俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:レザークラフト工具 ( 164 ) タグの人気記事

今年も岡田明子さんのシェリダンスタイルカービングの講習会参加します!五助屋レザー製工具、革製品大セールのお知らせ!

こんばんは♪

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

毎年、年末の楽しみ行事である岡田明子さんのシェリダンスタイルカービングの講習会に参加します。
会場は協進エルです。
申し込みは電話若しくはメールですね。
a0228364_23054834.jpg
岡田明子さんの講習会はなにが良いかと言うと、カービング技術を目の前で見れるのは当然なんですが、アメリカを始め世界のレザークラフトの最新情報を教えてくれることにもあると思います。日本はもちろん海外のクラフトマンとの太いパイプは岡田さんの努力と人望にあると思います。お話を聞くと世界観が変わりますよ!
楽しい講習会なので是非是非皆さんにも参加して欲しいです(^^)
超おまけですが、僕にも会えますよ(笑)
講習会前後2泊3日で浅草橋におりますのでもし時間がある方がおられましたらお会いしたいです(^^)
a0228364_23390557.jpg
宿題がきたけどやりたくなくてバイクで外に逃げる
嘘です嘘!でもバイクは何かから逃げたいときに乗ってる事が多いです。
a0228364_23405057.jpg

あと、耳寄り情報を♪

五助屋レザーさんのところでALL-2000、RP-2000などのハンドツールやレザーアイテムがお得な割引き価格で販売されてますよ!!
期間は11月一杯だそうですが、予定数があるとの事なので早いもの勝ちです。

今日は宣伝記事ですね(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-11-07 23:59 | 講習会 | Comments(0)

ミシン縫い、縫い始めと縫い終わり。



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

まだ使いこなせていないので本番では使えず、試作のみの使用なんですがミシンも使っています。
レザークラフト用に改造したアンティークミシンですね。
a0228364_21243944.jpg
メイドインジャパンの極み。そんな事を感じられずにはいられない精巧で頑丈な作りです。
確か60年代のものだと思うのですが、説明書には「壊れる事はありません。」と買いてありますし、実際に使っていると僕もそう感じます。
複雑な縫い方はできないのですがとても綺麗な直進縫いができますよ。

上が手縫いで下の2ラインがミシンです。
a0228364_21300938.jpg
綺麗なステッチですよね(^^)

なんですが、縫い始めと縫い終わりがいまいちです。

これはミシンの性能の問題じゃなくて僕の使い方が悪いんだと思います。。
これさえクリアできればひっくり返し縫いのバックなんかは実戦で使うんですが、、

こういうことがあっても直ぐに聞いたりせず自分自身で研究を繰り返しクリアしてきたんですがちょっとダメそうでした。。本当にダメな時になってアドバイス頂いています。

話は変わるんですが、五助屋レザーさん、、やっぱり心配だったんですよ。
詳しくは知らないですが(聞ける訳がない。)、非常に困難な状況にいるのは知っていたのでブログの方で良いお知らせがあり嬉しかったです。それで少し電話させていただきました。
にも関わらず革の話も少ししまして、ちょうど今僕が抱えているミシンの悩みを聞いてもらうという失礼なことをした訳ですが、、
あっさり解決(笑)
経験者のアドバイスはシンプルで的確。
a0228364_22132779.jpg
あとは練習をこなすだけだと思います(^^)

いつもお世話になりっぱなしです。ありがとうございます。
来月、再来月と東京の方に行きますので、また工房の方お邪魔させていただこうと思います。

今日はこんな感じで。

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-10-19 22:22 | レザークラフト | Comments(2)

I様オーダーのiPhoneケース完成(^^)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

早速ですが、I様オーダーのiPhoneケース完成しました。オーダー主様に合わせた左利き仕様となっています。I様大変遅れて申し訳ありませんでした。
a0228364_00543862.jpg
a0228364_00545319.jpg
a0228364_00550327.jpg

背に付けたタッセルは前回のiPhoneケースについていたものを活用させて頂きました。
綺麗にエイジングしてますね。
このスマホケースのナチュラルカラーのパーツもエイジングしていけばこんな風合いになります♪
a0228364_00561804.jpg

中身
a0228364_00571803.jpg

屋号刻印はいつもの五助屋レザー製アクリル刻印
a0228364_01274753.jpg
凄く細かいフォントなんですがはっきりとした印影ですね。こんなフォントにも関わらず耐久性があるのは秘訣があるそうで、以前聞いたのですが忘れてしまいました。だって凄いミクロな話だったんですよ(笑)

ケースは今流行り?のとても使い勝手の良いスライド構造です。
a0228364_00580271.jpg

a0228364_00580395.jpg
このパーツって便利ですよね。作り手としてはカメラ穴を完璧に開けないといけないプレッシャーから解放されますし、お客様側からするとある程度大きさが同じなら機種変した時に付け替え可能だからスマホケースも長くご使用になれると思います。
せっかくの革製品だから長く使って頂きたいですね(^^)

久々のオーダーメイド製作でした。


【オーダー制作メモ】

・革素材
ハーマンオークツーリングレザー、ダイヤモンドパイソン

・糸
Yue Fung 0.45mm(ポリエステル糸) Cream(6T leather works

・染料
WA 黒

・接着剤
adhesive bond M-13、ダイアボンド

・コバ処理剤
CMC、トコノール、エッジコート

・使用工具
菱目打ち10本目、菱ぎり、革包丁、ラウンドナイフ、カッター、スーベルカッター、トリムナイフ、ネジ捻、フチ捻、ウッドスリッカー、ヘリ落とし、のりべら、定規、メリケン針(長5、双鳳)etc.

・スタンピング
Barry King ループシェル、クレッセントボーダー、ベベラ、屋号アクリル刻印(五助屋レザー製

・スタンピングの仕上げ
ニートフットオイル→ラッカースプレー→アンティックダイ(タン)→タンコート


よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-10-07 01:35 | オーダー | Comments(4)

高品質な中国製工具で簡単なキーホルダーを全力で作ってみる!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

キーホルダーは簡単な構造です。比較的短時間で作れますし、僕も始めたばかりの頃はよく作ったものです。

今回はこんな感じのキーホルダーを作ってみました(^^)
a0228364_23384395.jpg

a0228364_23384473.jpg
革はハーマンオークツーリングレザーのブラックです。
せっかくのツーリングレザーなので簡単なスタンピングも入れてみました。

デザインは先日購入した「レザークラフトパーフェクトブック」に載っていたものです。
a0228364_23412527.jpg
その名の通りこの本さえあればレザークラフトの全てがわかります!なんて訳はありません(笑)

キーホルダーは簡単です!

とは言えあらゆる技法を使ってみると本当に時間がかかりますね。こんな単純な構造なものに3時間もかけてしまいました(-.-;)

かけた手間は、立体形成と捻です。あと細かいピッチの手縫いでしょうか?
捻は別に入れなくたって良いんですが、入れないとサボっているような感じがしてしまいます。これは多分気のせいです。

あと今回は高品質な中国製ツールをふんだんに使ってみました。

まずはYue Fungのヨーロッパ目打ち(2.7mm)
a0228364_23511242.jpg
岩田屋、ブランチャード、協進エル、トルトキツールと様々なものを持っていますが、はっきりいってYue Fung製が1番できが良いと思います。
Yue Fung製品のお買い求めは6T Leather worksさんですね♪

糸も6Tさんのところで購入した同メーカーのポリエステル糸(4.5mm)です。
いつもは「ビニモより糸がほつれにくい。」という理由でビニモMBTを使うんですが、芯が入っている影響か?ちょっとくすんだ感じの色になるような気がします。その点、今回使ったYue Fungのポリエステル糸は色も鮮やかですしビニモよりほつれにくいですね。しっかりした糸です。
a0228364_23542111.jpg
ヨーロッパ目打ちのピッチが2.7mmということもあって針も細いものを使っています。というか、普段からこの針です。
a0228364_23562946.jpg

ヨーロッパ目打ちと糸の素晴らしさは仕上がりを見れば一目瞭然♪
やっぱり工具と材料の良し悪しで決まってしまうところは大きいと思います。僕の腕ではありません(笑)
a0228364_00035892.jpg
ちなみに立体形成は失敗です。。

立体形成にはSINCEのワイドネジ捻とFLINTのエッジプレッサー
a0228364_00141673.jpg
ワイドネジ捻はまあまあとして、エッジプレッサーは以前ブログでもレビューしましたが思ったとおり段になってくれない、、

いつもどおりフロンティアさんのヘリ押さえ捻(押し捻)を使えば良かったです。。。
似て非なるものは使ってみるとすぐ分かります。FLINTのエッジプレッサーは加工しようと考えています。
a0228364_00201014.jpg
FLINTのような似て非なるものがある対極で、フロンティアさんのヘリ押さえ捻(押し捻)と概ね使用目的が同じ6Tさんのプレスエッジャーはフロンティアのヘリ押さえ捻(押し捻)と同じ機能を有しながらフチ捻のような構造は素晴らしいです。
a0228364_00262639.jpg
ここから少し脱線して日本の工具職人さんにより良い工具を開発してほしいという、一ユーザーの思いです。

フチを立体形成するという技法は以前からあったと思いますが、それはヘラを使ったりと従来からある工具を使ってのものだと思います。

同じ立体形成でも、その技法に特化した工具(ヘリ押さえ捻(押し捻))を考案、開発したのはフロンティアさんであり五助屋レザーさんなんです。

目標が同じでもプロセスが違うということです。

だから6Tさんのプレスエッジャーのように、ヘリ押さえ捻(押し捻)に携わった五助屋レザーさんに相談して知恵を借りて、なんて言うことをすればより良い工具ができるのにな〜なんて思います。

新しい工具といっても完全にオリジナルのものを開発なんて言うものは難しく、既存の工具を改良したものがほとんどだと思います。
あと工具の構造は決して独占的なものっていう訳じゃないとおもいます。だから、「似たような構造のものでより良い工具開発したい場合」もあると思います。その時はそのベースとなっている工具の開発者に事前に一言言っておいたりと根回しをしておけば逆に良いアイデアとかダメ出しなんかしてもらえるものですよ(大昔からある工具は別です)。

「こんなの作ったけど、どうですか?」とか、、

そうすれば一人で考えるよりより良い工具が開発されますし、作り手にとっては喜ばしい事です。それは考案、開発側だって嬉しいことだと思います。

1番ダメなのが目先の利益だけを考えた見た目だけ似てる劣化コピーだと思います。良いことが1つもない。。
狭い業界ですし、みんなでアイデア出し合って盛り上がって欲しいです。

僕の思いは以上です。

今回ヘリ落としはレザーフェニックスさんで売っている両面ヘリ落としを使いました。
a0228364_01052931.jpg
構造は全く違いますが、RON’Sツールを彷彿させるしっかりとした重厚な作りで切れ味も良くとても気に入っています。

という事で今回はほとんど中国製の工具で作ってみました。
率直な感想は「かなり性能が良いな、、」という事です。

なんだか余計な事いっぱい書いたような気がします。失礼しました。

物作りの方は少しギアをあげて頑張ろうと思います。

こんな時はお気に入りの音楽で心を癒そう!
本日のBGMはPOLICEでした。
a0228364_01321860.jpg

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-10-03 01:56 | レザークラフト | Comments(0)

刻印と工具入荷しました。あとレザークラフト万能機ALL-2000(^^)



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

今回の記事はBASEカートショップの刻印と工具の入荷のお知らせです。

かなりの量の入荷だったので検品も一苦労です(^^;;
a0228364_21075928.jpg
刻印はぷちぷちじゃなくて紙に包まれてくるので検品しないとです。

僕のところでする検品は、目視と打刻、工具であれば少し使ってみます。

おまけでつけている刻印の打刻見本の革はハーマンオークツーリングレザーで、毎回レザークラフト万能機ALL-2000で抜き型を使って抜きます。
ハーマンオークツーリングレザーって固い革なんですがこのALL-2000を使えばストレスなくサクサク抜けます。もう必須工具と化しています。
万能機と銘打っているだけのことはあり、他にも使用方法がいくらでもあります。金具の取り付けもその中の一つなんですが、本当に苦手だったバネホックとかカシメもALL-2000を使えばバッチリです。なんたって完璧に水平に力が入りますからね。
ハンドルから金具の先端への力の入り具合が伝わってくるところなんで感動ものです。

a0228364_21113283.jpg

購入は五助屋レザーさんのBASEカートショップで買うのが断然お得ですよ♪
五助屋さんのショップ限定でコーナー抜きとギロチンカッター(直線抜き)がついてきますし、分からないことがあったら問い合わせができるという安心感。なんでもそうだと思いますがアフターサービスって物凄く大切だと思います。
ちなみに僕が四半世紀前お笑い芸人だった頃のコンビ名はアフターサービスでした(笑)
別に解散した訳でもないので今でも存続しているものと思っております(笑)

脱線しました。
検品はまず目視、拡大鏡での目視、触ってみる。
a0228364_21224992.jpg

特にベベラはかなりしっかり見ています。



それで全ての刻印の試し打ち
a0228364_21225177.jpg

毎回、これらが終わってからの在庫補充となっております。

僕が初めて購入した千円を超える刻印ってハイドクラフターのコンボペブル(つぶつぶ)というマットスタンプで今でもかなり使用頻度が高い刻印なんですが、価格や海外製ということもあってか?到着した時の感動は今でも忘れません。
そんな刻印、工具を今僕は扱っているの側なのだから、買ってみたら刻印が割れてた、、とかでがっかりするお客様の顔なんて想像もしたくないです。

このくらい検品をしているのですが、過去に1本だけ不良を出してしまた事がありました。その際は新品交換させて頂きました。万が一このような事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

そしてたまに定番とは別に買ってみるものもありまして、
まずはアンダーカットベベラと表記がありながらも縦線が入っていて気になった刻印、、
なんだこりゃ?という低クオリティ。アンダーカットの構造じゃないし(笑)
a0228364_21374431.jpg
ジャンパーホックには対応しない飾りコンチョなんですが、こちらはなかなかのクオリティです。小ちゃいの可愛いです♪
a0228364_21395766.jpg


おまけ♪
近所のファミマに最近必ずと言って良いほどいるニャンコ。今回は入口近くで寝ておりました。癒されます。
なでなでの順番待ちがあるくらい大人気です(笑)
a0228364_21331118.jpg
飼いネコちゃんだと思うんですがちゃんとお家に帰ってるのかな?ちょっと心配です。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-18 21:57 | ネットショップ | Comments(0)

型紙を作る際の1つのヒント。あと中国製の劣化コピー商品はどうにかならないものか?

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

今日は型紙作りのヒントの1つになる記事です。
これは知っている方も多いかもしれませんが、型紙を作ったあとにそれを紙に写して切り抜きそれを組み立ててみたりする場合がありますよね。
新しい型紙を作っていきなりほんばに入ると予想だにしない構造のミスで革を無駄にしちゃう事ってあります。
紙で組み立ててみるのはそれを防ぐためにであったり、組み立てる順序の確認でもあったりします。
そこで組み立てる際、のりやセロテープで組み立てるのも良いと思いますが、ホチキスを使ってみるのも良い方法です。
ホチキスでとめるのが厳しい箇所は菱目打ちで穴を開けるのも手縫いするのも厳しい箇所です。
a0228364_22272405.jpg

こういうマチなんかはホチキスでとまらない場合があると思うんです。今回の型紙はここら辺を踏まえてホチキスで止められる構造にしてみました。そういう構造を考えてみるんです。
道具に合わせた構造にするという事でもあると思います。
a0228364_22290524.jpg

菱目打ちでキツくても菱ギリだったら大丈夫かな?ミシンならできるけど手縫いだと厳しいとか、、という考えかたもありますし、とにかく型紙を作りって難しいですね。僕は失敗だらけです。この型紙も修正します。

マチの構造は特に難しいと思いますが、既製品などをよく観察するのも良い方法です。
「仕立てやすい構造」で組み立てられている事がよく分かりますし、「効率よく無駄な作業やなを省き、それでいて使いやすい構造」のヒントが詰まっていると思います。
レザークラフトをやっている方なら構造を研究する目的でお財布とか見にお店にいったりしますよね(笑)

と、僕はこういう記事を多く書きます。

皆さんのブログやホームページを見ていると当たり前なんですが、「お客様向け」ですよね。僕のブログはどう見ても「レザークラフトをやっている方向け」です。。
商売人としては失格者です(笑)
まぁ、良いんです(とか言うとご飯が食べれなくなってしまうから目先の事をもう少し考える必要もあるんですが、、)
商売をしながらも僕が長期的に求めるものは「レザークラフト界が盛り上がる事」ですからね。
人口が増えないとメーカーさんが消えていくんです。そして困るのは僕のようなもの作りをしている人間なんです。
僕はいつでも5年後、10年後の事を考えています。

ヤフオクやメルカリなんて見てるとあい変わらず粗悪な中国製工具に満ち溢れてますね。。たまに掘り出し物があるからよく見てはいるんです。
最近SINCEなど質の良い中国製工具もでてきていますが、同様に見られてしまっているのでは?と思うとなんだかかわいそうです。

それで最近アクリル製の型紙、治具、定規なんかがとても目立ってきてますね。

アクリル製の型紙、、全部じゃないとは思いますが土屋鞄とかHERZ(ヘルツ)の製品からとった型紙、また日本のレザークラフトの参考書の型紙を多く見つけました。。当然良くない事だと思います。無許可のコピーですからね。作品の写真なんて無断掲載です。
a0228364_22503778.jpg
アクリル型紙についてもちゃんとオリジナルで作っている中国のメーカーはあります。これは上記のようなコピー品ではないのでそれなりの価格です。だから輸入して販売してもあまり利益にならないから日本で販売しようと思う人がいないんだと思います。

あと、アクリル製の定規、、
a0228364_22535050.jpg
こんなのを見るとあまりにも露骨なパクリで呆れてしまいます。
技術は盗んでも良いと思いますがアイデア丸パクリは良くないです。
こういう事例が目立つとやっぱり中国って嫌い、、とか思うのも当然ですよ。それでもって中国じゃ日本製の工具がかなりの高値で販売されてるなんていうのも嫌な話です。
地産地消してください。と切に思います。

ここからが真に言いたい事です。
こういうものを数十円、数百円、酷いものは数円で仕入れてヤフオクなどで販売しているのは間違えなく「日本人」なんです。
まぁ、輸入となると関税、為替、送料なんていのもあると思いますが商品の原価自体が恐ろしく安いので大した痛手ではありません。
こういう目先の利益のみ追求する「日本人」がレザークラフト業界を盛り上げようと頑張っている方々の足を引っ張っている事を自覚して欲しいですね。
中国に「コピー商品作るな!」と言うのが本来なんだと思いますが無駄だと思います。
僕もブログの写真を宣伝用に勝手に使われるなんて事も良くあるんです。それで抗議をしてみたこともあります。。でも何というか?言葉は通じるんですが、会話にならないんです。意思疎通ができません。
彼らの発言から分かるのは「コピーが悪い事」なんていう自覚が全くない事だけです。

うっかり間違えて、、うっかり知らずに、、なんて言うのは誰しもある事だし改善さえしてもらえれば大らかに許し合うべきだと思うんですが、
こういうのを販売している日本人はうっかり知らずに粗悪な工具や違法コピー品を売っている訳じゃないです。粗悪品なんていうのは原価の異常な安さで明らかにわかっている筈ですし、人気商品のコピー品なんかを仕入れている人は人気のある本物を知っているからこそ似たような安い物を発見して選ぶ事ができるんです。仕入先はほとんどが中国のネットショップサイトの淘宝(Taobao)です。
ヤフオクやメルカリなどで販売されているものがどれだけ安いか?がよくわかります。桁違いの安値に度肝を抜かれます。

つまり彼らのやっている事は「相当安いものを仕入れてそれなり高く売る。」という目先の利益を追求した故意です。
将来的にはメーカーさんが消えていく行為なんですよ。。
あと、知らずに買ってしまう初心者の方は工具が悪いから上手くできないだけなのにそれに気付かず、レザークラフトは難しいんだな。自分には向いてないのかな?なんて辞めてしまう方も多いでしょうから人口増の妨げだってしてるんです。

頑張っているメーカーさん、レザークラフト専門店さんなどは本当にユーザー目線でより良いものを必死で作ったり探したり選んだりして利益は企業努力でなんとかしているんだと思います。
「いい仕事は金にならない。」
以前こういう言葉を聞いた事があります。正にこんな感じですね。

色々ぐだぐだと書きました。僕なんかがこんな事を言っても無力なところもあるんですが、頑張っている方々の応援はしたいですから少しは抵抗したいですね。

こういう事を長々と書く時間があるのなら、僕は物作りをしなさい。という事ですね(^^;;
今リハビリを兼ねてハーフウォレット製作中です!ゆっくりですが頑張ります!

話はまるっきり変わりますが、今年の福島市は異常なまでの猛暑に見舞われました。しかも、嫁が自宅で熱中症になる。なんて事もありました。
だから止むを得ずクーラーはフル稼働でした。それでも全く部屋は涼しくならなかったので外気温が高過ぎるからなのか?
なんて思っていた最中ついに風すら出てこなくてなってクーラーの清掃をお願いしました。
お掃除本舗さんです。
a0228364_04505591.jpg
すると、
こんな毒液のような汚れが、、
a0228364_04550562.jpg

いや〜微風でもこんなに涼しくなるものか?というほどの冷風が、、無駄に電力を使ってしまい家計を圧迫させたとともに節電できなかった事で北海道の被災地の皆様に対しても申し訳ない気持ちにもなりました。震災に関しては僕も経験しているので人ごとには思えません。
こういうところからも節電はできるものだと思いました。よろしければ皆さんもクーラーの汚れなんか見てもらえればと思います。
やっぱりプロは違いますよ。

よろしければご覧下さい^_^

【お知らせ】欠品中の刻印や工具は2〜3週間前後で入荷予定です。

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-12 06:34 | 中国製の粗悪工具 | Comments(0)

革漉き機を使わないで段漉きしてみよう!



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

気圧の変化に弱いので偏頭痛に悩まされております(^^;)
まだ本調子ではなくしっかりとした作品を作ってはいませんが試作などは作れるようになってきて革を触る機会も増えてきました。
五助屋レザーさんは早くもBASEネットショップを再開しています(再度休養に入りますが)。思うように動けないなかでも強い精神力で頑張っている姿は見習わなければです。

でも工具は安定した購入しておりますよ(笑)

今回購入したのはSINCEのステッチンググルーバーです。
a0228364_02092489.jpg
日本ではまだ販売されていないので個人的に輸入してみました。
購入の決め手は「かっこいい」なので、本当は1,500円くらいのステッチンググルーバーでも全く問題ありません。
ただ、安いステッチンググルーバーってガイドの構造がいまいち好きではありません。薄い革だと外しちゃう事が多くて困っていました。ここら辺はこのグルーバー、見事にクリアーしてます。ガイドの構造が秀逸です。切れ味も良好です(^^)

ステッチンググルーバーはネジ捻同様、主にステッチの穴明けのガイドとして使う工具です。
a0228364_03371321.jpg
a0228364_03374515.jpg

銀面に溝を掘りそこに穴開けをして縫うと糸が埋まるので糸切れ防止の効果もあると思いますが、銀面を切る分革の方は強度が弱くなるのでしょうか?
あと、失敗してズラしてしまうとアウトという恐ろしさもありますね(^^;)

ちなみにアメリカだとステッチンググルーバーが良く使われていますよね。

余談ですが糸の強度に関して、

糸も麻糸だと革より糸が切れるので革へのダメージが少ないです。補修しながら使う感じですね。ビニモなどの化繊糸だと糸切れしにくい代わりに革の方が先に切れる。まぁ、革が切れると言っても毎日使って20年とか30年後、と言った感じだと思いますが、、
これは手縫いの場合です。ミシンの場合は化繊糸でも革へのダメージの前に糸が切れる。一箇所切れると解れるように糸が抜けていくというイメージでしょうか?

ついでに言うと、縫製にも様々な方法がありますが、それぞれに利点と欠点があるので「単純に手縫いだから頑丈、ミシンはすぐに糸が切れる。」とかいう訳ではないです。
内縫いのカバンなんかだと、ミシンは手縫いで難しいほどの細かい目でも縫えますから糸が表に出る事もありませんからミシンの方が頑丈です。あと、柔らかい革は断然ミシンの方が縫いやすいです。
合理的に考えるとミシンは早く手縫いは時間がかかります。もちろん手縫いのほうが頑丈だとは思いますが、そこまで強度が必要ないところはミシンの強度で充分です。
ミシン縫いは強度がない。なんていう事は全くないです。
糸の両端に針をつけて交差させる手縫いはアメリカではサドルステッチという技法で、その名の通りサドル(馬の鞍)を作る時の手縫いです。やはり人と馬の命にかかわるものですからね。悪意を持って全力で引き千切ろうととしても切れない、それだけ強度に拘る必要があると言う事です。逆に言えばお財布にそれだけの強度は必要ないとも言えると思います。
僕が手縫いしかしないのは、手縫いに拘っている訳ではなく単純にミシンを上手く使えない。というだけです。
今は改造アンティークミシンを使っていますが、ゆくゆくはしっかりとしたミシンを購入して適材適所で活用したいです(^^)

まとまりのない余談でした。失礼。

話をステッチンググルーバーに戻します。
僕の場合、穴開けのガイドは「捻」を使います。
どういう場面でよく使うかと言うと床面の溝掘りです。

ではステッチンググルーバーを使って均等な厚みに段漉きしてみましょう(^^)
1回だと溝が浅いと思ったら何度か同じ溝を掘ってみると均等な溝ができます。
段漉きは少し厚めの革じゃないと立体形成が決まりません。2mm厚以上ら欲しいところです。漉くのはだいたい1/2と言った感じでしょうか?
a0228364_02204729.jpg
それで、この溝に合わせて革包丁で漉きを入れます。
a0228364_02231402.jpg
基本的に革包丁は押すだけでは切れません(場合によっては押しますが力が必要)。
右利きの方でしたら、右横にスライドさせる様な感覚で押すと上手く切れますよ(^^)

と、こんな感じに上手く漉けました。
a0228364_02260181.jpg
革包丁の代わりにSINCEのエッジャーやフレンチエッジャーで漉くのも良い方法だと思います。
下の写真は段漉きをするために作られたSINCE のエッジャーです。構造的にはフレンチエッジャーですが、片側だけ彫刻刀でいう三角刀のような形状になっています。
a0228364_03551716.jpg

グルーバーで掘った溝にあわせて、
a0228364_03551866.jpg
漉いていきます。
a0228364_03551831.jpg

a0228364_03551939.jpg
なんだかこっちのほうが上手くいってますね。
相変わらず良く切れます。

段漉きを入れて立体形成した後に縫製すると糸スレ防止になりますし見た目もスマートな感じになります。
革漉き機だと簡単に均等に漉けます。だからといって気軽に導入できる機械でもありませんよね(^^;)
そこで開発されたのが段漉きに特化したSINCEのエッジャーだと思うのですが均等な厚みに漉くのがちょっと難しいです。
立体形成は段漉きでも斜め漉きでも良いのですが、厚みが均等というのが肝です。
ここら辺ははっきり言って僕が語るところではありません。五助屋レザーさんのブログにいっぱい書いてありますので探してみてください。探しついでに記事読破してみたらいいですよ。当然僕は読破しています。

革漉き機だとキツイ細かなところは今でもこの方法で段漉きしています。一つの方法としてよろしければ参考にしてみてください(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-01 23:49 | レザークラフト | Comments(0)

協進エルの新しい刻印を使ってみました。



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

前回の記事で書いた協進エルの新しい日本製の刻印を使ってカービングをしてみましたので参考にして頂ければと思います(^^)


まずは完成したものから。
と言っても端切れで練習ですけどね(^^;)
通常刻印なんですが、シェリダンスタイルカービング用の刻印を意識して作っているようなので花も葉もシェリダンスタイルカービングの形を意識してみました。
a0228364_22430524.jpg

とりあえずはカットをしてアンダーショット(リフター)なんですが、ここだけはクラフト社の通常刻印B892を使いました。
スカラプ(花や葉の凹の箇所)に打って革を持ち上げる効果があります。バリーキングのリフターと同じ効果を狙ったもの、構造が違うのですがそれなりにリフトアップしていると思います。
a0228364_22481019.jpg

次にペアシェイダーです。
ここからは協進エルの新しい日本製通常刻印です。横線の入ったもので形状がシェリダン向けのP369なんですが、これは本当に素晴らしい形状と印影。
SK刻印、EMS刻印より良く感じます。
a0228364_22490058.jpg

次にベベラB203です。本当はメッシュの入ったタイプがいいんですが今回はプレーンです。

どちらかというと横幅が狭いタイプなのでこれ1本だとキツイ(^^;)
幅が広いタイプがもう1本必要です。
これは僕が始めてレザーカービングをするにあたり、ひまわりの社長さんからベベラは2本必要だよと言われたのを思い出し、なるほどと今更ながら思いました。
a0228364_22543689.jpg

あと、前回の記事の訂正でこのベベラはシェリダンスタイル用のものの様に先端が鋭角ではないということが使ってみてわかりました。
角度は大体同じですがRがついているので革への接地面積が狭いんです。
上がエルの新しいベベラで、下は普通の通常刻印。
a0228364_23061144.jpg
先端の角度自体は大して変わらないですよね。
ただこのRの構造はカットの間隔が狭いシェリダンスタイルカービングには意味のあるRです。

次にベンナーV407、シードS705とカモフラージュC431です。
バッググラウンドA104も少し打ってみました。
a0228364_23085048.jpg
ベンナーは通常刻印にしては薄くてシェリダンスタイルには向いていると思います。
シーダーは特段これと言った長所も短所も感じなかったんですが普段使い慣れているものと違ったので大失敗しました(^^;)
ちゃんと打つと綺麗に決まると思います。
a0228364_23130245.jpg
カモフラージュは通常刻印にしては線が細かいような気がしますが、SK刻印のカモフラージュの優秀さには勝てないです。

実験してみたらこんな感じでした。

最後にこんな事があっていいものか??と思う事です。
最新の2018年版の協進エルのカタログ、、一新して国産刻印になりました。という事で刻印の印影が載っているページ、、、
a0228364_23191043.jpg

実際に購入すると、

【このカタログに載っている刻印とは全く違うものが届きます。】

今回僕が買ったものも明らかに全部違います。(ベベラだけは微妙ですが??)

なんでかと言うと新しい刻印は今の段階でも基本刻印とベベラ、ペアシェイダーしかできていないからです。

だったらこのカタログに載ってる刻印はどこの製品なんだ?という事になりますよね。

確信を持っていいますが、協進エルの旧刻印とクラフト社の通常刻印が混ざってますね。。。

今の時代レザークラフトの実店舗も少ないですからネットで買い物をするときに、カタログを参考に購入する事が多いですよね。

でも違うものが届きます。

これを覚悟して、、なんてお勧めは間違えてもできません。僕でも分かるんだから気づいている人も多いと思いますよ。
大手がこんな事しちゃダメです。というか、ダメというレベルの話でもないと思います(^^;)

ここからはそんな大手に日本のクラフトマンを舐めてもらっては困るという話です。

日本のレザークラフトをやっている方の技術は全体的に上がっていると思います。そう感じませんか?
レザークラフト人口がどのくらいか?なんていう具体的数値は分かりませんが、皆さんのブログやSNSで作品を見ていると、9年前(僕がレザークラフトを始めた頃です。)と比べて本当に技術が上がっていると思います。特に仕立て、、
僕もカービングだけじゃなく仕立ても頑張っていますが、勝てる気がしない方が本当に多いです(^^;)

頂点が高くなっている。つまり人口が増えているという事なんだと思います。上が上がるって事は横も広がる、いわゆるピラミッド形状ですからね。

あと「物作りは道具ありき」といいます。全てとはいいません。もちろん技術もあると思います。

僕の考えだと、技術が上がっている背景には良い工具が増えて、皆さんの道具の目利きの技術が上がっているからなんだと確信しています。
個人的には道具の見立てこそがものつくりの技術なんだと思います。高いとか安いとかではなく「自分の目標を達するために必要な工具」。

大手メーカーで取り扱っている工具は質は落ちているものが多いです。
ものつくり大国日本人として恥ずべき事だと思いますが、はっきり言って中国のSINCE、FRINTの工具のほうが大手メーカーで取り扱われている日本製工具よりできが良いです。メーカー側も高級ツールとして売り出していますからね。

とはいえやはり刃物だと日本の刃物に勝るものはないですし、真似事をされたとしても個人経営できっちりした仕事で作られている日本の工具は中国ではだせないクォリティーだと思います。

僕の自慢の工具です。
a0228364_00461489.jpg
a0228364_00484149.jpg

僕はこれらがなくなることを凄く不安に思っています。それはまず、生産力では中国に敵うわけがない。という事と一昔前は粗悪品しか作れなかったはずなのに、今はかなりクォリティーが上がっている事です。これからもクォリティーが上がってくるものと思います。

良い工具がメーカーを通して直ぐに手に入る時代になったという事ですね。品数も増えるはずです。

日本は中国に数では勝てません。でも本物の技術は絶対的に日本が上だと思います。
日本の職人さんの技術、、なくなったらそれまで、技術の継承がなくなれば再建は難しいと思います、、、

なんだか悲しい話になってしまいました。失礼。

あんまり大きな物は作っていないのですが、息抜きに三角コインケースを作りました。
a0228364_00271477.jpg

バスケットは僕のショップでも扱っているハイドクラフターのスターバスケットです。
a0228364_00271578.jpg
スターバスケットはもしかしたら入荷がないかもしれません、、というのも仕入先のリストから消えたんです。ハイドクラフター製の刻印はハイドクラフター社がもう存在していないので品数も減っていくものだと思います(^^;)
中国製のステンレス刻印、、これも当然でるでしょうね。。何本か試しに輸入したんですが、僕が手に入れたものはEMS刻印と全く同じものでした。下請けが別のメーカーにも降ろしてるんでしょうね。

最後に、
ハーマンオークツーリングレザーのブラックを買いました。
a0228364_00342663.jpg
オイル、グレージングもかかっていないので普通にカービングできます。
カービングしてると、なるほどハーマンオークツーリングレザーだな。と感じます。
ただ、黒は手の影で本当にトレースラインやらが見えなくてカービングしにくい(^^;)
a0228364_00350946.jpg
でもチャレンジしたいな、、なんて思うんです。



よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-08-17 00:57 | レザーカービング | Comments(0)

協進エルの新しい通常刻印!菱目打ちの持ち方。

こんばんわ♪

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

今お仕事を休まれている五助屋レザーさんですが、ブログ更新は安心します。革の話じゃなくても近況報告は嬉しいです。なんとなくはわかっていますが、僕も詳細は知りません。ただ思うのは「元気であって欲しい。」ですからね。
僕は全ての業務を休んでいた間、近況報告を全くせず相当ご心配をおかけしたんだと反省するところがありました。

という事で僕も革ネタはなくとも近況報告はしようと思います。

今回は革ネタもありますよ(笑)

カタログが新しくなってからずっと気になっていた協進エルの新しい通常刻印を手に入れました。
a0228364_17483218.jpg
嫁に見せてみたら「子供用の刻印みたい」と的確な視点からの第一声で、「流石!」と思いました。これについては後ほどで、印影についてはこんな感じですね。
a0228364_17505088.jpg
ちなみに新しいカタログで国産にして一新しました。と紹介されているものとは全く形状が違います。
a0228364_17582483.jpg
今回僕が手に入れたものだとベンナー(V407)、カモフラージュ(C431)、シーダー(S705)、バックグラウンド(A104)がこのカタログに載っているものと同じ筈なんですが、それぞれ違いますね。ベンナーなんか特にです。(^^;)
なんでかというとまだ完成してないですし一部の刻印しか販売してないからです。だったらこのカタログの刻印はどこの刻印なんだろ?以前の協進エルの刻印とも全く違いますし、、ちょっと勇み足ですよね。

正直な話をすると以前の協進エルの通常刻印はお世辞にも良いとは言えないものでした。今回の一新で相当良くなっています。
打面の構造も印影も悪くないですし、一本400円〜500円の通常刻印ですからここら辺は全く文句の付け所がないです。あと、刻印の解説文を読んでいると種類によっては、どうもシェリダンスタイルカービング寄りの形状を意識しているようですね。実際に打ってもそう感じました。ベベラは少し傾斜がキツくなってますし、横線のペアシェイダーなんてSK刻印より形状が良いです(陰影はSK刻印の方が良いです。)、ベンナーも通常刻印にしては薄く作ってますよね♪
あと、刻印としては初めて手にする素材なんですが、この刻印ってアルミダイキャスト製なんです。持った感じは鉄、ステンレス製と比べても違和感はありません。
随分前に通常刻印でシェリダンスタイルを、、なんて記事を書いたことがあるのですが、この際に使った刻印はクラフト社の通常刻印です。元来「スツールマンスタイルカービング」「トラディショナルフラワーカービング(唐草)」「フィギュアカービング」などに使う刻印でシェリダンスタイルっぽくという記事でした。
シェリダンスタイル用の刻印は通常の刻印と違い特殊な形状をしています。それによせた、この新しい通常刻印を使えばもっとシェリダンっぽくなるんじゃ?シェリダンスタイルカービングの導入部分として間口が広がるんじゃないか?なんて思います(^^)
シェリダン向けの形状が揃ったらまた同じような記事を書いてみようと思います♪

それで嫁の「子供用の刻印みたい。」と言った事についてなんですが、これが大問題。
刻印のシャフトが一般的な刻印より1cm短いんです。
上からバリーキング、通常刻印、日本製ステンレス刻印、協進エルの新しい通常刻印です。
a0228364_18110178.jpg
一般的な刻印のシャフトの長さってだいたい11cmなんです。それに対して1cm短いんです。
たかが1cmと思うかも知れませんが、かなりの違和感です。

シャフトの長さで特殊なメーカーを挙げてみると、上からウェインジュースキー、日本製ステンレス刻印(一般的な長さ)、ハクバース、協進エルの新しい通常刻印、
a0228364_18145994.jpg
ハクバースの刻印はとても好きなんですが、一点だけ難を言うとシャフトが短いという事だったんです。でも改めて測ってみるとたかが0.5mmの差なんです。0.5mmで違和感があるのなら1cmは尚更です。
ウェインジュースキーは逆に長いんですが、ジオメトリック中心のメーカーですし、厚い革に強く深く刻印を打つサドルメーカーさんが好んで使ったり、フラワーセンターなんかも力強く打つのでこの長さは理にかなってるんです。実際に打ちやすいですしね。

それで残念なのがこのシャフトの短さは今後直らないようです。。

これは永く11cmで慣れているとキツイのですが、これから!という方には問題ないのだろうか??こればかりは分からないです(^^;)

次におまけ的なネタなのですが、皆さん菱目打ちって面を手前、側面どちらに持って穴空けしますか?

①菱目打ちの面を側面にして打つ(側面)
a0228364_18295287.jpg

②菱目打ちの面を手前にして打つ(手前)
a0228364_18295348.jpg

僕の場合ケースバイケースで両方なんですが、ほとんどが②の手前です。理由は色々とありますが、一番の理由は「ネジ捻などの印に合わせやすい。手が影になり辛いから外さない。」という事です。
日本の参考書だとほとんど①の側面ではないでしょうか?エルメスの職人さんの作業風景の写真で②の手前に持って穴あけする場面を見たことがあります。
①側面で持つと菱目打ちがちゃんと水平になっているかを目視しやすく、その逆で②手前に持つと水平を目視し難いです。
でも慣れてくるとどちらであろうと手の感覚で水平に打てるようになります。それぞれメリット、デメリットがあるんですが、どちらも正解だと思います(^^)

おまけ♪
色々と購入する際革以外はネットショップで買うことが多いです。
なんですが、良くあるのが問い合わせをして名前を言うやいなや「それじゃ店長に変わります。」、購入後「ネット上の説明部分のサイズが0.1mm間違えていました。すいません。」など、、僕は全国的に超クレーマーという位置ずけなのだろうか?
確かに数年前までは本当に酷かったし、、「でも最近は少し大人しくなりましたよ」と書いても過去の記事が残っているから無駄です。それは自覚してます。(笑)
色々書いてますが、実践したことや自分で買って持っているものに対して主観で勝手に書いてるブログ記事です。そしてやってもいないことに対して憶測では物を言いません。メーカーの物であろうと革仲間が作った物であろうと、主観で良いものは良い、悪いものは悪いと言ってるだけなのにな、、
あと、良いと言った点はスルーされることが多いですね。話が少し逸れますが、例えば「頑張ってください!!」と応援してくださ方が圧倒的に多いはずなのに、影で「死ね」とか言われると非常に不愉快になる。。悪い方に目が向きがち、、心身が弱っていると余計ですね。あと、文字は見えても姿は見えないので言い返せないから頭にくるのかな??
何を言いたいのかわからなくなってきた。失礼。(笑)

僕の場合、言い合いが成立すると逆に仲良くなるパターンもあるんですけどね。なんでも言い合える仲ってかなり信用できる間柄ですよね♪

あっ!そうだFacebookなんですけど最近タイムラインの流れが早くなってきているような気がするのは僕だけでしょうか??気のせいかな?さっき見てた投稿がさっと流れてたりすることがたまにあります。消えているわけじゃないのにな、、

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-07-27 19:52 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

ヨーロッパ目打ちのコーナーの決め方とフチ捻の加工♪


こんばんは(^^)

今日の記事は随分前にリクエスト下さっていた技法とこれもまた随分前にお預かりしていたフチ捻の加工についてです。

まずはヨーロッパ目打ちのコーナーの決め方(菱目打ちも同様)

良い開け方で縫うと
a0228364_21214246.jpg

悪い開け方をすると
a0228364_21221361.jpg

一目瞭然ですね。
ここら辺を解説してみます。ちなみに菱目打ちにも共通しますので参考にしてみてください(^^)

解説に入る前に。
作品の角が直角な場合のヨーロッパ目打ちの打ち方なのですが正直難しいですよね(^^;)
だいたいにしてネジ捻のように細い線をひいてその真ん中を開けていくのはかなりの難易度です。
そこら辺を考えてヨーロッパ目打ちの幅に合う6T Leather worksさんのワイドクリーサーは素晴らしきアイデアの商品だと思います。
ただ、大人気商品なのでお金の余裕がある時頑張って買おうとするのですが在庫追加されてから秒殺で売れる工具なのでなかなか手に入りません(^^;)
a0228364_21240855.jpg
僕のBASEネットカートショップで売っているアジャスタブルクリーサーも広い幅の線が引けてネジ捻方式なのでフチからの線の幅を変えられるのはとても良いのですが、6T Leather worksさんのワイドクリーサーほどはキレのある線がつきません。
日本の最高級ツールは価格に見合った出来栄えですよ。完璧に商品にして良いレベルまでもっていってから販売してますからね。
中国の高級ツールもかなり良くなってはいるもののどこか甘いです。なんだかプロトタイプ状態の段階で販売している感じです。しかし、Sinceのワイドエッジャーなんかをみているとマイナーチェンジしている様子がうかがえるので良くなっていくのかな?なんては思っています。

それでは本題。
良い開け方と悪い開け方の比較をしてみます。
今回は日本製の火打ちのヨーロッパ目打ち、6T Leather worksさんのヨーロッパオウル、フロンティアさんの溝ネン(4mm)を使っています。

まずはしっかりと線をつけましょう。
コーナーが直角な場合は交わる線は重なるようしっかりとつけてください。
a0228364_21344536.jpg

まずはコーナーから決めましょう。
a0228364_21352453.jpg
個人的には2本刃のほうが楽です。

まずは良い開け方。
a0228364_21363578.jpg
この後直角に向きを変えて穴明けをするわけですが、正確に×になるところが正しい合わせ方になります。これはかなり難しいのですが叩く前に手で目打ちを持って印をつけてみると上手くいきます。

a0228364_21410111.jpg

ここから長い幅のヨーロッパ目打ちに切り替えして穴を開けていきましょう。
×のところは別に打ち抜いてもかまわないと思うのですが、印だけにとどめて次の穴から打ち抜いたほうが綺麗だと思います。
多少印の跡が残りますがぬい終わると気にならないので僕はこうしています。

こんな感じですね。
a0228364_21425155.jpg
それで縫ってみます。
a0228364_21434255.jpg
ほんの少し×がズレたような気もしますが上手く縫えていると思います。
ちなみにこの×は菱目打ちも同様で、菱目打ちは刃先が点な分かなり正確に打てます。

とここまでが良い例です。
次に悪い例です。
一点だけ気をつければ大丈夫です。
a0228364_21470880.jpg
気をつけるのはここだけです。
手書きで失礼。この差です。
a0228364_21510329.jpg
それでは縫ってみます。
a0228364_21515353.jpg
コーナーの穴が見切れてますし、上手く斜めステッチになっていないです。

非常に簡単な事ですが重要な点だと思います。良かったら参考にしてください(^^)

あっそうだ!
日本製の火打ちのヨーロッパ目打ちには6T Leather worksさんのヨーロッパAwl、本当にぴったりです。抜けも良いですよ。
a0228364_21555292.jpg

次にフチ捻の加工です。
最近のことなんですが、日本の火打ちのフチ捻を買うとこれが新品状態なんですが、全く溝がないと言って良いほどなんです(^^;)
ちょっとピンぼけで失礼。
a0228364_21580063.jpg
それを加工していくのですが、どうも言葉では説明し辛くてなんなんですが、コバのフチをちょっと立たす。ような形に加工してます。これは多分五助屋レザーさんのところもそうだと思いますし(実際には見た事ないから作品をガン見して想像で加工しています。)、6T Leather worksさんのエッジクリーサーにも似た構造です。フロンティアさんの押し捻はフラットなんですが、6T Leather worksさんのエッジクリーサーはちょっと構造が違うんです。

加工する際一番大変なのは、火打ちだからとにかく硬いんです。かなりの労力です。商売にするには割りが合わなすぎるのでやりません(^^;)
実際に使ってみるとこんな感じです。
a0228364_22103037.jpg
写真が下手過ぎる(笑)

このフチ捻は佐賀県の革仲間に送ります。加工のプレゼントです♪
少々お待ちください(^^)

それと、久々になりますがBASEカートショップに刻印のみですが在庫追加をいたしました。
a0228364_22162954.jpg

a0228364_22163047.jpg
検品終了後に在庫追加していますので安心してご使用ください。また、端切れのあくまでおまけではありますがスタンピングやカービングにもっとも適したハーマンオークツーリングレザーに刻印の試し打ちをしたものを同封しております。よろしければ革の質感もお楽しみください(^^)

おまけ♪
最近これにハマってます。
近所のセブンイレブンで買い占めてるのは僕です(笑)
a0228364_22172864.jpg
最後に、僕はここ最近の各地で発生している自然災害に心を痛めています。異常な事態だと思っています。
サッカーも明るいニュースでとても良かったのですが、その反面災害の現場の情報量があまりにも少なくて、、復旧なんてまだ全然だろうし、今だって避難生活をしている方が大勢いると思うんです。コンビニの募金箱にお金入れるくらいしかできないのですが、どうかご無事でとお祈りします。

あと、五助屋さん頑張って!色々とできないことが増える分の穴埋めは僕ら仲間に任せておいてください!僕は宣伝くらいかな??あとなんだろう?できることはやりますので言ってください。
ここら辺は恩義ですよね。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-07-08 22:44 | レザークラフト | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> ぽん太郎さん コメ..
by tkanno4649 at 22:38
先日、BASEから刻印を..
by ぽん太郎 at 22:08
> D.worksさん ..
by tkanno4649 at 01:44
初めてコメントします! ..
by D.works at 22:29
> rikiさん こん..
by tkanno4649 at 23:32
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。