俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:レザークラフト ( 221 ) タグの人気記事

久々に実験を色々と!ゼロゼロゼットさんおめでとうございます!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

製作のモチベーションが若干あがっております。なにか嬉しい事があったりするとヤル気に満ちてくるのですが、、
以前紹介させて頂いた福島で活動中のゼロゼロゼットさんなんですが、2017CDショップ大賞の東北ブロック賞というとてもとても大きい賞を受賞されたんです。
このページをみればいかに大きな賞かわかると思います。
受賞アルバム名は『musicΔ』 zero zero z です。




凄いですよね、、僕もアメリカで賞をもらった事がありますが次元が違うと思います。
僕が思うに音楽活動をしている方々ってとても多いと思います。レザーカービング人口とは比較にならないと思います。比べるものではないと思いますが競争率が高いほど全体的なレベルも上がると思っています。そんななかの受賞は凄いです。

色々書きましたが、

おめでとうございます!!

僕も頑張らねばです(^^)

それで、僕の方なのですが先月出品したカービングコンテストの作品が今税関で止まっています。なんだかいつも帰りがダメですね(^^;;
色々と書類を出すことになるのですが何回もやったのでお手のものです(笑)
来週には届くと思いますが、今回はアラスカ経由でしたよ♪
a0228364_20332557.jpg

この時期のアラスカだからカービング冷えたかな?とかくだらない事を考えてます(笑)

ここから実験話です。
まずは、最近おもしろそうだな。と気になっていたヤフオクでよく見かけるアクリル製の型紙を買ってみました。
完成形はこんな感じです。
a0228364_20025348.jpg

構造がわかるように色んな写真撮ってみましたが、コインケース1箇所、カードケース・札入れ2箇所のコンパクトなお財布です。
a0228364_20025389.jpg

a0228364_20025435.jpg

a0228364_20025483.jpg

a0228364_20025438.jpg

何気に難しかった理由は説明書がないのもなんですが1枚目の完成形の写真がどこを探してもなかったという事です(笑)
なのでこのアクリル製型紙の完成形の写真のアップは僕が初めてなのかもしれません(笑)

それで型紙はこんな感じです。
a0228364_20025584.jpg

フィルムを剥がすとこんな感じ
a0228364_20025588.jpg

この表記当然ながら中国製なのですがなんとなく漢字でわかります。なかなかの精度だと思いますし、安さを考えればおもしろい商品だと思います。
それで、最初からなんとなく思っていたのですがこれは恐らくこのプレート通りに切り出して淵の点のところはプレートの穴に従って千枚通しのような目打ちで穴を開けていきボンド貼りとかしないで縫い合わせて作るんだと思います。
というのも以前女性向けの可愛い可愛いミニチュアブーツとかを作る参考書がこんな感じだったんです。

でも個人的にコバを磨かないで仕上げるというのが嫌だったのでいつもやっているレザークラフト同様のり付け、菱目打ちで穴開けして縫うという作り方で挑んだのですが、このアイテム、、ちゃんと作ろうと思うと物凄く難しいです。逆に簡単に作ろうと思うと菱目打ちすら使わなくても作れるのでお手軽にレザークラフトを楽しみたいという方には良いのでは?と思いました。

やっぱりこんな感じにするのが好きですね♪
実はこのコバの箇所5枚の革が重なっています。もっと薄くすればよかったかな??
a0228364_20025641.jpg

コバをピカピカにするのを楽しめないのってつまらないです。磨くの楽しみですからね(^^)

続きましての実験はフレンチエッジャーの研ぎです。
耐水ペーパー使う方法なので邪道かもしれません。ここら辺はお許しください(^^;;

バリーキングのフレンチエッジャーです♪
a0228364_20025673.jpg

今表にきている平らな面が革包丁でいうところの裏です。
だから真っ直ぐでなければならないのですが、見ての通り凄く深い筋が入っていてギザギザ状態です。
これを真っ直ぐにするのですが、本来ならばこの幅に合う砥石作りからです。
なんですが僕にはそんな技術も根性もないので耐水ペーパーを使ってみました。

そこで活用した素材なのですが、以前Facebookのお友達から頂いたネオプレートという板です。
こんな感じの板で、
a0228364_20025681.jpg

カッターを数回に分けて切る感じで簡単に切れます。
a0228364_20102176.jpg

それでボンドで貼り合わせると厚みの調整もできます。
a0228364_20102199.jpg

それでこんな感じに仕上げていき、
a0228364_20102240.jpg

このRに厚みの幅に切り出した耐水ペーパーをセロハンテープで固定します。
a0228364_20102264.jpg

番手をどんどん上げていく感じでフレンチエッジャーの溝を研いでいきます。
作業台でこの作業をして鉄粉が舞うと革が真っ黒になるので実際は台所で研ぎました。
a0228364_20102238.jpg

先端の方だけですが僕なりに頑張った鏡面仕上げになりました。
a0228364_20102292.jpg

このあとこの写真だと裏側になる面(革包丁でいうと表)をしっかり研いでみるとしっかりとした刃がつきました。
にゅるにゅると切れます。
a0228364_20102377.jpg

これを思いついたのは、こういう感じのヤスリが昔はあってたまたま持っていたからなんです。
a0228364_20242886.jpg

分かりにくいかも知れませんが両面に番手の事なるヤスリがついている木の棒です。
CRAFTTOOL.CO時代のものなので70年代のものでしょうか?今も売っているのかはわかりませんが、スティックタイプねヤスリはアマゾンとかで売ってますね♪
柔らかいタイプとハードなタイプがあると思いますのでこれでもいけるかもしれません。

今回はこのネオプレートを研ぎに使ったのですが、レザークラフトで使用するのに最も適しているのはウェットフォーミングの治具製作だと思います。
木で作ると大変です(^^;;

a0228364_20242967.jpg

でもネオプレートなら先ほども書いた通りカッターで簡単に切れますし、厚み調整も簡単、そしてなにより良いのは耐水性がある事としっかりとした硬さがあるところだと思います。
次回は治具作りをしてみようと思います(^^)

おまけ♪
ブログのプレゼント企画は3月31日17時終了なのですが、もう少し応募期間が短くても良かったかな??と思いました(^^;;
A賞のカービングボードは今の所倍率30倍です。多くのご応募ありがとうございます(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-03-24 20:57 | レザークラフト | Comments(0)

タッセルの作り方♪コバ3センチの植木バサミケース!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

体調もだいぶ良くなってきましたので近日中に教室及びオーダーメイドのほう再開させて頂きます。
再開はまず教室及び1日クラフト体験、オーダーメイドの順で再開させて頂きます。教室及び1日クラフト体験のほうはお休みさせて頂いた間にお問い合わせ頂いた皆様にはすでに申し込み順に個別にご連絡させて頂いております。

また、正式にはホームページの見直しが完了ごお知らせさせて頂きますが、レザークラフト教室及び1日クラフト体験は日中のお仕事が終わってからも参加しやすい時間帯として20:00〜23:00のコースも追加させて頂きます。

段階的に通常の営業に戻していきますのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m

話題は変わりまして、表題のタッセルの作り方です。色んな方法があると思うのですが僕の作り方を紹介したいと思います。
なぜ、突然タッセルなのか?というと僕の工房では商品お買い求め頂いた方にはレザークラフトのご質問を受け付けていていつも個別に回答させて頂いております。
それでタッセルの作り方についてお問い合わせがありましたのでそのリクエストにお答えする記事を書いてみます。
本来ならご購入頂いた方のみの回答なのですが長い説明になりそうだったので記事にさせて頂きました。失礼しますm(_ _)m

まず、今回作ったタッセルはタッセル金具を使用した場合の作り方です。真鍮製の金具を使っています。
作り方の紹介で商品や僕自身が使うものではないので細かなところはスルーでお願いします(^^;;

作り終えて思ったのは、もう少し長い方が良かったかな?好みもあるかもしれませんね。
ちなみに革はトスカーナリスシオ(サンド)です♪
a0228364_17063926.jpg


それでは手順を♪

1 型紙作り
だいたいですがこんな感じになります。左側の飛び出ている箇所はタッセルのヒラヒラの部分を巻き込んで綺麗に見せるためなのでタッセル金具を使うときはもしかしたら必要ないのかもしれません。長さは適当です。
今回の型紙はあくまで目安です。革の厚みやタッセルの長さの好みなどで随分と長さが変わってくると思いますので試行錯誤してみてくださいね。
a0228364_17064077.jpg

2 革の切り出し
ここで重要なのは革の厚みだと思います。今回は1.2mm厚ですが0.8mmとか0.6mmくらい薄いほうが、何というのでしょうか?タッセルが揺れ動くヒラヒラした感じがでると思います。
a0228364_17064077.jpg

3 タッセルのヒラヒラの部分の切り出し
幅は好みで良いです。ただ、切り出しの際は別たちや革包丁を革に対して水平に当てて押してきる。押し切りで切ってください。
引いて切ると真っ直ぐきれません。歪みます。
a0228364_17064146.jpg

a0228364_17064109.jpg

4 タッセルの形に仕上げる
タッセル上部にゴムのりをつけて革を巻いていきます。仮止め程度でよいので適当な感じでOKです。
できればこの写真だと右に飛び出ている箇所は右に向かって斜め漉きをした方が綺麗に仕上がると思います。別にしなくても大丈夫です。
a0228364_17064242.jpg

こっちから巻いていきます。
a0228364_17064246.jpg

形になりましたね♪
この作り方だと丸カンを取り付ける箇所を上につけて手縫いして仕上げたりする金具を付けないでもいい感じになりそうですね。
a0228364_17064399.jpg

5 タッセル金具の準備
まず、どこで売っているか?ですね。
ニッケルは結構売っているのをよくみますが、真鍮製はなかなか見つかりませんでした。。
こちらで売ってますよ♪
カバンの金具かなりいい感じのがあると思います。
今回はネジで革を固定するタイプをチョイスしています。
a0228364_17064371.jpg

a0228364_17064420.jpg

この様にネジが外れます。無くすと大変なので気をつけてくださいね(笑)
a0228364_17255035.jpg


6 タッセル金具にタッセルを取り付ける
タッセル金具のネジを外した状態でタッセルを金具の中に入れてみましょう。
今回はたまたま良い感じに入りましたが、金具の内径、革の厚みなどの関係でゆるゆるになったり入らない事もあると思います。
巻いたタッセルが細くゆるゆるになってしまうと作り直し、入らないときは少しタッセルのヒラヒラを少なくカットして微調整をすればよいのでちょっと太めに作って微調整したら良いかもしれませんね♪
とりあえずはめ込んでみました。
奥まで入れた状態でネジ穴のところに目打ちを入れましょう。
a0228364_17255096.jpg

すると印ができます。
a0228364_17255139.jpg

ここを細いポンチで穴開けします。
1mmくらいがちょうど良いのかもしれません。
a0228364_17255164.jpg

この穴とタッセル金具の穴が合う様に再度タッセルを金具に入れ込みます。
それでネジをいれたら完成です♪
a0228364_17255242.jpg
ファスナーの引き手なんかに付けるとおしゃれだと思いますので是非チャレンジしてみてください(^^)

次にレザークラフト教室です。
いつも通ってくださっているTさん。
今植木バサミのケースを作っています。
構造的にはナイフケースの様な作りです。あと2.2mm積みあがるよう頑張りましょう!
a0228364_17255338.jpg

上下の革の間に革をかませて糸切れ防止をする作り方のなのですが、植木バサミが意外と大きくコバはかませる革が22mm、表革が4mm、裏革が4mmなのでコバが30mmになります。3cmですよ!
コバの磨きがいがありますね!時間をかけてコバはバシッと鏡面仕上げしましょう!

あと、ファンクラブ会長であるTさんに00Z(ゼロゼロゼット)のステッカーをおねだりしてかっこいいのを頂いてしまいました。
a0228364_17320494.jpg

革漉き機に貼る予定です(^^)
でも貼るのもったいないな、、このままとっておきたい(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-01-19 17:48 | レザークラフト | Comments(0)

今年は革以外の事も頑張ります!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ブログをちっとも更新しておりませんでしたので今頃ですがあけましておめでとうございますございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

なんで更新していなかったか?というと革をほぼ触っていないのでネタがないのです(^^;;
創作意欲が湧かずちょっと行き詰まっているところがあります。生意気なんですが気持ちがなかなか入らなくて休ませて頂いているところが大きいです。本当は趣味でやっている訳ではないので休んでいると当然収入もなくなりますし無理にでも作業再開しなければ、、なんです。
ただ、オーダーメイドはあまり調子良くない時は作りたくない気持ちがあります。
オーダーメイドは打ち合わせが終了すれば小物であれば製作完了まで1ヶ月程度で終わります。でもアイテム自体は10年、20年という期間使えるんです。お渡ししてから先の事を考えるとやっつけ仕事はできないです。
保証期間を10年にしているのはこういう考えからきたんだと思っています。朽ち果てるまで使って欲しいです。
ここまで書いてもやはり生意気だと思います。今月中にはなんとか営業再開できるよう努力します。
オーダーメイド、レザークラフト教室、クラフト体験などお待たせして大変申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

年に数回燃え尽きてしまう事があります。原因は突き詰め過ぎる僕自身の性格にもあると思うのですが、仕事がレザークラフト、趣味がレザークラフトというのも良くないんだと思いまして今年は独学で適当に弾いていたギターを嫁と一緒にちゃんと習おうと決めました。

福島で楽器をやっている皆さんだったらだれでも知っているアイヴィー楽器に行ってきました。
a0228364_22023138.jpg
リンクです↓

ホームページ(PCサイト)に密かに生徒さんが載っています!
五助屋レザークラフト教室参加者でもあるのだ。(笑)
繋がりって面白いですよね奇遇のようで奇遇じゃないと思いますよ。

隣接の福島最大級のライブハウスLive Spase C-moonですね♪
a0228364_22023280.jpg

リンクです↓


そうしたらなんと!昨年ライブにも行かせて頂き工房にもきてくださった∞Z(ゼロゼロゼット)さんが僕なんかのために会いにアイヴィー楽器にきてくださりました。
嫁はいきなりの出来事に身体の水分が一気にでた、、と言ってました(笑)
a0228364_22023264.jpg

ホームページのリンクです↓
ギター講師の先生、店員さんとも写真撮らせて頂きましたよ♪
楽器できる方は尊敬以外のなにものでもありません。
僕も頑張って人前で弾けるようになるぞ!!
a0228364_22445667.jpg

ゼロゼロゼットさんの楽曲については僕なんか素人が語っては失礼なので言いませんが、どちらかと言うとプログレ、テクノ、フュージョンなど変化に富んだ音楽が好きな僕なので一曲一曲飽きがこない聴いていて油断ならない楽しさがあります。
CD、iTunes、YouTubeなどで楽曲が提供されていますので是非是非皆さん聴いてくださればと思います。
一曲YouTubeのリンクを貼らせて頂きます♪



新しい事への挑戦を惜しまない同じ福島の人間としても大いに応援したいですし、さらなる活躍を期待します。
そして是非ビッグになって頂いて、その暁には僕もそのビッグウェーブにちゃっかり乗っかりたいです(笑)
ラジオ毎週楽しみに聞いてます。前にYouTubeで僕のこと紹介してくれてありがとうございました(^^)
リンクです↓
僕のことは18分頃かな?全部聞いてくださいね。

ただ単に夢を見ているのではなく「信念」を持って行動して生きている方の言葉には重みがあります。
僕もそうありたいです。

自分の革ネタがなく勝手な宣伝失礼しました。

ここで一応年の初めのブログなので目標を書いてみようと思います。

1 オーダーメイド製作、レザークラフト教室をより良く改善する。
2 コンテストは昨年以上の成績を残す。と言う事で今年は1位を獲ります。
3 ギターを習いにいく。
4 福島市でのレザークラフトの講習会を企画、開催する。
5 もっと外にお出掛けする。
6 地元で頑張っているアーティストの方々と交流を深める。
7 健康に気をつける。

今年の願望は昨年から引き続き、「バイクが欲しい。」です。革、音楽、バイクの相性の良さをもっと知ってほしい(笑)

革ネタを少し、
嬉しい来客がありました!
オーダーメイドもメールや電話での打ち合わせのみで遠方所以お会いできずにいる方が多いです。いつもお会いしてお話をしたり作らせて頂いたアイテムを見せて頂きたいと思っています。
そんな中、ウォレット、スマホケースなどお買い求めくださったS様が工房にきてくださりました。
a0228364_22445795.jpg

オイルアップがしっかりとされているアイテムを触ると僕が作っただけではないんだな、、と感じます。革製品の醍醐味は変化だと思いますからその変化させる作業は使ってくださるお客様ですよね。
オーダーメイドの打ち合わせからすでにお客様との共作なんだといつも思います。またお会いできると嬉しいです。この度はありがとうございました!
皆さんも東北にお立ち寄りの際は是非当工房にご連絡くださればと思います!

今年も引き続き「Handmade leather goods t.kanno」のお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。
今更ながらですが、屋号長いので電話に出る時大変なので変えたいです。あまりの考えなしも考えものです。(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-01-12 23:41 | ギター | Comments(0)

最近作った作品、新たな革素材、リンク貼りのレベルアップ!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

最近iPhoneのほうiOS10にアップグレードしたんですが、顔文字随分増えたみたいですね✌︎('ω'✌︎ )←こんなのも(笑)

早速ですがブログ書くのを忘れてました(笑)
なので今回は最近製作した作品のアップのみです。

まずはお得意様、I様のオーダーメイド品から♪
エルバマットを使った通帳ケース
a0228364_18435104.jpg

a0228364_18435245.jpg

こちらもエルバマットを使用したお守りケース
a0228364_18435348.jpg

サイドをクロスステッチで立体感出してます♪
a0228364_18435363.jpg

結構エルバマット使いましたがやっぱりイタリアンレザーの中でも一味違う革に思えます。
使い始めと見た目の柔らかさは使っていくと良い感じに裏切ってくる革ですね。堅牢ですよ!
気になる方は五助屋レザーさんに相談してみたら良いです。革は知識があって実際に多く使った事がある方から買うのが良いと思います♪
僕のところでもエルバマットの注文受付できるのですが説明できるほど作品を作っていないのでブン投げです(笑)


ちょっと脱線しました♪
表題でリンクのレベルアップ!と書きましたがエキサイトブログもこんなリンク貼りができるようになったのです。「リッチリンク」と言うらしいです♪
レザークラフトを始めた頃から技法など色々教わったりと散々お世話になっているにも関わらず実験も含めた宣伝で失礼(笑)
面白いのでこれから色んな作家さんのリンクを貼付けてみようと思います♪

話を戻しまして、I様のオーダーメイド品のハーマンオークツーリングレザーと真鍮金具を使ったタッセル
a0228364_18435439.jpg
真鍮金具を探すのって結構大変ですσ(^_^;)
人気ある素材だから種類あるのかな?と思っていたら意外とないです。

続きまして、個人的に作ったIQOSのケースです。
商品化を考えているので試作ですね♪
a0228364_18435575.jpg

a0228364_18435509.jpg

a0228364_18435684.jpg

色々と問題点がでてしまいましたが、次回の参考になりました。
形が決まったらバスケットスタンプやカービングバージョンのオーダーにも対応できます✌︎('ω'✌︎ )

それで、僕はオーダーメイドはどんなものでも物理的に無理なもの以外は断らないようにしているので革もハーマンオークツーリングレザーだけでなく必要に応じて様々な革を使います。
まずはブッテーロです。
a0228364_18435716.jpg

知ってはいましたが、やはりスタンピングできますね♪
a0228364_18435860.jpg


Sサドルのオリーブ
a0228364_18471808.jpg


a0228364_18471959.jpg

この色合いたまらないですね♪
革の感じを見たかったので簡単なカードケース作ってみましたよ♪
a0228364_18472071.jpg

a0228364_18472182.jpg

レザーメイトさとうさんで絶賛販売中です。
気になる方はサンプルもらったら良いと思います♪とりあえず電話してみるといいです。とにかく親切丁寧です。



そして、素材として初めてオーダーを頂いた鹿革のバッグ。とりあえずサンプルでチェックです。
a0228364_19061738.jpg

a0228364_19061781.jpg

ネイティヴ感があって良いですよね(^_^)v
強度的には牛革より上というのは初めて知りました。まだまだ知らないことだらけです。とくに革素材の選び方は難しいですねσ(^_^;)

最後に個人的に作ってみたバックポケットに入るサイズのミドルウォレット、、作ってみたらハーフウォレットサイズでした。
a0228364_19061886.jpg

a0228364_19061935.jpg

a0228364_19062026.jpg

こういう色の使い方は初めて?ですがなかなか良い感じですね!しかも使いやすい!

と、、ここ最近革をいっぱい触っていました。ちょっと前まで見積もりとスケッチで革を触れなかった状態が爆発したんだと思います(笑)
やっぱり作るのって楽しいですね!

レザークラフト教室の方は写真撮り忘れですσ(^_^;)
仙台レザーズの山本さんにはシェリダンスタイルカービングの練習をして頂いていました。
a0228364_19244938.jpg

これは僕がカービングしたものですが、ひたすら繰り返しの練習です。
フラワー、リーフ、スクロール、アカンサスリーフのカービングの仕方を覚えて頂いたので次回は僕の方で図案を描いて簡単な作品を作っていただこうと考えています。
毎回集中して休憩なしで頑張っている甲斐があって凄く状態していると思います。作品として完成した時が楽しみですね!

次にいつもエイジングの写真を送ってくださるS様♪
定期的なオイルアップで綺麗に育てて下さっています。
a0228364_19245077.jpg

いや、、見事なエイジングです。
サドルレザーだとここら辺が限界でしょうか?ハーマンオークツーリングレザーはここから赤褐色になるのが魅力だと思います。これからのエイジング本当に楽しみです!いつも画像ありがとうございます!

おまけ♪
ウェットフォーミングなんですが、食材用の真空パックを使ってやってみたところ非常に簡単にできてビックリしました。
a0228364_19245188.jpg

a0228364_19245154.jpg

a0228364_19245202.jpg

簡単な方法をネットで探していたら五助屋レザーさんのブログに書いてありました。どんだけ研究してるんだろう?と思います。多分全部やってやろう!という勢いなんでしょうね。もちろん僕もそういう考えで大いに共感するところがあるのですが散財が半端ないところも似てるような気がします(笑)

おまけその2
随分ながくなかよくさせていただいている。山形のAngieさん♪屋号がそろそろ変わるのかな??ショップを始めるそうですよ!
屋号刻印も早速五助屋レザーさんのところで作ってもらったそうですし♪



僕が最近あまり書かない技法の紹介をブログで分りやすく書いて下さってます。凄く上手ですし、僕ももちろん参考にさせていただいております。ブログランキングでは余裕で抜かれました(笑)
参考になるブログだから納得です。

おまけのリンク♪

いつも遊びに来て下さったりしている。life tools studio NOLAさん。


バイカーズアイテム中心にカービング、バスケット、染色まで幅広いアイテムを作る作家さんなのですがイベント中心でネット販売が全くできてないです。もうちょっと頑張れ!とも思うのですが少し協力しよう♪
バスケットが上手だな、、と思います。作風は僕と全く違う感じです。作風って面白いですよね♪

作風の点でいうと1番異色に感じるのがstemkin leathersさん♪
なんと表現してよいのかすら迷いますが、決まりに縛られない自由なライン、でも自然に見えるライン。
こういうのはセンスの問題だと思うので僕にはできません。真の一点物を作ってくださる作家さんだと思います♪

こんなのも作ってくれますよ。僕の顔入りのブラシ♪エイジングして不気味さが増してます(笑)

a0228364_20060753.jpg



よろしければご覧下さい^_^

↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-10-07 02:25 | オーダー

初めてのウェットフォーミング♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

なんか急に寒くなってきましたね。気温の落差は体力奪われます。

早速ですが、木型を使ったウェットフォーミングを初めてやってみました。
レザークラフトを初めてから7年になりますが手をつけませんでした。なんでかと言うと、、木型を作るのがめんどくさい(笑)

先日やっと届いたIQOS♪
ケースを作る際、カードリッジ収納箇所をウェットフォーミングでジャストサイズに入るようにしようかと思ってのチャレンジでした。
今回はヌメ革の端切れでカードリッジの部分だけ試作してみました。

結果から言うと失敗です(笑)
最初からうまくいくわけはありませんよねσ(^_^;)
a0228364_17560572.jpg

a0228364_17560574.jpg

こんな感じでジャストサイズで入る訳です。
a0228364_17560663.jpg


今回の手順はこんな感じでした。

後々使うことになるだろうと思い。電動糸鋸を導入♪
a0228364_17560700.jpg

なんと2Way!
こういうのに弱いです(笑)
さすがはDREMELだけあって作りが良いです。
a0228364_17560835.jpg

1.5センチ厚のパイン材を切ってみましたが、ストレスなく切れました。
a0228364_17560923.jpg

小刀やヤスリなどで角を落として丸みをつけ、
a0228364_17561034.jpg

木型の土台を作りました。
a0228364_17561188.jpg

今回は外枠なし、革を固定してヘラで形成する方法にしました。
革はトコ面まで水が浸透するくらいしっかり水分いれます。
a0228364_17561154.jpg

a0228364_17561283.jpg

それで伸ばしながら土台に固定するのですが、タッカーがなく急遽釘で固定です。
a0228364_18102436.jpg

土台の木の厚みがなかったせいで釘を根元まで打てずヘラで形成するのが大変だったのですぐにタッカーをアマゾンで注文しました。
a0228364_18102530.jpg


次回はタッカー使いますσ(^_^;)

形成して、
a0228364_18102664.jpg

乾燥させて釘をとる。
a0228364_18102728.jpg

こんな感じになります。
a0228364_18102767.jpg

これを半分に切ってやると一回の作業で2個作れる訳です。
a0228364_18102953.jpg

こんな感じですね♪
a0228364_18103047.jpg


初めからうまくいく訳はありませんが、次回の改善点は数点浮かんできました。
そして、IQOSケースはウェットフォーミングじゃなくてコマ縫いか脇マチの構造で作ろうと思います(笑)
そっちのほうがかっこいいような気がしますし、この作り方だとスタンピングやカービングが難しいですσ(^_^;)

実験楽しかったです(^_^)v

話は変わりまして、
たまに使うブッテーロなんですが、ほのかに美味しそうな匂いがします。
a0228364_18103137.jpg

端切れをちょこっと噛んでみたら苦かったです。当たり前か(笑)

おまけ♪
今日発売のケラさんのCD買いました。
ナゴムレコード30周年記念のライブ盤です。
a0228364_18103261.jpg

音楽より演劇、演出家、映画監督としての活動のほうが有名なのかな?

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-09-23 18:13 | レザークラフト

2016 IFoLG Competitionで1位獲得しました♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年は3つのコンテストに参加しました。
第34回日本革工芸展、2016 WORLD LEATHER DEBUT(シェリダン)、2016 IFoLG Show(オハイオ)です。

日本革工芸展は入賞、WORLD LEATHER DEBUTは準優勝とこれだけでも素晴らしい結果を出せたのですが、、

本日まで開催されていた2016 IFoLG Showのコンペでマスタークラスのポケットアイテムカテゴリーのビルフォードorウォレットクラスで1位を頂きました。
また、ポケットアイテムカテゴリーのベストオブカテゴリーも頂きました。
ややこしいですが、かなり良い賞だと思います。
a0228364_16475874.jpg

IFoLGのコンペは初めてだったので応募の仕方が全くわからない状態から始まりました。
まずここから大変でした。
申し込みもルールをしっかり読んでいなかったせいで締め切りを間違えたり、どこに送ったら良いのか?参加費はどうやって払ったら良いのか?
日本の参加経験者の方にももちろん聞いたのですが、細かなことろはアメリカの方々にコンタクトをとって教えて頂きました。
僕のうっかりで締め切りギリギリになってしまい多くの方にお手数をおかけしてしまいました。また、多くの方に助けて頂きました。感謝の連絡を良い報告も合わせて伝える事ができて嬉しかったです。
あと、頑張ってやりとりをしていたおかげで英語の勉強にもなったと思います。
改めて皆様ありがとうございましたm(_ _)m
来年は締め切りギリギリにならない事を第一目標に頑張ります。

僕もまだ良く分かっていないのでわかる範囲ですが、IFoLGについて。間違えあったらすいませんσ(^_^;)

IFoLGとはインターナショナル フェデレーション オブ レザー ギルドの略です。
アメリカでは各地にギルドという革職人集団?があります。毎年各地のギルドが持ち回りで主催者となり開催されるのがIFoLGのショーでコンペはそのショーの一イベントなんだと思います。今年はオハイオ州での開催でした。
なので僕が思うにアメリカに限らず全世界のギルドメンバーが集まりわいわい楽しむのが一番の目的なんじゃないかと思います?
?マークばかりですいません。これはショーに参加していないので良くわからないのですがフェイスブックで参加されている方々の写真を見ていたらそんな感じでした。まるで同窓会のようです。皆さん最高に楽しんでいる様子が写真から伝わってきます。
僕もいつか参加したいです。

コンペに関して、WORLD LEATHER DEBUTと全く違うな、、と思ったのはカテゴリー、クラスの多さとDivisionというものが存在する事です。
具体的にはオープンから参加して、頑張ってアドバンス、マスターへとランクアップしていく感じです。
僕は初めてだったので当然オープンディビジョンに参加したのですが、主催者の判断で初回からマスターディビジョンへの参加になりました。まずこれが嬉しかったです。

凄くややこしいのですが僕のカービングウォレットは、
マスターディビジョンのポケットアイテムカテゴリーのビルフォードorウォレットクラスのエントリーになりました。僕はS-1クラスでのエントリーです。
ちなみにオープンディビジョンはもっとクラスが細分化されています。
a0228364_18123325.jpg

ご覧いただければわかると思いますがとにかく細かいですよね。
そして今回僕が頂いた賞はマスターディビジョンのポケットアイテムカテゴリーのビルフォード&ウォレットクラスの1位です。それとともにポケットアイテムカテゴリーのベストオブカテゴリー賞(紫のリボン)というものまで頂きました。
この上には更にベストオブマスター賞というマスターディビジョンの1位もあるようです。それは流石に無理でしたがいずれは獲りたいです♪

IFoLGはショーがメインなんだな、、と思います。
全世界の革好きと交流できる事は羨ましくてなりません。来年はテキサスのようです。どうしてもいきたいですね( ; ; )
肩書きももちろん欲しいですが仲間が増える事の方が嬉しいですよね。

そして、僕のレザークラフトの大きな目標であったLEATHER CRAFTERS & SADDLERS JOUNAL に乗る事ができました!
a0228364_18123472.jpg

最終的には表紙ですね♪

a0228364_18123583.jpg

そうそうたるマスタークラフトマンと同じ雑誌に掲載されたのは誇りに感じます。
a0228364_18123640.jpg

ジム・ジャクソンの作品だって掲載されてますしね!

と言った感じで今年のコンテストは全て終わりました。
無事に帰ってきたら本当の終わりですかね?

これから通常営業です。自分の好きなものを存分に作れないのは少し残念ですが、時間をみつけてちょこちょこ作っていこうと思います。
そうすれば次回は締め切りギリギリにならないだろう!計画性のない人間なのでできる自信がないですが、、(笑)

話は変わりまして。
まずはオーダーメイド関連です。皆様には多くのご注文を頂き感謝です。
現在13点のオーダーメイドをお受けしている状態ですが納期の迫っている通帳ケース、お守りケース、レザータッセルを製作中です。
荷物が届くまでのお楽しみにしたいと思っているので製作中の写真はアップしませんが、エルバマットを使っての製作です。
手縫いサンプル作りましたよ♪
a0228364_18123730.jpg


オイルたっぷりで柔らかなのに目がギッチリ詰まっている革で使用していくと堅牢さが増していくそうです。凄く不思議ですよね?
これは五助屋レザーさんから教わったのですが自分用のお財布にもエルバマットを使ったので変化が楽しみで仕方ありません(^_^)v

あと、予約から2ヶ月待ちでやっとIQOSが届きました!
a0228364_18123886.jpg

a0228364_18124076.jpg

タバコ吸ってる感が凄くあるんですね!びっくりです。僕はIQOSに移行できています♪

それでケースを作ろうと思っています。これだけ大人気なのだからケースの需要もあると思い、木型を作ってみようと思いました。
ウェットフォーミングですね♪
実はあまりやった事がない技法です。
濡らした革を木型で絞り、乾いたらその形状になっているという技法でジャストサイズのケースを作るのに覚えて損のない技法だと思います!

この先使うだろうと思い卓上ノコも導入しましたよ(^_^)v
a0228364_18124079.jpg

a0228364_18124124.jpg

ハンディータイプの糸鋸としてもつかえるのにも惹かれました。男はこういう合体系にに弱いと思います(笑)

あと、LL TOOLSのツールラックも購入しました。
a0228364_18355815.jpg

刻印が半端なく増えてきたので、、先日また大量買いしました。クラフトツール社時代の刻印は買います。
a0228364_18355913.jpg

そしてスーベルナイフも買いました。
クラフトツール社時代の貴重なものとフィギュアカービング用のマルチブレードカッターです。
a0228364_18360008.jpg

マルチブレードカッターのメーカーはX-ACTOですね♪
名前だけは知ってます。
スーベルカッターも増えましたね。うちの嫁はよく怒らないな、、と思います(笑)
a0228364_18360161.jpg

続きまして、嫁のお父様が使ってくださっているiPhoneカバーのエイジングです♪
飴色というのはまさにこの色だと思います!
革はSサドルナチュラルです。
a0228364_18360274.jpg
元はこんな感じですよ。
a0228364_18360381.jpg

完成後、フラップが逆なのに気づいて直したので写真でみるとカメラ穴が裏表逆になってますσ(^_^;)
Sサドルは浅草のレザーメイトさとうさんで売っている革です。とにかく銀面が綺麗な革です。
端切れの先まで綺麗なグレージングが入っているのでどこから端切れなのか?がわからなくなってしまうほどです。切り売りもしてますので是非使ってみて頂きたいかわですね♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-09-19 18:42 | コンテスト

2016 WORLD LEATHER DEBUTの作品奇跡的に帰ってきました!富士鞄工房レザークラフト教室!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

オーダーメイド、教室、講習会参加など色々と忙しくブログを更新できずにいます。メールの返信も遅れ気味です。大変申し訳ないです。

ネタがたまる一方なので少しずつ更新していこうと思います(^_^)v
↑何年も前から言ってるような気がします(笑)

ご心配をおかけした、2016 WORLD LEATHER DEBUTに出品したホルスターの件です。
なぜかマレーシア経由で帰ってきました!
出品してから約3ヶ月かかりました。
a0228364_13393130.jpg


良いお知らせができて嬉しいです!

どうやら船便に紛れてしまったようで今もレザークラフターズ&サドラージャーナルのマネージャーとともに調査中です。
まだ必要とするやりとりがあるのですが、無事に帰ってきた事でやっとコンテストが終わった、、長かった、、と緊張の糸が切れたのか?酷い脱力しておりますσ(^_^;)
きっと3ヶ月間の緊張は僕自身が感じる以上の物があったのだと思います。。
ホルスターが届いたその日に教室に参加してくださったOさんは数年ぶりの再会でした。これも凄く嬉しかったです♪

細かな事も書きたいのですが、これは後ほどでまずは第一報と思います。
協力してくださった皆様、親身になって心配してくださった皆様本当にありがとうございました(>_<)

今年はRunner Up (準優勝)です。次回はWenner になれるよう頑張ります(^_^)v

続きまして、先日は宮城県気仙沼市で開催された富士鞄工房藤本昌悟さんのレザークラフト教室に参加してきました。
a0228364_13462462.jpg
製作したのは通帳ケースです♪
a0228364_13583306.jpg

a0228364_13583331.jpg


革もリスシオを思わせる風合いにプルアップと非常に興味がある革です。
どこの革なんだろう?聞いたような気がしますが忘れてしまいました(笑)

会場の気仙沼市は初めていきました。
震災から5年以上経っておりますが、津波の爪痕が未だに残っている状況に目がくらむ思いでした。
会場の建物に書かれている津波浸水深、、
2回の教室会場に到達する高さです。。
a0228364_13481130.jpg
あまりの高さを目の当たりにすると想像すらできません。。
僕が住む福島市も復興したとは感じられません。全体的に言っても復興しているなんて感じられないのが僕の思いです。
ただ、皆さん頑張ってるのは肌身で感じる事ができました。
こういう事を感じられたので参加してとても良かったと思います。
熊本地震も脳裏によぎりました。未だに予断を許さない状況なんだと思うのですが、こちらではニュースなどでほとんど報道されません。
僕はニュースなんてほとんど信用していないです。頑張って欲しい、、なんていえないです。限界まで頑張っているはずですから、、
少なくとも僕は絶対忘れていませんので陰ながらできる範囲ではありますが継続支援を続けていきます。

明日は僕の工房でレザークラフト教室です。
とろける様な暑さに体力も精神力も奪われていきますが仕事がいっぱいあるのは贅沢な悩みですね♪

続きまして
オーダーメイドで作らせて頂いたジープをモチーフにしたオーダー主様拘りのスマホケース♪
a0228364_14141541.jpg

a0228364_14141632.jpg


S様から頂いた写真です。
先日日光浴させたとの事で、この状態からどのような変化をしたのか?楽しみです(^_^)v
a0228364_14111352.jpg

とても気に入って頂けたようで安心しました。
いつも全力で作りますが、僕のかっこいい=お客様のかっこいい、ではないとつい考えがちな僕はいつでも喜びの声を聞くまで心配で心配でなりませんσ(^_^;)

励みになります!暑さに負けず頑張ります!!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-08-01 14:19 | コンテスト

フチに印をつける工具の研究(前編)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日本革工芸展に出品したダレスバッグを作った際、フチの装飾の感じを意識しただけでも作品全体の印象が随分と変わるものだな、、と強く感じましたので久々に工具のレビューをやってみたいと思います♪

テーマが大きいので相当長くなりそうです。何回かに分けて書いてみようと思います。

毎回色々な作品を作る中でイメージするものに近付こうと試行錯誤して技法を変えていっています。
様々な革を使うのでその革の雰囲気に合う仕立てをしたいと考えているのですが、なかなか自分の思うイメージに近づかないのです、、
でも、今回のダレスバッグは日本を意識しました。それで日本っぽくなったので今回は成功といって良いと思います。
こういった感じで作品によって自在に変えていけるのを目標にしています♪
目指すはオールマイティーです!

「日本、アメリカ、フランスなどで昔からある工具」
「日本製のアイデア工具」
「近年新たに開発された新しい形状、機能、また加工なしでそのまま使える工具」
「手縫いのガイドラインになる印をつける工具」
「フチを装飾する工具」

もちろん僕の知らない工具や技法もあると思いますが、実践した範囲内で僕の好みも交えて感想を書いてみようと思います♪
a0228364_22380711.jpg
自分の好きな感じや工具の使い心地を模索していたらこんな数になりました。ないから仕方なく作った工具もあります。
よく考えたらもっとありますね♪
もちろんこんなに必要ないです(笑)

まず始めに、手縫いをするのであれば必須な工具、フチから均等な箇所に線をつける工具からレビューしてみようと思います。

本当に様々なものがありますが、「どれか1個!」と言われたら1番のおすすめは協進エル、SEIWAから発売されている「プロ・ステッチンググルーバー」です。

「日本製のアイデア工具」ですね♪

a0228364_22380756.jpg
これは本当に優れものだと思います。

バラしてみました。
a0228364_23083113.jpg
先っぽ無くしやすいので注意です。さっそく行方不明でさきほどやっと見付かりました。昔の工具箱の中でした(笑)

まずはネジねんとして使用する方法
a0228364_22550452.jpg


ステッチンググルーバー(溝掘り)として使用する方法
a0228364_22550487.jpg

ちなみにこのグルーバーはガイドを逆に付ければ左利き用になります。素晴らしい♪
a0228364_22550548.jpg

写真のアングル変ですいませんσ(^_^;)

あとグルーバーのガイドを外すとアートグルーバー
a0228364_22550525.jpg

定規をひいてトコ面の溝切り
a0228364_22550500.jpg


a0228364_22550631.jpg

折り目をつけたい時に便利ですね。
a0228364_22550600.jpg

トコ面に溝をつけると段漉き前のガイドラインとしても使えます。
a0228364_01350048.jpg

フチの飾りとして使用したい時はフチと縫い目の真ん中に線をつけて飾りをつけたり
a0228364_23083117.jpg

なかなかいい感じです♪
a0228364_23083195.jpg

あとは、例えばカードケースの差し込み口のところに線を入れたりするのも飾りになると思います。
a0228364_23083265.jpg

とかなりマルチなツールです。

ここで気を付けて欲しい事があります。

「ヤフオク、Amazonなどで販売されているこの機能の他に『ヘリ落とし』の先端がついているもの。。これは中国製の証拠です。形状は似ていますが極端に出来が悪くて、ヘリ落としなんか切れやしないです。」
a0228364_02071439.jpg

↑the 無断転載!!原価いくらするかしらないけどお金儲けのためにこんな粗悪品を世に出さないで欲しいです!
こんな切れる訳がないヘリ落としがついていてマルチステッチンググルーバーなどと題して売っていると思います。
買ってしまった方がいてお預かりして研いでみたんですが、中国製工具の金属特有のギザギザの線、、なぜか消えないんですσ(^_^;)
アイデアは良いと思います。日本製のこういうヘリ落としのパーツがあると良いですね♪

あと、あると便利なのはディバイダーです。
ネジねんでは不可能な幅の印つけや、箱物などどうしてもネジねんやプロ・ステッチンググルーバーでは線を引けないところも引きやすいです。
a0228364_23341310.jpg


それで初心者用の参考書(クラフト社監修)によく載っているヘラ付ヘリ磨き、、
手縫いの線つけとして使うよう書いてあることがありますが無理があります。こんなのでちゃんとした線引ける訳がないです。
直線だったらなんとかできますがカーブはまず無理です。
a0228364_23341316.jpg

名称のとおり、ヘラとしては使えます。
a0228364_23341422.jpg

あと、ヘリ磨き??コバ磨きの事でしょうか?
a0228364_23341431.jpg

スリッカーのような使い方はできますね。使いようによっては玉ネンのように使えますがやはり曲線に使うには無理があります。

あとはネジねんですね。
a0228364_23464114.jpg

縫い線の印付けの代表格の工具のような感じですが、安いのと高いので随分と性能の差がついてしまう工具です。
絶対という訳ではありませんが先端を少し削って段差をつけないと使いにくいです。あと、一般的に販売されているものは右利き用なので左利きの方は大変ですよね。。ネジが死角になって印をつけたい肝心なところが見えないと思います。

左側が値段が高いほうで、右側が普通のネジねんです。
a0228364_23464135.jpg

ちょっと写真だと分かり辛いのですが、高い方は金属が硬く厚みもあります。
安い方はちょっと薄くて柔らかい感じです。あと長いので曲がりやすいです。これが原因で狙いを外す事もあります。

左側のようながっちりとしたネジ捻は高いと言っても4千円くらいだと思います。充分高いですね。。?
僕はもう感覚がおかしいんです(笑)

最後に溝捻です。
上が昔ながらの鍛冶屋さんの溝捻、下がフロンティアの溝捻
a0228364_02240520.jpg

有無を言わさず決まった幅の線をひけます。
僕はコバから2.5ミリのところにステッチラインもっていくのが好みなのでネジねんなどのように毎回幅を変えなくてよい溝捻をよく使います。
こっちの方が仕事が早いです。
a0228364_02240667.jpg
フロンティアの溝捻は1ミリとちょっと太い線がつくので幅のあるヨーロッパ目打ちを使用する際に重宝します。

あと、次回詳しく書こうと思いますが持ち手の形状が違いますよね?
アメリカのこの手の工具って押して使うものが多くて、日本製は引いて使うものが多いです。
もちろん押して使った方が力が入ります。フロンティアの溝捻は押しても引いてもOKです。そういう計算で弾き出された構造なんだと思います。違うのかな??僕はそう感じます。

以上のような工具をレビューしてみましたが、縫い線の印付けに関しては日本製のプロ・ステッチンググルーバーがもっともマルチで性能も良くお手頃な価格で買える優秀なツールだと思います。

昔からあったツールではない筈です。開発した方は凄いな、、と思います。

番外編
その1
菱目打ち2本刃1本、菱錐1本の場合
a0228364_01535112.jpg
このように片方の刃をガイドラインとして縫い目の印付けができます。
a0228364_01535110.jpg


その2
すいません。工具の名前知らないんですが昔からある工具です。
a0228364_01535153.jpg

両端がそれぞれ2ミリと3ミリ幅です。
a0228364_01535285.jpg

こんな感じで2種類の幅の印付けができます。
小回り利いて結構使いやすいです。

今回はこのくらいで詳しくは次回書こうと思いますが、昔からある工具は自分で加工しないと使い物にならない物が多いです。革包丁なんてその代表格だと思います。

切れ味が落ちたらどちらにしろ自分で研がないといけないですが、マックスの切れ味を知らない状態でどうやって研げば良いんだろう??と思います。
どこまで研げば良いのか分からないですよね、、

僕は幸運な事に刃物の館やすらぎ工房さんの近くに住んでいて本研ぎもしてもらっていますからマックスの切れ味を知っています。だから切れ味が落ちたらそれを目指して研げば良いんです。サクッと研げる訳がありませんが(笑)

革包丁に関して言えば「この革って硬いんだな、、」とか思ったらその時点でマックスの切れ味じゃないです。革が硬いと感じるのは錯覚くらいに思っていいと思います。ただ単に刃物の切れ味が悪いだけです。

話逸れましたが、先日昔ながらの鍛冶屋さんのネンを5本買いました。
フチ捻、タマ捻、溝捻です。
a0228364_00483140.jpg

1本2千円程度です。

そんなに高価ではないですよね?
凄く良い素材だとも思います。

ただ、バリが凄いです、、仕上げの研磨なんてされていません。
a0228364_00483158.jpg

要するに買ったあとは自分で加工してね♪
というスタンスなんだと思います。

それで頑張って加工しました。よくわかりませんが硬い金属です。
a0228364_00483186.jpg

だいぶ自分好みになったんですが、まだ微調整が必要です。右側から2番目のフチ捻がいまいちです。。

自分好みというのは見本となる物を持っていてそれに近い形状をだそうとしているだけで特殊な形状ではありません。本物を持っているから加工ができるんです。革包丁と同じ話です。

やっぱり簡単にはいかないですよね、、僕は革を扱うひとなので金属の事はよくわかりません。
出来ないことはないですがプロのクオリティーは出せないですし、何と言っても時間がかかるσ(^_^;)
あと鉄粉が舞うからできれば金属の加工はしたくないです。革真っ黒になるの嫌です。

一般的に物って買ってそのまま使えるのが当たり前だと思うのですが、、

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-18 02:58 | レザークラフト工具

日本革工芸展入選しました(^_^)v

こんにちは。

ここ数日根を詰めすぎた作業のせいで寝込んでおりました。正直いまも身体が悲鳴をあげております。

我ながら体力、精神力のなさには情けないものをかんじます。休んでいても身体のほうがなかなか復活しなくて限界を感じて先日鍼治療にいって少し元気を取り戻して荒れに荒れた工房の掃除をしているところです。
上手く休むというのがどうもできない人間です。

お仕事の方は明日から徐々に再開しようと思います。
オーダーなどお待たせして大変申し訳ありませんでした(>_<)

本題です。今回の日本革工芸の出品は間違えなく入選はないと思っていましたが入選しました!
a0228364_16510549.jpg

本当は結果をみるまで、、
なんでもっと早く作らなかったのだろうか?と後悔ばかりしていました。自分で気付いている問題点を直さないまま出品した事に対しての罪悪感です。ここ数日こんな事ばかり考えていました。
オーダーなどの作業に没頭していればここまで悩まなかったかもしれません。寝込んでいたから余計な事ばかり考えていたんだと思います。

出品した作品はこんな感じのダレスバッグでした。
a0228364_14542977.jpg

a0228364_14542962.jpg

a0228364_14542944.jpg

a0228364_14543036.jpg
今までこんな感じの作品は作った事がありません。
唐草も極力避けました。側面のフラワーカービングも規則的なツルの流れがないと思います。それが原因なのか?非常に不自然な感じです。

見たくれはまだ良いのですが、実使用にストレスを感じる作品です。
バッグですからもちろん飾り物を作った訳ではありません。かと言ってデザイン的に僕が実際に使うか?と言われたら使わないと思います。だから実質的には飾り物なのかもしれません。
着物に合うのかな?とは思いますが、僕は着物を着るようなオシャレさんじゃありません(笑)

今回の作品の製作にあたって決めていたのは「日本」にこだわる事でした。作品名は「和」です。
作品名は嫁がつけました。

工具、材料、染料など全て日本製です(金具も日本製を選んだんですがもしかしたら中国製混ざってるかもですね、、最近僕もわからないです。)。
革はほとんどがヌメ革で手染め、裏貼りはアメ豚と言った感じです。全てレザーメイトさとうさん、ひまわりさんで購入した革です。

仕立てや染色も日本の方法で行ったら自然と日本っぽくなりました。こういうのっておもしろいな、、と感じます。

作業はまず仮の型紙、トコ革での試作作りからでした。
可能な箇所は全てミシンで縫いです。
a0228364_14543006.jpg

なんとか形にしてここから微調整をかけて型紙を作り直しです。
寸法が合わない箇所や途中で浮かんだデザインなどはトコ革なのでダイレクトに書きこみます。
実験でレザーバーニングを、
a0228364_15122659.jpg

色鉛筆で塗り絵です。
a0228364_14543098.jpg

本当はこういう発色を出したかったのですがオレンジ色がピンクになってしまったり、黄色だけ異常に発色が良かったりと、、イメージどおりにはいきませんでした。
染色はこういうことが多いです。あらゆる技法のなかで1番難しく感じます。

ダレスバッグはまともに作った事がないです(1回作りましたがダレスバッグと呼んで良いのか?という感じの作品です。)。
ダレスバッグの持ち手のところは初めてです。
当初、この作り方はやめようかと思っていました。作る前からどう見ても難易度は高いと思っていたのでσ(^_^;)
でも頑張ってみました。これだけで1日かかったと思います。
思っていたとおりかなり難易度が高いです。
革を曲げたり伸ばしたりって難しいです。

この持ち手に関しては初めてにしては上出来だと思います♪
a0228364_14543081.jpg

a0228364_14543183.jpg

a0228364_14543173.jpg

芯を作るのが結構大変でしたがカンナが大活躍しましたよ。
a0228364_14543119.jpg

今回のカービングはシェリダンスタイルカービングではないのでツーリングレザーに拘る必要もなかったのでヌメ革をチョイスしました。染色の際も素直な色がでると思ってのチョイスでした。
a0228364_15043286.jpg

あと芯材まで漉くというしんどい作業、、
a0228364_15043296.jpg

こういう細かな漉きは革包丁です。5本くらい用意していたのですが切れ味が途中で全滅したのでなんとか研いでみました。
時間がなかったので回転式の研ぎ機です。
a0228364_15043345.jpg

#6000番にも関わらず思った以上に削れてしまいました。初めて使ったので力加減がわからなかったんだと思います。
物凄く楽に研げますよ。
a0228364_15043388.jpg

裏があまり綺麗にでませんでしたが刃をつける事はできました。ただ、切れ味が一時的なんです。なんでだろう?
やすらぎ工房さんに持って行って直してもらいますσ(^_^;)

レザークラフトを始めて7年になりますがこういうコンンテストで結果を出せたのは初めてです。やはり嬉しいです。

頑張って良かったです♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-04-14 17:13 | コンテスト

日本革工芸展の作品作り♪間に合うのか?

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年もコンテスト頑張ろうと思っています♪

去年のワールドレザーデビューは締め切りギリギリのところでその存在を知って急ピッチで出品したので今年は腰をすえて大きいのを作ろうと思います。
今年は日本革工芸展、ワールドレザーデビューのほうに出品しようと思っています。

日本革工芸展は6月、ワールドレザーデビューは5月だからまずはワールドレザーデビューの作品が先だな!とずっと思っていました。

火傷した指の完治まで待ってくださっていたミドルウォレットをやっと完成させることができホッと一息ついて、明日はオーダーの打ち合わせだから工房掃除しよう!と色々整理していたら日本革工芸展のパンフレットがでてきました。
何気なく眺めていたら、、

搬入が4月11日!?しかも郵送だと5日まで!?
で今日は3月30日(笑)
a0228364_02031873.jpg
マジですか、、どう考えても間に合わない、、少なくとも3日に送らなきゃだから、4日しかない(笑)
いざって時は東京に住んでる親に搬入に行ってもらうとしてもあと1週間σ(^_^;)

とりあえず1回決めた事なので来年に持ち越したくないです。
という事で今日から作業始めました。
a0228364_02031874.jpg

作るものはすでに決めていたとはいえ一発で作れる自信がなかったので床革で試作を!
こういう時ミシン助かる(>_<)

試作は完成しました♪

ということでしばらく工房にこもります。
多分燃え尽きるでしょうが、初出品として恥ずかしくない作品を作ります!

オーダーの方は本当に申し訳ないです。連絡を入れさせて頂いて納期少し伸ばして頂きましたσ(^_^;)

僕の都合にもかかわらず応援くださりありがとうございます。がんばります(^_^)v


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-31 02:15 | コンテスト



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能アイテムをお安く提供させて頂いております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>にゃんぴーさん C賞..
by tkanno4649 at 15:36
> MoToMさん ブ..
by tkanno4649 at 17:57
何時も更新楽しみに拝見し..
by MoToM at 17:54
> K-ta6さん お..
by tkanno4649 at 15:32
> itaさん はじめ..
by tkanno4649 at 15:30
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。