「ほっ」と。キャンペーン

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:自作工具 ( 27 ) タグの人気記事

フチに印をつける工具の研究(後編)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日本革工芸展の作品製作、その後の燃え尽きでオーダーメイドが滞っていましたが今日になってやっと製作の打ち合わせが概ね終わりました♪
リピートしてくださる方との打ち合わせは本当に話が早いです。種類は違いますが僕が作ったアイテムがオーダー主さんの手元にあるとお互い話が分かりやすいんだと思います。あと、妥協しないで作っていますからその熱意が伝わると次のオーダーの打ち合わせの際「お任せ」と言って頂けます。本当に助かっていますありがとうございます。
いつも通り頑張って作らせて頂きます(^_^)v

それでは本題の方を♪

このブログ記事は前回書いている途中で、かなりくどく長たらしい文章になってしまいそうだな、、すぐ脱線するし、、と思ったので前編と後編に分けて今回で書き上げようと思います。脱線はかなりします(笑)
前編はこちらです。

今回は捻についてです。切り離して書くと説明しずらいので少し手縫いについても触れます。
a0228364_22411828.jpg

先日購入させて頂いたTANIK leatherさんのEdgeStickのレビューも書いてみます。

まず先にEdgeStickから♪
通常のタイプの平べったい金属に溝が入っている捻は内Rがキツイと思います。だから僕はなるべく内Rのキツくないデザインにする癖がついています。
でもこのEdgeStickがあればこの縛りがなくなりそうです。
先端の仕上がり方はかなり精度高いと思います。
この完成度でこの価格は安い!と言うのが第一印象です。
a0228364_23320743.jpg

緑の革をチョイスしたせいか屋号刻印がはっきり写りませんでしたσ(^_^;)
こうやって引いて使うんだと思います。
a0228364_23320701.jpg

内Rもバッチリです♪
a0228364_23320737.jpg

先端の構造をみると左右の段差がありフチが丸くなる一般的にいう玉ネンの構造です。段差がありますがスティックタイプなので右利き、左利きのしばりがないのは嬉しいですね♪
もちろんこれ一本で全て捻入れしても良いのですが大作だと通常のタイプを併用したいところです。
それで通常のタイプの捻だとどの捻に対応しているのか?を検証してみました。
a0228364_23011054.jpg

上からフロンティアのフチ捻、TANIK leatherのEdgeStick、岩田屋の玉ネンです。
(前回昔ながらの鍛冶屋さんなんて書きましたが岩田屋です。なんで名前伏せたんだろうといまさら思いました。これらを購入したさいはメール送っても届いていないと言われてこれは仕方ないな、、と思ってFAX送ったら発送の連絡なんてなしで到着して、納品書というかレシート的なものすらありませんでした。こんなものなのでしょうか?お陰で経費で落とせなかったので自腹です。)

微妙な違いなんですが近いのは岩田屋の玉ネンでした。
フロンティアのフチ捻もフチが玉状になるのですがエッジが立っているのでくっきりとした印象になります。それに対して岩田屋の玉ネンはエッジが立っていないので柔らかな玉状になります。
本当に微妙な違いですが、完成後の全体的な印象は変わると思います。

あと先端の構造をみると物理的には押しても引いても使える形状です。前回も触れましたが押した方が力が入ります。
a0228364_23011014.jpg

それで押して見たのですが持ち手の革が下に下がってしまう感じでこの革巻きだとキツイかな?と思いました。あと金属部分がかなり剥き出しなのでアルコールランプで炙って使うのは怖いです。
金属の材質や厚みなどでも変わってくるので一概には言えませんが、僕の捻の温度の基準は金属の汗がひく感じと鼻に近づけて匂ってムンッっと感じる熱さです。なので結構炙ります。

革巻きをもっと厚めの革にしてそれを後ろまでガッツリ囲うように縫ってズレないようにすれば解消される問題なので、安心して炙ったり、押して使ったりしたければ自分でなおして使えば良いだけなのですが革巻きが可愛い感じで屋号刻印も入っているのであまりいじりたくないです。。
完成度高いと思う工具ってあまりいじりたくないですσ(^_^;)

一ユーザーのフィードバックのような事も書いてみました。こういう新しい工具ってどんどん良くなるものだと思っています(^_^)v

それではここから数ある捻の研究結果にうつります。

今回はフチを斜め漉きして水で濡らさないでフチに段差をつけてみます。
こちらが完成形で様々な実験をしましたのでその詳細を書いてみます。
色んな角度から撮ってみました。細かなステッチの乱れはスルーでお願いします(笑)
a0228364_01501171.jpg

a0228364_01501200.jpg

a0228364_01501265.jpg

a0228364_01501209.jpg

a0228364_01501376.jpg

書いてある寸法はコバからステッチラインの距離で
裏はこんな感じで斜め漉きです。
a0228364_01241171.jpg

1.5mm厚の革のヘリを約半分の0.8mmに落としました。

色々とやってみましたよ♪
a0228364_01590966.jpg



1 金口押さえペンチ式(通常エンマやっとこ)
もしかしたら段差つくかも?と思ってやってみましたがあんまり段差ができません。
よく考えたら当たり前です。
表と裏に均等に力が入るから表だけ段差つく訳がありません(笑)
a0228364_23320858.jpg


2 ローラー
これは上手くいくはず!
と思ったのですがいがいと上手くいきませんでした。
もしかしたらローラーのエッジのところがベベリングされていて滑らかになっているからかもしれません。
あとコバから均等な幅を落とす事はまず不可能です。
a0228364_23320895.jpg


3 へら
江戸べらとか言われてる洋裁なんかでも使う何かの骨のへらです。硬さの加減がいいです。
ぱっと見て上手くいっているような感じがしますが強い線がついてしまいました。これもローラー同様コバから均等に、、というのは無理です。
事前にネジねんなどで線をつけておけばOKかもしれません。
頑張ればできるかも!
a0228364_00184419.jpg

4 ウッドスリッカー
レザーメイトさとうオリジナルのウッドスリッカーは後ろ側をヘラとして使えると思います。
特にそういう説明書きはありませんでしたが構造的に僕はそう感じました。
これは僕の使い方のミスもあります。特に左側、、平らな面を水平にコバの段差をつけたいところに合わせて押せば上手くいきました。これも事前にネジねんなどで線をつければいいかもしれません。
a0228364_01575917.jpg

5 フロンティアの押し捻
どうみても1番上手くいっています。
ガイドがあるので当然均等な幅を水平に落とす事ができます。
a0228364_00184434.jpg

最初の頃使い方?先端の構造を理解できていなかったのですが、、通常はこんな感じでしょうか?
がっつり力が一点に入る感じです。
a0228364_00184557.jpg

薄い革の時はこの角度にすれば良いと思います。
a0228364_00184517.jpg

革の厚みによってベストな角度があります!
ガイドがそういう構造なので間違えはないと思います。

6 クリーサー(メーカー毎に名称が様々です)
段差をつけ更にフチを玉状にするアメリカの工具で、体重をかけて押して使う感じなのでがっつり圧がかかります。
a0228364_00184586.jpg

確かに段差がでましたがフチは玉状です。そういう工具です。
a0228364_00184522.jpg


結果こんな感じです。
水平に均等に段差をつける目的であれば、そのために開発されたフロンティアの押し捻が一番です。

なんですが、、ちょっと構造的に気になる事があります。
それは、押し捻が革に対して接地面積が広い分他の工具と比べて抵抗がかかる事です。簡単に言うと滑りが悪いです。
一定の広い幅を均等に水平に落とす工具だから構造的には間違えないですし理にかなっています。
滑りが悪くなる原因の一つとしてタンニン成分が先端につく事が挙げられるのはわかりました。他にもあるかもしれません。
僕はスーベルカッターの刃に着いたタンニン成分をとるのと同様の方法でルージュスティックで成分をとっています。ゴシゴシこすらなくて良いです。ちょっとなぞる程度です。
ルージュスティックの研磨能力なんてたかがしれてます。なぞったくらいで形状が変わる事なんかないです。

長くなりました。

次に捻の種類です。
色々あると思いますが、今回は2つに分けます。
印象についてはあくまで僕の私感です。

1 フチ捻
フチを押さえ、コバを少し立たせるような効果があります。先端の角度は職人さん個々に微妙な違いがあると思います。僕のフチ捻は加工して頂いたもので、その他のフチ捻はその形状に近づけるよう頑張って加工しました。
a0228364_00184610.jpg

写真で少しわかるでしょうか?
断面を図で描くとこんな感じです。
a0228364_13183272.jpg

コバが少し立つような感じで糸が擦れにくくなるのと、キリッとした印象になります。
僕の場合ですが、ビジネスマンスタイルの薄くてスッキリとした感じ、コバから狭い箇所にステッチラインを持っていってシャープな感じにしたのを更にシャープにする時に使います。
だいたいいつもはコバから2.5mmくらいのところにステッチラインを持っていきます。
この幅はクラフト社や協進エルの普通の菱目打ちで大きな穴を開けて縫うとコバがボコボコになります。
菱目打ちを軽く印をつける程度にしてシャープな菱錐で貫通させるイメージです。
僕は火打ちの高価な菱目打ちを使っていますが決して強くは打ちません。火打ちの菱目打ちも強く叩いてしまうとかなり大きな穴が開いてしまいます。
この幅の菱目打ちでもせいぜい2回くらい軽く叩いて印をつける程度です。
a0228364_00184621.jpg

糸も細い穴に対応するようビニモの5番手を使いました。
a0228364_01241154.jpg

上がビニモの5番手で下がビニモMTBの1番手です。太さが違って申し訳ないのですが、縫いやすさから言うと間違えなくビニモMTBです。ただ、ロウを入れるとくすんだ色になるので僕は普通のビニモが好みです。
ロウを入れないミシンだったらあまり影響ないのかもしれません。ビニモは元々ミシン糸ですからね♪

あと、針も細いのを使います。
上がレザークラフト用の細い針で下は僕が使っているのは手縫い針というものです。
a0228364_01241273.jpg

僕は手縫い針No.3をよく使います。本当は更に細いNo.5とか使いたいんですがそこまで腕がありません。針は長い方が楽です。
a0228364_01241283.jpg

手縫い針は先端が尖っているので自分で丸く削ります♪

凄く脱線しました。すいませんσ(^_^;)

2 玉ネン
フチをおさえるとともにフチに玉状の盛り上がりをつけます。
玉状なので特に加工はしていません。柔らかい印象になると思います。
a0228364_00430838.jpg

断面を図で描くと一般的な玉ネンはこんな感じです。
a0228364_13183254.jpg

ちなみにフロンティアのフチ捻と呼ばれている捻は形状的には玉ネンです。
このフロンティアのタマ捻をフチ捻に加工、、なんていうのもできない事はないです。僕も加工できますし以前加工して販売していた方もいますが多分もうやってないかもしれません?
大量生産という訳ではないので凄い大変な作業なんですσ(^_^;)

話もとに戻します。
僕の場合ですが、玉ネンはボリューム感があるように見せたい時によく使います。あとカードケースの入り口などの薄いパーツの装飾は玉ネンです。正確にはフロンティアのフチ捻です。
なぜかというとフロンティアのフチ捻以外は左右の段差があります。だから印をうまくつけることができないんです。
0.8mmとか薄い革に装飾を入れたいのであればガイドとなる方の高さを0.4mmとか削って段差を極力減らせば大丈夫なんですが、だったら最初から段差のないフロンティアのフチ捻を使えば良いと思います。
あと、玉ネンについては柔らかい印象になると言いましたがフロンティアのフチ捻に関しては先端の構造が特殊なので玉状の装飾でありながらエッジの効いた印象になります。つまり「特殊な捻」だと言う事です。

捻に関してはこのくらいであとはおまけです♪
ためたネタは書ききります(笑)
当たり前の事かもしれませんが表側のステッチラインを斜めにすれば裏は真っ直ぐになります。
a0228364_00430864.jpg

a0228364_00430992.jpg
またこれも当たり前なんですが、表を真っ直ぐにすれば裏が斜めになります。
ダレスバックの持ち手のところを作った際、両面とも斜め、両面とも真っ直ぐという技法で作ったのですが不慣れでかなり大変でした。もうやりたくないですし、一発で形になったのは奇跡くらいに思っています。

簡単に言うと組み立てたあと、両面から菱目打ちで印を付ける程度に穴を開けて丸切りで貫通させながら縫うだけです。
この上の部分の手縫いがその方法で縫いました。
a0228364_01072141.jpg

左右駒が合うように菱目打ちをしました。
a0228364_01072125.jpg

少しボコボコにあとがついてしまったのは駒が合わなかったり丸切りで上手く貫通させる事ができなくて何度も刺したりした時についた跡です。

また脱線しました。

初心者の方用の参考書だと表が真っ直ぐになる方法で書かれている事が多いです。
たまに使い分けをしますが、どちらかというと僕は表側が斜めな方が好きです。
日本の手縫い鞄の技法だと表側が斜めになると思います。


浅草橋で「バイブル本!」と言うポップをつけて販売している革屋さんもありましたよ。
a0228364_01072188.jpg

凄く勉強になる本です♪

最後に、

レザークラフト教室の生徒さんのネジねんを加工させていただきました。自分なりにベストだと思っている形状です。
最近のネジねんはやたらとぐらつくのでなんでだろう?と思って加工の都合上分解させて頂いたところ原因はすぐにわかりました。
a0228364_01072123.jpg

こんな状態の付け根がボンドついているところまでしか刺さっていませんでしたσ(^_^;)

あっ!そうだ!
教室に参加してくださっているTさん、、
a0228364_01072159.jpg

五助屋レザークラフト教室受講歴あるんです。
教室で作ったカードケース見させて頂きました♪
a0228364_01072224.jpg

ちなみに僕はまだお会いした事ありません(笑)
今年は東京にいく機会が多いので絶対遊びにいきます。よろしくお願いします(^_^)v

まだネタがあるんですが次回にしようと思ったのですが、最後に1個だけ。

フェイスブックの投稿のコピペです。

Tandyのスーベルカッターを買ってみました。
日本では手に入らないのでアメリカのAmazonです。
a0228364_01241358.jpg

Craft tool社時代の復刻版のような商品ですし、見た感じヨークの形状が僕が思っている理想の形状だったのですが理想ではありませんでした。凄く滑るので安定感があまりなくバレルの重さに対して重過ぎです。
あと、バレルのメッシングが甘いです。
でもヨークの旋回性能が思いの外よくブレも少ないです。慣れれば使いこなせるようになるかもしれません。ブレードもちょっとルージュスティックで研いだら良い切れ味になりました。悪くはないです。

Tandyの製品って台湾製が多いと思っていたんですが、これは中国製でした。でも悪くないです。中国製と一口に言ってもちゃんと作れるところは作れるんだな、、と思いました。頑張って欲しいですね♪

長々と失礼しました。長文ゆえ誤字脱字失礼します。

こんな大変な時にバカなことも書いてます。くっだらない記事だな(笑)と、もし笑ってくださるのであれば本望です。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-22 12:57 | レザークラフト工具

フチに印をつける工具の研究(前編)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日本革工芸展に出品したダレスバッグを作った際、フチの装飾の感じを意識しただけでも作品全体の印象が随分と変わるものだな、、と強く感じましたので久々に工具のレビューをやってみたいと思います♪

テーマが大きいので相当長くなりそうです。何回かに分けて書いてみようと思います。

毎回色々な作品を作る中でイメージするものに近付こうと試行錯誤して技法を変えていっています。
様々な革を使うのでその革の雰囲気に合う仕立てをしたいと考えているのですが、なかなか自分の思うイメージに近づかないのです、、
でも、今回のダレスバッグは日本を意識しました。それで日本っぽくなったので今回は成功といって良いと思います。
こういった感じで作品によって自在に変えていけるのを目標にしています♪
目指すはオールマイティーです!

「日本、アメリカ、フランスなどで昔からある工具」
「日本製のアイデア工具」
「近年新たに開発された新しい形状、機能、また加工なしでそのまま使える工具」
「手縫いのガイドラインになる印をつける工具」
「フチを装飾する工具」

もちろん僕の知らない工具や技法もあると思いますが、実践した範囲内で僕の好みも交えて感想を書いてみようと思います♪
a0228364_22380711.jpg
自分の好きな感じや工具の使い心地を模索していたらこんな数になりました。ないから仕方なく作った工具もあります。
よく考えたらもっとありますね♪
もちろんこんなに必要ないです(笑)

まず始めに、手縫いをするのであれば必須な工具、フチから均等な箇所に線をつける工具からレビューしてみようと思います。

本当に様々なものがありますが、「どれか1個!」と言われたら1番のおすすめは協進エル、SEIWAから発売されている「プロ・ステッチンググルーバー」です。

「日本製のアイデア工具」ですね♪

a0228364_22380756.jpg
これは本当に優れものだと思います。

バラしてみました。
a0228364_23083113.jpg
先っぽ無くしやすいので注意です。さっそく行方不明でさきほどやっと見付かりました。昔の工具箱の中でした(笑)

まずはネジねんとして使用する方法
a0228364_22550452.jpg


ステッチンググルーバー(溝掘り)として使用する方法
a0228364_22550487.jpg

ちなみにこのグルーバーはガイドを逆に付ければ左利き用になります。素晴らしい♪
a0228364_22550548.jpg

写真のアングル変ですいませんσ(^_^;)

あとグルーバーのガイドを外すとアートグルーバー
a0228364_22550525.jpg

定規をひいてトコ面の溝切り
a0228364_22550500.jpg


a0228364_22550631.jpg

折り目をつけたい時に便利ですね。
a0228364_22550600.jpg

トコ面に溝をつけると段漉き前のガイドラインとしても使えます。
a0228364_01350048.jpg

フチの飾りとして使用したい時はフチと縫い目の真ん中に線をつけて飾りをつけたり
a0228364_23083117.jpg

なかなかいい感じです♪
a0228364_23083195.jpg

あとは、例えばカードケースの差し込み口のところに線を入れたりするのも飾りになると思います。
a0228364_23083265.jpg

とかなりマルチなツールです。

ここで気を付けて欲しい事があります。

「ヤフオク、Amazonなどで販売されているこの機能の他に『ヘリ落とし』の先端がついているもの。。これは中国製の証拠です。形状は似ていますが極端に出来が悪くて、ヘリ落としなんか切れやしないです。」
a0228364_02071439.jpg

↑the 無断転載!!原価いくらするかしらないけどお金儲けのためにこんな粗悪品を世に出さないで欲しいです!
こんな切れる訳がないヘリ落としがついていてマルチステッチンググルーバーなどと題して売っていると思います。
買ってしまった方がいてお預かりして研いでみたんですが、中国製工具の金属特有のギザギザの線、、なぜか消えないんですσ(^_^;)
アイデアは良いと思います。日本製のこういうヘリ落としのパーツがあると良いですね♪

あと、あると便利なのはディバイダーです。
ネジねんでは不可能な幅の印つけや、箱物などどうしてもネジねんやプロ・ステッチンググルーバーでは線を引けないところも引きやすいです。
a0228364_23341310.jpg


それで初心者用の参考書(クラフト社監修)によく載っているヘラ付ヘリ磨き、、
手縫いの線つけとして使うよう書いてあることがありますが無理があります。こんなのでちゃんとした線引ける訳がないです。
直線だったらなんとかできますがカーブはまず無理です。
a0228364_23341316.jpg

名称のとおり、ヘラとしては使えます。
a0228364_23341422.jpg

あと、ヘリ磨き??コバ磨きの事でしょうか?
a0228364_23341431.jpg

スリッカーのような使い方はできますね。使いようによっては玉ネンのように使えますがやはり曲線に使うには無理があります。

あとはネジねんですね。
a0228364_23464114.jpg

縫い線の印付けの代表格の工具のような感じですが、安いのと高いので随分と性能の差がついてしまう工具です。
絶対という訳ではありませんが先端を少し削って段差をつけないと使いにくいです。あと、一般的に販売されているものは右利き用なので左利きの方は大変ですよね。。ネジが死角になって印をつけたい肝心なところが見えないと思います。

左側が値段が高いほうで、右側が普通のネジねんです。
a0228364_23464135.jpg

ちょっと写真だと分かり辛いのですが、高い方は金属が硬く厚みもあります。
安い方はちょっと薄くて柔らかい感じです。あと長いので曲がりやすいです。これが原因で狙いを外す事もあります。

左側のようながっちりとしたネジ捻は高いと言っても4千円くらいだと思います。充分高いですね。。?
僕はもう感覚がおかしいんです(笑)

最後に溝捻です。
上が昔ながらの鍛冶屋さんの溝捻、下がフロンティアの溝捻
a0228364_02240520.jpg

有無を言わさず決まった幅の線をひけます。
僕はコバから2.5ミリのところにステッチラインもっていくのが好みなのでネジねんなどのように毎回幅を変えなくてよい溝捻をよく使います。
こっちの方が仕事が早いです。
a0228364_02240667.jpg
フロンティアの溝捻は1ミリとちょっと太い線がつくので幅のあるヨーロッパ目打ちを使用する際に重宝します。

あと、次回詳しく書こうと思いますが持ち手の形状が違いますよね?
アメリカのこの手の工具って押して使うものが多くて、日本製は引いて使うものが多いです。
もちろん押して使った方が力が入ります。フロンティアの溝捻は押しても引いてもOKです。そういう計算で弾き出された構造なんだと思います。違うのかな??僕はそう感じます。

以上のような工具をレビューしてみましたが、縫い線の印付けに関しては日本製のプロ・ステッチンググルーバーがもっともマルチで性能も良くお手頃な価格で買える優秀なツールだと思います。

昔からあったツールではない筈です。開発した方は凄いな、、と思います。

番外編
その1
菱目打ち2本刃1本、菱錐1本の場合
a0228364_01535112.jpg
このように片方の刃をガイドラインとして縫い目の印付けができます。
a0228364_01535110.jpg


その2
すいません。工具の名前知らないんですが昔からある工具です。
a0228364_01535153.jpg

両端がそれぞれ2ミリと3ミリ幅です。
a0228364_01535285.jpg

こんな感じで2種類の幅の印付けができます。
小回り利いて結構使いやすいです。

今回はこのくらいで詳しくは次回書こうと思いますが、昔からある工具は自分で加工しないと使い物にならない物が多いです。革包丁なんてその代表格だと思います。

切れ味が落ちたらどちらにしろ自分で研がないといけないですが、マックスの切れ味を知らない状態でどうやって研げば良いんだろう??と思います。
どこまで研げば良いのか分からないですよね、、

僕は幸運な事に刃物の館やすらぎ工房さんの近くに住んでいて本研ぎもしてもらっていますからマックスの切れ味を知っています。だから切れ味が落ちたらそれを目指して研げば良いんです。サクッと研げる訳がありませんが(笑)

革包丁に関して言えば「この革って硬いんだな、、」とか思ったらその時点でマックスの切れ味じゃないです。革が硬いと感じるのは錯覚くらいに思っていいと思います。ただ単に刃物の切れ味が悪いだけです。

話逸れましたが、先日昔ながらの鍛冶屋さんのネンを5本買いました。
フチ捻、タマ捻、溝捻です。
a0228364_00483140.jpg

1本2千円程度です。

そんなに高価ではないですよね?
凄く良い素材だとも思います。

ただ、バリが凄いです、、仕上げの研磨なんてされていません。
a0228364_00483158.jpg

要するに買ったあとは自分で加工してね♪
というスタンスなんだと思います。

それで頑張って加工しました。よくわかりませんが硬い金属です。
a0228364_00483186.jpg

だいぶ自分好みになったんですが、まだ微調整が必要です。右側から2番目のフチ捻がいまいちです。。

自分好みというのは見本となる物を持っていてそれに近い形状をだそうとしているだけで特殊な形状ではありません。本物を持っているから加工ができるんです。革包丁と同じ話です。

やっぱり簡単にはいかないですよね、、僕は革を扱うひとなので金属の事はよくわかりません。
出来ないことはないですがプロのクオリティーは出せないですし、何と言っても時間がかかるσ(^_^;)
あと鉄粉が舞うからできれば金属の加工はしたくないです。革真っ黒になるの嫌です。

一般的に物って買ってそのまま使えるのが当たり前だと思うのですが、、

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-18 02:58 | レザークラフト工具

皆さん今年お世話になりました♪初コラボ!あとレザークラフトはモテる趣味に違いない(笑)

こんばんは(^_^)v

今年中のお仕事は全て終わりいまのんびりと趣味のレザークラフトをやっています。仕事も趣味もレザークラフトです(笑)
今月でレザークラフトを始めて満6年。まだまだ初心者!来年は更に色々なことにチャレンジしていこうと思います!

我が工房の番犬と言うか?マスコット?
ワンコの背中にサドルを載せてみました(笑)
a0228364_13491604.jpg

ちょっと重そうですσ(^_^;)
a0228364_13491618.jpg


まぁ、こういうどうでも良い事ができるのも趣味の良いところです。
あと、レースカッターを自作してみました♪
材料は木、ネジ、カミソリの刃、釘だけです。
形状的にはこんな感じで、
a0228364_13491627.jpg

使った感じはYouTubeにアップしました。

ハンドメイドレースカッター

レースメーカーで大まかな幅に切り出した革紐を均等な幅に切り出す工具です♪

最初はこんな構造でした、
a0228364_14091445.jpg

どうも上手くいかなくて悩んでたところ、五助屋レザーさんからアドバイスを頂き、改良した結果動画くらいのカットができました。
いつもありがとうございます(^_^)v

こういう工具の作り方はこの本に載ってます。本当にお勧めの一冊です。
a0228364_14091426.jpg


オーダーメイドの方は今まであまり作った事のないアイテムや苦手なラウンドファスナーウォレットはちょっとまいりましたがなんとか上手くできたようです♪
オーダー主さんが気に入ってくれたので良いものを作れたのだと思います。

ペアウォレットで、三つ折りウォレットとラウンドファスナーウォレットです。
a0228364_14091514.jpg

カードをかなり増やす都合で物凄く薄い革を使いました。今回もレザーメイトさとうさんのSサドルです。
ヨーロッパ革を思わせる美しくきめ細かい銀面が特徴の高級革です(^_^)v

部分的にアップの写真を♪
a0228364_14091599.jpg

a0228364_14091593.jpg

あと軽さにも拘りました、
三つ折り財布はこの軽さです。
a0228364_14091522.jpg

この重さはこのくらいカードを入れた状態の重さです。
a0228364_14091642.jpg

今回はカービングなしだった分細かなところに重点を置きました。漉きって大変だけど薄く、機能性をあげたい時は避けて通れない作業ですね♪
結婚記念日のお品ですから末長くお幸せに末長く使ってくださいね(^_^)v

あとは目薬ケース♪
デザインはお任せでした。
ケース類って苦手ですσ(^_^;)
頑張って作ってみても、、
a0228364_14091665.jpg

目薬が入らない(笑)
a0228364_14091603.jpg


結局マチをつける事にしました。
a0228364_14091658.jpg

これでOKですね♪
a0228364_14203704.jpg

後ろには屋号スタンプを♪
a0228364_14203759.jpg


定番のフェザーキーホルダーもご注文頂きました。
a0228364_14203721.jpg

在庫品だったこいつも旅立ちました。
a0228364_14480605.jpg


その他にも公開できないお仕事がたんまりあったのですがなかなか大変でした。同じもの2桁は初めてでしたσ(^_^;)

話変わります。
先日、前から温めていたコラボが始動しました。
コラボはバイカーズアイテムを中心にカービング、スタンピングもされるLife Tools Studio NOLAさんです。
どちらかというとイベント中心、対面販売を重視されている方なので僕とは全く違う経営方針です。だからお互いに得るものがあるんだと思います。

今回は初コラボという事で簡単な物を作ろうと決めた以外は何を作るか?どういう分担をするか?というのを全く決めず、デザイン、型紙起こしから初めて途中ちんたらとタバコ吸ったり嫁も混ざっておしゃべりしたりと作業時間は正味2時間くらいだと思います。
a0228364_14432314.jpg

こんなキーホルダーを作りました♪
a0228364_14203864.jpg

裏はこんな感じです♪
a0228364_14203813.jpg

彼とはお互いの得意分野をよく知っている仲なので作業の分担はかなりスムーズでした。
来年からはもっと面白い事をします。乞うご期待です♪

また話題が変わります。
レザークラフト教室です♪
まずはじめに仙台レザーズの山本さんです。
色々と質問を受けてそれを教えるというアバウトな形式の教室になっているのですが今回は革漉き機の研ぎ方、カットワークについてでした。

まぁ、こういうことなんですね。カットワークって。
a0228364_14432380.jpg

あっ!そうだ!
nijigamitoolさんのトコを磨くブロックをお借りしました。
a0228364_14432455.jpg

持ちやすいですね♪
作りを見て思ったのは、木は木のスペシャリストに任すべきという事です。
自作して自分で作るのなら良いんですが販売できるようなクオリティーは出せないですσ(^_^;)

次にM.Kさんですね。
かわいいスマホケースです♪
a0228364_14550819.jpg

彼女さんへのプレゼントという事でしたが、それはそれは彼女さんも大喜びしたそうです。僕までうれしくなってしまいます♪
僕の教室にくるとこんなに素敵なアイテム作れるようになります。
あと、モテるようになると思います。レザークラフトはモテる趣味に違いありません(笑)

おまけ♪
インパクトとバーナー購入しました。
a0228364_14480677.jpg

インパクトはこんな事できますね。
a0228364_14480714.jpg

ポンチを磨いたり研いだり。
バーナーは捻を炙る時に使ってます。

おまけ2♪
親戚の家で僕のちっちゃい頃の写真でてきました。
a0228364_14524433.jpg

なんてかわいいんだろう(笑)当時女の子によく間違われていました。僕はそれを誇りのように思っていた記憶があります(笑)

みなさん今年はお世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いいたします(^_^)v

よいお年をお迎えください♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2015-12-27 16:32 | レザークラフト

レザークラフトの工具は素敵ですね♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

レザークラフトって工具がやたらと高いような感じがします。。
でも、よく考えてみたら趣味なんてどれもこれもお金がかかるものだと思います。レザークラフトは特別お金のかかる趣味ということはないはずです。

とか言いながらもレザークラフトの工具は需要が少ないところに価格が高くなる原因もあるんだと思います。あと特殊な形状のものが多いから、、
ホームセンターに行くと木工の工具なんてどこのホームセンターにでも売ってますし、「なんて種類が豊富なんだ。。」「安いのから高いのまであって間口が広い。」と思います。

そして1番に思うのはレザークラフト工具も売ってたら良いのに、、ということです。
でも最近全国の至る所で「パンドラハウス」というレザークラフト取扱店ができてますね!!この勢いなんなんだ?と思います。残念ながら福島市にはないです、、
北海道のKさん。近所にあると思いますよ??

それでも専門店といえるほどのお店は少ないと思いますし、取扱店が増えたとはいってもネットショップに頼るところが多いと思います。
触ってもいない工具や立ち読みもできず内容も分らない参考書をいきなり買うのって博打的なところがあって怖いですよね。僕の場合工具を購入する際、レビューは一応参考にしますが実際自分に合うかどうかは暫く使ってみないと分らないのでとりあえず買います。
そして嫁に「えっ?」っていう顔をされます。でも怒らない良い嫁です。だから工具増えるんだと思います(笑)

ただ、ホームセンターとかにいった際は是非違う分野の工具も見て欲しいな、、なんて思います。
レザークラフトで言うところのドレッサーとディバイダーですね♪
a0228364_18344567.jpg
ドレッサーは木工で言うところのサンダー。
ディバイダーは金属加工で言うところの金属用コンパスです。
他にもあると思いますし、他の分野の工具を上手く代用するのも良いと思います。
100均工具で良い物だってあると思います。

僕のブログのヒット率を支えている記事の一つに100均工具でレザークラフト♪という内容のブログがあってその記事では穴あけ工具として精密ドライバー(-)を使ってるんです。かなり無茶な感じですが菱目打ち手に入れる前は本当に使っていたんです(笑)

100均工具でレザークラフト♪の記事

高価なツールを買うだけでなく作れる物は自分で作るのもレザークラフトのうちだと思いますし楽しいですよ♪
工具を自作するのであればこの本を是非!と思います。
a0228364_18344538.jpg
中身の写真はアップできませんが、内容はレザークラフトの技法、工具の使い方、工具を使う際の注意点(怪我をしないように)、工具の手入れの方法、工具の作り方が載っています。
密かにレザークラフト大全集みたいなテキストです。

その中でも1番衝撃を受けたのはベベラという刻印を半分くらいに切ってそれにハンドルをつけてプッシュベベラを作る!という方法です。

この刻印はベベラです。
これを真っ二つに切るんです。そして木のハンドルに差込む、、
a0228364_18424283.jpg
今の僕には恐ろしくてできませんがそのうちやるかもです。

あと、これに似たような発想の面白い工具もあるんです。
いや、あったんです。といった方が良いと思います。今は多分ないです。

ハンドルの先に2本刃がついてます。工具の名前は知りません(笑)
a0228364_18424284.jpg

こんな感じに使います。
a0228364_18424242.jpg

するとこんな穴が空くんです。
a0228364_18424395.jpg

幅からしてかがり用だと思うんですが実験で手縫いしてみました(青の糸です)。
a0228364_19023380.jpg

ヨーロッパ目打ちのような角度のあるステッチ♪

これは使える!!
とは思いませんでした。手縫いに使うには精度が悪すぎる(笑)
どうせなら菱目打ちにハンドルのようなものをつけて同じ事した方が綺麗な穴が空くと思います。

実験しました。
a0228364_19023374.jpg

ハンドル付けないで実験しましたが十分に穴が開いてあとは菱錐で貫通させればOKな感じです。

こういう感じで連鎖的にアイデア出していって自分の環境にあった工具作るのも楽しいと思います。抑える事が出来るコストは極力抑えたいです。
僕が考えつくような工具は僕が知らないだけで昔からあるのかな??

色々作ってみたい工具はあるのですがハマりすぎると革製品を作るのが疎かになります。たまに息抜きで作る感じです。

あと、工具のハンドルとかに使われている木が凄く好きです。
鉄刀木、ローズウッド、ココボロ、紫檀、黒檀などなど。
a0228364_17540573.jpg
ウッドスリッカーは目が詰まった木材が良いのかと思いますが、ハンドルが高級木材だと使い易いとか腕が上がるとかそういうのはあまりないと思います。ハンドルが高級な分高価になったりしますしσ(^_^;)

ただし愛着度が抜群に上がる!(笑)

ウッドスリッカーはたまに作りますが削っている時の木の香りに癒されます。
木工の電気工具を持っていないのでカンナ、ヤスリ、彫刻刀、小刀でゆっくりまったりと作れるのも楽しいです♪

本当に1番作りたいと思う工具は刻印です。
今までリフターとバスケットを作った事があります。
リフターは釘、バスケットスタンプは六角ボルトを削って作りました。

a0228364_19113275.jpg
丸二日かけてバスケットスタンプを作り終えた時の感想は、、
もうやらない!買った方が良い!でした。「時は金なり」です。(笑)

刻印は数多く持っていますが思うところあってブラックツール(プロシリーズ)を注文しました。
カートショップみたいな買い方ができなかった上、メールも何故か送信できなかたったのでFacebookのMessengerで失礼かな?とおもったのですが注文したいから価格を教えて欲しいとロバート・ベアード本人に伝えました。
完璧な英語なんてできないです。だから文章はシンプルにそしてビビらずに、を意識しました。
伝われば嬉しいです。メッセージ送った後は後でビビってますが、、(笑)
色々と相談にのってくださったさとけんさんありがとうございます(^_^)v

おまけ♪
スーベルカッターの角度調整機。
本体ごと固定するので安定感があります。この角度からみるとカッコいいです。
a0228364_19245549.jpg

裏から見ると凄い!角度調整機ごと研ぐ(笑)
a0228364_19245504.jpg
ダイナミックだ!!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2015-08-20 20:00 | レザークラフト

プレス機欲しい!でもまだ買えない!だったら作ろう♪

こんばんは( ゚▽゚)/

最近湿度が高くて参っております。。この時期は腰痛、肩こり、眼精疲労が酷くなったりします(゚ー゚;A

なにか対策はないものかと思っているのですが今肝油ドロップとか飲んでます。
幼稚園の頃半強制的に飲まされていたのを覚えていますが、今時の肝油ドロップって美味しいんですね♪グミですよグミ(笑)

前置きはこのくらいで革ネタです♪

表題にもありますがプレス機が欲しいんです。ただ今の状況で金庫番の嫁に買ってくれ!と言っても速攻で却下されるのが目に見えているので貯金を始めました♪
それでプレス機と一言にいっても色々あると思うんです。やっぱり全てをカバーしてくれるオールインワンのものが欲しいです。
はっきり言うと五助屋レザーさんも製作に携わったALL-2000レザークラフト万能機が欲しいんです。ネットで似ている様な感じのプレス機はあるんですがやはりそれらはレザークラフト用に設計されている物じゃないからだと思うのですが一長一短があり買ってみてから問題が発生するのが怖いですσ(^_^;)
やっぱりレザークラフトに携わっている方が関わっている工具は安心感がありますよね♪

実はALL-2000の値段知らないのですがなんとか手に入れたい逸品です♪

ということで一時凌ぎではありますがプレス機を作ってみました。
a0228364_17232308.jpg
材料は時計の裏蓋をはめる工具です。
わかいころ時計集めが趣味だったので以前からちょっと気にはなっていたんですがどう考えても圧が足りないので見送っていましたがAmazonで安く売っていたので買ってみました。2,000円〜3,000円くらいです。
a0228364_17170729.jpg
難しい加工は特になしで、いっぱい付属しているプラスチックの駒のどれかをフラットに削って下敷きを付けただけです。ハンドルに革巻いたのはなんとなくやりたくなったからです(笑)

予想通りパワー不足です(゚ー゚;A

でもアクリル刻印ぐらいはいけるんじゃないかな?と思います。
a0228364_14390872.jpg
アクリル刻印は持っていないので100円玉をぬらした革の上においてプレスしたら模様もでましたし、小さな抜き型ならOKでした。

その小さな抜き型と言うのは日頃から性能が悪いと猛烈に批判している某国製のすぐに壊れる工具、、あれだけ言っておいてヤフオクで抜き型41個入りの物を買いましたよ(笑)
送料込みで1,500円くらいでした。
a0228364_17180405.jpg
流石は某国製と思える質の悪さ、、刃がついていない物もあるので当たり外れに左右されるところも辛いです。当然ながら刃がついていない物を使っても抜けません。

また溶接の甘さで革を抜いたときバリがでますが最初から駄目だと分かりながら買うとダメージがないです。逆に何個かは当たりがあって嬉しいくらいです(笑)

このくらいのことは出来ますし、抜き型、時計の裏蓋はめる工具合わせて4千円ちょっとですから十分過ぎるくらいです♪
a0228364_17171492.jpg
話は変わりまして今度はAppleWatch用レザーバングルです♪
a0228364_17162039.jpg
a0228364_17162743.jpg
ウエインジュ−スキー刻印のこの立体感は凄いです。ベルトの上下で模様の向きが違うのは単なるミスです♪(笑)

いつもコメントくださったり直接お話したりと色々お世話になっているAngieさんのブログにも紹介されていたバスケットスタンプ等をキレイに打つ定規を使ってスタンピングしてみました♪

a0228364_17154964.jpg
この定規もの凄く便利です。是非是非作って欲しい治具ですね♪

そして手縫いは嫁にやらせます(笑)
a0228364_18012914.jpg
いや!なかなか上手いですよ!だから任せるんです♪

その間僕はネットショップの管理をしたりできます。

それで昨日色々と設定をしていたネットカートショッピングサイト
Handmade leather goods t.kanno on the BASE
なのですが、当ショップの商品は全て【送料無料】です。

にも関わらず実際カートに入れて見ると1万円以上お買い求めで送料無料という表記になるなど設定のミスをしていることが判明しました。。

送料無料と書いてあるにも関わらずいざカートに入れてみたら送料が発生する、、
僕が仮にそんな目にあったら頭に来て速攻でクレーム付けていると思います。大変申し訳ありませんでした。
昨日全ての商品を送料無料設定に訂正いたしました。今後気をつけます。

あと、こんな直近になってしまいましたが現在「父の日25%OFFセール」実施中です。
キャンペーンコードのご利用で全商品25%OFFとなります♪

↓キャンペーンコード↓
 thank-you

お父様へのプレゼント、プレゼント貰えなかったお父様の自分へのご褒美、もちろん父の日と全く関係なくてもキャンペーンコードさえ入力していただければどなた様でも全商品25%OFFです。
よろしければ是非ご覧下さい♪

おまけ♪
以前からお世話になっている北海道のK様から頂いたダーツ用のバレル洗浄液です。
a0228364_17185529.jpg
僕はたまにスーベルナイフをこれで洗浄します。洗浄後は油を注してくださいね。ごっそりと油が抜ける感じです。
スーベルナイフが驚くほど指に吸いつきますよ!

もうひとつおまけ♪
刻印も使い方次第で高級刻印にしかないデザインを表現できますよね。
例えばこのタイプのボーダーは上手く帳尻を合わせながら一周まわすとフラワーセンターになります。
a0228364_19141638.jpg
高い物は良いから高いんだと思いますが、持っている物を使って知恵を絞るのも楽しいですよね♪

今日はこんな感じです(⌒ー⌒)ノ~~~

ホームページもよろしければご覧下さい♪

[PR]
by tkanno4649 | 2015-06-16 18:24 | レザークラフト

刻印の加工などなど( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

レザークラフト意欲があまりでないので普段カービングをしていて欲しいな、、と思うサイズの刻印の加工などなどをしていました♪

今回はほとんど刻印の記事です。

まずはオーダー主さんから頂いた刻印です。ウェインジュースキーのバスケットとジオメトリックです♪
a0228364_2302242.jpg

a0228364_2302344.jpg

高価な刻印ですから本当にお断りしたんですが、この刻印を使ってアイテム作って欲しいとの事。こう言われると断りようがないですσ(^_^;)
刻印は一生物ですからね。ガンガン使わせて頂いきます。ありがとうございます♪
しかし、この印影凄いですよね。1回ずつ軽く打っただけでこのバリッとした立体感は凄いです。
エイジングサンプルようにキーホルダー作ってみました。
a0228364_2302466.jpg

岡田明子さんから聞いたのですがサドルメーカーさんでよく使われているそうです。サドル作りはしたことないですが、他の刻印より少し長くて太いシャフト、ズンっと入り込む感じ、、なんとなくわかるような気がします。

続いて刻印の加工です。
その前に朗報ですね♪
SK刻印のアンダーショット(SKB050)!
改良されている噂を聞いていたので購入してみました♪
a0228364_2302589.jpg

明らかに違いますね!構造も変わってます。先端の盛り上がり方、写真には写っていませんが両サイド全体がなだからな曲線になっています。
a0228364_2302686.jpg

細かいところですが打刻の印影とリフトアップの感じは全く違いますよね♪
メーカー側の努力を感じる事ができて嬉しいです(^_^)v

それで、発売当初のアンダーショットは加工して既製品の1番小さな物のだいたい半分のサイズのアンダーショットを作ってみました♪
右のはバリーキングの1番小さなアンダーショットです。
a0228364_2302746.jpg

なかなかいい感じです。
これでスカラプの多いちっちゃい花も綺麗にカービングできると思います。
実験で小さな花をカービングしたペンダントトップ作ってみました。
a0228364_2302723.jpg

そしてマイ刻印を逆に打つ(笑)
a0228364_2302867.jpg

これが正しい向きだと思い込む!!
五助屋レザーさんのアドバイス(笑)
これでいいのだと今は確信してます(笑)
あと、刻印の加工はベベラですね。
ちょっと狭いところに打つのに便利なサイズです。
a0228364_2302959.jpg

写真も加工してみる(笑)
iPhoneアプリって面白いのいっぱいありますね♪

そうだ!
今度はもっと小さなウッドスリッカー作ってみましたよ。
a0228364_2302936.jpg

かわいい(>_<)
嫁がペンダントトップにしたらかわいい♪
と言っていましたがそれはすでに五助屋レザーさんが作ってますよね。外出先で突然コバ磨きしたくなった際の必需品ですね(笑)

こんな感じであんまり革を本格的にいじっていませんσ(^_^;)
挙句の果てには変な楽器作りも初めています。
楽器を作りたい。。半田ごてを使いたい。。
まずは機械部分製作から♪
a0228364_2303049.jpg

ストラトキャスターの構造をベースにピックアップセレクターはレスポールの構造、ピックアップのところはジャック式にしてアナログシンセをさしたり、テルミンをつけたり、シングルピックアップのギター擬き作ってつけてみたりと訳の分からないものになる予定です(^_^)v

かなり適当なスケッチと配線図(笑)
a0228364_2303156.jpg

パーツのチョイスと機械の構造は分かっているのでなんとかなるはず!
今のところわからないのがアースをどこに持っていくか?
ストラトだとスプリングハンガーに取り付ければいいのですが今回はこのパーツがないので、、σ(^_^;)
レスポールとかテレキャスだとブリッジに付けるから、、??ここがわからない、、

これからコンデンサー、スプリットシャフト、木材が届く予定です♪

ついでに簡単な構造な4弦ギターも作ってみようと思ってますが、今回の狙いはギターのような弦の振動とコイルによる電気信号を音源にするのではなく、アナログシンセの波形やテルミンによる空間電気信号を音源にしようと思ってます。
変な音できたら最高です(^_^)v

あっ!そうだ!
いつも電話しながら一緒に作業したりしているLife Tools Studio NOLAさんが遂に革漉き機注文しちゃいました!
機種は僕がお勧めした僕と同機種のZIT TOOL社のTK-801BL、押さえ金はENGAWAさんのスペシャル押さえ金♪
ナイスチョイスだと思いますp(^_^)q

僕と同じ機種、同じ押さえ金ですからお互い研究し合えるのもいいですね♪
こういう繋がりって凄く大切だと思います。いつも助けてくださる皆さんありがとうございます(^_^)v

買うときはかなりの覚悟必要でしたが買ってみるともう必需品とも呼べるのでなんで早く買わなかったのだろう?と思います。
a0228364_2303235.jpg
こいつに出会う前の話、、

どこのメーカーが良いのだろう?新品?中古?価格の相場は?大きさは?使いこなせるのか?と相当悩んだ挙句、あんまり良くないものを買ってすぐ壊れて返金してもらいましたσ(^_^;)

そんな事があった後に出逢ったのがTAKING製革漉き機の上位機のTA-801BL♪
ブラックボディーの正規日本代理店はZIT TOOLSさんだけです。
カーボンレスサーボモーター、600Wというのはかなり高性能だと思います。この価格帯なら普通クラッチモーター、400Wくらいじゃないかな?という感じです。

オークションとかで出ている黒色塗装の中国製革漉き機はTAKING社製ではないので気を付けてくださいね。
詳しくはZIT TOOLSさんのホームページで!

TK-801BKは足が日本製になったそうです。ZIT TOOLSさんはマイナーチェンジが多いと思います。より良いものを、、と言う努力なんでしょうね。。作り手としてはこれほど嬉しい事はないです。

唯一問題なのは、ZIT TOOLSさん、、とても良い社長さんなのでたまには電話したいな、、とか思うのですが、全く不具合がでないので要件がなくて困ります(笑)

あとおまけ。
嫁が竹槍を知らなかったので絵を描いて教えてみました(笑)
a0228364_2303213.jpg

調子にのって色々とパーツを付け足していくと嫁が、あっ!見た事ある!ごみ捨て場の近くにこういう車あったよ!

身近にあるのか、、(笑)
僕もある意味変態ですが、極めようとするとなんでも変態、、
僕の考えですが、変態=かっこいいです。中途半端は嫌ですね♪

今日はこんな感じです(^^)/~~~


Hand made leather goods t.kanno

[PR]
by tkanno4649 | 2014-11-24 21:16 | レザークラフト

適当に色々な実験を( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

寒いですねσ(^_^;)
こう寒暖の差が激しいと調子も今一です。とりあえずこたつを出しましたが衣替えをしていないので半袖半ズボンで作業していた僕が100%悪いんですが風邪気味です、、ちょっと嫁が実家に帰っているだけでこんな感じ、、自己管理もろくにできない男ですよ(笑)

そうだ!
先週の日曜日東北レザーの皆さん、レザー仲間さんたちとBBQやってきました♪
作業上引きこもりがちになってしまうので良い息抜きができました。
a0228364_18532515.jpg

アウトドアを全くしない僕はなにをしたら良いやらと言う感じでただただ肉と芋煮を食べていました。皆さんありがとうございました!

BBQに向けて作った携帯灰皿ケース♪
a0228364_18532659.jpg

一応マナーのつもりです♪

オーダーの方はこれからiPhone6PLUSのカバーとケースがちょっと急ぎですがこれはオーダー主さんさんからカバーが届いてからです。
オーダーの前に僕もiPhone6PLUS予約中なので届いたら自分用の試作からですね♪
カバーは頑丈な奴にしたいですね。巷で噂の現象が起こるのがちょっと怖いです(笑)

まずは急ぎではないオーダーなんですが、ワニの革をインレイした免許証入れ作ってみましたp(^_^)q
爬虫類系は全くの無知ですσ(^_^;)
a0228364_18532351.jpg

本番は鱗?が綺麗にそろったところを使おうと思いますp(^_^)q
あと、Sendai Leathersさんどうもありがとうございました!
遊びに来てくださるの楽しみにしてます♪

あとここからは実験やら検証です♪
内装に使おうと思って購入したサドルレザーのエイジングテストを♪
a0228364_18532521.jpg

一週間くらい日干ししました。ちょっと上品な感じ?ですかね?
僕個人としては好きな感じですp(^_^)q

あと、ギターストラップがいい加減ダメになってきたのでどうせならとリメイク♪
a0228364_18532618.jpg

ピックケース付きですp(^_^)q
あと、縫い付ける前に金具付けにくい時とかはこういう板があると便利ですね♪

そして久々に自作工具を作ってみたりする。元ネタは僕じゃないです。
コバを整えるサンダーっぽいのです?
a0228364_1853276.jpg

千円くらいで売っている先端が回転するタイプの電動歯ブラシの毛を抜いてヤスリをクッション付きの両面テープで貼り付けるだけです。ルーターにヤスリのビットを付けるのとは違い面が平らなのがなかなか良いと思いますがやはりパワー不足なところはあります。パワーがありすぎだと本来の目的である歯磨きをすると口の中が血だらけになると思います(笑)
ちょっと誤算だったのが先端の回転だけで良かったのに下の方も上下運動するのでちょっと振動が多くてこの機能はいらないような感じですσ(^_^;)
ネットで購入して同じメーカーの中で安い方が上位機種、先端が回転するだけの安い方がノーマルタイプでした。こんな事もあるんですね(笑)

話は変わりまして、いつもお世話になっている北海道のKさん。いつもカービングの写真送ってくださります。
勝手に写真載せるのはダメだな、、と思うのでUPはしなかったんですが、お許しを得たのでUPします♪
a0228364_23201013.jpg

図案は大塚さんのカーブトゥエンカレッジプロジェクトの図案の一部分です。参加したら良いのにな、、と思います。なんとなくですが風化を感じてます。
かなり上手いですよね!特筆すべきは成長が異常なほど早いんです。これは自分ではわからない事だと思います。そしてこの画素をカービングを知っている皆さんに見てもらってもやっぱり上手い!と言う、、なんですが本人はまだまだと言う、、こういう人は伸びると思いますp(^_^)q
抜かれないように頑張らなくては(笑)

おまけ♪
いつもお世話になっているにも関わらずLife Tools Studio NOLAのHiroさんを僕の家呼びつけてご飯買ってこいとパシリをさせた上、僕好みのおにぎりじゃなかったので土下座させブログにUPしたりしてみる(嘘)
a0228364_18532786.jpg

じゃなくて半裁で買ったサドルのベリーとショルダー最初に切る作業、この作業どこから切るべきか?でいつも悩みますσ(^_^;)
最初から切ってあるクロップはここら辺迷わなくて良いですしデジ単価は高いですけど捨てるところがない分お得だと思います。

あと、最新のバイカーモン。
a0228364_18532827.jpg

Facebook繋がりのKncレザーファクトリーさんの作品が掲載されてます♪
雑誌に掲載されてるなんて憧れますね♪

この情報を知ってから速攻で買ってきました。福島市だとこの手の本の入荷冊数が一冊、、とか言う本屋さん多いですσ(^_^;)

あと前から思っていたんですが僕の屋号はカッコ良くないし電話きた時屋号を言うのが恥ずかしい(笑)
この屋号になったきっかけは屋号とかなかった時イベントにお誘いされた時その場で適当につけたものでなんとなく今に至っています、、今更変えるのもな、、マイ刻印も作っちゃったし、、とか思ってますσ(^_^;)

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-10-05 17:25 | レザーの集い

金具の取り付けとレーシングポニーの改造( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

バッグの作り方が分からなかったので郡山市のひまわりさんに行ってきました♪
a0228364_1255571.jpg


極力疑問点や失敗したところは自力で研究したりするんですが、本当にどうしようもなくなった時は的確なアドバイスくださる店員さんのいる専門店に行きます。
刃物の館やすらぎ工房さんに至っては励まして欲しくて伺う事も多いです。
お忙しいところいつもありがとうございます。

やっぱりいざって言うときお師匠さん的な方がいると安心感があります。
あと、多くの革仲間がいると僕の苦手な分野をカバーしてくださったりと心強いです。
皆さんいつもありがとうございます!

それで皆さんもよく作られていると思うのですがコインケース作ってみました。このタイプは初です。
a0228364_0411969.jpg

a0228364_04120100.jpg

a0228364_0412170.jpg

屋号の刻印もズレてるし、、
何より金具の取り付けがかなりの下手さです(^^;;

金属パーツを極力使わないのが拘り!

とかそういうのではなく苦手なだけです。実はまともにコンチョすら取り付け出来なくてNOLAさんに聞いたりと、、

えっ?今更?
とか言うこと多いです(笑)

オーダー品のバッグは革をひまわりさんで注文して漉きに出してもらっているので今のところはデザインと型紙起こしでストップ。
袋物は苦手なので練習にと以前買った馬革の柔らかい素材を使ってタバコケース?っぽい袋物を作ってみましたがファスナーが悪魔系な感じです。
a0228364_0412234.jpg

a0228364_0412522.jpg


決して狙った訳ではないですが、何気なく選んだ赤のファスナーが何かを喰らった後みたいな感じです。
嫁はかわいいと言っていますがどこらへんに可愛らしさを感じているのか?がちっともわかりません(笑)

そして、今回は家庭用ですが見えない部品はミシンで仕立てました。ミシンって難しいです(^^;;
でも場所によってはミシンの方が強度を出せるところもあるので頑張って練習したいと思います!


I様の龍鯉のウォレットは練習で彫った物をよく見たら目の部品に間違えがあることが分かったので図案を少し直しました。あと、お任せして下さった内部のカービングの鳳凰やその他のカービング図案を考えていました。
内部パーツは基本的に長方形なのでどの様に収めるかで悩むところがあります。あと、冒険的な事はしたくなります。
このウォレットに対しては他にはないものを、、という気持ちが物凄く強いです。なので凝りに凝った作品、今まで作った中で1番頑張った作品にしたいです!

あと、ベルトはフラワーカービングとのオーダーなのでたまにはダイナミックでクラシックな感じで彫ろうかと思っていますp(^_^)q
練習用に彫った物はボツにしますが、もったいないので自作のポニーの糸がネジに引っかかる現象をなくするためのベルトとして使用しています。
a0228364_0412217.jpg

元ネタは僕じゃないですが、こうすればネジに糸が引っかかるストレスから解放されます。考えた方は頭いいなど思います。

話は木になりますが、先日購入したポニーはかなり使いやすいです。
そうなるとその他のポニーを使う機会が減ります。これもさみしいものだと思い。ちょっと改造してみました。
a0228364_0412433.jpg


改造する前の写真取り忘れましたが、両サイドの木の片方に蝶番を付けてみました。また、蝶番だけだとネジを締めすぎた時明らかに木がわれるな、、とおもったので、蝶番に無理な負荷がかからないよう当て木をいれました。
この改造で革を挟む際下の角度を調整するネジを回さなくても上のネジだけで開閉出来る様になりました( ´ ▽ ` )ノ

何事もGet Serious!っていう感じで頑張ります!

おまけ、
ラバーボトル、、
a0228364_0412447.jpg

かなり使いやすいです。早く買えばよかったです(^^;;
あと、嫁が早くも壁にぶつかっているみたいです。縫い目が乱れる原因が菱錐を垂直に空けられていないことだと気が付いたみたいです。自分で原因究明しているのは凄く偉いなと思いました。頑張って欲しいです♪
今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-07-03 23:28 | レザークラフト

ちょこっと作業場片付けました( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

寒いです。。カービングをしてると石が冷たすぎて手がこんなになります(^^;;
a0228364_23431066.jpg

初めて見たときは、なんだ!この内出血みたいなの!とか思ってました。

それで、今の僕の部屋は物が多過ぎて茶の間から作業場に入るのが大変な状態です(^^;;
年末年始で断捨離します(笑)

友達を遊びにも呼べない散らかりよう、、写真にも収められないこの感じ、、どうにかします!

でも、レザークラフトの工具だけは断捨離できないので雑な感じですがちょこっと模様替え?しました。
a0228364_2343898.jpg

ちなみに机の上はゴチャゴチャです(笑)
もりもりと増えていく工具たち...僕あんまり使わない工具とかでも飾っておきたくなるんです(^^;;

それでライターケースなんですが頑張って作ってます。目標まであと4つです♪
a0228364_2343822.jpg

同じ作業は飽きます、、なので1個だけスペシャルなの作ったりして、、
嫁の機嫌が悪くなっていく感がビシビシ伝わってきます(笑)

あと、この大量生産に向けていつもお世話になっている刃物の館 やすらぎ工房さんでフィグリーの時スカラプの所をキレイに抜けるよう彫刻刀を加工してもらいました( ´ ▽ ` )ノ
a0228364_2343975.jpg

こんな細かなの僕には絶対できないです(^^;;
お陰でいつも抜けなくて困っていた細かすぎるバックグラウンドもサクサクいけるようになりました!

あと、いつも気になって仕方なかったRON'S社のヘリ落とし、、
持っている方は分かると思うんですが油断してると捻みたいな跡がついちゃうんです(^^;;
そこらへんをどうにか、、とやすらぎ工房さんにお願いしたんですが、
a0228364_2343101.jpg

全くこの捻が入るような現象なくなりました!
最近では、どんな無茶なお願いしてもやってくれるんじゃないかくらいに思っちゃってます(笑)

おまけです。
a0228364_23431133.jpg


いつ作ったか忘れましたがヘリ落とし研ぎ機!モーターが弱すぎて役に立たないので今回の片付けで引き出しの奥にしまいました(笑)

今日はこんな感じです(^^)/~~~
[PR]
by tkanno4649 | 2013-12-21 23:04

11月13日(水)のりーふくレザークラフト部は開催です!あとコバ!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

なんだか急に寒くなりましたね。。今年も秋がなかったというか、短かすぎたというか?
過ごしやすい季節はすぐに過ぎてしまう様な気がします。つい最近まで汗だくになりながらトコ磨きとかしてた様な気がします(笑)

それで本題なんですが、
11月13日(水)18時〜21時
りーふくレザークラフト部は開催です!
参加費用は500円です。

イベント等ありまして久々の開催です♪

それで今回は少し変則です。

まず革談義中心の開催になると思います。いつもの事か?(笑)
臨機応変という感じなんですが、19時までりーふくさん、その後福島市街のagatoさんに移動となります。

agatoさんはソフトドリンクなら、300円+席チャージ200円なので、レザークラフト部参加費用の500円と同じです。

この様になったのは、結構傷のある革で作った僕のロングウォレットをりーふく店主さんが使って下さっていたんですが、それを見たご友人も欲しいとおっしゃられているようで、つまり私事です。すいません(^^;;
りーふくレザークラフト部の皆さんが一緒にいると心強いな、、なんても思っています。
商談下手なので助けて下さい...ご飯くらいなら奢ります(笑)

りーふくレザークラフト部は自由参加制なので、事前予約はいりません。工具不要、材料もある程度ありますので初心者の方も大歓迎です!

話は変わってコバ磨き(処理)についてです。
まず初めに、コバ磨きかなり苦手です。

僕はタンニン舐めしの革しか使わないのでコバは必ず処理しますし、自分なりに拘っているつもりなんですが、僕の作品のコバからはその拘りが伝わってきません(^^;;

ホントに上手な方のコバを見ると貼り合わせしてあるのが分からないくらいだと思いますが、僕はそこまでできません。
コバ磨きは「納得いくまで!」だと思うんですが僕は諦めるのが早いみたいです(笑)

とりあえずは色々とやっているのでコバ磨きの際に使っている液体類や工具の紹介を!
a0228364_16284486.jpg

まずは工具類から、
ウッドスリッカー、ヤスリ系、ヘチマに布、、
でヤスリ系は必ず使います。最後は1000番のサンドペーパーで仕上げます。
ウッドスリッカーは手前の2つは自作なんですが、実際使っているのはほとんど布です。
洋書にも掲載されていると思うんですが、トコノールやCMCを塗った後ガラス板の上でコバに布を当てて素早く磨いたりする方法もあります。
こういうコバの毛羽立ちを寝かせて綺麗にするタイプのコバ処理剤はスピードが命という事だと思います。
力を入れすぎるとコバが割れてコバが厚くなってしまうと思います。
ウッドスリッカーは何と言ってもお洒落なので僕はやたらと使いたがるんですが、いつも最終的には布磨きだったりします(笑)

次に液体類、
a0228364_16284487.jpg

コバの毛羽立ちを寝かせる系のものだとCMCやトコノール
コバを固める系だとエッジコート、コバコート、コバスーパー(名前変わったかもです?)、イリス
ラナパーも最終仕上げで使えるみたいですね。
あと、意外と大切だと思うのがボンドです。僕は裏貼り以外のところはダイアボンドを使います。
このボンドは元々革靴用というだけあってかなり強力に接着できます。コバ磨きの際に接着が弱いと割れてしまうと思います。
あと、革はやはり天然素材なので目の詰まり方が均等じゃありません。硬いところは上手くできて柔らかいところは割れる...なんて言うこともあると思いますが、僕は最近フチ捻で焼き締めているのであまりこういった現象がおきなくなってきました。
あと、ラブラブクリーナーもよく使います。はみ出したゴムのりはこれで簡単にとれます。

最後にルーターに付けるタイプのスリッカー?です。
a0228364_16284581.jpg

僕が持っているルーターは2つで30Wのものと20Wのものです。個人的にはコバ磨き目的なら20Wでも充分だと思います。20Wでも力加減間違えるとコバが焦げます(笑)
これは確か5千円ちょっとだったと思います。

先ほど紹介したウッドスリッカーやルーターの先に付けるタイプのスリッカーもルーターで作りました。一本あるとなにかと便利だと思います。

それで、もし先端に付けるタイプのものを...という時気をつけないといけない事は、そのルーターが3mm径のビットに対応しているか?という事です。一般的に売られているネジで1番小さいのは直径3mmだと思います。

僕が2つ持っている理由は金属加工用と革用に分けているからです。刻印加工に使用したルーターはやはり鉄粉がついていると思うので革に使うのが怖いです。多分革が真っ黒になると思います。

だいぶ長い記事になってしまいました。それだけ色々やっているという事だと思うんですが、何故か上手くいきません。。
多分根気がないだけだと思います。
根気と気合いさえあれば水と布だけでもコバはピカピカになると思います(笑)

今日はこんな感じです(^^)/~~~
[PR]
by tkanno4649 | 2013-11-12 14:22 | レザーの集い



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能アイテムをお安く提供させて頂いております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>angieさん お久し..
by tkanno4649 at 15:40
お久しぶりです。 相変..
by angie at 12:40
>angieさん 物欲の..
by tkanno4649 at 13:34
こういう工具を見ると疼く..
by angie at 22:53
>noguさん お久しぶ..
by tkanno4649 at 12:46
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。