俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:BASEカートショッピングサイト ( 17 ) タグの人気記事

Handmade leather goods t.kannoレザークラフト教室開講のお知らせ♪

引越し完了からちょうど1ヶ月が経ちました。
引越しの理由の一つとして教室を開催するという目的があったのですが、、一時諦めていた2015 WORLD LEATHER DEBUT 用の作品を作り出したので教室の準備が大幅に遅れてしまいましたσ(^_^;)
作品はすでにシェリダンに到着したようです。イベントは5月14日からです。ドキドキしますね。短期間ではありますが僕なりに本気で作りましたので、、
マスタークラスのクラフツマンのジャッジを受けて順位が決まる。こういうのって燃えます。
コンテストでカービングを見てもらえるのって初めてです。凄く嬉しいです。以前のコンテストではカービング嫌い、、ってバッサリ切られましたし(笑)

脱線しました話戻します。

教室の準備をしているのですが工房が何故か片付かないんです??

片付けては物を作って散らかし、また物を作っては、、という繰り返しと言うのもあるんですが本当の理由は単にビビっているだけなんです、、

とにかく日付けを決めてしまえば後はどうにかなるだろう!と思い開講日を決めました(^_^)v

Handmade leather goods t.kanno
レザークラフト教室・1日クラフト体験

【開講日】平成27年6月1日(月)
【教室予約開始】平成27年5月28日(木)

です。
詳細はこちらのホームページをご覧ください♪
ホームページリンク(レザークラフト教室ページ)

ちょっと興味がある初めての方をはじめ、がっつり本格的なレザーアイテムを製作したい方、皆様のペースに合わせてレザークラフトを楽しんで頂ける雰囲気作りを大切にしたいと思います♪

ここで大活躍のかなり頑張って作ったウエルカムサインとかなり適当に作った工房の看板(笑)
a0228364_21534199.jpg

レザークラフトは皆さんが思っているより簡単です。難しいだろうな??と構えなくても大丈夫です♪

1日クラフト体験ではこちらのアイテムを作って頂こうと思います。

キーホルダー
a0228364_21534717.jpg

4つボタンコインケース
a0228364_21534861.jpg

どちらも簡単に作れるアイテムです。
こちらのアイテムに自分のイニシャルやお好きなスタンプもできます♪
a0228364_21534876.jpg



まずはお気軽にお問い合わせくださればと思います(^_^)v

話は変わりましてお手軽にカートショッピングが楽しめるBASEショップサイトのお話です♪
Handmade leather goods t.kanno BASEショッピングサイト

BASEショップサイトでの新商品はイタリアンレザーアイテムを中心に展開していこうと思っています。
今回のニューアイテムは全て品切れになってしまった4つボタンのコインケース
a0228364_21534287.jpg

今回はいずれもイタリアのベジタブルタンニンなめし革協会お墨付きの「シエナ」、「イングラサット」、「ブッテーロ」という革を使用しています。
ブッテーロのアイテムはこれでラストです。

あと以前作り置き、、と思いながらもちょっと納得がいないかなくて飾っていた僕には珍しく黒と赤で染色したシェリダンスタイルカービング入りのロングウォレット♪
イタリアレザー中心とさっき言ったばかりなのにバリバリのアメリカン(笑)
a0228364_21534325.jpg

内部はバスケットスタンプで装飾しています(^_^)v
a0228364_21534498.jpg


それとシエナナチュラルで作ったシンプルなロングウォレット♪
a0228364_21534486.jpg

こちらはもしかしたら販売前に売れてしまうかもしれませんσ(^_^;)

おまけ♪
革包丁を久々に研ぎました。
a0228364_2153459.jpg

やすらぎ工房さんで本研ぎしてもらったので切れ味が落ちたな?と思ったときマメに6000番の砥石で軽く研ぐだけで復活します。
a0228364_21534660.jpg

表は真っ直ぐではないです。かといってかまぼこ刃でもありません。
はまぐり刃です。僕にはできませんがやすらぎ工房さんで本研ぎをして頂くとこの形です♪

あっ!そうだ!
やすらぎ工房さんで教えて頂いたのですがTwin Bottle Leather Tools製のラウンドナイフやヘッドナイフ。
切れすぎてカッターマットに食い込む時ありますよね。
a0228364_21534938.jpg

こんな感じで小指をカッターマットに当ててガイドにすると上手くいきますよ♪
やすらぎ工房さん情報でした♪

あとよく迷う端切れ、、
a0228364_21534694.jpg

どこまでを取っておこう、、まだこのまま作業台の上に乗っかっております(笑)

今日はこんな感じです(^^)/~~~

教室開講に伴いホームページリニューアルしました。よろしければご覧ください♪
Hand made leather goods t.kanno

[PR]
by tkanno4649 | 2015-05-11 20:43

ラウンドファスナーウォレットのコツと淵のぼっこし( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

蒸し暑いですね、、福島市は盆地なので不快指数半端じゃありません(^^;;
クーラーない寝室で寝るのはもう無理だと思って作業場に布団ひいて寝てます(笑)

今オーダー品のカービングベルトに取り掛かっています。
今回はコンパスとか使ってもどうもキレイな図案が描けなかったので、それだったらフリーハンドだ!
と思いまして、、
a0228364_2317737.jpg

ダメダメですね、、曲線が不自然(^^;;
a0228364_2317856.jpg

途中まで練習で彫ってみたんですがなんだか乗り気になれず放置状態です。まだ僕にはフリーハンドなんて早いんですね、、
図案集でもっともっと練習したいと思います!

それで本題ですね。。いっぱい写真撮りながら作業したので、今回の記事はかなり長くなると思います(^^;;

まずはラウンドファスナーです♪
色々と皆さんに教わったり、前回作った物の反省点を踏まえて今のところ僕の中ではベストだと思っている方法です。

とりあえず完成写真を♪
a0228364_23173082.jpg

a0228364_23173055.jpg

それではファスナー取り付けの手順です。色々と方法はあると思うので参考まででよろしくお願いします。

1 革の切り出し
どんなにファスナーを上手く取り付けても土台(革)が精確に切り出せていないと最終的には財布自体がよじれます。

なので、表面の革を半分に折って左右のRの部分、直線の部分をヤスリで削るなどして整えます。
a0228364_23175810.jpg

その次に表面にくる革とファスナーを取り付ける土台になるパーツを片面だけ軽くボンドで貼り合わせます。

その際表面にくる革と土台を貼り合わせる向きが上下逆にならないよう印をつけておけば良いと思います。今回は◯×にしました。縫い合わせる時◯どおしを合わせて縫えば良いと言うことです。
a0228364_23175949.jpg



a0228364_19411247.jpg

土台になる革を表面にくる革に合うよう整えます。

a0228364_23175892.jpg



2 穴あけ
仮止めをした状態で穴あけをします。
その際、両端の始点と終点が写真上部から同じ距離になるよう精確に印をつけます。
この寸前は反対側も同じ距離にしてください。今回は71.5mmでした。
a0228364_23175290.jpg

表目に印が出るよう目打ちを貫通させます。
a0228364_23175356.jpg

これで始点と終点が決まりましたので、ネジ捻等で印をつけて菱目打ちで穴あけをします。この際始点と終点になる所をまず開けてから全体の穴あけをしてください。
a0228364_2326964.jpg

垂直に菱目開けると裏面もズレません。
a0228364_23262250.jpg

菱錐で貫通させて穴あけが完了しました。
a0228364_23264228.jpg

表目とファスナーを取り付ける土台の革はちゃんと合っているので表目もコバからの穴の距離が合うはずです。
a0228364_23175416.jpg

続いて反対側も同じ要領で穴開けをします。先ほども言いましたが始点と終点は同じ距離にしてください。今回は71.5mmです。
これで半分に折った時上部と下部の始点と終点が合います。
a0228364_23175659.jpg


穴開けが終了するとこのような状態になると思います。
銀面
a0228364_23175779.jpg

トコ面
a0228364_23175756.jpg


3 コバ処理
貼り合わせた後にコバ処理できないのでこの段階で処理します。
細かなところですが、下の写真の部分は完成した時見える部分なので僕は磨いています。
a0228364_2317593.jpg

表目の裏側も縫い位置によってですが若干見えるのでちょっと内側も磨きます。
a0228364_2318069.jpg

ここは単なる拘りなので普通にヘリ落とししてトコノールなどで磨けば良いと思います。

4 ファスナー作り
ファスナーの長さの決め方なんですが今回は型紙を元に外周(半分)を計ったら約30cmだったので財布の内側に入る分を考えてプラス2cmとりました。
この計算は僕がいつもやっている方法で参考書などで知った方法ではありません。
ファスナーの始まりと終わりは財布の内部に隠れるので多少長く取る分にはいいのですが、短いとダメなので不安だったらもう少しプラスすれば良いと思います。
ちなみにファスナーの長さは金属の部分の長さです。
ファスナーのこちらは真っ直ぐ取り付ければ問題ないと思います。
a0228364_2318192.jpg

ただし、反対側は正確にに取り付けてください。
a0228364_2318136.jpg

止めを付ける前はファスナーの構造上爪がズレています。
なので止めはこのようにすれば良いと思います。今回の様な場合は右側の止めと爪の距離を少し広めにとります。
a0228364_2318296.jpg

閉めた時この状態だとバッチリです。
a0228364_2318211.jpg

最後にファスナーを半分に折ってファスナーの両端に印をつけてください。

5 ファスナーの取り付け位置の印つけ
今回はファスナーを2cm出すように作りました。それで使用したファスナーは30mm幅の物を使いました(サイズは5号が良いと思います。)。
なので、前回も書きましたが、
(30mmー20mm)÷2=5mm
なので土台のコバから5mm幅の所に取り付ければ20mmファスナーが見える事になります。
まずはネジ捻等で印をつけてその印の上にマジックとかとにかく目立つもので分かりやすく書けば取り付けやすいと思います。
土台になる革のトコは仕立てた時見えないので大丈夫です。

あとファスナーを取り付ける作業でもっとも大切だと思うのですが、左右のど真ん中に印をつけてください。
a0228364_2318378.jpg

こんな感じで良いと思います。

6 ファスナーの取り付け
多くの参考書に両面テープを使う様な事が書いているを書いてあると思いますが、両面テープだと接着力が弱くて僕は上手くいった事がありません。
僕はダイヤボンドを使っています。かなりしっかり止まると思います。
ダイヤボンドの利点は仮止めの段階だと剥がしやすく圧着すると強力に接着出来ること、粘度が程よく伸びもよく糸が引かないところだと思います。

ボンドを貼る所はファスナーの端と先ほど付けた印の真ん中あたりで良いと思います。
a0228364_2318390.jpg


次の作業が1番大切な作業だと思います。
ファスナーを取り付ける際、まず先に取り付けてるのはファスナーの真ん中に付けた印と土台の革の両端中心につけた印どおしです。
a0228364_2318590.jpg


これは合印と言ってここさえ合っていればと言うくらい大切なところだと思います。

合印のところを接着した後、僕はこの位置くらいまで貼り合わせます。
a0228364_2318442.jpg

次にRの部分に取り掛かる訳ですが1番厄介なところだと思います。
でも、こういう治具を使えば結構楽です。
今回のRは10なのでちょっと厚みのある木などを削ってR10の曲線をつけた下敷きの様なものを使えばいいと思います。
a0228364_231858.jpg

取り付ける時はこんな感じにすれば良いと思います。
a0228364_2318681.jpg


次に菊寄せですね。
これも苦戦するところだと思います。
僕の場合ですが治具に合わせてRの部分だけ残すようにこのくらいまで接着します。
a0228364_2318621.jpg

写真の様に手前にファスナーを倒す様に貼り付けていった方が楽だと思います。
目打ちなどを使ってまずは真ん中をRの中心に一箇所貼り付けます。
a0228364_2318741.jpg

これで2つ山ができるはずです。
この際、ファスナーを引っ張らないと印のところまでこない場合はRの部分の遊びが若干少ないんだと思います。
その際は慌てずRの向こう側に貼り付けたファスナーを一度外してもう一度ボンドをはって調整すれば大丈夫です。
次に両サイドの2つの山を潰す様にとめます。
a0228364_2318747.jpg

これで4箇所山ができます。
4箇所山を潰します。
a0228364_2318888.jpg

これを繰り返すとこのようにバシッと菊寄せできると思います。
a0228364_231887.jpg

それで全ての箇所を張り終えました。
a0228364_2318946.jpg

この箇所がバシッと合っていれば正しく取り付けられた証拠だと思います。
a0228364_231810100.jpg


7 縫い合わせ
内部のパーツを取り付けたあと、先ほど付けた◯×を間違えないように縫い合わせます。内部は接着しないです。
穴空けの段階で穴はバシッと合っているので途中の穴にマチ針の様な感じで2枚の革を固定して縫い合わせていけば良いと思います。
縫い始めはファスナー金具のある方が開きにくいのでそこから縫い始めれば良いと思います。
マチ針は縫い合わせが進んでいけば先にズラすと手縫いの邪魔にならないと思います。
a0228364_23181160.jpg


片方終わりました。
a0228364_23181132.jpg

反対側も同様です。

縫い終わりました。
a0228364_23181270.jpg

なかなか良い感じだと思います♪

すご〜く長くなりましたが、それだけ大変、、という事だと思います(^^;;
自己流のところ多いですが参考までにと思います( ´ ▽ ` )ノ

あと、色々と知恵を貸して下さったLife Tools Studio NOLAさんありがとうざございました!!

あと、ちょっとリクエストがあったので簡単に淵をボッコシさせる方法です。
僕は革漉き機持っていますし、長距離の直線とかは機械に頼るところありますがそれでも小さなパーツは今だに手で漉いたりしてます(^^;;

なるべく多くの工具を使わない手順で解説して見ようと思います♪

今回はコバから3.5mmのとこにステッチを入れる場合です。
あと今回は2mm厚の革でやってみます。
a0228364_23181342.jpg

ゲージは持っていた方が良いと思います。
まずネジ捻等でトコにコバから5mmのところに印をつけます。
a0228364_23181223.jpg

この印から革包丁(別断ちや彫刻刀の平刀でも良いと思います。)でだいたい半分、今回は1mm厚くらいまで斜め漉きします。
a0228364_0122124.jpg


だいたい1mmになりました。これはなるべく均等な方が良いと思います。
a0228364_23181429.jpg


次に革を濡らしてコバから4mmのところにネジ捻をひきます。
a0228364_23181448.jpg

ヘラやローラーで押し付ける様にすると段差ができると思います。
a0228364_23181577.jpg

裏が平らになっていればOKです。
a0228364_0153485.jpg

段漉きじゃなくても大丈夫です。あと、僕も含めてですが、包丁がしっかり研げていればバリは出ませんが僕はどうしてもバリ(コバがバサバサになる)が出ちゃいます。
a0228364_23181612.jpg


とりあえずカッターなどでケバケバなところカットしちゃいましょう。
a0228364_23181665.jpg


ホントは頑張ってバリでないようにするべきですが、今回は簡単にがテーマなので(^^;;

後は乾いてから普通にボンドで貼り合わせてローラーなどで段を崩さない様に気を付けて圧着します。
a0228364_23181778.jpg

この段階でもうかなりボッコシしてると思います。
a0228364_23181862.jpg

次にコバから3.5mmのところにネジ捻等で線を引いて、
a0228364_2318183.jpg

菱目打ちで穴を開けて、
a0228364_23181945.jpg

縫ってからコバ処理後糸とコバの間をヘラなどで押さえつけてあげればこんな感じになると思います♪
a0228364_23181952.jpg


今回の記事はこれで全て終了です。
今までで一番長い記事です。誤字脱字かなり凄いと思います(^^;;

なぜこんな長い記事書いたかというと、最近休みなしで仕事をしていたら疲れでダウンして嫁からレザー1日禁止令が出たからです(^^;;

ブログ書きも仕事の内かな、、?
だったら怒られます(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-24 16:20 | レザークラフト

初心者の方が揃える工具をなるべく予算スリムに!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

8月3日(日)に福島市MAX福島4階A•O•Zで開催される「ハンドメイドマーケット」に出店が決まりました。
まだ先なので細かな告知は後ほど♪
今年の目標としてイベント出店をする!というのがあったのですが有言実行したいと思いました。
あと、革製品なので野外はやはりキツイな、、とおもうので天候にも左右されない屋内イベントを中心に参加して行こうと思いますp(^_^)q

前置きは以上です。
ホントのところは分かりませんが、最近初心者の方向けのレザークラフトの参考書が数多く出ているようなのでレザークラフト人口増えているんですかね?
もしそうだとしたら嬉しいですp(^_^)q

そこで、レザークラフトを始めるに当たってまずネックになるのは工具が高い、、という事ではないでしょうか?
僕もそうでした。

各メーカーさんから初心者キットも販売されていますが、結構なお値段しますよね。安い物もありますが極端に工具が少なかったりとか、、(^^;;

それでもってそのキットには別にいらないだろう、、という工具も入っているはずです。
カッターくらいはもってますよね?そして中には木工用ボンド、ゴムのりとか普通に100均で売っている物あります(笑)

工具の前に本当は参考書が一冊欲しいところですが、先ずは各メーカーさんから出ているカタログがお勧めです。
簡単なカードケースの作り方(SEIWA)や工具の使い方が書いてあります。なのでこれは必需品なんじゃないかな?とも思います。
a0228364_16231225.jpg

SEIWAはホームページから印刷できますし、クラフト社と協進エル社のカタログ冊子は500円くらいしますが電子書籍として閲覧可能です。

あと、レザークラフトには3大メーカーがありますのでザクッとそれぞれのメーカーさんの専門分野みたいなのを言うと

1 クラフト社→工具、オールマイティー
2 協進エル→革、オールマイティー
3 SEIWA→染料

みたいな感じだと思います。ホントにザックリすぎですいません(^^;;
そんな中、最近その大手メーカーの風穴を開けるが如く日本の技術力の高さを物語る新たなツールメーカーさんが増えてきましたね!
妥協なしのハイクオリティーツールが多く海外製高級ツールに負けていないというか、僕が持っている範囲ですが海外製高級ツールより上だと思います。
レザークラフト全盛期の30年前に工具を作っていた職人さんがそろそろ引退という時期で特に手作りの工具は将来どうなるんだろ?と思っていたのでこれって凄く嬉しいです!

それで本題の工具です。

レザークラフトはやはり特殊な工程があるのでどうしても専用工具でなければならない物もあります。
そして、本当はちゃんとレザークラフトメーカーさんから発売されている物が1番です。

あとこれは気を付けて欲しいという事がありまして、、
最近ヤフオク、Amazonなどで妙に安い菱目打ちセット、16本若しくは20本セットの刻印(必ず16本か20本です。)、ネジ念、いっぱい種類のある型抜きなど(1円スタートが多いのも特徴だと思います。)はほとんどは質が非常に悪い工具です。
見た目は日本製とあまり変わらないけど実際使うと質が悪く、ヤフオクだとレザークラフト工具のカテゴリーの5分の1?はその質の悪い工具に占拠されているという非常に荒れた状態です。

これは僕だったら絶対買わないという話で、買ってはいけないという話ではありません。悪い工具使うとそれなりのものしか作れないですから(^^;;

見抜き方は結構簡単です。

商品説明欄に「海外製品」と書いてあるもの、製造先(国)が記載されていないものはだいたいのものが質が悪いと思えばいいと思います。

店側は日本、フランス、アメリカ製などだとちゃんと日本製とか書くんです。

つまり「海外製品」としか書いていない工具や書いていない工具はその国を明かすと売れないからという都合で表記しないんだと思います(笑)

なので僕個人の考えですがヤフオク、Amazonでレザークラフト専用工具を買うのはお勧めしません。レザークラフトショップ若しくはレザークラフト専門のネットショップがお勧めです。

随分と話それてすいません(^^;;

話戻します。
僕なりにですが必要と思う工具をあげてみたいと思います。
あと、今回は金具を取り付ける場合に必要な工具は省きます。

100均のもので十分な物やホームセンターで手に入る物も多いです♪
(くどいようですが、本当はレザークラフトメーカーさんのカタログに掲載されている物を買うのが確かです。)
a0228364_16231365.jpg

これだけあれば十分だと思います。

それでは作業工程毎に紹介してみようと思います。

1 革を切る工具
(1)カッター
(2)定規
(3)カッティングマット
最初は全て100均のもので十分です。

2 接着に使う工具
(1)木工用ボンド系を使う場合
クリップ
(2)ゴムのりを使う場合
ローラー(ホームセンターの障子貼りコーナーに似たような物があり300円くらいで買えると思います。)

3 縫い線の印つけに使う工具
(1)ディバイダー
これはもともとは金属用コンパスなのでホームセンターにいけば1,000円くらいで買えると思います。

4 縫い穴を開ける工具
(1)菱目打ち
これはレザークラフトメーカーさんから発売されている物が良いです。最初は2本刃と4本刃の2本で良いと思います。標準的な幅は4mm幅、太い糸を使いたい場合は5mm幅で良いと思います。
2本でだいたい1,700円くらいで買えます。
(2)ゴム板
これはホームセンターで売っているゴム板ではダメだと思います。レザークラフト用とは硬さが違います。
様々な大きさがありますが、僕はゴム板(小)を良く使います。1,000円程度です。
(3)丸ギリ
短い千枚通しがもしあるなら100均ので大丈夫だと思います。
(4)木槌
最初は100均ので良いと思います。もしゴムハンマーしかなかったらそれでも良いと思います。ゴムハンマーは音がうるさくなくて良いという利点もあると思います。

5コバを処理する工具
(1)ドレッサー
もともとは木工用なのでホームセンターだとサンダーという名称で売っていて800円くらい?で買えると思います。
コバを整える為に使う工具なので耐水ペーパーの400番と800番でも良いと思います。
(2)ヘリ落とし
これはレザークラフトメーカーの物しかない工具だと思います。サイズが色々ありますが、標準的な物は2番で1番安い物だと1,000円くらいで買えると思います。
コバ(作品の側面)の角の面取りに使う工具です。カッターでも代用できるので必需品という訳ではありませんが、使うと作品の完成度も上がると思います。

以上です。

金額をまとめると、
・レザークラフトメーカーの工具
約2,500円〜3,500円
・ホームセンターで用意できる工具
約1,400〜2,100円
・100均で十分な工具
約400円

総合的な予算は約4,300円〜約6,000円くらいになると思います。買わなくても持っている工具があればもっと予算抑えられますね♪
算数間違えてたらすいません(^^;;

あとはのり、糸、革など必要ですが工具の初期投資はこのくらいだと思います。
のりは木工用ボンド、G17(ゴムのり)あたりは100均で売ってますし、糸はレザークラフトメーカーからロウ引き糸で1番安い物だと250円くらい、革は最初はは端切れで練習すれば良いと思います。
僕の場合ですが最初の頃は着なくなった革ジャンとかを切ってコインケースとか作っていました。

僕なりのチョイスでなるべく低予算にしたつもりですが、本当はレザークラフトの高い知識を持った店員さんのいる専門店で何を作りたいか?を伝えて選んでもらうのが1番です。ただ、なかなかそういうお店が近所にない方多いですよね、、
あと、初めての方にとってこの値段は高いと感じると思います。
僕もそう思いました、、

始めていけば必要な工具は自然と分かってくるので少しずつ揃えていけば良いと思います。

まずはカタログからだと思います。

レザークラフト人口増えたら良いな〜なんて思いながら書いてみました♪

最後におまけ♪
ラウンドファスナーロングは一式作りました。
a0228364_16231358.jpg

屋号のステッカー作ってもらいました♪
a0228364_16231465.jpg

イベント用のライターケース4個追加しましたp(^_^)q
a0228364_16231597.jpg

あと、嫁にレザークラフト仕込み中です。
a0228364_16231697.jpg

なかなか良い感です♪
a0228364_16231798.jpg

将来的に手縫いは任せたい、、(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-10 12:42 | レザークラフト

レザーカービングの際に使うペースト染料と仕上げ剤!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

昨日夜中に酒飲んでいたら出来心でちょこっと工具ポチッとやったんです(笑)
で、さっき仕事から帰ってきたらクラフト社さんのセールの封書届いていて絶妙なタイミングにちょこっと凹んでます。工具20%OFFなんですよね...通常刻印も30%OFFです(^^;;

あと、クラフト社さんから高級ツール新発売されるみたいですね。硬い鋼材に高級感漂う木材...カッコいいけどかなりのお値段に度肝を抜かれます。
僕には研げる訳ないので流石に買おうとは思いません....使いこなせる自信もありません(;^_^A
でも飾ってるだけで幸せな気分になりそうです。
一応ラウンドナイフはもってますが僕のラウンドナイフは完全に観賞用です。触ってるだけで幸せです♪
こういうのだって重要だと思います(笑)

それで本題です。
ペースト染料と仕上げ剤
a0228364_21584376.jpg
好みのを探していたらこんな感じになっちゃいました(^^;;
やっぱり実際に使ってみないと分からないし、染料は革の種類によって印象変わったりしますからカタログの色見本が役に立たないところあると思います。
なので、買ったはいいけどあんまり好みじゃなかったりすると全く使わなくなったりします....
いつも少量入ってるお試し版あればいいな〜とか思います(^^;;
あと1番よく思うのはもっと手軽に綺麗に塗れないかな〜ということです。
カービングやスタンピング後の作業なので失敗するとかなりの精神的ダメージを受けます(笑)

別にペースト染料は使わないといけない決まりはないです。陰影をはっきりさせる目的で使うものですが、タンニン鞣しの革だと刻印打った時点で色(陰影)はつくので染めないのもいいと思います。
レザーコートなどで防染(色止め)、コーティングをした後はニートフットオイルとか入れ辛い(入らないと思います。)ですし、、

ここら辺は完全に好みだと思います。ちなみに、僕個人としてはバックグラウンド染色をしてアンティックを入れる方が好きです。

染色はレザークラフトの技法の中で1番技法の種類があると思います。
個人的には1番難しくて自分の思う理想に近づけるのに苦戦する作業だと思います。
その分奥が深いな!と思うので失敗は多いですが、好きな作業でもあります。でも失敗すると、もうやりたくないな....とかなり凹みますよ(笑)

今回は僕が使っている物で実際に使用した物の範囲ですが、感想なども交えて少し紹介したいと思います。

まずはペースト染料から。

アンティックダイです。
a0228364_21584417.jpg
一番の長所は粒子が細かく色が落ちしにくいところだと思います。色はほとんどタンしか使っていません。黒もあったはずなんですが行方不明です(笑)
苦手なところはレザーコートなどによる防染をしないといけないところで、乾ききっていない状態で塗ってムラになることがよくあります(^^;;

次にアンティックフィニッシュです。
a0228364_21584549.jpg
僕はこれを1番使います。
アンティックダイとは似て非なるものだと思います。
理由はレザーコートなどでコートしなくても使えるのと、拭き取りの時間を長くしたりすると溝以外のところも染色できるところです。
あと、色合いが好みというのもあります。僕はシェリダンスタイルをよく彫るのでシェリダンブラウンをよく使います。やっぱり相性抜群だと思います。
ちなみにタンという色を使うと全体的にカレー色?になります(笑)

欠点として挙げる事は溝に入っているペーストが落ちやすいです。染色後コートをかけても結構色落ちします。色の薄い服とかだと汚れが付くこともあります。

最後にカービングダイ クリアです。
a0228364_21584569.jpg
このペースト染料は特殊な部類に入ると思います。
使用効果は染料+アンティック染めです。
なので2度塗りをします。1回目は染色、2回目はアンティック染めという感じです。
もちろん染色をするので、あらかじめレザーコートなどによるコートはしません。なので失敗確立低いと思います。
最近使っていない理由は色があまり好みじゃないというだけです。
ウエスタン調のクラシックな感じにしたいのならこの染料のタンという色はかなりお勧めです。

おまけで、Eco-FIoのHI-LITEです。
まず最初に言うべき事は使い方わかってません(笑)
a0228364_21584660.jpg
打刻箇所を際立たせる効果があるのと、ブラウンコーヒー?という想像のつかない色に興味を覚え買って試したのですが、確かにコーヒー色になりました...が多分使い方間違えてるだけだと思います。
コーヒーを思いっきりこぼしたみたいになりました(笑)

ペースト染料はまだ未開拓なところ多いいのですが、これ以上予算つぎ込むの辛いです。革材料を先に買いたいです。
とか言いながら工具買ってます(爆笑)

長くなってすいません。
次に仕上げ剤です。
a0228364_21584742.jpg
これも結構色々と試しているほうだと思います。
色止め(コート剤)としてもっているのはレザーコート、レザーコートマット、レザーフィックス、タンコート、ワックスコート、レザースプレー、バインダー
いま1番使っているのはタンコートです。やっぱりアンティックフィニッシュとの相性がいいと感じます。

そして、結構気に入っているのはワックスコートです。仕上がりが若干茶色かかります。なのでタンローなどエイジングが期待されない革にカービングしたあと使うと若干エイジングしたような風合いを出せます。

レザースプレーはカービング後に液体染料で本格的に染めたものの最終仕上げに使うと、ちょっと野暮ったい色合いになったな〜と思っていたものでも急に発色が物凄くよくなったりもします。
レザーコートはなんだかんだ言いながらよく使うのでいつも大瓶の方を買いますが、1番失敗率高いです。乾燥は多分一晩おくくらいがいいんだと思います。。それを待てなくて失敗してムラになっているだけだと思います(笑)

あと仕上げ?というかメンテナンス?
a0228364_21584862.jpg
ラナパー、マスタングペーストです。
印象としてはラナパーは艶あり、マスタングペーストは艶消しみたいな感じです。
写真は先ほどの仕上げ剤のところにありますが、ニートフットオイルもですね。
これらはほとんどの作品にカービングをする僕にとっては内装に使うくらいな感じです。
ニートフットオイルはコートをかけているとうまく入らないですし、ラナパーとマスタングペーストは指の温度で溶かしてカービング面に塗ってもオイル自体の温度が下がるとか溝に白い油の塊が入りこんでいる感じになってしまいます。

以上です。久々に長々と中途半端な知識を語りました(笑)

結局のところ染色は奥が深過ぎて分からないところ多いんです、、

なんて言い訳ですが、染色に限らず色々試せるのは嬉しい事です!
ひとつの物を作るのに最初から最後まで1人でできるのは物作りをしている者としては贅沢だな〜といつも思います!

長文乱筆失礼しました(;^_^A

そうだ!
あづまTeshi-got市場いよいよ26日(土)に迫ってきたんですが、台風?ですか...(>_<)
奇跡的に晴れ...いや曇りでもいいから雨だけは勘弁して欲しいです(>人<;)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2013-10-21 18:48 | レザーカービング

アンティック仕上げ(アンティック染め)の練習!!

こんばんは( ゚▽゚)/

なんだか最近実験!実験!のクラフト活動をしてます!
a0228364_21392011.jpg

今まで実験した残骸たちですが、頑張ってる証なので大切にゴミ袋に入れて保存してます(笑)

実験を繰り返すと多少は失敗率下がってきているような気もしますが、それでも液体系は失敗率さがらないです...あんまり失敗作アップしてないだけで、半分以上は失敗ですよ...
液体類はカービングだと1番最後の作業なので失敗すると一気にやる気が失せます(ノ_-。)

今回は実験という名の復習なんですが、アンティック仕上げです♪

今回のチョイスはヌメ革で「アンティックダイ(コードバン)」、「レザーフィックス」を使いました!
実は最近「アンティックダイ」をほとんど使ってません。ほぼ「アンティックフィニッシュ」です。
理由は単純なんですが、「アンティックダイ」はやたらと乾き待ちが多いので気が短い僕には辛いんです。
その点「アンティックフィニッシュ」はレザーコートで防染しないでそのまま塗る方法も可能というところが大好きです!湿ってる状態で塗るのがベストなペースト染料ですからね♪
「染色+サビ入れ(溝にペースト染料を残す)」みたいな感じになりますし、染め付き具合も僕の好きな感じなんです♪

ただ「アンティックフィニッシュ」で困る事は、色落ちが凄いことです...汚れても良いジーンズのポケットに入れて使うのなら気にもならないんですが、薄い色の服だと思いっきりペースト染料ついちゃいます...
a0228364_21373049.jpg

写真の左上にあるものが主に使っているペースト染料で、右上にある物が防染と仕上げに使っている液体類です。
それで、左下は「アンティックフィニッシュ(シェリダンブラウン)」で仕上げた物で1年半前くらいに作ったメディスンバッグです。頻繁に使ってる訳ではないのですが、1番服に当たる部分はペースト染料がとれちゃってます。これでも最後の仕上げでレザースプレーしっかり吹き付けました...

なんですが、「アンティックダイ(タン)」で仕上げた右下の2年前に作ってメインで使ってるロングウォレットは1番服に当たるところでもあんまりペースト染料取れてないです。
あと、このロングウォレットのカービング面はタンローを使っているので本来はピンク色に変化していくんですが、右上の写真の1番右にある茶色の液体「ワックスコート」で最後の仕上げをしたので若干茶色がかった感じになってます。

ということで、最近出番の少ない「アンティックダイ(コードバン)」を使って練習しました。
防染は「レザーフィックス」です。使い方や効果は「レザーコート」一緒です。

あと、今回のバスケットとボーダーはともに通常刻印です。
a0228364_21372170.jpg

僕が現在やっている手順と方法は、

1 レザーフィックス(レザーコート)を小さいタッパーに入れて金巻刷毛で均等に塗ります。僕はいつも重ね塗りはしないで1回ですませます。
そのあと、刷毛はすぐに洗います。洗わないと刷毛がパリパリになっちゃいます。

2 乾くまで我慢強く待ちます。←これが1番肝心なとこなんですが、僕はこれができなくて困ってます(笑)
我慢できない時は距離とって弱風でドライヤーで乾かしてます。ドライヤーの当て過ぎは革にダメージ与えちゃうので結構気をつけてるんですが、何回か炙ったイカみたいにしちゃったことあります(笑)

3 しっかり乾いたら今度はアンティックダイを塗るんですが、必ず「すり込み刷毛」を使ってます。最初の頃は歯ブラシを使ってましたが、上手くできませんでした(゚ー゚;A
a0228364_21372686.jpg

4 アンティックダイを塗ります。すり込む感じでなく、結構多めにアンティックダイを刷毛につけて、染料を塗る時みたいにサラッと円を描く様に塗ってます。これをゴシゴシとやるとムラの原因になると思います。
塗ると言うか「のせる」ような感じです。
そして1回あたり塗る範囲は今回の実験で使っているものぐらいです。もっと大きな作品に塗る時はこのぐらいの範囲を塗っては素早く柔らかい布などで軽ーく拭き取ってから次の場所を塗っては...の作業を繰り返しながらたまに全体を見て染料が入ってないところに軽くアンティックを...という作業を繰り返します。
(*今回は布きらしちゃてたのでいらないタオルを切って使いましたが、特に木綿はあんまり向かない様な気がします。)
5 アンティックダイは塗ったら結構早めに拭き取ります。今回は塗ったあと写真撮ったんですが、ホントはこんな余裕もって拭き取ってないです...ホントに塗ったら速攻で拭き取る感じなので結構アンティック残っちゃいました。
でも、ここでアンティックがとれないからと...ゴシゴシこするとアンティックを入れたくない場所に思いっきり染料が入っちゃいます。

6 今回はいつもよりアンティックをキレイに拭き取れなかったんですが、仕上げの時布にレザーフィックス(レザーコート)をつけて軽〜く拭くと左下の写真ぐらいにはなります。

7 あとはまた乾燥待ちです。じっと待つ我慢が大切だと思います。「しっかり乾燥させる」って結構大切だと思います。

で、完成です!

今回はちょっとムラがでちゃったんですが、重要なポイントは「レザーフィックス(レザーコート)の分量」、「よく乾かす事」、「ゴシゴシこすらない事」じゃないかな?と思ってます。
レザーコートの分量だけは文章では説明できないです。何回も実践してみないとダメだと思います。また、革の種類によっても分量が変わったりすることがあるのでやっかいです...ホントに失敗が多いです...

ホントのところ、出来れば染色とアンティック仕上げはしたくないです...気合い入れてカービングしたのに染色で失敗というのがホントに多いですし、凹み方も半端じゃないです...

本当にカービング上手な方はアンティック入れなくてもカッターと刻印だけでちゃんと色(陰影?)がしっかりつくんです...僕はまだそこまでの腕はないです(゚ー゚;A


あと、おまけです。
a0228364_21371693.jpg


以前買ったコバ処理剤の「エッジコートのタン」なんですが、「よく振ってから使ってください..」との事だったんですが、振っても液体感がなかったんです...それで蓋開けてみたら、「なんだ...この異常な粘度は...」って言う感じで、僕はタン以外のエッジコートは持っていなかったので「こんなものなのかな??でも相当塗りづらいな..」と使っていなかったんですが、購入先のホームページでこの現象について書いてあったんです...
本来粘度じゃなかったみたいです..「3分の2ぐらい水で薄めて..」とのことでした...

凄いですよね!3倍使えるじゃないですか!!しかもサラッとした感じになって塗りやすいです!(笑)

個人的になんですが、サラッとした方が塗りやすくて好きなので右下の写真にあるようなコバを固めるタイプの処理剤のなかでは「イリス」が好きなんですが、エッジコートの出番も増えそうです(o^∇^o)ノ

長文記事なので誤字脱字凄いと思います(゚ー゚;A

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2013-04-06 23:33 | レザークラフト

糸選びって迷います(゚ー゚;A

こんばんは( ゚▽゚)/

そろそろゴールデンウィーク!しっかり休み取りたいので頑張って仕事してます(`д´ )ゞ 
そして昨日はレザー教室あるの忘れてました( ̄▽ ̄;)!!ガーン

それはさて置き、先日嫁さんのブーツ壊れちゃってレザークラフトの道具で直しました....
a0228364_1845506.jpg


よく考えたら革を使って物を作ったりするための工具だから何も財布作ったりするだけじゃなくて革製品直したりに使えるんですよね....何を今頃言ってるんでしょうね(笑)

それで本題の「糸」なんですけど...いつも何使おうかとかどのくらいの太さにしようとか迷います...1番迷うのはコストかもしれませんが...

今の所よく使うのがシニュー糸です。
a0228364_18455441.jpg

左から「カラーシニュー」「シニュー(ハニーゴールド)」「シニュー(ヘビータイプ)」
理由は単純で、割いて太さを調整できるから安上がり(笑)
ヘビータープだけは縒りがあるので普通は割かないで使うんですが頑張れば割いて使えます!
あとナイロン製(ポリエステル製もですね。)なので手縫いの始末するときライターとかで火をつけてビッと潰してやれば良いので楽ですね(^_^)
強度も麻糸よりはあると思うので良いんですが割くの最近面倒です....

次に使うのがナイロンボンド糸です。
a0228364_1975310.jpg

左から「ビニモ#0」「ビニモ#5」
数字が大きいほど細くなります。
好きなんですが問題は割いたりできないので種類揃えるしかないところで、ホントはもうちょっと距離のあるの欲しいんですが、毎回ショップで太さのチョイスに迷って結局買わないってこと多いです..

それで最近はあんまり使わないんですが麻糸です。
a0228364_18455782.jpg

左から「エスコード」「ろう引き麻糸」「麻糸段染め糸」「カラー麻糸」
レザークラフト始めたばかりの頃はろう引き麻糸しか使ってなかった様な気がします。強度がないとか毛羽立つとか良く聞きますがまだ切れた事とかないですし、毛羽立つのって個人的に好きです。糸切れた事がないのはたぶんレザー歴短いだけだと思います。

先週レザー教室の先生が7年前に作ったロングウォレットの麻糸が切れたみたいで直してました。なんだか知らないですがかっこ良かったです(笑)

ホントのホントはこれ使いたい!っていうのはスムース糸です!
a0228364_1846180.jpg

ポリエステル製で縒りの奇麗さ、強度、縫いやすさ、縫い目のキレイさ...
ただ10メートルで400円と高いです...庶民の僕には無理です...

何作るににしても大抵は縫うと思うのですが、糸選びで失敗すること多いんです。
とりあえず今のところカービングを中心にやっているので使う革がだいたいツーリングレザーかタンローなので相性が良いシニューばっかり使ってます(゚ー゚;A

レザー教室の先生の糸入れる箱にいろんな種類の糸入ってたんで密かに色々使わせてもらおうかと思ってます(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""


[PR]
by tkanno4649 | 2012-04-19 19:41 | レザークラフト

ワンコインでレザークラフト!100均の道具だけでカードケースを作るぞ(>▽<)b OK!!

こんにちは( ゚▽゚)/

今日はレザーショップに行く根性もなく、道具ない!!でもレザークラフトやりたいと思ってホントに最初の頃やっていた方法で作品作りをやってみました(;^ω^A

今回はカードケースです(^_^)

革以外の道具や材料は全て100均です。革はぼろぼろになっちゃったカバンのものを使っています。
今回使った道具はこんな感じです。
a0228364_16205020.jpg

でも実際に使った道具は、こんな感じ↓
1精密ドライバー(−)2木工用ボンド3刺繍糸 4刺繍針5ロウ6ミニクランプ7コンパス8ヘラ9カッター10定規11ゴム板12はさみ13ゴムハンマー14方眼用紙15目打ち16爪楊枝

で、ほとんどが家にあったので買ったのはゴム板、ゴムハンマー、方眼用紙、刺繍糸、刺繍針で合計525円(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

とりあえずかなり無茶ですが制作開始です(≧∇≦)b OK

1 型紙作りです。
a0228364_16221222.jpg

最初は方眼用紙が良いと思います。今回は適当なサイズにしました。横幅は11㎝にしたんですが10㎝で良かった感じがします....そこは好き嫌いですかね?
角を丸くしたいのならそこらへんにある丸い物持ってきて写真みたいな感じで線引けば良いと思います。これは今もやっています。ちなみに今回はスティックのりのキャップです。

2 裁断、接着、縫い線付けです。
a0228364_1622633.jpg

革に型紙を乗せて目打ちで印を付けてカッターやハサミで裁断です。印を付けているのは「ここまでボンド付ける」というのが分かるようにするためです。それからへらを使ってボンド付けします。
a0228364_1622058.jpg

木工用ボンドの○で囲ったところ見てください!革に使えるんです!
なんでも良いので接着面を圧着してからミニクランプではさんで乾燥待ちです。
今度はコンパスで縫い代の印付けをします(芯は出さないでやります。)。今回は5mm幅で印付けしました(ホントはしっかり印付けしたいのですがコンパスだとズレちゃうので軽く印つけました)。

3 穴あけです。
a0228364_16214691.jpg

これはかなり無茶な作業です。レザークラフトの手縫いは大体菱目に穴があく「菱目打ち」などを使うんですが(僕が持っているのは1本千円もしないです。)、当時は持っていなかったので精密ドライバーのマイナスで3mmぐらい間隔をあけてゴムハンマーで全部穴あけてました。この作業は細かなことは気にしない精神が大切です(笑)
2枚張り合わせになるところは写真みたいな感じで開けます(最初は気にしてませんでした)。

4 手縫いです。
a0228364_1621276.jpg

刺繍糸は2本用意して先をやすりで研いで丸くしてください(これは今でも実際にやります)。そのあと刺繍糸にロウ(ロウソクでいいです。)を塗り込みます(これは毛羽立ちを抑えるためで、ワイルド感を出したければ必要ないと思います。)。
糸は外周の大体4倍〜5倍とってください。途中で糸が足りなくなるのが嫌なので僕は5倍とってます。その後、糸を針に通して針の長さの2倍くらいを通して写真のように糸に針を刺して糸を手前に引っ張ります。
a0228364_16212320.jpg

これは両端やって下さい。その後はとりあえずどこでも良いので(作品によっては1番目立たないところから始めたらいいと思います。)針を通して左右の糸が均等になりようにします。
基本的な手縫いは2本の糸を交差させるいような感じで縫っていきます(糸の交差などを変える事で縫い目が変わるんですが、ここは気にせずとにかく同じ手順を繰り返せば統一感が出ます。最初は順番間違っても良いぞ精神でやってました。)。
今回は裏から針を入れて糸を抜き、反対側の針を同じ穴に通しています。これをひたすら繰り返します。
a0228364_16211796.jpg

最後まで縫い終わったら2目ほど逆に戻って縫い、両端を写真のように裏に出して2mmか3mmぐらいで切ってから爪楊枝なんかを使ってボンドをつけて始末します。

制作時間は約2時間!以上で完成です\(^▽^)/

a0228364_1621943.jpg

どうでしょうか?本当はもっと細かな作業があるんですが、500円分の道具と端切れの革にしては立派なハンドメイドのカードケースだと思います(≧∇≦)b OK

色々と身近にある道具を使うことは今でも大切にしているんですが、さすがに精密ドライバーでの穴あけは無茶です(できない事はないですが...)。写真に写っているのが菱目打ちですがこれは100均の商品ではどうにもなりませんでした...
1番はちゃんとした知識をもっている店員さんのいるレザーショップに行くのが確実です(゚ー゚;Aアセアセ

思っているより簡単なのはだけは伝わったでしょうか.....

最初の必需品は1冊でも良いので技法書ですかね?
写真に写っている本は僕が最初に買った本です。総合的な技法が掲載されているのでお勧めです(^_^)ニコニコ

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2012-02-16 17:46 | レザークラフト



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> きょーへーさん い..
by tkanno4649 at 12:52
ありゃー!!みるの遅くな..
by きょーへー at 12:34
ありがとうございます ..
by なつき at 19:58
>なつきさん 僕もです..
by tkanno4649 at 15:48
ありがとうございます! ..
by なつき at 07:28
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。