俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

のりとポニーと革漉き機

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ステンレス製じゃないのに加工した刻印が錆びたり、アルコール染料やアルコールランプの中身がいつの間にかなくなったり朝作業しようと思ったらゴムのりの蓋が微妙にあいててお餅風味になってたり、ラナパーが液体化し、湿度で自分自身もとろける嫌な季節ですね(笑)

最近備品や消耗品を買うにも予算が厳しかったりと買い物は避けていたんですが、ヤフオクでポニーを、あとごむのり、溶剤、ラバーボトルを買いました。

まずポニーですが、これです。
a0228364_15131278.jpg

みーちゃんバージョンと命名されているものです。
手縫い頑張っている嫁のために買ってあげましたp(^_^)q
折りたたみができるタイプで良い物を、、と思い購入して見ました。過去に自作してみたり購入してみたりで今5台ほど持っていますが今までのポニーの中では1番の良さです!

価格は決して高くはありません。

今までの折りたたみ式の場合、面倒だったのは革を挟むとき土台を固定するネジと革を挟むネジ2つを回さないといけなかったのですが、写真のような構造なのでこのポニーは一つのネジを回すだけでOK、挟む箇所も9cmと程よい広さがあるので固定力も抜群です。

あと、ネジの取り付け箇所が下の方にあるので実際に縫う時は太ももで隠れるので縫っている最中糸がネジに引っかかるというストレスもありません。

安くても良い物があるのだな、、と思いました。手間とか考えると儲けは考えていない値段だと思います。もう一台欲しいと思うくらいです。

最近世に出回っている工具は単純に高いから良い、安いから悪いとは言えないところがあると感じています。
刻印だとアメリカ製刻印のコピー商品が出ていたり、ワンランク上の○○と言ううたい文句の工具が実は見た目だけワンランク上で肝心な刃は研いでも刃が付かない某国製の粗悪品だったりと何を信じていいやら分かりません(^^;;
とりあえずは信頼できる方や信頼できるショップから購入するしかないかな?と思っています。
余談でしたがご注意くださいf^_^;)

嫁の手縫いスピードも抜群に上がるはずですp(^_^)q
嫁が手縫いしている間、僕は自分の仕事をするのでヤバイ時はわざとピッチの狭い菱目打ちを使ったりとか考えています(笑)

次にのりです。
カービングをメインでやっていたせいか?僕って仕立ての事はかなり無知だったりします。
のりと一口に言っても様々な物があってそれぞれ性質が異なり用途も違うんですね、、これは最近知りました。
ほとんどの仕立てでダイアボンドを使っていました(^^;;
ここぞ!というところはダイアボンド使いますが裏張りや仮止めに使うにはコスパが悪過ぎですね、、
a0228364_15131598.jpg

匂いも少なく接着力もなかなかのSEIWAのスーパーゴム糊が少なくなったうえ、おもちの様になったので溶剤で薄めようと以前買い置きしていた協進エルの溶剤の蓋を開けたらかなりの匂い、、それでエルスーパーボンドもかなりの匂い、、

ちょっと家の工房環境じゃ使えないな、あとコスパを考えてエバーグリップ、CRシンナー、ラバーボトルを買いました。
a0228364_15131391.jpg

ラバーボトルは小さいのを買いました。場所もとらず小物中心の僕にはちょうどいいサイズですp(^_^)q
エバーグリップよりCRシンナーの方が匂わない様な感じがしました。
まだ届いたばかりなので詳細は後ほどということで♪
それでこのラバーボトル、、割れる、溶ける、漏れる、爆発するという話を聞きました(^^;;
特に暑い時期の話だと思います。この時期の揮発とラバーボトルの密封力の強さ=爆発!!
なので定期的に開けてくださいとアドバイス頂きました。また、ボトルの置き方とか様々なアドバイスも頂きました。
ありがとうございます!

個人的には西部警察とか好きなので爆発!とか言う単語は好きですが、僕の身の回りでは起きて欲しくないです(笑)

そしてシンナーの説明文を読むと、
保管は消防法に準じて、、、涼しくて風通しが良いところに保管して施錠してください。と書いてありました。
我が工房にはそんな場所はありません。。

嫁が冷蔵庫は?と言いましたが冷蔵庫の中で爆発するシーンが脳裏に浮かびました。却下です(笑)

最後に革漉き機です。
ステッカーも一個増えました。
a0228364_15131310.jpg

ZIT TOOLさんの革漉き機ですがすこぶる調子良いですp(^_^)q
凄くあたり前の話なんですが、グラインダーで研いでいくとだんだん火花がなくなってきて最終的にはなくなります。これが研げた証拠です。
a0228364_15131454.jpg


これは今年の初めにカービングを教わったさとけんさんから教わりました。
なんですが、以前不良で返品した革漉き機はいくら研いでも火花がなくなりませんでした、、あと、バリとりをしようと棒砥石を当てると棒が丸刃に弾かれたりしてました。多分軸がぶれていたんだと思います(^^;;

現在、のりを薄めようとシンナーを容器に入れていたら手に思いっきりぶっかかってちょこっとひりひりしてます。説明書読んだら、手袋してくださいって書いてありました。今日は仕事やめときます(^^;;

というか、今日は土曜日なので定休日だった!
休みなしで仕事しているから曜日感覚ないです。仕事が趣味だったりするから苦じゃないですが疲れはします。

早速気分転換に外にでも行って新鮮な空気すおう!!

と思っていたら雨降ってきました、、湿気もすごいし、、
錆びた刻印やら工具を磨こうと思います。

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-28 13:33

ラウンドファスナーウォレットのコツと淵のぼっこし( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

蒸し暑いですね、、福島市は盆地なので不快指数半端じゃありません(^^;;
クーラーない寝室で寝るのはもう無理だと思って作業場に布団ひいて寝てます(笑)

今オーダー品のカービングベルトに取り掛かっています。
今回はコンパスとか使ってもどうもキレイな図案が描けなかったので、それだったらフリーハンドだ!
と思いまして、、
a0228364_2317737.jpg

ダメダメですね、、曲線が不自然(^^;;
a0228364_2317856.jpg

途中まで練習で彫ってみたんですがなんだか乗り気になれず放置状態です。まだ僕にはフリーハンドなんて早いんですね、、
図案集でもっともっと練習したいと思います!

それで本題ですね。。いっぱい写真撮りながら作業したので、今回の記事はかなり長くなると思います(^^;;

まずはラウンドファスナーです♪
色々と皆さんに教わったり、前回作った物の反省点を踏まえて今のところ僕の中ではベストだと思っている方法です。

とりあえず完成写真を♪
a0228364_23173082.jpg

a0228364_23173055.jpg

それではファスナー取り付けの手順です。色々と方法はあると思うので参考まででよろしくお願いします。

1 革の切り出し
どんなにファスナーを上手く取り付けても土台(革)が精確に切り出せていないと最終的には財布自体がよじれます。

なので、表面の革を半分に折って左右のRの部分、直線の部分をヤスリで削るなどして整えます。
a0228364_23175810.jpg

その次に表面にくる革とファスナーを取り付ける土台になるパーツを片面だけ軽くボンドで貼り合わせます。

その際表面にくる革と土台を貼り合わせる向きが上下逆にならないよう印をつけておけば良いと思います。今回は◯×にしました。縫い合わせる時◯どおしを合わせて縫えば良いと言うことです。
a0228364_23175949.jpg



a0228364_19411247.jpg

土台になる革を表面にくる革に合うよう整えます。

a0228364_23175892.jpg



2 穴あけ
仮止めをした状態で穴あけをします。
その際、両端の始点と終点が写真上部から同じ距離になるよう精確に印をつけます。
この寸前は反対側も同じ距離にしてください。今回は71.5mmでした。
a0228364_23175290.jpg

表目に印が出るよう目打ちを貫通させます。
a0228364_23175356.jpg

これで始点と終点が決まりましたので、ネジ捻等で印をつけて菱目打ちで穴あけをします。この際始点と終点になる所をまず開けてから全体の穴あけをしてください。
a0228364_2326964.jpg

垂直に菱目開けると裏面もズレません。
a0228364_23262250.jpg

菱錐で貫通させて穴あけが完了しました。
a0228364_23264228.jpg

表目とファスナーを取り付ける土台の革はちゃんと合っているので表目もコバからの穴の距離が合うはずです。
a0228364_23175416.jpg

続いて反対側も同じ要領で穴開けをします。先ほども言いましたが始点と終点は同じ距離にしてください。今回は71.5mmです。
これで半分に折った時上部と下部の始点と終点が合います。
a0228364_23175659.jpg


穴開けが終了するとこのような状態になると思います。
銀面
a0228364_23175779.jpg

トコ面
a0228364_23175756.jpg


3 コバ処理
貼り合わせた後にコバ処理できないのでこの段階で処理します。
細かなところですが、下の写真の部分は完成した時見える部分なので僕は磨いています。
a0228364_2317593.jpg

表目の裏側も縫い位置によってですが若干見えるのでちょっと内側も磨きます。
a0228364_2318069.jpg

ここは単なる拘りなので普通にヘリ落とししてトコノールなどで磨けば良いと思います。

4 ファスナー作り
ファスナーの長さの決め方なんですが今回は型紙を元に外周(半分)を計ったら約30cmだったので財布の内側に入る分を考えてプラス2cmとりました。
この計算は僕がいつもやっている方法で参考書などで知った方法ではありません。
ファスナーの始まりと終わりは財布の内部に隠れるので多少長く取る分にはいいのですが、短いとダメなので不安だったらもう少しプラスすれば良いと思います。
ちなみにファスナーの長さは金属の部分の長さです。
ファスナーのこちらは真っ直ぐ取り付ければ問題ないと思います。
a0228364_2318192.jpg

ただし、反対側は正確にに取り付けてください。
a0228364_2318136.jpg

止めを付ける前はファスナーの構造上爪がズレています。
なので止めはこのようにすれば良いと思います。今回の様な場合は右側の止めと爪の距離を少し広めにとります。
a0228364_2318296.jpg

閉めた時この状態だとバッチリです。
a0228364_2318211.jpg

最後にファスナーを半分に折ってファスナーの両端に印をつけてください。

5 ファスナーの取り付け位置の印つけ
今回はファスナーを2cm出すように作りました。それで使用したファスナーは30mm幅の物を使いました(サイズは5号が良いと思います。)。
なので、前回も書きましたが、
(30mmー20mm)÷2=5mm
なので土台のコバから5mm幅の所に取り付ければ20mmファスナーが見える事になります。
まずはネジ捻等で印をつけてその印の上にマジックとかとにかく目立つもので分かりやすく書けば取り付けやすいと思います。
土台になる革のトコは仕立てた時見えないので大丈夫です。

あとファスナーを取り付ける作業でもっとも大切だと思うのですが、左右のど真ん中に印をつけてください。
a0228364_2318378.jpg

こんな感じで良いと思います。

6 ファスナーの取り付け
多くの参考書に両面テープを使う様な事が書いているを書いてあると思いますが、両面テープだと接着力が弱くて僕は上手くいった事がありません。
僕はダイヤボンドを使っています。かなりしっかり止まると思います。
ダイヤボンドの利点は仮止めの段階だと剥がしやすく圧着すると強力に接着出来ること、粘度が程よく伸びもよく糸が引かないところだと思います。

ボンドを貼る所はファスナーの端と先ほど付けた印の真ん中あたりで良いと思います。
a0228364_2318390.jpg


次の作業が1番大切な作業だと思います。
ファスナーを取り付ける際、まず先に取り付けてるのはファスナーの真ん中に付けた印と土台の革の両端中心につけた印どおしです。
a0228364_2318590.jpg


これは合印と言ってここさえ合っていればと言うくらい大切なところだと思います。

合印のところを接着した後、僕はこの位置くらいまで貼り合わせます。
a0228364_2318442.jpg

次にRの部分に取り掛かる訳ですが1番厄介なところだと思います。
でも、こういう治具を使えば結構楽です。
今回のRは10なのでちょっと厚みのある木などを削ってR10の曲線をつけた下敷きの様なものを使えばいいと思います。
a0228364_231858.jpg

取り付ける時はこんな感じにすれば良いと思います。
a0228364_2318681.jpg


次に菊寄せですね。
これも苦戦するところだと思います。
僕の場合ですが治具に合わせてRの部分だけ残すようにこのくらいまで接着します。
a0228364_2318621.jpg

写真の様に手前にファスナーを倒す様に貼り付けていった方が楽だと思います。
目打ちなどを使ってまずは真ん中をRの中心に一箇所貼り付けます。
a0228364_2318741.jpg

これで2つ山ができるはずです。
この際、ファスナーを引っ張らないと印のところまでこない場合はRの部分の遊びが若干少ないんだと思います。
その際は慌てずRの向こう側に貼り付けたファスナーを一度外してもう一度ボンドをはって調整すれば大丈夫です。
次に両サイドの2つの山を潰す様にとめます。
a0228364_2318747.jpg

これで4箇所山ができます。
4箇所山を潰します。
a0228364_2318888.jpg

これを繰り返すとこのようにバシッと菊寄せできると思います。
a0228364_231887.jpg

それで全ての箇所を張り終えました。
a0228364_2318946.jpg

この箇所がバシッと合っていれば正しく取り付けられた証拠だと思います。
a0228364_231810100.jpg


7 縫い合わせ
内部のパーツを取り付けたあと、先ほど付けた◯×を間違えないように縫い合わせます。内部は接着しないです。
穴空けの段階で穴はバシッと合っているので途中の穴にマチ針の様な感じで2枚の革を固定して縫い合わせていけば良いと思います。
縫い始めはファスナー金具のある方が開きにくいのでそこから縫い始めれば良いと思います。
マチ針は縫い合わせが進んでいけば先にズラすと手縫いの邪魔にならないと思います。
a0228364_23181160.jpg


片方終わりました。
a0228364_23181132.jpg

反対側も同様です。

縫い終わりました。
a0228364_23181270.jpg

なかなか良い感じだと思います♪

すご〜く長くなりましたが、それだけ大変、、という事だと思います(^^;;
自己流のところ多いですが参考までにと思います( ´ ▽ ` )ノ

あと、色々と知恵を貸して下さったLife Tools Studio NOLAさんありがとうざございました!!

あと、ちょっとリクエストがあったので簡単に淵をボッコシさせる方法です。
僕は革漉き機持っていますし、長距離の直線とかは機械に頼るところありますがそれでも小さなパーツは今だに手で漉いたりしてます(^^;;

なるべく多くの工具を使わない手順で解説して見ようと思います♪

今回はコバから3.5mmのとこにステッチを入れる場合です。
あと今回は2mm厚の革でやってみます。
a0228364_23181342.jpg

ゲージは持っていた方が良いと思います。
まずネジ捻等でトコにコバから5mmのところに印をつけます。
a0228364_23181223.jpg

この印から革包丁(別断ちや彫刻刀の平刀でも良いと思います。)でだいたい半分、今回は1mm厚くらいまで斜め漉きします。
a0228364_0122124.jpg


だいたい1mmになりました。これはなるべく均等な方が良いと思います。
a0228364_23181429.jpg


次に革を濡らしてコバから4mmのところにネジ捻をひきます。
a0228364_23181448.jpg

ヘラやローラーで押し付ける様にすると段差ができると思います。
a0228364_23181577.jpg

裏が平らになっていればOKです。
a0228364_0153485.jpg

段漉きじゃなくても大丈夫です。あと、僕も含めてですが、包丁がしっかり研げていればバリは出ませんが僕はどうしてもバリ(コバがバサバサになる)が出ちゃいます。
a0228364_23181612.jpg


とりあえずカッターなどでケバケバなところカットしちゃいましょう。
a0228364_23181665.jpg


ホントは頑張ってバリでないようにするべきですが、今回は簡単にがテーマなので(^^;;

後は乾いてから普通にボンドで貼り合わせてローラーなどで段を崩さない様に気を付けて圧着します。
a0228364_23181778.jpg

この段階でもうかなりボッコシしてると思います。
a0228364_23181862.jpg

次にコバから3.5mmのところにネジ捻等で線を引いて、
a0228364_2318183.jpg

菱目打ちで穴を開けて、
a0228364_23181945.jpg

縫ってからコバ処理後糸とコバの間をヘラなどで押さえつけてあげればこんな感じになると思います♪
a0228364_23181952.jpg


今回の記事はこれで全て終了です。
今までで一番長い記事です。誤字脱字かなり凄いと思います(^^;;

なぜこんな長い記事書いたかというと、最近休みなしで仕事をしていたら疲れでダウンして嫁からレザー1日禁止令が出たからです(^^;;

ブログ書きも仕事の内かな、、?
だったら怒られます(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-24 16:20 | レザークラフト

ラウンドファスナーミニウォレット完成( ´ ▽ ` )ノ

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

僕の家は寝室のみエアコンがないです。。
朝起きたら指先など明らかに干からびてる感があるので熱中症にならないようどうにかしなきゃです(^^;;

それでここから革話です♪
こんな感じです。
a0228364_2562658.jpg


革漉き機でベタ漉きをすると抑えがねの構造の影響(両端の角)でどうしても銀面に筋がついちゃうんです、、
そこで革濡らしてガラス板でハンドグレイジングさせようと思ったらうまくいかなかったんですが、木目調な感じになって結果オーライ(笑)

そんななか、、完成後に気がついた大失敗、、
a0228364_2562680.jpg

内部パーツを裏表逆に組み立てたせいで、そのつもりは毛頭ないのにトコ面を生かした作品みたいになっちゃいました、、なにをやってるんでしょうか?!
次作は気をつけます(^^;;

それでちょこっとラウンドファスナーを作る際気を付けたいとところを何点か紹介したいど思います♪
いろいろとやり方あると思うんですが僕の方法です♪

ファスナーを半分に折ってそこに目印、さらに貼り付ける革の中心にも印を、
ファスナーを取り付ける際はこの印を左右ともバシッと合わせるとファスナーの帳尻が合わないという事を防げます。
合印っていう技法ですねp(^_^)q
a0228364_2562857.jpg


ラウンドファスナーの内部の台座、表面は組み立てた時見えなくなるのでガンガンマジックとかボールペンなどで印をつければいいと思います♪
a0228364_2562960.jpg


それでファスナーの仮止めなんですが、参考書だと両面テープを使う方法をよくみますが、僕はダイヤボンドを使います。凄く楽でしっかりとまるのでお勧めです。
a0228364_2562982.jpg

あと、ファスナーを内部の台座に取り付ける幅(コバからの距離)の計算の仕方は下の通りです。

今回は29mm幅のファスナーを使って、完成する時は15mmファスナーが見えるようにしました。
なので今回はの内部の台座に取り付ける位置は、「(29mmー15mm)÷2=7mm」になります。
と言うことでコバから7mmのところにネジ捻などで印をつけてからその上をボールペンなどで見えやすいように印つければいいと思いますp(^_^)q
この計算方法を知っていれば様々な幅のファスナーでも取り付け位置で迷う事がないと思いますp(^_^)q

今嫁が一生懸命手縫いしてます。スピードは求めないでとにかく一針一針丁寧に!
とだけ僕は言っています。
a0228364_2563017.jpg

頑張ってp(^_^)q

今日はこんな感じです(^^)/~~~
↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-20 10:00 | レザークラフト

嫁が結構本格的にレザークラフト始めました(笑)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

8月のイベントに向けて小物を大量に作ろうと思っているのですが、、
僕って同じ物を何個も作るの苦手なんです(^^;;
あと、本当はシェリダンスタイルのカービングをしたいのですがフィギュアカービングが多いので、定休日は自分用にシェリダンスタイルカービング入りの財布作ったりしてます。
趣味が仕事だったりするので毎日レザークラフトやってます。行き詰まる感がない時は楽しいです♪
最近財布のローテーション早いです。2ヶ月ごとに変わってます(笑)

でも、カービング入りのベルトのオーダー頂いたので思いっきりシェリダンスタイル彫れて嬉しいです!
しかもベルトだから手縫いなしでOK(笑)

それで何度もブログに書いた事あると思うんですが本当はカービングだけやりたいんです(^^;;
だから仕立て、、特に手縫いがキツく感じる時があります、、

そんな中、嫁がちゃんとレザークラフトをやりたいと言いだしたのでとりあえずはと手縫いを教えてみました。
a0228364_114108.jpg

ポニー使ってます。
ちゃんと菱ギリも研ぎます。偉い!
a0228364_1141188.jpg

それで手縫いの感じもなかなか良いです♪
a0228364_1141138.jpg

ヤル気満点なのと、ダメなところに気が付いているところに将来性を感じます。上手くいってないところをみると悔しいみたいです。いいですねp(^_^)q

そしてなにより僕が助かる(笑)

三日坊主にならないよう、飴と鞭の絶妙なバランスを考えたいと思います♪

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-15 00:48 | レザークラフト

初心者の方が揃える工具をなるべく予算スリムに!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

8月3日(日)に福島市MAX福島4階A•O•Zで開催される「ハンドメイドマーケット」に出店が決まりました。
まだ先なので細かな告知は後ほど♪
今年の目標としてイベント出店をする!というのがあったのですが有言実行したいと思いました。
あと、革製品なので野外はやはりキツイな、、とおもうので天候にも左右されない屋内イベントを中心に参加して行こうと思いますp(^_^)q

前置きは以上です。
ホントのところは分かりませんが、最近初心者の方向けのレザークラフトの参考書が数多く出ているようなのでレザークラフト人口増えているんですかね?
もしそうだとしたら嬉しいですp(^_^)q

そこで、レザークラフトを始めるに当たってまずネックになるのは工具が高い、、という事ではないでしょうか?
僕もそうでした。

各メーカーさんから初心者キットも販売されていますが、結構なお値段しますよね。安い物もありますが極端に工具が少なかったりとか、、(^^;;

それでもってそのキットには別にいらないだろう、、という工具も入っているはずです。
カッターくらいはもってますよね?そして中には木工用ボンド、ゴムのりとか普通に100均で売っている物あります(笑)

工具の前に本当は参考書が一冊欲しいところですが、先ずは各メーカーさんから出ているカタログがお勧めです。
簡単なカードケースの作り方(SEIWA)や工具の使い方が書いてあります。なのでこれは必需品なんじゃないかな?とも思います。
a0228364_16231225.jpg

SEIWAはホームページから印刷できますし、クラフト社と協進エル社のカタログ冊子は500円くらいしますが電子書籍として閲覧可能です。

あと、レザークラフトには3大メーカーがありますのでザクッとそれぞれのメーカーさんの専門分野みたいなのを言うと

1 クラフト社→工具、オールマイティー
2 協進エル→革、オールマイティー
3 SEIWA→染料

みたいな感じだと思います。ホントにザックリすぎですいません(^^;;
そんな中、最近その大手メーカーの風穴を開けるが如く日本の技術力の高さを物語る新たなツールメーカーさんが増えてきましたね!
妥協なしのハイクオリティーツールが多く海外製高級ツールに負けていないというか、僕が持っている範囲ですが海外製高級ツールより上だと思います。
レザークラフト全盛期の30年前に工具を作っていた職人さんがそろそろ引退という時期で特に手作りの工具は将来どうなるんだろ?と思っていたのでこれって凄く嬉しいです!

それで本題の工具です。

レザークラフトはやはり特殊な工程があるのでどうしても専用工具でなければならない物もあります。
そして、本当はちゃんとレザークラフトメーカーさんから発売されている物が1番です。

あとこれは気を付けて欲しいという事がありまして、、
最近ヤフオク、Amazonなどで妙に安い菱目打ちセット、16本若しくは20本セットの刻印(必ず16本か20本です。)、ネジ念、いっぱい種類のある型抜きなど(1円スタートが多いのも特徴だと思います。)はほとんどは質が非常に悪い工具です。
見た目は日本製とあまり変わらないけど実際使うと質が悪く、ヤフオクだとレザークラフト工具のカテゴリーの5分の1?はその質の悪い工具に占拠されているという非常に荒れた状態です。

これは僕だったら絶対買わないという話で、買ってはいけないという話ではありません。悪い工具使うとそれなりのものしか作れないですから(^^;;

見抜き方は結構簡単です。

商品説明欄に「海外製品」と書いてあるもの、製造先(国)が記載されていないものはだいたいのものが質が悪いと思えばいいと思います。

店側は日本、フランス、アメリカ製などだとちゃんと日本製とか書くんです。

つまり「海外製品」としか書いていない工具や書いていない工具はその国を明かすと売れないからという都合で表記しないんだと思います(笑)

なので僕個人の考えですがヤフオク、Amazonでレザークラフト専用工具を買うのはお勧めしません。レザークラフトショップ若しくはレザークラフト専門のネットショップがお勧めです。

随分と話それてすいません(^^;;

話戻します。
僕なりにですが必要と思う工具をあげてみたいと思います。
あと、今回は金具を取り付ける場合に必要な工具は省きます。

100均のもので十分な物やホームセンターで手に入る物も多いです♪
(くどいようですが、本当はレザークラフトメーカーさんのカタログに掲載されている物を買うのが確かです。)
a0228364_16231365.jpg

これだけあれば十分だと思います。

それでは作業工程毎に紹介してみようと思います。

1 革を切る工具
(1)カッター
(2)定規
(3)カッティングマット
最初は全て100均のもので十分です。

2 接着に使う工具
(1)木工用ボンド系を使う場合
クリップ
(2)ゴムのりを使う場合
ローラー(ホームセンターの障子貼りコーナーに似たような物があり300円くらいで買えると思います。)

3 縫い線の印つけに使う工具
(1)ディバイダー
これはもともとは金属用コンパスなのでホームセンターにいけば1,000円くらいで買えると思います。

4 縫い穴を開ける工具
(1)菱目打ち
これはレザークラフトメーカーさんから発売されている物が良いです。最初は2本刃と4本刃の2本で良いと思います。標準的な幅は4mm幅、太い糸を使いたい場合は5mm幅で良いと思います。
2本でだいたい1,700円くらいで買えます。
(2)ゴム板
これはホームセンターで売っているゴム板ではダメだと思います。レザークラフト用とは硬さが違います。
様々な大きさがありますが、僕はゴム板(小)を良く使います。1,000円程度です。
(3)丸ギリ
短い千枚通しがもしあるなら100均ので大丈夫だと思います。
(4)木槌
最初は100均ので良いと思います。もしゴムハンマーしかなかったらそれでも良いと思います。ゴムハンマーは音がうるさくなくて良いという利点もあると思います。

5コバを処理する工具
(1)ドレッサー
もともとは木工用なのでホームセンターだとサンダーという名称で売っていて800円くらい?で買えると思います。
コバを整える為に使う工具なので耐水ペーパーの400番と800番でも良いと思います。
(2)ヘリ落とし
これはレザークラフトメーカーの物しかない工具だと思います。サイズが色々ありますが、標準的な物は2番で1番安い物だと1,000円くらいで買えると思います。
コバ(作品の側面)の角の面取りに使う工具です。カッターでも代用できるので必需品という訳ではありませんが、使うと作品の完成度も上がると思います。

以上です。

金額をまとめると、
・レザークラフトメーカーの工具
約2,500円〜3,500円
・ホームセンターで用意できる工具
約1,400〜2,100円
・100均で十分な工具
約400円

総合的な予算は約4,300円〜約6,000円くらいになると思います。買わなくても持っている工具があればもっと予算抑えられますね♪
算数間違えてたらすいません(^^;;

あとはのり、糸、革など必要ですが工具の初期投資はこのくらいだと思います。
のりは木工用ボンド、G17(ゴムのり)あたりは100均で売ってますし、糸はレザークラフトメーカーからロウ引き糸で1番安い物だと250円くらい、革は最初はは端切れで練習すれば良いと思います。
僕の場合ですが最初の頃は着なくなった革ジャンとかを切ってコインケースとか作っていました。

僕なりのチョイスでなるべく低予算にしたつもりですが、本当はレザークラフトの高い知識を持った店員さんのいる専門店で何を作りたいか?を伝えて選んでもらうのが1番です。ただ、なかなかそういうお店が近所にない方多いですよね、、
あと、初めての方にとってこの値段は高いと感じると思います。
僕もそう思いました、、

始めていけば必要な工具は自然と分かってくるので少しずつ揃えていけば良いと思います。

まずはカタログからだと思います。

レザークラフト人口増えたら良いな〜なんて思いながら書いてみました♪

最後におまけ♪
ラウンドファスナーロングは一式作りました。
a0228364_16231358.jpg

屋号のステッカー作ってもらいました♪
a0228364_16231465.jpg

イベント用のライターケース4個追加しましたp(^_^)q
a0228364_16231597.jpg

あと、嫁にレザークラフト仕込み中です。
a0228364_16231697.jpg

なかなか良い感です♪
a0228364_16231798.jpg

将来的に手縫いは任せたい、、(笑)


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪↓

革・革小物 ブログランキングへ
[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-10 12:42 | レザークラフト

ラウンドジップロングウォレット!I様オーダーのロングウォレット一式の進捗状況!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

梅雨に入る前の暑さには参りました、、完全にダウンしていましたが、梅雨に入って今度は寒い♪
僕雨と寒いの好きなんです♪

それで、I様オーダーのロングウォレット一式の進捗状況です( ´ ▽ ` )ノ
かなり牛歩ですが、ロープにはカットと刻印をいれますp(^_^)q
こんな感じです♪
a0228364_19315856.jpg

それで始末はこれにしよう!
a0228364_1931596.jpg

そしてついでにレースメーカーで革紐も作成( ´ ▽ ` )ノ
a0228364_1932057.jpg

思ったより長く紐できるんです♪
コツ掴むと気持ち良いくらいシュルシュルっと切れます。あとはお湯につけて真っ直ぐにしてから乾燥させればちゃんと真っ直ぐになりますp(^_^)q

それで他ではK様よりバッグのオーダー、S様よりカービングベルトのオーダー頂きベルトの方は打ち合わせ中です( ´ ▽ ` )ノ

結構オーダー頂いているんですがホントに牛歩で申し訳ないです(^^;;

そんな折こんな本を買いまして、、
a0228364_1932051.jpg

どうしてもラウンドジップのロング作りたくなって、カービングは最近オーダーでは頂く機会が減ってきたフラワーカービングです。図案はBob Park著の「Westan Floral Designs」に載っていた図案で彫りました♪
この参考は図案の描き方がメインなので刻印指定とかはないです。なので刻印でチョイスしました(^_^)v

こういう事してるからオーダー進まないんですよね、、すいません(^^;;

こんな感じです♪
a0228364_1932730.jpg


途中経過の写真です。今まで作っていた手順と全く違ったので仕立てが物凄く難しかったです(^^;;
a0228364_1932297.jpg

ラウンジジップタイプは完成すると完全に開かないのでカービングの全体が分かるのは作っている最中が最後です。

実はこのロング、、本当はオレンジ系の色にしようかと思っていたんですが、、
こいつを買ってきたんです!
a0228364_1932326.jpg

いや〜やっぱり良いですね!!
あんまりストーリーは好きじゃないけど北斗の拳2の主題歌、TOMCATのタフボーイとか好きなのでベース弾いたりしてたら、漢の血が騒ぎ黒になりました。。多分(笑)
Facebookでアップしたらいつもお世話なっているSmileHeartくん情報で「北斗の拳 いちご味」なる漫画の存在を知りました、、サウザー好きな方には良いかも(笑)
表題からして萌えっとしたものを想像したのですが見事に裏切られました、、絵図らは完璧に原作です。内容はギャグ漫画みたいです(笑)
ちなみに僕は雲のジュウザとアインが好きです♪

すいません。長文の蛇足でした(^^;;

あと、イベントにも行って来ました(^_^)v
a0228364_1932376.jpg

ステムキンさんありがとうございました♪
一緒に写真撮ったらステムキンさんのハツラツとした笑顔と対照的な僕の生気が失われた感じがなかなかナイスな写真でした(笑)

あと、life tool studio NOLAさんと以前イベントでお会いした樋口工房さんが工房に遊びに来てくださりました(^_^)v
いつでも開催OKの「レザークラフト部」です♪
a0228364_1932457.jpg

NOLAさん、樋口工房さん、僕で材料の切り出しをしてみたのですが、全員方法が違いました、、こういうのも面白いですね♪

あと、以前僕の財布が雑誌の表紙になった件、誌面には誰が作ったか載ってないし宣伝にもならない、、と思っていたら樋口工房さんがこう撮ればと!
a0228364_1932629.jpg

樋口工房さん頭良い!そして僕は馬鹿だ(笑)
使ってもないのに良い感じのエイジングp(^_^)q
雑誌社から帰ってきたらエイジング状態で帰ってきました(笑)

かなり長文記事になっちゃいました、、もうちょっと更新マメにしなきゃですね(^^;;

今日はこんな感じです(^^)/~~~

↓ショップのリンクです。よろしければご覧ください。↓
Hand made leather goods
t.kanno


[PR]
by tkanno4649 | 2014-06-07 18:07 | レザークラフト



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
>くのさん はじめまし..
by tkanno4649 at 20:50
モデルガン買えばよかった..
by くの at 20:46
>きょーへーさん ご無..
by tkanno4649 at 20:45
賞、おめでとうございます..
by きょーへー at 20:38
> angieさん こ..
by tkanno4649 at 18:54
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。