人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

2019 Would Leather Debut 製作記録(最終回)



こんばんは(^^)
福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

前回の続きです。

実は当初の予定だと全体的に黒ではなくナチュラルな色合いのウォレットにしようと思い、事前に薄く漉いてもらったハーマンオークツーリングレザーを確保していたんです。
これはネットで購入、カービングを入れる厚めのハーマンオークツーリングレザーは地元のひまわりさんで購入したものでした。
なんですが、個体差が激し過ぎて併用できなかったんです(^^;;

それで内装やウォレットホルダーでカービングなしのところは急遽黒のサドルレザーにしました。
ハーマンオークツーリングレザーを購入しなおそうと思ったんですが、ショップはやっているものの漉き屋さんがGWの10連休休みで入手できないという、、
元厚5ミリでガッチガチのサドルレザー半裁で薄いパーツを作る事になったんですが、いきなり1ミリ厚に漉いたりするのは無理です。。包丁で荒く漉いてからです。
この包丁は少しずつ荒く漉きができるように形状を考えてやすらぎ工房さんでカスタムしてもらったものです。
a0228364_05403641.jpg

綺麗に漉く目的ではなく少しずつしか漉けなくする事で革への抵抗を減らし軽い力で漉くのが目的です。
a0228364_05403677.jpg
今回の製作でもっとも大変だったのは漉きだったような気がします。
大きな買い物袋2袋分漉きました。

ウォレットホルダーも途中経過がほとんどなくて失礼。
穴あけはアーミーロークのヨーロッパ目打ち(3.85mm)です。
最初から鏡面仕上げしてあるお陰で叩いて革から抜く時抵抗なくスッと抜けるのが良いですね。
抜けの悪い目打ちだと、引き抜くの際に、一回木槌を置いて両手で目打ちを引き抜き、また木槌を持って次に進むって事になると思います。
これは物凄く効率が悪いのと毎回木槌と目打ちの柄の持つ箇所が変わって力加減が変わるので穴が均一にならない原因になると思います。
目打ちと木槌を離さなくても小指で革を押さえる程度でスッと目打ちが抜けるのがベストです。
アーミーロークとユーフェンのヨーロッパ目打ちは加工なしで可能ですよ(^^)
a0228364_05403715.jpg

ウォレットホルダーの本体の手縫いです。
a0228364_05403995.jpg

コバのチリ落としはラウンドナイフを使う事が多いです。
これぞまさに鏡面仕上げ!
a0228364_05403854.jpg

この後、最後の最後で致命的な金具の取り付けミスがあり一回挫けました。
とりあえず一晩寝て復活してからどうやって誤魔化そうか?と考えていたんですが、ミスったパーツは全部バラして作り直しました。

なんとか頑張りウォレットホルダー完成です。
a0228364_06141343.jpg

さぁ、ウォレットを入れたらフラワーが見れるようできたのか?

まぁ、だいたい思ったとおりで安心しました。
こう見るとウォレットホルダーの右下の部分が細い感じですが、なかにニトフロンテープを何重にも貼っているので切れる心配はありません。
a0228364_06155962.jpg

これでやっと完成です。
a0228364_06180452.jpg

締め切りギリギリだったので急いでこの作品の説明をするための写真入りのパンフ的な物を作ってから写真を凄く取ってから梱包、郵便局へ、、
例年お約束なんですが、郵便窓口でこの内容物はアメリカに送って大丈夫なのか?についてを一生懸命局員さんに説明。
革製品(牛革)って書いても、これは輸出可能な革なのか?なんて言うところを説明しきれないと荷物の受付してくれないんです(^^;;
革の原産国は?と聞かれればアメリカと答え、牛革って輸出禁止項目に入っているのかな?調べてみます。なんて言うレザークラフトをされている方なら常識的な事を一生懸命説明します。僕もレザークラフトを始める前はこんな感じでしたから気持ちはわかります。
以前の伝票を見てもらって毎年送れて届いてますと説明すると比較的スムーズにいきますね。
スムーズといっても受けってくれるまで20分くらいはかかりました。

本当に行きの便はスムーズですね、、ギリギリでしたが無事に届きました。
あとは無事に帰ってきて今年のWorld Leather Debut は終わりですね(^^)

賞は獲れなかったのですが、国内外問わず多くの方からお褒めの言葉を頂きとても励みになっています。
来年も頑張ろうという意欲も湧きました。ありがとうございます(^^)

長くなりましたが以上で2019Would Leather Debut の製作記録は終了です。

頑張ったで賞として嫁がビンテージ刻印の購入してくれました。60年代の通常刻印なんですが、一本一本がバリーキング刻印より高い感じです。持っているだけで名誉な刻印ですよ。届くのが楽しみです^_^

BASEショップのほう、品切れが多いのですが既に注文済みで来週には届くと思います。今回はマットスタンプの1番大きなタイプもラインナップに加えるよていです。今しばらくお待ちください(^^)

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods 
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""


↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

by tkanno4649 | 2019-05-29 05:37 | コンテスト | Comments(0)
<< 頑張ったで賞 2019 WOULD LEAT... >>



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> シマンさん こんば..
by tkanno4649 at 23:17
全く別件で失礼します。 ..
by シマン at 23:09
> angieさん 塗..
by tkanno4649 at 05:56
油性マジックとはナイスア..
by angie at 15:52
> angieさん シ..
by tkanno4649 at 00:11
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。