俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:失敗談 ( 76 ) タグの人気記事

海外の刻印を色々と入荷してみたのですが、、

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ここのところ革のほうは教室とオーダーメイドの打ち合わせ以外作品を作ってみたりとかはあまりしていませんでしたが、iPhone7のケースを作ってみました♪
革はブライドルレザーです。
a0228364_17265307.jpg

a0228364_17265410.jpg

それで今回は両面テープでとめてみました。
ちょっと特殊なテープなのでしょうか?ヤフーショッピングでは販売されていました。
a0228364_17265428.jpg

ブライドルレザーはロウがのってますし、すぐ剥がれるんじゃないかな?なんて思っていたのですがかなり頑丈に接着できてびっくりしております。
端のほうが少し剥がれかけても再度つけてみるとしっかり接着されます。接着力があまり落ちないようです(^^)

それで本題の刻印です。
あまり革を触っていなかった間何をしていたかというと、海外から工具や刻印を取り寄せては使用感を確かめてみたりと実験的なことばかりをしていました。刻印以外のものも相当買ったのですが散財で終わってしまいました。

個人的にいいな。と思うものを個人輸入して販売しようなんて考えていたんです。。

写真のものはハイドクラフター刻印ですね。今は存在しないメーカーなのでシルバークリークレザー社が引き継いでいるものと思われます。
日本にはない種類のものが多く、バリーキング刻印などでは同じような模様ではあるが、精度については通常刻印とバリーキング刻印の中間くらいだと思います。
a0228364_17265419.jpg

とはいえ、実際に使ってみないとわからないと思ったので個人輸入してみたのですが、刻印の作りは明らかにどれも同じにも関わらず、ハイドクラフター、US STAMP、日本の通常刻印の様なX517という表記で統一感がなく精度もまちまちです。

20本くらい買ってみて、良いかな?と思ったのはこのくらいです。
a0228364_17303349.jpg
こちらは見た目ほぼ同じに見えます。
左が今回買ったもの、右がバリーキングです。
a0228364_17383840.jpg
見た目はかなり近いです。でも連ねて打ってみると明らかな違いを感じます。こまかなところですが比べると気になります。

一本だけChinaとの表記、、正直だな、、と思いました。
最近中国製でもほんの少しですが良い物もでてきたので、少し期待したのですが今回はダメなほうでした。
精度や印影については日本の通常刻印のほうが明らかに上です。
a0228364_17265545.jpg
左が中国製、右がクラフト社の通常刻印です。

この刻印に限らずピンボケみたいに見える刻印はあまり良い刻印ではないと思います。
「カタログやネットショップで刻印の画像をみて、これは写真撮るの下手でピンボケになったのかな?」とは思わない方がいいです。ピンボケの様な印影しかつかないと思ってください(^^;;

通常刻印に関してはクラフト社のものが世界一だと思います。

ただ、そのできのよいクラフト社の通常刻印、、廃盤に次ぐ廃盤で数が減ってしまいましたね。。
面白い刻印も需要が少ないと廃盤になってしまうんですね。年々カタログの刻印ページが減っていって悲しいです。

その点アメリカだと多少数は少なくはなったものの日本よりは種類が多いです。先ほども言ったのですが通常刻印についてはクラフト社のほうが良いのですが、、
でも日本にはない、バリーキング刻印ではあるけど、バリーキング刻印買うのはキツイなんて方でもその中間くらいで楽しめる面白い刻印を仕入れて販売しようなんて考えたんです。

でもダメそうです。。
半分以上が納得できるものではありませんでした。良いものとイマイチのものとの差が激しい、、あとどこで作られているかもわからない。

刻印知識を生かして少しは商売的な事をしようと思ったのですが僕にはちょっと無理なのかもです??
この刻印を使ったアイテムを1個も作ってないのに販売するのは悪い事をしているような気がしてしまいます(^^;;
迷いますね。。新しいことをやろうとすると大抵うまくいかないものです。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-04 17:55 | レザークラフト工具 | Comments(0)

初めての靴作り♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

まず初めにレザークラフト教室の業務連絡です。
誠に勝手ながら5月ゴールデンウィーク明けまでお休みとさせていただきます。
大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
(オーダーメイドにつきましては通常営業です。ゴールデンウィーク期間のみお休みをいただきます。)

早速ですが、作りたいけど避けてきたものがあります。
靴と服ですね。。なんとなくは分かっていたのですが、ミシンがないとキツイのでは?というのが避けていた理由です。あと、作る前から無理と決めつけていたり、、
最大の目標にしているのはウエスタンサドルなんですがこれは日本にいては作れないと思うのでずっと先の事になると思います(^^;;

今回頑張って作ってみて思ったのは、手縫いでもできない事はないけどミシンがないとしんどいです。
型紙が上手くいかなくて甲の部分がおかしな事になってしまったのですがとりあえず最後まで頑張って作ってみましたのでアップしてみます。
完成はしましたが成功したとは微塵もおもわないのでツッコミは少なめでお願いします(笑)
a0228364_18544290.jpg

a0228364_18544254.jpg

a0228364_18544296.jpg

a0228364_18544361.jpg

a0228364_18544395.jpg

a0228364_18544335.jpg

ちなみにもう一個は作る気力がないので片方だけの飾りとします。

靴作りはレザークラフトと違うな。。という事を痛感しました。技法や工具が特殊なものが多くてとにかく手探りの作業でした。こういうのが楽しいんですけどね(^^)

初めての作業の吊り込み。これは楽しい♪
a0228364_18544378.jpg

次回の課題が盛りだくさんの吊り込み作業です。

それで、曲がり菱ギリで穴開けて縫っていくんですが、すくい縫いの穴開けの一発目で折れるというアクシデント(^^;;

a0228364_18544410.jpg

初めて使う工具で間違えた使い方したんだと思います。。研いでもらったばっかりなのに( ; ; )
仕方なく普通の菱ギリを使いました。

靴底にシャンクという金具を取り付けてコルクで埋める。
かかとのところはかげら縫い。
本当に初めての技法だらけです。
a0228364_18544400.jpg
靴底に入れるコルクは細かいほうが良かったですね(^^;;
このあとこの容器を蹴っ飛ばして大惨事が起きたんですが当然写真どころではありませんでした(笑)
a0228364_18544484.jpg

a0228364_19072654.jpg


そしてこれも初めての作業で、ドブ起こしからの底付けです。
a0228364_19072649.jpg

コバを革包丁で切れ目を入れてその間を縫って縫い終わったらボンドで接着して糸を隠します。
本当はしっかりと濡らして内側に切り込みを入れた部分の革を折り込むんですが横着をしてしっかり折り込まずにすくい縫い!!結果すごく縫いずらかったです。横着はダメです♪

作っている途中なんども諦めようかと思ったのですがなんと最後まで作れて非常に満足しています。

たとえ、足が入らなかったとしても(笑)

履けないって凄いミスですが、作り始めの時から薄々気づいてました。(爆笑)

さぁ、次はオーダーだ!毎回お待たせして申し訳ないです(^^;;

おまけ♪
納期が3日後という今までにない感じのオーダー品の通帳ケースです。
a0228364_19072690.jpg

今回はトスカーナリスシオを使いました。非常に良い革ですね♪流石はイタリアンレザー!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-04-18 19:31 | レザークラフト | Comments(2)

初めてのウェットフォーミング♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

なんか急に寒くなってきましたね。気温の落差は体力奪われます。

早速ですが、木型を使ったウェットフォーミングを初めてやってみました。
レザークラフトを初めてから7年になりますが手をつけませんでした。なんでかと言うと、、木型を作るのがめんどくさい(笑)

先日やっと届いたIQOS♪
ケースを作る際、カードリッジ収納箇所をウェットフォーミングでジャストサイズに入るようにしようかと思ってのチャレンジでした。
今回はヌメ革の端切れでカードリッジの部分だけ試作してみました。

結果から言うと失敗です(笑)
最初からうまくいくわけはありませんよねσ(^_^;)
a0228364_17560572.jpg

a0228364_17560574.jpg

こんな感じでジャストサイズで入る訳です。
a0228364_17560663.jpg


今回の手順はこんな感じでした。

後々使うことになるだろうと思い。電動糸鋸を導入♪
a0228364_17560700.jpg

なんと2Way!
こういうのに弱いです(笑)
さすがはDREMELだけあって作りが良いです。
a0228364_17560835.jpg

1.5センチ厚のパイン材を切ってみましたが、ストレスなく切れました。
a0228364_17560923.jpg

小刀やヤスリなどで角を落として丸みをつけ、
a0228364_17561034.jpg

木型の土台を作りました。
a0228364_17561188.jpg

今回は外枠なし、革を固定してヘラで形成する方法にしました。
革はトコ面まで水が浸透するくらいしっかり水分いれます。
a0228364_17561154.jpg

a0228364_17561283.jpg

それで伸ばしながら土台に固定するのですが、タッカーがなく急遽釘で固定です。
a0228364_18102436.jpg

土台の木の厚みがなかったせいで釘を根元まで打てずヘラで形成するのが大変だったのですぐにタッカーをアマゾンで注文しました。
a0228364_18102530.jpg


次回はタッカー使いますσ(^_^;)

形成して、
a0228364_18102664.jpg

乾燥させて釘をとる。
a0228364_18102728.jpg

こんな感じになります。
a0228364_18102767.jpg

これを半分に切ってやると一回の作業で2個作れる訳です。
a0228364_18102953.jpg

こんな感じですね♪
a0228364_18103047.jpg


初めからうまくいく訳はありませんが、次回の改善点は数点浮かんできました。
そして、IQOSケースはウェットフォーミングじゃなくてコマ縫いか脇マチの構造で作ろうと思います(笑)
そっちのほうがかっこいいような気がしますし、この作り方だとスタンピングやカービングが難しいですσ(^_^;)

実験楽しかったです(^_^)v

話は変わりまして、
たまに使うブッテーロなんですが、ほのかに美味しそうな匂いがします。
a0228364_18103137.jpg

端切れをちょこっと噛んでみたら苦かったです。当たり前か(笑)

おまけ♪
今日発売のケラさんのCD買いました。
ナゴムレコード30周年記念のライブ盤です。
a0228364_18103261.jpg

音楽より演劇、演出家、映画監督としての活動のほうが有名なのかな?

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-09-23 18:13 | レザークラフト

岡田明子さんのカービング講習会終わりました♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

まずはお知らせを。
お盆休みを取るつもりはなかったのですが、業者さんがしっかり休みを取っているのでその間材料調達ができない事がわかりました。
なので、8月16日までお盆休みを頂こうと思います。

急なお知らせで申し訳ありませんm(_ _)m
自分自身も休みをしっかり取ってエネルギーを充電したほうが後々の製作活動のプラスになると思います。
オンオフのメリハリは僕自身の課題でもあります。
引き続きお引き立てのほどよろしくお願いいたします。

それでは本題に移ります♪

暑さにやられて製作活動も進まず、しかも胃腸炎&脱水症状でくらくらとしていましたσ(^_^;)
そんななか講習会のため東京に向かったのですが皆さんのご配慮、気合い、ビオフェルミンでなんとかなりました。ありがとうございます!

まずは、完成品から♪
完成と言っても染色は宿題です。
a0228364_21003362.jpg

岡田さんと毎年おきまりのポーズで記念撮影♪
a0228364_21003355.jpg

いつも楽しい講習会です。

2日連続の講習会だったので皆さん完成を目指して頑張っていました。
たまたま僕が講師みたいな立ち位置にいますが、僕は岡田さんの見本を見に行って、その時たまたまお話をしていただけです(笑)
a0228364_21003414.jpg

群馬のSさんとは何年も前らか連絡は取り合っていたのですが今回初対面です。
a0228364_21003439.jpg

素敵なキーホルダー頂きました。ありがとうございます(^_^)v
a0228364_21003565.jpg

次回は地元の皆さんと一緒に工房の方に遊びにきてください♪

赤のTシャツの武田さんは今年の日本革工芸展で文部科学大臣賞を獲った凄腕、皆んなで肩を組んで仲良し撮影といきたかったのですが美人さんと肩を組んだりしようものなら嫁のヤキモチが炸裂するのでここら辺は慎重です(笑)
バイク乗りの方は皆さん知ってますよね♪
肩を組んでいる中心の方はプロカメラマンです。
凄いメンバーですね(^_^)v
a0228364_21003560.jpg

アメリカのカービングコンテストブルーリボン賞の受賞祝賀会です。
カメラを向けるとすぐさまピースサイン♪
笑顔が一番!
a0228364_21003666.jpg

a0228364_21003637.jpg

講習会が終わったあと、ワガママを言って協進エルのカタログに掲載されているカービングの本物のある部屋に入らせて頂きました♪
a0228364_21003701.jpg

ただただ凄いの一言です。
度重なるクレームをしているにも関わらず寛大な対応ありがとうございましたm(_ _)m

打っちゃだめなところに間違えて打ってしまったバーグラウンダー、、
a0228364_21154579.jpg

とりかえしつかない、、と諦めますよね( ; ; )
ところが!
完璧には治りませんが修復できる方法を教えていただきました!
いい感じにごまかせてますよね!!
a0228364_21154687.jpg

アンダーショットを打ち直すとこのくらい修復させる事ができますよ♪

講習会をおえ、その足で向かったのは富士鞄工房です。
a0228364_21003769.jpg

冷たいビールを出してくださり、作品も多く見せてくださりました。
本物の鞄の構造をしたミニチュア鞄は圧巻です。
設計図の細かさにただただ驚きました。
a0228364_21154772.jpg

レザークラフトをしている人間でもどうやって作ったのか?説明を聞かないと全くわからないペン立てもつくり方を解説してくださりました。
頭では理解できましたが、実際できる感じが一切ないです。でも頑張って作ってみようと思います。
話が尽きなかったので、泊まっていってもいいよ?とまで言ってくださったのですが自宅で僕のコンテストのお祝いで遊びにきてくれている友達がいたので帰りましたが、本物は寝ないで話したかったです( ; ; )
ありがとうございました!

東京もだいぶ慣れてきましたがやはり地元に帰ってくると安心します。
東京生まれなのに東京に馴染めませんσ(^_^;)
a0228364_21154714.jpg


今回の講習会は参加者21名と、岡田さんの人柄に惹かれている方が多いのだな、、と思いました。
皆さんお世話になりました!

頂いた刺激で明日からの製作意欲満点になりました(^_^)v

おまけ♪
藁をも掴む思いでダイエットのベルト買いました(笑)
a0228364_21211926.jpg

運動しなければ効果のない健康器具です。
こちらも良いレビューをしたいです(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-08-10 21:18 | 講習会

必需品じゃないけど必要なものってありますよね♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日中ブログを更新しようとしたら何回ログインしても、エキサイトブログのホームページすらアクセスできなくてびっくりしました。
今こうして復旧したのでブログを書いていますがブログってデーターなんだな、、
逆に物っていうものは一瞬で消えたりしないから増えていくんだな、、と思いました。
僕の工房の片隅には今まで作った失敗作、なんとなく納得いかない作品、試作品、練習した端切れがいっぱいあります。捨てられないからどんどん増えていきます。
a0228364_23172432.jpg

最近ではレザークラフトをされている方から、その失敗作を譲って欲しいと言われて買ってくださる機会が増えてきました。
こんな乱雑においてますが手放す時は作った当時の事を思い出します。
ここでつまずいてたんだな、、なんて感じです。
嬉しくも悲しくあります。
でも減ったりはしません。増えていくほうが多いです。

タイトルがなんだ?という感じですが、何を言いたいか?というと、、

僕が作っているレザーアイテムは必需品ではないけど必要としてくれる人はいるという事です。
だから僕はご飯を食べれます。贅沢はできませんが生活はできます。

とか言いながら、僕も必需品じゃないものをいっぱい買います。僕は多分刻印集めが一番の趣味だと思います。
もう何百本あるかわかりません。2年前くらいで500本はあったので千本超えているかもしれません。
それでこんな本数必要か?と言われたら必要ないです。

実際に使うのはせいぜい100本くらいだと思います。

最初は1本600円の刻印を買うのにもビビっていましたが今では一気に30本買っても、ビンテージ刻印だもん!買うしかないでしょ?という感じです(笑)
a0228364_00265100.jpg

クラフトツール社時代の刻印ですね♪
荒削りで迫力がある感じ?だと思います。

刻印は同じ番号でもメーカーや年代によって様々です。鋳造の通常刻印だって最終仕上げは手作業の研磨です(この研磨はどんどん省略されていってます。)。
だから全て一点物だと思ってます。

なんで集めるか?というと単純に嬉しいんです。
カービングしてもないのに刻印触ってにやにやしたり端切れに打ったり。嬉しすぎる時は茶の間にまで持ってきて嫁に自慢したりします。
幸せなひと時です。
嫁からすれば良い迷惑だと思うのですがその甲斐あってか?嫁は刻印の種類を結構覚えました(笑)

刻印なんてレザークラフトをしない方からするとなんの価値もないものだと思うのですが、鉄の棒を1本手に入れて僕は狂喜乱舞するんです。
端からみればただの変人だと思うのですが、狂喜乱舞できる事が一つでもあって幸せです。こういう人知れぬ楽しみがないと苦しくてやってられません。

長々とすいませんσ(^_^;)

こんな僕に、僕のお財布を買ってくださったお客様から、オイル入れる時が楽しくてニヤニヤしてます。。なんて言われちゃいました!

最高の気分です!!

僕が革製品を作ってお渡しした後の一番の喜びですからね!
日々頑張って疲れている時、少しでも心の潤いになれば、、といつも思っています。

そして、それを聞いた僕はニヤニヤしてしまいます(笑)
a0228364_23524765.jpg

オイルアップ上手ですよね!

僕は作ったあとのエイジングを楽しめないですから僕なんかよりメンテナンスの事良く知ってらっしゃるので細かな説明なんて全くする隙がありませんでしたσ(^_^;)

壊れてもなおせる作りです。何度も僕の元に帰ってきて直して、と繰り返し朽ち果てるまで使ってくださると嬉しいです(^_^)v

話は変わりましてレザークラフト教室です♪
仙台レザーズさんはレザーカービング!
a0228364_23573665.jpg

a0228364_23573698.jpg

いつも僕の無駄話中心で教室といって良いのか?
という感じで申し訳ないのですがシェリダンスタイルカービングの基礎、まずは花の作り方を教えさせて頂きました。
なんだか教室っぽい!
いつもこうなるよう頑張ります。

Tさんはトートバッグ作りです。
a0228364_00203504.jpg

a0228364_00203518.jpg

ゆっくり確実に作って頂いています。

なんですが途中で不安になったんです。トートバッグなんて簡単だよな!という過信にです。

一緒にデザイン型紙起こしをしたのですが、なにかおかしい、、違和感を感じる、、マチをつけるのが難しい、、

参考書をみたらやはり組み立て難い構造なのがわかりました。本当に申し訳ないです( ; ; )

普段作る物はほとんど箱物です。袋物はたまにです。
「簡単な物でもやった事ない事はできない。」
当たり前ですが忘れない様にしたいです。
作って分りましたがやはり各所に難所がありました。。
完成まで教える責任があると思い同じ構造で作ってみました。
a0228364_00203550.jpg

a0228364_00203651.jpg

持ち手雑になりましたが形になりましたし使い心地も良いです。

かばんって良いですね!こんなに便利で楽なんだ!
なくすと怖いからお財布、iPhoneなど全て腰にフル装備、重量約2キロ、夏場でもベルトなしでは外出不能、おまけに腰を痛める。。
かばんを持つと体が軽いです♪

そうだ、、
教室の最中作業台の上に置いていたアイスコーヒーを思いっきりぶちまけてしまいました。
当然写真はなしです(笑)
どうしたら良いか分らなくなってしばらく呆然としてから内線で嫁を呼びつける。
いざって時はやっぱりなにもできないです。男なんてそんなもんですよね?

Tさん。次回はカービングも開始ですね♪
よろしくお願いします(^_^)v

休日は息抜きに趣味のレザークラフト(笑)
a0228364_00203627.jpg

a0228364_00203646.jpg

参考書どおりも楽しいです!

嫁がデザインしたiPhoneカバーのスケッチを発見したので勝手に作って自分用にしてみたり(笑)
a0228364_00203613.jpg

a0228364_00203736.jpg

僕的には失敗作と思ったのですが、予想外の高評価!
オーダーメイドの問い合わせ数件!
デザイン力あるのか?嫁?
この話を知った嫁は凄く喜んでいました。そして帳簿もしっかりつけてくれるんですよ!
僕ははんこ押すだけ♪楽チン♪

ラッキー♪
利息1円もらった。
a0228364_00203743.jpg

漢字惜しいけど愛を感じるから承認印を押すのだ(笑)

おまけ♪
レザーカービング始めたばかりのころに作ったなにかのケースが出てきました!
インレイにかがりとか結構頑張ってたんだな、、
a0228364_00203813.jpg

とか思ってたんですが、インレイが「おぼっちゃまくん」にしか見えない(笑)
1回思ってしまうと、気のせいだ!とは思えないです(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-07-22 00:38 | レザークラフト

日本革工芸展の作品作り♪間に合うのか?

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年もコンテスト頑張ろうと思っています♪

去年のワールドレザーデビューは締め切りギリギリのところでその存在を知って急ピッチで出品したので今年は腰をすえて大きいのを作ろうと思います。
今年は日本革工芸展、ワールドレザーデビューのほうに出品しようと思っています。

日本革工芸展は6月、ワールドレザーデビューは5月だからまずはワールドレザーデビューの作品が先だな!とずっと思っていました。

火傷した指の完治まで待ってくださっていたミドルウォレットをやっと完成させることができホッと一息ついて、明日はオーダーの打ち合わせだから工房掃除しよう!と色々整理していたら日本革工芸展のパンフレットがでてきました。
何気なく眺めていたら、、

搬入が4月11日!?しかも郵送だと5日まで!?
で今日は3月30日(笑)
a0228364_02031873.jpg
マジですか、、どう考えても間に合わない、、少なくとも3日に送らなきゃだから、4日しかない(笑)
いざって時は東京に住んでる親に搬入に行ってもらうとしてもあと1週間σ(^_^;)

とりあえず1回決めた事なので来年に持ち越したくないです。
という事で今日から作業始めました。
a0228364_02031874.jpg

作るものはすでに決めていたとはいえ一発で作れる自信がなかったので床革で試作を!
こういう時ミシン助かる(>_<)

試作は完成しました♪

ということでしばらく工房にこもります。
多分燃え尽きるでしょうが、初出品として恥ずかしくない作品を作ります!

オーダーの方は本当に申し訳ないです。連絡を入れさせて頂いて納期少し伸ばして頂きましたσ(^_^;)

僕の都合にもかかわらず応援くださりありがとうございます。がんばります(^_^)v


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-31 02:15 | コンテスト

僕の目標はかなり大きなものです。

こんばんは。というかおはようございます。ですね。
夜に書き出して朝になってしまいました。

まずは僕がシェリダンスタイルカービングを始めるきっかけになった本の紹介を、、
a0228364_03551460.jpg

この本がきっかけなのは僕だけじゃないと思います。
この参考書にある様々なスタイルのカービングは全てやりましたが、1番好きになったのはシェリダンスタイルカービングでした。

そして今でも1番好きです。

この参考書は掲載されている図案が間違えているから図案の通りカービングすると参考書の通りカービングできません。
a0228364_03551515.jpg

裏面にも描いてありますが、この図案を素直にトレースするとカットラインを間違えます。
この図案を疑って手順の写真やカービングし終わった実際の作品の写真を注意深く見ながら図案を修正すると成功します。
あと、トラディショナルをしっかりやっている方はその間違えに気付くと思います。

これはシェリダンスタイルカービングのところに限りません。気付いた時は酷い参考書だな、、と思いました。
後に気付けたのは良かったです。

でも、シェリダンスタイルカービングを担当している職人さんはSK刻印、通常刻印を使用した手順を紹介しているので導入としてはありがたい参考書でした。
いきなりバリーキング刻印を使うように、とは書いてません。

この職人さんは普段はアメリカの刻印を使って作品を作っているはずです。表紙の作品がそうだから間違えないと思います。でも参考書のなかでは初心者の事を考えてコストパフォーマンスの良い刻印を使ってるくれています。
シェリダンスタイルカービングの間口は確実に広がったと思います。

数あるスタジオタックの参考書で唯一本のページが取れるくらい読み続けている参考書です。

こんな感じで始まったシェリダンスタイルカービング。

ブログのタイトルにもしてます。仮にシェリダンスタイルカービングが嫌いになってやらなくなったらその時点で終わるブログです。
6年近く続いているのは我ながら凄いな、、と思います。その間、トラディショナル、スツールマンスタイル、フィギュアなどもカービングしましたがやっぱりシェリダンスタイルカービングが一番好きです。

ここからの話はあんまり気分の良い話じゃないと思うのですが、話さず放置しては次の記事を気持ち良く書けないので手短に書きます。
自分なりに理解したことも書きます。
ブログは楽しく続けたいです。

短い文章ですが、また何か言われたらどうしよう、、と添削に添削を重ね、なるべく柔らか単語を選んで、でも意見ははっきり言おう、あと他人になるべく迷惑をかけないように、などと思い半日かけて書いた記事です。誤字脱字、ところどころおかしな文章あると思いますが悪意はありません。お許しください。

先日、僕が購入したツールラックとヤフオクで似ているツールラックが出ていた事について書いた投稿が炎上した件について、、

まず、この炎上によって浮かび上がってきたツールラック開発の裏話の真相を僕は知りません。
初めて聞いた事を真実も知らず一方の話しか聞いていない状態の僕が公平な立場で物事をいう事はできません。
また、僕は公平な立場で物事に善悪をつけれる人間ではありません。
あと、その話を聞いている時間と労力もありません。

貧乏暇無しです。働いても働いても休みなんかろくに取れないギリギリの生活です。たかが6年くらいでまともに生活できる訳がないです。決して上手くはいっていないです。
甘くはないですね、、分かってはいましたがそれ以上です。常に先行き不安です。

今回の件、僕としてはツールラックを一客としてお金をだして買ったのに、、このツールラック誕生の裏話、ドロドロした人間関係の暴露話を聞かされて非常に不快な気分です。
何年も前の話だったそうです。このまま知らなくても良い話でしたし、僕はこのツールラック開発の話について尋ねていません。強制的に聞かされました。そして聞かされてしまったがために新しいものを手にした時の嬉しさを奪われました。
作業台の上にあるとどうしても気になってしまって作業に集中というか、、作業台に座ることができなくなって、「どこか見えないところにしまおうか、、」「このツールラック捨ててしまおうか、、」とまで思いました。
なのでここ数日は教室とオーダーの打ち合わせ以外は工房の整理整頓をしていました。

でも、このツールラック自体には罪がないと思うのでやめました。
でもまだ作業できる感じではないです。気落ちしてるんです。

僕は工具がないと何もできない仕事をしているので工具への感謝の気持ちが強く、またその工具を作ってくださる方なしでは生きていけない。と思っています。

そんな工具を捨てる事ができません。工具に関しては知らずに買ってしまった中国製工具であろうと捨てた事はありません。壊れても捨てません。
すぐ壊れたという事実も経験の一つです。

今日届いた工具は職人仕様と説明があって、問屋さんから直送と言われたのでてっきり浅草あたりから届くのかと思っていたら、タイから届きました。
びっくりです。
a0228364_03551573.jpg

それでも問題なく使えれば良かったのですが、質は最悪で加工して直す事すらできないような工具でした。

ネットではこのように上から見た写真しかありませんでした。
a0228364_03551507.jpg

届いてみたら、写真に写っていない裏側はこんな感じでした。
a0228364_03551542.jpg

そんなに安いものでもありませんでした。
それで購入の履歴を辿って、こんな形状だったっけ?と確認しようとしたら、写真はすでに削除済みで確認のしようもない、、

こんなのは良くあります。知っていれば当然買いませんでした。

話脱線しました。こんな事があると記事にしたくなります。

フェイスブック上ではものつくり全般の大きな話に発展したので凄く曖昧な表現ですが、一つだけ理解しました。

「ものつくりという自由な活動を利権で縛ってはいけない。」

という事を僕だけでなく、みんなに伝えたかったのでしょうか?

もし、そうであれば僕も大いに賛成です。

ただし、最低限のモラルがあるという前提で、、
このモラルがない人々がいるから利権というものが存在するとも思っています。だから非常に難しい問題なんだと思います。とてもじゃないですが深くは語れません。

僕が実際に使ってみた工具について僕が感じた事を公に公開する事はやめないです。
あと、僕はお金をもらって工具のレビューなんてした事ないです。ここは誤解しないで欲しいです。

最終的には何を言いたいのだろう?という感じで、、

「お金と人を取るとしたらどちらをとります?」

なんていう究極の選択を迫られて僕は人と答えましたが、、

本当はどちらもです。ご飯食べられないと死にます。と考えながらも人をとっているから貧乏なんだと思います。

色々とありましたが、今までと変わらず色んな工具、革などを買って、色んな方法を実験したり、失敗したり、失敗を研究したりし続けようと思います。こんな楽しいことやめられませんし、失敗しても成功しても嬉しいのでだれかに伝えたいです。文章書くの好きなんです。

最後に、今回のツールラックに関わる話は今後一切しませんし、関わろうとも思いませんので今回の記事で終わりにします。
読んでくださった皆様ありがとうございます。

話は変わりまして僕の仕事について、

レザークラフトをはじめてからずっと思っていた事は、この楽しさを共有したい。同じ話題で盛り上がりたい。わかる事は全て答えたい。分からないと言いたくない。できないとは言いたくない。
そして、密かに思っていたのは「人に教える立場になりたい。」という事でした。

そして、昨年の3月に新しい工房に引越しをして教室を始めました。僕にしては珍しい不言実行です。

教室を開催するのに必要なのは自分自身が納得できる良い作品が作れることと十分な知識と経験だと思い、教室はそれからだ!と決めていました。

でも、それからだ!という時期がきませんでした。
4年は考え続けたと思います。
一生勉強なのだからそんな時期がくる訳がない。ただ単に覚悟がなかっただけなんだと思います。

「大した腕もないくせに人に教えるなんて100年早い。」

とかいう事を言われるのが怖かったんだと思います。

実際にやってみると意外と単純な事がわかりました。

「できない。」

という事です。

これは気付けて良かったです。最初からできる訳がないです。だから失敗なんていっぱいした方が良いんだと思えました。

あと、失敗して褒めてくれる。独学で身に付けた参考書には載っていない技法などを認めてくれた方の存在は大きいです。

僕が思うにその方は日本で一番レザークラフトに貢献されている方だと思います。
その根拠は技術はもちろんの事レザークラフトの繁栄に大きく貢献した人しかもらえない賞を持っているからです。

僕はその方と写真を撮りました。僕は歯を見てせ笑うといこうことが20年近くできていませんでした。嫁も始め僕の本当の笑顔を見たそうです。

もう一人、そんな方との出会いをくださった方がいて僕は一生かけて恩返ししたいと思っているんです。
その方はもしかしたらこの縁をくれたことを忘れてるかもしれませんが僕はこの忘れません。

僕ができる恩返しは僕自身が上達すること。
それ以外は思いつきません。

あと、僕は日本だけ見てる訳ではありません。世界を見ています。だからオールマイティーでありたいんです。
カービング、染色は当たり前の世界です。これができないとコンテストに出品することすらできない世界です。

僕の最大の目標はいつだって本場アメリカで認められる技量とレザークラフト界に貢献する事です。

じゃないと叶わない夢なんです。

自分でも馬鹿な夢だな。と思うのですがどうせなら世界で一番と馬鹿真面目に考えているんです。

最近では案外馬鹿げた話でもないな、、とも思っています。実際に動いてはいますからね。やってみなきゃわかりません。

今、僕はその準備で大事な時なんです。

今日はなんだか大きな話をしてみましたが、

「有言実行」です。

こんな事書いたの初めてだと思います。。嫁にすら滅多に話しないです。嫁は事情知っているのでこの話題にはふれません。あまりにもキツイ話なのです、、

過去に失ったものがとてつもなく大きいので、とてつもなく大きいものを手に入れてそれを埋めようとしているのかもしれません。考えると潰れそうになるのでなにかにのめり込む事で現実逃避しているのかもしれません。
これは直接あった方数人には話したことがあると思います。

目立てば気付いてくれるかな?なんていつも思ってます。

Handmade leather goods t.kanno
作家兼代表 菅野智宏


[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-24 05:02 | レザークラフト

僕のレザークラフトに対する一本の太い芯、邪道も時の流れでスタンダードな技法になることもある。あと世界をまたにかけるドッキリ。

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

花粉症キツイです(>_<)

かといっても仕事てんこ盛りなので頑張りますよ♪
ネーム入りキーホルダー300個、ミドルウォレットのオーダーメイド製作、ロディアカバー、あとBASEの在庫品製作。
ネットカートショッピングサイトのBASE出品のアイテムはなんとか革質を落とさず、その他のアイテム同様長期間使用可能、手縫い仕立てでありながら低価格アイテム作りを目標にしています。
低価格にできる秘密は「シンプルな構造です。」シンプルな構造にするとパーツの量が減るので製作スピードも上がります。秘密はこれだけです。

あと、1番の狙いは「一切手抜きなしの良質な本革をしようした作品を1度手にとって見て使ってその良さを分かって欲しいという事です。
それと、レザークラフトをこれから始めようという方の背中をちょっと押したいというのもあります。
だから商品購入してくださった方にはレザークラフトの技法などの質問を受けさせて頂いております。
これは安い商品、高い商品関係ありません。ブログでは答えづらい質問に対しても僕のわかる範囲内ではありますが自分なりに一生懸命お答えさせて頂いております。

在庫の方はロディアカバー2つとロングウォレット1つを追加させて頂きました。

アメリカンオイルレザー、ヌメ革使用のトラッカーロングウォレット
a0228364_16054921.jpg

ベルギーレザーのルガトショルダー(オレンジ)を使用したロディアカバー
トラと透き通るような透明感が魅力の革ですがこんな激しいトラはなかなかの希少部位だと思います。自分用にしたいくらいです(笑)
a0228364_16154676.jpg

イタリアンレザーのエルバマット(ナチュラル)を使用したロディアカバー
a0228364_19164675.jpg


その名の通りオイルたっぷりのマットな質感で銀面は爪で引っ掻いたくらいの傷は指で撫でたり気にせず使用していれば消えていく銀面の再生力も魅力です。

この3点はカートショッピングサイトHandmade leather goods t.kanno on theBASEにて販売しております。

よろしければご覧ください♪
在庫品で長期在庫になっているアイテムの値下げもしていますのでよろしければこの機会にお買い求め頂き楽しんで頂ければ幸いです。

あまり安売りすると革製品の価値そのものを下げてしまうようで同業者の方には申し訳ないと思うのですが、高価な革製品購入前のエントリーモデルになれば革製品の良さを体感してくださる事ができるのかな?と思っていますのでお許しくださいm(__)m

宣伝が長くなってしまいました。すいませんσ(^_^;)

本題に入ります。
僕のレザークラフトに対する一本の太い芯は、

「レザークラフトの間口を広げたい。」

というものです。

僕はレザークラフトを始める人が増えてくれる事しか考えていないです。
だから初心者の方がレザークラフトを始めやすい記事をいっぱい書いています。
僕がレザークラフトを始める際レザークラフトの専門店、ひまわりさんですね。正直敷居が高く感じて店舗に入るのがちょっとだけ怖かったです。
こういう敷居を少しでも下げたいです。

間口が広がれば革業界も活気がでると思いますし、質の良い工具を開発してくださるその道のプロの方も増えてくるはずと思っています。
そしたら作り手だって嬉しいはずですし、

あと、始めた方にはできれば長く続けて欲しいです。だからすぐに壊れてしまう安価な中国製工具を買わないで欲しいと思います。一番頭にくるのは粗悪品だと分かりながら中国製を売る日本人です。

だからと言って1万円以上する菱目打ちとかを買ってくださいというのではなく日本製の千円くらいで買える物を使って欲しいという事です。
粗悪な工具で物を作ればそれなりの作品しかつくれません。
最低限の工具で大丈夫です。

だから僕は初心者の方を騙して粗悪な商品を販売したりするひとに噛み付きます。徹底的に追い詰めます。
小次郎ツールはかなり頭にきたのでかなりしつこく追い込みました。結果やっとヤフオクから消えてくれました。他のショップサイトでも出品していないようです。
僕一人が頭にきていたのではないと思います。

それとその道のプロの方々が作ってくださる工具の形だけ真似て畑違いの人が専門的な知識なく安値勝負で気楽に販売するのも許せないです。
僕も作れる工具は自作したり加工したりしますが、畑違いで知識もないので自信を持ってお勧めして販売できるような工具は作れません。
だから僕は工具販売をしないんです。僕は各方面の職人さんを尊敬しています。知識もないのに畑を荒らすような事は絶対できないです。
あと工具販売をして俺が元祖だ!とかいうトラブルに巻き込まれたくない。。というのも大きいです。

ここで誤解がないように説明したい事があります。
まず先に僕は工具の話しかしてません。革製品の話はここでは一切しません。

木で作られている工具はその道のプロ、金属で作られている工具はその道のプロの方、そして作り手の意見を組み入れ作り出されている工具が良い工具だと思います。
販売する値打ちがある素晴らしい工具なんだと感じます。僕はそういう工具を作れません。

だからその道のプロ同士が切磋琢磨して競い合うのは、さらなる素晴らしい工具が生まれるきっかけになるからそれは素晴らしい事だと思います。

僕がよくパクリだ!と騒ぐ工具はそれ以外のものです。

微妙に似ている感じ、、でもその工具、、

レザークラフトメーカーのカタログ見ながら作ったでしょ?

ネットでだれかの画像ひろってそれを見て作ったでしょ?

人気工具が品薄状態であるのを認識して真似たもの作ったでしょ?

などと分かる工具などです。真似された工具職人さんはたまったものじゃないと思いますし、悔しく怒りの感情も湧き不愉快な思いもしているのでは?と思います。
自分で作って自分で使うとか、こっそり人にあげるとかは別に良いと思うんですが堂々とネット販売なんか始められちゃうと工具職人さんだって死活問題だと思うんです。違うのかな?これは余計なお世話なのだろうか?

もちろん僕が騒ぐのは僕自身が購入して持っていて実際に使っている工具のみです。持ってもいない工具の文句は言いません。

先ほども言いましたが僕は工具を作ってくださるその道の職人さんを尊敬しています。そんな尊敬している人の工具を劣化コピーして安値で販売する行為が許せないんです。

と、、僕はこういう考えなんです。

これは僕の考えだから賛否両論はあると思うのですが、僕がこういう劣化コピー品に対してパクリだ!とか色々騒いでいる最中、予想しなかった方向への不平不満が飛び火するとは思いませんでした。


僕が購入したツールラックとヤフオクで販売されていたその劣化コピーの安いツールラックについて、、
僕がFacebookで投稿した一枚の写真と一行の文章が発端でした。
僕としてはツールラックを1個買ってコメントを述べただけなんですが、、

まさか工具職人さん通しのトラブルに発展するとなんて。。。戦うとか、、なんでそんな話になったのか全くわかりません。
きっといままで表では言わないけど心のなかで蓄積された怒りがあったんだと思います。
工具職人さん通しの裏事情なんて全く知らないですから本当にびっくりしました。

なぜこんな感じになったのか深層はわかりませんが、、

「僕の発言に対しては僕にだけ矛先を向けてください。」

誰かに言わされている訳でもないですし、僕の意思で発言していますから。

「あと便乗して話を大きくしないでください。」

当たり前なんですが良かれと思ってやっている事でも人によっては迷惑な事だったり、予想もしなかった方向にに話が広がり多くの方に多大なる迷惑をかけることもあるんだな、、とつくづく思いました。

当然僕は全ての事情など知らないです、、あと全ての事情を知った上で何かを言おうと思うと何も言えなくなります。

ヤフオクなど見ているとやはり自分が高いお金だして買った物の劣化コピー品が妙に安く販売されていると文句も言いたくなるんですがやめようと思います。

初心者の方が変な工具掴まされない事を陰ながら祈る事にします。
それだけの理由で色々文句いってるんですけどね、、

やっぱり凹みますね、、話の論点は飛躍したものの皆さんの言っていることは間違えていないと思います。そして矛先が僕だけじゃないから反論もできないです。

話題はがらっと変わります。
先日フェイスブックでALL-2000でのカービングに関して、特にアメリカの方々から汚い言葉で大バッシングを浴びました。
このカービングです。
a0228364_17340661.jpg

下が手打ち、上がALL-2000です。

正直な事を言うとプレス機でカービングなんて邪道だと思いましたし、できる訳がない。と思いました。
でも、やってもないのにできないと決めつけるのは嫌だったので実践してみたところ、手打ちには及ばないですが可能でした。
伝統をやぶって新たな方法を取り入ればそれは賛否両論あるのも分かります。

ただ、ここでも一本の太い芯、
間口を広げたいというのも関係してきます。
レザークラフトをしている方のなかでカービングもされている方って少なく感じます。僕はコンコン刻印叩いても大丈夫な新しい工房に転居したのですがやはりアパート、マンション住まい、お子さんがおられる方などは夜中カービングしたくなっても迷惑をかけるからと我慢している方も多いと思います。仕立てであれば菱目パンチ、ルーレットを使って菱ギリなど周りに迷惑をかけずに製作可能なのにカービング、スタンピングは難しいというのは僕としてはカービング仲間が増えない原因ね一つなので悲しいです。
この問題を解決するには色々な方法があると思います。そしてそれは最初は邪道と認識される事もあると思います。邪道だろうが綺麗な作品ができれば問題ないと思います。
新しい技法が生まれるのには新しい工具も必要なだと思います。あっと驚く工具が生まれると嬉しいです。

公にして色々言われると嫌だな、、と工房に放置していたカービングですがALL-2000の開発者の五助屋レザーさんに送って、このくらいはできますよ。という参考に活用して頂く事にしました。
a0228364_17373272.jpg

五助屋工具店で紹介してくださいました。
こちらで販売されています。とにかく万能です。
金具付け、抜き型による裁断、アクリル刻印のプレス、菱目打ちを使用した穴開け、コンチョ製作などなど
レザークラフト万能機ALL-2000
今ネームタグ300個のオーダーを受けていて昨日から作業を始めたのですが抜き型なして作れる量ではありません。
a0228364_17444467.jpg

ハーマンオークツーリングレザーの3ミリ厚です。
かなりしんどいですσ(^_^;)
ここからレーザー加工機でネーム入れをします。1個目は試しに自分の屋号を入れてみましたが、ネーム入れはエクセルでもらったネームの一覧表からアルファベットをレザー加工機用のソフトにコピーして印字です。
a0228364_18074290.jpg

この作業がしんどいです。

バスケットスタンプ打った方が数十倍時間がかからないです(笑)
a0228364_18074261.jpg

この作業は楽しいです。ネーム入れじゃなくてスタンピングだったらサクサク楽しく作れるのにな、、と思いながらWindows10と格闘しています。20年以上のMacユーザーなのでWindowsはキツイですσ(^_^;)

次に世界をまたにかけるどっきり、、
先ほどの五助屋レザーさんのところに送ったカービングと端切れで練習したカットワーク、、

そしたら何故か岡田明子さんが持って笑顔♪
という写真がフェイスブックに掲載されていて血の気が引きました。
えっ!なになに?
a0228364_18074364.jpg


いやいやいや、五助屋レザーさんのどっきり規模が大き過ぎです(笑)
図案集のトレースじゃなくてちゃんと図案描けば良かったσ(^_^;)
でも、チャック・スミスからお褒めの言葉頂いたり、、嬉しいんですが、それ以上に岡田さんが如何に本場との距離が近いのかを思い知らされます。
いや、、でも褒められると素直に嬉しいです♪

あとおまけ♪
先日どう考えても素晴らしい作品だと思ったのでカービング作品を購入しました。
a0228364_18074329.jpg

裏に名前が書いてあったのですがだれの作品かはわかりませんでした。
多分このカービング、、本当はお金を出しても買えない作品だと思います。

ひまわりさんにいくとどうしても欲しい作品がいっぱい展示されています。
写真は撮れないのでないので毎回見るだけなのですが、こういうのはお金で買えない芸術品だな、、と思い行くたび眺めては良い気分に浸らせて頂いています。
昨日は暖かかったので縁側に腰掛けて外でずっと眺めては幸せな気分になり浸ってました。
僕もいつかこういう人を感動させたり生活の潤いになる作品を作れるようになりたいな、、と強く感じました。

おまけ2♪

通称ヤマゾン
山の様に積み上げられた無駄に大きなアマゾンのダンボールゆえにヤマゾン(笑)
買った分仕事が張らなきゃです(^_^)v
a0228364_18115533.jpg


追記
一度書いた記事なので訂正削除はしませんが追記させて頂きます。
今まで僕が実際に購入した革、染料、工具などについて僕なりのレビューをしてきましたが、そのレビューした中の一つのツールについて僕の知らないところで色々と著作権の問題などで深刻な現状がある事を初めて知りました。
僕の知らないところではドロドロとした黒い話があるんですね、、立ち入ってはいけないところもあるのだな、、と思いました。
それでしばらくはブログの更新をしない事にしました。
理由は自由に記事を書けない状態になったからです。自由に物事をいうのが怖いです。

その間は頑張ってものつくり、教室のほう地道に頑張ろうと思います。




よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-18 21:04 | レザークラフト

仙台出張♪嬉しい連絡!あと火傷治りました(^_^)v

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

先日はギターメンテナンス中の不注意による火傷、、

ご心配またアドバイスくださった皆様本当にありがとうございましたm(__)m
薬はもう塗る必要がなく絆創膏だけで良い状態になりました♪
a0228364_22440271.jpg

久々の手の怪我でした。今回強く感じたのは指がちゃんと動かないと仕事にならない、、この手が一番の商売道具という事です。革の仕事を始める前は感じなかった恐怖のようなものを感じました。
正直なことをいうと、ご飯食べられなくなる、、くらいです。

オーダーメイド製作、レザークラフト教室も開催できない状況は不安以外の何物でもありませんでした。以後細心の注意をはらおうと思います。

ただじっと治るのを待つのも嫌だったのでこの機会に左利きを覚えようと左利き生活をしていました。
a0228364_23333709.jpg

左利きだからこそできる刃物の使い方の勉強になりました(^_^)v
スーベルカッターだけは頭がこんがらがって訳がわからなくなりました(笑)
当然ご飯も左利き。右手より箸上手に持てるようになりました。麺類はしんどかったですねσ(^_^;)
あと、人差し指の代わりに中指を使っていたので中指が器用になった実感があります。
ここら辺のアドバイスは刃物の館やすらぎ工房さんから頂きました。
実は凹んでいたので助けを求めにいったんです。。いつもありがとうございます!

火傷も良い解釈をしようと思い、少しは休みなさい。という意味なのかな?と休んでいたのですが頭の中はやりたい事だらけσ(^_^;)

コンチョ作りをしていても指の感覚がおかしいから余計な手間がかかって、、
a0228364_23552192.jpg
頑張って20個ほど作って分かったのは、楽しいけど割に合わない(笑)
プロに任せるべきだと思いました。

それで家に引籠るのをやめて刺激を受けようと仙台に足を運んでみました。
まずはイベント出店していたJ's LEATHER さん♪
到着したらイベント終わってました(笑)
でもそのお陰で幸運な事に念願だった新居、工房にお邪魔する事ができました。イベント開催中にお会いしていたら叶わなかった事だと思います。寝坊して良かったです(笑)

噂のバーカウンターですよ!!
a0228364_23100687.jpg
Jさんはオールマイティーな技術をお持ちの方ですがブレイジング凄いですね!
作風は一言で言うと「ウエスタン」!

大辞典のようなサドルメイキングの参考書はJさんらしいな、、なんて思いました♪
ありがとうございました。今度は一緒に作業しましょう(^_^)v

それからさらにSendai Leathersさんの工房にお邪魔させて頂きました。
今回は革漉き機の調整をさせて頂きました。
僕と同じモデル、ZIT TOOLSさんのTAKING TK801BKですね♪
そうだ。J's craftさんの革漉き機も同モデルでしたよ。
a0228364_23100602.jpg


TAKING TK801BKはこれで4台見た事になるのですが、どれも違いました。マイナーチェンジを繰り返してどんどん良くなっているのが良くわかります。

Sendai Leatherさんのモデルは初期型だと思います。この頃はクラッチモーターだったんですね!
今はグレードアップしてサーボモーター仕様になっています。スピードコントローラー付きで静音です。
とはいえこのクラッチモーターモデルも静かでしたよ♪

クラッチモーターってもっと音するかと思っていました、、
というのはダングマンの革漉き機の音がかなり激しかったからです。ダングマンの革漉き機の異常音は軸がぶれているのが原因でした。本体がダメなんですσ(^_^;)

ダングマンの革漉き機は中国の安くて粗悪な801という革漉き機にダングマンのステッカー貼ってるだけなので買っちゃダメです。
a0228364_00484415.jpg

証拠写真(笑)

当たり外れもあるようで問題なく使っている方もいますが10万、20万の機械を買うのに当たり外れがあるのも怖いですね。ちなみにダングマンの返品可能期限は6ヶ月です。今はどうなのでしょうか?

あと、ちゃんとしたメーカーの革漉き機でもなんだか音が変だな??と感じたらどこか悪くなっている証拠です。各所のネジが緩んでいるだけというパターンもあるのでチェックしてみてください。
振動でネジ緩んでいく事ってありますよ♪

ともかくバリッと漉けるように調整できて良かったです!
今回はかなり頑張りました(^_^)v

おまけ♪
ギターはチェリーサンバーストを生かしながらも全体的に黒にしていこうと思っています。
a0228364_00040515.jpg

a0228364_00040533.jpg
なかの機械をごっそり変えたのですがどうしてもノイズがでますσ(^_^;)
弦触ると消えるから正常なのだろうか?ピックアップの感度が良過ぎるのか?
改善が必要です。

ついでにガリが酷いベースも裏蓋外してみたら酷い汚れだったのでゴミ取って接点復活洗浄剤をつけたら見事なまでにガリがなくなりました!
a0228364_00164102.jpg

しかし、この内部のスカスカ感、、
何か埋めろ!と言われているような気がしてなりません(笑)

おまけ2♪
僕にとって初めてのオーダー主様からメールがありました。最高に嬉しい連絡でした!
当時はまだ図案が全く描けなかったので図案集を少しアレンジしたような図案ですσ(^_^;)
a0228364_00164223.jpg

こんなになるまで使ってくださってただただ感謝です。
特にベルトの使用感がたまらないです。
もう何年になるのでしょうか?
革製品って本当に長持ちするんだな、、と改めて感じました。今後ともよろしくお願いします(^_^)v

指も治った事だし頑張ります!
試作段階ではありますが型紙作りも終わりました。
a0228364_00164210.jpg

革も届きました。
a0228364_00164340.jpg

真っ白な革は汚れが怖いですが、小物をいつも通り作ってみても汚れはつかなかったです。
銀面もかなり強いです。流石はイタリアンレザー、、

ネタはまだまだあるのですが長くなりそうなので次回に♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-02-14 00:30 | レザークラフト

アクリル刻印が割れる原因は柔らかい、じゃなくて結構当たり前なことを忘れているから、、という研究( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

作業効率をあげよう!と思い大胆な模様替えをしていたら取り返しがつかないほど工房内が乱雑になって作業効率が悪くなっております(笑)

乱雑になり過ぎて20cm×20cmくらいしかない作業スペース。。たまに床の上で必死にオーダーメイドのスケッチなどのお仕事をしております。。

それで本題です。

様々な所でアクリル刻印って製造販売されてますよね♪
使われている方が多いのはきっと使いやすいから、あとコスパなのかな?と思います?
鉄製の屋号刻印を作ってもらった時はデザインや予算で物凄く悩んだのを覚えています、、当時の僕は貧乏性というか、、
「面積で値段が決まるのならいっぱい文字を入れないと損だ!」
と思い、出来上がったものを打ってみたら小さい文字が読み取れないという悲しい思いをしたまま鉄製屋号刻印を頑張って使っては反対に打ったりを繰り返していました。
凄く分かりやすい1枚♪
a0228364_01204709.jpg

同じデザインの屋号刻印、アクリル刻印の方が小さいにも関わらず小さな文字までハッキリとでます。
しかも、鉄製の屋号刻印の半額以下です。
あと、透明なので向きを間違えて打つ事がまず考えてられない。。僕の事だからその内うっかりして反対に打つ事もあるでしょう?(笑)

コスパが良く精度は高くなったのは良いけど強度はどうなんだ?
鉄製の方が長持ちするに決まっている!!
という事は考えないでしょうか?
確かに素材的にはアクリル刻印の方が鉄製刻印よりは柔らかいです。当たり前ですが、、ちょっと違うと思うので今回はそこを説明してみます。

ちなみにアクリル刻印は活版刻印より強度があります。
活版刻印は叩いて打つのは厳禁だと思います。僕は何回も曲げた経験があります。

それで僕はアクリル刻印を一個割ってしまいましたσ(^_^;)
a0228364_01204779.jpg


これは僕の使い方が原因ではなく、極々当たり前の事を忘れてしまったからです、、

その前に追記させていただきます。
ALL-2000のレバーを下す際に使う力は物凄く軽い感覚ですが、2トンもの力が入っているのを忘れてはいけないです!

考察していきます。
アクリル刻印の前に普通のカービングに使う刻印。
凄く当たり前の事を書いた写真です。
a0228364_01204713.jpg


それで、こうするとどうなるでしょうか?
こんな事する人はなかなかいないと思いますが、、
安い刻印であろうがステンレスであろうがこんな打ち方すれば一発で折れます。
a0228364_01204890.jpg


これをアクリル刻印に置き換えて考えてみます。
ALL-2000の指示棒の配位にアクリル刻印を乗せてプレスするのはOKですが、、
左下の写真のように極端に中心を外してプレスするとアクリル刻印の面で圧力の差がでますから当然割れますよね、、いくら革に乗っているからといっても革は弾力性があってゴム板や石の様な下敷きにはなりません。

僕はこれをやって割りました。
「アクリル刻印が柔らかいから割れたんだ!」
とは考えず、まず自分を疑いました。

よく考えてみたら左下のプレスの仕方と右下の打ち方は同じ事なんですよね、、極端ですが理屈で言うと同じです。
a0228364_01204861.jpg


つまり、プレスする側も土台も平ら、水平でなくてはいけないという事なんです。

面積の広いアクリル刻印は指示棒が中心に来るようにセットした上でALL-2000用の抜き型アタッチメントを使うのも良い方法だと思います。
a0228364_02303796.jpg

a0228364_02303700.jpg

a0228364_02303790.jpg


話戻します。

先ほども掲載した写真です。
鉄製の打刻印
a0228364_01273150.jpg

アクリル刻印
a0228364_01273131.jpg


これって同じ理屈だと思います。
どっちも割れたり折れたりします。

水平ってかなり大切だと思います。。

最近色んなプレス機をみますが「この構造頼りないな、、水平に打てないよな、、」と感じるプレス機は水平に打てないと思って良いと思います。その感覚は当たっていると、思います。
精度が違うとどのくらい差が出るのか?は以前自作でプレス機を作ってみた事があるので凄く分かります。

以前自作したプレス機です。
これの元は時計の裏蓋をはめ込むプレス機です。
a0228364_01575534.jpg

ずいぶん前ですが時計集めが趣味だった頃の残骸を改造しました。
指示棒が物凄くブレます。真っ直ぐプラスできないです。時計の裏蓋はめ込むのに必要な圧力しかかかならい工具ですから当然パワーもないですσ(^_^;)

で、集めた時計の方は革や工具に変身しました(笑)

僕なりの考察ですが間違えではないと思います♪

アクリル刻印はやはり便利なので多様しています。打つのが難しい刻印のガイドラインの印をつけるアクリル刻印は秀逸です。
a0228364_02264484.jpg

僕が作った訳ではありませんが(笑)

もし他にアイデアがあって、「これは流石に無理だろ、、」というのも五助屋レザーさんあっさりやってくれますよ。僕もですが五助屋レザーさんも物理的に不可能なもの以外は断らない主義です。
たとえ今は割りが合わなくとも将来的な事を考えると間違えなくプラスになるという話で共感するところがあります。

僕はついていけないですがレザークラフト工具の技術の進歩はめざましいですね。
きっと多くの方が切磋琢磨しあっているからなんだと思います。
あっ!と驚く工具がこれからも生まれるだろうと思うとワクワクします(^_^)v

アクリル刻印を使う際は是非ALL-2000を使っていただきたいです♪
僕は導入して約1か月ですが失敗率が抜群に下がり作業も効率的になっています。

色んな使い方できるのも素晴らしいところです。

色んな事ができる内の一つ、、コンチョ作り♪
厚めのコインも曲がります。
a0228364_01575573.jpg

今日は暖かかったので庭で日光に当たりながら健康的な作業をしていました。お日様にあたると気持ち良い(笑)
a0228364_01575631.jpg

ネジが取れてしまい放置していた骸骨さんのコンチョがとろけました。沈没船から出てきたコインみたいです(笑)
安かったから変な素材だったんだろうか?

おまけ♪
嫁がモッキンバード買いました。僕はイエローハート、嫁はペイズリーです。どちらもJr、ミニサイズでスピーカーついててアンプなしで弾けます♪
アンプに繋ぐとモッキンバードならではのぶっとい音でます。
a0228364_01575686.jpg
中身をちょっと直しました。初期型ですね。ボディーがちょっと薄くて木材が良い。ピックアップも今のモデルより良いのかな??明らかに僕のイエローハートとは音が違います。

それで、同じギターの様に見える2つのギター、、
右側は僕が自作したものです。
本物の写真見ながら描いたつもりだったんですが並べてみると全く違います。途中から適当に描きだしたんだと思います。
レザークラフト意外は適当な人です(笑)

今日は特注コンチョオーダーしたので完成楽しみです♪
こういうのは得意分野の方に頼むのが一番です(^_^)v

僕が作れるコンチョはオールドコインを曲げたものでネジが真っすぐついてないのがほとんどなので販売できる品物ではないです。たまに気分を変えたい時にまた作ろうと思います。3キロくらい色んな国のコインをかったので、、(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
近々アイテムの追加する予定です♪宣言しないと作らない様な気がするので書いてみました♪
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-01-29 02:16 | レザークラフト工具



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>noraさん はじめ..
by tkanno4649 at 20:17
はじめまして。 kan..
by nora at 18:11
>angie さん 嬉..
by tkanno4649 at 11:17
いつものようにブログを拝..
by angie at 18:05
> angieさん カ..
by tkanno4649 at 03:57
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。