俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

タグ:シェリダンスタイルカービング ( 160 ) タグの人気記事

アジャスタブルクリーサー、ベンナー、そしてバイク納車!

こんばんは!

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

ここ最近本当に調子が優れなかったのですがやっと復活してきた感じで、順を追ってオーダーメイドの打ち合わせなど開始させて頂いております。本当に長い期間お待たせしているオーダー主さま大変申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

新たな商品の取り扱いを開始しますので、使用方法や印象をお伝えしたいと思います。
まずはアジャスタブルクリーサーからです。

a0228364_19034499.jpg

日本の工具で言うとネジ捻に近い工具でアメリカでは30年は前から存在している工具です。
アメリカの説明書を読むと、菱目打ちの印付けではなく装飾を施す工具として紹介されています。

この工具なんですが、以前からダンディーで比較的安く販売されていた工具だったんです。でもダンディーの商品全般が凄く値上がりしちゃったんです(^^;;
a0228364_19090956.jpg

生産国は台湾です。
(台湾製は基本的に品質が高いです。中国製と比べるのはかわいそうです。)
ちなみに僕が愛用しているZIT TOOLさんのTAKING 801BK 革漉き機も台湾製ですね♪

ひと昔前より高くなってしまったにも関わらず、今回取り扱おうと思ったのは使い方によっては本当に様々な使い方ができ僕も愛用しているからです。
それでは特徴から♪
ネジ捻同様、右のネジを回す事で幅を変える事ができます。ネジ回しが小さいのがわかりますか?
使い始め、この小さなネジ回しのせいで回すのに一苦労する事もあると思います。指でどうしても無理な感じだったらペンチなどを使って無理な力を加えず回してみてください。
ネジ回しのところ大きくすれば良いじゃないか!と思うこの不便な小さなネジ回し。理由がありますので後ほど♪
a0228364_19193660.jpg
ここが一番面白いところなのですが、右と左の先端の太さが違いますよね!
これは意図的にこうなっています。右側が約2ミリ、左側が約1ミリです。
あと重要なのが高さが同じ。というところです。これも後ほど♪
a0228364_19144278.jpg
使い方なのですが、基本的には押して線をつけますが引いても大丈夫です。
あと特殊なのは2種類の持ち方があることです。

まずはネジ捻っぽく。
a0228364_19240768.jpg
それで、逆にしてこんな使い方も!
a0228364_19244712.jpg
両サイドの高さが同じで、上のように使える、またネジ回しが小さいので死角があまりない。という事で左利きの方でもご使用になれます!

僕はこれを主に菱目打ちなどの穴開けのガイドとして使っています。
ヨーロッパ目打ちの時は2ミリの方、
a0228364_19283645.jpg
菱目打ちの時は1ミリのほう
a0228364_19292022.jpg
丁度良い感じですね(^^)
a0228364_19294992.jpg
特に2ミリのラインをつける時の幅調整の仕方なんですが、
今回はコバから5ミリとってみます。
まずはコバから5ミリのところに目打ちで印を付けます。
a0228364_19320717.jpg

a0228364_19320831.jpg

その印の中心に線がつくようにネジ回しを回して幅調整をしてください。
a0228364_19331263.jpg
間違えなく正確に線をつける方法です。
これはネジ捻を使う際もおススメの方法です。

ちなみに完璧に幅を決めたいのであれば最初から幅の決まっている溝ネンがベストだと思います。
フロンティアさんの溝ネンですね♪

a0228364_19401330.jpg

僕はコバから2.5ミリのところにステッチをいれる事が多いです。
溝ネンは万能工具でありませんが最初から完璧な幅がでているのでステッチ幅が決まっている方はこちらの方が正確です。

僕は革がお仕事なので多くの製品を効率よく正確に作るため溝ネンに頼る事が多いのですが、コバからのステッチ幅を色々変えたりして色々な作風を楽しみたい方には、ネジ調整できる捻が良いのでは?と思います。

最近ヨーロッパ目打ちを使われる方も増えてきたと思います。太い線が引けるので、目打ちって線のどこに合わせたら良いの?という問題が解消されると思います。
そう、線の中に入るように穴開けするだけです(^^)

最近ではいろんなところがこぞってネンと名のつく工具を販売していますが大体は中国製です。それで実は僕も中国製のものを何種も取り寄せてみました。そして実際に使って思ったのは「中国製でも中にはとても良いものがある。」ということです。
でも金属に関しては信用していないです。同じ製品でも磁石つけてみたりすると、バチっとつくものもあればほとんどつかないものとかあるんです。個体差がある、、まあ、混ぜてるんだと思います。
見た目は良いのですが、信用できない工具に身を委ねることってできないです。なので引き出しの奥行きです。
もっと言いたいことはあるんですけどね。
あるところで買った中国製の工具なんですが、ハイス鋼だっていうから買ってみたら、最近になって「ハイス鋼より硬度の高いステンレス」ということになっていました!信用できないですね。
おっと!久々にクレーマーと化しました。失礼。


続きまして刻印です。
シェリダンスタイルでよく使われるライン&スカラップベンナーですね♪
スカラップというのは内側の凸凹のことです。
a0228364_22040065.jpg

a0228364_22040143.jpg
実際に使ってみました。
a0228364_22043183.jpg

かなり良いです。びっくりするほどスカラップが細かく、まさにシェリダン向きのベンナーと言った感じです。
僕が思うにシェリダンスタイルではスカラップは細かいほうが良いです。

バリーキングのスカラップが一番細かいものと並べてみました。
a0228364_22074604.jpg
バリーキングより細かいです、、この細かさはロバート・ベアード(ブラックツール)並みのものがあります。
ただし、刻印の厚みがあるのであまり深く打ち込むべき刻印ではないと思いますが、自信を持っておススメできる素晴らしい刻印です!
今回は入荷本数少ないですが次回からは在庫を増やそうと思います!

ここからバイクです!
五助屋レザーさんより少なめで(笑)

無事に納車を済ませてきました(^^)
前日熱を出していたのを忘れるほど納車の時間はまだか!とそわそわしました(笑)
a0228364_22162483.jpg

a0228364_22162587.jpg
夜もカッコいい!
a0228364_22162614.jpg

それで帰り道、真っ直ぐ帰るよう嫁に言われていたんですが、無理なので無視して隣町の革屋さんホークフェザーズさんにお邪魔させて頂きました!実は僕の嫁のお父さまも行ったことがあるのです。

この辺りでちゃんと店舗を構えている革屋さんはホークフェザーズさんくらいだと思います。
a0228364_22182762.jpg

a0228364_22182852.jpg
申し訳ないことに工房まで見せてくださり、またお互い革屋さんならではのお話も楽しかったです。できればもう少し早く行ってラーメン食べに連れて行って欲しかったです!次回はよろしくお願いします(^^)

店内でお話ししている時、なんだか滝のように汗が出ると思ってたのですが、多分風邪のせいです。風邪うつしちゃってたらどうしよう。。

それでウォレットホルダーを購入させて頂いたのですが、、
a0228364_22215843.jpg
僕が作ったウォレットを入れてみたら、、
セット販売されているかのような相性の良さ!
a0228364_22240056.jpg
こんなカッコよくてバイカー目線のしっかりとした確かなバイカーズアイテム作れるようになりたいな、、なんて思いました。
いや、これからは僕もバイカーだから作らなくてはならないのだ!!
頑張ります!

レザークラフト教室は夜間の部開催中です。
Tさん、いよいよバックグラウンドです。細かい作業で疲れますがあと少しです。頑張りましょう!!
a0228364_22293925.jpg
レザークラフト教室のコマ割りについて、
基本的には昼14時から3時間、夜20時から3時間なのですが、夜間の部はお仕事帰りでも通えるように儲けさせて頂いたコースなので多少遅くなっても大丈夫ですよ(^^)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-10-13 00:09 | レザークラフト工具 | Comments(0)

ベベラの構造と印象の関係を研究してみる!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、オーダーメイド製作をしているHandmade leather goods t.kannoです。

最近色々と刻印の販売をしているのですが、新たにハイドクラフターのベベラを商品に加えようかと思っています。

通常刻印(傾斜約15°)より傾斜のついた、いわゆるシェリダンスタイルカービング用のベベラ(傾斜約30°)なのですが、一口にシェリダンスタイルカービング用のベベラといってもメーカーによって構造が若干違うので実際にカービングしたり構造をじっくりみてみました。

今回の比較はバリーキング刻印、ハイドクラフター、バリーキング刻印のエキストラスティープ(40°の傾斜)ベベラでの比較です。

実際にカービングして並べてみました。
a0228364_17545861.jpg

見た目も打ってみた感覚も違いを感じます。

まずはバリーキング刻印のベベラ
a0228364_17545866.jpg

ハイドクラフターのベベラ
a0228364_17545965.jpg

バリーキング刻印のエキストラスティープ(傾斜40°)ベベラ
a0228364_18370330.jpg

光の加減の違いは僕の写真の下手さです、、

実際にカービングしてみて感じたのですが、どうもハイドクラフターのベベラはバリーキングのベベラより深く入るような感じがあるんです。それで形状比較をしてみました。
凄く微妙なところなのですが、若干ハイドクラフターのベベラの方が傾斜がついているように見えます。
左がハイドクラフター、右がバリーキング
a0228364_17545921.jpg

だったら傾斜40°のベベラと比較したらどうなのだろう?
左がハイドクラフター、真ん中が40°の傾斜のベベラ、右がバリーキングの普通のベベラ
a0228364_17545976.jpg

ハイドクラフターのベベラはバリーキングの40°のベベラほどの傾斜はないものの、バリーキングの普通のベベラより傾斜があります。

これは角度だけの問題ではなく、刻印の打面の膨らみの影響もあると思います。
左がハイドクラフター、右がバリーキング。
0.1mmとかそういう差だと思いますが、ちょっと違いますよね。
a0228364_17550033.jpg

反対側から撮影してみました。
左がハイドクラフター、右がバリーキングです。
どちらの刻印も左右対称の曲線ではありません。
a0228364_17550004.jpg
これは教わったりしたわけではなく僕の考えなんですが、この曲線の差があるからベベラの滑りが良くなるんだと思います。

ベベラの構造は単純に真っ直ぐという訳ではなく、打面の膨らみ、先端の角度の左右の差など凄く複雑な構造だと思います。
これは通常刻印でも同じです。お手持ちのベベラがありましたら是非見て頂きたいところです。

この構造につきましては、幅の狭いベベラと広いベベラとでも変わってきます。
(左がバリーキング刻印、右がハイドクラフター)

幅の広いベベラは比較的真っ直ぐのところが多いです。
a0228364_17550194.jpg
幅の狭いベベラの先端はほぼ円形です。
a0228364_18130023.jpg

この構造から言える事は、ベベラは「大は小を兼ねないし、小も大を兼ねない。」という事です。

*幅の広いベベラは緩やかな曲線や真っ直ぐなカットに対しては安定感を持って綺麗に打つ事ができますが、急カーブや狭い箇所には物理的に打てません。

*幅の狭いベベラは急カーブや狭い箇所を打つのに必要ですが、長い距離を打つと先端がほぼ円形なことからボコボコになって綺麗に打てません。

つまり、ベベラはメーカーが違うものを併用するのは基本的にダメですから、同種のベベラで幅の広さが違うものを数本用意しておかなければならないという事です。

僕の考えだと最低3本必要です。
できれば同じメーカーの物でも同時期に買ったほうがいいです。ロットによって個体差が出ることはよくあります(蛇足ですが、ロットで個体差が1番でるのはバーグラウンダーです。)。
ハイドクラフターですと、幅の狭い順からPB011,PB012,PB013,PB014と4本があるのですが、シェリダンスタイルカービングでしたら1番幅の広いPB014は必需品とは言いません。
ただ、ロングウォレットのバスケットスタンプの淵やスタンピングベルトの淵など直線的な長距離のベベリングの際は1番幅の広いPB014があると作業効率がかなりあがります。
実際の事を言うと僕は幅の広いベベラを多様します。

あと、もう一点。
ハイドクラフター刻印の良いところは刻印の軸が太く疲れにくいところです。ベベラ打ちはとにかく距離が長く疲れる作業なのでこれは嬉しいですね。
a0228364_18370384.jpg
難しい話ばかりしましたが、カービングした際の印象について簡単にまとめます。

・バリーキング刻印のシェリダンスタイル用ベベラ
ハッキリとした印影があり、かつ繊細な優しい印象も表現できる。いかにも王道のシェリダンスタイルカービング。といった感じです。

・ハイドクラフター刻印のシェリダンスタイルカービング用のベベラ
バリーキング刻印と違いメッキ仕上げなので、メッシュが若干荒いです。あとバリーキング製より若干傾斜がキツイです。
なので、物理的には深くなくても深く打っているような印象、輪郭がかなりくっきりとでて力強い印象になります。その反面繊細さの表現はバリーキング製に劣ります。

・バリーキング刻印のエキストラスティープベベラ(傾斜40°)
今回の花のサイズは横幅約4.5センチで一般的な大きさの柄ですが、一般的な大きさの柄には不向きだと思います。フラワーカービングに限らず物凄く小さな柄で通常の約30°の傾斜のベベラでは打つのが困難な箇所に使うのがベターだと思います。

1番参考にしていただきたいのは実際にカービングしたものの印象です。
人それぞれの好みだってあると思います(^^)

カービングはカットとベベラでほぼ決まるものだと思います。ゆえに拘りたいところですね。

あと、ベベラは他の刻印と違い「消耗品」です(打つ回数が桁違いですからね。)。色々と試して欲しいとも思います。
散々書いておいてなんなんですが、どのメーカーのものもそれほど大差はないです。

僕の場合SK刻印のベベラはもうダメになりました。EMS刻印はメッシュの感じが好みでありませんでした。現在使っているバリーキングのベベラもメッシュが消えかけている怪しいのがでてきたので次のベベラを検討中です(^^;;

ベベラは単純なようで奥深いですね。。なにを言いたいのか分からなくなってきました(笑)

ハイドクラフターのベベラは販売する方向で検討中なのですがもう少し時間をかけて検証してみたいと思います。実は発注ミスで4種類のうち1種類だけ違うタイプのベベラがきてしまいましたので実際に販売を検討するのは1週間後くらいです。

今日はこんな感じです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-08-06 19:05 | シェリダンスタイルカービング | Comments(0)

カモフラージュの打ち方♪あと、カービングの水分量!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市の自宅兼工房でひっそりとレザークラフト教室やオーダーメイド販売、最近では刻印販売もはじめましたHandmade leather goods t.kannoです。

只今7月31日までネットカートショップBASEにてサマーセールを開催しているところですが、多くのお買い上げありがとうございます。セール終了までまだ期間があるにも関わらずほとんどの品が売り切れになってしまい大変申し訳ありません。
在庫補充に着きましては現在発注をかけている商品がセール期間中に届く可能性がほぼないので在庫限りとなってしまいますが引き続きよろしくお願いいたします。
クーポンコードは summer
キャンペーン期間中は全商品10%OFF +コンチョプレゼントです♪

何気なく宣伝してくださったり、Facebookやブログ繋がりでご購入くださった皆様本当にありがとうございます。中でも「菅野さんのオススメなら間違えない。」と言われたのが嬉しい出来事でした。
ここで粗悪な某国のツールを混ぜたら1発で信用がなくなるのだ!だから絶対しません。これをしてしまう日本の大手メーカーの気が知れません(笑)
あと、ツールを販売する側は最低でも1回は使って何かの作品を作ってこれだったらOKという事になってから販売して欲しいです。呆れたことに大手は最近これをしないんですよね。。
実際の事を言うと良い工具に国は関係ないんです。

話を本題に戻します。
レザークラフト教室の際、生徒さんに刻印の打ち方を教えさせて頂く際に今まで図で描いてみたりとしていたのですが、見本があった方が良いと思ったのでサンプルを作ってみました。
こういうサンプルは生徒さんにはあげちゃてます♪
a0228364_18440238.jpg

フラワー、スクロール、アカンサスリーフですね♪

このサンプルで説明したいのがカモフラージュという種類の刻印です。
こんな刻印ですね。
a0228364_18440388.jpg

シェリダンスタイルカービングでは内側にスカラプ(凸凹)が入っているものを良く使います。
現在は残念ながら日本製の通常刻印ではない刻印です。近いと言えばC432なのですが、丸みを帯びた凸凹ではなくギザギザです。数年前までは丸みを帯びた凸凹でした。つまり形状が変わってしまったんです。
ついでにSKV463も載せていますが、これも丸みを帯びた凸凹だったのが四角い凸凹に変わってしまいました。非常に残念です。。オススメできない刻印になってしまいました。
これらを僕は加工して丸くしました。上が加工前で下が加工後です。
a0228364_18440367.jpg


なかなか難しい加工でした。
慣れないうちは加工はオススメしません。ある程度慣れてきて刻印の構造や効果が分かってからにした方が良いです。
あと、バリーキングなど見本となる刻印を手に入れてそれを見ながら加工すべきだと思います。

早速手順を追って説明していきたいのですが、その前によく質問を受ける「適切な水分量」です。
言葉で説明するのは難しいのですが、ハーマンオークツーリングレザー使用時でサラッと説明したいと思います。
この状態から霧吹きやスポンジで濡らします。
a0228364_18440406.jpg

全体を3回くらい均等に補水してから周囲に少し多めに入れます。
こんな感じの色になるのが目安です。ちょっとエイジングしたような色付きです。
a0228364_18440415.jpg

季節にもよりますが夏場は数10秒で落ち着きます。こんな感じです。
a0228364_18440450.jpg

この際、手のひらで触ってみて、しっとり感を感じられたらOKだと思います。

それで実際に革に刻印を打ってみてこんな感じに色付けば良いですね♪
a0228364_18440405.jpg

もし、色付かない場合は水分不足です。
あと、作業をしていくなかで印影が薄くなっていくのを感じたらその度に水を入れてください。

この際も端は乾きやすいので少し多めに入れてください。

革の種類によっても変わってくるところがありますが、印影がハッキリとつくか?つかないか?で判断したら良いと思います。
なお、カービングに適した革は水分がしっかりと入るという事が必要条件なので、適した革はシェリダンスタイルカービングであればハーマンオークツーリングレザー、その他であればヌメ革、タンローです。
サドルレザーは水分が入るのであればカービングは厳しくともスタンピングくらいはできると思います。

以上です(^^)

本題に戻します。
カモフラージュの打ち方です。
まず先に言いますが、僕はカモフラージュが苦手です。
なぜかと言うとシェリダンスタイルカービングではほとんど使われない。使ったとしてもさりげなく打つ程度の刻印だからです。
実際に僕はカモフラージュを全く使わない時もあるほどです。
僕のイメージだとカモフラージュを多用するとクラシックな感じになると思います。あと、全体的に柔らかな雰囲気。
それは唐草模様やアリゾナスタイルでは全てのツルに打つくらい多用されるからなんだと感じます。

それでは写真を交えながらの説明です。まずはスクロールから。

a0228364_18440549.jpg

この様なスクロールを真っ直ぐにしたとします。
こうなります。
打つ箇所は外周です。内周はないと思ってください。
下に線を引いていますが、ツルに対して水平です。
外周にうちますので、カモフラージュの左の爪先をカットに合わせるように打ちます。
こんな角度です。
a0228364_19511033.jpg

a0228364_18440518.jpg
するとカモフラージュははみ出まです。。そういう刻印なんです。
次にベベラを打ちます。
するとはみ出たカモフラージュの跡が消えますよね♪
a0228364_18440685.jpg

唐草模様の場合この順が基本ですが、はみ出さない様に打てるのであればベベラが先でも構いません。僕はシェリダンスタイルカービングをする際はベベラを先に打っています。

これを踏まえながらスクロールを作ってみます。

スクロールの先端の丸を表現するのにもつかいますね。
a0228364_19183842.jpg

カモフラージュは少し離して打つと綺麗に見える刻印です。

a0228364_18545512.jpg

あとはペアシェイダー、ベベラ、バックグランド、デコレーションカットで終わりです。
a0228364_18545544.jpg

個人的にはベンナーを細かく刻むスクロールが好きです。

次にアカンサスリーフです。
リフター、ペアシェイダー、ベベラ、ストップ、ミュールフット、リーフライナーまで打ちました。
a0228364_18545522.jpg

ベンナーを打ちました。
ベンナーはカモフラージュと逆で細かく刻むと綺麗に見える刻印です。
(今回ベンナーを打った箇所にカモフラージュを打つのは無理です。)
a0228364_18545635.jpg

そしてカモフラージュ、やはりここも外回りのカーブに打ちます。
a0228364_18545602.jpg

デコレーションカットで終わりです。
a0228364_18545653.jpg

ちなみに僕の場合ですが、シェリダンスタイルカービングの際はアカンサスリーフにカモフラージュを打ちません。
今回はペアシェイダーとベベラをプレーンにしてみました。少し雰囲気が変わって良いですね(^^)

最後にシェリダンスタイルによく出てくる、シェリダンローズとも呼ばれるスタイルのフラワーです。
カット
a0228364_18545734.jpg

リフター
a0228364_18545703.jpg

花の周囲をペアシェイダー(縦線)ですり鉢状にします。
a0228364_18545788.jpg

僕はあまりフラワーにカモフラージュを入れないのですが、入れるときはこの次に入れています。
a0228364_18545849.jpg

先ほどカモフラージュは離して打つと綺麗に見える刻印と言いましたが、ここは例外です。
刻みます。
a0228364_19183855.jpg

花の中心から徐々に弱くなるように打ちます。
そこからはペアシェイダー
a0228364_19183847.jpg

ストップ
a0228364_19183953.jpg

デコレーションカットで終わりです。
a0228364_19183977.jpg

この写真で仕上がり具合をパッとみるとデコレーションカットが花の中心まできているように見えませんか?
マクロ撮影しました。
a0228364_19183990.jpg

あんまりギリギリまではカットしていないですよね♪
カモフラージュを打つとこういう効果が期待できるのかもしれませんが、これは縦線のペアシェイダーで作ったすり鉢状の線でも出せる効果です。。
なら、なんで使うんだ??とか考えながら打ったり打たなかったりと見比べて実験している最中です。
今の所ですが、僕の中では気分次第でたま〜に打つ感じです。だから苦手なのです(笑)

決まりはありませんので自分好みを探してみてください(^^)

おまけ♪
五助屋レースメーカーで作ったレースをカマボコ状にするマシーンを製作中です。
a0228364_19244685.jpg
こういう工具みたいに試作に試作を重ねて工具を考案した職人さんが実際に自分が使っている工具は有無を言わずに信用できるし、こうして欲しい。なんて言う1ユーザーの声もキャッチして生かしてくれるのは本当にありがたい。


そんな五助屋レースメーカーで作ったレースをこのようにしたいのです。
a0228364_19184045.jpg

タミヤの遊星ギアモーターで速度を100/1に落としてトルクをあげています。
a0228364_19184042.jpg

構造的にはモーターの先に砥石ビットをつけてその下の台の溝をくぐらせてカマボコ状にするというもので、これが試作1号
a0228364_19184079.jpg

改良版では、砥石を荒いものに変えて、この形状のビットだと反対側に受け軸を付けられない都合上砥石の手前に受け軸を追加しました。
a0228364_19184107.jpg

多少安定感が増し、ビットのブレも少なくなりレースの送りも良くなりました♪
さー、ここからどうなるか??

久々に真面目にブログを書いた気がします(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-28 19:55 | レザークラフト工具 | Comments(6)

レザーカービングの刻印について語ってみる。

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市で自宅兼工房でレザークラフト教室やオーダーメイド製作販売などをさせて頂いております。Handmade leather goods t.kannoです。

なんだかんだとレザーカービングについて語っておりますが、、
僕はレザークラフトを始めて7年目です。まだ新人の域だと思うのですが恥をかくのは承知で偉そうに語ってみようと思います(^^;;
ブログのタイトルにシェリダンスタイルカービングが入っている時点で今更恥もなにもないですね。歳だけは中堅どころだし(笑)

はじめに言いますが海外のレザークラフトツールについて日本で一番広く知識を持っていて、実際に私たち日本人に提供してくださっているのはレフティー見国さんだと思います。いや、間違えないです。
皆さんご存知のLL TOOLさんですね。カービングをしている方なら誰でも知っていると思います。
僕なんかが書かずともホームページには様々なレザークラフト情報が載っていますのでとても勉強になりますし、当然僕もいっぱい勉強させて頂いております。

海外の高級なツールを安く提供してくださりありがたい限りです。バリーキング刻印などはアメリカから直接取り寄せるより安く提供してくださっています。きっと長い付き合い、信頼関係があるからなのだと思います。人脈って人柄の良さでもありますよね。

ここ最近、生徒さんの工具を買う事が多くなり、サイトをよく見るのですが、バリーキング刻印(特に基本刻印)の品切れが多いような気がします。
欲しい刻印が買えないのは辛いのですが、シェリダンスタイルカービングが盛り上がっているのかな?なんて思うと少し嬉しいです。

さて、本日よりほんの少しですがBASEで刻印販売を始めさせて頂きました。僕には人脈なんてありませんし高級ツールを安く売るなんてできません。僕の使った感覚で中間の価格で非常に良いと思うツールです。

まずは日本では種類の少ないバスケットスタンプやジオメトリックスタンプなどをメインにと思っています。
前回の記事でも掲載しましたがこんな感じです。
a0228364_00024644.jpg

実はその他にも買ってました。。。こちらは全滅です。写真はアップしません(^^;;

合計30本ほど買いましたが、これだったら日本製の通常刻印の方が良いな、、とか、僕だったら使わないかな?というのがほとんどでした(^^;;
おまけに高い送料と不意に請求される税金、、仕入れ価格の安定感なさすぎです。素人が気軽に手出しできるものではないな、、というのが今の実感です(笑)

日本にはない面白い刻印を使って欲しい気持ちもあります。元々ないものや昔はあったけど今は廃盤でないとかいう刻印にも触れて欲しいです(^^)

と、先ほど販売開始したばかりなのですが、いつもお世話になっている五助屋レザーさんがフェイスブックでシェアしてくださりまして、、
結果PVがいつもの10倍以上。しかもすでに売れ切れそう、、なんて宣伝力だ!(笑)
いつもさりげなく力添えくださりありがとうございますm(__)m

話は変わりまして、
高価な刻印ってやはり良いです!(笑)
バリーキング刻印ってやはり素晴らしい刻印だと思います。
精巧、印影がシャープ、ほどよく深く入る、ステンレス製でサビに強い。そして、なんと言っても打ちやすい。それは刻印の先端だけではなく刻印の持ち手の程よい長さ、太さ、しっかりとしたメッシング(滑り止め)など、トータルバランスのトータルバランスも相成っての事だと思います。

しかしながら、刻印って高価だから単純に良い!安いものは悪い!とは一概に言えないものがあると思います。
前回の記事でも書きましたがクラフト社の通常刻印は通常刻印の中では世界一だと思いますし、、
シェリダンスタイルカービングであっても僕は今でもシーダーは通常刻印、カモフラージュはSK刻印です。好みもありますよね。

ちょっと脱線します。

僕はいわゆる通常刻印と呼ばれる1本500円程度の安い7本の刻印(基本刻印)でできる唐草模様から始めずにいきなりシェリダンスタイルカービングから始めましたので唐草模様は苦手です。なのでカモフラージュが物凄く苦手です。
しかし、唐草模様からやらなければいけないという決まりはありません。

逆にフラワーカービングはシェリダンスタイルだけではありませんし、異常に刻印揃えなきゃダメとか、高価な刻印じゃないとダメというのはないです。
通常刻印を駆使するStohlmanスタイルはとても勉強になるし何と言っても楽しいです。
a0228364_00024689.jpg

唐草模様はこの7本でできます。

やはり刻印はスタイルによって変わるのだと思います。

シェリダンスタイルだとこんな感じになります。
a0228364_00024755.jpg
僕の感覚では何十本もの刻印を駆使してカービングするより数少ない刻印でカービングする方が難しいと思います。
シンプルなものは難しいものですよね。。

また基本刻印とシェリダンスタイルカービング用の刻印って構造も違えば使い方も違うものがあります。
ペアシェイダーなんて特に違います。

あと、昔ながらの大柄な唐草模様をシェリダンスタイルカービング用の刻印でカービングするとやはり変な感じになります。

逆もそうだと思います。

スタイルに合った刻印を選ぶというのも大切なんだと思います。海外の参考書や雑誌を読んでいると純粋なシェリダンスタイルカービングをあまりみません。
(ここでいう純粋とは「ビル・ガードナーとクリントン・フェイのシェリダンスタイルカービング」で紹介されているシェリダンスタイルカービングとします。)

シェリダンスタイルカービングがベースでありながらそれぞれの作家さんの色がついています。
デザイン的な進化もあると思うのですが、刻印のチョイスや使い方の進化もあると思います。

と、僕も変化をつけようとするのでプラスすると、
a0228364_00024732.jpg

こんな本数になります。

岡田明子さんのシェリダンスタイルカービングの影響で使用刻印の本数が増え、表現力も上がったと思います。
岡田さんの教室や講習会にいくと刻印の使い方、表現力の幅が広がりますよ。あと、もっとレザークラフトを好きになれるはずです(^^)

こんな感じで増えていく刻印ですが、、実は安価な通常刻印も多くあるんです!
通常刻印をバカにしてはいけません。使いようによっては高級刻印に負けない刻印に化けるものがあります(^^)

話を戻します。
通常刻印と高級刻印の差、価格差は10倍近く、、
このバスケットスタンプとボーダーがそんな感じですね。
a0228364_00024768.jpg

ベベラとリフターは例外的に消耗品だとしても、他の刻印は1回買えば買い換える事なんて滅多にないものです。
そこに10倍のお金をだせるか?どうか?
クラフト社のバスケットスタンプは最近非常にできが良くなっています。はっきり言ってEMSより良いです。
迷いますよね(^^;;

僕は仕事としているので高いものでも良いと思うものは買います。でも、なかには「中間が欲しい、、」なんて今でも思います。

結局のところ刻印の話を好きにして、自分自身何を言いたいのか分からなくなってきました(笑)

機会があったら刻印の種類ごとの解説でもしてみます。1回のブログ記事ではまとまりません。

最後にバリーキング以上の価値の刻印、、
a0228364_00024816.jpg

溝は浅いけど上手く打てると素晴らしい印影がついたり、シャープ過ぎてどのくらいがちょうど良い力加減か?が分からなかったり、精度が高過ぎて少しのズレも許されなかったり、、
こういう刻印は10年くらい使ってから価値がわかるはずです。いつかのLL TOOLのメルマガに書いてありましたがそう思って格闘します。

おまけ♪
1番のお気に入りは70年代のビンテージ刻印♪
a0228364_00495033.jpg

これだけは、なかなか手に入りません(^^;;


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-07-06 00:50 | レザーカービング | Comments(0)

ホルスター製作過程「WORLD LEATHER DEBUT 2017 (完)」

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年は早速作品が帰ってきました(^^)
a0228364_20464518.jpg

毎回、審査員による通知表のようなものが同封されてくるのですが、厳しかったですね。去年よりポイントが低かったです。(^^;;
まず大きな減点だったのが拳銃の出し入れがスムーズではない、薬莢が入らない。。
要するにホルスターとして用をなさないという事です。作品的には大失敗という事でブルーリボンをもらえたのも運が良かったとしか言いようのない結果だったのですが、チャレンジに関しては大いに評価してくださいました。
チャレンジ精神については岡田明子さんからも言われていました。「去年より良いものを作らないとね」と、
今回の作品は僕なりに多くのチャレンジをしました。岡田さんの言葉がチャレンジへの大きな原動力の一つになった事は間違えありません。いつもありがとうございます。

ホルスターについては1位を獲れましたので、次回は違う部門に挑みます。目標は全部門1位です。
a0228364_20464575.jpg

サドルは厳しいかな?(^^;;

それでは次回に続きホルスターの製作過程をざっくりと。今回はガンベルトです♪
まずは図案描きですね。
これも1日寝かせて修正しました。
a0228364_21494184.jpg


とにかく長い、、(笑)
a0228364_20464665.jpg

こんな風になるんだな、、なんて見てみます。先が見えない(笑)
a0228364_20464689.jpg

カービングの過程の写真をズラッと並べます。
a0228364_20464603.jpg

a0228364_20464732.jpg

a0228364_20464747.jpg

a0228364_20464772.jpg


a0228364_20464850.jpg

カービング終了です。
a0228364_21180166.jpg

ここから染色です。染色に関しては満点でした。
アメリカでの僕のカービングの評価はまだまだなんです。
a0228364_21180198.jpg

a0228364_21180148.jpg

ここからフィグリーです。
あまりにも細かい部分はフラットオウルを使いました(^^;;
a0228364_21180264.jpg

そしてフィグリーをやったあとよく見る絵面(笑)4.2mm厚のフィグリーは本当に大変でした(^^;;
a0228364_21180221.jpg

前後して失礼、今回はこのくらい刻印を使いました。
a0228364_21180320.jpg

僕は岡田明子さんの影響で色んな花を図案に組み込みます。そして表情を変えるためメッシュの感じとかも場所ごとに変えます。だから刻印の数も増えます。
あと、今回は葉っぱが一枚もありません。これは意図してやりました。最近葉っぱを書くと岡田さんの葉っぱになってしまいます。少々アレンジしたところでアメリカの人は「あっ!明子リーフ!」と見るのです。そのくらい凄い方なんですよ、、
などと思ったので少し抵抗してみました。

話戻します。切り出しはもちろん刃物の館やすらぎ工房さんのラウンドナイフです。正に鏡面!
a0228364_21180356.jpg

それで持って漉きもします。恐ろしい作業ではありますが、僕が使っている革漉き機はZITTOOLSさんのTAKING TK801BKです。2年以上使っていますがなんの不具合もありません。信用できる工具だからこそ怖い作業も任せられるのです(^^)
a0228364_21180333.jpg

このあとは立体形成です。これも信頼できる工具の一つフロンティアの溝ネンと押しネンです。
a0228364_21180377.jpg
話は変わりまして、、
フロンティアのツールなんですが、最近ヤフオクでの転売多いですね、、五助屋レザーさんのところで入荷があったあとバッとヤフオクにでますね。本当に欲しい人が買えない状態なんだと思います。
定価以下のスタートならまだしも定価を遥かに超えた価格からのスタートの転売屋さんは良くないと思うのでマメにチェックしてその転売屋さんが他に出品しているものを無駄に落札してみては、あっ!なるほどこの人か、、なんて事をしてます。これは僕だけがやっている事ではありませんよ。という注意喚起をしてみて転売屋さんが減ると良いのですが、、フロンティアツールファンとして協力できる事はやりますよ。

話逸れました。
フィグリーのインレイや薬莢入れるところを取り付けました。
a0228364_21180459.jpg
このあと裏貼りをするのですが、この段階で前回も記事に書いたこれを記したのです。
a0228364_21411467.jpg
もちろん1位じゃなかった時は公開しなかったと思います(笑)
裏貼りを断つのももちろんやすらぎ工房さんのヘッドナイフです(^^)
個人的にヘッドナイフのほうが小回りが利いて好みです。
a0228364_21411563.jpg

手縫いは修行かよ!というくらい縫って途中なぜか怒りが湧いてくるほど縫っても縫っても終わらず写真を撮るのも忘れてました(^^;;
手縫いに関しても大いに評価してくださりました。
で、完成です。
a0228364_21411502.jpg

現地で撮って頂いた写真を数点並べて終わりにします。
a0228364_21411646.jpg

a0228364_21411651.jpg

a0228364_21411797.jpg

現地の写真は雰囲気ありますよね♪
ちなみに名刺入れは嫁作で名刺が全部なくなって名刺入れだけ帰ってきたのは嬉しかったです(^^)

僕も現地に行きたいのですが、健康に関する事情があって今の状態だといけないんです。渡航中に調子悪くなって迷惑かける訳にはいかないですからね( ; ; )
今現在の医学では完治はしない病気ですが医学が進歩する事をいつも祈ってます。そしていつか現地に行きたいのです!

16th WORLD LEATHER DEBUT2017 無事終了!!

さぁ!来年は何を作ろうか!!
と現在ワクワクしてはおりません。。絶賛風邪引き中で布団から出れない状態です。革を触る気力もありません。なんて体力がないんだろう( ; ; )

おまけ♪
面白い刻印を買いました。
James Linnellのスタンプです。購入後に知ったのですが、Jim Linnellの息子さんだそうです。
a0228364_21411704.jpg

こちらはバリーキング。和柄ですね。
a0228364_21411754.jpg

こちらはチェコ共和国で売ってた面白そうなスタンプ。
a0228364_21411817.jpg


早く体調を戻してこれらを使った作品作りたいです。

最後に今回のWORLD LEATHER DEBUT 多くの方に支えられての受賞だと思っています。応援くださったり、製作意欲が湧く刺激をくださったり、信頼できる工具を提供してくださったり、陰ながらサポートしてくれた嫁がいたりと、皆さんに感謝です。
ありがとうございました。また来年も頑張ります!!

さぁ、、賞金は何に使おうか??(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-29 22:05 | コンテスト | Comments(0)

ホルスター製作過程「WORLD LEATHER DEBUT 2017 (その1)」

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

昨日鍼治療に行ってきました。かなり身体が変によじれていたようで先生も嫁も驚いておりました(^^;;
鍼の先生にはいつも緊張感をとってもらってふにゃふにゃ状態にしてもらっています。常に緊張していると精神的に参りますからね。

先日WORLD LEATHER DEBUT 2017のホルスター部門で優勝した作品の製作過程の紹介、、というか、写真を並べていこうと思います。作業台が散らかっているのはスルーでお願いします(笑)

カービングについて、本当はフィギュアカービングを入れようと思ったのですが僕らしくシェリダンスタイルカービングです。技術に自信を持てなかったというのもあるので今後勉強しなければです。
今回の図案は基本に帰るという意味で極力シンプルなものにしました。
製作期間は4月27日〜5月10日、だいたい2週間でした。完成は締め切りの8日前だったので「締め切りを守る」という目標も達成できました。アメリカへの荷物は EMSだとだいたい中4日なんですが発送して到着したのが締め切りの1日前でした、、シェリダンは他の地域より2日くらい?遅く届きますね。。


a0228364_18450107.jpg
それでは早速♪
今日はホルスターが完成するまでの過程です。

適当に型紙を作ったあとはとりあえずトコ革で試作です。
a0228364_19082602.jpg

ガンベルトの試作もこの時点でやっておきます。
a0228364_19082692.jpg


どんなにできがよくとも拳銃が入らないと意味がないので、、(^^;;

図案は1回適当に描いてみます。
a0228364_18172671.jpg

このとき色の具合なんかもみてみます。
a0228364_18172688.jpg

一晩寝かせると変なところを発見するので修正です。
まぁ、いいのでは?と思ったのは修正3回目です。ボーダーを紫に染色する案は却下しました。
a0228364_18172717.jpg

ホルスターの帯の製作
a0228364_18450128.jpg

a0228364_18450298.jpg

インレイは羊革でブラックゴールドです。

a0228364_18450206.jpg

マジか!という色合いですが、合わせてみると意外と目立ちません。
a0228364_18450295.jpg

スタッズなどで装飾したあと、トコ革の試作を使って長さがあっているかチェックです。
a0228364_18450305.jpg

OKですね♪

ここらか本体のカービング。
まずはフラワーセンターですがもっているのならばALL-2000を使わない手はないです。
a0228364_18172788.jpg

綺麗さは一目瞭然です。
a0228364_18252699.jpg


そんなALL-2000レザークラフト万能機(RP-2000卓上ハンドクリッカーもです。)がお得に買えるチャンスの記事が五助屋レザーさんのブログにあります。今がチャンスです。

あとはダーっと流します。
カット
a0228364_18252778.jpg

ペアシェイダー
a0228364_18252713.jpg


その他の刻印
a0228364_18252857.jpg

カービング終了&ジオメトリックスタンプ終了
a0228364_18322755.jpg

染色
a0228364_18322758.jpg

a0228364_18322799.jpg


フィグリー
a0228364_18322867.jpg

淵を漉きます、、結構怖い作業です。
a0228364_18322803.jpg

でもこの見た目の良さをみるとやらずにはいられません。
a0228364_18450389.jpg

コバは1センチありますね(笑)
a0228364_18450334.jpg

コバはこれで完成ではありません。なんだかロウとかイリスとか色んな事を試し過ぎてめちゃくちゃになったコバを直すのが大変でした(^^;;
2丁目は染色&トコノールでした(笑)
a0228364_18450383.jpg

帯が付いていると見えない部分のカービングです。
a0228364_18450433.jpg

スタンピングも見えないところですね。もったいない(笑)
a0228364_18513721.jpg

ところどころワープしましたがこんな感じの作業でやっと一丁完成です。
拳銃が入って本当に良かった、、この瞬間強く思うのです(笑)
a0228364_19122707.jpg

これを二つ作って、、
a0228364_18513784.jpg

ホルスターは完成です。
次はガンベルトなんですが、ホルスターのカービングあり部門なのでガンベルトは必要ないんだと思います(^^;;
でもあったほうが豪華に見えるので作ります。
次回はガンベルトです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-24 19:33 | コンテスト | Comments(2)

2017 WORLD LEATHER DEBUT 優勝しました!

こんばんは(^^)

最近色々と忙しくブログを更新できずにいました。そして密かにWORLD LEATHER DEBUT に今年も出品していました。

結果は優勝でした(^^)
作品は去年同様ホルスターでした。去年の3倍は頑張ったと思います。
今回の記事は出品作品の写真を数点、後ほど製作記事を書こうと思います。

a0228364_15190098.jpg

a0228364_15190145.jpg

写真だとわかり辛いですが、カービングの箇所は全て透かし彫りしてあります。

現地で写真を撮ってくださった方がいましたので拝借させていただきますm(__)m
Thank you for uploading my picture.
a0228364_15190105.jpg

ちなみに名刺入れは嫁製作です(^^)

毎回ですが、コンテストは1位以外は狙っていません。
だから完成後は見ることができない裏貼りの中にはこんな感じの文字を製作中に入れておりました。
a0228364_15190257.jpg


応援くださった皆様のおかげです。
本当にありがとうございます(^^)
来年も引き続き頑張ります!

最後にオーダーメイドくださっている皆様、黙って納期やご連絡を遅くしてしまい申し訳ありません。ホッとして力が抜けております(^^;;

Handmade leather goods t.kanno
菅野智宏
Tomohiro Kanno

今日はこんな感じです(^^)
[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-20 15:04 | コンテスト | Comments(8)

ブログ購読者数50万人突破記念プレゼント企画の開催!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

以前告知させて頂きました。ブログ購読者数50万人突破記念プレゼント企画、「只今をもって開催です!」
a0228364_23362230.jpg


50万人という事でプレゼントは5個、更に外れた方の中から抽選で1名様にWチャンス賞を用意しております。
日頃の皆様への感謝です。ふるってご参加ください(^^)

まず先に応募のルールから

1 締め切り 3月31日(金)17時

2 参加方法
参加方法は2種類用意しました。
1 ブログ購読者の方はブログコメント欄にハンドルネームと「○賞希望」と投稿しご応募ください。
2 Facebookでの購読者の方はこの投稿のコメント欄に「○賞希望」と投稿しご応募ください。(僕以外の方がシェアくださった投稿のコメント欄への応募は無効とさせて頂きます。)

3 当選した際、商品を送付させて頂くため僕に連絡先を伝える事が出来る方のみご応募ください。(個人情報は責任を持って取扱いさせて頂きます。)

4 大切に使ってくださる方、また、A賞は東日本大地震追悼の想いを込めた作品です。ご当選された方、心の中で良いです。東北へエールをください。
5 応募できるのはA賞、B賞とC賞です。Wチャンス賞は外れてしまった方から抽選で選ばせていただきますのでご応募できません。

ルールは以上です。

それでは各賞の発表です!

A賞
カービングボード 1名様
a0228364_22503909.jpg


フェザーキーホルダー 2名様
a0228364_22512676.jpg


C賞スタンピングライターケース2名様
a0228364_22525816.jpg

Wチャンス賞
僕が使っていた中古のお財布(笑)
a0228364_22541703.jpg
半分在庫処分のようで失礼(笑)

抽選は僕ではなく嫁による厳正なるあみだくじとか(未定)で決めさせて頂きます。

なので、「よっ!大統領!尊敬してます!!A賞希望です!」とか褒めちぎってくださっても当選確率は上がりません。嬉しいけど(笑)。
あと、今流行りの賄賂は絶対ダメです(笑)

当選者の発表につきまして。
1 ブログ読者の方はブログ上でハンドルネームを発表させて頂きます。
2 Facebook読者の方はブログ上ではイニシャルを発表させて頂きます。

ブログ読者の当選者の方には大変お手数をおかけしますが、当選発表の記事をアップした際僕のメールアドレスを掲載しますのでご送付先等をご連絡ください。
Facebookの方は僕からFacebookメッセンジャーにてご連絡させて頂きます。

プレゼント企画のお知らせは以上です♪

初めてのプレゼント企画ゆえ不慣れなところもあると思いますが、楽しい企画にしたいと思っていますのでお気軽にご参加ください♪


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-03-13 23:46 | レザークラフト | Comments(60)

2017 Leather Carving Contest(AZ Prescott)の結果報告

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

今年も昨年に引き続きアメリカのコンテストに積極的に参加して良い結果を出そうと、、

実は現在アリゾナ州のプレスコットで開催されているレザーワーカートレードショーのイベントの一つのカービングコンテストに密かに出品しておりました。
コンテストに限らずいつも全力でもの作りをしていますので、このカービングが僕の今の限界です。
a0228364_13521976.jpg

8インチ×8インチサイズの中でカービング、スタンピング、染色、アンティーク、コバ処理はOK、シルバーやブレイジングなどはダメですよ。というルールです。
このコンテストは昨年岡田明子さんがエキスパート部門で優勝しています。

ちなみに僕は一般部門での参加です。

結果をいうとダメでした。。
このコンテストは優勝以外の2位、3位がありません。だから優勝以外はダメなんです。

「コンテストは結果が全て」

という考えで僕は出品しているのでただただ悔しいです。参加する事に意義がある。なんて正直なところ微塵も思いません。ただ単純に力ぶそく。というだけです。

今回日本人の参加は僕だけだったのですが、世界は広いな、、と実感しました。そして皆さん基本は踏まえた上での斬新なデザイン、またカービング技法などを個々に編み出して個性をだしているのに圧倒されました。もう”スタイル”と言う枠を超えている作品が多かったです。
多くの素晴らしい作品を見れたことは大きな収穫ですね。

フェイスブックのほうでは既に皆さんの作品の画像がアップされています。(僕が撮った写真ではないのでアップはできません。すいません。)

僕は自分自身、まだ個性を出すなんていうレベルにないと思っています。だから背伸びはせず地道に基本的な事を日々実践し学んでいこうと思います。ここはブレてはいけないところです。

現在、かなり凹んでいますが、同時に激しく悔しい思いで、次回は見てろ!という闘争心に火がついています。
土日めい一杯落ち込んで来週から頑張ります!!

おまけ♪
ブログの訪問者数が50万人突破しておりました。
a0228364_13584935.jpg

いつも思っているだけだったのですが、今回こそプレゼント企画を開催させて頂きます。
詳細はまだ決めていません。決まり次第ブログのほうで発表したいと思います(ブログのコメント欄に書き込み可能な状態にしておきます。)。
楽しみにお待ちください(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-02-25 13:27 | コンテスト | Comments(4)

WORLD LEATHER DEBUT 2017! カービング三昧♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ブログの更新をサボっていたのですがその間ずっとカービングをしていました。ちょっとまだ公開できないのですが今月末には公開したいと思っています♪
表題のとおりカービングばかりやっておりました。
最近フラワーカービングは全て違う花をカービングするのが自分好みになっています。
ちょっと花のパターンを追加しようと思って色々と描いてはカービングしてみました。
新しいパターンと言ってもどれもこれも既にあるパターンのバランスを少し変えたりとかその程度です。岡田明子さんのパターンの真似ばかりですね(^^;;
図案描きはいつも手描きです。
a0228364_18474911.jpg

トレース
a0228364_18474966.jpg

カービング
a0228364_18475090.jpg

オイルアップ
a0228364_18475034.jpg

アンティーク
a0228364_18475165.jpg

タンコート
a0228364_18475128.jpg

完成です♪


続きまして今年もきましたね!WORLD LEATHER DEBUT2017の申し込み用紙とルールなどが書いてあるリーフレットです。
1回出品すると次の年から送られてきますよ♪
a0228364_18475218.jpg

ジャッジに関して変更点があるみたいです。こう書いてくれると分かりやすいですね。
a0228364_19031226.jpg
今年も頑張ります。
もちろんめざすは一位です!!
今年は締め切りギリギリにならないよう気をつけます(笑)

続きましてレザークラフト教室です♪
いつも通ってくださっている仙台レザーズの山本さんはひたすらカービングをしております。
a0228364_18475222.jpg

かなり上達してますよ!!
次回はカービング入りのビルフォード製作に入ります♪
この調子で頑張りましょう(^^)

おまけ♪
僕はネット関係の事に凄く疎いので、どのような方法をとれば閲覧数があがるのか?とかわからないですし、この数値が良いのか?悪いのか?もわかりません(^^;;
しかし、この安定感はなんなんだろう??

a0228364_18584772.png
でもなんとなくですが、いっぱい見てくださっているんだな、、と励みになっています。
皆さんありがとうございます!
五助屋レザーさんが公開していたので真似してみました。いつもまねばかりで失礼m(__)m

いつもブログにリンクを貼ってくださるのでお返しです♪
こういうのでもヒット率が変わったりするのだろうと思います。


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-02-18 19:04 | レザーカービング | Comments(0)



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん こ..
by tkanno4649 at 18:54
ついにアメリカンタイプを..
by angie at 18:44
>noraさん はじめ..
by tkanno4649 at 20:17
はじめまして。 kan..
by nora at 18:11
>angie さん 嬉..
by tkanno4649 at 11:17
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。