俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:刻印 ( 105 ) タグの人気記事

ニューアイテム!レザースタンプガイド!

こんばんは(^^)

今日はネットショップサイトBASEにて新たにラインナップに加える事になったTandy LEATHER のレザースタンプガイドのレビュー記事です。
こちらのネットショップサイトBASEで購入できます。今回はテスト販売という事で2点のみの販売です。次回入荷は未定です。

こんな感じのアイテムなのですが、
a0228364_17455659.jpg
この商品は中国製です。
中国製は抵抗があるのですが、非常にできがよいので販売を決めました。Tandy社のCraft toolシリーズは全般的に作りが良いです。
ちなみにTandyのCraft toolシリーズは現在はなく60、70年代のビンテージツールとして非常にできがよく人気の高いCraft tool社時代の復刻ツールもあったりして、このシリーズはTandy社商品のなかではハイクォリティーツールという位置付けでラインナップされています。
なので他でよくみる安価で粗悪な中国製工具特有の酷いバリのようなものもありませんから革が変に傷つく事もありません。
ちゃんとした作りな分そこそこの値段がします(^^;)
a0228364_17455760.jpg

ちょっと良い刻印なんかだとちゃんと検品の印が押されてますしね♪
a0228364_17455746.jpg


このガイドはこういう、打ち具をつけて打刻するアルファベット刻印を真っ直ぐに打つための定規です。
a0228364_17455757.jpg

実験的に25mm以内のアクリル刻印や五助屋レザーさんのところの網目模様刻印(90°タイプ)でも使用できましたよ!
応用も効くと思います。
a0228364_17455784.jpg

a0228364_17455889.jpg

a0228364_17455897.jpg


右上のダイヤルを回し、緩めるとガイドの高さの調整ができ、ダイヤルを締めるとが幅が固定されます。非常によくできた工具です。
a0228364_17455902.jpg

説明書きには最大25cm、最小6.4cmの高さに対応すると記載されています。
a0228364_17455965.jpg

a0228364_17455949.jpg


実際に使ってみるとなんて便利な定規なんだ!と思いました。真っ直ぐに打つためにガイドラインを引いたりする必要もありません(^^)

a0228364_18035109.jpg

a0228364_18035182.jpg

こんなに真っ直ぐ打てます。しかもアクリルだから透けて革が見えるのも利点です。例えば、淵から2センチのところに打ちたい。というのが容易にできます。
a0228364_18035176.jpg

ちなみに最後のOは90°向きを間違えました。アルファベット刻印あるあるです。。(笑)

打つ際は定規が動かないように、下の写真のように刻印を持っている手の平で定規を固定しながら打つのがベストだと思います。
a0228364_18035207.jpg


次に欠点というか、難しい事です。
真っ直ぐに打つ事はできるのですが、文字の間隔はなんとか不自然でないよう調整しなくてはならないと思います。
こうやって次の刻印を横にビシッとつけて次の刻印を打つという事もやってみたのですが、
a0228364_18035291.jpg

刻印によっては全くだめなものもありますし、例えばKとIだと文字の横幅の関係で距離感が変わってきますからね。
a0228364_18035231.jpg

LEATHERとなんとなく横幅を勘で決めて打ってみました。こちらのほうが上手くいくと思います。完璧な文字の距離感じゃありませんが真っ直ぐに打てていると綺麗に見えますよ。
a0228364_18035399.jpg

という事で真っ直ぐにアルファベット刻印を打つための定規だと思って頂ければと思います。

あと、在庫切れの刻印を補充しました。
a0228364_18035396.jpg
これより、オーダーメイドのほうを進めていきますので刻印などの入荷は今の所予定はありません。人気のベベラ、ラティス、フラワーボーダーは早いもの勝ちですね。今回は入荷本数少なめです(^^;)

それで、色々と販売させて頂いている刻印をご購入くださりました、山形県は東根市でレザークラフトをしているオールラウンドクラフターのAngieさんが刻印のレビューをしてくださりました。人気ブログランキングでは常に僕より上位に食い込む面白く、ためになるブログです。アイテムの作り方を順をおって写真で解説してくださっているので本当に参考になります。あと、毎回登場するニャンコとワンコが可愛い(笑)
僕と同じ感想もあればAngieさんの視点で感じたことなど詳しくレビューしてくださっていますので是非ご覧くださればと思います。

Angieのレザークラフト修行日記
刻印レビューその2

今回は珍しくレザーアイテムの補充もしましたよ。
手の平サイズでコンパクトな、ミニウォレットキーケースです♪
a0228364_18035357.jpg

そのなのとおり、コインケース、札・カード入れ、キーケースの機能があります。
フラップを開けなくてもコインを取り出せます。
a0228364_18035437.jpg

キーケース金具の下はカード・札入れになります。
a0228364_18082424.jpg

ちょっとしたお出掛けのお供にいかがですか?

少し前に試作品を作って嫁に使わせていますが、使いやすいとの事ですよ(^^)

最後にお得な情報です。
もう少しでキャンペーンが終わってしまいます。。
スマホアプリ限定ですが、BASEで10%OFFのクーポンコードが配布されています。
詳細はBASEアプリのトップページからご覧頂けます。
ちなみにキャンペーンコードは 「base300ajo」 です。全商品に使えますのでこのチャンスをご利用くださればと思います(^^)
a0228364_20294008.png

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-28 19:49 | レザークラフト工具 | Comments(4)

ハイドクラフターのベベラでカービングしてみました( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室、オーダーメイド製作、刻印販売などをしているHandmade leather goods t.kannoです。
今日は飛び入りでバイクのサイドバックの簡単なカスタムをさせて頂きましたよ。あ〜バイクが欲しい(笑)

早速ベベラのお話です。
ハイドクラフターのベベラ4本を使ってカービングしてみました♪
a0228364_19570286.jpg

a0228364_19570342.jpg

a0228364_19570394.jpg

a0228364_19570465.jpg

全体の雰囲気としては非常に良い感じです。
まずは見た目がちゃんとならないとダメですよね。

ハイドクラフターのベベラなんですが、他のシェリダンスタイルカービング用の刻印と比較してちょっと書いてみようと思います。
a0228364_19570408.jpg

このなかでやっぱり1番良いのはバリーキングでした。2番目はSK刻印、3番目はハイドクラフター、4番目はEMS刻印、最後のバリーキングの40°のベベラは比較するものではないな、、と思いました(^^;;

こんな事を書くとSK刻印で良いじゃないか!と言う話になってしまう(笑)
ただ、このSK刻印のベベラは両端のエッジが立ちすぎているので刻印の先端の両端を少し加工して丸みをつけないとベベラの跡が凸凹とついてしまうことがあるんです。これは知っている人は知ってますし、販売元の講師の方も把握しているはずです。
その点ハイドクラフターのベベラはとてもスムーズです。あと、滑りがとてもよいです。滑りというのはベベラがスムーズにスライドする。ということです。ベベラは1番疲れる作業なんですが楽に感じました。
先端が鋭いSK刻印、バリーキングはちょっと革に刺さる感があって使い始めは少し引っかかる感じで、スムーズにスライドさせるのが難しいんです。使い込んでいくと角がとれてくるんですけどね(^^)
そうやって消耗していくのです(笑)

EMS刻印については悪くはないと思うのですが、先端がぽろっととれたり、持ち手が綺麗に割れたりとか、、いかにも中国製という感じでオススメできません。一昔前にクレームつけた事があるんですが、値上がりした割には全く改善する気がないようですし実際に改善されていません。
SK刻印なんかは良くなっていってる刻印もあるんです。逆に悪くなったのもありますが(^^;;
僕の知っている限りだとリフターの1番小さいのがほんの少し良くなってベンナーのスカラプ(凸凹)が細かいほうは明らかにダメになってます。

ハイドクラフター刻印は本場アメリカ生まれなだけあってすでに完成されている刻印だと思います。ハイドクラフターがなくなりシルバークリーク社がその販売を引き継いでいるのですが、廃盤が増えたのは残念ですね(^^;;

ハイドクラフター刻印のベベラにつきましては4本セットでネットカートショップBASEにて近日販売予定です。なんでかと言うとベベラは他のメーカーのベベラと併用して使わないものだからです。絶対とは言いませんがおかしな感じになります(^^;;
その分セット割価格でご提供させて頂きます(^^)
(今回は3セットしかご用意できませんでした。次回入荷は未定です。)

続きまして、教室の生徒さんから宿題をいただきました。
何かというと、またベベラの話なんですが、「上手い人がベベラ打ちするとツルとか花の淵が丸みを帯びる感じになるけどそれがどうもできない。」というものだったんです。
考えた事もなかったな、、と思い色々と考えてみたのですが意外と簡単でした。

カットを浅くするだけです!!

僕は常々そう教わってきたので意識せずとも良い感じになっていましたが、、

シェリダンスタイルカービングの一つの醍醐味として力強い立体感。というものがあると思います。安易に考えると深くカットして強く打刻すれば良いんじゃないか!となりますよね?
ここで比較です。
この時点では深いカットが目立ちます。
a0228364_19570481.jpg

ところがベベラを打ってみると、、
a0228364_19570512.jpg

明らかに浅いカットの方が深くシャープに見えます。
不思議ですよね。
カットが浅いとベベラの先端だけに力が集中するのではっきりとした印影がついて、深いと力が分散するからぼんやり見えるんだと思います。
つまり、物理的な深さ=見た目の深さ。ではないんです。
レザーカービングは刻印で影をつけていく作業ですから、色付き方で視覚的に立体感を表現するものなんです。

ちょっとよってみた写真です。
浅いカットから、
ベベラを打った逆側のエッジが丸みを帯びているのがわかるでしょうか?

a0228364_19570503.jpg

ここをよく見ながら打刻してわかったのは、ベベラを打つと反対側の端を巻き込むように刻印が落ちていくんです。
イメージとしては抜き型を使うと巻き込みでヘリ落とししなくても大丈夫!という感じです。

次に深いカットです。
エッジが立ってますよね。
a0228364_19570519.jpg

こちらは深くカットしている分ベベラが素直に真下に入って反対側を巻き込む感じがないです。

断面図を書いてみるとこんな感じです。
a0228364_19570689.jpg


理屈を色々と書きましたが、

立体感を出したいならカットは浅く!

色々言うとカットの出だしは深く、終わりは物凄く細く。刻印の強弱、刻印を打っているところと打っていないところを作る意識を持つ。リフターで物理的に革を盛り上げる。
ここら辺を意識すると格段に見栄えが変わるはずです(^^)

今日はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-13 21:17 | シェリダンスタイルカービング | Comments(2)

自分用の財布とハイドクラフターのベベラの検証!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室、オーダーメイド製作、工具販売などをしておりますHandmade leather goods t.kannoです(^^)

今日は嫁が飲み会でおりません。明日も飲み会です。レザークラフトが捗るのですがやっぱり寂しくもありますね(^^;;

と言う事でで久しぶりに自分のお財布をチェンジです♪
最近本当に何にも作れない状況にいました。なので自分用でリハビリです。

外側はアキャブ
a0228364_21435214.jpg

a0228364_21435331.jpg

内装はSサドルナチュラルです。
本当に銀面がキレイな革ですよ!
a0228364_21435329.jpg

どちらもとても良い革ですね。

0.8mm厚のサドルレザーにもくっきりと刻印できる五助屋さんに作って頂いたアクリル刻印はいつも大活躍です。
a0228364_22053588.jpg

このくらい薄い革だと打刻印は無理です。

しかし、アキャブは厄介な革でした(^^;;
a0228364_21435330.jpg

こんな切り目が入ってますからね。
漉きはどうしようかな、、と迷ったのですがほんの少しだけ漉きました。下手すると穴が空くので怖かったです(^^;;
手縫いもなかなか厳しい、、
なんとか糸目が乱れないように穴開けを微調整しながら、
a0228364_21435434.jpg

そうしてもコバがこんな感じです。

a0228364_21435428.jpg

こういうときはこんな感じにガイドが広いエッジカッターが役にたちますね(^^)
a0228364_21435538.jpg

コバはこんな感じになりました。
a0228364_21435575.jpg

捻もビシッと入れます。
a0228364_22115967.jpg


オイルのたっぷり入った革は良い色がでますね。
でも使っていくと切れ目の入っていることこはバサバサになるんだろうな、、と思います。まぁ、それはこの革の味という事で♪

今日から財布チェンジです。
a0228364_22014302.jpg


続いてハイドクラフターのベベラ
4本全て揃ったので検証開始です!
a0228364_22014391.jpg

花をカービングして比較して見たのですがこれだけだとやはり分かりません(^^;;
a0228364_22014381.jpg

なので、ハイドクラフターのベベラを使ってある程度の面積の図案をカービングしてみる事にしてみました。
a0228364_22014448.jpg

a0228364_22014421.jpg

とりあえずこんな感じです。
a0228364_22014504.jpg

ワールドレザーデビューの時カービングした図案です。仕上がりに期待です。
もしダメだったら不良在庫を大量に抱える事になります(笑)
もっと重要な刻印ですから時間をかけて検証してみます(^^)

レザークラフト教室
マイモウルを手に入れてウキウキのKさん
a0228364_22014583.jpg

バックグラウンド染色を終え、いよいよ終盤となったTさん
a0228364_22014561.jpg

練習あるのみ!ゆっくり頑張りましょう!!
今月末は初の外国の方が教室にこられます。楽しみですね(^^)

おまけ♪
そもそもはコバ処理剤ではなくアクリル染料の分類に入るのですが、実験的にコバ処理剤として使ってみました。
a0228364_22014646.jpg

この色が濃くつく感じ好きですね♪
a0228364_22014663.jpg

しばらく使って実験したいと思います!

おまけ2
持ち手の格好良さに惹かれて買っちゃいました♪
a0228364_22053509.jpg

当然研ぎます。
a0228364_22053643.jpg

刃物の館やすらぎ工房さんの刃物に慣れている僕の感覚だとやっぱり切れ味は落ちますね(^^;;
使い捨ての刃ですから仕方ないのかな??よくわかりません(笑)

今日はこんな感じです(^^)

BASEカートショップの方で近々またセールがあるようですよ!

その際はまた告知させていただきます!!

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-11 22:17 | レザークラフト | Comments(0)

ベベラの構造と印象の関係を研究してみる!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、オーダーメイド製作をしているHandmade leather goods t.kannoです。

最近色々と刻印の販売をしているのですが、新たにハイドクラフターのベベラを商品に加えようかと思っています。

通常刻印(傾斜約15°)より傾斜のついた、いわゆるシェリダンスタイルカービング用のベベラ(傾斜約30°)なのですが、一口にシェリダンスタイルカービング用のベベラといってもメーカーによって構造が若干違うので実際にカービングしたり構造をじっくりみてみました。

今回の比較はバリーキング刻印、ハイドクラフター、バリーキング刻印のエキストラスティープ(40°の傾斜)ベベラでの比較です。

実際にカービングして並べてみました。
a0228364_17545861.jpg

見た目も打ってみた感覚も違いを感じます。

まずはバリーキング刻印のベベラ
a0228364_17545866.jpg

ハイドクラフターのベベラ
a0228364_17545965.jpg

バリーキング刻印のエキストラスティープ(傾斜40°)ベベラ
a0228364_18370330.jpg

光の加減の違いは僕の写真の下手さです、、

実際にカービングしてみて感じたのですが、どうもハイドクラフターのベベラはバリーキングのベベラより深く入るような感じがあるんです。それで形状比較をしてみました。
凄く微妙なところなのですが、若干ハイドクラフターのベベラの方が傾斜がついているように見えます。
左がハイドクラフター、右がバリーキング
a0228364_17545921.jpg

だったら傾斜40°のベベラと比較したらどうなのだろう?
左がハイドクラフター、真ん中が40°の傾斜のベベラ、右がバリーキングの普通のベベラ
a0228364_17545976.jpg

ハイドクラフターのベベラはバリーキングの40°のベベラほどの傾斜はないものの、バリーキングの普通のベベラより傾斜があります。

これは角度だけの問題ではなく、刻印の打面の膨らみの影響もあると思います。
左がハイドクラフター、右がバリーキング。
0.1mmとかそういう差だと思いますが、ちょっと違いますよね。
a0228364_17550033.jpg

反対側から撮影してみました。
左がハイドクラフター、右がバリーキングです。
どちらの刻印も左右対称の曲線ではありません。
a0228364_17550004.jpg
これは教わったりしたわけではなく僕の考えなんですが、この曲線の差があるからベベラの滑りが良くなるんだと思います。

ベベラの構造は単純に真っ直ぐという訳ではなく、打面の膨らみ、先端の角度の左右の差など凄く複雑な構造だと思います。
これは通常刻印でも同じです。お手持ちのベベラがありましたら是非見て頂きたいところです。

この構造につきましては、幅の狭いベベラと広いベベラとでも変わってきます。
(左がバリーキング刻印、右がハイドクラフター)

幅の広いベベラは比較的真っ直ぐのところが多いです。
a0228364_17550194.jpg
幅の狭いベベラの先端はほぼ円形です。
a0228364_18130023.jpg

この構造から言える事は、ベベラは「大は小を兼ねないし、小も大を兼ねない。」という事です。

*幅の広いベベラは緩やかな曲線や真っ直ぐなカットに対しては安定感を持って綺麗に打つ事ができますが、急カーブや狭い箇所には物理的に打てません。

*幅の狭いベベラは急カーブや狭い箇所を打つのに必要ですが、長い距離を打つと先端がほぼ円形なことからボコボコになって綺麗に打てません。

つまり、ベベラはメーカーが違うものを併用するのは基本的にダメですから、同種のベベラで幅の広さが違うものを数本用意しておかなければならないという事です。

僕の考えだと最低3本必要です。
できれば同じメーカーの物でも同時期に買ったほうがいいです。ロットによって個体差が出ることはよくあります(蛇足ですが、ロットで個体差が1番でるのはバーグラウンダーです。)。
ハイドクラフターですと、幅の狭い順からPB011,PB012,PB013,PB014と4本があるのですが、シェリダンスタイルカービングでしたら1番幅の広いPB014は必需品とは言いません。
ただ、ロングウォレットのバスケットスタンプの淵やスタンピングベルトの淵など直線的な長距離のベベリングの際は1番幅の広いPB014があると作業効率がかなりあがります。
実際の事を言うと僕は幅の広いベベラを多様します。

あと、もう一点。
ハイドクラフター刻印の良いところは刻印の軸が太く疲れにくいところです。ベベラ打ちはとにかく距離が長く疲れる作業なのでこれは嬉しいですね。
a0228364_18370384.jpg
難しい話ばかりしましたが、カービングした際の印象について簡単にまとめます。

・バリーキング刻印のシェリダンスタイル用ベベラ
ハッキリとした印影があり、かつ繊細な優しい印象も表現できる。いかにも王道のシェリダンスタイルカービング。といった感じです。

・ハイドクラフター刻印のシェリダンスタイルカービング用のベベラ
バリーキング刻印と違いメッキ仕上げなので、メッシュが若干荒いです。あとバリーキング製より若干傾斜がキツイです。
なので、物理的には深くなくても深く打っているような印象、輪郭がかなりくっきりとでて力強い印象になります。その反面繊細さの表現はバリーキング製に劣ります。

・バリーキング刻印のエキストラスティープベベラ(傾斜40°)
今回の花のサイズは横幅約4.5センチで一般的な大きさの柄ですが、一般的な大きさの柄には不向きだと思います。フラワーカービングに限らず物凄く小さな柄で通常の約30°の傾斜のベベラでは打つのが困難な箇所に使うのがベターだと思います。

1番参考にしていただきたいのは実際にカービングしたものの印象です。
人それぞれの好みだってあると思います(^^)

カービングはカットとベベラでほぼ決まるものだと思います。ゆえに拘りたいところですね。

あと、ベベラは他の刻印と違い「消耗品」です(打つ回数が桁違いですからね。)。色々と試して欲しいとも思います。
散々書いておいてなんなんですが、どのメーカーのものもそれほど大差はないです。

僕の場合SK刻印のベベラはもうダメになりました。EMS刻印はメッシュの感じが好みでありませんでした。現在使っているバリーキングのベベラもメッシュが消えかけている怪しいのがでてきたので次のベベラを検討中です(^^;;

ベベラは単純なようで奥深いですね。。なにを言いたいのか分からなくなってきました(笑)

ハイドクラフターのベベラは販売する方向で検討中なのですがもう少し時間をかけて検証してみたいと思います。実は発注ミスで4種類のうち1種類だけ違うタイプのベベラがきてしまいましたので実際に販売を検討するのは1週間後くらいです。

今日はこんな感じです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-06 19:05 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

カモフラージュの打ち方♪あと、カービングの水分量!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市の自宅兼工房でひっそりとレザークラフト教室やオーダーメイド販売、最近では刻印販売もはじめましたHandmade leather goods t.kannoです。

只今7月31日までネットカートショップBASEにてサマーセールを開催しているところですが、多くのお買い上げありがとうございます。セール終了までまだ期間があるにも関わらずほとんどの品が売り切れになってしまい大変申し訳ありません。
在庫補充に着きましては現在発注をかけている商品がセール期間中に届く可能性がほぼないので在庫限りとなってしまいますが引き続きよろしくお願いいたします。
クーポンコードは summer
キャンペーン期間中は全商品10%OFF +コンチョプレゼントです♪

何気なく宣伝してくださったり、Facebookやブログ繋がりでご購入くださった皆様本当にありがとうございます。中でも「菅野さんのオススメなら間違えない。」と言われたのが嬉しい出来事でした。
ここで粗悪な某国のツールを混ぜたら1発で信用がなくなるのだ!だから絶対しません。これをしてしまう日本の大手メーカーの気が知れません(笑)
あと、ツールを販売する側は最低でも1回は使って何かの作品を作ってこれだったらOKという事になってから販売して欲しいです。呆れたことに大手は最近これをしないんですよね。。
実際の事を言うと良い工具に国は関係ないんです。

話を本題に戻します。
レザークラフト教室の際、生徒さんに刻印の打ち方を教えさせて頂く際に今まで図で描いてみたりとしていたのですが、見本があった方が良いと思ったのでサンプルを作ってみました。
こういうサンプルは生徒さんにはあげちゃてます♪
a0228364_18440238.jpg

フラワー、スクロール、アカンサスリーフですね♪

このサンプルで説明したいのがカモフラージュという種類の刻印です。
こんな刻印ですね。
a0228364_18440388.jpg

シェリダンスタイルカービングでは内側にスカラプ(凸凹)が入っているものを良く使います。
現在は残念ながら日本製の通常刻印ではない刻印です。近いと言えばC432なのですが、丸みを帯びた凸凹ではなくギザギザです。数年前までは丸みを帯びた凸凹でした。つまり形状が変わってしまったんです。
ついでにSKV463も載せていますが、これも丸みを帯びた凸凹だったのが四角い凸凹に変わってしまいました。非常に残念です。。オススメできない刻印になってしまいました。
これらを僕は加工して丸くしました。上が加工前で下が加工後です。
a0228364_18440367.jpg


なかなか難しい加工でした。
慣れないうちは加工はオススメしません。ある程度慣れてきて刻印の構造や効果が分かってからにした方が良いです。
あと、バリーキングなど見本となる刻印を手に入れてそれを見ながら加工すべきだと思います。

早速手順を追って説明していきたいのですが、その前によく質問を受ける「適切な水分量」です。
言葉で説明するのは難しいのですが、ハーマンオークツーリングレザー使用時でサラッと説明したいと思います。
この状態から霧吹きやスポンジで濡らします。
a0228364_18440406.jpg

全体を3回くらい均等に補水してから周囲に少し多めに入れます。
こんな感じの色になるのが目安です。ちょっとエイジングしたような色付きです。
a0228364_18440415.jpg

季節にもよりますが夏場は数10秒で落ち着きます。こんな感じです。
a0228364_18440450.jpg

この際、手のひらで触ってみて、しっとり感を感じられたらOKだと思います。

それで実際に革に刻印を打ってみてこんな感じに色付けば良いですね♪
a0228364_18440405.jpg

もし、色付かない場合は水分不足です。
あと、作業をしていくなかで印影が薄くなっていくのを感じたらその度に水を入れてください。

この際も端は乾きやすいので少し多めに入れてください。

革の種類によっても変わってくるところがありますが、印影がハッキリとつくか?つかないか?で判断したら良いと思います。
なお、カービングに適した革は水分がしっかりと入るという事が必要条件なので、適した革はシェリダンスタイルカービングであればハーマンオークツーリングレザー、その他であればヌメ革、タンローです。
サドルレザーは水分が入るのであればカービングは厳しくともスタンピングくらいはできると思います。

以上です(^^)

本題に戻します。
カモフラージュの打ち方です。
まず先に言いますが、僕はカモフラージュが苦手です。
なぜかと言うとシェリダンスタイルカービングではほとんど使われない。使ったとしてもさりげなく打つ程度の刻印だからです。
実際に僕はカモフラージュを全く使わない時もあるほどです。
僕のイメージだとカモフラージュを多用するとクラシックな感じになると思います。あと、全体的に柔らかな雰囲気。
それは唐草模様やアリゾナスタイルでは全てのツルに打つくらい多用されるからなんだと感じます。

それでは写真を交えながらの説明です。まずはスクロールから。

a0228364_18440549.jpg

この様なスクロールを真っ直ぐにしたとします。
こうなります。
打つ箇所は外周です。内周はないと思ってください。
下に線を引いていますが、ツルに対して水平です。
外周にうちますので、カモフラージュの左の爪先をカットに合わせるように打ちます。
こんな角度です。
a0228364_19511033.jpg

a0228364_18440518.jpg
するとカモフラージュははみ出まです。。そういう刻印なんです。
次にベベラを打ちます。
するとはみ出たカモフラージュの跡が消えますよね♪
a0228364_18440685.jpg

唐草模様の場合この順が基本ですが、はみ出さない様に打てるのであればベベラが先でも構いません。僕はシェリダンスタイルカービングをする際はベベラを先に打っています。

これを踏まえながらスクロールを作ってみます。

スクロールの先端の丸を表現するのにもつかいますね。
a0228364_19183842.jpg

カモフラージュは少し離して打つと綺麗に見える刻印です。

a0228364_18545512.jpg

あとはペアシェイダー、ベベラ、バックグランド、デコレーションカットで終わりです。
a0228364_18545544.jpg

個人的にはベンナーを細かく刻むスクロールが好きです。

次にアカンサスリーフです。
リフター、ペアシェイダー、ベベラ、ストップ、ミュールフット、リーフライナーまで打ちました。
a0228364_18545522.jpg

ベンナーを打ちました。
ベンナーはカモフラージュと逆で細かく刻むと綺麗に見える刻印です。
(今回ベンナーを打った箇所にカモフラージュを打つのは無理です。)
a0228364_18545635.jpg

そしてカモフラージュ、やはりここも外回りのカーブに打ちます。
a0228364_18545602.jpg

デコレーションカットで終わりです。
a0228364_18545653.jpg

ちなみに僕の場合ですが、シェリダンスタイルカービングの際はアカンサスリーフにカモフラージュを打ちません。
今回はペアシェイダーとベベラをプレーンにしてみました。少し雰囲気が変わって良いですね(^^)

最後にシェリダンスタイルによく出てくる、シェリダンローズとも呼ばれるスタイルのフラワーです。
カット
a0228364_18545734.jpg

リフター
a0228364_18545703.jpg

花の周囲をペアシェイダー(縦線)ですり鉢状にします。
a0228364_18545788.jpg

僕はあまりフラワーにカモフラージュを入れないのですが、入れるときはこの次に入れています。
a0228364_18545849.jpg

先ほどカモフラージュは離して打つと綺麗に見える刻印と言いましたが、ここは例外です。
刻みます。
a0228364_19183855.jpg

花の中心から徐々に弱くなるように打ちます。
そこからはペアシェイダー
a0228364_19183847.jpg

ストップ
a0228364_19183953.jpg

デコレーションカットで終わりです。
a0228364_19183977.jpg

この写真で仕上がり具合をパッとみるとデコレーションカットが花の中心まできているように見えませんか?
マクロ撮影しました。
a0228364_19183990.jpg

あんまりギリギリまではカットしていないですよね♪
カモフラージュを打つとこういう効果が期待できるのかもしれませんが、これは縦線のペアシェイダーで作ったすり鉢状の線でも出せる効果です。。
なら、なんで使うんだ??とか考えながら打ったり打たなかったりと見比べて実験している最中です。
今の所ですが、僕の中では気分次第でたま〜に打つ感じです。だから苦手なのです(笑)

決まりはありませんので自分好みを探してみてください(^^)

おまけ♪
五助屋レースメーカーで作ったレースをカマボコ状にするマシーンを製作中です。
a0228364_19244685.jpg
こういう工具みたいに試作に試作を重ねて工具を考案した職人さんが実際に自分が使っている工具は有無を言わずに信用できるし、こうして欲しい。なんて言う1ユーザーの声もキャッチして生かしてくれるのは本当にありがたい。


そんな五助屋レースメーカーで作ったレースをこのようにしたいのです。
a0228364_19184045.jpg

タミヤの遊星ギアモーターで速度を100/1に落としてトルクをあげています。
a0228364_19184042.jpg

構造的にはモーターの先に砥石ビットをつけてその下の台の溝をくぐらせてカマボコ状にするというもので、これが試作1号
a0228364_19184079.jpg

改良版では、砥石を荒いものに変えて、この形状のビットだと反対側に受け軸を付けられない都合上砥石の手前に受け軸を追加しました。
a0228364_19184107.jpg

多少安定感が増し、ビットのブレも少なくなりレースの送りも良くなりました♪
さー、ここからどうなるか??

久々に真面目にブログを書いた気がします(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-28 19:55 | レザークラフト工具 | Comments(6)

BASEサマーセールのお知らせ♪全商品10%OFF+コンチョおまけ!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室、革製品のオーダーメイド製作などをしているHandmade leather goods t.kannoです♪

在庫を抱えるのってなかなかキツイものがありますね(笑)
取り寄せたものの使用してみた結果、商品として販売するに耐えられなかった不良在庫も合わせると大変な量です。
a0228364_16373184.jpg


と、ここで、ネットカートショップサイトBASEで販売させて頂いております。革製品や刻印を10%OFFでご購入いただけるサマーセールのお知らせをさせて頂きます。



キャンペーンコードは

summer

です。

期間は7月23日(日) 21:00~ 7月31日(月) 21:00までの9日間です。

ご購入を検討されている皆さま、この機会を是非ご利用くださればと思います(セール期間中在庫切れになった商品の在庫補充は予定しておりません。)。

また、商品としては販売できないレベルなのですが、商品ご購入の皆さまに僕が自作したコンチョをおまけさせて頂きます。
a0228364_16373124.jpg


どこの国のコンチョかは選べませんが個人的にかっこいい感じの物を選びますね♪


クーポンのご使用方法は以下のとおりです。
商品をカートに入れて頂きます。
a0228364_16310793.jpg

購入方法を選択後、住所など必要事項を記入するページに移ります。
a0228364_16310822.jpg

このページの一番下の方にクーポンコード記入欄がありますのでこちらに、キャンペーンコードの「summer」を入力してください。
a0228364_16561290.jpg
すると、10%OFFが適用されます。

それでは、皆さん暑さに負けず頑張りましょう!
僕は負けております(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-23 18:00 | ネットショップ | Comments(0)

ダメな刻印を使える刻印に変える実験!Leather Crafter&Saddlers Journal に掲載されました!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市でレザークラフト教室やオーダーメイド製作をしております。Handmade leather goods t.kannoです。

工房が地獄のような暑さになっております(^^;;
製作に没頭して熱中症にならないよう気をつけなければです。皆さんも気をつけてくださいね。

まず、Leather Crafter&Saddlers Journal ですね♪

今年のWorld Leather Debut でブルーリボン賞を頂きましたので作品が掲載されました!
a0228364_16501569.jpg
ここ最近、中国勢の勢いがすごいのですが日本の作家さんも負けていないと思います。
しかしながら僕自身はあまりの中国の作家さんたちのレベルの高さにショックを隠せずにいます。若者層を中心としてとにかく盛り上がってるんです。良い作品を作るということに対して非常に真摯で純粋な姿勢を感じます。本当にすごいですよ。。

a0228364_17223360.jpg

a0228364_16501513.jpg
この雑誌本当にオススメです!
レザーカービング愛好家の皆様ならこの雑誌に掲載される事を夢見る方も多いと思います。
レザーカービングを始めたばかりの頃は叶わぬ夢だと思っていました、、(^^;;
日本の雑誌には数回掲載された事がありますが、この雑誌に掲載される事は僕としては格別な思いです。名前がしっかり載っているのも嬉しいです(^^)
昨年も掲載されましたが、今回は一位として掲載されたので喜びもひとしおです。
いつか表紙を飾りたいと思うのですが、アメリカでの僕のカービングの評価はまだまだ低いので更に頑張らなければです!!
これでWorld Leather Debut 2017に関するイベントは全て終わったと思います。今年は昨年と違いトラブルもなくスムーズにいって安心しました。
帰りの便はFedexにしました。USPSはやはり怖いです。去年の行方不明事件のトラウマですね。(笑)
来年も頑張ります。

次のコンテストは10月のフェデレーション(International Fdederation of Leather Crafters Guild(IFoLG))です。今年のホストギルドは僕が所属しているテキサスのローンスターレザークラフトズギルドなのでショーに参加したかったです。訳あって現地にはいけず残念です。関係者の方々には伝えているのですが、心身ともに健康でありたいといつも思いますが治る見込みがないので仕方ないです。。
現地に行けないぶん他の方法で協力する事になっていますので少しでもお手伝いできるよう頑張ります!!

続きまして、ネットカートショップのBASEで販売させて頂いております刻印なのですが、一部入荷しました。次の入荷は1週間後を予定しています。
今回新たにラインナップに加えた刻印はダブルロープバスケット(Hide Crafters)です。
a0228364_16501681.jpg

打ってみた印象は私感ではありますが、他のハイドクラフターのバスケットスタンプより若干ではありますが印影が薄い印象があります。
a0228364_16501693.jpg

でも、日本製ではない刻印ですし、刻印の構造としては非常に良い作りなので非常に取り扱いやすい刻印です♪
価格の差とかを考えると比較してはいけないと思うのですがバリーキング刻印と比較してみました。
a0228364_17223327.jpg
そんなに言うほど悪くないような気がしてきました(笑)
あとこのくらいの大きさのスタンピング刻印だと木槌なら大きめなもの、モウルであれば日本製だとMサイズ、海外製のモウルだと20ozくらいの重さが欲しいですね。打ち具があまりにも軽いと本当にうす〜い陰影しか出ません。これは他の刻印でも言えることです。
a0228364_17433926.jpg

話かわりますが、写真の撮り方が下手過ぎですね。。
ブログの写真はほぼiPhoneで撮影しています。

写真加工なんて知らないのでそのまま掲載しているのですが、iPhoneで撮った写真とデジカメで撮った写真との色合いが違いすぎます。。
BASEの方に載せている写真は極限までマクロ撮影をするので安い物ですが1センチまで寄っても焦点の合うデジカメを使っています。
a0228364_17223451.jpg

ISOとか絞りとかの設定は全てオートです。昔写真が趣味でしたが最近のデジカメのことはちっともわかりません。
照明の当て方とかも研究しなきゃですね(^^;;

あと、なんとなくダメだろうな?と思いつつも入荷してみたジオメトリックスタンプ、、
a0228364_17223421.jpg

ダメダメです(笑)
やっぱり、、と思いました。中国製でも良いものがでてきているだけに残念です。
しかし、ここまでしっかり刻み込まれていると販売の際の後ろめたさはないですね。販売する気はないですが(笑)
a0228364_17223418.jpg

模様自体は面白いのですが、のっぺり〜んとした感じです。
a0228364_17223575.jpg

刻印の形状がこんなだから当たり前ですね。溝がなさ過ぎで線だけつける事しかできません(^^;;
a0228364_17223582.jpg

なんですが、この刻印、各所に120°の角度があるんですよね。だったら、これいけるんじゃないかな?と思って使ってみたのは、五助屋レザーさんのところで販売されている網目模様専用刻印です。
a0228364_17223581.jpg

実験中、どこに打ったら良いのか?が分からずに、
a0228364_17223610.jpg

色んなパターンを打ってみたのですが、規則的であれば多くのパターンが可能だという事は分かりました。ただ、間違えずに打つのが難しい(^^;;

今の所、一番間違えにくい打ち方はこんな感じかな?と思っています。
a0228364_17223646.jpg
線の付いているコーナー3箇所に合わせて打つ方法です。
だめかな?と思う刻印でも今回のように刻印を正確に打つためのガイドラインと考えると急に使える刻印になる事がありますね。
引き続き他の刻印でも実験したいと思います(^^)

あっ!そうだ!刻印の販売に際しては一本一本試し打ちをして検品をしていますよ♪
a0228364_17433932.jpg

その際に使うレザータグ作りはレザークラフト万能機ALL-2000が大活躍!
a0228364_17434052.jpg
こんなにコンパクトなのに硬めのハーマンオークツーリングレザーでもサクサク抜けます。
a0228364_17434071.jpg

抜き型は革のロスも少なくて良いですね(^^)
ちなみにALL-2000に貼っているかっこいいステッカーは秋田県仁賀保市にショップを構えるKnc Leather Factoryさんのですね♪
僕はコンチョ作ってもらったりすることもあるのですが、とにかく全てにおいてかっこいい!こういうセンス欲しいのですが僕には無理ですね。

あと、先日発売されたばかりの五助屋レースメーカーなんですが、レースの最終仕上げとしてローハイドクリームをつけてから適度な溝(自分好み)のついたウッドスリッカー状のものでかまぼこ状にすることでレースとしてのクオリティーが上がるんです。
だから自作すると良いいと思うんです。ただ、硬い木で作ろうとすると大まかな形状を作るだけでも一苦労なんですよね、、電気工具持ってないと辛いと思います。
そんな中、ここら辺をフィードバックしてくれた五助屋レザーさんが大まかな形状まで仕上げてくれた黒檀のウッドスリッカーを販売開始してくださりました。10ミリ幅と15ミリ幅が発売されてます。なんだ!この激安価格は!と思いました(笑)
僕はどちらも購入してみました。到着したら自分好みに加工してみたいと思います。
電気工具を使わずに加工する方法もブログで紹介してくださっているので参考にしましょう!


おまけ♪
いつもお世話になっている。田村市、あぶくま洞の近くに工房を構えオーダーメイド製作、レザークラフト教室、イベント出展など精力的に活動されている。革工房stemkin leathersさんが遊びにきてくださりました。

これまた僕にはないセンスの持ち主で言葉にするのが難しいほど独特のスタイルです。ホームページをご覧ください(^^)
福島駅西口のカルチャーセンターで「おしゃれな革小物教室」の先生をしているので帰りに寄ってくださるのです。嬉しい♪
お土産ありがとうございました。高級品でびっくりしましたよ!
もう食べ終えたので写真はなしです(笑)

そして、無理やりギターを弾いて聴かせる(笑)
かっこよさげな写真撮ってくれてありがとうございます♪
a0228364_17434018.jpg

現在、なんとなく弾けてる感を醸し出すパワーコードのみでできるかっこいいリフを研究中です。趣味なので「なるべく楽をして、かっこいい!弾けるんだ!」と思わせたい(笑)
でも早弾きとかアルペジオはできるようになりたいです。延び延びになってしまっていますが、福島市でもっとも熱いアイヴィー楽器のミュージックスクールには通いたいです。
7月31日まで大決算セールが開催されているのも見逃せないですね!stemkin lethersさん、あと嫁!今がチャンスです!!

最近レザークラフト教室の写真をあげていないのですが、やはり教室に通っている生徒さんだけに教えたいというのがありますね。。
参考書に載っている図案ですが、こういうのは見本として無料でお渡ししています(^^)
a0228364_18242453.jpg
さらにおまけ♪
病院で髪の毛が増える?薬を処方していただくことになりました(笑)
保険適用外なのできついですが、これで生えてきたら万々歳だ!!3ヶ月〜6ヶ月の継続で効果が出てくるらしいです。なんとなく髪の毛が増えてきたんじゃない??と感じたら増毛ではないことだけは知っておいてください。マイ髪の毛ですから!!(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ


[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-15 18:37 | レザークラフト工具 | Comments(0)

海外製スタンピング刻印の入荷予定について。

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

本日の福島県福島市の最高気温は36℃となっております。一応東北ですよ!体温じゃないですか?(笑)
皆さん熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね(^^;;

先日より販売させて頂いております海外製のスタンピング刻印のほうご好評頂きまして即日完売となってしまいました。沢山のご閲覧、またご購入誠にありがとうございました。

僕自身が初めて買ったアメリカの刻印はバリーキング製のリフター1本でした。この時もテンションが上がったましたが、ハイドクラフターのマットスタンプ(コンボペブル)を手に入れた時の方がテンションが上がったのを覚えています。
このマットスタンプの存在を知ったのはこれなんです。

a0228364_14522254.jpg

これはもしかしたらロバート・ベアードのコンボペブルかもしれませんが、ハイドクラフターのコンボヘプルはロバート・ベアードからデザイン提供を受けているので模様自体は同等だと思います。色付き方は違うんでしょうけどね(^^;;
行きつけのひまわりさんで聞いたところ以前日本の通常刻印でも同等のものがあったとのことだったのですが、全く売れずに即廃盤になったとの話を聞いていたので尚更嬉しかったんだと思います。

この度の販売は初めての試みということもあり、入荷数も少なかったため現在全ての刻印が在庫切れとなってしまいましたが、「7月下旬再入荷予定となっております。」アメリカからの取り寄せなので入管手続等で入荷時期が前後すると思われます。予めご了承ください。
次回入荷分は取り寄せ本数を大幅に増やし、また、新しいタイプの刻印も数点取り寄せます。こちらにつきましては実際に手に取り実際に使用してから販売を決めたいと思います。写真ではよく見えても実際に打ってみると、あれっ?これはダメかな??というのもあると思います(^^;;
僕自身使った事のない刻印もあるので良い刻印だと嬉しいです(^^)

おまけ♪
革職人さんの工房に遊びに行ったらいきなり「このバイクいります?間違えて2台買っちゃって。」と言われもらう夢をみました。「すごいな、、間違えてバイク2台買っちゃう人もいるんだ、、」なんて思いました。確かNSR50でした。本当にバイク欲しいからみた夢だと思います。もちろん夢の中でバイクくれたのは五助屋レザーさんでした(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-08 04:20 | レザーカービング | Comments(0)

レザーカービングの刻印について語ってみる。

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市で自宅兼工房でレザークラフト教室やオーダーメイド製作販売などをさせて頂いております。Handmade leather goods t.kannoです。

なんだかんだとレザーカービングについて語っておりますが、、
僕はレザークラフトを始めて7年目です。まだ新人の域だと思うのですが恥をかくのは承知で偉そうに語ってみようと思います(^^;;
ブログのタイトルにシェリダンスタイルカービングが入っている時点で今更恥もなにもないですね。歳だけは中堅どころだし(笑)

はじめに言いますが海外のレザークラフトツールについて日本で一番広く知識を持っていて、実際に私たち日本人に提供してくださっているのはレフティー見国さんだと思います。いや、間違えないです。
皆さんご存知のLL TOOLさんですね。カービングをしている方なら誰でも知っていると思います。
僕なんかが書かずともホームページには様々なレザークラフト情報が載っていますのでとても勉強になりますし、当然僕もいっぱい勉強させて頂いております。

海外の高級なツールを安く提供してくださりありがたい限りです。バリーキング刻印などはアメリカから直接取り寄せるより安く提供してくださっています。きっと長い付き合い、信頼関係があるからなのだと思います。人脈って人柄の良さでもありますよね。

ここ最近、生徒さんの工具を買う事が多くなり、サイトをよく見るのですが、バリーキング刻印(特に基本刻印)の品切れが多いような気がします。
欲しい刻印が買えないのは辛いのですが、シェリダンスタイルカービングが盛り上がっているのかな?なんて思うと少し嬉しいです。

さて、本日よりほんの少しですがBASEで刻印販売を始めさせて頂きました。僕には人脈なんてありませんし高級ツールを安く売るなんてできません。僕の使った感覚で中間の価格で非常に良いと思うツールです。

まずは日本では種類の少ないバスケットスタンプやジオメトリックスタンプなどをメインにと思っています。
前回の記事でも掲載しましたがこんな感じです。
a0228364_00024644.jpg

実はその他にも買ってました。。。こちらは全滅です。写真はアップしません(^^;;

合計30本ほど買いましたが、これだったら日本製の通常刻印の方が良いな、、とか、僕だったら使わないかな?というのがほとんどでした(^^;;
おまけに高い送料と不意に請求される税金、、仕入れ価格の安定感なさすぎです。素人が気軽に手出しできるものではないな、、というのが今の実感です(笑)

日本にはない面白い刻印を使って欲しい気持ちもあります。元々ないものや昔はあったけど今は廃盤でないとかいう刻印にも触れて欲しいです(^^)

と、先ほど販売開始したばかりなのですが、いつもお世話になっている五助屋レザーさんがフェイスブックでシェアしてくださりまして、、
結果PVがいつもの10倍以上。しかもすでに売れ切れそう、、なんて宣伝力だ!(笑)
いつもさりげなく力添えくださりありがとうございますm(__)m

話は変わりまして、
高価な刻印ってやはり良いです!(笑)
バリーキング刻印ってやはり素晴らしい刻印だと思います。
精巧、印影がシャープ、ほどよく深く入る、ステンレス製でサビに強い。そして、なんと言っても打ちやすい。それは刻印の先端だけではなく刻印の持ち手の程よい長さ、太さ、しっかりとしたメッシング(滑り止め)など、トータルバランスのトータルバランスも相成っての事だと思います。

しかしながら、刻印って高価だから単純に良い!安いものは悪い!とは一概に言えないものがあると思います。
前回の記事でも書きましたがクラフト社の通常刻印は通常刻印の中では世界一だと思いますし、、
シェリダンスタイルカービングであっても僕は今でもシーダーは通常刻印、カモフラージュはSK刻印です。好みもありますよね。

ちょっと脱線します。

僕はいわゆる通常刻印と呼ばれる1本500円程度の安い7本の刻印(基本刻印)でできる唐草模様から始めずにいきなりシェリダンスタイルカービングから始めましたので唐草模様は苦手です。なのでカモフラージュが物凄く苦手です。
しかし、唐草模様からやらなければいけないという決まりはありません。

逆にフラワーカービングはシェリダンスタイルだけではありませんし、異常に刻印揃えなきゃダメとか、高価な刻印じゃないとダメというのはないです。
通常刻印を駆使するStohlmanスタイルはとても勉強になるし何と言っても楽しいです。
a0228364_00024689.jpg

唐草模様はこの7本でできます。

やはり刻印はスタイルによって変わるのだと思います。

シェリダンスタイルだとこんな感じになります。
a0228364_00024755.jpg
僕の感覚では何十本もの刻印を駆使してカービングするより数少ない刻印でカービングする方が難しいと思います。
シンプルなものは難しいものですよね。。

また基本刻印とシェリダンスタイルカービング用の刻印って構造も違えば使い方も違うものがあります。
ペアシェイダーなんて特に違います。

あと、昔ながらの大柄な唐草模様をシェリダンスタイルカービング用の刻印でカービングするとやはり変な感じになります。

逆もそうだと思います。

スタイルに合った刻印を選ぶというのも大切なんだと思います。海外の参考書や雑誌を読んでいると純粋なシェリダンスタイルカービングをあまりみません。
(ここでいう純粋とは「ビル・ガードナーとクリントン・フェイのシェリダンスタイルカービング」で紹介されているシェリダンスタイルカービングとします。)

シェリダンスタイルカービングがベースでありながらそれぞれの作家さんの色がついています。
デザイン的な進化もあると思うのですが、刻印のチョイスや使い方の進化もあると思います。

と、僕も変化をつけようとするのでプラスすると、
a0228364_00024732.jpg

こんな本数になります。

岡田明子さんのシェリダンスタイルカービングの影響で使用刻印の本数が増え、表現力も上がったと思います。
岡田さんの教室や講習会にいくと刻印の使い方、表現力の幅が広がりますよ。あと、もっとレザークラフトを好きになれるはずです(^^)

こんな感じで増えていく刻印ですが、、実は安価な通常刻印も多くあるんです!
通常刻印をバカにしてはいけません。使いようによっては高級刻印に負けない刻印に化けるものがあります(^^)

話を戻します。
通常刻印と高級刻印の差、価格差は10倍近く、、
このバスケットスタンプとボーダーがそんな感じですね。
a0228364_00024768.jpg

ベベラとリフターは例外的に消耗品だとしても、他の刻印は1回買えば買い換える事なんて滅多にないものです。
そこに10倍のお金をだせるか?どうか?
クラフト社のバスケットスタンプは最近非常にできが良くなっています。はっきり言ってEMSより良いです。
迷いますよね(^^;;

僕は仕事としているので高いものでも良いと思うものは買います。でも、なかには「中間が欲しい、、」なんて今でも思います。

結局のところ刻印の話を好きにして、自分自身何を言いたいのか分からなくなってきました(笑)

機会があったら刻印の種類ごとの解説でもしてみます。1回のブログ記事ではまとまりません。

最後にバリーキング以上の価値の刻印、、
a0228364_00024816.jpg

溝は浅いけど上手く打てると素晴らしい印影がついたり、シャープ過ぎてどのくらいがちょうど良い力加減か?が分からなかったり、精度が高過ぎて少しのズレも許されなかったり、、
こういう刻印は10年くらい使ってから価値がわかるはずです。いつかのLL TOOLのメルマガに書いてありましたがそう思って格闘します。

おまけ♪
1番のお気に入りは70年代のビンテージ刻印♪
a0228364_00495033.jpg

これだけは、なかなか手に入りません(^^;;


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-06 00:50 | レザーカービング | Comments(0)

海外の刻印を色々と入荷してみたのですが、、

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ここのところ革のほうは教室とオーダーメイドの打ち合わせ以外作品を作ってみたりとかはあまりしていませんでしたが、iPhone7のケースを作ってみました♪
革はブライドルレザーです。
a0228364_17265307.jpg

a0228364_17265410.jpg

それで今回は両面テープでとめてみました。
ちょっと特殊なテープなのでしょうか?ヤフーショッピングでは販売されていました。
a0228364_17265428.jpg

ブライドルレザーはロウがのってますし、すぐ剥がれるんじゃないかな?なんて思っていたのですがかなり頑丈に接着できてびっくりしております。
端のほうが少し剥がれかけても再度つけてみるとしっかり接着されます。接着力があまり落ちないようです(^^)

それで本題の刻印です。
あまり革を触っていなかった間何をしていたかというと、海外から工具や刻印を取り寄せては使用感を確かめてみたりと実験的なことばかりをしていました。刻印以外のものも相当買ったのですが散財で終わってしまいました。

個人的にいいな。と思うものを個人輸入して販売しようなんて考えていたんです。。

写真のものはハイドクラフター刻印ですね。今は存在しないメーカーなのでシルバークリークレザー社が引き継いでいるものと思われます。
日本にはない種類のものが多く、バリーキング刻印などでは同じような模様ではあるが、精度については通常刻印とバリーキング刻印の中間くらいだと思います。
a0228364_17265419.jpg

とはいえ、実際に使ってみないとわからないと思ったので個人輸入してみたのですが、刻印の作りは明らかにどれも同じにも関わらず、ハイドクラフター、US STAMP、日本の通常刻印の様なX517という表記で統一感がなく精度もまちまちです。

20本くらい買ってみて、良いかな?と思ったのはこのくらいです。
a0228364_17303349.jpg
こちらは見た目ほぼ同じに見えます。
左が今回買ったもの、右がバリーキングです。
a0228364_17383840.jpg
見た目はかなり近いです。でも連ねて打ってみると明らかな違いを感じます。こまかなところですが比べると気になります。

一本だけChinaとの表記、、正直だな、、と思いました。
最近中国製でもほんの少しですが良い物もでてきたので、少し期待したのですが今回はダメなほうでした。
精度や印影については日本の通常刻印のほうが明らかに上です。
a0228364_17265545.jpg
左が中国製、右がクラフト社の通常刻印です。

この刻印に限らずピンボケみたいに見える刻印はあまり良い刻印ではないと思います。
「カタログやネットショップで刻印の画像をみて、これは写真撮るの下手でピンボケになったのかな?」とは思わない方がいいです。ピンボケの様な印影しかつかないと思ってください(^^;;

通常刻印に関してはクラフト社のものが世界一だと思います。

ただ、そのできのよいクラフト社の通常刻印、、廃盤に次ぐ廃盤で数が減ってしまいましたね。。
面白い刻印も需要が少ないと廃盤になってしまうんですね。年々カタログの刻印ページが減っていって悲しいです。

その点アメリカだと多少数は少なくはなったものの日本よりは種類が多いです。先ほども言ったのですが通常刻印についてはクラフト社のほうが良いのですが、、
でも日本にはない、バリーキング刻印ではあるけど、バリーキング刻印買うのはキツイなんて方でもその中間くらいで楽しめる面白い刻印を仕入れて販売しようなんて考えたんです。

でもダメそうです。。
半分以上が納得できるものではありませんでした。良いものとイマイチのものとの差が激しい、、あとどこで作られているかもわからない。

刻印知識を生かして少しは商売的な事をしようと思ったのですが僕にはちょっと無理なのかもです??
この刻印を使ったアイテムを1個も作ってないのに販売するのは悪い事をしているような気がしてしまいます(^^;;
迷いますね。。新しいことをやろうとすると大抵うまくいかないものです。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-04 17:55 | レザークラフト工具 | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん こ..
by tkanno4649 at 18:54
ついにアメリカンタイプを..
by angie at 18:44
>noraさん はじめ..
by tkanno4649 at 20:17
はじめまして。 kan..
by nora at 18:11
>angie さん 嬉..
by tkanno4649 at 11:17
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。