俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

カテゴリ:レザークラフト( 205 )

革新的な技法。タトゥーウォレット!


こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

もの作りって販売を目的としたものやプレゼントを除いたら、自分の好きな物を作りたい!これに限るんじゃないでしょうか?

まずは基本を地道に、、いや、基本は永遠のテーマでしょうか?
僕の思う基本の一つは怪我をしないようにする事です。怪我の原因は道具の使い方を間違えている証拠です。

最初は参考書などの型紙なんかを使って作品を作ると思うんですが、ある程度作れるようになると、新しい事をやりたい、決まり通りやりたくない、となってきますよね。
持論ですが「良い道具と必要な道具の見極め、あとその道具を使いこなせるようになる。」、これを追求していけば色んな完成度の高い作品を作れるようになります。
だから作りたい作品に合わせて、少しずつ必要に応じて工具を増やしたり革も適材適所で吟味していけばいいんだと思います。
本当は僕がいつもお世話になっている.
手芸&クラフトひまわりさんみたいに深い知識と経験を持っている店主さんから直にアドバイス頂けると良いんですよね。レザークラフト専門店が少なくなり、ネットショップに頼らざるを得ない方々が多い今は不遇の時代だと感じてしまいます。(ひまわりさんのHPのリンク貼りましたが基本対面なのでネットショップっていう感じではありません。遠方の方は電話して相談して購入してみると良いですよ。その時は僕の名前使ってもらっても大丈夫です。)

あと、誤解して欲しくないのが道具については高ければ良い、いっぱい持っていれば良い、そういう話ではありません。必要最小限がベターだと思います。僕が言うと説得力がありませんね(笑)

もの作りというのは基本的に自由ですから自分の欲しいものをあれこれ考えて形にするのって楽しいです。人からなんと言われようが自分の好きな物ができれば大満足ですからね。
カービングにしても最初は図案集や参考書などに従った練習していって、ある程度できるようになるとやっぱり図案は描きたくなりますね。
この頃になると色んな作品を作れるようになっているでしょうから、そのサイズに合った図案を描けるとそのオリジナル感がたまらないです。
僕も図案描きはまだまだなので頑張り中です(^^)

オリジナルと書きましたが、、レザークラフトは(それ以外の物作りも)同じ工具を使い、同じ技法で作っている限り完全オリジナルなんていうのものはないと思っています。
頂点の方はこれを超越してオリジナルになるから恐ろしいものです(^^;;

すごい長々とした前置きで失礼、僕はそれでも「オリジナル」というものを求めているんです。だから、おっ!これは!というものは買って触って感じてみます。写真じゃわからないんです。

とにかく新しい事をしたくて仕方ない!

という事で今回購入したのがこちらのタトゥーウォレットです。名付けて「菊虎」!
a0228364_22571163.jpg

a0228364_22571178.jpg

a0228364_22571207.jpg
このウォレットはタトゥーアーティストさんが人の身体に入れる刺青と同じ技法で革に模様を彫ったもので、仕立ては五助屋レザーさんです。いわゆる「コラボ」ですね。
僕の知る限りだと前例がないのでその技法の名称はないと思います。そんな技法ですから、できれば◯◯カービングとかいう安易な名称にはして欲しくないです。

「革にタトゥー?なんだそりゃ?」と思う方もいるかも知れませんが、新しい事なんて最初はそんなものです。レザーカービングだって最初はそんな感じだったと思いますよ?
新しい事に臆病になるのは損です。

このタトゥーウォレットなんですが筋彫りだけではなく色差しも可能ですし、図柄だって無限にあると思います。

僕には知り得ない試行錯誤は、皮膚と鞣された革という似たようで違うところで、皮膚と同様に彫るとダメだそうです。
あと、革の種類にも影響されるようですね、、
なんせやった事がないので技法については何が何やら分からないのです。唯一分かるのは本物のタトゥーという事だけ。
今の印刷技術を駆使すれば革に図柄をプリントアウトする事は可能ですが、直に見て触ればわかる本物とプリントの差。
あと、プリントアウトって手作り感がないと思います。。完璧に正確過ぎるのも考えものです。

それで、こちらのタトゥーキーホルダーは革の種類が違います。
a0228364_23025097.jpg
表情が全く違う、、こちらは技法を変えているそうです。
匂いを嗅ぐと墨の匂いがしますね。ウォレットは革の匂いの方が強かったです。革の差でしょうか?

タトゥーや刺青について、
僕はそれを美しく思います。絵画の分野で芸術じゃないですか。絵画の装飾という作業であるレザーカービングをしているものとしてはレザーカービングでは表現できない装飾が表現されているので興味深いものがあります。

物作りの現場って生き残っていくには他業種でタッグをくみ新しいものを生む時代なんじゃないでしょうか?
僕も正直な事を言うと革一本というのはかなり厳しいです。
僕の立ち位置はやはりレザーカーバーです。異業種の方とのコラボなど、ちょっと面白いアイデアも湧きますね(^^)

長々と色々書いたのは新しい可能性を見つけて興奮気味なんです。

ところで、日本ってタトゥー、刺青に対してまだ悪いイメージが多いのでしょうか?
(こんなことわざわざ書く必要もないかとも思ったのですが、、)
僕はFacebookだと外国人の友人が多いのですが、かなりタトゥー彫ってる方がいるので偏見はないですね。見慣れてます。
だいたいにして、タトゥー彫ってようが良い人もいれば悪い人もいる、見た目は至って真面目そうな人でも良い人もいれば悪い人もいる。
これって当たり前過ぎますよね。
見た目で判断しちゃダメ。あと噂話もあまり信じちゃダメ。やっぱり直接コミニュケーションをとらないと人となりははわかりません。

おまけ♪
あとサングラスしてる人も少しいかつく見える現象があると思いますが、五助屋レザーさんにはこのサングラスをお勧めします(笑)
汚物は消毒だ!←このザコ好きです(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-12-13 12:11 | レザークラフト | Comments(0)

革漉き機を使わないで立体形成を施したコースターを作ってみる(その1)

革漉き機を使わないで立体形成を施したコースターを作ってみる(その1)

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

やる事がないようで流石に年末だからか?やる事がたまってきております。。
講習会のカービングの宿題やオーダーメイドを後回しににしている訳ではありませんが立体形成を施したコースターを作ってみました。
a0228364_18111374.jpg

a0228364_05283517.jpg
凄く写真が下手で失礼(^_^;)
立体形成が分かりやすくと、この写真もですがところどころマクロ撮影につよいデジカメを使っています。
しかし、カービングもそうなんですが細かいところは写真で伝わりませんね。。でも、フチ捻の熱処理の加減が不均等なのは良く分かります。これは失敗です。

僕は商品、革製品でも工具でもなんですがご購入頂いた方にはレザークラフトのご質問など個人的にお答えしています。
今回作ったコースターはそんなお客様(革仲間でしょうか?)からご質問を頂いたのですが、文章や写真では伝えきれないと思い実物を製作して送る事にした訳です。
ご質問のメールには、本当に様々な試行錯誤の様子が書かれていて、、これは応援したいなと思いましたね。。。
実物を見ないとわからないところもあるとは思いますが、折角作るのだからと工程ごとにかなり写真を撮りましたので皆さんもよろしければ参考にしてください(^^)
ちなみにこの技法については本当に数年前から試行錯誤しては五助屋レザーさんに教わったり、作品の写真を観察したりして身につけたものなので少し違う工程もあるかもしれませんのでより良い方法は五助屋レザーさんのブログを熟読すべきだと思います。結構大々的に公開してくださっていますよ。本当に参考書より勉強になります♪

このコースター、、
完成まで2時間はかかったと思います。
極力ご質問くださった方と同じ環境で作ろうと思い革漉き機を使わないで手漉きで作ったのが特に大変でした。
革漉き機を導入してから「均等に漉く」という作業がほんの数分で終わるようになりましたが手漉きは本当に大変ですね。。持っていると本当に良い機械なんですが、かと言って決して安いものではありませんし革漉き機導入はかなり勇気がいるものと思います。
ヘリ漉きだけで良いから1万円くらいで簡単に漉ける工具が開発されたらバカ売れだろう(笑)

それでは(その1)と題して、今回は革の裁断からヘリ漉きまで♪

最後に製作メモとして材料や使用工具などまとめて書きますが、今回の革は2ミリ厚のヌメ革と3ミリ厚のトコ革の張り合わせでの製作です。
ここも手断ちのほうが良かったと後から思いましたが、抜き型とプレス機はとても効率が良いです。
という事でレザークラフト万能機ALL-2000ですね♪
結構硬めの革だったのですがサクッと抜けます。
a0228364_04203031.jpg
a0228364_04204752.jpg
抜き型であればもちろんRP-2000の方が良いのですが、まだ大量生産体制が整っていない今の僕には小さな抜き型、アクリル刻印打ち、金具の取り付けなどコンパクトで万能機なALL-2000で充分です。まぁ、いずれRP-2000も買いますけどね(^^)
あと、ALL-2000で密かに良く使うのはカービング際ののフラワーセンターです。完璧に水平な力が入るので本当に綺麗に決まるんです。モウルだと癖なのか?一発で打とうとすると、どうも手前が浅く、奥が深く入ってしまいます。刻印の角度を傾けながら回すように打つと均等に入るのですが、失敗して深く入り過ぎてしまい刻印のツブツブの溝に革が思いっきり食い込んで刻印を外したら革が引き剥がれるなんていう失敗もあります。結構ヤル気なくなります(^^;)

これらのパワーツール、11月末まで五助屋レザーBASEカートショップにてセール開催中です。15%OFFですよ!!このチャンスにいかがでしょうか?
ALL-2000は他店購入ではついてこないコーナー抜きや直線切り(ギロチンカッター)もついてくるので更にお得です♪

ここからは手順を追って解説して見ようと思います。
①裁断
a0228364_04353520.jpg
②ヘリ漉き
漉き終わりの写真で失礼。
今回はこんな感じでいきます。
・漉き幅5ミリ
・ヘリを2ミリ厚から1ミリ厚に漉く
・3ミリ幅のプレスエッジャーで立体形成
・溝ネン2.5ミリでステッチラインの印付け
a0228364_04373635.jpg
まずはフチからの漉き幅を決めます。今回はフチから5ミリです。ここら辺は段漉き、斜め漉き、革の厚みなどでも塩梅が変わってくると思いますので色々と実験してみてください。
以前も書きましたが「ここから漉くぞ!」という印はステッチンググルーバーを使うと良いと思います。

まずは定規でフチから5ミリのところに印をつけます。
a0228364_04421536.jpg
この印に合わせてステッチンググルーバーの幅を決めれば楽で正確です。
a0228364_04434877.jpg
銀面のネジ捻の時は同じ方法で鉄筆かなんかで印をつけてネジ捻の幅決めをすると楽ですよ♪

で、ここからヘリ漉きです。
今回はSINCEのエッジャーを使いました。これは段に漉ける訳ですが、立体形成は斜め漉きでも大丈夫なのでフレンチエッジャー、革包丁、ヘッドナイフなどでも大丈夫です。

ここから漉きに入ります。
グルーバーのあとに添うように、
a0228364_04495122.jpg
今回はSINCEのエッジャーでフチを漉きます。片側が三角刀のような構造なので段になります。

革包丁やラウンドナイフだとガラス板必須ですが、フレンチエッジャーは不要な感じです。
a0228364_04505967.jpg
トコって硬い、、というか繊維が荒い?とにかく刃物の切れ味がすぐに落ちます。
そんな場合は水で濡らしてから漉くと良いです。
力技でいくと怪我しますし、革もダメにします。。
a0228364_04540451.jpg
あとはルージュスティックによる研ぎですね。
研ぎというか、刃物にタンニンがつくと滑りが悪くなります。その汚れとりだと思った方がいいです。引っかかる感が出てきたな。と感じたら2〜3回程度で良いので手前に引きながら研いでください。
a0228364_04580103.jpg
刃物関係にはルージュスティックガンガン活用してください♪

こんな作業を繰り返す訳ですが立体形成の際の漉きで一番大切な事は、段漉きでも斜め漉きでも「均等な厚みに漉く」という事です。
なのでダイヤルゲージは必須です。
a0228364_05020698.jpg
本当に手間がかかる作業なのですが、この作業の良し悪しで全て決まるようなところがあるので少しずつ丁寧に作業しましょう。
a0228364_05040529.jpg
ちなみにこの漉きの作業1時間くらいかかったような気がします(^^;)

今回SINCEのエッジャーを使って考えた事なんですが、まず、少し内側に寝かして三角刀のような使い方をして、
a0228364_20143160.jpeg
それから水平にして漉く。
a0228364_20145143.jpeg
接地面が減る、つまり抵抗が減るので漉きやすかったです。
良かったら試してください(^^)

今日はこんな感じで♪
次回は立体形成からです(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト

即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-11-25 19:42 | レザークラフト | Comments(2)

ミシン縫い、縫い始めと縫い終わり。



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

まだ使いこなせていないので本番では使えず、試作のみの使用なんですがミシンも使っています。
レザークラフト用に改造したアンティークミシンですね。
a0228364_21243944.jpg
メイドインジャパンの極み。そんな事を感じられずにはいられない精巧で頑丈な作りです。
確か60年代のものだと思うのですが、説明書には「壊れる事はありません。」と買いてありますし、実際に使っていると僕もそう感じます。
複雑な縫い方はできないのですがとても綺麗な直進縫いができますよ。

上が手縫いで下の2ラインがミシンです。
a0228364_21300938.jpg
綺麗なステッチですよね(^^)

なんですが、縫い始めと縫い終わりがいまいちです。

これはミシンの性能の問題じゃなくて僕の使い方が悪いんだと思います。。
これさえクリアできればひっくり返し縫いのバックなんかは実戦で使うんですが、、

こういうことがあっても直ぐに聞いたりせず自分自身で研究を繰り返しクリアしてきたんですがちょっとダメそうでした。。本当にダメな時になってアドバイス頂いています。

話は変わるんですが、五助屋レザーさん、、やっぱり心配だったんですよ。
詳しくは知らないですが(聞ける訳がない。)、非常に困難な状況にいるのは知っていたのでブログの方で良いお知らせがあり嬉しかったです。それで少し電話させていただきました。
にも関わらず革の話も少ししまして、ちょうど今僕が抱えているミシンの悩みを聞いてもらうという失礼なことをした訳ですが、、
あっさり解決(笑)
経験者のアドバイスはシンプルで的確。
a0228364_22132779.jpg
あとは練習をこなすだけだと思います(^^)

いつもお世話になりっぱなしです。ありがとうございます。
来月、再来月と東京の方に行きますので、また工房の方お邪魔させていただこうと思います。

今日はこんな感じで。

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-10-19 22:22 | レザークラフト | Comments(2)

高品質な中国製工具で簡単なキーホルダーを全力で作ってみる!



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

キーホルダーは簡単な構造です。比較的短時間で作れますし、僕も始めたばかりの頃はよく作ったものです。

今回はこんな感じのキーホルダーを作ってみました(^^)
a0228364_23384395.jpg

a0228364_23384473.jpg
革はハーマンオークツーリングレザーのブラックです。
せっかくのツーリングレザーなので簡単なスタンピングも入れてみました。

デザインは先日購入した「レザークラフトパーフェクトブック」に載っていたものです。
a0228364_23412527.jpg
その名の通りこの本さえあればレザークラフトの全てがわかります!なんて訳はありません(笑)

キーホルダーは簡単です!

とは言えあらゆる技法を使ってみると本当に時間がかかりますね。こんな単純な構造なものに3時間もかけてしまいました(-.-;)

かけた手間は、立体形成と捻です。あと細かいピッチの手縫いでしょうか?
捻は別に入れなくたって良いんですが、入れないとサボっているような感じがしてしまいます。これは多分気のせいです。

あと今回は高品質な中国製ツールをふんだんに使ってみました。

まずはYue Fungのヨーロッパ目打ち(2.7mm)
a0228364_23511242.jpg
岩田屋、ブランチャード、協進エル、トルトキツールと様々なものを持っていますが、はっきりいってYue Fung製が1番できが良いと思います。
Yue Fung製品のお買い求めは6T Leather worksさんですね♪

糸も6Tさんのところで購入した同メーカーのポリエステル糸(4.5mm)です。
いつもは「ビニモより糸がほつれにくい。」という理由でビニモMBTを使うんですが、芯が入っている影響か?ちょっとくすんだ感じの色になるような気がします。その点、今回使ったYue Fungのポリエステル糸は色も鮮やかですしビニモよりほつれにくいですね。しっかりした糸です。
a0228364_23542111.jpg
ヨーロッパ目打ちのピッチが2.7mmということもあって針も細いものを使っています。というか、普段からこの針です。
a0228364_23562946.jpg

ヨーロッパ目打ちと糸の素晴らしさは仕上がりを見れば一目瞭然♪
やっぱり工具と材料の良し悪しで決まってしまうところは大きいと思います。僕の腕ではありません(笑)
a0228364_00035892.jpg
ちなみに立体形成は失敗です。。

立体形成にはSINCEのワイドネジ捻とFLINTのエッジプレッサー
a0228364_00141673.jpg
ワイドネジ捻はまあまあとして、エッジプレッサーは以前ブログでもレビューしましたが思ったとおり段になってくれない、、

いつもどおりフロンティアさんのヘリ押さえ捻(押し捻)を使えば良かったです。。。
似て非なるものは使ってみるとすぐ分かります。FLINTのエッジプレッサーは加工しようと考えています。
a0228364_00201014.jpg
FLINTのような似て非なるものがある対極で、フロンティアさんのヘリ押さえ捻(押し捻)と概ね使用目的が同じ6Tさんのプレスエッジャーはフロンティアのヘリ押さえ捻(押し捻)と同じ機能を有しながらフチ捻のような構造は素晴らしいです。
a0228364_00262639.jpg
ここから少し脱線して日本の工具職人さんにより良い工具を開発してほしいという、一ユーザーの思いです。

フチを立体形成するという技法は以前からあったと思いますが、それはヘラを使ったりと従来からある工具を使ってのものだと思います。

同じ立体形成でも、その技法に特化した工具(ヘリ押さえ捻(押し捻))を考案、開発したのはフロンティアさんであり五助屋レザーさんなんです。

目標が同じでもプロセスが違うということです。

だから6Tさんのプレスエッジャーのように、ヘリ押さえ捻(押し捻)に携わった五助屋レザーさんに相談して知恵を借りて、なんて言うことをすればより良い工具ができるのにな〜なんて思います。

新しい工具といっても完全にオリジナルのものを開発なんて言うものは難しく、既存の工具を改良したものがほとんどだと思います。
あと工具の構造は決して独占的なものっていう訳じゃないとおもいます。だから、「似たような構造のものでより良い工具開発したい場合」もあると思います。その時はそのベースとなっている工具の開発者に事前に一言言っておいたりと根回しをしておけば逆に良いアイデアとかダメ出しなんかしてもらえるものですよ(大昔からある工具は別です)。

「こんなの作ったけど、どうですか?」とか、、

そうすれば一人で考えるよりより良い工具が開発されますし、作り手にとっては喜ばしい事です。それは考案、開発側だって嬉しいことだと思います。

1番ダメなのが目先の利益だけを考えた見た目だけ似てる劣化コピーだと思います。良いことが1つもない。。
狭い業界ですし、みんなでアイデア出し合って盛り上がって欲しいです。

僕の思いは以上です。

今回ヘリ落としはレザーフェニックスさんで売っている両面ヘリ落としを使いました。
a0228364_01052931.jpg
構造は全く違いますが、RON’Sツールを彷彿させるしっかりとした重厚な作りで切れ味も良くとても気に入っています。

という事で今回はほとんど中国製の工具で作ってみました。
率直な感想は「かなり性能が良いな、、」という事です。

なんだか余計な事いっぱい書いたような気がします。失礼しました。

物作りの方は少しギアをあげて頑張ろうと思います。

こんな時はお気に入りの音楽で心を癒そう!
本日のBGMはPOLICEでした。
a0228364_01321860.jpg

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-10-03 01:56 | レザークラフト | Comments(0)

ハーフウォレット完成♪



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

久々にちゃんとしたものを作ったような気がします。
革はレザーメイトさとうさんのSサドルのネイビーです。
パリッとしたとても良い革だと思います♪

紙で組み立てたサンプルを確認しながらの作業だったにもかかわらず、なんでここ漉いちゃうかな、、、とか言うミスもありましたがなんとか形にはなりました。
a0228364_08464790.jpg
中身はこんか感じです。
革の都合で当初の予定よりシンプルなものになりました。
a0228364_08470676.jpg
コインケースとカードケースが向き合っている構造で、あまり作った事がないです。
作っていく過程でうすうす感じていたのですが、予想通り物凄く使いにくいです(笑)
でも頑張って作ったので少しは使ってみようと思います。

次はiPhone Xカバー製作の予定です(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-16 09:01 | レザークラフト | Comments(0)

革漉き機を使わないで段漉きしてみよう!



福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

気圧の変化に弱いので偏頭痛に悩まされております(^^;)
まだ本調子ではなくしっかりとした作品を作ってはいませんが試作などは作れるようになってきて革を触る機会も増えてきました。
五助屋レザーさんは早くもBASEネットショップを再開しています(再度休養に入りますが)。思うように動けないなかでも強い精神力で頑張っている姿は見習わなければです。

でも工具は安定した購入しておりますよ(笑)

今回購入したのはSINCEのステッチンググルーバーです。
a0228364_02092489.jpg
日本ではまだ販売されていないので個人的に輸入してみました。
購入の決め手は「かっこいい」なので、本当は1,500円くらいのステッチンググルーバーでも全く問題ありません。
ただ、安いステッチンググルーバーってガイドの構造がいまいち好きではありません。薄い革だと外しちゃう事が多くて困っていました。ここら辺はこのグルーバー、見事にクリアーしてます。ガイドの構造が秀逸です。切れ味も良好です(^^)

ステッチンググルーバーはネジ捻同様、主にステッチの穴明けのガイドとして使う工具です。
a0228364_03371321.jpg
a0228364_03374515.jpg

銀面に溝を掘りそこに穴開けをして縫うと糸が埋まるので糸切れ防止の効果もあると思いますが、銀面を切る分革の方は強度が弱くなるのでしょうか?
あと、失敗してズラしてしまうとアウトという恐ろしさもありますね(^^;)

ちなみにアメリカだとステッチンググルーバーが良く使われていますよね。

余談ですが糸の強度に関して、

糸も麻糸だと革より糸が切れるので革へのダメージが少ないです。補修しながら使う感じですね。ビニモなどの化繊糸だと糸切れしにくい代わりに革の方が先に切れる。まぁ、革が切れると言っても毎日使って20年とか30年後、と言った感じだと思いますが、、
これは手縫いの場合です。ミシンの場合は化繊糸でも革へのダメージの前に糸が切れる。一箇所切れると解れるように糸が抜けていくというイメージでしょうか?

ついでに言うと、縫製にも様々な方法がありますが、それぞれに利点と欠点があるので「単純に手縫いだから頑丈、ミシンはすぐに糸が切れる。」とかいう訳ではないです。
内縫いのカバンなんかだと、ミシンは手縫いで難しいほどの細かい目でも縫えますから糸が表に出る事もありませんからミシンの方が頑丈です。あと、柔らかい革は断然ミシンの方が縫いやすいです。
合理的に考えるとミシンは早く手縫いは時間がかかります。もちろん手縫いのほうが頑丈だとは思いますが、そこまで強度が必要ないところはミシンの強度で充分です。
ミシン縫いは強度がない。なんていう事は全くないです。
糸の両端に針をつけて交差させる手縫いはアメリカではサドルステッチという技法で、その名の通りサドル(馬の鞍)を作る時の手縫いです。やはり人と馬の命にかかわるものですからね。悪意を持って全力で引き千切ろうととしても切れない、それだけ強度に拘る必要があると言う事です。逆に言えばお財布にそれだけの強度は必要ないとも言えると思います。
僕が手縫いしかしないのは、手縫いに拘っている訳ではなく単純にミシンを上手く使えない。というだけです。
今は改造アンティークミシンを使っていますが、ゆくゆくはしっかりとしたミシンを購入して適材適所で活用したいです(^^)

まとまりのない余談でした。失礼。

話をステッチンググルーバーに戻します。
僕の場合、穴開けのガイドは「捻」を使います。
どういう場面でよく使うかと言うと床面の溝掘りです。

ではステッチンググルーバーを使って均等な厚みに段漉きしてみましょう(^^)
1回だと溝が浅いと思ったら何度か同じ溝を掘ってみると均等な溝ができます。
段漉きは少し厚めの革じゃないと立体形成が決まりません。2mm厚以上ら欲しいところです。漉くのはだいたい1/2と言った感じでしょうか?
a0228364_02204729.jpg
それで、この溝に合わせて革包丁で漉きを入れます。
a0228364_02231402.jpg
基本的に革包丁は押すだけでは切れません(場合によっては押しますが力が必要)。
右利きの方でしたら、右横にスライドさせる様な感覚で押すと上手く切れますよ(^^)

と、こんな感じに上手く漉けました。
a0228364_02260181.jpg
革包丁の代わりにSINCEのエッジャーやフレンチエッジャーで漉くのも良い方法だと思います。
下の写真は段漉きをするために作られたSINCE のエッジャーです。構造的にはフレンチエッジャーですが、片側だけ彫刻刀でいう三角刀のような形状になっています。
a0228364_03551716.jpg

グルーバーで掘った溝にあわせて、
a0228364_03551866.jpg
漉いていきます。
a0228364_03551831.jpg

a0228364_03551939.jpg
なんだかこっちのほうが上手くいってますね。
相変わらず良く切れます。

段漉きを入れて立体形成した後に縫製すると糸スレ防止になりますし見た目もスマートな感じになります。
革漉き機だと簡単に均等に漉けます。だからといって気軽に導入できる機械でもありませんよね(^^;)
そこで開発されたのが段漉きに特化したSINCEのエッジャーだと思うのですが均等な厚みに漉くのがちょっと難しいです。
立体形成は段漉きでも斜め漉きでも良いのですが、厚みが均等というのが肝です。
ここら辺ははっきり言って僕が語るところではありません。五助屋レザーさんのブログにいっぱい書いてありますので探してみてください。探しついでに記事読破してみたらいいですよ。当然僕は読破しています。

革漉き機だとキツイ細かなところは今でもこの方法で段漉きしています。一つの方法としてよろしければ参考にしてみてください(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-09-01 23:49 | レザークラフト | Comments(0)

ヨーロッパ目打ちのコーナーの決め方とフチ捻の加工♪


こんばんは(^^)

今日の記事は随分前にリクエスト下さっていた技法とこれもまた随分前にお預かりしていたフチ捻の加工についてです。

まずはヨーロッパ目打ちのコーナーの決め方(菱目打ちも同様)

良い開け方で縫うと
a0228364_21214246.jpg

悪い開け方をすると
a0228364_21221361.jpg

一目瞭然ですね。
ここら辺を解説してみます。ちなみに菱目打ちにも共通しますので参考にしてみてください(^^)

解説に入る前に。
作品の角が直角な場合のヨーロッパ目打ちの打ち方なのですが正直難しいですよね(^^;)
だいたいにしてネジ捻のように細い線をひいてその真ん中を開けていくのはかなりの難易度です。
そこら辺を考えてヨーロッパ目打ちの幅に合う6T Leather worksさんのワイドクリーサーは素晴らしきアイデアの商品だと思います。
ただ、大人気商品なのでお金の余裕がある時頑張って買おうとするのですが在庫追加されてから秒殺で売れる工具なのでなかなか手に入りません(^^;)
a0228364_21240855.jpg
僕のBASEネットカートショップで売っているアジャスタブルクリーサーも広い幅の線が引けてネジ捻方式なのでフチからの線の幅を変えられるのはとても良いのですが、6T Leather worksさんのワイドクリーサーほどはキレのある線がつきません。
日本の最高級ツールは価格に見合った出来栄えですよ。完璧に商品にして良いレベルまでもっていってから販売してますからね。
中国の高級ツールもかなり良くなってはいるもののどこか甘いです。なんだかプロトタイプ状態の段階で販売している感じです。しかし、Sinceのワイドエッジャーなんかをみているとマイナーチェンジしている様子がうかがえるので良くなっていくのかな?なんては思っています。

それでは本題。
良い開け方と悪い開け方の比較をしてみます。
今回は日本製の火打ちのヨーロッパ目打ち、6T Leather worksさんのヨーロッパオウル、フロンティアさんの溝ネン(4mm)を使っています。

まずはしっかりと線をつけましょう。
コーナーが直角な場合は交わる線は重なるようしっかりとつけてください。
a0228364_21344536.jpg

まずはコーナーから決めましょう。
a0228364_21352453.jpg
個人的には2本刃のほうが楽です。

まずは良い開け方。
a0228364_21363578.jpg
この後直角に向きを変えて穴明けをするわけですが、正確に×になるところが正しい合わせ方になります。これはかなり難しいのですが叩く前に手で目打ちを持って印をつけてみると上手くいきます。

a0228364_21410111.jpg

ここから長い幅のヨーロッパ目打ちに切り替えして穴を開けていきましょう。
×のところは別に打ち抜いてもかまわないと思うのですが、印だけにとどめて次の穴から打ち抜いたほうが綺麗だと思います。
多少印の跡が残りますがぬい終わると気にならないので僕はこうしています。

こんな感じですね。
a0228364_21425155.jpg
それで縫ってみます。
a0228364_21434255.jpg
ほんの少し×がズレたような気もしますが上手く縫えていると思います。
ちなみにこの×は菱目打ちも同様で、菱目打ちは刃先が点な分かなり正確に打てます。

とここまでが良い例です。
次に悪い例です。
一点だけ気をつければ大丈夫です。
a0228364_21470880.jpg
気をつけるのはここだけです。
手書きで失礼。この差です。
a0228364_21510329.jpg
それでは縫ってみます。
a0228364_21515353.jpg
コーナーの穴が見切れてますし、上手く斜めステッチになっていないです。

非常に簡単な事ですが重要な点だと思います。良かったら参考にしてください(^^)

あっそうだ!
日本製の火打ちのヨーロッパ目打ちには6T Leather worksさんのヨーロッパAwl、本当にぴったりです。抜けも良いですよ。
a0228364_21555292.jpg

次にフチ捻の加工です。
最近のことなんですが、日本の火打ちのフチ捻を買うとこれが新品状態なんですが、全く溝がないと言って良いほどなんです(^^;)
ちょっとピンぼけで失礼。
a0228364_21580063.jpg
それを加工していくのですが、どうも言葉では説明し辛くてなんなんですが、コバのフチをちょっと立たす。ような形に加工してます。これは多分五助屋レザーさんのところもそうだと思いますし(実際には見た事ないから作品をガン見して想像で加工しています。)、6T Leather worksさんのエッジクリーサーにも似た構造です。フロンティアさんの押し捻はフラットなんですが、6T Leather worksさんのエッジクリーサーはちょっと構造が違うんです。

加工する際一番大変なのは、火打ちだからとにかく硬いんです。かなりの労力です。商売にするには割りが合わなすぎるのでやりません(^^;)
実際に使ってみるとこんな感じです。
a0228364_22103037.jpg
写真が下手過ぎる(笑)

このフチ捻は佐賀県の革仲間に送ります。加工のプレゼントです♪
少々お待ちください(^^)

それと、久々になりますがBASEカートショップに刻印のみですが在庫追加をいたしました。
a0228364_22162954.jpg

a0228364_22163047.jpg
検品終了後に在庫追加していますので安心してご使用ください。また、端切れのあくまでおまけではありますがスタンピングやカービングにもっとも適したハーマンオークツーリングレザーに刻印の試し打ちをしたものを同封しております。よろしければ革の質感もお楽しみください(^^)

おまけ♪
最近これにハマってます。
近所のセブンイレブンで買い占めてるのは僕です(笑)
a0228364_22172864.jpg
最後に、僕はここ最近の各地で発生している自然災害に心を痛めています。異常な事態だと思っています。
サッカーも明るいニュースでとても良かったのですが、その反面災害の現場の情報量があまりにも少なくて、、復旧なんてまだ全然だろうし、今だって避難生活をしている方が大勢いると思うんです。コンビニの募金箱にお金入れるくらいしかできないのですが、どうかご無事でとお祈りします。

あと、五助屋さん頑張って!色々とできないことが増える分の穴埋めは僕ら仲間に任せておいてください!僕は宣伝くらいかな??あとなんだろう?できることはやりますので言ってください。
ここら辺は恩義ですよね。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2018-07-08 22:44 | レザークラフト | Comments(0)

うなぎの箱♪



こんばんは(^^)

今日は久しぶりにアホなブログです(笑)

今日は本当に暑かったです。食欲も湧かないけど何か食べなきゃと思いながらも、もう外にいく元気がなくて出前のうなぎを頼んだんです。

そうしたらこんなステキな容器でした♪
a0228364_23155752.jpg

当然プラスティックなわけです。
a0228364_23164918.jpg
だから裏側がこんな感じです。

こいつはいける!と思って切り抜き、
a0228364_23175500.jpg
濡らした革の上にのっけてモデラーで擦って転写。
a0228364_23185874.jpg
もうちょっとちゃんと転写すれば良かったのですが、この線に従ってカット、
a0228364_23200870.jpg
カットしなくても良かったかな?

それで縦線の入ったベベラを打ち込むと、、
うん、できた(笑)
a0228364_23211639.jpg
ただ実践では使えないですね。
透明じゃないので位置を合わせる事はできません(^^;)
透明ならいけるかも?

以上です(笑)

[PR]
by tkanno4649 | 2018-07-02 23:12 | レザークラフト | Comments(0)

ご無沙汰しております。


ブログのほうすっかりご無沙汰しておりました。前回のブログに書いたとおり、ほとんどのレザークラフト活動をおやすみしていたため、ブログやFacebookへコメント頂いた皆さんには返信していなかったのですが、全て読まさせて頂いております。
僕を含め家族のご心配や応援のコメントを多く頂きまして誠にありがとうございます。

ご心配をおかけしておりますので少し嫁の病状の報告をさせて頂きたいと思います。
あれからありとあらゆる病院を受診したのですが、今のところの結果として「原因不明の痙攣」というのが現状で発作的な痙攣を防ぐお薬を処方して頂き通院を続けています。このお薬は飲み始めて数ヶ月しないと効果がでないとの事だったのですが、ここのところ突発的な痙攣発作はでておらず、日によって多少身体の震えがでる感じまで軽快しています。
完治を、、と強く思っていたのですが、これは諦めないといけないようです。でも完治しない病気ってありますよね。
ここ最近の嫁の様子をみていると、完治は望めなくとも徐々に病状が軽快していっている実感があります。
今まで心身共に苦労をかけていたので労らなければですね。

嫁のほうは数ヶ月前から回復してきていたのでブログのほうくらいは再開していこうと思っていたのですが、実は僕のほうも、、、
ご心配くださって頂いた方も多かったので気を付けていたのですが、、
実を言うとブログを書こうにもネタがなかったので書けなかったんです。
つまり何も作っていなかったんです。正確に言うと全く制作意欲が湧かない、、
今年のWORLD LEATHER DEBUT の作品も作れませんでした。
日中は怠いし、眠いし、頭が回らないし、精神的に参っているのか?なんて思っていたのですが、嫁がここ数ヶ月凄くイビキをかいて寝ているというんです。それでスリープクリニックを訪ねてみました。
まずは自宅で簡易検査、結果は中程度の睡眠時無呼吸症候群。次に病院に一泊しての精密検査、「重症の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome)」との診断をうけました。
a0228364_21391934.jpg

しかし睡眠中のレム睡眠時間が0分って、、
4時間30分の睡眠中、睡眠がとれているのが30分という恐ろしい結果、、
床についても夜中ずっと運動しているのと同じ状態だったということですね。。
a0228364_21394737.jpg
これじゃ制作意欲どころか日常生活がまともにできなくても当たり前ですよね。車の運転も少し怖かったので当然バイクに乗って気晴らしを、なんてこともできずにいました。

診断の結果、「Continuous Positive Airway Pressure」、頭文字をとって「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法」という療法で治療していく事になりました。簡単に言うと睡眠時、鼻にエアマスクをつけて空気を送り続ける事で気道を確保するという治療です。

でも、ご心配なさらないでください。今僕自身とても安心しています。
なんでかというと、自分の中で勝手に介護うつ状態なのでは?と深刻に悩んでいたからです、、
原因が分かり、治療方法が分かり、この治療を行なっている事によって今は劇的に目覚めが良くなり日中頭も非常にクリアーです。

あとは生活習慣の改善ですね。肥満の改善。根本的な治療はこれです(^^;)

かなり長くなってしまいましたが中間報告でした。皆さんご心配本当にありがとうございます。
少しずつではありますが中断しているレザークラフト活動も再開していきますので今後ともよろしくおねがいいたします。

I suffered from sleep apnea syndrome. But I am receiving precise treatment. I am fine now. Thank you for worrying about me.

話がガラッと変わります。
レザークラフトに関しては作品を作っていないからネタはない、と書きましたが記事にしたい事はあったんです。
ブログで知り合ってからもう7年越しでしょうか?佐賀県のレザークラフト仲間と遂にお会いする事ができました。
何度か僕のブログでもご紹介しましたST工房さんです。
ST工房さんはレザーカービングのセミナーに参加するため東京に来るとの事だったので、これはチャンスだ!と思い会いに行きました。
セミナーでは岡田明子さんと少しお話しができたそうでとても嬉しかったそうですよ♪
2人で五助屋レザーさんの工房に襲撃計画もあったのですが次回よろしくお願いします!
a0228364_20132422.jpg
以前ST工房さんのBASEショップでラウンドファスナーのミニウォレットを購入させて頂いたのですが、ST工房さんのカービングはとにかく繊細で美しいです。
a0228364_20200179.jpg
図案描きなんて僕より格段に上手です。
a0228364_20204042.jpg
一緒に浅草橋周辺を散策してきましたよ♪
a0228364_20132506.jpg

a0228364_20132651.jpg
本当に夢のような時間でした。レザークラフトを続けていればまたお会いできると信じています。引き続きよろしくお願いします!!
お互い飲み屋で語った野望は次回会うまでに達成しましょうね(笑)

いつもお世話になっているレザーメイトさとうさんで色々と良さそうな物が売っていたので買ってきましたよ。
a0228364_20330597.jpg
少しずつレビューしてみようと思いますが、密かに良いと思ったのは新商品のクラフト社の極細手縫い針(長さ5.5センチくらい)です。普段メリケン針(4.5センチくらい)の先を丸くして使っている僕にはちょっと長いかな?と思いましたが小さい穴を開けて細い糸を使う際に活躍すると思います。

そしてここからは僕がついつい無駄に買ってしまう高級ツール(笑)
まずはチャック・スミスのスーベル ナイフのボディー。
a0228364_21222313.jpg
チタニウムブロンズコーティングです!
文句なしに使いやすい。そしてカッコいい。
こういう海外製の工具で間違えなく良いものを手にすることができるのはもちろんみなさんもご存知のL.L.TOOLSさんです。レフティーさんがいなかったらバリーキングなど海外製のシェリダンスタイルカービングの刻印などは日本では入手困難、現地の情報も凄く遅れたものになっていたのは明らかだと思うので、以前スタジオタックから発売されたシェリダンスタイルの参考書で紹介されていなかったのは本当に残念でした。

で、
高いものはそれなりの価値がある。。という今までの僕の固定概念を根底から覆してくるトルトキツール(韓国製)のヨーロッパ目打ち、、
a0228364_20435927.jpg
穴が均等に空かない、、
a0228364_20435988.jpg
そして、デザイン重視のせいか?なんだこりゃ?という構造、、
a0228364_20495593.jpg

刃物の館やすらぎ工房さんにお願いして見事に直していただいて本当に安心しました(^^;)
いつもありがとうございます。

あとはクラフト社、協進エルからいきなり新発売された中国製の高級ツール。
FLINT LEATHER TOOLS(クラフト社)とSINCE LEATHER社(協進エル)
SINCEは随分前からレザークラフトフェニックスさんで取り扱いがあったので皆さんもご存知だと思います。
a0228364_20593643.jpg
機能やデザインなんかについては言いたい事もあるんですが、基本的に出来は良いと思います。ヘリ落としは刃が薄すぎてちょっと、、とは思うのですが、なかなかの切れ味ですよ(日本の刃物と比べちゃダメですよ。日本の刃物は格が違います。)。

時代なのでしょうか?中国製ってもう侮ってはいけないです。なんでそう思うかと言うと作品自体も、中国のクラフトマンの技術の向上が物凄いんです。今年のWORLD LEATHER DEBUT の結果なんてみれば分かりやすいんです。
a0228364_21043473.jpg
アメリカは抜きにして、日本、台湾、中国で比較すると中国勢の圧勝です。去年は並んでいたと思います。
物作りには国とか政治なんて関係ないからただただ素晴らしいとしか思えないです。

かと言って僕も物作りに関しては日本人として負けたくないですね。

最後に、
最近新しくでた協進エルの新しいカタログ!
物凄く内容が変わって充実したものになったと思います。これは是非手にして欲しいです。
a0228364_21292181.jpg
表紙のカービングを見ていて思ったのは、何事も発展の原点は子供達の興味なんだということです。
レザークラフトが子供達の憧れの趣味であったり仕事だったりする時代がくると嬉しいですね(^^)

久々のブログ、かなり長くなり失礼しました。


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2018-05-29 22:23 | レザークラフト | Comments(18)

暫くの間暫くの間営業休業いたします。(絶対辞めはしません。)

暫くの間営業休業いたします。(絶対辞めはしません。)

こんばんは。
暫くの間ブログやFacebookの更新をしていませんでした。
Facebookのほうでは少し書いたのですが、我が家、親族の健康状態が非常に悪いです。
親族も心配ですが、1番の心配は嫁です。
実は昨年末より体調が良くなく、遂には1月13日に原意不明のけいれん発作をおこし救急搬送されました。
それからというもの色々原因を調べるべく病院通いを今でも続けているのですが、大問題なのは未だに原因がわからず少し家事をやったくらいで、いや何もしてなくても突然のけいれん発作をおこしたりしています。はっきり言って今のところ嫁を休ませる事以外できない状態で僕自身は嫁から目が離せない、家事は全てやらなくてはいけない。という状況です。
主婦の月給は30万円というのを聞いた事がありますが、30万円じゃ足りないな、、と実感しています。

原因が分からないというのは本当に先が見えず辛いです。

今の状態だと僕は革に集中する事ができません。疲労困ぱいで作業をする気すら起きないというのが正解かもしれません。

今のところ家族との話し合いで共倒れだけは避けようという事で少しでも僕の負担を減らす手立てを検討している最中です。

何月から再開というお知らせもできず、大変申し訳ありませんが長期的に休業させて頂きます。
できなくなる事を書かせて頂きます。

1 オーダーメイド
2 レザークラフト教室
3 刻印等工具の入荷
4 レザークラフト関係のメールへの返信
5 Facebookへの投稿、コメントへの返信

大変申し訳ありません。ほとんどできない状況です。ただし、現在BASEで販売中の刻印等は在庫限りですが販売、発送させて頂きます。

仕事、仲間は凄く大切です。でも、1番はいつも陰ながら支えてくれている嫁です。
そんな嫁が苦しんでいる中、僕だけがレザークラフト、仲間との交流を楽しむ事ができません。大変わがままな話だと自覚していますが、ご理解頂ければ幸いです。

いつになるやら分かりませんが必ず良い方向へと向かっていくに違いありません。
そして僕は絶対にレザークラフトを諦めません。
皆様の健康をお祈りしております。たまに皆さんのブログやFacebookをのぞいたりはしますので素晴らしい作品を見せてください。そうしたら僕も元気がでます。

Handmade leather goods t.kanno
菅野智宏




[PR]
by tkanno4649 | 2018-02-04 21:07 | レザークラフト | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> dworksさん ..
by tkanno4649 at 20:58
なるほど!グルーバーで溝..
by dworks at 01:33
> ぽん太郎さん コメ..
by tkanno4649 at 22:38
先日、BASEから刻印を..
by ぽん太郎 at 22:08
> D.worksさん ..
by tkanno4649 at 01:44
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。