人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:シェリダンスタイルカービング ( 183 ) タグの人気記事

シェリダンスタイルカービング入りのトレーを作ろう!(図案描き〜オイルアップ)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

今回のブログはシェリダンスタイルカービング(Sheridan Style Carving )入りのトレーの製作工程を図案描きからダーっと写真並べてみようと思います。
図案描きからの解説は初めてかもしれません?
今回は「基本的な図案」というのを念頭に、あまり複雑にならないようにしました。
今回はカービング用語で言うとタップオフという技法に準じた図案描きです。
あと、自己流なので正攻法という訳ではないと思いますので参考までに(^^)

それでは!
あっ!長いですよ(笑)

1日目
まずは枠から決めちゃいましょう。
今回は整然とした花の配置にしたかったので方眼用紙を使っています。
a0228364_03592162.jpg

a0228364_03592116.jpg

何回も描き直ししているとサークルの線が消えるので赤鉛筆で描きました。
a0228364_03592290.jpg

たまに聞かれるんですが、サークルとサークルの間の距離、、今回はこんな感じにしましたが、決まりなんてないと思います。
間隔を広くとったら、その間に葉っぱとか乗っけちゃえば良いですよね(^^)
a0228364_04402599.jpg

ただ、黄金比なんていうのはあります。
Bob Park氏のテキストに載っていますよ。

1個目の花の向きは自由、こういうサークルの大きさが同じ図案だとこの段階で僕は2個目、3個目の花の向きがわかってます。
a0228364_03592322.jpg

サークルの繋ぎ目の線と花の茎を平行に持っていけば良いだけです。
まぁ、楽ってだけで決まりではありません。
a0228364_03592447.jpg

花の向きは決まったので、ここから予め用意している花を置いていきます。
a0228364_03595670.jpg

こんな感じでしょうか?
a0228364_03595792.jpg

a0228364_03595847.jpg

ここからツルを繋げていきます。
花の内側のツルは結構簡単なんですが、問題は外側のツルなんですね。。
a0228364_03595845.jpg

1番迷うであろう分岐点はこの2つのラインを把握すればあまり迷いません。
分岐点を通過する過程で花の外側のツルが次のサークルに移る時花の内側のツルになっていくんです。
a0228364_03595975.jpg

あとは空いたスペースにスクロールや葉を入れていきます。
a0228364_04003285.jpg

a0228364_04003370.jpg

a0228364_04003468.jpg

a0228364_04003437.jpg
右上のスクロールと葉っぱを逆回転に変更
a0228364_04003511.jpg

ここら辺から迷宮に入ります。基本描いたり消したりですね(笑)
a0228364_04010998.jpg

a0228364_04011045.jpg

a0228364_04011141.jpg

この段階になると描いたり消したりで紙が跡だらけになるのでコピーをとってコピー用紙にトレースしてみたりしてます。
このLEDのトレース台気に入ってます。3千円くらいですよ(^^)
a0228364_04011235.jpg

バックグラウンドを塗ってみると急に変なところに目が向きます。。
a0228364_04011202.jpg

図案から描く時の作業はここまで、1日寝かせないと変なところに気付きません。
バックグラウンド広いな、、と思いながら寝ました。

2日目

多少手直し。
バックグラウンドをちょっと狭くしたり、変な曲線とかはトレース、カットで微調整していきます。
シェリダンスタイルカービングだと「どのツルも曲線にする」という意識が大切だと思います。
a0228364_04034934.jpg

とこ面に養生テープを貼って伸び止め
a0228364_04053407.jpg

革はハーマンオークツーリングレザーです。
a0228364_04053547.jpg

僕の場合ですが、作品の外周はこの時点でカットしちゃってます。カービングしてからカットするのが普通だと思います。
a0228364_04053610.jpg

a0228364_04053702.jpg

トレースです。
a0228364_04053870.jpg

a0228364_04060337.jpg

転写完了。
このラインはあくまで目安で、自然な曲線は感覚的にカットしていきます。トレースラインの終点より少し長くカットするのも大切だと思います。
a0228364_04060567.jpg

カットの前にフラワーセンター
a0228364_04060808.jpg

フラワーセンターの代用としてカシメ打ちを使用。この周囲をベベラ打ちすれば良いです。
a0228364_04060985.jpg

カットの際は必ず横にルージュスティックを置いてこまめに研ぎながらです。
a0228364_04061187.jpg

カット
メインからやることが多いような気がします。
a0228364_04063655.jpg

a0228364_04063707.jpg

a0228364_04063787.jpg

リフター
a0228364_04063818.jpg

a0228364_04063934.jpg

a0228364_04070473.jpg

花の周囲のベベラやペアシェイダーはちょっと強めに打ってます。
a0228364_04070565.jpg

a0228364_04070682.jpg

休憩中はジップロックに入れておけば作業やめた時と同じ水分量で再開できます。
a0228364_04070676.jpg

僕はベベラの前にペアシェイダーです。
a0228364_04070718.jpg

ここから地獄のベベラ(笑)
嫌になってくると部分的に仕上げていったりもします。
効率的な事を言うとメインになるところから打っていくと何度も打ちなおしたり、、という手間が多少減ります。
a0228364_04072688.jpg

a0228364_04072729.jpg

a0228364_04072834.jpg
あ〜、、やっと終わった、、
ここら辺からは精神的に楽です。

ベンナー
a0228364_04072866.jpg

ミュールフット
a0228364_04072910.jpg

バックグラウンドの前に打刻していくうちに印影が薄くなってしまったところの打ち直しをしてみます。いわゆるクリーンナップっていう作業で結構重要な作業です。
a0228364_04074924.jpg

バックグラウンド
a0228364_04074919.jpg

フチをちょっと装飾してから、デコレーションカット(フィニッシュカット)
サインを右上の葉にカットしてみました♪
a0228364_04075025.jpg

バックグラウンド染色
今回はフィービングのライトブラウンです。
カットで微調整しながらバックグラウンドを削っていったので少しは狭くなったような感じがし、極端に広いところもないと思います。
a0228364_04075179.jpg

ニートフットオイル
a0228364_04075202.jpg
オイルの浸透待ちで、2日目はこれで終了。

ミシンを買った後だから余計に感じるのかもしれませんが、カービングって商売的に考えると割りが合わな過ぎです。物凄く手間がかかる、、楽しいから辞めないんですけどね(^^)

先日ピスタチオの殻剥いてて割れた爪が痛くてカービングできない、、とかそういうのがなくてひと安心です(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-04-07 03:54 | シェリダンスタイルカービング | Comments(4)

カービング、スタンピングの際の水分量。Sheridann Style Carving!!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室のほうはお休みさせて頂いております。

今回はご質問が多い事について書いてみようと思います。
まずはカービング、スタンピングの際の水分量についてです。
水分量については参考書にも具体的には書いていないと思います。それは無理もない事です。無責任な言い方をすると目分量なんですよね、、
ただ、はっきりと言える事は「刻印を打った際に刻印の模様に色がつかないのは水分不足です。」
カービングやスタンピングは凸凹をつける感じで模様を表現するというより、刻印の印影で立体感を表現する感覚に近いです。
タンニンなめし革に水分を入れて刻印を打つと強く打った所は濃い茶色、軽く打った所は薄い茶色になります。このコントラストで奥行きを表現します。
それから液体染料やペースト染料で更に立体感を出す技法もあるのですが、刻印による打刻のみであればやはり刻印の強弱によるコントラストが染色の作業になるんだと思います。

少し実験をしてみました。
今回はフチをカットしてベベラ打ちからのボーダーのスタンピングです。
写真を交えて説明していきたいと思います。
ちなみに今回は刻印に関しては一本400円〜500円くらいの国産通常刻印と千円くらいの国産スーベルカッターを使いました。

まずは水分を入れて鉄筆で線を入れました。作品の場合はフチに合わせてネジ捻やディバイダーを使って線を引く作業ですね。
量で表現できないのですが、水分量はやはり革の色が変わるくらいだと思います。かと言ってトコ面に届くほど浸す感じではありません。線を引いたら色がつく感じですかね?
a0228364_17222643.jpg

次にスーベルカッター
スーベルカッターで最も深い箇所のカットは目安ですが革の厚みに対して1/2〜1/3くらいです。今回のカットは1ミリくらいだと思います。
カットについても水分量が適切だとカットした箇所の色が変わります。
あと、この時点で革のフチが少し乾いてきています。乾いたら水分を足す感じです。フチは水分が抜けやすいので少し多めに入れてください。
a0228364_17250001.jpg

次にベベラ打ちなんですが、ベベラと一言にいっても様々な種類があります。
今回はメッシュのないスムーズタイプのB200と通常刻印では1番メッシュの細かいタイプ、B200とほぼ同じ幅のB198を選んで比較してみようと思います。
先程、立体感は打刻の強弱で表現するといいましたが、メッシュの細かさ荒さもプラスすると立体感の幅が広がります。
a0228364_17315262.jpg

カットラインに合わせてベベラを打ってみました。
刻印を変えただけでも印象が変わりますが、あここからペースト染料(アンティックフィニッシュなど)をつかうとメッシュの入りが荒いほど色濃い印象になります。メッシュがあるとアンティックフィニッシュがメッシュの溝に残るので色濃く見えるという事ですね。
参考までなんですが、僕はフラワーカービングに関して、簡単に言うと優しい印象にしたい時はプレーン(メッシュの入っていない刻印)、力強くしたい時はメッシュ入りの刻印を使っています。
シェリダンスタイルカービングだとメッシュや縦線、横線の入った刻印が多く使われます。昔ながらの唐草模様だとプレーンが多いですね。
a0228364_17374705.jpg
このプレーンとメッシュの使いこなし方は混ぜる場合もあり単純ではありません。これは岡田明子さんの講習会に参加して得て習得した技術の1つです。
岡田さんのシェリダンスタイルカービングの特徴の1つはシェリダンスタイルカービングをベースとしながらも、数多ある刻印の特色をフルに生かす事で、自然界に存在する多くの植物、それぞれに近いものを表現することを目指したシェリダンスタイルカービングなんだと僕は思っています。
表現の幅が広がりますので是非参加してもらいたいですね(^^)
また、岡田さんのシェリダンスタイルは世界でも類をみない技術、カービング作品では見過ごされ勝ちな仕立ても凄い技術です。だから当然世界的な評価も高い訳です。
そんな岡田さんですがとっても腰が低くなんでも教えてくださる方です。皆んなと同じ目線でお話ししてくれますよ。
技術や評価はもちろんですが、レザークラフトの楽しさを広めている事が世界的に評価が高いもっとも大きな理由の1つなんだと思います。

僕が思うに本当の頂点にいる方って、、決して偉そうにしませんし、自らトップの地位につこうとは考えないようですね。あと、人によって口調や態度を変えたりしませんから皆んな平等で依怙贔屓なんてしません。それにも関わらずチャレンジ精神が人一倍あったりして技法も作風も変化していくので毎回新鮮な気持ちで作品を見れて楽しいです。
そんな方だから自慢もしないので日本ではあまり目立たないのでは?
何かあったらすぐに自慢して褒められたいと思う自分が恥ずかしいのですが、褒められたい一心で頑張っているところがあるのでこれは良しとします(笑)

ご存知の方もいると思うのですが、アメリカのLEATHER CRAFTERS&Saddlers journal 、日本でも売っている世界的に一番メジャーなレザークラフト情報誌には毎号どこかに掲載されている感じです。前回号もですが、今回の号にも載っています。
とっても参考になる隔月の雑誌です。一押しですね(^^)

という事で代わりに自慢してみました。えっへん!(笑)

岡田さんの事を語ると長くなってしまいます。すいません。

次の工程に移ります。
今回は通常刻印のボーダーD435-2とベンナー(葉脈)V407でボーダースタンプを打ってみます。ベンナーはフラワーカービングだと主に葉の脈の表現に使う刻印なのですが、ストップやボーダーに使う方法もあります。
a0228364_18253025.jpg

スムーズタイプのベベラで打ったラインとメッシュ入りのベベラで打ったラインそれぞれにボーダーを入れてみました。
アンティック染めをしていないのであんまり差が出ませんでしたが、多少印象が違いますよね。
a0228364_18301798.jpg

今回、ちょっと失敗でフチの方の水分が少し抜けてしまっていたようでメッシュ入りのラインに打ったボーダーの印影が弱くなってしまいました。悪い例です。

次の写真の上下のラインで比較してみたら分かりやすいと思います。
これが水分量が適切か?適切でないか?の目安なんだと思います。
上のラインは印象がくっきりしていますが、下のラインは少し印象が薄いです。
a0228364_18302895.jpg

あと、ついでにカットラインの深さなんですが、これくらいカットしてベベラを打たないとボーダーを打っている過程でベベラの凸凹が消えていくと思います。
今回は1ミリ程度の深さのカットでしょうか?水分量もですが、カッターの切れ味が悪いと浅いカットになりがちなので刃は研いでくださいね。
写真でなんとか伝わるといいのですが(^^;;
a0228364_18350737.jpg

久々の技法解説でした。

ただ今オーダー製作及びWORLD LEATHER DEBUT の作品作りにとりかかっているところです。というかこれから手をつける感じです。
なかなかの忙しさですが頑張ります!

【お知らせ】
BASEにて在庫切れ中の刻印につきましてはあと10日前後で入荷予定です。

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-03-30 20:44 | レザーカービング | Comments(0)

ハーマーンオークツーリングレザー!ユーフェンのセッターポスト!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

早速ですが、レザーカービング。特にシェリダンスタイルカービングをしている僕が切らしちゃうと非常に困る革ですね。ハーマーンオークツーリングレザーを1枚買いました。
一先ず安心しました。しかし高くなりましたね(^^;;
a0228364_18472188.jpg

a0228364_18472187.jpg
僕がいつもお願いしている手芸&クラフトひまわりさんだと、なるべく大きなの下さい。って言うと大きいのチョイスしてくれるんです。
あと、半裁はキツイ、、、って時、1万円分ください!っていう買い方ができるんです。幅指定で切り売りもしてくれます。なんて親切なお店なんだろう、、こういうお店がレザークラフト人口の増加に貢献しているんだと思います。

252DSはハーマーンオークツーリングにしてはかなり大きめですね。普通だったら200DSちょっと超えるくらいじゃないでしょうか?
ハーマーンオークツーリングレザーの半裁がヌメ革なんかと比べて小さいのは、舐めす過程で革をあまり引っ張らないからなんです。

いざ!カービング!って感じですね(^^)

今大きい機械がくるのに向けて工房の断捨離をしている訳ですが、なんだこりゃ?いつ買ったの?って言うのとお宝はでてきますね。
ほんじつはほとんど未使用の結構良い感じのステッチングホースがでてきました(笑)
a0228364_18535670.jpg

「役に立たないから未使用」じゃなくて「役に立つけど今は他のものを使っているため使わなくなったもの」は今後BASEのほうで安く販売させて頂きたいと思いますのでたまにチェックしてみてください(^^)

それで次のネタです。
五助屋レザーさんのBASEショップでユーフェンのセッターポストを購入しました。
a0228364_18581027.jpg
例えば、ジャンパーホックの駒なんなをセットして打ち具のように使うんです。
a0228364_18591945.jpg
さっきも言ったのですが、大きい機械がくるのでハンドプレス買っちゃうと置き場に困るんです(^^;;
コンパクトだし精度もかなりのもので、例えばイベント出店やワークショップが多い方になんてお勧めです(^^)

その精度の高さは笑ってしまうほどで土台のパーツに駒を入れると、カコッって入るんじゃなくてスイ〜ンってゆっくり入るんです。桐たんすかよ!っ感じです。

今日はさらっとこんな感じです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-03-04 19:16 | レザークラフト工具 | Comments(0)

10周年!作業効率!試作の山



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、2009年から始まった「Handmade leather goods t.kanno」、今年は2019年という事で10周年な訳です。
僕のレザークラフトの始まりは、友人の付き添いで行った福島県郡山市にある手芸&クラフト ひまわりさんでした。社長さんがとにかく経験豊富、店内には著名な作家さんの作品がずらっと並んでいて、とにかく通って、、毎日通って、、定休日も行ってました。今でも分からない事があると相談しています。近くにお住まいの方でレザークラフトを始めようと思っている方は行って欲しいお店ですね(^^)
福島県でレザークラフトをされている方のレベルは非常に高い印象があります。それはひまわりさん拘りの対面販売なんだと思います。
遠方の方も〇〇を作りたいのですが。と電話すれば任せて安心ですよ(^^)

それで記念にとステッカーを作ってもらいました。商品ご購入くださった方にオマケとして同封させて頂きます(^^)
a0228364_22481087.jpg

ブログのご訪問者数も75万人を超え感謝です。マイナーなレザークラフトブログでこんな数字になるとは思いませんでした。
a0228364_01452918.jpeg

ブログのタイトルはピンポイントでシェリダンスタイルカービングと、、今でも一番好きなので非常に安心しています。また、計算してはいませんでしたが、「ほぼ」をつけたのは大正解だったと思います。これが「完全!」とかだったら大変な事だったと思います(^^;;

「レザークラフトのプロ」
色んな線引きがあるでしょう、、でも僕なりの考えだと自分で作った作品を親族や友人以外の方に販売、また、教室などでお金を頂いて技術を教えた時点でプロだと思っています。僕の場合、それが2009年だったと言うわけで、ついでに言うとレザークラフトを始めたのも2009年です。始めて1年以内に販売も開始した事になりますね。
最初に販売を始めたのはヤフオクでした。今からは考えられないような時間と労力を費やしたお財布が8000円で売れたのが初めてです。今では考えられない価格で、ほぼ材料費でしょう、、それでも相当うれしかったのを覚えています。でも、もし気に入ってもらえなかったらどうしよう、、という恐れのほうが強かったです(今でもそうですが、、)。
責任が伴ってくる。。お金をもらうっていうのはこういう事を言うんだと思います。

自分のアイテム→親族へのプレゼント→友人へのプレゼント→親族への販売→友人への販売→親族・友人以外の方への販売。
こんなステップを踏めば上達も早いと思いますよ(^^)
趣味だから販売は、、と思っていても上手くなると売ってくださいと言われるようになるのがレザークラフトの不思議なところです。

最初は価格設定で随分と悩んだものでした。
価格が分からないからと言ってヤフオクでカービング入りのコインケースを1円スタートで出品して落札額が千円、、というのも今から思うと良い経験です。
その頃とは随分変わってオーダーメイドの価格表を公開しているショップさんも多いと思うのでそれを参考にしたって良いと思いますよ?僕も公開してますしね^_^

これも価格設定の話になると思うのですが、今と10年前を比べるとやはりスピードと完成度が明らかに違います。
例えば、僕のお店だとオーダーメイドのカードケースで装飾なしシンプルなもので大体6千円です。
10年前は1日がかりだったと思いますが、今だと当時はやっていなかったネン入れの作業なんかを含めても2時間もあれば作れます。
例えば1日あたりの作業時間を8時間、材料費千円とするとはじめたばかりで時給換算すると625円、今だと2,500円になる訳で、商売として成り立っています。
時給換算で価格を決めるのって作業スピードにもよるから難しいですよね(^^;;
完全に革一本に移行したのは時給換算しても商売として成り立つ見込みが立った時でしたから、そういう意味では時給換算も基準になるのかもしれません。

今更なんですが商売って考えると効率よく作業する事なんだと思います。
結果が同じであれば無駄な手間は省く事を考えるべきで、先を見越すと効率を上げるための出費は必要です。例えば、漉きなんていうのは革包丁でやると30分かかるようなものでも皮漉き機があればものの数秒でしかも正確にできるわけです。

僕が思うにスピードアップ、クオリティーアップに繋がった大きな理由の一つは、刃物の本当の切れ味を知ることが出来たことだと思います。「刃物の館やすらぎ工房」さんには頭が上がらないです(紹介してくださった方にも感謝です。)。
本格的な教室に通うとまずは包丁の研ぎ方から、というのは今はとても納得がいく話なんです。

次に良い革を使う事も大切です。ただ単純に高級な革という訳ではなく、適材適所という事です。例えばシェリダンスタイルカービングだとハーマンオークツーリングレザーがベスト。(唐草やフィギュアカービングならヌメ革やタンローでも良いと思います。)。

簡単な補足です。
カービングできる革は基本的にはナチュラルのヌメ革です。カービングをするには水分を入れる必要があるのでオイル革は無理ですし、グレイジング加工(サドルレザー)されていると水を弾きますので向いていません。カラーヌメという革についてはカービングできる革もありますが難しいと思います。
・ハーマンオークツーリングレザー→ヌメ革の一種でハーマンオーク社のカービング用に鞣された革です。ツーリングとはカービングの事を示すのがその所以で、革の繊維の詰まりが良く刻印戻りが少ないです。繊細な図柄のシェリダンスタイルカービングにはもっとも適した革です。
・ヌメ革→オイル、染色、グレイジング加工前の革でカービング、染色もできる革で、エイジングします。ヌメ革という名称でなくともタンニン鞣し後、オイル、染色、グレイジング加工がされていない革はヌメ革にあたると思います(カラーヌメという革もありますが、僕はちょっと分かっていないところがあります。)。
・タンロー→タンニン鞣し、ろうけつ染の略で脂分が抜かれている革です。カービングもできますし、染色に関しては脂分がないため素直に色が入りますがエイジングはしません(正確にはピンクにエイジングします。)。

革については革屋さんでも正確に説明するのが難しいと聞いた事があります。なので僕なんかが正確に説明できる訳がありません。申し訳ないです(^^;;
ただ、綺麗に思った通りにカービングできる革がカービングに向いているという事は確かですね(^^)

端切れ革でレベルの高い作品を作れる方は本当に凄いと思います。
初心者の方にオススメの革の購入方法はやはり切り売りですね。例えばA4サイズとかで売っている革です。切り売りってデシ単価が倍くらいになってなんだか高いな、、ってイメージがあるかもしれませんが、革のプロが良い部分だけを選んでカットしているので端切れ部分に当たる事がないんです。脱線失礼。

あと工具に関して、
これも良いものに越した事はありません。「物作りは道具ありき。」良い道具を使えば良い作品が作れます。
だったら腕はほとんど関係ないじゃないか!となってしまいますが、悔しい話ホントの事でもあると思います(^^;;

ただ、どの道具が自分の求める作品作りに必要なのか?を見極めるのは技術です。

商売をするにあたって、
販売力、宣伝力のアップは地道な努力ではありますが名前を売る事でもあり確かな技術を身につける事にあると思います。これが信頼度と密接に繋がるはずです。最近は極力大人しくしていますが、僕みたいに感じた事をそのままブログ記事にしたりするのは商売人としては失格ですから真似しないほうが良いですよ(^^;;

僕が理想として目指しているのは、商売として安定した商品を作り、上手く教室を運営できる体勢を整えながらも、コンテストではお金にはならないけど今持てる技術を全て注ぎ込んだ作品を作るというスタイルです。



最後に、
10周年を迎えられたのは当然の事ながら皆さんのお陰なんです。これはもう間違えのない事で、挙げればきりがないのですが同業者、革仲間、ブログを読んでくださっている方々、お客様、偉大な業績がありながらも様々な事を同じ目線で教えてくださる方々、、と
そして奥さんですね。よくこんな自由を許してくれているものだと思います。

皆さまありがとうございます。「Handmade leather goods t.kanno」を今後ともよろしくお願いいたします。

最近相談される事が多いので、レザークラフトのプロを目指そうとしている方々へのメッセージです。
僕でもこうやってなんとか生業にしている訳ですから不可能という事はありません。応援は全力で行いますので気軽にご連絡くださいね(^^)

次の話に変わりまして
前の記事やこの記事でも書きましたが、作業効率についてです。
五助屋レザーさんのずっと前のブログ記事にも書いてありましたが、製作に関して「ミシンより手縫いが良いという方はいても、材料の切り出しに関しては抜き型じゃなくて手断ちが良い。」という人はいないだろう。
今更ながら本物にその通りだと思い、今試作を重ねて抜き型の元になる型紙とプレス機の導入に向けた準備をしています。

僕の場合、やはりカービング作品がメインになるので内装はもうパターンを決めてしまおうという訳です。
色々内装の構造を考えた試作をしていきながらもカービングの練習も兼ねた試作を去年の末から作り始めてかなりの数になりました。

カービングメインだと仕立てはミシンで価格を抑えて、という事も考えてミシンでも仕立てやすい構造も頭の片隅に置いています。

効率化を考えると、やはり欲しくなるのはミシン、皮漉き機、抜き型、プレス機ですね。

では試作品(以前のブログにも載せたものも再掲しています。)

まずはロングウォレット
a0228364_23442520.jpg

ミドルウォレット
a0228364_23444458.jpg

a0228364_23444548.jpg
左側のお財布の表革はアメリカンバイソンシュリンクです。初めて使いましたが薄くすると迫力がなくなりますね。非常に上品な感じです。

ヨーロッパのヌメ革にカービングしたミドルウォレットです。ヌメ革なのでカービングはできます。しかし、ヨーロッパの革は銀面の再生力が強い。。このくらいはできますが、刻印が戻ります。。
今回使った革はカービング用の革でもないですから、そこが良いところなんでしょうけどね(^^)
a0228364_23444642.jpg
この図案はJim Linnell氏による図案集に載っていたものです。詳しくはWikipediaでご覧ください。まぁ、Wikipediaに載っているほど有名な方で僕が初めてWorld Leather Debut に出品した際に審査をしてくださった方でもあります。
また、岡田明子さん同様、世界のレザークラフト界でもっとも名誉あるAl Stohleman Award 受賞者です。

そして大失敗のハーフウォレット、、
a0228364_23565149.jpg

カードケースやミニウォレット
a0228364_23571653.jpg

これらを一つずつ作るたびに、なんで商品にしないの?と嫁から言われるんですが、理由の一つがカービングです。図案集からとっているデザインなので、、あとの作品については少しばかりミスがあります。
もし、カービング作品以外の作品で気になる作品で訳ありという事でご了承頂けるのであれば販売しますので個別にメールやFacebook messengerでご連絡ください。半値くらい?と考えています。

おまけ♪
革包丁が3本なくなりました。もう最近こんなのばかりです(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-02-16 01:15 | レザークラフト | Comments(4)

ミドルウォレットとアーミーロークのヨーロッパ目打ち!エイジング!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*ただいま教室は開催しておりません。

最近お財布ばかり作っています。
試作品を作っている訳ですがなかなかバシッと決まらないものですね。これで4つ目です(^^;;

前回の図案と同じで小銭入れをフラップ式にしたバージョンです。
形はだいたい決まったのですが、作りやすさを考えるとまだ検討の余地があります。
a0228364_02302786.jpg

それで、今回は五助屋レザーさんのところで購入したタトゥーウォレット(ミドルウォレット)を使ってみて、コインケースの入り口のあおりってやっぱりあったほうがいいな、、使いやすいなと思ったので失礼ながら真似をさせていただきました。すいません(^^;;

a0228364_02342430.jpg

それでこんな感じで貼り付けたのですが、
a0228364_02342568.jpg
それで糊付けをどうやってしようと考えまして、、
ゴム糊を使ったので両面に塗らないといけないし、、
今回は養生テープを使ってみました。
a0228364_02360171.jpg

a0228364_02360252.jpg

a0228364_02360236.jpg
たまたまかもしれませんが?うまくいったような気がします。
こんな事をした後に思ったのですが、片面塗りで良いサイビノールを使えば良かったのかもです?

次にアーミーロークのヨーロッパ目打ち!
密かに買って使っていたのですが抜群に良いですね!
a0228364_02424732.jpg

この鏡面仕上げの輝きを見てください!
a0228364_02424884.jpg

やっぱり穴が均等に綺麗に開くとステッチも綺麗に決まりますよね!
a0228364_02533405.jpg

五助屋レザーさん6T leather worksさんのBASE ショップで販売されていますよ。

吊るし(加工しない)でそのまま使える工具しか販売しない五助屋レザーさんらしいチョイスだと思います。
日本の工具屋さんの職人道具ってある程度形は整っているけど最後はお好みに仕上げてください!みたいなところがあって困る事がありますが、アーミーロークのヨーロッパ目打ちは買ったらそのまま使えます(^^)
完璧に五助屋レザーさんのブログ記事の受け売りで書いている内容で失礼。共感するところがあるんですよね。

それで同じく販売されているユーフェン、、こちらも抜群に良いです。五助屋レザーさん同様どちらが良いかわかりません(笑)
a0228364_02504893.jpg

最後にハーマンオークツーリングレザーのエイジングの凄まじさが一目瞭然の写真を、
スマホケースですが、作りたてはこんな感じです。
a0228364_03001113.jpg

a0228364_03001225.jpg

2年使用でこのエイジング!
飴色→赤褐色→黒
と言った感じのエイジングになるのがハーマンオークツーリングレザーです。
I様お写真ありがとうございました。
a0228364_03015556.jpg

a0228364_03015654.jpg
今日はこんな感じです。

刻印入荷しましたのでよろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-01-21 02:27 | レザークラフト | Comments(2)

XXスティープベベラでシェリダンスタイルカービングを彫るとどんな感じになるだろう?



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*只今教室はお休みさせて頂いております。

ここ最近、お財布をやたらと作っています。
毎回型紙から作っているのですが、いい加減定番の構造にしてゆくゆくは抜き型を作ってもらおうと考えている訳です。

そんか最中、なんというグットタイム!
五助屋レザーさんから新たなプレス機が発売されましたね!
すでに発売されている卓上クリッカーRP2000のタイトバージョンという立ち位置、RP2000と比較すると部品を減らした分、重量約半分で持ち運びにも便利、価格も約半額ながら機能を最大限に活かすのに必要な強度を兼ね備えている機械です。五助屋レザーさん、簡単ですがこんな感じでよろしいでしょうか?

こういうのってレザークラフトの専門家、機械の専門家が共作する事によって完成されたものになるんですよね♪
僕も購入検討しているんですが、RP-2000かRC-2000とで悩む所ですね(^^;;
RC-2000を購入する事に決定したら零号機を売ってもらう交渉をするのだ!(笑)
今後も期待しちゃいますね(^^)

それで本題のXXスティープベベラでシェリダン スタイルを、、
なんですが、まずは完成形を。
これもまた前回作ったものと同じく、参考書の図案を使いました。
a0228364_17451296.jpg

今回は表題のXXスティープベベラというのを使ってみたんです。シェリダンスタイルカービング用のベベラの先端の傾斜が約30°なのにたいして、XXスティープベベラは約40°とかなり鋭角です。

こちらがXXスティープベベラ
a0228364_17481110.jpg

こちらがシェリダンスタイルカービング用のベベラ
a0228364_17484371.jpg

明らかな差ですよね。

物理的な事を言えば「ラインが込み入っていても深く彫れる」という事ですね。
だからシェリダンスタイルカービングのような繊細な図案でも繊細さを残しながらもダイナミックなカービングができると思った訳です。

カットも厚刃でダイナミックに、それでも細いカットは細く。
a0228364_17522382.jpg

完成して比較してみました。
左がシェリダンスタイル用のベベラ、右がXXスティープベベラを使って深さを意識したカービングです。
a0228364_17530899.jpg

実際にカービングして感じたのはあまり深く彫ってしまうとシェリダンスタイルらしさがなくなるという事でした。
でも、悪くもないかな?とも思いました。
よく言うと男らしくてダイナミック!
実際にやってみないと、頭の中で想像したものや、物理的な構造理論とは違う結果になって勉強になりました(^^)

簡単にですが、
【製作メモ】
アウター→ハーマンオークツーリングレザー3ミリ厚
インナー→イングラサット(タン)

ビニモMTB 106 #1

使用工具
目打ち→ブランチャード#6
溝ネン3ミリ
プレスエッジャー

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-01-18 18:05 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

今年もよろしくお願いいたします!



こんにちは(^^)

忌中につき新年のご挨拶は控えさせて頂きますが、皆さま今年もよろしくお願いいたします。

年越しはレザークラフトをやっておりました。
今回作ったのはまた参考書の図案を使ったロングウォレットです。
小屋敷スタイルですね(^^)

a0228364_15062038.jpg

a0228364_15062109.jpg

a0228364_15062240.jpg

a0228364_15062548.jpg

中身は大容量タイプにしました。
黒の革で裏張りしたほうが良かったですね(^^;;
a0228364_15062687.jpg
指定刻印とカモフラージュだけすこし変えさせて頂きました。図案通りやったんですが、フラップがちょっと長い感じ?になってしまいました(^^;;

しかも今回は10本目のヨーロッパ目打ちを使ったので手縫いに相当がかかってしまい凄く大変でした。まぁ、縫っても縫っても進まないこと(笑)
やっぱり8本目当たりが好きですね。

製作メモ

製作期間12月31〜1月1日

材料
アウター→ハーマンオークツーリングレザー2.5ミリ厚
インナー→ハーマンオークツーリングレザー(ブラック)

仕立て材料
糸→ビニモMBT 5番手 107
接着剤→ダイヤボンド
コバ、トコ処理剤→CMC、トコノール

染料
バックグラウンド→フィービングプロダイ(サドルタン)
アウターフチ→クラフト社WA黒

カービングの仕上げ
ニートフットオイル→ラッカー→SEIWAワックスコート

使用工具
ヨーロッパ目打ち10本目、フラットオウル、木槌、モウル、フロンティアミゾ捻(2.5ミリ)、フロンティア押捻(2.5ミリ)、革漉き機、革包丁、サンタ屋ミニスコヤ、フロンティア仕立てヘラetc

スーベルカッター替え刃
刃物の館やすらぎ工房製 標準刃(T2)

使用刻印
バックグラウンド
BKバーグラウンダー27-3,5,7
ベベラ
ハイドクラフターシェリダンスタイル用ベベラ、SKB701,702、BKラウンドベベラ1,2,3
リフター
BK0,1,2
カモフラージュ
SKC431
ボーダー
BKクレッセントボーダー2
フラワーセンター
SKJ565,クラフト社ステンレス刻印SFP-3、SFJ-3
ペアシェイダー
BKホリゾンタル0,1,2、BKバーティカル1
シーダー
SKS705
ミュールフット
BK1,2,4
ベンナー
BKライン&スカラップベンナー1、ラインベンナー1
ジオメトリック
BKトライブレード
その他
BKシェルフィラー1


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-01-02 15:03 | レザークラフト | Comments(0)

自分用のお財布、五助屋レースメーカー、染色!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

世の中クリスマスというのに僕はずっとレザークラフトでした。もうクリスマスに対する特別な感情はないですね。嫁ゴメンよ(笑)

作っていたのは久々の自分用財布。
カービング&バスケット入りのミドルウォレットです♪
ちょっと図案を描くパワーがなかったので、今回は「レザーカービングの技法 シェリダン スタイル編(Professional Series)」に掲載されていた大塚さんの図案を縮小、反転させました。
図案描きはまだ練習中、でも自分が作るアイテムにぴったりと収まる図案が欲しいという時は拡大縮小すると良いですよ(^^)
この参考書、プロフェッショナルと題してますが、初心者の方にこそおススメしたい国内シェリダンスタイルカービング参考書の最高峰です。基本から応用まで幅広く、深く勉強できますよ。

今回はウォレットロープとベルトループの3点セットです。2日で完成しました。大分作業が早くなってきた感があります。
ウォレットロープが短いのはバイクに乗っている時、財布がポケットから落ちてタイヤのスポークに絡まったら大惨事になるからです。

a0228364_21222926.jpg

大塚さんの図案は比較的初心者の方向けでしょうか?
シンプルで整然とした綺麗な図案ですよね♪
a0228364_21230237.jpg

a0228364_21373351.jpg

今回はパパッと作りたかったので岡田さんの図案は避けました。タップオフ的(パズルのように図案を組み立てて整然とした図案にする技法)な要素がない自由な感じなのでちょっと難しいんです(^^;;

中身はこんな感じで、小銭入れを逆につけてフラップを開けなくても小銭を出し入れできる構造にしたのですが、カードケースは余計でしたね、、これカード落ちますね(笑)
a0228364_21245302.jpg

今回はフチを染色しています。2色の染料を混ぜて作った色です。だからレースも似たような色はあるかもしれませんが、同じ色はないでしょう。でもせっかくの3点セットだから同色にしたいですよね。

こんな時は同じ色に染色した革でレースを作ります。
そこで活躍するのがレースメーカーですね♪
僕が使っているのは五助屋レースメーカーです。27日までセール中、んっ?「残り1個」って書いてあるな、、
これ一台あると、「レースの切り出し」「レースの厚み調整(漉き)」「レースのベベリング」ができるのでレースはもう買ってないです。厚み調整できるレースメーカーはこれだけだと思います。

写真撮り忘れちゃったんですが、レースの切り出しもこのレースメーカーでやりました。
この作業はレースのトコ面のベベリングです。トコ面のヘリ落としをしている感じと言えば分かりやすいでしょうか?
a0228364_21480866.jpg
なんでこの作業をするかと言うとレースの銀面をカマボコ型にしてレースをランクアップさせるためなんです。

切り出した状態のレースって角が立ってる感じで編めばすぐに分かるんですが見栄えも強度も下がります。
a0228364_21535362.jpg

先ほどの作業でトコ面をベベリングしたあと、ローハイドクリームを塗ってこの作業専用のスリッカーで押すように擦って銀面の両端を押さえつけるんです。
a0228364_22013167.jpg
しかしこのローハイドクリーム、、なくなる感じが一切しない量です。小分けにして売りたくなる気分になります(笑)

処理後はこんな感じ。
カマボコ型の良いレースができました。ウォレット、ベルトループと同色で満足感ありますね♪
a0228364_21581451.jpg
おまけ♪
今回はコバをアルコール染料で染めています。アルコール染料の欠点として「革が固くなる。」というものがあるんですが、それを逆利用して固くなったコバを磨くと本当に磨きやすくなってピッカピカになるますよ。

今日はこんな感じです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-12-25 22:23 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

オーダーメイド品のカードケースとコインキャッチャー付きのミニウォレットの試作!



久々ですがオーダーメイドのほうの記事です。年末はやっぱりありますね。今はお仕事が多い方が助かります。

まずはカードケースです。中身が蛇腹式で3箇所収納スペースがあります。僕の母親が布のこんなカードケースを使っていたので革で作ってみました。
a0228364_22402287.jpg

a0228364_22402385.jpg

a0228364_22402470.jpg

こっちは試作品です。
a0228364_23102332.jpg

a0228364_23102475.jpg

続いて、コインキャッチャー付きのお財布です。こちらはまだ完璧に試作段階ですが、ラウンドファスナー式にしてみました。
a0228364_23113441.jpg

a0228364_23113455.jpg
今回は試しに使いましたが、この米粒大のバスケットはあまり使いたくないですね。。ロングウォレット全面なんてできる気がしないです。
a0228364_23161383.jpg

今使っていますがなかなか使いやすいし収納力も高いです。
ただ、おもて面のオーバーレイっぽいところ、、縫い忘れました(^^;;
もうバラして縫うパワーがないので、これはこれでよしとしました。

おまけ。
捻の練習♪
今の僕の技術だとこんな感じです。
a0228364_23150009.jpg
直線や緩いカーブはまぁまぁな感じになってきましたが、キツいカーブは外しますね(^^;;

最後に、岡田明子さんの講習会の課題完成して額縁に収めました。
a0228364_23195301.jpg
岡田さんに実物を見てもらってアドバイスもらいたかったな、、なんて思ってしまいます。
講習会で習ったことだからアップできませんが、細かなところがわかる写真をいっぱい撮っています。それ送ったら怒られるだろうか?褒められるだろうか?(笑)

今日はこんな感じです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-12-16 23:31 | オーダー | Comments(0)

講習会の宿題のカービング(その3)

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

先月に参加した岡田明子さんのシェリダンスタイルカービング講習会の課題の宿題の続きです。

リボン完成からの続きで、ベンナーやミュールフット、バックグラウンドです。
a0228364_10163638.jpg
全体的に打ち終わった後は、打刻していくうちに戻ってしまったところなど細々なところをクリーンナップしました。

それでフィニッシュカット(デコレーションカット)です。
一番好きな作業かもしれません。
a0228364_10204465.jpg
自分自信の作風だともう少し深くカットしていると思うのですが、折角の講習会の課題ですから岡田さんの見本に沿うように浅くカットしました。
a0228364_10414982.jpg

シェリダンスタイルカービングの場合はこのくらいが良いような感じがしますね。

いきなりなんですが、訃報です。
実は昨日2回目の講習会で東京に行く予定だったのですが、先月末に僕の奥さんのお母様が亡くなりまして、、とてもじゃないですが奥さん1人にしておけないし、僕もショックですし、、と言った感じ。
でも、正直なところ今一ピンときていません。
でも何もしていないと苦しいです。なのでここのところ、不安な思考を止める意味でずっとレザークラフトに没頭していました。東日本大地震の時もレザークラフトに没頭していた事を今でも覚えています。
没頭できる事がある僕は幸せものです。

今、このカービングはお花が大好きだったお母様の為に彫っています。丁寧に時間をかけて完成させます。
a0228364_10273446.jpg
生活が苦しい時はよくオーダーをくださっていました。
奥さんと大喧嘩して実家に返す事なんて数回あったんですが、理由なんて全く関係なく奥さんの味方をするそんなお母様でした。
そんな存在がいなくなってしまった、、これは僕が代役を務めるしかないんだろうと思います。

ほんの少しで大丈夫です。ご冥福をお祈りくださるとお母様も喜ぶと思います。

今日はこんな感じです。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-12-06 10:46 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん お..
by tkanno4649 at 19:24
お久しぶりです。 カー..
by angie at 18:39
> シマンさん そうで..
by tkanno4649 at 21:41
カービング施されたトレイ..
by シマン at 10:18
> rikiさん あり..
by tkanno4649 at 17:02
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。