人気ブログランキング |

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

カービング終了!コバ磨き!ギター!

こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、少しずつ続けていたカービングが終わりました。
前回も書きましたが何かに使うものではないので飾りですね。
a0228364_01090156.jpg

カリフォルニアスタイル、、明確な定義は?なんて言われると答えられないのですが、このスタイルがある事じたいは確かでそれらの特徴が散りばめられているのでそう言っても良いんじゃないかな?と思います。
スタイルなんていうのは結構曖昧ですよね。

アップの写真です。
なんと表現したら良いのでしょうか?オールドテイスト、ウエスタンといった感じで個人的には好みです。
リフターは使っていませんが花や葉のヒラヒラ感を上手く表現できました。他にも花の形やツルの流れなど今回のカービングから得るものは大きいと思います。寄り道って良いですね(^^)
a0228364_01140159.jpg

a0228364_01155396.jpg

a0228364_01155463.jpg

あと今回のコバ磨きは前にもやった事があるんですが、マジックインキを使う方法です。
なんとなく適当に考えた方法なんですが、油性なんで感覚としてはアルコール染料で染めてからコバ処理剤で磨く感覚です。

僕なんかの年代の方々はみんな知ってると思うんですが、若い方は知ってるのだろうか?と思うほど昔っからある油性マジックです。
a0228364_01212996.jpg

革にも使えるって書いてありますよ♪
a0228364_01212960.jpg

それではコバ処理を♪
今回使ったヘリ落としはオズボーン社のエッジカッターです。先端の構造を加工してます。
あと最近のオズボーン社の刃物は本当に刃がついていないのでしっかり研いであります。

a0228364_01245595.jpg

このヘリ落としはちょっと面白い構造で、両刃なんですよね。裏も表も丸く窪んでます。
1番幅の狭いものでもこんなごっそり切れる感じです。
a0228364_01264708.jpg

すでに丸みがついていると思うんですが、厚物でごっそりヘリを落とすとコバが丸くなる感じです。
a0228364_01245729.jpg

ヘリ落としでごっそり取れる感じで、かつ切れ味が良いとなると最近五助屋レザーさんのショップで取り扱いが始まったSINCEのヘリ落としなんかが気になりますね。SINCEの方は裏が平らなようですが、2番あたりだとこんな仕上がりになると思いますよ。

次に軽く水磨き(本当に少しだけCMCが入ってます)
a0228364_01364678.jpg

乾いたらマジックインキ(茶)を塗ります。
筆を使う必要もないので扱いやすいです。
a0228364_01395820.jpg

乾いたらトコノールをつけて布磨きです。
a0228364_01405150.jpg

なかなか良いんじゃないでしょうか?
a0228364_01414913.jpg

今回は久しぶりにエッジコートで仕上げてみようと思います。
エッジコートはいわゆる顔料系のコバ処理剤でその中ではちょっと弱い方だと思うんですが、盛る感じじゃなくて染み込ませる感じなので扱いやすいです。塗る量は軽く2周まわす感じでしょうか?

ピカピカですね。良い感じに仕上がりました(^^)
a0228364_01430788.jpg

正味30分くらいの作業だったと思います。僕はコバ処理にあんまり時間をかけないです。トコノールのみっていうほうが多いくらいですよ。
現在は散々試して一周回ってトコノールに落ち着いている感じです。トコノールは優秀ですね。
a0228364_01453961.jpg

最後にギター、、
新しいのを一本買おうと計画して一本手放したんですが、安物買いの銭失いはしたくないし、、かと言って上を見るとキリがない(笑)

だったら作るか、、という事で明日からテレキャスを作ってみます(笑)

たまにやる木工は楽しいんですよね(^^)

最近ギターの練習を一生懸命やっているんですが、
何かを弾こうと思ったりするとなんとなくTab譜に起こしてみます。指の運びやすさとか考えたりすると色々と変えようがあると思うんです??こういう感覚で良いのだろうか?
a0228364_01580628.jpg

こんな事もよく分からないんですがYouTubeで手元をガン見したりしてると、なるほど!なんて思って実際にやってみるとやっぱり効率的ですし音の繋がりにも無理がないですね。

打ち込みのギターのところを消して曲に合わせて弾くと楽しいです。

a0228364_02004647.jpg
TOTOのChild's anthem、ファーストアルバムの一曲目ですね。なんとかオリジナルのBPMでいけそうです。

スティーブ・ルカサーのギター大好きです♪

よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ


# by tkanno4649 | 2019-09-13 01:07 | レザーカービング | Comments(0)

カリフォルニアスタイルカービングの続き(その1)



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速ですが、前回の続きです。
実験というか、初めて彫る花の形ですしスカラップの凹にペアシェイダーを入れたらどんな感じになるのか?雰囲気を確かめるため部分的にカービングしてみました。
想像よりいい感じです(^^)
リフター使ってませんがスカラップのひらひら感がよくでてますね♪
a0228364_21283185.jpg

ボーダーはスーベルベベラを使用。あると便利な道具です。
a0228364_21264842.jpg

途中経過の写真撮り忘れですが、バックグラウンドの手前までカービングしました。
a0228364_21264820.jpg

a0228364_21265028.jpg

バックグラウンドとフィニッシュカットです。
今回のバーグラウンダーはバリーキングの#30です。いつもは#27を使っているのでやや大きめですね。ちなみにSK刻印のバーグラウンダーはバリーキングの#27に近いです。
今回はダイナミックな印象にしたかったのでフィニッシュカットも深めにしています。
(使用刻印は次回書こうと思います。)
a0228364_21265171.jpg

バックグラウンド染色
今回はフィービングのプロダイのサドルタン(旧名オイルダイ)
a0228364_21325944.jpg

こういう感じも良いですね♪
a0228364_21325905.jpg

a0228364_21330067.jpg

その後、ニートフットオイル
結構がっつり入っている印象ですね。今回の革はハーマンオークツーリングレザーの悪いところ(端切れっぽい箇所)の使用でオイルが抜けきってバサバサした感じだったのでちょっと多めにいれました。さじ加減は経験からの感なので説明は難しいところです。
a0228364_21350498.jpg

カービングっていう作業は水分を入れる→乾いてくる→水分を入れるの繰り返しなので製作期間が長いほど油分が抜けてバサバサになっていきます。
あまりに根っこまで油分が抜けてしまった時はピュアホースオイルを下塗りしてからニートフットオイルを入れると浸透率が上がりますよ(^^)
ピュアホースオイルは冬場固体化するので指とかで暖めて液状にして塗ってもカービングの溝に入ったピュアホースオイルが白い塊として残ってしまうことがあります。もしかしたらカービングアイテムには少し不向きなのかもしれませんが、浸透率はニートフットオイルより高いので白い塊ができてもドライヤーてか軽く当ててやると浸透します。僕はこうやってますよ。
a0228364_21350489.jpg

ただいま以下の日程でBASEショップのほうからクーポンが発行されます♪
a0228364_01551632.jpeg
  • クーポンご利用期間: 2019年8月30日(金)0:00 ~ 9月16日(月)23:59
  • BASEショップでご利用いただける5%OFFクーポンをプレゼント!!!
    BASEの80万店舗突破を記念して、5%OFFクーポンをプレゼント!
    商品購入画面でクーポンコード≪shop80thx≫を入力して下さい。


よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

# by tkanno4649 | 2019-09-05 21:24 | レザーカービング | Comments(0)

久々のカービングはカリフォルニアスタイルカービング



こんばんは(^^)

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。
*現在教室はお休みさせて頂いております。

早速なんですが、久しぶりにカービングをしてます。
商品作りではないのですが、随分前から気にはなりながらも手を出していなかった課題です。

THE LEATHER CRAFTERS&SADDLERS JOUNALのおまけでついていた、フェンダーのカービングです。
フェンダーってウェスタンサドルの座面から足を足を引っ掛けるところまでの間にある保護具というのでしょうか?詳しくないのですが、お馬さんが怪我しないように守る為のパーツなんだと思っています?
これは前に作ったミニチュアのサドルですが随分いい感じにエイジングしてますね♪
まさにハーマンオークツーリングレザーのエイジングという感じの飴色を通り越した赤褐色です。
a0228364_00310686.jpg

このパーツですね。
フェンダーって聞くとどうしてもギターのフェンダーが頭に浮かびます。
もしかしてこのフェンダーの形がギターヘッドに似てるからフェンダーってメーカー名になったのか?!と思って調べてみたら、創業者がフェンダーさんという、、そりゃそうだって感じでした(笑)

それで、今回参考にしたのはTHE LEATHER CRAFTERS&SADDLERS JOUNALのバックナンバー、
a0228364_00354769.jpg

2007年の1月/2月号です。
2ヶ月に1回発行される雑誌ですからね。
僕は定期購読しているので時期がきたら自動的にアメリカから送られてきます。
a0228364_00373608.jpg

このブログでも何回か言っていますが、カービングする方は必見だと思っています。
僕も全ての英文を読んだりはしていません。というか、できませんので写真を眺めてる感じです。
Don Bulter氏のウエスタンサドルです。
最強にかっこいい、、
a0228364_00425428.jpg

a0228364_00443312.jpg

こんなステキな雑誌なんですが、色んなアイテムの作り方も載ってます。この号は斧のケース、チャップス、ベルト、ギターストラップなどなど盛りだくさんな内容です♪
あと毎回カービング図案がついてきます。
という事で今回はその図案でカービングしようと思った訳です。
書いてはなかったのですが、恐らくこういう図案をカリフォルニアスタイルカービングと呼ぶのだと思います。
a0228364_00470699.jpg

日本だとカリフォルニアスタイルカービングってシェリダンスタイルカービングに比べて極端に情報量が少ないから貴重な資料です。
多分ですいませんが、シェリダンスタイルカービングより歴史があると思います。

制作、解説者はJesse Smith 氏、
2001年のAl Stohlman Award 受賞者です。ちなみに2013年は岡田明子さんが受賞されています。年に1人世界でレザークラフト界の発展に貢献された方が受賞される最も名誉ある賞です。
腕はもちろんですが、岡田さんの講習会に行った方、お話した方は分かると思うのですが、お友達増えるしレザークラフトがより楽しくなりませんか?
貢献っていうのはこういうことなんだと思います。

それで今回の課題、、結構難しいと思うのですが解説が2ページしかなくキツイです(^^;;
a0228364_00492553.jpg

a0228364_00510411.jpg

刻印は書いてありますが、ベベラはメッシュ入り?若しくはプレーン?ペアシェイダーは?とかが全く分かりません。写真みても英文読んでも分かりませんでした。。
a0228364_00510531.jpg

正確には分かりませんが、この写真の印象でなんとなくプレーンの刻印が多く使われているのでは?と思ったので、自分なりの刻印のチョイスで頑張ってみようと思います。
一つだけはっきりしているのはスカラップのある花や葉なので当然リフター(アンダーショット)は使うだろうと思っていたのですが、リストにはありません。
完成図を見ておもしろいのは、シェリダンスタイルだとリフターを打つ凹の部分にペアシェイダーを打っているんですね。
スカラップとは、、グーグルで調べてみるとこうでます。その通りですね。
a0228364_01103557.jpg

それで実際のほたて貝の構造ってどうなってるんだ?と調べてみたんです。
無料画像からの転用ですが、
a0228364_01152748.jpg
あ〜、なるほど。確かに凹の部分がへこんでいますね(このイラストだと下の貝の水色の箇所)。

未体験ながら頑張ってみます。
カービング開始です!
先ずは水を入れて
a0228364_01164959.jpg

トレースと転写
a0228364_01191406.jpg

a0228364_01191530.jpg

カット
a0228364_01195485.jpg

a0228364_01181790.jpg

今日はここまでです。

シェリダンスタイルカービングは花や葉の周りをツルがサークルを描き、それが途切れなく続いていくという、花や葉の美しさに加えツル美しさも印象的なのに対し、
カリフォルニアスタイルカービングというのはスカラップが特徴的な花や葉で構成されるシェリダンスタイルの源流のようなフォルムでありながらも図案全体でみると唐草模様(トラディショナルフローラルカービング)のように花や葉が大きく目立つ感じ、またところ狭しと花のツボミがギュッと密集している感じで場所によってはこのツルはどこから生えてきたの?みたいか箇所があると思います(この図案だとスタート地点が1番分かりやすいですかね?)。

古きを知り、新しい事に活かそうという意気込みで頑張ってみます。

ただいま以下の日程でBASEショップのほうからクーポンが発行されます♪
a0228364_01551632.jpeg
  • クーポンご利用期間: 2019年8月30日(金)0:00 ~ 9月16日(月)23:59
  • BASEショップでご利用いただける5%OFFクーポンをプレゼント!!!
    BASEの80万店舗突破を記念して、5%OFFクーポンをプレゼント!
    商品購入画面でクーポンコード≪shop80thx≫を入力して下さい。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

# by tkanno4649 | 2019-08-31 00:18 | レザーカービング | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん シ..
by tkanno4649 at 00:11
シーダー打ちはすごい苦手..
by angie at 21:39
> angieさん い..
by tkanno4649 at 19:59
すみません。移転のご挨拶..
by angie at 19:50
> シマンさん ありが..
by tkanno4649 at 23:18
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。