人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レザークラフトをはじめてみよう(最終回)とおまけについてきた革包丁の切れ味♪



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みしております。

早速ですが、3号が発売されましたね。

早速購入したわけですが、、
a0228364_20523082.jpg

3号目にして最初の課題である本革製パスケースが完成しました♪
なかなかいいんじゃないですか!
a0228364_21012843.jpg

a0228364_21012928.jpg

今回は革包丁とストラップ金具とストラップの革です。
a0228364_21095291.jpg

あとは説明書の通り、
a0228364_21102548.jpg

a0228364_21102787.jpg

a0228364_21102733.jpg

a0228364_21102851.jpg
さくさくっと10分くらいだったでしょうか?
前回の手縫いはレザークラフト結構やった感があったのですが、今回は流石に物足りない感じで、これから次号まで2週間待つと考えるとレザークラフト熱が冷めてしまいそう(^^;;
せっかく工具がある程度揃ったのだから、その間何か作ってみるのも良いですね♪

パスケースを完成させるのに、
創刊号499円、2号1,199円、3号1,999円
合計3,697円かかりました。

これって高いか?安いか?は個人個人の感覚だと思うのですが、
僕の感覚だと、「自分の道具で作る。」というところに価値があると思います。
人に道具を借りて作るより作品に対する愛着が湧くはずですよ(^^)

次回4号についてくるものが、刻印とかレザーコートで早くもカービング、スタンピングか!という感じですが流石に僕は3号までかな?と思います。でもなにか得るものがあるのでは?なんて思うと気にはなりますね。

せっかく特性バインダーもついてきた事ですし、、100号分収まる厚いのが(笑)
a0228364_21091030.jpg

それで3号は革包丁がついてくる!

というので気になっている方もいると思います。
切れるか?切れないか?2択で聞かれたら

「切れます」

刃がついてますね。

動画撮ってみたので貼ってみます。

追加動画で高級革包丁との比較。
高級な革包丁はもう研ぎに出さないといけないくらいほど切れ味落ちています。そんな状態ではありますが、今回のおまけの革包丁って切れ味良いのが良くわかりますよね。A4コピー用紙切れますからね(^^;;


ちなみになんですが、刃物職人さんが研いだ包丁は音がほとんどないです。この動画だとザクザクと音がでてますよね。それだけ切れ味が落ちるっていう事なんですが、それでも十分切れるほうだと思います。

あくまで僕の感覚ですが、
刃物職人さんが作ったもので本研ぎ済みの革包丁を10とするなら、7くらいの切れ味はあるんじゃないかな?なんて感じました。
ちなみに工具屋さんで売ってる革包丁を研がずにそのまま使った場合の切れ味って6くらいです。それを刃物職人さんに本研ぎしてもらうと、物にもよると思いますが9くらいにはなると思います。

こういう工具屋さんで売っている一般的な革包丁っていくら鋼材が良くても研がないと本来の切れ味を発揮しません。
a0228364_22001979.jpg

刃物屋さんの刃物と工具屋さんの刃物ってこれくらい差がありますよ。
本物の切れ味を、、と思うのであれば刃物の館やすらぎ工房さんの革包丁をお勧めします。異次元の切れ味です。
*僕の刃物知識なんて初心者同然です。それを比べてしまって失礼しました。刃物職人さんごめんなさい。

脱線失礼。
今回の革包丁に戻ります。
この写真の革はちょっと刃の入りが悪いヌメ革の端切れなんですが、意外と良く切れてびっくり!
a0228364_21171081.jpg

切れ味が落ちた!と感じたらこまめにルージュスティック(革砥)で軽く手前に引くように研いでくださいね(^^)
a0228364_22090309.jpg


しかし、、切れ味はなかなか良いのですが、革包丁としての形状が通常のものと明らかに違いますね(^^;;

適当に書いてみるとこんな感じです。
a0228364_21190205.jpg
通常の革包丁の刃先の角度って10度〜12度くらいじゃないでしょうか?
今回の革包丁の刃先の角度は20度はあると思います。

なので、通常の革包丁使っている方は、あれっ?と思うはずです。結構傾けて切る感じですね。

今回は良い、悪いとか言いません。とにかく切れるというのに驚きました(^^)

おまけ♪

僕のレザークラフト人生で最大の買い物をしました。革で生計を立てるには必要不可欠なもの。という認識は数年前からあったのですがやっと決心がついた感じです。
来週、再来週には届くのでしょうか?凄く楽しみなんですが、最上位機を購入したのでかなり大きいと思います。
とりあえず設置できる場所を探さねばです(^^;;

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-02-28 22:11 | レザークラフト工具 | Comments(4)

アーミーローク(ヨーロッパ目打ち)のケース作り♪

アーミーローク(ヨーロッパ目打ち)のケース作り♪

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*ただ今教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、簡単な工具ケースを作ってみました。
アーミーローク(ヨーロッパ目打ち)のケースです(^^)
a0228364_19514613.jpg

a0228364_19514735.jpg

前にユーフェンとアーミーロークのヨーロッパ目打ち、どちらが良いか?なんて話を書きました。性能的には同等だと思うんですが、1本刃を使う方はアーミーロークなのかな?なんて思いました。僕は1本刃をあまり使わないのでどちらでも大丈夫です。

ジオメトリックは以前ブルガリアから取り寄せたものです。試してはいませんが、ウォレットのように折れ曲がる所に打つと割れちゃうのかな?なんて思うくらいキレッキレの刻印です。
作品として使ったのは初めてなんですが、とても打ちやすいですし面白い模様ですよね。

前にも書きましたが刻印の標準的な長さが11センチなのに対して10センチとかなり短く感じますね。短いという事を意識しないと手を打つと思います。
あとシャフトが鉄でメッキもされていませんし、メッシングもないんです。
鉄は革に反応して黒くなるから少し鉄製の刻印って遠慮しがちですが、ウェインジュースキーなんていうアメリカの高級刻印も鉄製ですしね。

ヌメ革なんかだと鉄分のせいで黒くなると物凄くがっかりすると思う方もいると思うのですが、シュウ酸やレモン汁で消せますので神経質にならなくて大丈夫ですよ♪
シュウ酸はドラッグストアで買えます。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ



by tkanno4649 | 2019-02-26 19:49 | Comments(0)

レザークラフトをはじめてみよう!(その1)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

今更なんだ?!というタイトルですが、はじめてのレザークラフトですよ。今頃始めてみました。
a0228364_02305503.jpg

とりあえずやってみよう!
創刊号はこれとゴムハンマーがついてます。
a0228364_02311736.jpg
とりあえずDカン取り付け位置は接着しないで、、との事なので3センチ測ってシャーペンで印つけ
a0228364_02322352.jpg

のり付けと接着
a0228364_02352628.jpg

a0228364_02352786.jpg

コバを磨きたいのはグッと我慢!
a0228364_02363362.jpg

穴開け!
まずはコーナー
a0228364_02370917.jpg

それで一周
a0228364_02371047.jpg

裏が均等な感じがベストですね♪
a0228364_02371181.jpg

創刊号は以上

それから2週間後へワープして2号へ!

おっ!いきなりレザークラフトやってるっぽい工具の揃い方してきた!
a0228364_02390981.jpg

まずはDカン取り付け用のパーツつくり
a0228364_02402602.jpg

a0228364_02402726.jpg

からの取り付け
一回差し込んで
a0228364_02402736.jpg

a0228364_02402833.jpg

しるしつけて
a0228364_02402889.jpg

一回外して
a0228364_02422041.jpg

菱目打ちで穴開け
a0228364_02422137.jpg

ボンドをつけて
a0228364_02422183.jpg

穴通しが合うように差し込む
a0228364_02422268.jpg

これはなんだか勉強になりました。

次に手縫い!
ロウはおそらくパラフィンですね。ろうそくのろう。蜜蝋じゃないです。
糸は麻ですね。
a0228364_02422305.jpg

ワープ!縫い終わり。
解説にある縫い方は普通の平縫いっていうやつですね。しかしポニーがないとキツイ縫い方(^^;;
ない方は膝で挟んで縫う感じですね。
a0228364_02450858.jpg

以上!

感想♪

レザークラフトやってる感が凄くある!
今更何を言ってるんだ?と言われるかもしれませんが、最低限の工具や100均工具で作ってた頃を思い出しましたよ(^^)
楽しい♪

次号で完成です!!

一番の難関はこれです。
大切に保管しまします!(笑)
a0228364_02503432.jpg

おまけ♪
7〜8年前だろうか?母親に作ってあげたお財布。厚い革で多機能を目指した結果このコバの厚さ。。
a0228364_02521114.jpg
それでも、お札、小銭、キャッシュカードなど以外は別にカードケース併用じゃなくてポイントカード、レシートやらマックスに入れて一応フラップも止まってるのは素晴らしい(笑)
未だ使ってくれてるのは嬉しいですね(^^)

同じ収納力でも今はこんな感じです。
a0228364_02562528.jpg
漉きって手間がかかりますが収納力あげようと思うのであれば必要な作業だな、、って思います。

なんだかこの日は非常に暖かかったので、たまにはとバイクでお出かけ♪
a0228364_03125586.jpg

早くシーズンこないですかね♪


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-02-22 03:16 | レザークラフト | Comments(0)

10周年!作業効率!試作の山



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、2009年から始まった「Handmade leather goods t.kanno」、今年は2019年という事で10周年な訳です。
僕のレザークラフトの始まりは、友人の付き添いで行った福島県郡山市にある手芸&クラフト ひまわりさんでした。社長さんがとにかく経験豊富、店内には著名な作家さんの作品がずらっと並んでいて、とにかく通って、、毎日通って、、定休日も行ってました。今でも分からない事があると相談しています。近くにお住まいの方でレザークラフトを始めようと思っている方は行って欲しいお店ですね(^^)
福島県でレザークラフトをされている方のレベルは非常に高い印象があります。それはひまわりさん拘りの対面販売なんだと思います。
遠方の方も〇〇を作りたいのですが。と電話すれば任せて安心ですよ(^^)

それで記念にとステッカーを作ってもらいました。商品ご購入くださった方にオマケとして同封させて頂きます(^^)
a0228364_22481087.jpg

ブログのご訪問者数も75万人を超え感謝です。マイナーなレザークラフトブログでこんな数字になるとは思いませんでした。
a0228364_01452918.jpeg

ブログのタイトルはピンポイントでシェリダンスタイルカービングと、、今でも一番好きなので非常に安心しています。また、計算してはいませんでしたが、「ほぼ」をつけたのは大正解だったと思います。これが「完全!」とかだったら大変な事だったと思います(^^;;

「レザークラフトのプロ」
色んな線引きがあるでしょう、、でも僕なりの考えだと自分で作った作品を親族や友人以外の方に販売、また、教室などでお金を頂いて技術を教えた時点でプロだと思っています。僕の場合、それが2009年だったと言うわけで、ついでに言うとレザークラフトを始めたのも2009年です。始めて1年以内に販売も開始した事になりますね。
最初に販売を始めたのはヤフオクでした。今からは考えられないような時間と労力を費やしたお財布が8000円で売れたのが初めてです。今では考えられない価格で、ほぼ材料費でしょう、、それでも相当うれしかったのを覚えています。でも、もし気に入ってもらえなかったらどうしよう、、という恐れのほうが強かったです(今でもそうですが、、)。
責任が伴ってくる。。お金をもらうっていうのはこういう事を言うんだと思います。

自分のアイテム→親族へのプレゼント→友人へのプレゼント→親族への販売→友人への販売→親族・友人以外の方への販売。
こんなステップを踏めば上達も早いと思いますよ(^^)
趣味だから販売は、、と思っていても上手くなると売ってくださいと言われるようになるのがレザークラフトの不思議なところです。

最初は価格設定で随分と悩んだものでした。
価格が分からないからと言ってヤフオクでカービング入りのコインケースを1円スタートで出品して落札額が千円、、というのも今から思うと良い経験です。
その頃とは随分変わってオーダーメイドの価格表を公開しているショップさんも多いと思うのでそれを参考にしたって良いと思いますよ?僕も公開してますしね^_^

これも価格設定の話になると思うのですが、今と10年前を比べるとやはりスピードと完成度が明らかに違います。
例えば、僕のお店だとオーダーメイドのカードケースで装飾なしシンプルなもので大体6千円です。
10年前は1日がかりだったと思いますが、今だと当時はやっていなかったネン入れの作業なんかを含めても2時間もあれば作れます。
例えば1日あたりの作業時間を8時間、材料費千円とするとはじめたばかりで時給換算すると625円、今だと2,500円になる訳で、商売として成り立っています。
時給換算で価格を決めるのって作業スピードにもよるから難しいですよね(^^;;
完全に革一本に移行したのは時給換算しても商売として成り立つ見込みが立った時でしたから、そういう意味では時給換算も基準になるのかもしれません。

今更なんですが商売って考えると効率よく作業する事なんだと思います。
結果が同じであれば無駄な手間は省く事を考えるべきで、先を見越すと効率を上げるための出費は必要です。例えば、漉きなんていうのは革包丁でやると30分かかるようなものでも皮漉き機があればものの数秒でしかも正確にできるわけです。

僕が思うにスピードアップ、クオリティーアップに繋がった大きな理由の一つは、刃物の本当の切れ味を知ることが出来たことだと思います。「刃物の館やすらぎ工房」さんには頭が上がらないです(紹介してくださった方にも感謝です。)。
本格的な教室に通うとまずは包丁の研ぎ方から、というのは今はとても納得がいく話なんです。

次に良い革を使う事も大切です。ただ単純に高級な革という訳ではなく、適材適所という事です。例えばシェリダンスタイルカービングだとハーマンオークツーリングレザーがベスト。(唐草やフィギュアカービングならヌメ革やタンローでも良いと思います。)。

簡単な補足です。
カービングできる革は基本的にはナチュラルのヌメ革です。カービングをするには水分を入れる必要があるのでオイル革は無理ですし、グレイジング加工(サドルレザー)されていると水を弾きますので向いていません。カラーヌメという革についてはカービングできる革もありますが難しいと思います。
・ハーマンオークツーリングレザー→ヌメ革の一種でハーマンオーク社のカービング用に鞣された革です。ツーリングとはカービングの事を示すのがその所以で、革の繊維の詰まりが良く刻印戻りが少ないです。繊細な図柄のシェリダンスタイルカービングにはもっとも適した革です。
・ヌメ革→オイル、染色、グレイジング加工前の革でカービング、染色もできる革で、エイジングします。ヌメ革という名称でなくともタンニン鞣し後、オイル、染色、グレイジング加工がされていない革はヌメ革にあたると思います(カラーヌメという革もありますが、僕はちょっと分かっていないところがあります。)。
・タンロー→タンニン鞣し、ろうけつ染の略で脂分が抜かれている革です。カービングもできますし、染色に関しては脂分がないため素直に色が入りますがエイジングはしません(正確にはピンクにエイジングします。)。

革については革屋さんでも正確に説明するのが難しいと聞いた事があります。なので僕なんかが正確に説明できる訳がありません。申し訳ないです(^^;;
ただ、綺麗に思った通りにカービングできる革がカービングに向いているという事は確かですね(^^)

端切れ革でレベルの高い作品を作れる方は本当に凄いと思います。
初心者の方にオススメの革の購入方法はやはり切り売りですね。例えばA4サイズとかで売っている革です。切り売りってデシ単価が倍くらいになってなんだか高いな、、ってイメージがあるかもしれませんが、革のプロが良い部分だけを選んでカットしているので端切れ部分に当たる事がないんです。脱線失礼。

あと工具に関して、
これも良いものに越した事はありません。「物作りは道具ありき。」良い道具を使えば良い作品が作れます。
だったら腕はほとんど関係ないじゃないか!となってしまいますが、悔しい話ホントの事でもあると思います(^^;;

ただ、どの道具が自分の求める作品作りに必要なのか?を見極めるのは技術です。

商売をするにあたって、
販売力、宣伝力のアップは地道な努力ではありますが名前を売る事でもあり確かな技術を身につける事にあると思います。これが信頼度と密接に繋がるはずです。最近は極力大人しくしていますが、僕みたいに感じた事をそのままブログ記事にしたりするのは商売人としては失格ですから真似しないほうが良いですよ(^^;;

僕が理想として目指しているのは、商売として安定した商品を作り、上手く教室を運営できる体勢を整えながらも、コンテストではお金にはならないけど今持てる技術を全て注ぎ込んだ作品を作るというスタイルです。



最後に、
10周年を迎えられたのは当然の事ながら皆さんのお陰なんです。これはもう間違えのない事で、挙げればきりがないのですが同業者、革仲間、ブログを読んでくださっている方々、お客様、偉大な業績がありながらも様々な事を同じ目線で教えてくださる方々、、と
そして奥さんですね。よくこんな自由を許してくれているものだと思います。

皆さまありがとうございます。「Handmade leather goods t.kanno」を今後ともよろしくお願いいたします。

最近相談される事が多いので、レザークラフトのプロを目指そうとしている方々へのメッセージです。
僕でもこうやってなんとか生業にしている訳ですから不可能という事はありません。応援は全力で行いますので気軽にご連絡くださいね(^^)

次の話に変わりまして
前の記事やこの記事でも書きましたが、作業効率についてです。
五助屋レザーさんのずっと前のブログ記事にも書いてありましたが、製作に関して「ミシンより手縫いが良いという方はいても、材料の切り出しに関しては抜き型じゃなくて手断ちが良い。」という人はいないだろう。
今更ながら本物にその通りだと思い、今試作を重ねて抜き型の元になる型紙とプレス機の導入に向けた準備をしています。

僕の場合、やはりカービング作品がメインになるので内装はもうパターンを決めてしまおうという訳です。
色々内装の構造を考えた試作をしていきながらもカービングの練習も兼ねた試作を去年の末から作り始めてかなりの数になりました。

カービングメインだと仕立てはミシンで価格を抑えて、という事も考えてミシンでも仕立てやすい構造も頭の片隅に置いています。

効率化を考えると、やはり欲しくなるのはミシン、皮漉き機、抜き型、プレス機ですね。

では試作品(以前のブログにも載せたものも再掲しています。)

まずはロングウォレット
a0228364_23442520.jpg

ミドルウォレット
a0228364_23444458.jpg

a0228364_23444548.jpg
左側のお財布の表革はアメリカンバイソンシュリンクです。初めて使いましたが薄くすると迫力がなくなりますね。非常に上品な感じです。

ヨーロッパのヌメ革にカービングしたミドルウォレットです。ヌメ革なのでカービングはできます。しかし、ヨーロッパの革は銀面の再生力が強い。。このくらいはできますが、刻印が戻ります。。
今回使った革はカービング用の革でもないですから、そこが良いところなんでしょうけどね(^^)
a0228364_23444642.jpg
この図案はJim Linnell氏による図案集に載っていたものです。詳しくはWikipediaでご覧ください。まぁ、Wikipediaに載っているほど有名な方で僕が初めてWorld Leather Debut に出品した際に審査をしてくださった方でもあります。
また、岡田明子さん同様、世界のレザークラフト界でもっとも名誉あるAl Stohleman Award 受賞者です。

そして大失敗のハーフウォレット、、
a0228364_23565149.jpg

カードケースやミニウォレット
a0228364_23571653.jpg

これらを一つずつ作るたびに、なんで商品にしないの?と嫁から言われるんですが、理由の一つがカービングです。図案集からとっているデザインなので、、あとの作品については少しばかりミスがあります。
もし、カービング作品以外の作品で気になる作品で訳ありという事でご了承頂けるのであれば販売しますので個別にメールやFacebook messengerでご連絡ください。半値くらい?と考えています。

おまけ♪
革包丁が3本なくなりました。もう最近こんなのばかりです(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-02-16 01:15 | レザークラフト | Comments(4)

ミドルウォレット!CAD!

ミドルウォレット!

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*ただ今教室はお休みさせていただいております。

早速ですが、昨年末よりひたすら作っている各種ウォレットの試作品、納得できるものができたら抜き型を、と考えています。

そして今回はカービング大失敗につき、僕には珍しい感じ、革の素材の綺麗さを活かしたミドルウォレット。
僕としては大失敗、、でも皆さんからの受けが良かったりと、、人の好みは様々でなかなか難しいものがありますね(^^;;
構造としては良いと思いました。しばらく使ってみようと思います。
a0228364_22091154.jpg

僕は一般的なミドルウォレットの構造と違いコインケースを逆につけています。個人的にはこっちの方が使いやすい感じがするんです。
a0228364_22092942.jpg

こういうシンプルなものは仕立ての良さで勝負なので立体形成も頑張りました。
a0228364_22121313.jpg

しかし、シニュー糸というのは難しい(^^;;

それで前回カードケースのTシャツのこと書いたんですが、結構面倒なことしてるんです。。

鉛筆で斜め線を入れているところをゼロ漉きして、
a0228364_22135921.jpg

こんな感じに重ねます。するとTシャツとTシャツの隙間がなります。
なんだかあの隙間が嫌なんです(^^;;
a0228364_22154610.jpg

実際の革で見て見ると、
a0228364_22170266.jpg

こんな感じで、ここからコバ磨きをすれば断面がみえなくなります。
a0228364_22172703.jpg

正直面倒なのでやめる方向で検討中です(笑)

そして、前から挫け続けていたCADを頑張っております。
とりあえずブックカバーの型紙を作る事ができました(^^)
次の課題は曲線ですね♪
a0228364_22224882.jpg

もっと色んな事ができるようになれば型紙をパソコンの中に保存すれば良いから、型紙がなくなった!とか騒がずに済むと思います^_^

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-02-07 22:04 | 試作 | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん シ..
by tkanno4649 at 00:11
シーダー打ちはすごい苦手..
by angie at 21:39
> angieさん い..
by tkanno4649 at 19:59
すみません。移転のご挨拶..
by angie at 19:50
> シマンさん ありが..
by tkanno4649 at 23:18
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。