースは真っ直ぐになっていると思います。
a0228364_23052752.jpg

今回はレースを濡らして溝をつけてある木で銀面をかまぼこ状に形成していきます。銀面両サイドの角を丸めるイメージです。
別に硬い木じゃなくても良いです。凄く溝の浅いウッドスリッカーのような溝があれば大丈夫です。
この工具作って販売したら売れるんじゃないかな?なんて思うので是非検討して頂きたいですね。 なかなか簡単に作れるものじゃないと思います。例えば色んな幅の溝が付いているものとか。。
僕は販売しないですよ。だって木は専門分野外ですからね。自分用は作りますが販売できるレベルのものは作れません(^^;;
a0228364_23052795.jpg

この作業の際何を塗ったら良いのか?たしかローハイドクリームだったと記憶しているのですが?あってますか五助屋レザーさん?
あとどこで販売しているのかわかりませんでした。販売してくださると嬉しいです(^^;;

完成です!3ミリ幅、厚み1ミリのかがり用のレースが完成しました!
a0228364_23441806.jpg

初めてで狙ったサイズのレースができたと言うことはよいレースメーカーという証拠ですね。
今のところ不具合は全く感じません。
あっ、そうだ!ダイヤルゲージは必須ですね。
a0228364_23441857.jpg


色々書いてみて思ったのですが、五助屋レザーさんの取説と同じ内容の記事書いてるな?と思い、こんな僕のブログ読まなくても五助屋レザーさんのブログ(取説)読めば良いじゃないか?と思ってしまいました。

でも、「開発者とユーザーが同じことをできた。めでたしめでたし(^^)」という締めくくりでよろしいでしょうか?
レザークラフト界トップクラスのクレーマーによるレビューでした。失礼しました。(笑)

「オーダーメイド製作してお客様の反応がないとビビる。。」

レザークラフトあるあるだと思います。

工具作っている方も同じ思いでしょう。きっと不安で震えているはずです。←五助屋レザーさんのブログに書いてあったから本当にこういう心境なんだと思います(笑)

早くも海外からの良い反応もあるのでいずれはこのレースメーカーに商品名や開発者などの文字を刻みこんで欲しいです(^^)

続きまして、
昨年と今年作ったホルスター、、日本の雑誌、ネット情報と勘で作っていました。。
早くこういう本場の参考書買えば良かったです(^^;;
a0228364_23441988.jpg

あと、一緒にWORLD LEATHER DEBUT の賞金が来ました。何を買おうか?レザークラフト関係に決まってますが(笑)
a0228364_23441934.jpg



よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-06-20 00:01 | レザークラフト工具 | Comments(0)

ホルスター製作過程「WORLD LEATHER DEBUT 2017 (その1)」

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

昨日鍼治療に行ってきました。かなり身体が変によじれていたようで先生も嫁も驚いておりました(^^;;
鍼の先生にはいつも緊張感をとってもらってふにゃふにゃ状態にしてもらっています。常に緊張していると精神的に参りますからね。

先日WORLD LEATHER DEBUT 2017のホルスター部門で優勝した作品の製作過程の紹介、、というか、写真を並べていこうと思います。作業台が散らかっているのはスルーでお願いします(笑)

カービングについて、本当はフィギュアカービングを入れようと思ったのですが僕らしくシェリダンスタイルカービングです。技術に自信を持てなかったというのもあるので今後勉強しなければです。
今回の図案は基本に帰るという意味で極力シンプルなものにしました。
製作期間は4月27日〜5月10日、だいたい2週間でした。完成は締め切りの8日前だったので「締め切りを守る」という目標も達成できました。アメリカへの荷物は EMSだとだいたい中4日なんですが発送して到着したのが締め切りの1日前でした、、シェリダンは他の地域より2日くらい?遅く届きますね。。


a0228364_18450107.jpg
それでは早速♪
今日はホルスターが完成するまでの過程です。

適当に型紙を作ったあとはとりあえずトコ革で試作です。
a0228364_19082602.jpg

ガンベルトの試作もこの時点でやっておきます。
a0228364_19082692.jpg


どんなにできがよくとも拳銃が入らないと意味がないので、、(^^;;

図案は1回適当に描いてみます。
a0228364_18172671.jpg

このとき色の具合なんかもみてみます。
a0228364_18172688.jpg

一晩寝かせると変なところを発見するので修正です。
まぁ、いいのでは?と思ったのは修正3回目です。ボーダーを紫に染色する案は却下しました。
a0228364_18172717.jpg

ホルスターの帯の製作
a0228364_18450128.jpg

a0228364_18450298.jpg

インレイは羊革でブラックゴールドです。

a0228364_18450206.jpg

マジか!という色合いですが、合わせてみると意外と目立ちません。
a0228364_18450295.jpg

スタッズなどで装飾したあと、トコ革の試作を使って長さがあっているかチェックです。
a0228364_18450305.jpg

OKですね♪

ここらか本体のカービング。
まずはフラワーセンターですがもっているのならばALL-2000を使わない手はないです。
a0228364_18172788.jpg

綺麗さは一目瞭然です。
a0228364_18252699.jpg


そんなALL-2000レザークラフト万能機(RP-2000卓上ハンドクリッカーもです。)がお得に買えるチャンスの記事が五助屋レザーさんのブログにあります。今がチャンスです。

あとはダーっと流します。
カット
a0228364_18252778.jpg

ペアシェイダー
a0228364_18252713.jpg


その他の刻印
a0228364_18252857.jpg

カービング終了&ジオメトリックスタンプ終了
a0228364_18322755.jpg

染色
a0228364_18322758.jpg

a0228364_18322799.jpg


フィグリー
a0228364_18322867.jpg

淵を漉きます、、結構怖い作業です。
a0228364_18322803.jpg

でもこの見た目の良さをみるとやらずにはいられません。
a0228364_18450389.jpg

コバは1センチありますね(笑)
a0228364_18450334.jpg

コバはこれで完成ではありません。なんだかロウとかイリスとか色んな事を試し過ぎてめちゃくちゃになったコバを直すのが大変でした(^^;;
2丁目は染色&トコノールでした(笑)
a0228364_18450383.jpg

帯が付いていると見えない部分のカービングです。
a0228364_18450433.jpg

スタンピングも見えないところですね。もったいない(笑)
a0228364_18513721.jpg

ところどころワープしましたがこんな感じの作業でやっと一丁完成です。
拳銃が入って本当に良かった、、この瞬間強く思うのです(笑)
a0228364_19122707.jpg

これを二つ作って、、
a0228364_18513784.jpg

ホルスターは完成です。
次はガンベルトなんですが、ホルスターのカービングあり部門なのでガンベルトは必要ないんだと思います(^^;;
でもあったほうが豪華に見えるので作ります。
次回はガンベルトです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-24 19:33 | コンテスト | Comments(2)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> rikiさん はじ..
by tkanno4649 at 22:31
初めまして。 この度菅..
by riki at 22:15
> カービングはじまみ..
by tkanno4649 at 22:14
 初期のモデルであれば、..
by カービングはじまみたん at 14:29
> カービングはじまみ..
by tkanno4649 at 20:48
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。