「ほっ」と。キャンペーン

俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:手縫い ( 17 ) タグの人気記事

フチに印をつける工具の研究(後編)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日本革工芸展の作品製作、その後の燃え尽きでオーダーメイドが滞っていましたが今日になってやっと製作の打ち合わせが概ね終わりました♪
リピートしてくださる方との打ち合わせは本当に話が早いです。種類は違いますが僕が作ったアイテムがオーダー主さんの手元にあるとお互い話が分かりやすいんだと思います。あと、妥協しないで作っていますからその熱意が伝わると次のオーダーの打ち合わせの際「お任せ」と言って頂けます。本当に助かっていますありがとうございます。
いつも通り頑張って作らせて頂きます(^_^)v

それでは本題の方を♪

このブログ記事は前回書いている途中で、かなりくどく長たらしい文章になってしまいそうだな、、すぐ脱線するし、、と思ったので前編と後編に分けて今回で書き上げようと思います。脱線はかなりします(笑)
前編はこちらです。

今回は捻についてです。切り離して書くと説明しずらいので少し手縫いについても触れます。
a0228364_22411828.jpg

先日購入させて頂いたTANIK leatherさんのEdgeStickのレビューも書いてみます。

まず先にEdgeStickから♪
通常のタイプの平べったい金属に溝が入っている捻は内Rがキツイと思います。だから僕はなるべく内Rのキツくないデザインにする癖がついています。
でもこのEdgeStickがあればこの縛りがなくなりそうです。
先端の仕上がり方はかなり精度高いと思います。
この完成度でこの価格は安い!と言うのが第一印象です。
a0228364_23320743.jpg

緑の革をチョイスしたせいか屋号刻印がはっきり写りませんでしたσ(^_^;)
こうやって引いて使うんだと思います。
a0228364_23320701.jpg

内Rもバッチリです♪
a0228364_23320737.jpg

先端の構造をみると左右の段差がありフチが丸くなる一般的にいう玉ネンの構造です。段差がありますがスティックタイプなので右利き、左利きのしばりがないのは嬉しいですね♪
もちろんこれ一本で全て捻入れしても良いのですが大作だと通常のタイプを併用したいところです。
それで通常のタイプの捻だとどの捻に対応しているのか?を検証してみました。
a0228364_23011054.jpg

上からフロンティアのフチ捻、TANIK leatherのEdgeStick、岩田屋の玉ネンです。
(前回昔ながらの鍛冶屋さんなんて書きましたが岩田屋です。なんで名前伏せたんだろうといまさら思いました。これらを購入したさいはメール送っても届いていないと言われてこれは仕方ないな、、と思ってFAX送ったら発送の連絡なんてなしで到着して、納品書というかレシート的なものすらありませんでした。こんなものなのでしょうか?お陰で経費で落とせなかったので自腹です。)

微妙な違いなんですが近いのは岩田屋の玉ネンでした。
フロンティアのフチ捻もフチが玉状になるのですがエッジが立っているのでくっきりとした印象になります。それに対して岩田屋の玉ネンはエッジが立っていないので柔らかな玉状になります。
本当に微妙な違いですが、完成後の全体的な印象は変わると思います。

あと先端の構造をみると物理的には押しても引いても使える形状です。前回も触れましたが押した方が力が入ります。
a0228364_23011014.jpg

それで押して見たのですが持ち手の革が下に下がってしまう感じでこの革巻きだとキツイかな?と思いました。あと金属部分がかなり剥き出しなのでアルコールランプで炙って使うのは怖いです。
金属の材質や厚みなどでも変わってくるので一概には言えませんが、僕の捻の温度の基準は金属の汗がひく感じと鼻に近づけて匂ってムンッっと感じる熱さです。なので結構炙ります。

革巻きをもっと厚めの革にしてそれを後ろまでガッツリ囲うように縫ってズレないようにすれば解消される問題なので、安心して炙ったり、押して使ったりしたければ自分でなおして使えば良いだけなのですが革巻きが可愛い感じで屋号刻印も入っているのであまりいじりたくないです。。
完成度高いと思う工具ってあまりいじりたくないですσ(^_^;)

一ユーザーのフィードバックのような事も書いてみました。こういう新しい工具ってどんどん良くなるものだと思っています(^_^)v

それではここから数ある捻の研究結果にうつります。

今回はフチを斜め漉きして水で濡らさないでフチに段差をつけてみます。
こちらが完成形で様々な実験をしましたのでその詳細を書いてみます。
色んな角度から撮ってみました。細かなステッチの乱れはスルーでお願いします(笑)
a0228364_01501171.jpg

a0228364_01501200.jpg

a0228364_01501265.jpg

a0228364_01501209.jpg

a0228364_01501376.jpg

書いてある寸法はコバからステッチラインの距離で
裏はこんな感じで斜め漉きです。
a0228364_01241171.jpg

1.5mm厚の革のヘリを約半分の0.8mmに落としました。

色々とやってみましたよ♪
a0228364_01590966.jpg



1 金口押さえペンチ式(通常エンマやっとこ)
もしかしたら段差つくかも?と思ってやってみましたがあんまり段差ができません。
よく考えたら当たり前です。
表と裏に均等に力が入るから表だけ段差つく訳がありません(笑)
a0228364_23320858.jpg


2 ローラー
これは上手くいくはず!
と思ったのですがいがいと上手くいきませんでした。
もしかしたらローラーのエッジのところがベベリングされていて滑らかになっているからかもしれません。
あとコバから均等な幅を落とす事はまず不可能です。
a0228364_23320895.jpg


3 へら
江戸べらとか言われてる洋裁なんかでも使う何かの骨のへらです。硬さの加減がいいです。
ぱっと見て上手くいっているような感じがしますが強い線がついてしまいました。これもローラー同様コバから均等に、、というのは無理です。
事前にネジねんなどで線をつけておけばOKかもしれません。
頑張ればできるかも!
a0228364_00184419.jpg

4 ウッドスリッカー
レザーメイトさとうオリジナルのウッドスリッカーは後ろ側をヘラとして使えると思います。
特にそういう説明書きはありませんでしたが構造的に僕はそう感じました。
これは僕の使い方のミスもあります。特に左側、、平らな面を水平にコバの段差をつけたいところに合わせて押せば上手くいきました。これも事前にネジねんなどで線をつければいいかもしれません。
a0228364_01575917.jpg

5 フロンティアの押し捻
どうみても1番上手くいっています。
ガイドがあるので当然均等な幅を水平に落とす事ができます。
a0228364_00184434.jpg

最初の頃使い方?先端の構造を理解できていなかったのですが、、通常はこんな感じでしょうか?
がっつり力が一点に入る感じです。
a0228364_00184557.jpg

薄い革の時はこの角度にすれば良いと思います。
a0228364_00184517.jpg

革の厚みによってベストな角度があります!
ガイドがそういう構造なので間違えはないと思います。

6 クリーサー(メーカー毎に名称が様々です)
段差をつけ更にフチを玉状にするアメリカの工具で、体重をかけて押して使う感じなのでがっつり圧がかかります。
a0228364_00184586.jpg

確かに段差がでましたがフチは玉状です。そういう工具です。
a0228364_00184522.jpg


結果こんな感じです。
水平に均等に段差をつける目的であれば、そのために開発されたフロンティアの押し捻が一番です。

なんですが、、ちょっと構造的に気になる事があります。
それは、押し捻が革に対して接地面積が広い分他の工具と比べて抵抗がかかる事です。簡単に言うと滑りが悪いです。
一定の広い幅を均等に水平に落とす工具だから構造的には間違えないですし理にかなっています。
滑りが悪くなる原因の一つとしてタンニン成分が先端につく事が挙げられるのはわかりました。他にもあるかもしれません。
僕はスーベルカッターの刃に着いたタンニン成分をとるのと同様の方法でルージュスティックで成分をとっています。ゴシゴシこすらなくて良いです。ちょっとなぞる程度です。
ルージュスティックの研磨能力なんてたかがしれてます。なぞったくらいで形状が変わる事なんかないです。

長くなりました。

次に捻の種類です。
色々あると思いますが、今回は2つに分けます。
印象についてはあくまで僕の私感です。

1 フチ捻
フチを押さえ、コバを少し立たせるような効果があります。先端の角度は職人さん個々に微妙な違いがあると思います。僕のフチ捻は加工して頂いたもので、その他のフチ捻はその形状に近づけるよう頑張って加工しました。
a0228364_00184610.jpg

写真で少しわかるでしょうか?
断面を図で描くとこんな感じです。
a0228364_13183272.jpg

コバが少し立つような感じで糸が擦れにくくなるのと、キリッとした印象になります。
僕の場合ですが、ビジネスマンスタイルの薄くてスッキリとした感じ、コバから狭い箇所にステッチラインを持っていってシャープな感じにしたのを更にシャープにする時に使います。
だいたいいつもはコバから2.5mmくらいのところにステッチラインを持っていきます。
この幅はクラフト社や協進エルの普通の菱目打ちで大きな穴を開けて縫うとコバがボコボコになります。
菱目打ちを軽く印をつける程度にしてシャープな菱錐で貫通させるイメージです。
僕は火打ちの高価な菱目打ちを使っていますが決して強くは打ちません。火打ちの菱目打ちも強く叩いてしまうとかなり大きな穴が開いてしまいます。
この幅の菱目打ちでもせいぜい2回くらい軽く叩いて印をつける程度です。
a0228364_00184621.jpg

糸も細い穴に対応するようビニモの5番手を使いました。
a0228364_01241154.jpg

上がビニモの5番手で下がビニモMTBの1番手です。太さが違って申し訳ないのですが、縫いやすさから言うと間違えなくビニモMTBです。ただ、ロウを入れるとくすんだ色になるので僕は普通のビニモが好みです。
ロウを入れないミシンだったらあまり影響ないのかもしれません。ビニモは元々ミシン糸ですからね♪

あと、針も細いのを使います。
上がレザークラフト用の細い針で下は僕が使っているのは手縫い針というものです。
a0228364_01241273.jpg

僕は手縫い針No.3をよく使います。本当は更に細いNo.5とか使いたいんですがそこまで腕がありません。針は長い方が楽です。
a0228364_01241283.jpg

手縫い針は先端が尖っているので自分で丸く削ります♪

凄く脱線しました。すいませんσ(^_^;)

2 玉ネン
フチをおさえるとともにフチに玉状の盛り上がりをつけます。
玉状なので特に加工はしていません。柔らかい印象になると思います。
a0228364_00430838.jpg

断面を図で描くと一般的な玉ネンはこんな感じです。
a0228364_13183254.jpg

ちなみにフロンティアのフチ捻と呼ばれている捻は形状的には玉ネンです。
このフロンティアのタマ捻をフチ捻に加工、、なんていうのもできない事はないです。僕も加工できますし以前加工して販売していた方もいますが多分もうやってないかもしれません?
大量生産という訳ではないので凄い大変な作業なんですσ(^_^;)

話もとに戻します。
僕の場合ですが、玉ネンはボリューム感があるように見せたい時によく使います。あとカードケースの入り口などの薄いパーツの装飾は玉ネンです。正確にはフロンティアのフチ捻です。
なぜかというとフロンティアのフチ捻以外は左右の段差があります。だから印をうまくつけることができないんです。
0.8mmとか薄い革に装飾を入れたいのであればガイドとなる方の高さを0.4mmとか削って段差を極力減らせば大丈夫なんですが、だったら最初から段差のないフロンティアのフチ捻を使えば良いと思います。
あと、玉ネンについては柔らかい印象になると言いましたがフロンティアのフチ捻に関しては先端の構造が特殊なので玉状の装飾でありながらエッジの効いた印象になります。つまり「特殊な捻」だと言う事です。

捻に関してはこのくらいであとはおまけです♪
ためたネタは書ききります(笑)
当たり前の事かもしれませんが表側のステッチラインを斜めにすれば裏は真っ直ぐになります。
a0228364_00430864.jpg

a0228364_00430992.jpg
またこれも当たり前なんですが、表を真っ直ぐにすれば裏が斜めになります。
ダレスバックの持ち手のところを作った際、両面とも斜め、両面とも真っ直ぐという技法で作ったのですが不慣れでかなり大変でした。もうやりたくないですし、一発で形になったのは奇跡くらいに思っています。

簡単に言うと組み立てたあと、両面から菱目打ちで印を付ける程度に穴を開けて丸切りで貫通させながら縫うだけです。
この上の部分の手縫いがその方法で縫いました。
a0228364_01072141.jpg

左右駒が合うように菱目打ちをしました。
a0228364_01072125.jpg

少しボコボコにあとがついてしまったのは駒が合わなかったり丸切りで上手く貫通させる事ができなくて何度も刺したりした時についた跡です。

また脱線しました。

初心者の方用の参考書だと表が真っ直ぐになる方法で書かれている事が多いです。
たまに使い分けをしますが、どちらかというと僕は表側が斜めな方が好きです。
日本の手縫い鞄の技法だと表側が斜めになると思います。


浅草橋で「バイブル本!」と言うポップをつけて販売している革屋さんもありましたよ。
a0228364_01072188.jpg

凄く勉強になる本です♪

最後に、

レザークラフト教室の生徒さんのネジねんを加工させていただきました。自分なりにベストだと思っている形状です。
最近のネジねんはやたらとぐらつくのでなんでだろう?と思って加工の都合上分解させて頂いたところ原因はすぐにわかりました。
a0228364_01072123.jpg

こんな状態の付け根がボンドついているところまでしか刺さっていませんでしたσ(^_^;)

あっ!そうだ!
教室に参加してくださっているTさん、、
a0228364_01072159.jpg

五助屋レザークラフト教室受講歴あるんです。
教室で作ったカードケース見させて頂きました♪
a0228364_01072224.jpg

ちなみに僕はまだお会いした事ありません(笑)
今年は東京にいく機会が多いので絶対遊びにいきます。よろしくお願いします(^_^)v

まだネタがあるんですが次回にしようと思ったのですが、最後に1個だけ。

フェイスブックの投稿のコピペです。

Tandyのスーベルカッターを買ってみました。
日本では手に入らないのでアメリカのAmazonです。
a0228364_01241358.jpg

Craft tool社時代の復刻版のような商品ですし、見た感じヨークの形状が僕が思っている理想の形状だったのですが理想ではありませんでした。凄く滑るので安定感があまりなくバレルの重さに対して重過ぎです。
あと、バレルのメッシングが甘いです。
でもヨークの旋回性能が思いの外よくブレも少ないです。慣れれば使いこなせるようになるかもしれません。ブレードもちょっとルージュスティックで研いだら良い切れ味になりました。悪くはないです。

Tandyの製品って台湾製が多いと思っていたんですが、これは中国製でした。でも悪くないです。中国製と一口に言ってもちゃんと作れるところは作れるんだな、、と思いました。頑張って欲しいですね♪

長々と失礼しました。長文ゆえ誤字脱字失礼します。

こんな大変な時にバカなことも書いてます。くっだらない記事だな(笑)と、もし笑ってくださるのであれば本望です。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-22 12:57 | レザークラフト工具

日本革工芸展入選しました(^_^)v

こんにちは。

ここ数日根を詰めすぎた作業のせいで寝込んでおりました。正直いまも身体が悲鳴をあげております。

我ながら体力、精神力のなさには情けないものをかんじます。休んでいても身体のほうがなかなか復活しなくて限界を感じて先日鍼治療にいって少し元気を取り戻して荒れに荒れた工房の掃除をしているところです。
上手く休むというのがどうもできない人間です。

お仕事の方は明日から徐々に再開しようと思います。
オーダーなどお待たせして大変申し訳ありませんでした(>_<)

本題です。今回の日本革工芸の出品は間違えなく入選はないと思っていましたが入選しました!
a0228364_16510549.jpg

本当は結果をみるまで、、
なんでもっと早く作らなかったのだろうか?と後悔ばかりしていました。自分で気付いている問題点を直さないまま出品した事に対しての罪悪感です。ここ数日こんな事ばかり考えていました。
オーダーなどの作業に没頭していればここまで悩まなかったかもしれません。寝込んでいたから余計な事ばかり考えていたんだと思います。

出品した作品はこんな感じのダレスバッグでした。
a0228364_14542977.jpg

a0228364_14542962.jpg

a0228364_14542944.jpg

a0228364_14543036.jpg
今までこんな感じの作品は作った事がありません。
唐草も極力避けました。側面のフラワーカービングも規則的なツルの流れがないと思います。それが原因なのか?非常に不自然な感じです。

見たくれはまだ良いのですが、実使用にストレスを感じる作品です。
バッグですからもちろん飾り物を作った訳ではありません。かと言ってデザイン的に僕が実際に使うか?と言われたら使わないと思います。だから実質的には飾り物なのかもしれません。
着物に合うのかな?とは思いますが、僕は着物を着るようなオシャレさんじゃありません(笑)

今回の作品の製作にあたって決めていたのは「日本」にこだわる事でした。作品名は「和」です。
作品名は嫁がつけました。

工具、材料、染料など全て日本製です(金具も日本製を選んだんですがもしかしたら中国製混ざってるかもですね、、最近僕もわからないです。)。
革はほとんどがヌメ革で手染め、裏貼りはアメ豚と言った感じです。全てレザーメイトさとうさん、ひまわりさんで購入した革です。

仕立てや染色も日本の方法で行ったら自然と日本っぽくなりました。こういうのっておもしろいな、、と感じます。

作業はまず仮の型紙、トコ革での試作作りからでした。
可能な箇所は全てミシンで縫いです。
a0228364_14543006.jpg

なんとか形にしてここから微調整をかけて型紙を作り直しです。
寸法が合わない箇所や途中で浮かんだデザインなどはトコ革なのでダイレクトに書きこみます。
実験でレザーバーニングを、
a0228364_15122659.jpg

色鉛筆で塗り絵です。
a0228364_14543098.jpg

本当はこういう発色を出したかったのですがオレンジ色がピンクになってしまったり、黄色だけ異常に発色が良かったりと、、イメージどおりにはいきませんでした。
染色はこういうことが多いです。あらゆる技法のなかで1番難しく感じます。

ダレスバッグはまともに作った事がないです(1回作りましたがダレスバッグと呼んで良いのか?という感じの作品です。)。
ダレスバッグの持ち手のところは初めてです。
当初、この作り方はやめようかと思っていました。作る前からどう見ても難易度は高いと思っていたのでσ(^_^;)
でも頑張ってみました。これだけで1日かかったと思います。
思っていたとおりかなり難易度が高いです。
革を曲げたり伸ばしたりって難しいです。

この持ち手に関しては初めてにしては上出来だと思います♪
a0228364_14543081.jpg

a0228364_14543183.jpg

a0228364_14543173.jpg

芯を作るのが結構大変でしたがカンナが大活躍しましたよ。
a0228364_14543119.jpg

今回のカービングはシェリダンスタイルカービングではないのでツーリングレザーに拘る必要もなかったのでヌメ革をチョイスしました。染色の際も素直な色がでると思ってのチョイスでした。
a0228364_15043286.jpg

あと芯材まで漉くというしんどい作業、、
a0228364_15043296.jpg

こういう細かな漉きは革包丁です。5本くらい用意していたのですが切れ味が途中で全滅したのでなんとか研いでみました。
時間がなかったので回転式の研ぎ機です。
a0228364_15043345.jpg

#6000番にも関わらず思った以上に削れてしまいました。初めて使ったので力加減がわからなかったんだと思います。
物凄く楽に研げますよ。
a0228364_15043388.jpg

裏があまり綺麗にでませんでしたが刃をつける事はできました。ただ、切れ味が一時的なんです。なんでだろう?
やすらぎ工房さんに持って行って直してもらいますσ(^_^;)

レザークラフトを始めて7年になりますがこういうコンンテストで結果を出せたのは初めてです。やはり嬉しいです。

頑張って良かったです♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-14 17:13 | コンテスト

レーザー加工機、錆対策、革の在庫補充♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

とにかく物欲が止まらないです(笑)
ヤフオク、アマゾン、ネットショップやら、、
スマホは恐ろしい。。なんとなく眺めていたら欲しくなります。
昨日ヤフオクでちょっとした工具買って支払おうと思ったらTポイントが4千ポイントほどいきなりプラスになっていて、なんだ!なんだ?と思っていたら、ヤフオクでTポイント10倍くらいになるキャーペーンにエントリーしていてその間にポチッた分のTポイントでした。。
それだけポチッたという事ですね。恐ろしい。

自分だけならまだしも物欲の伝染も恐ろしい。
革仲間のangieさんも凄いことになっている(笑)

あっ!そうだ!
これからレザークラフト始める方のためにこの記事のURLを使ってすいません。というコメント頂いたのですが、大丈夫です。
有効にご活用ください♪
初心者の方が揃える工具をなるべく予算スリムに!
随分前の記事ですが変なとこはない感じですし、結構頑張って書いた記事だな。と思います。

少しでもレザークラフト人口が増えるお手伝いできると嬉しいですからね(^_^)v

ここから本題、まずポチッたのはレザー加工機♪
画像や文字を革とか木とかに焼く機械です。
こんな事ができます。
ネーム入りのキーホルダー300個近くのオーダーを母親経由で頂いたので導入しました。
a0228364_17540747.jpg

そんなに使う事もないだろうし耐久性や精度に拘ることもなかったのでメイドインチャイナです。300個作れば元を取れるくらいの安物なんですが途中で壊れたらどうしよう(笑)

パソコンでデーターを作ってから機械にデーターを転送♪
これをやっていてアクリル刻印を注文する時大きい画像、フォントでデーターを作らないといけない意味が初めて分かりました。
a0228364_17540711.jpg


あとは機械がプリンターみたいな感じで絵や文字を焼きます。
a0228364_18561551.jpg

まぁまぁのメカニック感なのに革抑えるのが輪ゴム(笑)

扱い方は非常に簡単でした。
このレーザービームみたいなのは裸眼でみるとダメなのでサングラスみたいなのかけるんですが、サングラス姿が似合わなすぎて嫁から笑われながらの作業です(笑)
あと煙がでて焦げる匂いもするので換気しながらです。

レザークラフトをやっているという感覚が全くないのでいまいち楽しくないのですが自分の工具に屋号入れたりできるのは楽しいです。

次に錆対策です。
夏になる前にやろうと思っていた作業でした♪
こんな液体です。
黒錆でコーティングして赤錆を防ぎます。
下にひいてる地元情報誌はやすらぎ工房さんがのってたので何気ない宣伝です。
やすらぎ工房さんのページを下敷きにするの嫌だったのでこのあと他のページに変えました(笑)
a0228364_18145353.jpg


まずはALL-2000のアタッチメントを♪
a0228364_18145306.jpg


続いて、ちょっと恐ろしかったんですがウェインジュースキー刻印も♪

この刻印スチール製だから錆びるんですよねσ(^_^;)
この状態から、
a0228364_18145388.jpg

こんな感じにしました。
目指すはブラックツールだったのですが無理でしたσ(^_^;)
a0228364_18145492.jpg

黒錆が革に移る事もありませんでしたよ♪
a0228364_18145458.jpg

少しずつ様子を見ながら他の錆そうな工具も染めて見ようと思います(^_^)v

続いて革です。
今注文しているものはヌメ革、Sサドルブラック、エルバマットナチュラル、ルガトショルダーオレンジで昨日レザーメイトさとうさんからヌメ革とSサドルブラックが届きました。
なんだか最近麻痺してきたのか?半裁革をみても大きいな!とは思いません。264DSってかなり大きいと思うのですがσ(^_^;)
a0228364_18145435.jpg

a0228364_18145438.jpg

非常に綺麗なヌメ革です。

それでまず先に端切れを切り取る作業
a0228364_18145590.jpg

これだけ端切れがでました。半裁革はDS単価が安い分ロスも多いです。
a0228364_18145586.jpg

今回は状態が良い革だったのでこのくらいでしたがヌメ革は半分は端切れだと思っています。

その点切り売りは良いですよね♪

a0228364_18145507.jpg


悪いところはあらかじめとってくれてます。
悪いところ取らないでそのまま売っているところもありますので一概に良いとはいえないのですが、僕がいつもお願いしているひまわりさん、レザーメイトさとうさんは任せて安心です。
切り売りも20DSください。じゃなくて5千円分ください。という買い方もできるんですよ♪

これはSサドルブラックです。この革はもう定番化しようと思います。凄く僕が求めていた感じの革です。

僕はあくまで作り手で、革の細かな事はよくわからないです。信頼している革屋さんから買えば間違えないだろう。くらいな感覚です。
革の製造に関する事なんてもっとわかりません。
信頼できる革のプロに選んでもらって、それで僕自信が良い物を作れる革であればいいんです。

端切れはサンプルや試作に使ったり革漉き機で漉く際の調整用に使ったりするのでなければいけない箇所でもあると思います。
あと、自分用だったら端切れだし多少失敗してもいいや♪と気軽に作れるところも良いですよね。
端切れを使うとそれなりのものしか作れないところがあるので失敗しても革のせいにできます(笑)

それでサンプル品のカードケースを作りました。手縫いは嫁です(^_^)v
a0228364_18312235.jpg

レーザー加工機でこんな風に記録残すの良いですね♪
a0228364_18312224.jpg


あと、前から気になっていたんですがレザーメイトさとうオリジナルのウッドスリッカーも購入しました。
社長さんお勧めなのも納得の構造です。
a0228364_18312201.jpg

細かな解説しちゃうとコピー品作られそうな気がするのでしませんが分かっている人がみるとなるほど!といった感じだと思います。
使ってみるとすぐ分かりますよ♪
黒檀、紫檀、ローズウッドの3種類あるそうです。

おまけ♪
昔のカタログを集めています。
a0228364_18312385.jpg

今は廃盤になった刻印や工具をみたり、表紙背表紙のカービングみたりと凄く楽しめる一品です。

15年前の革の価格なんかも分かったりして、、
a0228364_18312379.jpg

ハーマンオークDS単価125円!?
今は200円です。恐ろしい値上がり具合です(笑)

革の値上がりについては色々な裏事情とかあるのでしょうが、それは聞きたくないですね。やさぐれるだけですからσ(^_^;)

最後に
5年前の今頃作っていた作品です。劣悪な環境で作りましたが頑張って作ったのが伝わってくる作品です。
完成まで相当時間がかかりました。
a0228364_18312390.jpg

この頃よりは少し上手になったような気がしますが、情熱は下がっているような気がして、これはいけないな。と思えました。頑張ります(^_^)v

最近、いかに効率的に物を作るか?ばかり考えていたのでこのお財布をみて少し反省しました。
お手頃な価格で在庫商品作るのは変えませんが、まずは自分自身がかっこいいな!とか欲しいな!と思えるものをしっかりと作っていこうと思います。

自分が欲しいとも思えない作品なんて作る意味ないですし、売るのも恥ずかしいです。こんな商品がお客様の手元に行くのは怖いです。

これからまた革が届くので革の整理をしてから在庫商品を少しずつ作ろうと思います。
その前に工房の整理整頓です(笑)

刃物の研ぎから始めようと思います。
a0228364_19025434.jpg


気がつかなかったんですが、結構短くなってきてるんですね。
a0228364_19025525.jpg


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

こんなボタン設置できるの今日知りました。

ハンドメイド
ハンドメイドのランキングは10位以内
クリエイター
クリエイターのランキングは大体1位
です。
皆さんの応援のお陰ですね♪
いつも励みになっています。ありがとうございます♪

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-12 19:21 | レザークラフト

レザークラフト教室始まって半年です♪

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

先日行われた岡田明子さんの講習会♪
2日目を終え帰宅後作品も完成いたしました。ちょっと長い記事になりそう、、なんせ得たものが多くていっぱいものも買ったので(笑)

今日はレザークラフト教室のお話です♪
教室が開講して半年になりますが、僕が当初思っていた以上に参加してくださる方が多く、、どうせこないだろう??と思っていたが故の準備不足すいませんσ(^_^;)
レザークラフト教室講師のご先輩がた生徒さんにもアドバイス頂くこと多々あると思いますがよろしくご指導のほどよろしくお願いします♪

教室の内容につきましてはホームページにも書いているんですが、初心者の方はもちろん経験者の方、またカービングをがっつり覚えたい方まで幅広く、皆さん個人個人が求める目標や製作したい物をおしゃべりしながら達成していくのが目標です。
レザークラフトクラフト教室ホームページリンク
とにかくレザークラフトの楽しさを伝えるのが僕の一番の目標です。

基本的な工具は少しずつ揃えて頂く事になるんですが、いきなり買ってくださいとはいいませんのでご安心ください。
ある程度の工具は準備させて頂いておりますので何回か使って頂いてそこからチョイスして頂ければと思います(^_^)v
作りたいものによって揃える工具の優先順位も変わってきますので是非ご相談ください。
a0228364_13025693.jpg

お勧めする工具は全て僕が実際に使っているものです。ここは安心してお任せください。工具には人一倍うるさい男です。
ちまたに溢れかえっている中国製の粗悪品をお勧めする事はありません。ここは絶対的な自信があります(^_^)v

あと、何を作ったらいいのかわからないけどとにかくレザークラフトをやってみたい!
という方には僕が過去に作った作品がダンボールにもりもりっと、またおっきい袋にも満タンに入っていますので参考にしてくださるのもいいと思います♪
過去の失敗作もあります。見ると自信つきますよ(笑)
a0228364_13025614.jpg

それで新たにステッチングポニーも教室用に2台追加させて頂きました。
小物用の小さなものですが頑丈な作りです♪
a0228364_13025742.jpg
教室環境も少しずつですがよりよくしていこうと思いますのでお気軽にご参加くださいね♪

あっ!一番大切な事を言い忘れました!

ブログだと激烈なクレーマーっぷりを披露しているから自業自得なんですが、僕はきっと多くの方から狂気のクラフトマンだと思われていると思います??

実際の僕は非常に優しいですよ♪←自分で言うな!(爆笑)

それで話題は実際の教室のほうですね。
毎週熱心に講習会参加してくださっているM.Kさん。
今回で6回目ですね♪
a0228364_12315844.jpg

本格的にレザークラフトをやっていくという事でちょっと難しいけどコツを掴めば早くきれいに縫い上がる日本の手縫い鞄の縫い方を覚えて頂いています。
M.Kさん初めての割には針を×に持つのなんかうまかったと思います。今のところの課題は針を通す時、針をぐりぐりっと動かすので菱目の穴を広げてしまって縫い目が乱れることろがあるのでそれをなおすことです。
なんか辛口ですが本格的にレザークラフトをしたい方にはしっかりとひとつひとつ、変な癖がつかないよう覚えて欲しいんですσ(^_^;)

頑張りましょう(^_^)v

あっ!そうだ!
以前メディスンバッグを作ったんですがどうも納得がいかなくて何年も放置していたんですが、それを発見したM.Kさんに装着してもらいました。
a0228364_13025776.jpg

良い感じじゃないか!(爆笑)
モデルが良いのか??

話題は変わりましてオーダーメイドの方は不慣れなカービングなしアイテムのご注文を複数抱えていて非常に進みが悪いです。
カラフルなアイテムなんですが色革は一通り揃えていて良かったですσ(^_^;)
僕がハーマンオークツーリングレザー以外で主に使う革はSサドルです。レザーメイトさとうさんですね♪
カービングウォレットなんかを作る時、時と場合によるんですが中身までハーマンオークツーリングレザーにするとちょっと固いな、、と思う事が多いです。
なので、特に多機能なアイテムを製作するさい機能的にほどよいサドルレザーをしようしてます(^_^)v

Sサドルはヨーロッパ革を思わせる肌のきめ細かさが特徴の革です。
a0228364_13460724.jpg

ネイビーやワインの様な色の濃い革は銀面はパリッとしている感がありますね。硬すぎる感がある時はラナパーなんかを使うと腰がある感じになります。
ちょっとヘリ落とししずらかったり、なんていうのもあるんですが、僕はアルコール染料を塗ってからヘリ落とししてます。アルコール染料はバリッと感でますからね♪
以前Sサドルナチュラルを使ってダレスバッグです。
a0228364_13122734.jpg

上品なエイジングですね。銀面が美しい♪

ラナパーなんかを使用するとしっとり感がでますよ。
a0228364_13460893.jpg

在庫がもりもりあるから安心です!
トコ革の本数が凄い(笑)
a0228364_13460885.jpg


おまけ♪
先日、BASEカートショッピングサイトでiPhone6plusのケースお買い上げ頂いたんですが、ちょっと驚く話、、
a0228364_13460861.jpg

これですね、、
たまたまiPhone6plus用しか販売していなかったんです。
お買い上げ頂いたお客様から嬉しいご連絡頂いたんですが、iPhone6sとiPhone6splusどちらにしようか?と迷っていたところ、このケースを発見してくださったらしく、このケースでiPhone6splusに決めたそうです。凄い話ですね(笑)
革ありきのiPhoneみたいで嬉しいです♪

おまけ2♪
先日、週刊ポストから電話きました。
ありきたりではなく、珍しいものを探していたら僕のところに辿り着いたようです。
えっ?!っいう感じだったので「あの週刊ポストですか?」と聞くと「はい。そうです。」との回答が、(笑)
流石の僕でも知ってる雑誌、68万部とか売れてるらしいですね。。ようは広告の話なんですがあまりの畑違いに戸惑うとともに畑違い違いだから良いのか?と迷います。営業部長に相談してみます(^_^)v

おまけ3♪
さきほどインスタグラムというのを初めてみました♪
まだまったく分っておりません♪(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2015-11-30 13:50 | レザークラフト教室

ヨーロッパ目打ち!iPad miniケースオーダーメイド!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

僕はクレーマーです。いや正統派なクレーマーです。

いきなりなんなんだ?という感じですが僕は金銭目的のクレーマーじゃないから1番嬉しい事はこういう事なんです。

何気なくネットを見ていたら、、
おっ!!っと思い行きつけのレザー専門店のひまわりさんに速攻で行ってきました♪
a0228364_2035889.jpg

店内に並んでなくても言えば売ってくれたりします。店に並ぶのは社長さんが使ってみて納得いってから、、
そういうお店です♪
まだ使ってないのかな?

それで購入したのは、、
a0228364_2035967.jpg

ヨーロッパ目打ちです♪
クレーマーとして嬉しいのは改善が見られた時です♪
最初から日本で作れば良かったのにσ(^_^;)
世界に誇るメイドインジャパンです♪

説明書には前のすぐ曲がるEMSヨーロッパ目打ちの悪かった所と今回のヨーロッパ目打ちの改善点が詳しく書いてあります。

注意書きが多いような気もしました。僕のようなクレーマー対策のような気がします(笑)

早速帰って試し打ちに試し縫い♪
a0228364_2035997.jpg

素晴らしい斜めステッチ♪

ただし、ブランチャードや岩田屋のヨーロッパ目打ちを使っている方は、、

えっ??なになに??

と思う穴の開き方です。全く形状が違います。

でも斜めステッチは綺麗に決まります。

ヨーロッパ目打ちと言うものが「菱目打ちより角度のキツイ斜めステッチになる。」と言うものを示すのであれば素晴らしい工具だと思います。

コスパが良いのであんまり言いませんがブランチャードのヨーロッパ目打ちは革にダメージのないよう考えられている穴が開きます。今回発売になったヨーロッパ目打ちにはそれがないです。

とは言え以前のEMSヨーロッパ目打ちと比べると天と地の違いです♪
価格もブランチャードに比べれば一桁違う感じですし♪

新しい工具を買ったらまずやりますが磨きです。加工じゃないです。
a0228364_2073224.jpg

何もしない状態だと少しだけ抜けが悪かったので形状を変えない範囲で磨きました。
ルージュスティックで何度も力を入れず擦るだけです。
ルージュスティックの研磨能力なんてたかがしれてます。ルージュスティックで形が変わることなんてないと思います。
超研磨用ですからね♪

あと実験もしました。
コバから2㎜のところに穴を開けて縫ってみます。
a0228364_2073214.jpg

これは朗報だと思うのですがこんなコバからギリギリのところを縫ったのにコバがボコボコになる現象がおきません!
これは凄いですよね!
即戦力ですよ!
a0228364_2073361.jpg

今回はビニモの5番です♪

次に先端の構造です。
菱目打ちの先端の形状は点です。
図↓
・・・・
だからネジ捻のような細い線でも狙い通りに穴を開けられます。
それに対しヨーロッパ目打ちの先端は斜め線です。
図↓
////
だからネジ捻などの線だとどこに開けて良いものか?迷いますし狙い通りいかないです。

僕の場合ですがヨーロッパ目打ちを使う時は溝捻を使います。
a0228364_2073339.jpg

溝捻だと幅のある線が引けるのでその溝の中に刃を入れれば狙いを外さないです。
あと、アジャスタブルクリーサーという工具もいいです(本来は2重線の装飾を施す工具です。)。
a0228364_2073412.jpg

僕のはちょっと加工してますが加工しなくてもいいです。この工具は溝捻の様な線を引ける上ネジ捻のように幅を変えられます。
だったらなんで溝捻を使うの?となると思うのですが僕はコバからステッチの距離がほぼ決まっています。
だから幅をいちいち変えなくても良い溝捻の方が使い勝手がいいんです♪

綺麗にステッチ決まりますね。
a0228364_2073525.jpg

裏も綺麗です。
a0228364_2073654.jpg

これは精度が高い証拠だと思います♪

僕はエルさんの社員でなければもちろんお金も物も貰ってないです。ただただ、素晴らしい工具がでると嬉しいというだけです。
だって工具が良いと良いものもできますからね(^_^)v

EMSのヨーロッパ目打ちも大切に飾っておこうと思います♪

あとかわいい刻印が売っていたので買ってみました♪
a0228364_21380141.jpg
わかり辛いかもしれませんがサドルです。


話は変わります♪
オーダーと今後の我が工房の運営に関してです。
まずはiPad miniのオーダーを頂きました♪
直接お会いしてのオーダーだったのでスケッチをしながら細かな打ち合わせができました。
a0228364_2073753.jpg

製作前なので写真はボンヤリと♪
写真加工の仕方がわからなくて大変でしたσ(^_^;)
いつも隠さないので(笑)

あと毎週開催している会議ですね♪
内容は言えないですが嫁のお父様が営業部長になってくれるとのこと、、
本当は代表になって欲しい。そうなると僕はただのものつくりになる♪
そんな訳にはいかないか、、(笑)

あっ!そうだ!
a0228364_2073790.jpg

いつもお野菜ありがとうございます♪
健康第一ですよね!

とにかく悩む前に動いてみます。(^_^)v

案ずるより産むが易し!!

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2015-07-09 18:31 | レザークラフト

実験と初コンチョ作り( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

最近涼しくすっかり秋めいてきましたね。過ごしやすいです♪
でももう朝晩は寒いくらいなのですぐに冬がくるのかな?と思ってます。
先日Facebook繋がりのタイの方と話をしていたらもう冬がきたと言ってました。タイの冬というのは想像がつかないです。

前置きはこのくらいでここから革話です♪
まずは日曜日に遊びに来て下さった。Hさんですね♪
作品いっぱい見せてくださりましたp(^_^)q
a0228364_16154318.jpg

僕と同じ?感じで外身はあまり変えない感じですが内装は実験につぐ実験という感じで凄く勉強になります!
あと技法の違いについてもお互いの方法を比べてみました。
今回は手縫いです。
a0228364_16154456.jpg

手縫いと一口に言っても色々な方法があるのだな、、と思います。僕とHさんの縫い方は全く違いました。
色々と実験されているようで、その中でも斜めステッチになるところを少し真っ直ぐな感じに縫う方法を我流で発見したようで教えていただきました!

刃物館やすらぎ工房さんにもいきましたよp(^_^)q
Hさんは研ぎにもハマっているみたいですね。僕なんかより抜群にうまいです。
僕は待ちきれなくてヘッドナイフ無理言ったら売ってくれないかな、、と淡い期待を抱いて売って欲しいと言ったのですが流石に無理でした。でも待ちきれないです(笑)

それで、Hさんとは以前もそうだったんですが革談義のあとの話も熱くなってほとんど朝まで語る感じになります。

内容はザックリ言うと真剣にバカな事をする。という話です。
僕はなんでもなんでも極めれば変態だと思っています。良い意味で(笑)
僕とHさんのバカな行動は終着点が似ているような感があり凄く盛り上がるんですが決定的に違うのはプロセスでHさんの場合理論派で僕は動物的感を頼りと言った感じです。
いつまでもバカでありたいと思いますね、、
天才バカボンに出てくるバカボンのパパの母校バカ田大学の偏差値はネットで調べたら102だそうです。まぁ、この数値は一般的な偏差値の定義では不可能ですから東大とかより上って事になると思うんですが僕はしっくりくる話だと思いますから。バカやって楽しい事ができる人が1番頭良いと思ってますから(笑)

Hさんその他にもお世話になった事があり本当に感謝です。また遊びにきてくださいね(^_^)v

次にご夫妻で遊びに来て下さったSendai Leathersさんです♪

革談義はもちろんですが初コンチョ作りも体験させていただきました。
アウトドア感が楽しかったです( ´ ▽ ` )ノ
a0228364_16154453.jpg

製作に当たっては皆さんからのお知恵をお借りしながらの作業のお陰で初めてにしては綺麗にできたと思います。
a0228364_16154556.jpg

完成品で同じタイプのコンチョ持っていますが自分で作ったものはなんというか磨いている時特に思ったんですが愛着が違いますね!

かなりの量で頂いたイタリアンレザーの端革で作った作品にこのコンチョを使ってみようと思います( ´ ▽ ` )ノ
a0228364_16154638.jpg


今嫁に矢坊主とか買って良い?と申請中です(笑)

最後にこういうのって嬉しいですよね♪
というお話です。
お客様が送ってくださる写真。
a0228364_16154656.jpg

素晴らしいエイジングですねp(^_^)q
作り手はエイジング楽しめないですからねf^_^;)
がっつり使ってくれているんだな、、とエイジングをみるとわかるので嬉しいですね。
エイジングは同じ革を使ってもお客様によって千差万別だと思います。とにかく嬉しいです(^_^)v

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-10-17 15:02 | レザークラフト

ラウンドファスナーウォレットのコツと淵のぼっこし( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

蒸し暑いですね、、福島市は盆地なので不快指数半端じゃありません(^^;;
クーラーない寝室で寝るのはもう無理だと思って作業場に布団ひいて寝てます(笑)

今オーダー品のカービングベルトに取り掛かっています。
今回はコンパスとか使ってもどうもキレイな図案が描けなかったので、それだったらフリーハンドだ!
と思いまして、、
a0228364_2317737.jpg

ダメダメですね、、曲線が不自然(^^;;
a0228364_2317856.jpg

途中まで練習で彫ってみたんですがなんだか乗り気になれず放置状態です。まだ僕にはフリーハンドなんて早いんですね、、
図案集でもっともっと練習したいと思います!

それで本題ですね。。いっぱい写真撮りながら作業したので、今回の記事はかなり長くなると思います(^^;;

まずはラウンドファスナーです♪
色々と皆さんに教わったり、前回作った物の反省点を踏まえて今のところ僕の中ではベストだと思っている方法です。

とりあえず完成写真を♪
a0228364_23173082.jpg

a0228364_23173055.jpg

それではファスナー取り付けの手順です。色々と方法はあると思うので参考まででよろしくお願いします。

1 革の切り出し
どんなにファスナーを上手く取り付けても土台(革)が精確に切り出せていないと最終的には財布自体がよじれます。

なので、表面の革を半分に折って左右のRの部分、直線の部分をヤスリで削るなどして整えます。
a0228364_23175810.jpg

その次に表面にくる革とファスナーを取り付ける土台になるパーツを片面だけ軽くボンドで貼り合わせます。

その際表面にくる革と土台を貼り合わせる向きが上下逆にならないよう印をつけておけば良いと思います。今回は◯×にしました。縫い合わせる時◯どおしを合わせて縫えば良いと言うことです。
a0228364_23175949.jpg



a0228364_19411247.jpg

土台になる革を表面にくる革に合うよう整えます。

a0228364_23175892.jpg



2 穴あけ
仮止めをした状態で穴あけをします。
その際、両端の始点と終点が写真上部から同じ距離になるよう精確に印をつけます。
この寸前は反対側も同じ距離にしてください。今回は71.5mmでした。
a0228364_23175290.jpg

表目に印が出るよう目打ちを貫通させます。
a0228364_23175356.jpg

これで始点と終点が決まりましたので、ネジ捻等で印をつけて菱目打ちで穴あけをします。この際始点と終点になる所をまず開けてから全体の穴あけをしてください。
a0228364_2326964.jpg

垂直に菱目開けると裏面もズレません。
a0228364_23262250.jpg

菱錐で貫通させて穴あけが完了しました。
a0228364_23264228.jpg

表目とファスナーを取り付ける土台の革はちゃんと合っているので表目もコバからの穴の距離が合うはずです。
a0228364_23175416.jpg

続いて反対側も同じ要領で穴開けをします。先ほども言いましたが始点と終点は同じ距離にしてください。今回は71.5mmです。
これで半分に折った時上部と下部の始点と終点が合います。
a0228364_23175659.jpg


穴開けが終了するとこのような状態になると思います。
銀面
a0228364_23175779.jpg

トコ面
a0228364_23175756.jpg


3 コバ処理
貼り合わせた後にコバ処理できないのでこの段階で処理します。
細かなところですが、下の写真の部分は完成した時見える部分なので僕は磨いています。
a0228364_2317593.jpg

表目の裏側も縫い位置によってですが若干見えるのでちょっと内側も磨きます。
a0228364_2318069.jpg

ここは単なる拘りなので普通にヘリ落とししてトコノールなどで磨けば良いと思います。

4 ファスナー作り
ファスナーの長さの決め方なんですが今回は型紙を元に外周(半分)を計ったら約30cmだったので財布の内側に入る分を考えてプラス2cmとりました。
この計算は僕がいつもやっている方法で参考書などで知った方法ではありません。
ファスナーの始まりと終わりは財布の内部に隠れるので多少長く取る分にはいいのですが、短いとダメなので不安だったらもう少しプラスすれば良いと思います。
ちなみにファスナーの長さは金属の部分の長さです。
ファスナーのこちらは真っ直ぐ取り付ければ問題ないと思います。
a0228364_2318192.jpg

ただし、反対側は正確にに取り付けてください。
a0228364_2318136.jpg

止めを付ける前はファスナーの構造上爪がズレています。
なので止めはこのようにすれば良いと思います。今回の様な場合は右側の止めと爪の距離を少し広めにとります。
a0228364_2318296.jpg

閉めた時この状態だとバッチリです。
a0228364_2318211.jpg

最後にファスナーを半分に折ってファスナーの両端に印をつけてください。

5 ファスナーの取り付け位置の印つけ
今回はファスナーを2cm出すように作りました。それで使用したファスナーは30mm幅の物を使いました(サイズは5号が良いと思います。)。
なので、前回も書きましたが、
(30mmー20mm)÷2=5mm
なので土台のコバから5mm幅の所に取り付ければ20mmファスナーが見える事になります。
まずはネジ捻等で印をつけてその印の上にマジックとかとにかく目立つもので分かりやすく書けば取り付けやすいと思います。
土台になる革のトコは仕立てた時見えないので大丈夫です。

あとファスナーを取り付ける作業でもっとも大切だと思うのですが、左右のど真ん中に印をつけてください。
a0228364_2318378.jpg

こんな感じで良いと思います。

6 ファスナーの取り付け
多くの参考書に両面テープを使う様な事が書いているを書いてあると思いますが、両面テープだと接着力が弱くて僕は上手くいった事がありません。
僕はダイヤボンドを使っています。かなりしっかり止まると思います。
ダイヤボンドの利点は仮止めの段階だと剥がしやすく圧着すると強力に接着出来ること、粘度が程よく伸びもよく糸が引かないところだと思います。

ボンドを貼る所はファスナーの端と先ほど付けた印の真ん中あたりで良いと思います。
a0228364_2318390.jpg


次の作業が1番大切な作業だと思います。
ファスナーを取り付ける際、まず先に取り付けてるのはファスナーの真ん中に付けた印と土台の革の両端中心につけた印どおしです。
a0228364_2318590.jpg


これは合印と言ってここさえ合っていればと言うくらい大切なところだと思います。

合印のところを接着した後、僕はこの位置くらいまで貼り合わせます。
a0228364_2318442.jpg

次にRの部分に取り掛かる訳ですが1番厄介なところだと思います。
でも、こういう治具を使えば結構楽です。
今回のRは10なのでちょっと厚みのある木などを削ってR10の曲線をつけた下敷きの様なものを使えばいいと思います。
a0228364_231858.jpg

取り付ける時はこんな感じにすれば良いと思います。
a0228364_2318681.jpg


次に菊寄せですね。
これも苦戦するところだと思います。
僕の場合ですが治具に合わせてRの部分だけ残すようにこのくらいまで接着します。
a0228364_2318621.jpg

写真の様に手前にファスナーを倒す様に貼り付けていった方が楽だと思います。
目打ちなどを使ってまずは真ん中をRの中心に一箇所貼り付けます。
a0228364_2318741.jpg

これで2つ山ができるはずです。
この際、ファスナーを引っ張らないと印のところまでこない場合はRの部分の遊びが若干少ないんだと思います。
その際は慌てずRの向こう側に貼り付けたファスナーを一度外してもう一度ボンドをはって調整すれば大丈夫です。
次に両サイドの2つの山を潰す様にとめます。
a0228364_2318747.jpg

これで4箇所山ができます。
4箇所山を潰します。
a0228364_2318888.jpg

これを繰り返すとこのようにバシッと菊寄せできると思います。
a0228364_231887.jpg

それで全ての箇所を張り終えました。
a0228364_2318946.jpg

この箇所がバシッと合っていれば正しく取り付けられた証拠だと思います。
a0228364_231810100.jpg


7 縫い合わせ
内部のパーツを取り付けたあと、先ほど付けた◯×を間違えないように縫い合わせます。内部は接着しないです。
穴空けの段階で穴はバシッと合っているので途中の穴にマチ針の様な感じで2枚の革を固定して縫い合わせていけば良いと思います。
縫い始めはファスナー金具のある方が開きにくいのでそこから縫い始めれば良いと思います。
マチ針は縫い合わせが進んでいけば先にズラすと手縫いの邪魔にならないと思います。
a0228364_23181160.jpg


片方終わりました。
a0228364_23181132.jpg

反対側も同様です。

縫い終わりました。
a0228364_23181270.jpg

なかなか良い感じだと思います♪

すご〜く長くなりましたが、それだけ大変、、という事だと思います(^^;;
自己流のところ多いですが参考までにと思います( ´ ▽ ` )ノ

あと、色々と知恵を貸して下さったLife Tools Studio NOLAさんありがとうざございました!!

あと、ちょっとリクエストがあったので簡単に淵をボッコシさせる方法です。
僕は革漉き機持っていますし、長距離の直線とかは機械に頼るところありますがそれでも小さなパーツは今だに手で漉いたりしてます(^^;;

なるべく多くの工具を使わない手順で解説して見ようと思います♪

今回はコバから3.5mmのとこにステッチを入れる場合です。
あと今回は2mm厚の革でやってみます。
a0228364_23181342.jpg

ゲージは持っていた方が良いと思います。
まずネジ捻等でトコにコバから5mmのところに印をつけます。
a0228364_23181223.jpg

この印から革包丁(別断ちや彫刻刀の平刀でも良いと思います。)でだいたい半分、今回は1mm厚くらいまで斜め漉きします。
a0228364_0122124.jpg


だいたい1mmになりました。これはなるべく均等な方が良いと思います。
a0228364_23181429.jpg


次に革を濡らしてコバから4mmのところにネジ捻をひきます。
a0228364_23181448.jpg

ヘラやローラーで押し付ける様にすると段差ができると思います。
a0228364_23181577.jpg

裏が平らになっていればOKです。
a0228364_0153485.jpg

段漉きじゃなくても大丈夫です。あと、僕も含めてですが、包丁がしっかり研げていればバリは出ませんが僕はどうしてもバリ(コバがバサバサになる)が出ちゃいます。
a0228364_23181612.jpg


とりあえずカッターなどでケバケバなところカットしちゃいましょう。
a0228364_23181665.jpg


ホントは頑張ってバリでないようにするべきですが、今回は簡単にがテーマなので(^^;;

後は乾いてから普通にボンドで貼り合わせてローラーなどで段を崩さない様に気を付けて圧着します。
a0228364_23181778.jpg

この段階でもうかなりボッコシしてると思います。
a0228364_23181862.jpg

次にコバから3.5mmのところにネジ捻等で線を引いて、
a0228364_2318183.jpg

菱目打ちで穴を開けて、
a0228364_23181945.jpg

縫ってからコバ処理後糸とコバの間をヘラなどで押さえつけてあげればこんな感じになると思います♪
a0228364_23181952.jpg


今回の記事はこれで全て終了です。
今までで一番長い記事です。誤字脱字かなり凄いと思います(^^;;

なぜこんな長い記事書いたかというと、最近休みなしで仕事をしていたら疲れでダウンして嫁からレザー1日禁止令が出たからです(^^;;

ブログ書きも仕事の内かな、、?
だったら怒られます(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-24 16:20 | レザークラフト

ラウンドファスナーミニウォレット完成( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

僕の家は寝室のみエアコンがないです。。
朝起きたら指先など明らかに干からびてる感があるので熱中症にならないようどうにかしなきゃです(^^;;

それでここから革話です♪
こんな感じです。
a0228364_2562658.jpg


革漉き機でベタ漉きをすると抑えがねの構造の影響(両端の角)でどうしても銀面に筋がついちゃうんです、、
そこで革濡らしてガラス板でハンドグレイジングさせようと思ったらうまくいかなかったんですが、木目調な感じになって結果オーライ(笑)

そんななか、、完成後に気がついた大失敗、、
a0228364_2562680.jpg

内部パーツを裏表逆に組み立てたせいで、そのつもりは毛頭ないのにトコ面を生かした作品みたいになっちゃいました、、なにをやってるんでしょうか?!
次作は気をつけます(^^;;

それでちょこっとラウンドファスナーを作る際気を付けたいとところを何点か紹介したいど思います♪
いろいろとやり方あると思うんですが僕の方法です♪

ファスナーを半分に折ってそこに目印、さらに貼り付ける革の中心にも印を、
ファスナーを取り付ける際はこの印を左右ともバシッと合わせるとファスナーの帳尻が合わないという事を防げます。
合印っていう技法ですねp(^_^)q
a0228364_2562857.jpg


ラウンドファスナーの内部の台座、表面は組み立てた時見えなくなるのでガンガンマジックとかボールペンなどで印をつければいいと思います♪
a0228364_2562960.jpg


それでファスナーの仮止めなんですが、参考書だと両面テープを使う方法をよくみますが、僕はダイヤボンドを使います。凄く楽でしっかりとまるのでお勧めです。
a0228364_2562982.jpg

あと、ファスナーを内部の台座に取り付ける幅(コバからの距離)の計算の仕方は下の通りです。

今回は29mm幅のファスナーを使って、完成する時は15mmファスナーが見えるようにしました。
なので今回はの内部の台座に取り付ける位置は、「(29mmー15mm)÷2=7mm」になります。
と言うことでコバから7mmのところにネジ捻などで印をつけてからその上をボールペンなどで見えやすいように印つければいいと思いますp(^_^)q
この計算方法を知っていれば様々な幅のファスナーでも取り付け位置で迷う事がないと思いますp(^_^)q

今嫁が一生懸命手縫いしてます。スピードは求めないでとにかく一針一針丁寧に!
とだけ僕は言っています。
a0228364_2563017.jpg

頑張ってp(^_^)q

今日はこんな感じです(^^)/~~~
↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-20 10:00 | レザークラフト

嫁が結構本格的にレザークラフト始めました(笑)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

8月のイベントに向けて小物を大量に作ろうと思っているのですが、、
僕って同じ物を何個も作るの苦手なんです(^^;;
あと、本当はシェリダンスタイルのカービングをしたいのですがフィギュアカービングが多いので、定休日は自分用にシェリダンスタイルカービング入りの財布作ったりしてます。
趣味が仕事だったりするので毎日レザークラフトやってます。行き詰まる感がない時は楽しいです♪
最近財布のローテーション早いです。2ヶ月ごとに変わってます(笑)

でも、カービング入りのベルトのオーダー頂いたので思いっきりシェリダンスタイル彫れて嬉しいです!
しかもベルトだから手縫いなしでOK(笑)

それで何度もブログに書いた事あると思うんですが本当はカービングだけやりたいんです(^^;;
だから仕立て、、特に手縫いがキツく感じる時があります、、

そんな中、嫁がちゃんとレザークラフトをやりたいと言いだしたのでとりあえずはと手縫いを教えてみました。
a0228364_114108.jpg

ポニー使ってます。
ちゃんと菱ギリも研ぎます。偉い!
a0228364_1141188.jpg

それで手縫いの感じもなかなか良いです♪
a0228364_1141138.jpg

ヤル気満点なのと、ダメなところに気が付いているところに将来性を感じます。上手くいってないところをみると悔しいみたいです。いいですねp(^_^)q

そしてなにより僕が助かる(笑)

三日坊主にならないよう、飴と鞭の絶妙なバランスを考えたいと思います♪

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-15 00:48 | レザークラフト

オーダー品のシルバー到着!あと、久々に仕立て重視のメディスンバッグ作りました( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

さっきまでいつもお世話になっているNOLAさんと2人カラオケに行って一曲も歌わず帰ってきました♪
革談義ですよ。怪しいことはしてないです。強いて言えばNOLAさんがコーンポタージュ2杯飲んだくらいです(笑)

それで本題なんですが、久々というか最近ちゃんとした物作ってなかったような気がしたので仕立て重視でメディスンバッグ?を作ってみましたp(^_^)q
a0228364_1720871.jpg

構造はこんな感じです。
a0228364_1720930.jpg

まぁ、オーソドックスな感じにだと思います。
ちなみにコバの斜め漉きは全部手漉きでやりました。
まだ、革漉き機で細かな漉きできなかったりしてます。カーブを上手く漉けません(^^;;

あとは、今オーダーで製作中のロングウォレットのシルバーパーツが到着しました!
a0228364_17201184.jpg

あと、珍しい革でフィッシュレザーです。
a0228364_17201254.jpg

なにか作って印象確かめたいです♪

このシルバーはオーダー主さん特注の物です。
ウォレットトップ用のコンチョがどちらか?とかは確認してから取り付けようと思います。間違えるのが怖いです(^^;;

あと、あまりの存在感で革が負けそう、、と思ったので試しに図案の上に配置してみました♪
a0228364_17201324.jpg

100%負けてます。紙だから当たり前ですが、革だと同等くらいになるくらい頑張りたいです!

今日はこんな感じです(^^)/~~~

この度大幅なデザインのリニューアルをしました。
↓ショップのリンクです。↓
よろしければご覧ください♪
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-04-20 16:44



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能アイテムをお安く提供させて頂いております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>angieさん お久し..
by tkanno4649 at 15:40
お久しぶりです。 相変..
by angie at 12:40
>angieさん 物欲の..
by tkanno4649 at 13:34
こういう工具を見ると疼く..
by angie at 22:53
>noguさん お久しぶ..
by tkanno4649 at 12:46
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。