人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:カービング図案 ( 14 ) タグの人気記事

シェリダンスタイルカービング入りのトレーを作ろう!(ラッカー〜完成)


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

前回の記事の続きです。

とりあえずは完成しましたので作品の披露です(^^)
a0228364_00443406.jpg

昨日はなんとなく納得いかない感があったんですが、最後まで仕上げてみたら僕にしてはいい感じじゃないかな?と思いました。やっぱりカービングは楽しい♪

それでは作業工程を続きから、

オイル浸透後、ラッカーで防染
a0228364_00463604.jpg

僕はラッカーが多いですね。作業中匂いはあるんですが、なんてったって乾燥が早い。あとあんまりテカテカにならない落ち着いた雰囲気も好きです。今となってはレザーコートの乾燥待ちはちょっと耐えられないです(^^;;

乾燥後にアンティークフィニッシュ(シェリダンブラウン)
歯ブラシでも良いんですが、僕は刷り込み刷毛を使う事が多いです。
a0228364_00473047.jpg

アンティークフィニッシュ終わり
a0228364_00484615.jpg

タンコート
a0228364_00491586.jpg

ここらで余計な部分をカットしてみます。
カービングした後は革がある程度伸びるからサイズがズレると思いますよね?
今回のズレは1ミリ〜2ミリ程度でしたよ。許容範囲です。
a0228364_00502528.jpg

平らにしたいところに芯材をいれました。今回はボンテックスです。
a0228364_00531395.jpg

とりあえずのりをはり
a0228364_00531427.jpg

裏張りは豚革です。無染色のタンニンなめし革の豚革なのでエイジングもします。
a0228364_00531550.jpg

カービング面は少し撫でる程度、フチは圧着して裏張り完了
a0228364_00531654.jpg

チリ落とし
a0228364_00531834.jpg

ミスるのが恐ろしかったんですが、フチはミシン縫いです。
a0228364_00572783.jpg

お〜!やっぱりステッチがあると高級感が増しますね!
a0228364_00572986.jpg

コーナーが難しいです(^^;;
a0228364_00573007.jpg

今回のコバ処理は
ヘリ落とし→CMC→フチ捻→トコノール→エッジコート
a0228364_00573286.jpg

最後に少しずつコーナーを立ち上げていってトレー状にします。

完成です♪
a0228364_01023187.jpg

部分的にアップした写真を
a0228364_01032274.jpg

a0228364_01032439.jpg

a0228364_01032551.jpg

a0228364_01032691.jpg

う〜ん。楽しかったです。
あと爪の負傷が心配だったんですが、大丈夫で安心しました。

前回からのシェリダンスタイルカービングの記事はいかがだったでしょうか?
図案の描き方なんかは秘密という訳ではなかったんです。ただ、自分自身よく分かっていないから説明できなかっただけです(今もですが、)
あと、当然ながら僕は発展途上中なので技法的な事はコロコロ変わっていくと思います。

と、太っ腹な感じに公開はしましたが、だからといって読んだだけでできるか?というと直ぐにはできないはずです。
結局は数をこなすしかないですし、こなしていくと「なんだ!こういうことか!」と自分自身で発見できる事を皆さんが気づくてあろう前に書いただけのおせっかい記事でした。
種明かしは簡単な事で同じ刻印や工具を使うのだから同じような疑問を感じるという事で、壁もみんな同じだと思います。そして失敗もだいたい同じです。

敷居は決して高くありませんのでもっと皆さんにカービング楽しんで欲しいな、、なんて思います(^^)

我が家の近況報告

あんまり書いていなかったのですが、やはり嫁の病状は簡単に治るものではありません。一生続くものなので気を長く持って辛抱強く見守るしかないですね。
結構寝っぱなし状態なんですが、最近では焼き芋屋さんが来たらダッシュで追いかけるくらいはできるようになってきました(笑)
僕の方は日中は嫁の病院の付き添い、帰ってきてからお仕事みたいな感じです。こんな感じで教室が開催できずにいるもので教室待ちの生徒さんには大変申し訳ない気持ちでいます。
側からみたら大変そうな感じを受けると思いますが僕自身は気を長くもてるようになった事で少し吹っ切れた感じになっています。結構元気にやってます(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-04-08 00:41 | シェリダンスタイルカービング | Comments(2)

シェリダンスタイルカービング入りのトレーを作ろう!(図案描き〜オイルアップ)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

今回のブログはシェリダンスタイルカービング(Sheridan Style Carving )入りのトレーの製作工程を図案描きからダーっと写真並べてみようと思います。
図案描きからの解説は初めてかもしれません?
今回は「基本的な図案」というのを念頭に、あまり複雑にならないようにしました。
今回はカービング用語で言うとタップオフという技法に準じた図案描きです。
あと、自己流なので正攻法という訳ではないと思いますので参考までに(^^)

それでは!
あっ!長いですよ(笑)

1日目
まずは枠から決めちゃいましょう。
今回は整然とした花の配置にしたかったので方眼用紙を使っています。
a0228364_03592162.jpg

a0228364_03592116.jpg

何回も描き直ししているとサークルの線が消えるので赤鉛筆で描きました。
a0228364_03592290.jpg

たまに聞かれるんですが、サークルとサークルの間の距離、、今回はこんな感じにしましたが、決まりなんてないと思います。
間隔を広くとったら、その間に葉っぱとか乗っけちゃえば良いですよね(^^)
a0228364_04402599.jpg

ただ、黄金比なんていうのはあります。
Bob Park氏のテキストに載っていますよ。

1個目の花の向きは自由、こういうサークルの大きさが同じ図案だとこの段階で僕は2個目、3個目の花の向きがわかってます。
a0228364_03592322.jpg

サークルの繋ぎ目の線と花の茎を平行に持っていけば良いだけです。
まぁ、楽ってだけで決まりではありません。
a0228364_03592447.jpg

花の向きは決まったので、ここから予め用意している花を置いていきます。
a0228364_03595670.jpg

こんな感じでしょうか?
a0228364_03595792.jpg

a0228364_03595847.jpg

ここからツルを繋げていきます。
花の内側のツルは結構簡単なんですが、問題は外側のツルなんですね。。
a0228364_03595845.jpg

1番迷うであろう分岐点はこの2つのラインを把握すればあまり迷いません。
分岐点を通過する過程で花の外側のツルが次のサークルに移る時花の内側のツルになっていくんです。
a0228364_03595975.jpg

あとは空いたスペースにスクロールや葉を入れていきます。
a0228364_04003285.jpg

a0228364_04003370.jpg

a0228364_04003468.jpg

a0228364_04003437.jpg
右上のスクロールと葉っぱを逆回転に変更
a0228364_04003511.jpg

ここら辺から迷宮に入ります。基本描いたり消したりですね(笑)
a0228364_04010998.jpg

a0228364_04011045.jpg

a0228364_04011141.jpg

この段階になると描いたり消したりで紙が跡だらけになるのでコピーをとってコピー用紙にトレースしてみたりしてます。
このLEDのトレース台気に入ってます。3千円くらいですよ(^^)
a0228364_04011235.jpg

バックグラウンドを塗ってみると急に変なところに目が向きます。。
a0228364_04011202.jpg

図案から描く時の作業はここまで、1日寝かせないと変なところに気付きません。
バックグラウンド広いな、、と思いながら寝ました。

2日目

多少手直し。
バックグラウンドをちょっと狭くしたり、変な曲線とかはトレース、カットで微調整していきます。
シェリダンスタイルカービングだと「どのツルも曲線にする」という意識が大切だと思います。
a0228364_04034934.jpg

とこ面に養生テープを貼って伸び止め
a0228364_04053407.jpg

革はハーマンオークツーリングレザーです。
a0228364_04053547.jpg

僕の場合ですが、作品の外周はこの時点でカットしちゃってます。カービングしてからカットするのが普通だと思います。
a0228364_04053610.jpg

a0228364_04053702.jpg

トレースです。
a0228364_04053870.jpg

a0228364_04060337.jpg

転写完了。
このラインはあくまで目安で、自然な曲線は感覚的にカットしていきます。トレースラインの終点より少し長くカットするのも大切だと思います。
a0228364_04060567.jpg

カットの前にフラワーセンター
a0228364_04060808.jpg

フラワーセンターの代用としてカシメ打ちを使用。この周囲をベベラ打ちすれば良いです。
a0228364_04060985.jpg

カットの際は必ず横にルージュスティックを置いてこまめに研ぎながらです。
a0228364_04061187.jpg

カット
メインからやることが多いような気がします。
a0228364_04063655.jpg

a0228364_04063707.jpg

a0228364_04063787.jpg

リフター
a0228364_04063818.jpg

a0228364_04063934.jpg

a0228364_04070473.jpg

花の周囲のベベラやペアシェイダーはちょっと強めに打ってます。
a0228364_04070565.jpg

a0228364_04070682.jpg

休憩中はジップロックに入れておけば作業やめた時と同じ水分量で再開できます。
a0228364_04070676.jpg

僕はベベラの前にペアシェイダーです。
a0228364_04070718.jpg

ここから地獄のベベラ(笑)
嫌になってくると部分的に仕上げていったりもします。
効率的な事を言うとメインになるところから打っていくと何度も打ちなおしたり、、という手間が多少減ります。
a0228364_04072688.jpg

a0228364_04072729.jpg

a0228364_04072834.jpg
あ〜、、やっと終わった、、
ここら辺からは精神的に楽です。

ベンナー
a0228364_04072866.jpg

ミュールフット
a0228364_04072910.jpg

バックグラウンドの前に打刻していくうちに印影が薄くなってしまったところの打ち直しをしてみます。いわゆるクリーンナップっていう作業で結構重要な作業です。
a0228364_04074924.jpg

バックグラウンド
a0228364_04074919.jpg

フチをちょっと装飾してから、デコレーションカット(フィニッシュカット)
サインを右上の葉にカットしてみました♪
a0228364_04075025.jpg

バックグラウンド染色
今回はフィービングのライトブラウンです。
カットで微調整しながらバックグラウンドを削っていったので少しは狭くなったような感じがし、極端に広いところもないと思います。
a0228364_04075179.jpg

ニートフットオイル
a0228364_04075202.jpg
オイルの浸透待ちで、2日目はこれで終了。

ミシンを買った後だから余計に感じるのかもしれませんが、カービングって商売的に考えると割りが合わな過ぎです。物凄く手間がかかる、、楽しいから辞めないんですけどね(^^)

先日ピスタチオの殻剥いてて割れた爪が痛くてカービングできない、、とかそういうのがなくてひと安心です(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-04-07 03:54 | シェリダンスタイルカービング | Comments(4)

久々のカービングは新しい刻印で!あとサプライズは嬉しいのだ!


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

早速ですが久々に図案を描いてカービングしてみました。
a0228364_22503878.jpg

図案はフラワーセンターを中心にディバイダーで円をけがいてから、鉄筆で直接革に図案を描く、いわゆる「タップオフ」という技法で描きました。
この方法ってすっごく早く図案描けるんですが花が2つ以上になると僕には難しくてできないかもしれません?今度チャレンジしてみます(^^)

それでこのカービングなんですが、新しい刻印で彫ってます。協進エルの新しい国産刻印ですね。
細かな事はさておきなんですが、通常刻印だから1本400円〜600円くらいでこのくらい彫れるなんて良くないですか?
通常刻印ってそもそも昔ながらののストールマンスタイルや唐草模様をカービングするためにある刻印なんですが、シェリダンスタイルを意識して作られてますね。

これだけ買ってみたんですが、ボーダー2つ、サンバースト、フラワーセンターなんてほぼバリーキング刻印を使っている僕でも一軍で使えるんじゃ?ってくらい良いです。
a0228364_23004190.jpg

フラワーセンターなんて理想的な形状だと思います。
a0228364_23041876.jpg

このドーム状になっているところの角度が良いんです。
a0228364_23041916.jpg

ボーダーはこんな感じ、
a0228364_23434146.jpeg

a0228364_23460283.jpeg
まだバスケットやジオメトリックが発売されてないのですが期待しちゃいますね(^^)

それで次の話題にかわりまして、
先日より急だったのですが温泉に行ってきました。
Facebookのお友達でもしかしたら気付いている方もいるかもしれませんが、ほとんど寝てなかったりします。深夜でも早朝でも投稿したり、いいねしてますからね。ちょっと現実逃避です(^^;;

飯坂温泉ですね。車で30分という小旅行感さえない近所。景観とかはどうでも良いです(笑)
a0228364_23161373.jpg

目的は食っちゃ寝ですからね(^^)
ゆっくりできて良かったんですが、出掛ける前にポストに入っていた荷物の方が嬉しかったです。
宿で開けてみたら。。
お〜〜凄い!嬉しいサプライズ!
a0228364_23180905.jpg

TIidaco LEATHER WORKSさんです!
スリッカー付きですよ、、しかもこれって革紐つけて首にかけてたら常にコバ磨けるのじゃないですか!
随分前に五助屋レザーさんでも超短期間ですが販売されてましたよね。再販されないですかね?コバジャンキー用スリッカー(笑)
a0228364_23180923.jpg
うーん。裏側も斜めステッチになってる。。
どうやってるんだろ??

a0228364_23181000.jpg

手に収まりのよいコンパクトウォレット♪

あら探しをして欲しい、、との事ですが、そんなもの出来るはずがない(笑)
凄く丁寧な作りを見てたら、最近こんな丁寧な作業してないな、、なんて反省しちゃったくらいです(^^;;
早速使わせて頂いております。エイジングも楽しみです!

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ


by tkanno4649 | 2019-03-27 22:48 | シェリダンスタイルカービング | Comments(2)

レザークラフト教室、iPad miniケースの納品、カービングサインの製作( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ブログを暫く書かないとこんな長いタイトルになります(笑)

まずはレザークラフト教室の話を♪
いつも始まる前緊張しますσ(^_^;)
a0228364_17071068.jpg

今回は1日体験だったのでキーホルダーを作って頂きました。今回参加いただいたK様は色々な趣味をお持ちの方で、もの作りもその中の一つという事もあり、工具の持ち方が最初から様になっていたので教えるのが凄く楽でした♪
a0228364_17071130.jpg
話をお聞きしたところレザークラフトのキットを買ったものの工具の使い方など全く分からない状態だったとの事でした。
元々はナイフケースを作るためにレザークラフトの工具キットも買ったそうなので次回からはナイフケースの製作と足りない工具や加工のアドバイスです。楽しみです(^_^)v

次にiPad miniケースの納品です♪

使用されている様子の写真を送ってくださったのでアップさせて頂きます。
a0228364_17164630.jpg

右側のiPhoneケースと同じ革で作りましたがエイジングの差が一目瞭然ですね♪
a0228364_17164778.jpg

iPad miniのスタンド機能も問題なく使えているようで安心しました(^_^)v

このケースにする前SさんはこれにでiPadを立てかけてスタンドさせていたそうです♪
a0228364_17164723.jpg

ダルマさん。可愛い♪(笑)
でもこの角ばった感じのダルマさんなかなか良いような感じもします♪

最後にカービングですね。
サドラージャーナルの表紙になっていたカービングパターンです。
こういうカービングはファインアートというのでしょうか?
商業的なカービングとは違うと思うので作業効率はもの凄く悪いですが勉強になります。
a0228364_17250661.jpg
Carving design by Jung-Tsung"Bobocat"Li

サドラージャーナルの表紙のカービングは図案も中に入っているので凄く良い雑誌だと思います。
ただどの作品もデザインが凄過ぎてトレースする前に挫けるんです。
今回は小さなペアシェイダー2本とミュールフットを購入したので86パーセントに縮小してカービングしてみました。

トレースは手がつりそうでしたσ(^_^;)
a0228364_17250630.jpg

ここからカットですね♪
僕の考えですがカービングは80パーセントカットで決まるものだと思っています。
a0228364_17250706.jpg
今回はちょっと深めにカービングします。

それで購入した小さなペアシェイダーは目的があって1番小さな物の細い部分をより細く加工しました。
00番は加工なし、000番は加工しています。ちょっと鋭くなってますよね♪
a0228364_17445818.jpg
使いたかったところはベベラではないらない入り組んだところです。
こういう所ってベベラ入らないですよね、、
a0228364_17445822.jpg


なかなか良い感じです♪
a0228364_17445953.jpg

今まではベンナーの先やメッシュタイプのバックグランドを打っていたんですがこちらの方が好みです(^_^)v

カットまでは見本を見ながらだったのですが刻印は自由に打ってみました。
見本をみて感じたのは刻印を打っていないところのハイライトの素晴らしさです。ここはペアシェイダー打つところだろう?とか感じるところに打っていなかったりする図案です。
刻印を打っていない箇所は手前に見えるという技術を真似したくなります。
a0228364_17445911.jpg
刻印は自由に打って、、と言いましたがハイライトは意識しました。
図案が複雑で2箇所ほど間違えましたが、仕方ないな、、と思える難しさですσ(^_^;)

なんとかカービングを終え今度はバックグランドの色差しです。
細か過ぎて震える指を固定してブレないよう染色しています。
a0228364_17445926.jpg

非常に厳しい作業です。。
a0228364_17450071.jpg

それで今回はニートフットオイルの代わりにベジタブルオイルを使ってみました。
a0228364_17450064.jpg

前回の作品から使用していますが凄く気に入っています。

今日はここまで♪

あとはアンティークで終わりです(^_^)v

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。
また、ご購入頂いたお客様には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2015-08-13 18:02 | レザークラフト教室

iPhone6plusケース、ナイスな雑誌、そしてエイジングテスト( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

暑いですね、、エアコンもあまり効かないです。。凄い日差しです。

という事でエイジングテストをしてみました。
半日ほど日光にさらしたらどのくらい変化するか?のテストです。

Before♪
a0228364_17591.jpg

After♪
a0228364_1751095.jpg


予想を上回る凄い変化(笑)

ハーマンオークツーリングレザーは最初は白っぽいです。いい感じの飴色になりましたね♪

ハーマンオークツーリングレザーはここからもっと変化します。最高にエイジングすると赤みの入った飴色になります。赤褐色と言うのでしょうか?
カービングのし易さはもちろんの事、エイジングの素晴らしさも特徴の一つですね♪

話変わります。
自分用のiPhone6plusケースです。
オーダーメイドのiPad miniケースのヒントになれば、、と思い作りました♪
オーダー製作は今革を注文している段階です。

ちなみに今回は協進エル、SEIWAの新商品のヨーロッパ目打ちを使いました。
「抜群の切れ味」と書いてありますが、そこまで言うほどは抜群じゃないです。
使えない、、なんてことはないです。

先端の形状を撮ってみました。僕の友人も買いましたが同じ様な感じです。
a0228364_17145205.jpg

それでは作品のほうを♪
a0228364_1751126.jpg

a0228364_175123.jpg

a0228364_175134.jpg

a0228364_1751371.jpg

ベルトの差し込み具合でスタンドさせた時の角度が自由自在になるナイスな構造♪
もとネタは僕じゃないです。

それでタイトルにもあるナイスな雑誌の紹介です♪
a0228364_1751465.jpg

レザークラフター&サドラージャーナルです。こちらの方に今回作ったiPhoneケースの構造が掲載されていました。

当たり前ですが英語です。
でも図解が多いので文章読めなくても充分楽しめますし製作のヒントになる記事が多いです。
あと表紙がカービングボードのものは図案も載ってますし、型紙だってあります。
1年に6回発行される雑誌ですが僕は欠かさず買ってます。

あと本棚に洋書が並んでると頭が良くなったような錯覚に浸れますしお客様が来た時格好がつきます(笑)
本当に良い本ですよ♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

ポチッとしてくださると元気が出ます。

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2015-07-12 16:46 | レザークラフト

工房の引越しをいたします♪あとロングウォレット!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

今回は引越しのご連絡と軽く作品の紹介を♪

いきなりと言った感じですが工房の引越しが決まりまして、、前になんとなく言ったかな?言ってなかったようなσ(^_^;)

昨日物件のほう契約してまいりました。まだ引越し先のお宅には住人の方が生活しておりますので引き渡しになりましたらホームページ上でお知らせさせていただきます。

場所は今の物件から15分程度と非常に近い場所です。
阿武隈川のほとりで川が大好きな僕としてはかなりいい環境です♪
行き詰まったら川の土手に行ってタバコ吸いに行ったりできますし、この時期だと白鳥さんがいます。

引越しの理由なんですが、今の物件ですと工房に行くのに生活スペースを通らないといけないのでお越しの方が気を使うかな?というのと生活スペースと工房がひとつながりだとオンオフの切り替えが難しいからですσ(^_^;)

今度の物件は2階建てなのでそこらへんクリアできると思います♪

あと工房も広くなりますので僕が計画している事も実現可能だと思います。
これも準備が整い次第お知らせさせていただきます。

ただ駐車場が確保できていない、、

いろいろと問題はあるのでいっきにはできないと思います。引越しの方は3月下旬には落ち着くと思います(^_^)v
そのあとちょっと休むと思いますのでお許しください。体力がないのでグデグデになると思いますσ(^_^;)

次に先日完成したロングウォレットです。
a0228364_1254133.jpg
ヤフオクにて販売しております♪

僕がいつも作っている感じと全く違うと思います。
なんだかコンチョとか金具のセンスないのかな?
ずっと前からなんですが金具類って苦手なんです(>_<)
最近までコンチョの付け方すらろくに知らなかった男です(笑)

今回のロングウォレットはカービングの途中経過の写真を刻印毎に撮りましたので今現在の僕の打刻の順序とか紹介したいと思います。以前とは変わったところもあると思います。

あと今回の図案は花も含めて全てフリーハンドで描いてみました。
最初はコンパスひいてみたんですが、コンパスの線の都合に合わせてツルを描いたりするのがストレスでなりませんでした。もっと言うと方眼も邪魔でしたσ(^_^;)
a0228364_12541430.jpg


今日はこんな感じです(^^)/~~~

Hand made leather goods t.kanno

by tkanno4649 | 2015-02-27 11:59 | レザークラフト

フィギュアカービングロングウォレット!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

3月、4月はやはり忙しいです(^^;;

レザーの方がなかなか忙しくてブログ書けずにいました。なのでネタはいっぱいあります(笑)

まずはどこから遡ればからといった感じですが随分前に試作のロングウォレット一式完成しました(^-^)
a0228364_014197.jpg

中身入れたら武器になりそうな重さですがちゃんと使えます。
でも試作って大切ですね。使ってみて何点か改良しないといけないところ発見しました(^^;;
羽にカットした年号も2004になっていたので2014に直さなければ!(笑)

それでウォレットロープも練習です。
最後の始末が毎回ぐるぐる巻きだったので、玉留めと写真のを練習してました。
a0228364_014296.jpg

Facebookで色々と皆さんから情報提供頂いてなんとかできました。
今度は玉留めですねp(^_^)q

あとはいま頂いているオーダー用に刻印を3本追加です。
a0228364_014280.jpg

僕バリーキング製のバスケットとかジオメトリックあんまり持っていないんです(^^;;
カモフラージュはホントにシェリダンスタイルカービングだとあんまり使わないので、ずっと買うのためらってたんですが一本くらいは、、と思って買ってみました。この形は今日本製にはないんですよね(^^;;
前は日本製でも通常刻印のC432が同じ様な形状だったんですが、今のは円の内側がギザギザに変わっちゃったんです。。丸く加工はしてみたんですがなんだか上手くいかなくて結局バリーキング製の購入となりました。。EMSとかで安いのでたらショックですね(笑)

で、ず〜とやっていた作業がI様オーダーのロングウォレットの図案描きです。
龍鯉という中国の昔のお話に出てくる架空の生き物なんですが、架空なだけにI様のイメージに近づけるのがかなり大変な作業で20回くらい描き直してやっとOK頂きましたp(^_^)q
a0228364_014485.jpg

妥協はゼロです。ちなみに背景はこれから更に修正だと思います(^^;;

途中かなり煮詰まってどうしようもなくなり郡山で開催されたハンドメイドのイベントに行ってきましたp(^_^)q
stemkinさん、NOLAさん、そして初めてお会いした樋口工房さん、Bonjour Store?さん、あと革ではありませんがハンドメイドアクセサリーMARCHEURさん、イラスト凄く良かったです。僕は絵を描く時ある程度法則に従ってしか線が描けないので自由な線描ける方羨ましいな、、とか思ってイラストみてました。。そして彫ってみたいとかも思ってました(笑)

いっぱい刺激頂きました!ありがとうございました!

オーダーはなかなか先が見えず苦しいところありますが、煮詰まってきたらまた皆さんからパワー貰えたら嬉しいですp(^_^)q

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。↓
よろしければご覧ください♪
Hand made leather goods
t.kanno

by tkanno4649 | 2014-04-01 23:07

初ウォレットロープ‼と「初めてのレザーカービング(参考書)」届いたんですが..

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

涼しい...と言うか、寒いくらいです(^^;;
なのにクーラー新しいのに買い換えました(笑)
去年の夏いきなりクーラーの調子が悪くなってプチ地獄味わったのを思い出して暑くなる前に対策とった自分を褒めてあげたいです。
取り替え工事もすぐに来てくれるし、まだシーズンじゃなかったらしく相当安くしてもらいましたp(^_^)q
半裁頑張ったら買えるな...!?(笑)

それでここから革話!

ウォレットロープ作りました!
実は初めてです(笑)
それくらい編むの苦手なんです(^^;;
a0228364_17223587.jpg

ただ編むだけだと芸が無いと思ったので長いロープにズラ〜とバスケット打ちました!
まぁ、僕が思いつく様な事はすでに先人が切り拓いていると思いますが?(笑)

何度も編み直したんですが、その度に刻印の模様が薄くなって参りました(>_<)

あとは待ちに待ったと言うか、予約までして「はじめてのレザーカービング(革に描く華麗な彫刻)」が届きました!
a0228364_17223651.jpg


同じ出版社発行の「男の革小物レザーカービング編」っていう参考書、、
僕が初めて買った総合的なカービングの参考書で内容は凄い好きなんですがシェリダンスタイルの図案が何箇所も間違えてて酷いな...と思ってたんですが、まさかのですね...また間違えてます(^^;;

この図案の通りトレースしてカービングすると表紙の作品にはなりません!!

全体UPはできないですが、間違えは2箇所、ツルの流れがおかしなところも..
細かくいうときりがないんですが、画像は僕が鉛筆で直したところです。

ただのお節介ですが、はじめてだとこれは気が付かないところです。
シェリダンに関してはツルの法則っていうのがあります。
フリーハンドですが、こんな感じです。
a0228364_17223756.jpg

花(茎も含む)や葉がない状態だとツルはこんな感じなんです。

これは作者の方じゃなくて編集側のミスだと思います...お粗末過ぎます(^^;;

羽のフィギュアカービングに関しては同社が以前出版した「レザークラフトvol.2レザーカービング」記事の使いまわしです...

僕も予約までして買うぐらいだから楽しみにしてるんですよ...
「STUDIO TAC CREATIVE」さんもうちょっと責任編集しましょうよ..
本のページ開くと毎回一発目に「あらゆる人が、掲載している作業を成功させることを保証するものではありません。」とか書くのがお約束みたいですが、「はじめての...」と名の付く本ですからね。当然この本で必死になって勉強する人がいる事はわかって欲しいです!

こんなの黙ってれば、、と思うんですが初めて必死で彫ったら間違えた!しかも原因は参考書なんて酷いな!と思ったので(>_<)
僕もその中の一人だからこんな事いうんですがね(笑)

ただ、僕はカービングをいきなりシェリダンスタイルから始めたので基本的な唐草の記事は嬉しかったですね♪

以上終わり。すいませんm(_ _)m

オーダーのiPhoneカバーも先ほど送ったのであとはロングウォレット2つとシステム手帳のオーダーの打ち合わせで、これは急ぎじゃないのでしばらく暇になると思います(笑)

次回は刻印記事を再開させようと思います!どこまでやったか忘れてるので、まずは自分のブログを読み直そうと思います(笑)

今日はこんな感じです(^^)/~~~
by tkanno4649 | 2013-06-29 16:21 | レザークラフト

通常刻印7本でシェリダンスタイルカービングを彫る!!

こんにちは( ゚▽゚)/

珍しく休みくれてます。2連休です♪
オーダーもデザインの打ち合わせしないと作れないので..かと言ってなにか作ろうとは思えないので、以前からやろうと思っていた「通常刻印のみでシェリダンスタイルカービング」をやってみました。

今回の記事は今暇なので相当長文になると思います(笑)

とりあえずこんな感じになりました。通常刻印7本ですから自分的には上出来だと思っています♪
a0228364_1405282.jpg


これから順を追って簡単な手順を紹介したいと思います。今回のカットの順番や刻印の順番はいつも僕が彫る手順ではなく「男の革小物 レザーカービング編」に掲載されているものを参考にしています。僕が初めて買ったカービングの参考書はこの本だったのですが、今では手順も随分と変わってきました。順番を変えても問題ないカットの順序や刻印であれば変えても構わないと思ってます♪

この本随分とお世話になっている本なのですが、シェリダンスタイルカービングに関してはちょっと酷いです...
トレース(転写)するために掲載されている図案...この本でシェリダンスタイルカービングを始めた方は大抵ツルの部分の法則を間違えいます。それは下手だからとかいう問題ではなく本に掲載されている図案自体に相当の間違えがあるからです....本に掲載されている図案をそのままトレースしてカービングすると絶対間違えるんです...
a0228364_14442363.png

僕が以前彫ったものです。
このカービングに関しては本に載っている図案だとたしか7〜8箇所は間違えがあったと思います。僕は全て修正してトレースしました(゚ー゚;A

6月末に同出版社から「はじめてのレザーカービング 革に描く奇麗な彫刻」という本が発行されるのでもう予約したんですが、『はじめて』と題されてます!だからこそ図案自体の間違えみたいなお粗末な間違えがなければ...と思っちゃいます(;^_^A
多分僕も知らない事が多く掲載されていると思うので楽しみです!じゃなきゃ予約までして買おうとは思いません(笑)

前置きは終わりでここから本題です!

僕なりの考えですが、通常刻印でシェリダンスタイルを彫るには「深くは彫る」というのは無理と思った方がいいのでは?と思います。
これはシェリダン専用刻印ではないことが原因なので今回使う刻印では「アンダーショット(B61)」意外は強く打ってません。

これは僕の考えです。「深く彫る」=「強く打刻する」ではなく「深く彫る」=「シャープに入る刻印を使用する」ということだと思います。SK刻印のような専用の刻印を使えば強く打刻しなくてもシャープな陰影がつきます。つまり刻印の構造の問題です。
シェリダンスタイルに限らずですがカービングは「筋肉を鍛えてガンガン彫る...」というイメージではなく..どちらかというと刻印それぞれの効果を理解して「薄い革に陰影をつけたり染色したりすることで立体感がある様にみせる」と表現した方が良い様な気がします(゚ー゚;A

あと、最近カービングの参考書が多く出版されているので選ぶのが大変だと思います...
僕は結構買いましたが、その本によって書かれている事が違ったりします。その度に色んな彫り方の実験するんですが、良いな!と思ったものを組み合わせて今の自分のカービングの仕方になっているんだと思います。
あと、よく「どの参考書を選べば?」と聞かれるのですが、一長一短なところがあるので選べません..でも一冊は持っていたほうが良いと思います。また、一般的な書店で売ってないのも辛いところですね...ちょっと立ち読みして選ぶとかできないから博打的なところもありますよね...でも絶対これおかしいだろ!!とかいう参考書はないですよ。
洋書で子供向けのやす〜いレザークラフト(「レザークラフトハンドブック」という本で400円で買いました。)の総合的な参考書があるんですがカービングのことも書いてあり子供用だけにもの凄い分りやすかったです(笑)

それでは実際に彫ります。
今回はかなり予算を押さえる事も考えました。
a0228364_140579.jpg

この図案集(図案の描き方)は1,000円ちょっとで買えますし図案の描き方も掲載されているのでコストパフォーマンスも良いです。図案の描き方も色々とありますが、この図案集「シェリダンスタイルの図案描き」=「ツル、花、葉などのパーツを組み合わせるパズル」ということが分ると思いますし、かなり楽な方法だと思います。

今回はヌメ革の2mm厚を使いました。カービングをすると革が伸びます。それを多少防ぐために床面に伸び止めをするんですが、僕は「養生テープ」を使っています。これはホームセンターにも打売っていますしコストパフォーマンスもいいと思います。
カービングの際は必ず革に水分を与えます。その際カービングスポンジを使う方も多いと思うんですが今回は霧吹きを使いました。僕は霧吹きを使うことが多いです。
あと、図案を革に転写する時にはトレーシングペーパーを使うんですが、これはレザー専用のものでないとキツイです。普通の紙のトレーシングペーパーでもできないことはないのですが、革を濡らした状態でトレースするので簡単に破れてしまいます。
革が滑らない様にウエイトを使うんですが今回は「オールマイティープレート(ジャンパーホックをつける際などに使う工具)」を使い、表面がツルツルの大理石や御影石の上で刻印を打つんですが今回はレザークラフト用のゴム板を使いました。
ちなみに、トレースの際に使う「鉄筆」100均のネイルコーナーで同じようなもの売ってます。ほぼ同じ形状です。

a0228364_140910.jpg

トレースはたまに写し忘れがないか確認します。あと、ちょっと話前後しますが今回使用したスーベルナイフは協進エルさんの「スーベルナイフ(レギュラーL)」、刃はクラフト社さんの「プロ用スーベルナイフ替刃」です。両方揃えても1,500円程度だと思います。安いですがちゃんとカットできます。ただし、高級なボディより旋回能力に劣るのでヨーク(人差し指をかける部分の名称)を外して油を注して下さい。刃も切れ味がすぐに下がるのでルージュスティックで小まめに研ぐ必要があります。タンニン鞣し革の床面にルージュスティックを塗込んで、スーベルナイフは両刃なので「例えば表を10回研いだら裏も10回」といった感じで研いで下さい。

「フラワーセンター」の打刻
これの順序は参考書に掲載されているのもではなく僕の順序です。理由はカットした後に打ったときカットとフラワーセンターが重なると嫌という理由です。
今回使うフラワーセンターは打つと周囲がすり鉢上になります。本来なら縦線のペアシェイダーですり鉢状にするんですが、今回は刻印の本数を抑える意味で省略します。フラワーセンターから放射状に打つカモフラージュも今回は省略しました。僕の場合ですが専用の刻印を使ってシェリダンスタイルカービングする時も省略しています。これは好き嫌いの話です。

「スーベルカッター」でのカット
a0228364_1401394.jpg

参考書どおりメインからカットしました。具体的に言うと「花」→「葉」→「ツル」と言った感じです。長距離のカットの場合は右上の写真に写っているところまでカットしたとすると、左下の写真の鉄筆で示した部分(約5mm)ぐらいのところからカットを繋げていけば上手くいくと思います。
あと、ツルは基本的に先端からカット、先端は深く、徐々にフェイドアウトさせて最後は鋭く抜く(フェザーアウト)が基本だと思います。
フェザーアウトの線が細ければ細いほど先端の深いカットが際立つはずです。

「アンダーショット(リフター)」の打刻
a0228364_1401847.jpg

今回はB61という番号の先端の丸い刻印を使いました。
分類的には「ベベラ」ですが、打つと刻印の先端が丸く革の下に潜り込み革が盛り上がります。この打刻は立体感を上げる効果が相当期待されると思います。

「ベベラ」の打刻
a0228364_1402261.jpg

1番使う刻印です。本当はもう1本幅の広いものを使った方が楽なのですが、今回は1本で彫りました。ベベラは基本的に1mmずつスライドさせながら連打する。といった感じの打ち方をします。細かくスライドさせないで打つと凸凹になる原因となります。
打つ順はカッターと逆の順です。「ツル」→「葉」→「花」といった感じです。
そうすると左下の様な現象がおきます。ツルに打ったベベラの上から葉の部分のベベラを打つとツルのベベラに影響がでます。その際はもう一度ツルにベベラを打って再生させて下さい。
ベベラ打ちは同じ箇所を何回も打たなければならない場面が多いです。それだけに相当大変な作業だと思います。

「ペアシェイダー」の打刻
a0228364_1402652.jpg

ツルの先端や花や葉のフチに打ちます。フラワーカービングだと「ひらひら感」などを表現するために使うことが多いと思います。
シェリダンスタイルの魅力の1つでもあるシャープさを出すには右下のようにフチの部分に近いところに打つとシャープな印象になります。

「ベンナー」の打刻
a0228364_1403271.jpg

シェリダンの場合凸凹(スカラプ)が細かい刻印を使う場面が多いので通常刻印のなかでは1番細かいと思ったのでこの刻印を選びました。
ベンナーは主に「葉脈」を表現する刻印なので葉に打つ事が多いです。
葉の曲線に合わせて打っていくんですが、どのぐらいの角度で打てば...というので未だに思った通りに打てないのですが、右上の写真ぐらいの角度をつけないと葉の曲線に合わないと思います。

「ミュールフット」の打刻
a0228364_140393.jpg

どこに打つ?という決まりがあまりない刻印だと思いますが、僕の場合「花と葉の茎」、「ツルの分岐点」、たまに「なんとなく全体を見てのっぺりとした寂しい部分」に打っています。
あまり決まりがなく個人的な感覚なのですが、多くの箇所に打ってしまうとちょっとやかましい感じになってしまうような気がします。
あと、打ち方は、例えば葉の茎の部分だと葉の付け根から徐々にフェイドアウトさせるような打ち方をするのが基本だと思うのですが、そうすると写真左下の様になり刻印の影になって1回目に打ったミュールフットが隠れてしまいます。僕はできるだけ均等の間隔で打ちたいので逆から(葉の付け根に向かって)打っています。

「バックグラウンド」の打刻
a0228364_1404456.jpg

「バックグラウンド」は革がほぼ乾いた状態で打つのがほどよいと思います。
水分が結構入った状態だと、「1回打って隣を打つと1回目に打ったところが盛り上がる。」モグラ叩き状態になります。
でも、このタイプは爪があるので細かいところにも入る利点があると思います。僕はまず外周を打った後全体を打ちます。
背景ですから本当は深く打ちたいところですがこのタイプのバックグラウンドは強く打てません。水分が抜けた状態で打っても先ほども言ったモグラ叩き状態になると思います。

シェリダンスタイルの場合つぶつぶの「バーグラウンダー」が一般的に使われると思うのですが、バーグラウンダーはシェリダン用の刻印の中で1番選ぶのが難しい刻印だと思ったので唐草でも使うメッシュのついたタイプを使いました。
SK刻印や日本製のステンレス刻印のバーグラウンダーは深く打てません。強く打っても沈みませんし、下手すると刻印の溝に銀面が入り込んで銀面が剥ぎ取られる事もあります。使う時は「軽く打ってキレイにみせる刻印」だと思って使っています。
かといってバリーキング刻印の精度でも個体差や制作された年代などの影響を受けやすいので凄い困ってます。僕が唯一気に入って使っているものはショップで社長さんに選んでもらった5つ穴のあるタイプ1本だけです。それから7つ穴のある同サイズのものを購入したのですが僕の5つ穴のものと形が違いすぎて併用できないでいます。

あと、結構モデラ使います。使いどころはベベラ逆に打っちゃたときにモデラの先でこすって陰影を消します。完全には消えませんがいい感じに誤摩化せます♪
たまにペアシェイダーの代用として使う事もあります。

「フイニッシュカット」
これはある程度パターンがありますが、例えば「ツルの先端」、「花や葉の茎」などですが何本カットするか?などは本当に自由ですし、もっと言うとどこにカットしても良いと思います。
「このカットは〇〇さんの作品だ!!」と言うところもあると思います。個性の話です。
自由にと言われると1番困る作業で、1番最後の作業なので今でもビビりながらカットする事多いです。

相当な長文ですね...今までで1番長いかもです(笑)
お付き合いありがとうございました。また長文記事故の誤字脱字が多いと思います..(;^_^A

これより更に立体感を出すには「染色」だと思います。バックグラウンドの染色とアンティークフィニッシュのようなペースト染料などですね。
染色も立体感をあげるための作業のひとつだと思います。
ただ、染色は凄い奥深くて思ったとおりいかない確率が凄い高いです...僕の場合、染色での失敗率は50%ぐらいです。
絶対にやらないといけない事ではないと思ってますので、正直言うとやりたくないです(笑)
もっと立体感を出すには「フィグリー(透かし彫り)」だと思います。背景を切り抜いて背景にリザードとかパイソン入れるとやっぱり凄い立体感でますし豪華にだと思います。
フィグリーは意外と好きなんです♪背景の切り抜きはキレイに抜けると凄い爽快な気分になります(笑)
よろしければご覧下さい^_^


↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪
あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2013-06-18 17:42 | シェリダンスタイルカービング

ウッドスリッカー作りに初挑戦!!

こんばんは(o^∇^o)ノ

最近ちょっと涼しくなってきてなんとか作業もできるようになってきました♪

昨日隣の伊達市の美術館で写真展があったので嫁さんといってきました(^_^)
a0228364_22442174.jpg


福島県伊達市復興支援企画管野秀夫『J-POP&J-ROCK PHOTO EXHIBITION』#空でつながる Dearest Fukushima

という写真展だったのですが、巨大なhideさんの写真が一杯ありました。これで行きたいっていってたんだな....嫁さんはhideさんの大ファンなので美術館に住みたいと言っていました(笑)
残念ですが今日が最終日だったみたいです。
快晴だったので僕も空の写真を一枚パシャッと♪
美術館の場所が嫁さんの母校の近くだというので道案内を頼んだら、申し訳なさそうに「道忘れた...」...と言う事で辿り着けませんでした(笑)

ここからレザーのお話です。
黒檀、紫檀、ローズウッドの端材を購入してウッドスリッカー作りに初挑戦しました!
今回はローズウッドです!!
a0228364_22433666.jpg

使った道具はカンナ、彫刻刀、ルーターです。写真の下の角材は加工前のローズウッドです。
a0228364_22434089.jpg

完成!!途中でルーターが壊れるというアクシデントがあったせいで相当時間がかかりましたが、なんだかいい感じ!これはハマりますね(^_^)

あと、ヤフオクで手に入れた本が届きました。
a0228364_22441784.jpg


スタンピングというものをあんまりしたことがなかったので購入してみました。今回はスタンピングの本2冊、カービングベルトの参考書とカバンの型紙の4冊セットでした。
スタンピング...これも奥深そう...あと、カービングベルトの参考書「LUCKY EIGHT」は凄い勉強になる本でした!やっぱり洋書は解説が分りやすいです....英文は分らないですが、図解を見ればなんとか分りました。絵本感覚で読んでました(笑)

今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
by tkanno4649 | 2012-09-02 23:04 | レザークラフト



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん シ..
by tkanno4649 at 00:11
シーダー打ちはすごい苦手..
by angie at 21:39
> angieさん い..
by tkanno4649 at 19:59
すみません。移転のご挨拶..
by angie at 19:50
> シマンさん ありが..
by tkanno4649 at 23:18
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。