人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:カービングの技法 ( 87 ) タグの人気記事

2019 WOULD LEATHER DEBUT 製作記録(その2)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

前回の続きです。
ベルトループキーホルダーの図案が完成したところからです。

ここからウォレットと同時進行です。
まずは内装のコインケースかぶせにカービングです。
a0228364_15554155.jpg
とりあえず、バックグラウンド染色、ニートフットオイルを入れて次はラッカーです。
a0228364_15554324.jpg

前にも書きましたが、、
お風呂でラッカーをかけてたら蛇口からの水滴に被弾、、
a0228364_15554380.jpg

とりあえず一回挫けてからベルトループキーホルダーから
どうもこのアローヘッドって苦手です(^^;;
a0228364_15554463.jpg

間が開いちゃうんですよね、、でもこれって鉄筆で繋げちゃえばいいんじゃ?
a0228364_15554599.jpg

うん。上手くいった(^^)
a0228364_16144047.jpg

それから、FBの友達からもっといい方法を教えて頂いたんです。

これは平目打ちの一本刃です。
a0228364_16144131.jpg

先端を平らにして➖の跡が付く刻印を自作してバスケットのガイドになるところを延長できるようになりました。
これは比較的簡単な加工でした。

a0228364_16144214.jpg
何という良い事を教わったんだ、、と思いますね!ありがとうございます!!

ウォレットロープはいつもお世話になっている五助屋レースメーカーです(^^)
a0228364_16144346.jpg


ここからウォレットの図案描きです。
とりあえずはイメージを掴もう!
a0228364_16144448.jpg

フラワーをカービングしたあとに凝固剤を使って作ったなんていうのだろうか?
タップオフっていう図案描きの際に使う型ですね。
a0228364_16485511.jpg

タップオフっていうのは革に直にコンパスを引いてその中心にこの型をギュッと押し当てたり叩いたりして花の輪郭の跡を付けるんです。
その後は鉄筆革にダイレクトにツルを描くっていうかなり効率的な図案描きです。

a0228364_16485875.jpg

このタップオフという技法はある程度頭に図案が描けている状態じゃないと無理なので、まだ僕にはできません。
と、ここまでの段階で全く図案が浮かびませんでした。
こういう時は悩まず時間をおいて再チャレンジです。

その間に別作業でベルトループキーホルダー製作です。
a0228364_16485981.jpg

途中経過は写真撮り忘れでした(^^;;
いきなり完成です。
a0228364_16490091.jpg

裏側のコンチョネジのボコっとした感じはどうにかすべきでした。
a0228364_18250611.jpg

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ


by tkanno4649 | 2019-05-23 15:49 | コンテスト | Comments(0)

バスケットスタンプ(アローヘッド)の誤魔化しかたと信じられないミス。。



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、実はバスケットスタンプ苦手です。。特にアローヘッド。。

アローヘッドってこんな感じに矢じりみたいな模様になるようバスケットスタンプを打っていく技法なんです。僕は軽く中心線を描いてそれを目安に出だし微妙に角度を調整しながら打っていくんですがどんどんずズレていきます(^^;;
a0228364_19035890.jpg

真ん中に引いた線のところを上手く繋げたいんですが、どうにも間が空いたりキツくなったりしますね。。

適当に思いついたんですが、間が空いたらモデラーとか鉄筆で繋げれば良いだけなんじゃないだろうか?
a0228364_19093925.jpg

おっ?いい感じだ!
a0228364_19100148.jpg

これって皆さん当たり前にやっていること何でしょうか??
なんとなく上手く誤魔化す方法を手に入れて得した気分です(笑)

そして信じられない失敗、、

我が工房ではカービング後、ラッカーを塗るのはお風呂なんですね。。
外でやれば良いのかもしれませんが、以前外でラッカー塗って放置してたら強風に煽られたのか?
乾いたかな?って様子を見にいったらカービングした革が道路の真ん中に吹き飛んでいて車に轢かれてました(笑)

今回はまさかのお風呂での失敗です。。

乾燥したかな?と思って見に行ったら、なんだ!!
蛇口の下に革を置いていたようで見事なシミになりました。。
a0228364_19143682.jpg

失敗した時は呆然としてましたが、今冷静にこう写真でみると満月のようだ、、花と満月の配置もなかなかです。

だからと言ってこれで良いわけがない(笑)

しっかりとカービングし直しました。失敗作よりは上手く彫れたと思います♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-05-06 19:00 | レザーカービング | Comments(0)

シェリダンスタイルカービング入りのトレーを作ろう!(ラッカー〜完成)


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

前回の記事の続きです。

とりあえずは完成しましたので作品の披露です(^^)
a0228364_00443406.jpg

昨日はなんとなく納得いかない感があったんですが、最後まで仕上げてみたら僕にしてはいい感じじゃないかな?と思いました。やっぱりカービングは楽しい♪

それでは作業工程を続きから、

オイル浸透後、ラッカーで防染
a0228364_00463604.jpg

僕はラッカーが多いですね。作業中匂いはあるんですが、なんてったって乾燥が早い。あとあんまりテカテカにならない落ち着いた雰囲気も好きです。今となってはレザーコートの乾燥待ちはちょっと耐えられないです(^^;;

乾燥後にアンティークフィニッシュ(シェリダンブラウン)
歯ブラシでも良いんですが、僕は刷り込み刷毛を使う事が多いです。
a0228364_00473047.jpg

アンティークフィニッシュ終わり
a0228364_00484615.jpg

タンコート
a0228364_00491586.jpg

ここらで余計な部分をカットしてみます。
カービングした後は革がある程度伸びるからサイズがズレると思いますよね?
今回のズレは1ミリ〜2ミリ程度でしたよ。許容範囲です。
a0228364_00502528.jpg

平らにしたいところに芯材をいれました。今回はボンテックスです。
a0228364_00531395.jpg

とりあえずのりをはり
a0228364_00531427.jpg

裏張りは豚革です。無染色のタンニンなめし革の豚革なのでエイジングもします。
a0228364_00531550.jpg

カービング面は少し撫でる程度、フチは圧着して裏張り完了
a0228364_00531654.jpg

チリ落とし
a0228364_00531834.jpg

ミスるのが恐ろしかったんですが、フチはミシン縫いです。
a0228364_00572783.jpg

お〜!やっぱりステッチがあると高級感が増しますね!
a0228364_00572986.jpg

コーナーが難しいです(^^;;
a0228364_00573007.jpg

今回のコバ処理は
ヘリ落とし→CMC→フチ捻→トコノール→エッジコート
a0228364_00573286.jpg

最後に少しずつコーナーを立ち上げていってトレー状にします。

完成です♪
a0228364_01023187.jpg

部分的にアップした写真を
a0228364_01032274.jpg

a0228364_01032439.jpg

a0228364_01032551.jpg

a0228364_01032691.jpg

う〜ん。楽しかったです。
あと爪の負傷が心配だったんですが、大丈夫で安心しました。

前回からのシェリダンスタイルカービングの記事はいかがだったでしょうか?
図案の描き方なんかは秘密という訳ではなかったんです。ただ、自分自身よく分かっていないから説明できなかっただけです(今もですが、)
あと、当然ながら僕は発展途上中なので技法的な事はコロコロ変わっていくと思います。

と、太っ腹な感じに公開はしましたが、だからといって読んだだけでできるか?というと直ぐにはできないはずです。
結局は数をこなすしかないですし、こなしていくと「なんだ!こういうことか!」と自分自身で発見できる事を皆さんが気づくてあろう前に書いただけのおせっかい記事でした。
種明かしは簡単な事で同じ刻印や工具を使うのだから同じような疑問を感じるという事で、壁もみんな同じだと思います。そして失敗もだいたい同じです。

敷居は決して高くありませんのでもっと皆さんにカービング楽しんで欲しいな、、なんて思います(^^)

我が家の近況報告

あんまり書いていなかったのですが、やはり嫁の病状は簡単に治るものではありません。一生続くものなので気を長く持って辛抱強く見守るしかないですね。
結構寝っぱなし状態なんですが、最近では焼き芋屋さんが来たらダッシュで追いかけるくらいはできるようになってきました(笑)
僕の方は日中は嫁の病院の付き添い、帰ってきてからお仕事みたいな感じです。こんな感じで教室が開催できずにいるもので教室待ちの生徒さんには大変申し訳ない気持ちでいます。
側からみたら大変そうな感じを受けると思いますが僕自身は気を長くもてるようになった事で少し吹っ切れた感じになっています。結構元気にやってます(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-04-08 00:41 | シェリダンスタイルカービング | Comments(2)

シェリダンスタイルカービング入りのトレーを作ろう!(図案描き〜オイルアップ)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

今回のブログはシェリダンスタイルカービング(Sheridan Style Carving )入りのトレーの製作工程を図案描きからダーっと写真並べてみようと思います。
図案描きからの解説は初めてかもしれません?
今回は「基本的な図案」というのを念頭に、あまり複雑にならないようにしました。
今回はカービング用語で言うとタップオフという技法に準じた図案描きです。
あと、自己流なので正攻法という訳ではないと思いますので参考までに(^^)

それでは!
あっ!長いですよ(笑)

1日目
まずは枠から決めちゃいましょう。
今回は整然とした花の配置にしたかったので方眼用紙を使っています。
a0228364_03592162.jpg

a0228364_03592116.jpg

何回も描き直ししているとサークルの線が消えるので赤鉛筆で描きました。
a0228364_03592290.jpg

たまに聞かれるんですが、サークルとサークルの間の距離、、今回はこんな感じにしましたが、決まりなんてないと思います。
間隔を広くとったら、その間に葉っぱとか乗っけちゃえば良いですよね(^^)
a0228364_04402599.jpg

ただ、黄金比なんていうのはあります。
Bob Park氏のテキストに載っていますよ。

1個目の花の向きは自由、こういうサークルの大きさが同じ図案だとこの段階で僕は2個目、3個目の花の向きがわかってます。
a0228364_03592322.jpg

サークルの繋ぎ目の線と花の茎を平行に持っていけば良いだけです。
まぁ、楽ってだけで決まりではありません。
a0228364_03592447.jpg

花の向きは決まったので、ここから予め用意している花を置いていきます。
a0228364_03595670.jpg

こんな感じでしょうか?
a0228364_03595792.jpg

a0228364_03595847.jpg

ここからツルを繋げていきます。
花の内側のツルは結構簡単なんですが、問題は外側のツルなんですね。。
a0228364_03595845.jpg

1番迷うであろう分岐点はこの2つのラインを把握すればあまり迷いません。
分岐点を通過する過程で花の外側のツルが次のサークルに移る時花の内側のツルになっていくんです。
a0228364_03595975.jpg

あとは空いたスペースにスクロールや葉を入れていきます。
a0228364_04003285.jpg

a0228364_04003370.jpg

a0228364_04003468.jpg

a0228364_04003437.jpg
右上のスクロールと葉っぱを逆回転に変更
a0228364_04003511.jpg

ここら辺から迷宮に入ります。基本描いたり消したりですね(笑)
a0228364_04010998.jpg

a0228364_04011045.jpg

a0228364_04011141.jpg

この段階になると描いたり消したりで紙が跡だらけになるのでコピーをとってコピー用紙にトレースしてみたりしてます。
このLEDのトレース台気に入ってます。3千円くらいですよ(^^)
a0228364_04011235.jpg

バックグラウンドを塗ってみると急に変なところに目が向きます。。
a0228364_04011202.jpg

図案から描く時の作業はここまで、1日寝かせないと変なところに気付きません。
バックグラウンド広いな、、と思いながら寝ました。

2日目

多少手直し。
バックグラウンドをちょっと狭くしたり、変な曲線とかはトレース、カットで微調整していきます。
シェリダンスタイルカービングだと「どのツルも曲線にする」という意識が大切だと思います。
a0228364_04034934.jpg

とこ面に養生テープを貼って伸び止め
a0228364_04053407.jpg

革はハーマンオークツーリングレザーです。
a0228364_04053547.jpg

僕の場合ですが、作品の外周はこの時点でカットしちゃってます。カービングしてからカットするのが普通だと思います。
a0228364_04053610.jpg

a0228364_04053702.jpg

トレースです。
a0228364_04053870.jpg

a0228364_04060337.jpg

転写完了。
このラインはあくまで目安で、自然な曲線は感覚的にカットしていきます。トレースラインの終点より少し長くカットするのも大切だと思います。
a0228364_04060567.jpg

カットの前にフラワーセンター
a0228364_04060808.jpg

フラワーセンターの代用としてカシメ打ちを使用。この周囲をベベラ打ちすれば良いです。
a0228364_04060985.jpg

カットの際は必ず横にルージュスティックを置いてこまめに研ぎながらです。
a0228364_04061187.jpg

カット
メインからやることが多いような気がします。
a0228364_04063655.jpg

a0228364_04063707.jpg

a0228364_04063787.jpg

リフター
a0228364_04063818.jpg

a0228364_04063934.jpg

a0228364_04070473.jpg

花の周囲のベベラやペアシェイダーはちょっと強めに打ってます。
a0228364_04070565.jpg

a0228364_04070682.jpg

休憩中はジップロックに入れておけば作業やめた時と同じ水分量で再開できます。
a0228364_04070676.jpg

僕はベベラの前にペアシェイダーです。
a0228364_04070718.jpg

ここから地獄のベベラ(笑)
嫌になってくると部分的に仕上げていったりもします。
効率的な事を言うとメインになるところから打っていくと何度も打ちなおしたり、、という手間が多少減ります。
a0228364_04072688.jpg

a0228364_04072729.jpg

a0228364_04072834.jpg
あ〜、、やっと終わった、、
ここら辺からは精神的に楽です。

ベンナー
a0228364_04072866.jpg

ミュールフット
a0228364_04072910.jpg

バックグラウンドの前に打刻していくうちに印影が薄くなってしまったところの打ち直しをしてみます。いわゆるクリーンナップっていう作業で結構重要な作業です。
a0228364_04074924.jpg

バックグラウンド
a0228364_04074919.jpg

フチをちょっと装飾してから、デコレーションカット(フィニッシュカット)
サインを右上の葉にカットしてみました♪
a0228364_04075025.jpg

バックグラウンド染色
今回はフィービングのライトブラウンです。
カットで微調整しながらバックグラウンドを削っていったので少しは狭くなったような感じがし、極端に広いところもないと思います。
a0228364_04075179.jpg

ニートフットオイル
a0228364_04075202.jpg
オイルの浸透待ちで、2日目はこれで終了。

ミシンを買った後だから余計に感じるのかもしれませんが、カービングって商売的に考えると割りが合わな過ぎです。物凄く手間がかかる、、楽しいから辞めないんですけどね(^^)

先日ピスタチオの殻剥いてて割れた爪が痛くてカービングできない、、とかそういうのがなくてひと安心です(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-04-07 03:54 | シェリダンスタイルカービング | Comments(4)

久々のカービングは新しい刻印で!あとサプライズは嬉しいのだ!


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

早速ですが久々に図案を描いてカービングしてみました。
a0228364_22503878.jpg

図案はフラワーセンターを中心にディバイダーで円をけがいてから、鉄筆で直接革に図案を描く、いわゆる「タップオフ」という技法で描きました。
この方法ってすっごく早く図案描けるんですが花が2つ以上になると僕には難しくてできないかもしれません?今度チャレンジしてみます(^^)

それでこのカービングなんですが、新しい刻印で彫ってます。協進エルの新しい国産刻印ですね。
細かな事はさておきなんですが、通常刻印だから1本400円〜600円くらいでこのくらい彫れるなんて良くないですか?
通常刻印ってそもそも昔ながらののストールマンスタイルや唐草模様をカービングするためにある刻印なんですが、シェリダンスタイルを意識して作られてますね。

これだけ買ってみたんですが、ボーダー2つ、サンバースト、フラワーセンターなんてほぼバリーキング刻印を使っている僕でも一軍で使えるんじゃ?ってくらい良いです。
a0228364_23004190.jpg

フラワーセンターなんて理想的な形状だと思います。
a0228364_23041876.jpg

このドーム状になっているところの角度が良いんです。
a0228364_23041916.jpg

ボーダーはこんな感じ、
a0228364_23434146.jpeg

a0228364_23460283.jpeg
まだバスケットやジオメトリックが発売されてないのですが期待しちゃいますね(^^)

それで次の話題にかわりまして、
先日より急だったのですが温泉に行ってきました。
Facebookのお友達でもしかしたら気付いている方もいるかもしれませんが、ほとんど寝てなかったりします。深夜でも早朝でも投稿したり、いいねしてますからね。ちょっと現実逃避です(^^;;

飯坂温泉ですね。車で30分という小旅行感さえない近所。景観とかはどうでも良いです(笑)
a0228364_23161373.jpg

目的は食っちゃ寝ですからね(^^)
ゆっくりできて良かったんですが、出掛ける前にポストに入っていた荷物の方が嬉しかったです。
宿で開けてみたら。。
お〜〜凄い!嬉しいサプライズ!
a0228364_23180905.jpg

TIidaco LEATHER WORKSさんです!
スリッカー付きですよ、、しかもこれって革紐つけて首にかけてたら常にコバ磨けるのじゃないですか!
随分前に五助屋レザーさんでも超短期間ですが販売されてましたよね。再販されないですかね?コバジャンキー用スリッカー(笑)
a0228364_23180923.jpg
うーん。裏側も斜めステッチになってる。。
どうやってるんだろ??

a0228364_23181000.jpg

手に収まりのよいコンパクトウォレット♪

あら探しをして欲しい、、との事ですが、そんなもの出来るはずがない(笑)
凄く丁寧な作りを見てたら、最近こんな丁寧な作業してないな、、なんて反省しちゃったくらいです(^^;;
早速使わせて頂いております。エイジングも楽しみです!

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ


by tkanno4649 | 2019-03-27 22:48 | シェリダンスタイルカービング | Comments(2)

XXスティープベベラでシェリダンスタイルカービングを彫るとどんな感じになるだろう?



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*只今教室はお休みさせて頂いております。

ここ最近、お財布をやたらと作っています。
毎回型紙から作っているのですが、いい加減定番の構造にしてゆくゆくは抜き型を作ってもらおうと考えている訳です。

そんか最中、なんというグットタイム!
五助屋レザーさんから新たなプレス機が発売されましたね!
すでに発売されている卓上クリッカーRP2000のタイトバージョンという立ち位置、RP2000と比較すると部品を減らした分、重量約半分で持ち運びにも便利、価格も約半額ながら機能を最大限に活かすのに必要な強度を兼ね備えている機械です。五助屋レザーさん、簡単ですがこんな感じでよろしいでしょうか?

こういうのってレザークラフトの専門家、機械の専門家が共作する事によって完成されたものになるんですよね♪
僕も購入検討しているんですが、RP-2000かRC-2000とで悩む所ですね(^^;;
RC-2000を購入する事に決定したら零号機を売ってもらう交渉をするのだ!(笑)
今後も期待しちゃいますね(^^)

それで本題のXXスティープベベラでシェリダン スタイルを、、
なんですが、まずは完成形を。
これもまた前回作ったものと同じく、参考書の図案を使いました。
a0228364_17451296.jpg

今回は表題のXXスティープベベラというのを使ってみたんです。シェリダンスタイルカービング用のベベラの先端の傾斜が約30°なのにたいして、XXスティープベベラは約40°とかなり鋭角です。

こちらがXXスティープベベラ
a0228364_17481110.jpg

こちらがシェリダンスタイルカービング用のベベラ
a0228364_17484371.jpg

明らかな差ですよね。

物理的な事を言えば「ラインが込み入っていても深く彫れる」という事ですね。
だからシェリダンスタイルカービングのような繊細な図案でも繊細さを残しながらもダイナミックなカービングができると思った訳です。

カットも厚刃でダイナミックに、それでも細いカットは細く。
a0228364_17522382.jpg

完成して比較してみました。
左がシェリダンスタイル用のベベラ、右がXXスティープベベラを使って深さを意識したカービングです。
a0228364_17530899.jpg

実際にカービングして感じたのはあまり深く彫ってしまうとシェリダンスタイルらしさがなくなるという事でした。
でも、悪くもないかな?とも思いました。
よく言うと男らしくてダイナミック!
実際にやってみないと、頭の中で想像したものや、物理的な構造理論とは違う結果になって勉強になりました(^^)

簡単にですが、
【製作メモ】
アウター→ハーマンオークツーリングレザー3ミリ厚
インナー→イングラサット(タン)

ビニモMTB 106 #1

使用工具
目打ち→ブランチャード#6
溝ネン3ミリ
プレスエッジャー

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-01-18 18:05 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

革新的な技法。タトゥーウォレット!


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

もの作りって販売を目的としたものやプレゼントを除いたら、自分の好きな物を作りたい!これに限るんじゃないでしょうか?

まずは基本を地道に、、いや、基本は永遠のテーマでしょうか?
僕の思う基本の一つは怪我をしないようにする事です。怪我の原因は道具の使い方を間違えている証拠です。

最初は参考書などの型紙なんかを使って作品を作ると思うんですが、ある程度作れるようになると、新しい事をやりたい、決まり通りやりたくない、となってきますよね。
持論ですが「良い道具と必要な道具の見極め、あとその道具を使いこなせるようになる。」、これを追求していけば色んな完成度の高い作品を作れるようになります。
だから作りたい作品に合わせて、少しずつ必要に応じて工具を増やしたり革も適材適所で吟味していけばいいんだと思います。
本当は僕がいつもお世話になっている.
手芸&クラフトひまわりさんみたいに深い知識と経験を持っている店主さんから直にアドバイス頂けると良いんですよね。レザークラフト専門店が少なくなり、ネットショップに頼らざるを得ない方々が多い今は不遇の時代だと感じてしまいます。(ひまわりさんのHPのリンク貼りましたが基本対面なのでネットショップっていう感じではありません。遠方の方は電話して相談して購入してみると良いですよ。その時は僕の名前使ってもらっても大丈夫です。)

あと、誤解して欲しくないのが道具については高ければ良い、いっぱい持っていれば良い、そういう話ではありません。必要最小限がベターだと思います。僕が言うと説得力がありませんね(笑)

もの作りというのは基本的に自由ですから自分の欲しいものをあれこれ考えて形にするのって楽しいです。人からなんと言われようが自分の好きな物ができれば大満足ですからね。
カービングにしても最初は図案集や参考書などに従った練習していって、ある程度できるようになるとやっぱり図案は描きたくなりますね。
この頃になると色んな作品を作れるようになっているでしょうから、そのサイズに合った図案を描けるとそのオリジナル感がたまらないです。
僕も図案描きはまだまだなので頑張り中です(^^)

オリジナルと書きましたが、、レザークラフトは(それ以外の物作りも)同じ工具を使い、同じ技法で作っている限り完全オリジナルなんていうのものはないと思っています。
頂点の方はこれを超越してオリジナルになるから恐ろしいものです(^^;;

すごい長々とした前置きで失礼、僕はそれでも「オリジナル」というものを求めているんです。だから、おっ!これは!というものは買って触って感じてみます。写真じゃわからないんです。

とにかく新しい事をしたくて仕方ない!

という事で今回購入したのがこちらのタトゥーウォレットです。名付けて「菊虎」!
a0228364_22571163.jpg

a0228364_22571178.jpg

a0228364_22571207.jpg
このウォレットはタトゥーアーティストさんが人の身体に入れる刺青と同じ技法で革に模様を彫ったもので、仕立ては五助屋レザーさんです。いわゆる「コラボ」ですね。
僕の知る限りだと前例がないのでその技法の名称はないと思います。そんな技法ですから、できれば◯◯カービングとかいう安易な名称にはして欲しくないです。

「革にタトゥー?なんだそりゃ?」と思う方もいるかも知れませんが、新しい事なんて最初はそんなものです。レザーカービングだって最初はそんな感じだったと思いますよ?
新しい事に臆病になるのは損です。

このタトゥーウォレットなんですが筋彫りだけではなく色差しも可能ですし、図柄だって無限にあると思います。

僕には知り得ない試行錯誤は、皮膚と鞣された革という似たようで違うところで、皮膚と同様に彫るとダメだそうです。
あと、革の種類にも影響されるようですね、、
なんせやった事がないので技法については何が何やら分からないのです。唯一分かるのは本物のタトゥーという事だけ。
今の印刷技術を駆使すれば革に図柄をプリントアウトする事は可能ですが、直に見て触ればわかる本物とプリントの差。
あと、プリントアウトって手作り感がないと思います。。完璧に正確過ぎるのも考えものです。

それで、こちらのタトゥーキーホルダーは革の種類が違います。
a0228364_23025097.jpg
表情が全く違う、、こちらは技法を変えているそうです。
匂いを嗅ぐと墨の匂いがしますね。ウォレットは革の匂いの方が強かったです。革の差でしょうか?

タトゥーや刺青について、
僕はそれを美しく思います。絵画の分野で芸術じゃないですか。絵画の装飾という作業であるレザーカービングをしているものとしてはレザーカービングでは表現できない装飾が表現されているので興味深いものがあります。

物作りの現場って生き残っていくには他業種でタッグをくみ新しいものを生む時代なんじゃないでしょうか?
僕も正直な事を言うと革一本というのはかなり厳しいです。
僕の立ち位置はやはりレザーカーバーです。異業種の方とのコラボなど、ちょっと面白いアイデアも湧きますね(^^)

長々と色々書いたのは新しい可能性を見つけて興奮気味なんです。

ところで、日本ってタトゥー、刺青に対してまだ悪いイメージが多いのでしょうか?
(こんなことわざわざ書く必要もないかとも思ったのですが、、)
僕はFacebookだと外国人の友人が多いのですが、かなりタトゥー彫ってる方がいるので偏見はないですね。見慣れてます。
だいたいにして、タトゥー彫ってようが良い人もいれば悪い人もいる、見た目は至って真面目そうな人でも良い人もいれば悪い人もいる。
これって当たり前過ぎますよね。
見た目で判断しちゃダメ。あと噂話もあまり信じちゃダメ。やっぱり直接コミニュケーションをとらないと人となりははわかりません。

おまけ♪
あとサングラスしてる人も少しいかつく見える現象があると思いますが、五助屋レザーさんにはこのサングラスをお勧めします(笑)
汚物は消毒だ!←このザコ好きです(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-12-13 12:11 | レザークラフト | Comments(0)

講習会の宿題のカービング(その3)

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

先月に参加した岡田明子さんのシェリダンスタイルカービング講習会の課題の宿題の続きです。

リボン完成からの続きで、ベンナーやミュールフット、バックグラウンドです。
a0228364_10163638.jpg
全体的に打ち終わった後は、打刻していくうちに戻ってしまったところなど細々なところをクリーンナップしました。

それでフィニッシュカット(デコレーションカット)です。
一番好きな作業かもしれません。
a0228364_10204465.jpg
自分自信の作風だともう少し深くカットしていると思うのですが、折角の講習会の課題ですから岡田さんの見本に沿うように浅くカットしました。
a0228364_10414982.jpg

シェリダンスタイルカービングの場合はこのくらいが良いような感じがしますね。

いきなりなんですが、訃報です。
実は昨日2回目の講習会で東京に行く予定だったのですが、先月末に僕の奥さんのお母様が亡くなりまして、、とてもじゃないですが奥さん1人にしておけないし、僕もショックですし、、と言った感じ。
でも、正直なところ今一ピンときていません。
でも何もしていないと苦しいです。なのでここのところ、不安な思考を止める意味でずっとレザークラフトに没頭していました。東日本大地震の時もレザークラフトに没頭していた事を今でも覚えています。
没頭できる事がある僕は幸せものです。

今、このカービングはお花が大好きだったお母様の為に彫っています。丁寧に時間をかけて完成させます。
a0228364_10273446.jpg
生活が苦しい時はよくオーダーをくださっていました。
奥さんと大喧嘩して実家に返す事なんて数回あったんですが、理由なんて全く関係なく奥さんの味方をするそんなお母様でした。
そんな存在がいなくなってしまった、、これは僕が代役を務めるしかないんだろうと思います。

ほんの少しで大丈夫です。ご冥福をお祈りくださるとお母様も喜ぶと思います。

今日はこんな感じです。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-12-06 10:46 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

講習会の宿題のカービング(その2)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

カービングの宿題が意外と早く進んでいます。

一番シンドイのはやっぱりベベラですよね(^^;)
a0228364_19534325.jpg
唯一消耗品していく刻印と言われるベベラ、かなり打つのは分かってますが、どのくらい打つものかと数えてみました。

真ん中の2センチ幅くらいのフラワー、、
132回でしたよ(笑)
という事はA4サイズくらいのシェリダンスタイルカービングだと間違えなく1万回以上打ってると思います(^^;)
a0228364_19552109.jpg
ベベラは単調な作業とはいえ重要な作業、それでもって本当に先が見えない、、正直病んできます。
なので革仲間と電話しながらやったりしますよ。今回はもう6年近くの付き合いになるのでしょうか?NO☆LAさんとお話ししながらの作業でした。ベベラが楽にできるツール作れないですかね〜なんて話をしながらお陰様でベベラ2時間くらいで終わりましたよ。ありがとうございました(^^)

あとは楽しいペアシェイダー
a0228364_20020736.jpg
ちょっと緊張するシーダー
a0228364_20030964.jpg
ここで岡田さんから気分を変えてリボンを♪
とのアドバイスで、

リボンの途中経過。なんかうねってる感じでいいです♪
a0228364_20043743.jpg

リボン打ち終わりです。
シェリダンスタイルではあんまり使わないメッシュのバックグラウンド(A104)は結構時間かかりました(^^;)
通常刻印のA104もいいんですが、クラフト社のSKA104-1ってとてもシャープだし陰影も良くて気に入ってます。
a0228364_20054995.jpg
2回目の講習会まであと1週間!
これは楽勝で終わる!とか油断せず完成させようと思います(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-11-27 20:17 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

講習会のカービング(宿題編 その1)

講習会のカービングの方は、、
講習会でサボっていた分宿題が増えます。当たり前です(笑)
リフターまでは気分が楽なんですが、、
a0228364_23573350.jpg

ベベラは挫けますね、、
そういう時は部分的に完成させていく作戦をとる事があります。小さな図案だと大丈夫なんですが、A4サイズのシェリダンスタイルカービングのベベラはキツイです。距離が長い、、
水分の加減とか考えるとあまり良くないような気がしますが?こんな感じです。
a0228364_23573403.jpg
今回はちょっとカットが深すぎたな、、などと反省材料もあります。カットが深いと必然的にベベラも深くなります。
場所によっては1mm以下という幅で線の込み入ったシェリダンスタイルカービングはやはり浅くカットしなきゃですね。じゃないと隣のラインにベベラが重なっちゃいます。
どうしても深く、ダイナミックに!と思うのであれば太いツル、大きな花、葉の図案を描けば良いんですが、それだとシェリダンスタイルカービングらしさがなくなる。。さじ加減が難しいですね。

何度も書いたような気がしますが、僕が思うにカービングは物理的な深さではなく、カットやベベラの強弱で奥行きがあるように見せ、リフターで革を持ち上げ、他にもカモフラージュ、ペアシェイダー、ミュールフットなど最初は強く打ち徐々にフェイドアウトさせるように打つ事で印影のコントラストを表現する。
絵で言うと影を描いていく作業、目の錯覚で立体感を表現すると言うとわかりやすいでしょうか?
カービングは正面から見ると立体感がありますが、真横からみるとほぼ平面ですからね。
a0228364_18563269.jpg

他のフラワーカービングとシェリダンスタイルカービングの刻印で明確に違うのはリフターとベベラの角度です。リフターについては革を持ち上げる訳ですから本当に多少ですが物理的な立体感があります。シェリダンスタイルカービング用のベベラは通常のベベラより鋭角なので通常刻印を使用するフラワーカービングよりは深く打てます。あと全体的に刻印がシャープです。
打ち方についてもシャープに見せるための独特な方法があります(ここらへんは後ほど詳しく書いて見ようと思います。)。

日本の参考書の情報のみだと、例えばペアシェイダーは横線の入ったもの。なんていう定番があると思うんですが、アメリカを始めヨーロッパ、台湾、中国はだいぶ変化していますよ(^^)
なんどか紹介しましたがレザークラフターズ&サドラーズジャーナルという雑誌を読んでいるとここら辺がよく分かりとても勉強になります。読むと言いましたが作品の写真を眺めていると言ったほうが正確です。(笑)

世界に目を向けるとやはり日本人で世界に1番近いレザーカーバーは岡田さんです。岡田さんのカービングのベースはシェリダンスタイルカービングですが「優しい表現」(他にも色々と)なんていうプラスαがあるから難しくもあり楽しくもあります。
優しそうは花は優しく見えるような刻印をチョイスして優しく見えるように打つなんていうのは観察力、表現力が強く、またエレガントですよね。
僕が毎年講習会に参加させて頂いている理由の1つは世界の最新の情報を知ることができると言う事です。これがまた楽しいんです♪

長文失礼しました。ここら辺は書き出すと止まりません(笑)

今日はこんな感じです(^^)
よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2018-11-20 18:58 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
2019 WOULD LEA..
at 2019-05-26 02:37
2019 WOULD LEA..
at 2019-05-23 15:49
2019 WOULD LEA..
at 2019-05-22 06:21
2019 Would Lea..
at 2019-05-18 15:20
2019 Would Lea..
at 2019-05-12 12:31
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> シマンさん ありが..
by tkanno4649 at 23:18
カッコいい^_^ ..
by シマン at 18:46
> angieさん お..
by tkanno4649 at 19:24
お久しぶりです。 カー..
by angie at 18:39
> シマンさん そうで..
by tkanno4649 at 21:41
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。