俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:シェリダンスタイルカービング ( 163 ) タグの人気記事

2016 WORLD LEATHER DEBUTの作品奇跡的に帰ってきました!富士鞄工房レザークラフト教室!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

オーダーメイド、教室、講習会参加など色々と忙しくブログを更新できずにいます。メールの返信も遅れ気味です。大変申し訳ないです。

ネタがたまる一方なので少しずつ更新していこうと思います(^_^)v
↑何年も前から言ってるような気がします(笑)

ご心配をおかけした、2016 WORLD LEATHER DEBUTに出品したホルスターの件です。
なぜかマレーシア経由で帰ってきました!
出品してから約3ヶ月かかりました。
a0228364_13393130.jpg


良いお知らせができて嬉しいです!

どうやら船便に紛れてしまったようで今もレザークラフターズ&サドラージャーナルのマネージャーとともに調査中です。
まだ必要とするやりとりがあるのですが、無事に帰ってきた事でやっとコンテストが終わった、、長かった、、と緊張の糸が切れたのか?酷い脱力しておりますσ(^_^;)
きっと3ヶ月間の緊張は僕自身が感じる以上の物があったのだと思います。。
ホルスターが届いたその日に教室に参加してくださったOさんは数年ぶりの再会でした。これも凄く嬉しかったです♪

細かな事も書きたいのですが、これは後ほどでまずは第一報と思います。
協力してくださった皆様、親身になって心配してくださった皆様本当にありがとうございました(>_<)

今年はRunner Up (準優勝)です。次回はWenner になれるよう頑張ります(^_^)v

続きまして、先日は宮城県気仙沼市で開催された富士鞄工房藤本昌悟さんのレザークラフト教室に参加してきました。
a0228364_13462462.jpg
製作したのは通帳ケースです♪
a0228364_13583306.jpg

a0228364_13583331.jpg


革もリスシオを思わせる風合いにプルアップと非常に興味がある革です。
どこの革なんだろう?聞いたような気がしますが忘れてしまいました(笑)

会場の気仙沼市は初めていきました。
震災から5年以上経っておりますが、津波の爪痕が未だに残っている状況に目がくらむ思いでした。
会場の建物に書かれている津波浸水深、、
2回の教室会場に到達する高さです。。
a0228364_13481130.jpg
あまりの高さを目の当たりにすると想像すらできません。。
僕が住む福島市も復興したとは感じられません。全体的に言っても復興しているなんて感じられないのが僕の思いです。
ただ、皆さん頑張ってるのは肌身で感じる事ができました。
こういう事を感じられたので参加してとても良かったと思います。
熊本地震も脳裏によぎりました。未だに予断を許さない状況なんだと思うのですが、こちらではニュースなどでほとんど報道されません。
僕はニュースなんてほとんど信用していないです。頑張って欲しい、、なんていえないです。限界まで頑張っているはずですから、、
少なくとも僕は絶対忘れていませんので陰ながらできる範囲ではありますが継続支援を続けていきます。

明日は僕の工房でレザークラフト教室です。
とろける様な暑さに体力も精神力も奪われていきますが仕事がいっぱいあるのは贅沢な悩みですね♪

続きまして
オーダーメイドで作らせて頂いたジープをモチーフにしたオーダー主様拘りのスマホケース♪
a0228364_14141541.jpg

a0228364_14141632.jpg


S様から頂いた写真です。
先日日光浴させたとの事で、この状態からどのような変化をしたのか?楽しみです(^_^)v
a0228364_14111352.jpg

とても気に入って頂けたようで安心しました。
いつも全力で作りますが、僕のかっこいい=お客様のかっこいい、ではないとつい考えがちな僕はいつでも喜びの声を聞くまで心配で心配でなりませんσ(^_^;)

励みになります!暑さに負けず頑張ります!!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-08-01 14:19 | コンテスト

第34回日本革工芸展を終えて♪

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

僕は6月9日の午後だけ会場係のお手伝いをさせて頂きました。
a0228364_14532211.jpg

a0228364_14532327.jpg

a0228364_14532370.jpg

a0228364_14532439.jpg

なんか全体的にオシャレです。

会場内は写真撮影禁止なので会場風景の写真はありません。なので本当は会場でお会いした方々と一緒に写真撮らせて頂きたいと思っていたのですがそれができず残念でしたσ(^_^;)
話に夢中でそれどころではなかったというのもありますが、遠方から足を運んでくださった僕のお客様、いつもお世話になっているレザークラフト専門店ひまわりの店員さん、レザーメイトさとうの社長さん、ZIT TOOLの社長さん、名前は知っていたけど初めてお会いしたら方々、講習会でご一緒させていただいたもののなかなか話ができなかった方々、、本当は一緒に写真撮りたかったです。
お会いはできなかったですが、クラムジーライフさんも忙しい合間を縫って作品を見にきてくださりました。
皆さんありがとうございました(^_^)v

お客様のI様からは以前ご購入頂いたロングウォレットを見せて頂きました♪
エイジングをみると嬉しくなりますよね。
a0228364_14071948.jpg

写真を送ってくださる事はあっても、直で見させていただく機会はなかなかないです。

工芸展の作品については写真を撮れない、、というのが逆に良かったと思っています。その分必死で目に焼き付けるようにみますからね。
会場の雰囲気、照明、多くの方の作品と一緒に並べられた状態で見る自分の作品は当たり前ですが、自宅で見た自分の作品とは全く違う印象を受けましたよ♪
やはり直接自分の目で見て感じる事が大切なんだと思います。
この工芸展の作品は図録で見る事ができます。レザークラフト専門店に問い合わせれば?若しくは日本革工芸展のホームページから問い合わせれば購入できると思います。
僕の写真だけ掲載します。
a0228364_13114001.jpg

a0228364_13114158.jpg

皆さんの力作が掲載されております。よろしければご購入して頂きたいです。次回の日本革工芸展に出品を考えていらっしゃる方の参考にもなると思います。

僕がイメージしていた日本革工芸展の作品は芸術色の高い。この作品は本当に革でできているのか?だれも真似できない技法の作品でなければいけないのか?でした。
確かにこういう作品が多かったです。
参考書だとこれが一番近いイメージでした。
a0228364_13294002.jpg

ちなみにこの参考書で紹介されていた先生方は会場にいらっしゃりました。
参考書をみて作ってはみたけど失敗した事を伝えると快く教えてくださりました。

と、こういうイメージが先行しますが実際はそんな事もなかったです。
僕もよく作るような作品、、例えばシェリダンスタイルカービングが施されているロングウォレット、カバン、メディスンバッグなども入選作品として展示されていました。
なので僕が思っていたほど間口の狭い工芸展ではありませんでしたので皆さんにも是非気軽に参加して頂きたいですね。今回は初出品の方が多かったようです♪

また、第二会場も設けられていて、こちらはどちらかというと僕のような人にとって馴染みやすい作品が並べられた会場があるのは嬉しかったです。アメリカのコンテストで賞を取った作品を間近で見れました。やっぱり写真とは違うな、、と思いました。
ますますアメリカに行きたくなるばかりでした(笑)

日本革工芸展の一番の目的は革工芸の発展と革という素材の魅力を皆さんに知ってもらうことだと思います。
もっともっとレザークラフト熱が広がって欲しいなと思います(^_^)v

作品が入選して熊本からきていたTさん。いっぱい話をしましたが、工芸展の作品の中で一番の新しい風だと思いました。お互い頑張りましょうね(^_^)v

工芸展の後に授賞式がありました。
賞状の受け渡しだけではなく審査員の方々の講評もありましたが物作りの核心に迫るような深い話で僕には難しくて理解できない崇高なものでした。多分あと30年くらい頑張れば自然とわかるものなのだと思います。
いや、多分一生分からないと思います。

歴史ある工芸展、それを長年支えてきた先生方の元で次世代を担う方々の頑張りも感じました(僕なんかよりずっとキャリアはありますが、)。

皆さんもご存じだとは思います。Soul Leather(革魂)の大竹正博さん。日本革工芸展はもちろんアメリカのコンテストでも1番をとる実力者です。
工芸展の準備から始まり全てに尽力された筈です。パワーありますねσ(^_^;)
a0228364_14071988.jpg

この日のために事前に氷室京介のライブに行ってマイクパフォーマンスを盗んできたという噂を聞きました(嘘)
表彰式では司会進行役を務めるなど大役本当にご苦労様でした。

この後親睦会?飲み会があって名刺交換をしたのですが、あまりに多くの方と話をしたので名前と顔が一致しません。皆さんもきっとそうでしょう(笑)
a0228364_14071911.jpg


こんな感じで初日を終えました。

2日目は岡田明子さんの自宅にずっといました。
言わずと知れたシェリダンスタイルカービングの第一人者、本場では1番名の知れた日本人だと思います。
a0228364_14071936.jpg

そんな方を一日中独り占め♪
ずるいぞ〜との声が聞こえますがそりゃそうです(笑)
a0228364_14072017.jpg

自撮りができない(笑)

過去のコンテスト受賞作品がダンボールに入ったままで飾ったりはしていませんでした。僕もなんでなんとなくわかります(笑)

先日の疲れがなかなか抜けずそれを気遣ってくださり、ご自宅でボケ〜っとさせて頂いたり、ご飯作ってくださったり、作品を触らせて頂いたり、工房を見せてくださったりと、、
それで夕方は岡田さんの教室の見学もさせて頂きました。まぁ、見学なんてできるわけないので僕も参加した感じです(笑)
ここでも、初対面だけど僕のブログ読んでくださっている方がいらっしゃりました。
よくある事なんですがやっぱり嬉しいです。また機会がありましたらよろしくお願いします(^_^)v

そして、最終日は五助屋レザーさんの工房にお邪魔しました♪
岡田さんに車運転させて一緒に行くという失礼(笑)
a0228364_14072075.jpg

噂の恐怖の階段は降りるときが恐怖です。
a0228364_14152581.jpg

階段じゃなくて梯子だと思います(笑)

メールや電話は何年も前からしていましたが、実はお会いするの初めてです。
やっぱり初めてお会いした感じはしなかったです。到着とともにお互いマシンガントーク。お互い時間を忘れてお昼を大幅に過ぎて地元の美味しいラーメンをご馳走になりました♪
a0228364_14152655.jpg

五助屋レザーさんは半分も写ってない(笑)

キーケースくらいは作れるかな?といってもらった端切れはキーケースなんて作りません(笑)
a0228364_14452964.jpg

ミシンでダカダカと、
a0228364_14452985.jpg

お財布作る予定です♪
a0228364_14452900.jpg

それぞれのエイジングを楽しみたいです(^_^)v

帰りは僕の疲れを気遣ってください町田まで送ってくださり1番楽な方法で帰りました。
a0228364_14152682.jpg

なにからなにまですいませんσ(^_^;)

まぁ、、濃い数日でした。お会いした方々、、みんなが羨むのもよく分かります。僕自身もそう思いますから。。

工芸展の前になりますが、刃物の館やすらぎ工房の若大将と僕の教室の生徒さんが祝勝会を開催してくださいました。
a0228364_14453016.jpg

財布を並べました。
a0228364_14453103.jpg

まぁ、普通こんな感じですよね。にも関わらず生徒さんは高級ブランド品の財布でした。ダメです(笑)
教室で作りましょうね♪

人に支えられているんだな、、といつも思います。
人との繋がりが広がるのは頑張れている証拠であるとも思っています。
僕は僕自身が頑張る事でしか恩返しができないです。それ以外はわかりません。
最近の疲れはレザークラフトを始めてまだ7年と経験が浅いのをどうにかしようと背伸びしているのも一つの原因だと思います。
もうちょっとスローペースでいきたいのですが、オーダーメイドもここ数年途切れた事はありませんし、生徒さんも増えてきました。また生活もあるのでなかなか休めませんが贅沢な悩みだと思います。
甘えてばかりはいられませんが疲れたらまた遊びにいかせてください。
疲れ果ててレザークラフトが嫌いになったら元も子もありません。
皆さんこれからもよろしくお願いします(^_^)v

おまけ♪
ハクバースの刻印6本買いました。
a0228364_14483273.jpg

嫁に、面白いね。。と言われました。
模様が面白いんじゃなくて、この財政難でこんなものこっそり買うその姿勢が面白いのかもしれないです(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-06-14 15:48 | コンテスト

旅♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

2016年6月6日、666だから多分今日は悪魔の日だ♪
ちなみに嫁の友達の誕生日です。
Happy birthday\(^o^)/

そして今日は飲み会です♪

連続のコンテストの出品で滞っていたオーダーメイドがあと2つになりました。
フルオーダーでブログアップできない作品も増えてきましたが、ベルトだけ♪
a0228364_02065944.jpg

トラディショナル?アリゾナ?というスタイルなのでしょうか?わからないですがダイナミックな図案です。
本当はツルのところなんて思っ切りカモフラージュを使うんですがあまり使いませんでした。
シェリダンスタイルカービングの場合、カモフラージュは飾り程度だと思います。使いこなせない刻印の一つでもありますσ(^_^;)

作業中鉄粉がついて黒くなりました。。
a0228364_02070003.jpg

となりに金属加工の作業場があるから当たり前です(笑)
a0228364_02070082.jpg

鉄粉はやはり避けたいところなんですが、どんなに気を付けてもダメな時はダメです。

でも、シュウ酸つければ消えるの分かっていると安心できます。年々漢字を忘れていきます(笑)
a0228364_02070073.jpg

こんな感じに消えます♪
a0228364_02070162.jpg


6月9日から東京、神奈川に2泊3日の自分探しの旅に出てきます。
多分旅にでても自分は見つからないです。取り返しがつかないほど我を見失ってますから(笑)
革関係の旅なので得るものが多い旅になると思います!

なんですが、WORLD LEATHER DEBUT に出品したホルスターはもっとすごい旅をしてます。
こっちは一ヶ月くらいの長旅になるでしょう、、

アメリカ横断の勢いで今アメリカの真ん中あたりウィスコンシン州のオシュコシュというところにいます。

学校の地理で習った記憶もない場所です(笑)
いつ到着でも良いのでいっそのこと世界一周してきて欲しいです。

旅の記録を書いてみたらすごい感じです。
こんな感じになってしまった原因も参考になれば、、と書いてみます。

行き
郵送方法:EMS(国際スピード郵便)

福島県福島市(2016/6/12)

同県郡山市(6/13)

東京都税関(6/13)
税関パス(6/13)

東京都国際郵便局(6/13)

カリフォルニア州ロサンゼルス税関(6/13)
税関パス(6/15)

同州ロサンゼルス国際郵便局(6/15)

コロラド州デンバー(6/17)

ワイオミング州シャイアン(6/17)

同州キャスパー(6/17)

同州シェリダン(6/18)

到着(2016/6/18)
到着まで7日、6/19日必着なので前日ギリギリでした。

ロッキーマウンテントレードショー(ワールドレザーデビュー)
6/19〜22

帰り
郵送方法:USPSプライオリーメール(アメリカの郵便局)

ワイオミング州シェリダン(2016/6/22)*ここから返送完了までの日が追跡できませんでした。

同州キャスパー

同州シャイアン

コロラド州デンバー

カリフォルニア州ロサンゼルス国際郵便局

同州ロサンゼルス税関

税関でストップ&返送

同州ロサンゼルス国際郵便局

コロラド州デンバー

ワイオミング州シャイアン

同州キャスパー

同州シェリダン

ウィスコンシン州ラインランダー(レザークラフターズ&サドラージャーナル)へ返送
*帰りの便発送から返送まで12日間

再送(6/2)

同州オシュコシュ

多分トラックor飛行機の中?(2016/6/6)

できれば帰りは西側のロサンゼルス方向じゃなくて、よく分からないけど東側のトロントとかから帰ってきて欲しい。そしたらアメリカ横断みたいな感じになる。

こうなった原因

1 土日の荷物の動きがあまりないように感じる(追跡していてなんとなくですが、、)
2 税関をどのくらいの日数で通過するか?わからない。税関職員の判断なので運もあると思う。
3 保険を高くかけ過ぎたため税関でストップ&リターン
4 アメリカに入ってからの荷物の中継が凄い
5 日本のホームページ(日本の郵便局)で配達日数を調べたら4日で到着する予定が実際は7日、、などとあてにならない(去年は4日で届きました。帰りも6日で帰ってきました。)。


伝票の品物名に売り物ではないことを表記するのも考えた方が良いです(例えばギフト、コンテスト出品作品、個人で使用するものなど)。革製品は高級品扱いされるらしいです。自分で作ってるとそこまで高級とは思いませんがお客様の側からすると高級品です。←これは忘れない様にしたいです。


EMS(国際スピード郵便)の保険に関しては日本の郵便局で商品価格を20万以上にすると関税がかかる?税関でとまる?と説明を受けて19万8千円にしました。
a0228364_17434617.jpg
二重線で消したので無事通過するのか?凄く心配でしたが日本の税関は全く問題なくパスしました。
なので福島県福島市からロサンゼルスに着くまでは2日でした。
ロサンゼルスに着いてからは税関で2日、これもスムーズでした。

帰りについては税関でどれくらい止まったか不明ですが帰りの便発送から返送まで12日かかりました。
レザークラフター&サドラージャーナルからのメール内容では帰りの保険金が高くて税関で引っかかったらしいです。僕は$3,000.00の保険をかけていたんですが、$2,500.00以上だと税関で止まるとの事、、$2,4900.00にして欲しいとのことだったのですが、$2,000.00しました。よく考えたら紛失して保険金もらったって作品自体は帰ってこないんだから保険なんて関係ないや、、と思いました。来年は$1,000.00くらいにします。
6/2の再発送から現在4日目です。1回返送されたので当然ここからも送料が発生しました。
行き4,000円、帰り1回目$40.00、帰り2回目$85.80、、適当に計算しても送料だけで2万円です。

ちなみに賞金は$250.00なのでだいたい2万7千円、、ほぼ送料で消えます。
それで今賞金の受け取り手段がなくなってしまい受け取れない状態です(笑)
PayPal(ビジネスアカウント)かアメリカの銀行への振込みの2択で僕はPayPalのパーソナルアカウントしかないので先方と協議中です。英語の勉強になります。

以上なんですが、僕はラッキーなんですよ。
なんでかというと行き帰りの状況が逆だったらコンテストに間に合わなかったんです。
良い作品を作るのは気合いでなんとかなりますが、荷物が無事に届くかどうか?は半分運です。
ただ、僕が今回書いた配送の経過、保険金、税関の問題など次回参加される方の参考になれば、、と思って書いてみました。色々書いておいてなんなんですが、完璧な方法なんてないような感じがします。

こう考えると日本の運送会社って凄く優秀なんだと思います。

東京、神奈川に遊びにいく時は作品もっていこうと思ったのですがちょっと無理そうです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-06-06 18:18 | コンテスト

2016 WORLD LEATHER DEBUT2位でした!!

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

珍しく朝の更新です。
去年は特に結果を出せなかったので実はかなり悔しい思いをしていました。。だから今年こそは!と全力を出しました。いつも全力なんですけどねσ(^_^;)

3位以内に入れず結果出せなかったらレザークラフトやめてしまおうか、、と考えるほどの勢いで作っていたので結果を知るまでの間はストレスで胃がいたかったです。

現地シェリダンで写真を撮ってくださったのでその写真拝借させて頂きます♪
ちなみに写真撮って下さった方も3位でした(^_^)v
a0228364_07290131.jpg


S&W M29 44 マグナムようのホルスター、ベルトとバックのセットです♪
去年も思いましたが現地で写っている写真は嬉しいです。今この作品はシェリダンにいるんですね♪

出品前に撮った写真です。
a0228364_07400096.jpg

a0228364_07400066.jpg

a0228364_07400073.jpg
作品完成後に押した屋号刻印♪
五助屋レザーさんのアクリル刻印とALL-2000で押しました。
以前の打刻タイプの屋号刻印だったら押さなかったと思います。
間違えて上下逆さまに打っちゃったり打ちミスする可能性大ですからね(笑)

a0228364_07400035.jpg

a0228364_07400169.jpg

a0228364_07400196.jpg

a0228364_07400124.jpg

a0228364_07400176.jpg

a0228364_07400146.jpg

a0228364_07400234.jpg


途中経過を全く公開しなかったので今回のブログは製作過程の写真をずらっと並べたブログにしようと思います(^_^)v

新戦力のジオメトリックとボーダーをフル活用しました。

まずは細かいパーツから。
a0228364_07344078.jpg

バックのカービング。フラワーセンターはALL-2000に完全移行してます。
a0228364_08495786.jpg

こんなに綺麗に打てるんですよ!凄いですよね!

a0228364_07465829.jpg

a0228364_07465966.jpg

a0228364_07465984.jpg

a0228364_07465988.jpg

で、バックは完成です。
a0228364_07465964.jpg

a0228364_07470041.jpg

a0228364_07470036.jpg

a0228364_07470044.jpg

a0228364_07470092.jpg


次はホルスターです。
裏表斜めステッチにするのがなかなか大変な作業でしたσ(^_^;)
この形の型紙作るのが大変で何回も試作しました。ケース類は作り終えたあと、入らないんですけど、、という恐怖がたまにあります(笑)
a0228364_07470196.jpg

裏表斜めステッチです♪
a0228364_08495703.jpg


a0228364_08495778.jpg

a0228364_08495819.jpg


a0228364_07590155.jpg

a0228364_08495861.jpg


a0228364_07590227.jpg

とりあえず入って一安心して(笑)


つぎにベルトです。
とにかく手縫いの距離が長かったです、、まぁ、僕のウエストにあわせたからなんですが(笑)
まずは試作です。
a0228364_07590263.jpg

ミシンでダカダカと形だけ作りました。最近では本当にミシンの出番増えました♪
a0228364_07590301.jpg

全てのパーツ、漉きが可能なところは全て入れました。
やっぱりフロンティアの押し捻は信頼感が強いので安心して使えます(^_^)v
a0228364_07590343.jpg

a0228364_07590304.jpg

a0228364_07590458.jpg

ベルトも漉きをいれています。
ZIT TOOLSさんの革漉き機は信頼感があるので失敗したらどうしよう、、という恐怖感はないです。
a0228364_08315425.jpg


a0228364_07590456.jpg

裏貼りはスエードを使いました。Clumsy Lifeさん助かりました!
a0228364_07590465.jpg

a0228364_08131290.jpg


この段階で足りない金具がある事に気付いてLL TOOLSさんに無理を言って早急に送ってもらいました。
朝一で無事に届いて本当に助かりました(>_<)
いつもありがとうございます!
a0228364_14154189.jpg


やすらぎ工房さんのラウンドナイフとヘッドナイフもフル活用です♪
ハーマンオークツーリングレザーの原厚は革包丁だとしんどく感じますσ(^_^;)
a0228364_08131229.jpg

完璧な鏡面だからこんなカットをしていると毎回見惚れてしまいます。もちろんナイフの方ですよ(笑)
a0228364_08131319.jpg

荒れた工房で失礼σ(^_^;)
手縫い本当に大変でした。。
a0228364_08131396.jpg


とこんな感じの製作でした。

ギリギリまで何を作ろうか迷ってこれを11日で作ったのだからそりゃ燃え尽きますよねσ(^_^;)
思い起こせば去年の夏にはもう決めていたのに、、(笑)
a0228364_08550602.jpg

去年の夏の写真(笑)

今回使った刻印です。
Mさん!いっぱい活用させて頂きましたよ(^_^)v
a0228364_08131377.jpg

毎回ですが、色んな種類の刻印を使い分けてどのような感じの印象になるのか?をいっぱい実験しました。
たとえばいつもはメッシュ入りのベベラのところをプレーンに変えたりと♪

こんな感じでした。

こう振り返ってみると多くの安心して使える工具、それを販売してくださっている方々、また応援してくださっている方々、オーダーの遅れを快く承諾してくださったうえ応援してくださった皆様に感謝です。
本当にありがとうございます(^_^)v

さぁ!これからオーダーのほう頑張ります!
今日はこの喜びに浸っていようと思います。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-05-21 08:34 | コンテスト

2016 WORLD LEATHER DEBUT 作品完成!発送しました(^_^)v

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

完成後の燃え尽き+異常な暑さでダウンしておりますσ(^_^;)

5月1日から作り始めて5月12日に完成です。11日間で作りあげたんですね、、いつもながらギリギリです。2016 WORLD LEATHER DEBUT 発送しましたよ。

多分結果は20日過ぎに発表されると思うので作品はその時がきたら公開しようと思いますが、チラ見せを♪
a0228364_15300180.jpg

唐草の中をさりげなくネコを歩かせようと思ったら、全体的に物凄く可愛らしくなってしまいました。
ネコ恐るべし(笑)

あとはシェリダンに無事に届くのを祈るのみです。
a0228364_15351686.jpg

これから到着まで毎日荷物の追跡をすると思います。頼むから届いて欲しい(笑)

作品の方は3位以内に入らなかったら真剣に落ち込むくらい力を注ぎました。

しばらくは色んな事にドキドキする毎日だと思います。

今日は手短に♪
よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-05-13 15:39 | コンテスト

2016 WORLD LEATHER DEBUT 申し込みました!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

日本革工芸の出品を終え思いの外体力を奪われてしまったので今年はどうしようか?と悩んだのですが、2016 WORLD LEATHER DEBUT の出品のほう今日申し込みました。
僕は有言実行じゃないと行動しないんですσ(^_^;)

シェリダンで開催されるコンテストです♪
本当は現地に行きたいのですが、今年は決定的な予算不足です、、
儲かっていないのです。だれか土地とかくれる人いないか?とか宝くじ当たらないかな?などといつも思ってます(笑)
a0228364_00055258.jpg

去年も出品したので内容的には多分大丈夫です♪
去年は随分と間違えたのですが、現地の担当者の方から色々とアドバイスを頂きました。

「工房からのお知らせです。」
教室など誠に勝手ながら5月15日までお休みを頂く事にさせて頂きました。
オーダーメイドの方もやはりスピード感がでないような感じになってしまうと思いますが進めさせて頂きます。
私事で申し訳ありません。
ご迷惑おかけいたしますm(_ _)m

あとは作品を作って送るだけです。
今日30分の1くらい終わりました(笑)
ギリギリにならないと動かない人間ですσ(^_^;)

それより申し込みのメールは無事に届いたのだろうか、、こういうのは去年もドキドキしました(笑)

何を作ろうか?というのも迷ったのですが、よく考えたら去年のWORLD LEATHER DEBUTが終わったあと既に決めていました。それを忘れていました、、

とりあえずは日本革工芸よりは切羽詰まった感じがないのでじっくり納得の行くものを作ろうと思います(^_^)v

今日から僕の戦力となったこいつらと頑張ります!
a0228364_00123402.jpg


おまけ♪
Life Tools Studio NOLAさんとのコラボ計画を着々と進めております。
面白いことしますよ♪

a0228364_00055227.jpg


あと、NOLA氏はいつも僕に「OEMを受けたい!どうしたら良いの?」と聞いてきます。
僕はOEMを受けた事がないので当然知らないです。どうやって受けるのかも知りません。僕はどう考えてもOEM向きではないです。なので振りますσ(^_^;)

NOLA氏はバイカーズアイテム中心でカービング、染色もできるオールマイティーです。

業者さんの中でもしOEMのお話がありましたら是非NOLA氏にご連絡ください♪
彼にお仕事を与えてあげてくださいm(_ _)m
Life Tools Studio NOLAホームページ
イベント中心の対面販売中心なのでネットにもうとくブログはほとんど更新しないしホームページも適当な感じですが、ネット仕事が少ない分僕より常に手が動いている感じです。
おしゃれにインスタやってるのは生意気に感じます(失礼)

本当に丁寧な仕事してくれますよ(^_^)v

そうだ!イタリアの革も買いましたよ♪
a0228364_00210498.jpg

a0228364_00210569.jpg

N◯LA氏に持たせました。
恥ずかしがり屋なので顔出しNGです(嘘)

とにかくひたすら手を動かします!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-05-01 00:24 | コンテスト

僕の目標はかなり大きなものです。

こんばんは。というかおはようございます。ですね。
夜に書き出して朝になってしまいました。

まずは僕がシェリダンスタイルカービングを始めるきっかけになった本の紹介を、、
a0228364_03551460.jpg

この本がきっかけなのは僕だけじゃないと思います。
この参考書にある様々なスタイルのカービングは全てやりましたが、1番好きになったのはシェリダンスタイルカービングでした。

そして今でも1番好きです。

この参考書は掲載されている図案が間違えているから図案の通りカービングすると参考書の通りカービングできません。
a0228364_03551515.jpg

裏面にも描いてありますが、この図案を素直にトレースするとカットラインを間違えます。
この図案を疑って手順の写真やカービングし終わった実際の作品の写真を注意深く見ながら図案を修正すると成功します。
あと、トラディショナルをしっかりやっている方はその間違えに気付くと思います。

これはシェリダンスタイルカービングのところに限りません。気付いた時は酷い参考書だな、、と思いました。
後に気付けたのは良かったです。

でも、シェリダンスタイルカービングを担当している職人さんはSK刻印、通常刻印を使用した手順を紹介しているので導入としてはありがたい参考書でした。
いきなりバリーキング刻印を使うように、とは書いてません。

この職人さんは普段はアメリカの刻印を使って作品を作っているはずです。表紙の作品がそうだから間違えないと思います。でも参考書のなかでは初心者の事を考えてコストパフォーマンスの良い刻印を使ってるくれています。
シェリダンスタイルカービングの間口は確実に広がったと思います。

数あるスタジオタックの参考書で唯一本のページが取れるくらい読み続けている参考書です。

こんな感じで始まったシェリダンスタイルカービング。

ブログのタイトルにもしてます。仮にシェリダンスタイルカービングが嫌いになってやらなくなったらその時点で終わるブログです。
6年近く続いているのは我ながら凄いな、、と思います。その間、トラディショナル、スツールマンスタイル、フィギュアなどもカービングしましたがやっぱりシェリダンスタイルカービングが一番好きです。

ここからの話はあんまり気分の良い話じゃないと思うのですが、話さず放置しては次の記事を気持ち良く書けないので手短に書きます。
自分なりに理解したことも書きます。
ブログは楽しく続けたいです。

短い文章ですが、また何か言われたらどうしよう、、と添削に添削を重ね、なるべく柔らか単語を選んで、でも意見ははっきり言おう、あと他人になるべく迷惑をかけないように、などと思い半日かけて書いた記事です。誤字脱字、ところどころおかしな文章あると思いますが悪意はありません。お許しください。

先日、僕が購入したツールラックとヤフオクで似ているツールラックが出ていた事について書いた投稿が炎上した件について、、

まず、この炎上によって浮かび上がってきたツールラック開発の裏話の真相を僕は知りません。
初めて聞いた事を真実も知らず一方の話しか聞いていない状態の僕が公平な立場で物事をいう事はできません。
また、僕は公平な立場で物事に善悪をつけれる人間ではありません。
あと、その話を聞いている時間と労力もありません。

貧乏暇無しです。働いても働いても休みなんかろくに取れないギリギリの生活です。たかが6年くらいでまともに生活できる訳がないです。決して上手くはいっていないです。
甘くはないですね、、分かってはいましたがそれ以上です。常に先行き不安です。

今回の件、僕としてはツールラックを一客としてお金をだして買ったのに、、このツールラック誕生の裏話、ドロドロした人間関係の暴露話を聞かされて非常に不快な気分です。
何年も前の話だったそうです。このまま知らなくても良い話でしたし、僕はこのツールラック開発の話について尋ねていません。強制的に聞かされました。そして聞かされてしまったがために新しいものを手にした時の嬉しさを奪われました。
作業台の上にあるとどうしても気になってしまって作業に集中というか、、作業台に座ることができなくなって、「どこか見えないところにしまおうか、、」「このツールラック捨ててしまおうか、、」とまで思いました。
なのでここ数日は教室とオーダーの打ち合わせ以外は工房の整理整頓をしていました。

でも、このツールラック自体には罪がないと思うのでやめました。
でもまだ作業できる感じではないです。気落ちしてるんです。

僕は工具がないと何もできない仕事をしているので工具への感謝の気持ちが強く、またその工具を作ってくださる方なしでは生きていけない。と思っています。

そんな工具を捨てる事ができません。工具に関しては知らずに買ってしまった中国製工具であろうと捨てた事はありません。壊れても捨てません。
すぐ壊れたという事実も経験の一つです。

今日届いた工具は職人仕様と説明があって、問屋さんから直送と言われたのでてっきり浅草あたりから届くのかと思っていたら、タイから届きました。
びっくりです。
a0228364_03551573.jpg

それでも問題なく使えれば良かったのですが、質は最悪で加工して直す事すらできないような工具でした。

ネットではこのように上から見た写真しかありませんでした。
a0228364_03551507.jpg

届いてみたら、写真に写っていない裏側はこんな感じでした。
a0228364_03551542.jpg

そんなに安いものでもありませんでした。
それで購入の履歴を辿って、こんな形状だったっけ?と確認しようとしたら、写真はすでに削除済みで確認のしようもない、、

こんなのは良くあります。知っていれば当然買いませんでした。

話脱線しました。こんな事があると記事にしたくなります。

フェイスブック上ではものつくり全般の大きな話に発展したので凄く曖昧な表現ですが、一つだけ理解しました。

「ものつくりという自由な活動を利権で縛ってはいけない。」

という事を僕だけでなく、みんなに伝えたかったのでしょうか?

もし、そうであれば僕も大いに賛成です。

ただし、最低限のモラルがあるという前提で、、
このモラルがない人々がいるから利権というものが存在するとも思っています。だから非常に難しい問題なんだと思います。とてもじゃないですが深くは語れません。

僕が実際に使ってみた工具について僕が感じた事を公に公開する事はやめないです。
あと、僕はお金をもらって工具のレビューなんてした事ないです。ここは誤解しないで欲しいです。

最終的には何を言いたいのだろう?という感じで、、

「お金と人を取るとしたらどちらをとります?」

なんていう究極の選択を迫られて僕は人と答えましたが、、

本当はどちらもです。ご飯食べられないと死にます。と考えながらも人をとっているから貧乏なんだと思います。

色々とありましたが、今までと変わらず色んな工具、革などを買って、色んな方法を実験したり、失敗したり、失敗を研究したりし続けようと思います。こんな楽しいことやめられませんし、失敗しても成功しても嬉しいのでだれかに伝えたいです。文章書くの好きなんです。

最後に、今回のツールラックに関わる話は今後一切しませんし、関わろうとも思いませんので今回の記事で終わりにします。
読んでくださった皆様ありがとうございます。

話は変わりまして僕の仕事について、

レザークラフトをはじめてからずっと思っていた事は、この楽しさを共有したい。同じ話題で盛り上がりたい。わかる事は全て答えたい。分からないと言いたくない。できないとは言いたくない。
そして、密かに思っていたのは「人に教える立場になりたい。」という事でした。

そして、昨年の3月に新しい工房に引越しをして教室を始めました。僕にしては珍しい不言実行です。

教室を開催するのに必要なのは自分自身が納得できる良い作品が作れることと十分な知識と経験だと思い、教室はそれからだ!と決めていました。

でも、それからだ!という時期がきませんでした。
4年は考え続けたと思います。
一生勉強なのだからそんな時期がくる訳がない。ただ単に覚悟がなかっただけなんだと思います。

「大した腕もないくせに人に教えるなんて100年早い。」

とかいう事を言われるのが怖かったんだと思います。

実際にやってみると意外と単純な事がわかりました。

「できない。」

という事です。

これは気付けて良かったです。最初からできる訳がないです。だから失敗なんていっぱいした方が良いんだと思えました。

あと、失敗して褒めてくれる。独学で身に付けた参考書には載っていない技法などを認めてくれた方の存在は大きいです。

僕が思うにその方は日本で一番レザークラフトに貢献されている方だと思います。
その根拠は技術はもちろんの事レザークラフトの繁栄に大きく貢献した人しかもらえない賞を持っているからです。

僕はその方と写真を撮りました。僕は歯を見てせ笑うといこうことが20年近くできていませんでした。嫁も始め僕の本当の笑顔を見たそうです。

もう一人、そんな方との出会いをくださった方がいて僕は一生かけて恩返ししたいと思っているんです。
その方はもしかしたらこの縁をくれたことを忘れてるかもしれませんが僕はこの忘れません。

僕ができる恩返しは僕自身が上達すること。
それ以外は思いつきません。

あと、僕は日本だけ見てる訳ではありません。世界を見ています。だからオールマイティーでありたいんです。
カービング、染色は当たり前の世界です。これができないとコンテストに出品することすらできない世界です。

僕の最大の目標はいつだって本場アメリカで認められる技量とレザークラフト界に貢献する事です。

じゃないと叶わない夢なんです。

自分でも馬鹿な夢だな。と思うのですがどうせなら世界で一番と馬鹿真面目に考えているんです。

最近では案外馬鹿げた話でもないな、、とも思っています。実際に動いてはいますからね。やってみなきゃわかりません。

今、僕はその準備で大事な時なんです。

今日はなんだか大きな話をしてみましたが、

「有言実行」です。

こんな事書いたの初めてだと思います。。嫁にすら滅多に話しないです。嫁は事情知っているのでこの話題にはふれません。あまりにもキツイ話なのです、、

過去に失ったものがとてつもなく大きいので、とてつもなく大きいものを手に入れてそれを埋めようとしているのかもしれません。考えると潰れそうになるのでなにかにのめり込む事で現実逃避しているのかもしれません。
これは直接あった方数人には話したことがあると思います。

目立てば気付いてくれるかな?なんていつも思ってます。

Handmade leather goods t.kanno
作家兼代表 菅野智宏


[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-24 05:02 | レザークラフト

僕のレザークラフトに対する一本の太い芯、邪道も時の流れでスタンダードな技法になることもある。あと世界をまたにかけるドッキリ。

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

花粉症キツイです(>_<)

かといっても仕事てんこ盛りなので頑張りますよ♪
ネーム入りキーホルダー300個、ミドルウォレットのオーダーメイド製作、ロディアカバー、あとBASEの在庫品製作。
ネットカートショッピングサイトのBASE出品のアイテムはなんとか革質を落とさず、その他のアイテム同様長期間使用可能、手縫い仕立てでありながら低価格アイテム作りを目標にしています。
低価格にできる秘密は「シンプルな構造です。」シンプルな構造にするとパーツの量が減るので製作スピードも上がります。秘密はこれだけです。

あと、1番の狙いは「一切手抜きなしの良質な本革をしようした作品を1度手にとって見て使ってその良さを分かって欲しいという事です。
それと、レザークラフトをこれから始めようという方の背中をちょっと押したいというのもあります。
だから商品購入してくださった方にはレザークラフトの技法などの質問を受けさせて頂いております。
これは安い商品、高い商品関係ありません。ブログでは答えづらい質問に対しても僕のわかる範囲内ではありますが自分なりに一生懸命お答えさせて頂いております。

在庫の方はロディアカバー2つとロングウォレット1つを追加させて頂きました。

アメリカンオイルレザー、ヌメ革使用のトラッカーロングウォレット
a0228364_16054921.jpg

ベルギーレザーのルガトショルダー(オレンジ)を使用したロディアカバー
トラと透き通るような透明感が魅力の革ですがこんな激しいトラはなかなかの希少部位だと思います。自分用にしたいくらいです(笑)
a0228364_16154676.jpg

イタリアンレザーのエルバマット(ナチュラル)を使用したロディアカバー
a0228364_19164675.jpg


その名の通りオイルたっぷりのマットな質感で銀面は爪で引っ掻いたくらいの傷は指で撫でたり気にせず使用していれば消えていく銀面の再生力も魅力です。

この3点はカートショッピングサイトHandmade leather goods t.kanno on theBASEにて販売しております。

よろしければご覧ください♪
在庫品で長期在庫になっているアイテムの値下げもしていますのでよろしければこの機会にお買い求め頂き楽しんで頂ければ幸いです。

あまり安売りすると革製品の価値そのものを下げてしまうようで同業者の方には申し訳ないと思うのですが、高価な革製品購入前のエントリーモデルになれば革製品の良さを体感してくださる事ができるのかな?と思っていますのでお許しくださいm(__)m

宣伝が長くなってしまいました。すいませんσ(^_^;)

本題に入ります。
僕のレザークラフトに対する一本の太い芯は、

「レザークラフトの間口を広げたい。」

というものです。

僕はレザークラフトを始める人が増えてくれる事しか考えていないです。
だから初心者の方がレザークラフトを始めやすい記事をいっぱい書いています。
僕がレザークラフトを始める際レザークラフトの専門店、ひまわりさんですね。正直敷居が高く感じて店舗に入るのがちょっとだけ怖かったです。
こういう敷居を少しでも下げたいです。

間口が広がれば革業界も活気がでると思いますし、質の良い工具を開発してくださるその道のプロの方も増えてくるはずと思っています。
そしたら作り手だって嬉しいはずですし、

あと、始めた方にはできれば長く続けて欲しいです。だからすぐに壊れてしまう安価な中国製工具を買わないで欲しいと思います。一番頭にくるのは粗悪品だと分かりながら中国製を売る日本人です。

だからと言って1万円以上する菱目打ちとかを買ってくださいというのではなく日本製の千円くらいで買える物を使って欲しいという事です。
粗悪な工具で物を作ればそれなりの作品しかつくれません。
最低限の工具で大丈夫です。

だから僕は初心者の方を騙して粗悪な商品を販売したりするひとに噛み付きます。徹底的に追い詰めます。
小次郎ツールはかなり頭にきたのでかなりしつこく追い込みました。結果やっとヤフオクから消えてくれました。他のショップサイトでも出品していないようです。
僕一人が頭にきていたのではないと思います。

それとその道のプロの方々が作ってくださる工具の形だけ真似て畑違いの人が専門的な知識なく安値勝負で気楽に販売するのも許せないです。
僕も作れる工具は自作したり加工したりしますが、畑違いで知識もないので自信を持ってお勧めして販売できるような工具は作れません。
だから僕は工具販売をしないんです。僕は各方面の職人さんを尊敬しています。知識もないのに畑を荒らすような事は絶対できないです。
あと工具販売をして俺が元祖だ!とかいうトラブルに巻き込まれたくない。。というのも大きいです。

ここで誤解がないように説明したい事があります。
まず先に僕は工具の話しかしてません。革製品の話はここでは一切しません。

木で作られている工具はその道のプロ、金属で作られている工具はその道のプロの方、そして作り手の意見を組み入れ作り出されている工具が良い工具だと思います。
販売する値打ちがある素晴らしい工具なんだと感じます。僕はそういう工具を作れません。

だからその道のプロ同士が切磋琢磨して競い合うのは、さらなる素晴らしい工具が生まれるきっかけになるからそれは素晴らしい事だと思います。

僕がよくパクリだ!と騒ぐ工具はそれ以外のものです。

微妙に似ている感じ、、でもその工具、、

レザークラフトメーカーのカタログ見ながら作ったでしょ?

ネットでだれかの画像ひろってそれを見て作ったでしょ?

人気工具が品薄状態であるのを認識して真似たもの作ったでしょ?

などと分かる工具などです。真似された工具職人さんはたまったものじゃないと思いますし、悔しく怒りの感情も湧き不愉快な思いもしているのでは?と思います。
自分で作って自分で使うとか、こっそり人にあげるとかは別に良いと思うんですが堂々とネット販売なんか始められちゃうと工具職人さんだって死活問題だと思うんです。違うのかな?これは余計なお世話なのだろうか?

もちろん僕が騒ぐのは僕自身が購入して持っていて実際に使っている工具のみです。持ってもいない工具の文句は言いません。

先ほども言いましたが僕は工具を作ってくださるその道の職人さんを尊敬しています。そんな尊敬している人の工具を劣化コピーして安値で販売する行為が許せないんです。

と、、僕はこういう考えなんです。

これは僕の考えだから賛否両論はあると思うのですが、僕がこういう劣化コピー品に対してパクリだ!とか色々騒いでいる最中、予想しなかった方向への不平不満が飛び火するとは思いませんでした。


僕が購入したツールラックとヤフオクで販売されていたその劣化コピーの安いツールラックについて、、
僕がFacebookで投稿した一枚の写真と一行の文章が発端でした。
僕としてはツールラックを1個買ってコメントを述べただけなんですが、、

まさか工具職人さん通しのトラブルに発展するとなんて。。。戦うとか、、なんでそんな話になったのか全くわかりません。
きっといままで表では言わないけど心のなかで蓄積された怒りがあったんだと思います。
工具職人さん通しの裏事情なんて全く知らないですから本当にびっくりしました。

なぜこんな感じになったのか深層はわかりませんが、、

「僕の発言に対しては僕にだけ矛先を向けてください。」

誰かに言わされている訳でもないですし、僕の意思で発言していますから。

「あと便乗して話を大きくしないでください。」

当たり前なんですが良かれと思ってやっている事でも人によっては迷惑な事だったり、予想もしなかった方向にに話が広がり多くの方に多大なる迷惑をかけることもあるんだな、、とつくづく思いました。

当然僕は全ての事情など知らないです、、あと全ての事情を知った上で何かを言おうと思うと何も言えなくなります。

ヤフオクなど見ているとやはり自分が高いお金だして買った物の劣化コピー品が妙に安く販売されていると文句も言いたくなるんですがやめようと思います。

初心者の方が変な工具掴まされない事を陰ながら祈る事にします。
それだけの理由で色々文句いってるんですけどね、、

やっぱり凹みますね、、話の論点は飛躍したものの皆さんの言っていることは間違えていないと思います。そして矛先が僕だけじゃないから反論もできないです。

話題はがらっと変わります。
先日フェイスブックでALL-2000でのカービングに関して、特にアメリカの方々から汚い言葉で大バッシングを浴びました。
このカービングです。
a0228364_17340661.jpg

下が手打ち、上がALL-2000です。

正直な事を言うとプレス機でカービングなんて邪道だと思いましたし、できる訳がない。と思いました。
でも、やってもないのにできないと決めつけるのは嫌だったので実践してみたところ、手打ちには及ばないですが可能でした。
伝統をやぶって新たな方法を取り入ればそれは賛否両論あるのも分かります。

ただ、ここでも一本の太い芯、
間口を広げたいというのも関係してきます。
レザークラフトをしている方のなかでカービングもされている方って少なく感じます。僕はコンコン刻印叩いても大丈夫な新しい工房に転居したのですがやはりアパート、マンション住まい、お子さんがおられる方などは夜中カービングしたくなっても迷惑をかけるからと我慢している方も多いと思います。仕立てであれば菱目パンチ、ルーレットを使って菱ギリなど周りに迷惑をかけずに製作可能なのにカービング、スタンピングは難しいというのは僕としてはカービング仲間が増えない原因ね一つなので悲しいです。
この問題を解決するには色々な方法があると思います。そしてそれは最初は邪道と認識される事もあると思います。邪道だろうが綺麗な作品ができれば問題ないと思います。
新しい技法が生まれるのには新しい工具も必要なだと思います。あっと驚く工具が生まれると嬉しいです。

公にして色々言われると嫌だな、、と工房に放置していたカービングですがALL-2000の開発者の五助屋レザーさんに送って、このくらいはできますよ。という参考に活用して頂く事にしました。
a0228364_17373272.jpg

五助屋工具店で紹介してくださいました。
こちらで販売されています。とにかく万能です。
金具付け、抜き型による裁断、アクリル刻印のプレス、菱目打ちを使用した穴開け、コンチョ製作などなど
レザークラフト万能機ALL-2000
今ネームタグ300個のオーダーを受けていて昨日から作業を始めたのですが抜き型なして作れる量ではありません。
a0228364_17444467.jpg

ハーマンオークツーリングレザーの3ミリ厚です。
かなりしんどいですσ(^_^;)
ここからレーザー加工機でネーム入れをします。1個目は試しに自分の屋号を入れてみましたが、ネーム入れはエクセルでもらったネームの一覧表からアルファベットをレザー加工機用のソフトにコピーして印字です。
a0228364_18074290.jpg

この作業がしんどいです。

バスケットスタンプ打った方が数十倍時間がかからないです(笑)
a0228364_18074261.jpg

この作業は楽しいです。ネーム入れじゃなくてスタンピングだったらサクサク楽しく作れるのにな、、と思いながらWindows10と格闘しています。20年以上のMacユーザーなのでWindowsはキツイですσ(^_^;)

次に世界をまたにかけるどっきり、、
先ほどの五助屋レザーさんのところに送ったカービングと端切れで練習したカットワーク、、

そしたら何故か岡田明子さんが持って笑顔♪
という写真がフェイスブックに掲載されていて血の気が引きました。
えっ!なになに?
a0228364_18074364.jpg


いやいやいや、五助屋レザーさんのどっきり規模が大き過ぎです(笑)
図案集のトレースじゃなくてちゃんと図案描けば良かったσ(^_^;)
でも、チャック・スミスからお褒めの言葉頂いたり、、嬉しいんですが、それ以上に岡田さんが如何に本場との距離が近いのかを思い知らされます。
いや、、でも褒められると素直に嬉しいです♪

あとおまけ♪
先日どう考えても素晴らしい作品だと思ったのでカービング作品を購入しました。
a0228364_18074329.jpg

裏に名前が書いてあったのですがだれの作品かはわかりませんでした。
多分このカービング、、本当はお金を出しても買えない作品だと思います。

ひまわりさんにいくとどうしても欲しい作品がいっぱい展示されています。
写真は撮れないのでないので毎回見るだけなのですが、こういうのはお金で買えない芸術品だな、、と思い行くたび眺めては良い気分に浸らせて頂いています。
昨日は暖かかったので縁側に腰掛けて外でずっと眺めては幸せな気分になり浸ってました。
僕もいつかこういう人を感動させたり生活の潤いになる作品を作れるようになりたいな、、と強く感じました。

おまけ2♪

通称ヤマゾン
山の様に積み上げられた無駄に大きなアマゾンのダンボールゆえにヤマゾン(笑)
買った分仕事が張らなきゃです(^_^)v
a0228364_18115533.jpg


追記
一度書いた記事なので訂正削除はしませんが追記させて頂きます。
今まで僕が実際に購入した革、染料、工具などについて僕なりのレビューをしてきましたが、そのレビューした中の一つのツールについて僕の知らないところで色々と著作権の問題などで深刻な現状がある事を初めて知りました。
僕の知らないところではドロドロとした黒い話があるんですね、、立ち入ってはいけないところもあるのだな、、と思いました。
それでしばらくはブログの更新をしない事にしました。
理由は自由に記事を書けない状態になったからです。自由に物事をいうのが怖いです。

その間は頑張ってものつくり、教室のほう地道に頑張ろうと思います。




よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-18 21:04 | レザークラフト

シェリダンスタイルカービングチェアー改めウォールクロック完成(^_^)v

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

作品の方気合いを入れて2日で完成させました。
1回椅子として組み立てたのですが、いざ座ろうと思ったら座れなかったので急遽掛け時計にしました。

2012年8月3日協進エルで開催されたTAKA FINE LEATHER JAPAN大塚氏講師による講習会の課題です。
訳あって製作途中のままだった作品を2016年3月7日、僕が完成させました。
なので、この作品はこの講習会に参加したYさん、大塚氏、僕が製作に関わった事になります。

Yさん→花1枚、カットワークのアウトライン、中心の編み込み模様のカービング半分
大塚氏→花1枚、カットワーク2箇所
僕→残り全て

作品としてはかなり簡単で単調な図案なのですが完成までの過程を考えると1番の大作です。

今回のブログは写真による製作過程の記録です♪

まず完成品
a0228364_20025469.jpg

壁に掛けると工房の雰囲気がちょっとかわりました。
カレンダーが2月のままだ!!(笑)
a0228364_20025558.jpg

椅子の時はこんな感じでした。
座れないですよね?(笑)
a0228364_20025592.jpg

12個花があったのも時計にした一つの理由です。
正確な時刻はとなりにかけているデジタル電波時計を見ればいいのだ(笑)

それでは途中経過を、、
a0228364_20025519.jpg


最初は部分的にカービングしていましたがスピードアップのため一気に作業しました。
単調な作業でしんどいのですが(特にベベラ)様々な刻印を持ち代えながら作業しなくて良い分作業効率は抜群にあがります。

途中経過の写真撮り忘れです。
a0228364_20025662.jpg

バックグラウンド染色

a0228364_20025626.jpg


オイルアップ
a0228364_20025762.jpg


土台に貼り付け

a0228364_20025715.jpg


アンティーク染め
今回はラッカー→フィービング社のアンティックフィニッシュブラック→タンコートです。
a0228364_20025731.jpg

あと時計の機械を埋め込んで終了です。


細かいところを少しずつ紹介します。
Yさんがカービングしたフラワーの付け根の茎にyのカッティング
a0228364_20300211.jpg
僕のイニシャルもこっそり入れさせていただきました。

それで、今回この作品を作るに当たって困ったのは図案が半分しかなかった事だったのですが、、
a0228364_20300352.jpg

すぐにこの2個のフラワーとツルのパターンを6個繋げている図案という事がわかったのでなんとかなりました。タップオフという技法だと思います。
カットワークも同様、2個のパターンを6つ繋げている図案です。

革に直接コンパスで円を書いてそれにパズルのように花や葉を配置してカービングする伝統的な技法です。規則性のある整然とした印象になると思います。

あらかじめ作っておいたこういうパーツを革に押し当てて印をつけてそのラインに沿ってカービングします。
最近使ってないですね。。。
詳しくは洋書の「クリントン・フェイとビルガードナーのシェリダンスタイルカービング」という参考書に書いてあります。
a0228364_20484727.jpg

サークルと花の中心にコンパスの跡、点がありますよね。
a0228364_20524822.jpg

個人的にはフラワーセンターの中心に跡をつけるのは好みではありませんσ(^_^;)

フリーハンドで気分によって様々な花や葉、コンパスなどに縛られない自由なサークルを描くのが好きです。岡田明子さんの講習会に参加して影響されたんだと思います。
気分屋さんの僕にはぴったりの図案の描き方です♪
毎回微妙に違う方が楽しいです。

こんな感じで製作された掛け時計、お越し頂ける方はご足労おかけしますが是非工房の方に遊びにきて手にとって見て、裏側にレザーバーニングで名前でも刻んでください。
この時計がきっかけでレザークラフト仲間の輪が広がると嬉しいなと思います(^_^)v

根を詰めた作業でちょっと疲れましたが在庫商品を製作するため革の注文などをしていました。違う種類のナチュラル系の革を3枚ほど買いましたが良いのがみつかると嬉しいです。通常はNSサドルのナチュラルを使っているのですがキレイで上品な革なのでハーマンオークツーリングレザーと併用するとちょっと差が出過ぎる様な感じがあります。
エイジングも上品です。オイルアップや使用環境によっても変わるのかな??

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-08 20:55 | シェリダンスタイルカービング

5年の時を超えた作品を完成させます!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

まずはじめに、前回のブログ過激な表現が多かったと思います。製作所、メーカー側への怒りの気持ちはかわりません。ただ、爆買い=需要と供給のバランスがおかしくなる=粗悪品が世にでるという僕が感じた方程式、全くないとは言いませんが、元をただせば結構は製作所、メーカー側の努力不足ですよね。
あと、現場の人は良い人が多いと思います。僕たちと距離が近いからなんだと思います。
結局は上のほう、トップか、、と思うと僕なんかがギャアギャア言ってもらちがあかない。

ヤフオク、アマゾン、楽天などで氾濫している中国製の粗悪品、またそれを販売している日本人への怒りの矛先がおかしな方に曲がったんだと思います。
怒りは我を見失うとはよく言ったものです。気をつけなければです。気分害された方も多かったと思います。
大変申し訳ありませんでした。

表題の話に移りますが、5年と書くと震災関連の事を言っていると思われる方もいるのでは?と思いますが直接は関係ありません。間接的に関係あるかも知れませんがこれについてはかきません。

諸事情があり2012年8月から製作がストップしていた作品が僕の元に届きました。

a0228364_20284732.jpg


2つ届いたのですがどちらも講習会に参加したものの完成させる事ができなく、廃棄予定だった作りかけの作品です。Taka Fine Leather Japan大塚さんの椅子とタモンレザークラフトさんの掛け時計です。

こんな状態でいただきました。
a0228364_20214112.jpg

製作はこのように途中で終わっています。
a0228364_20214124.jpg

1番困ったのは長期間丸めて保管されていたため革がよじれていた事、革のコンディションが良くない事、図案が半分しかなかった事でした。
最初から作るのであれば楽なのですが部分的に製作されたカービングに帳尻を合わせて図案を描くのは至難の技でした。
カットされている部分はもう修正できないのでそれをいかしながらの製作です。
これは大塚さんのカットだと思います。
a0228364_20214265.jpg

なんとか図案を繋げましたがやはり不自然なラインがあります。
a0228364_20214277.jpg

カットワークはメインのラインだけすでにカットされていたのでその他の箇所は頑張って極力統一感をだすよう意識しました。

製作段階の理由でかなり強く打たないといけないフラワーセンターを叩けなかったのでここだけALL-2000の力を借りました。
a0228364_20214216.jpg

とりあえず今ここまで作業が進みました。
a0228364_20284793.jpg

別角度から
a0228364_20443496.jpg


もしかしたらゴミになっていたかも知れない作品、、
革という命を引き継いだような感覚です。
大袈裟な表現ですが本当にそう思います。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-03-05 20:45 | レザーカービング



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> きょーへーさん お..
by tkanno4649 at 12:06
> uepon126さ..
by tkanno4649 at 12:02
お疲れ様です!! ぼく..
by きょーへー at 08:14
>tkanno4649さ..
by uepon126 at 20:11
>uepon126さん ..
by tkanno4649 at 12:53
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。