俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

カテゴリ:コンテスト( 18 )

2017 IFoLGの結果発表!用を成すということ!苦手なものにチャレンジ!


こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

福島県福島市の自宅兼工房でレザークラフト教室、革製品の製作などをしています。Handmade leather goods t.kannoです。

まずは先月、テキサスで開催されたインターナショナル フェデレーション オブ レザークラフターズ ギルド(IFoLG)のコンペの作品が帰ってきました(^^)
今回はワールドレザーデビューにも出品したホルスター、ラウンドナイフケースとレザーバングルでした。
結果はマスターズデビジョンで全ての作品で2位でした。

a0228364_17534353.jpg
少し自慢なのは、IFoLGのコンペは最初オープンデビジョンから始まり、アドバンスデビジョン、マスターズデビジョンへとステップアップするのですが、そのマスターズデビジョンにいると言う事です。
アメリカでは一度コンペに出品した作品を他のコンペでも出品できます。確か1年以内?だったと思います。
とは言えIFoLGのコンペに向けて作った訳ではないので罪悪感がありました。。
ワールドレザーデビューの際、シェリダンにいけなくて僕の作品を直に見れなかったアメリカの方数人から直に見たいと言われたので出品させて頂いたところがあります。
次回はコンペに向けて頑張って作品作りをしたいと思います!

今回出品したレザーバングルはある3人グループにお祝いとして製作していたものだったので1位を獲りたかったです(^^;;
a0228364_18081331.jpg
刃物の館やすらぎ工房さんのラウンドナイフのケースでは普段ほとんどしないオークリーフのカービングに挑戦しました。
やった事がない事は難しいですね(^^;;
その分楽しかったですけどね♪
a0228364_18061344.jpg

今年のコンテストはこれで全て終了です。
良い結果を出せたと満足していますが、来年はより頑張ろうと思います(^^)

続きまして、「用を成す」という事について、
今回も出品したカービングホルスターの事です。
例えば、お財布を作ってみたらカードケースにカードが入らない、、これはお財布としての「用を成していない」失敗作だと思います。
実はこのホルスター。見た目と技術についてはかなり良い評価を下さったんです。
アメリカの会場で撮ってくださった写真からも想像できると思うのですが見た目は良いのだと思います。
a0228364_18160030.jpg
なんですが、「用を成していないんです。」例えば拳銃の出し入れがスムーズでない。脱落防止の革紐が機能を果たしていない。など実用に耐えられないという点で、悪く言うと飾り物になってしまったのです。
もちろん日本は銃社会ではありませんから、型紙とか作り方の参考書なんてありません。半分想像で作らないといけないところがあってなかなか難しかったのですが、アメリカの参考書を読んだり日本でもホルスター作りの名手がいますから教わったりすべきだったんだと思います。

デザインなどは、「ちゃんと使える。」の次だと言う事を学ぶ事が出来たのが今年の大きな収穫であったと思います(^^)

次に苦手な作業にチャレンジ!シリーズです。
ブレイジングの次に苦手なスタッズです。。
a0228364_18272238.jpg
3ミリのスタッズなんか打ってると手が震えるしなんか変な汗かくし、、(笑)
今回は初めてコッパーリベットを使ってみましたよ♪
打ち具とリベットです。
a0228364_18290660.jpg
足がかなり長いので厚い革をとめるのに活躍しそうです。
まずはこのようにセットして
a0228364_18304103.jpg
打ち具で台座を沈めていきます。
a0228364_18304210.jpg
こんな感じですね。
a0228364_18304393.jpg

だいたい1ミリとか2ミリを残して食い切りなどで余分を切り
a0228364_18304576.jpg
打ち具とハンマーで固定します。
a0228364_18334428.jpg
こんな感じでしょうか?
a0228364_18340775.jpg
実際はどういう場面で使うと有効なねか?分からないまま使ってみました(^^;;
日本の参考書には載っていないのでアメリカの参考書を読み直してみたいと思います。

次にレザークラフト教室です。
いつも通ってくださっている仙台レザーズの山本さん、Tさん、Hさんの教室があったのですが写真を撮らせて頂くのを忘れてしまいました(^^;;
レザークラフト話は盛り上がると周りがみえなくなります(笑)

最後に、、
フェイスブックではすでに書いたのですが、40を過ぎた今頃出身地を間違えて覚えていた事に軽くショックを受けております。
今まで東京の府中市だと思っていたのですが、実は国分寺市でした(笑)
今更国分寺市と言われてもピンときません。今月末と来月の頭に東京に行くのでちょっと散策でもしてみようと思います(^^;;

バイクは毎日のように乗ってますよ♪
a0228364_18423570.jpg

BASEネットショップサイトのほう10日までですが、まだクーポン券発行しているようですよ(^^)
a0228364_15320525.jpeg

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムや工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-11-08 18:50 | コンテスト | Comments(4)

ホルスター製作過程「WORLD LEATHER DEBUT 2017 (完)」

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年は早速作品が帰ってきました(^^)
a0228364_20464518.jpg

毎回、審査員による通知表のようなものが同封されてくるのですが、厳しかったですね。去年よりポイントが低かったです。(^^;;
まず大きな減点だったのが拳銃の出し入れがスムーズではない、薬莢が入らない。。
要するにホルスターとして用をなさないという事です。作品的には大失敗という事でブルーリボンをもらえたのも運が良かったとしか言いようのない結果だったのですが、チャレンジに関しては大いに評価してくださいました。
チャレンジ精神については岡田明子さんからも言われていました。「去年より良いものを作らないとね」と、
今回の作品は僕なりに多くのチャレンジをしました。岡田さんの言葉がチャレンジへの大きな原動力の一つになった事は間違えありません。いつもありがとうございます。

ホルスターについては1位を獲れましたので、次回は違う部門に挑みます。目標は全部門1位です。
a0228364_20464575.jpg

サドルは厳しいかな?(^^;;

それでは次回に続きホルスターの製作過程をざっくりと。今回はガンベルトです♪
まずは図案描きですね。
これも1日寝かせて修正しました。
a0228364_21494184.jpg


とにかく長い、、(笑)
a0228364_20464665.jpg

こんな風になるんだな、、なんて見てみます。先が見えない(笑)
a0228364_20464689.jpg

カービングの過程の写真をズラッと並べます。
a0228364_20464603.jpg

a0228364_20464732.jpg

a0228364_20464747.jpg

a0228364_20464772.jpg


a0228364_20464850.jpg

カービング終了です。
a0228364_21180166.jpg

ここから染色です。染色に関しては満点でした。
アメリカでの僕のカービングの評価はまだまだなんです。
a0228364_21180198.jpg

a0228364_21180148.jpg

ここからフィグリーです。
あまりにも細かい部分はフラットオウルを使いました(^^;;
a0228364_21180264.jpg

そしてフィグリーをやったあとよく見る絵面(笑)4.2mm厚のフィグリーは本当に大変でした(^^;;
a0228364_21180221.jpg

前後して失礼、今回はこのくらい刻印を使いました。
a0228364_21180320.jpg

僕は岡田明子さんの影響で色んな花を図案に組み込みます。そして表情を変えるためメッシュの感じとかも場所ごとに変えます。だから刻印の数も増えます。
あと、今回は葉っぱが一枚もありません。これは意図してやりました。最近葉っぱを書くと岡田さんの葉っぱになってしまいます。少々アレンジしたところでアメリカの人は「あっ!明子リーフ!」と見るのです。そのくらい凄い方なんですよ、、
などと思ったので少し抵抗してみました。

話戻します。切り出しはもちろん刃物の館やすらぎ工房さんのラウンドナイフです。正に鏡面!
a0228364_21180356.jpg

それで持って漉きもします。恐ろしい作業ではありますが、僕が使っている革漉き機はZITTOOLSさんのTAKING TK801BKです。2年以上使っていますがなんの不具合もありません。信用できる工具だからこそ怖い作業も任せられるのです(^^)
a0228364_21180333.jpg

このあとは立体形成です。これも信頼できる工具の一つフロンティアの溝ネンと押しネンです。
a0228364_21180377.jpg
話は変わりまして、、
フロンティアのツールなんですが、最近ヤフオクでの転売多いですね、、五助屋レザーさんのところで入荷があったあとバッとヤフオクにでますね。本当に欲しい人が買えない状態なんだと思います。
定価以下のスタートならまだしも定価を遥かに超えた価格からのスタートの転売屋さんは良くないと思うのでマメにチェックしてその転売屋さんが他に出品しているものを無駄に落札してみては、あっ!なるほどこの人か、、なんて事をしてます。これは僕だけがやっている事ではありませんよ。という注意喚起をしてみて転売屋さんが減ると良いのですが、、フロンティアツールファンとして協力できる事はやりますよ。

話逸れました。
フィグリーのインレイや薬莢入れるところを取り付けました。
a0228364_21180459.jpg
このあと裏貼りをするのですが、この段階で前回も記事に書いたこれを記したのです。
a0228364_21411467.jpg
もちろん1位じゃなかった時は公開しなかったと思います(笑)
裏貼りを断つのももちろんやすらぎ工房さんのヘッドナイフです(^^)
個人的にヘッドナイフのほうが小回りが利いて好みです。
a0228364_21411563.jpg

手縫いは修行かよ!というくらい縫って途中なぜか怒りが湧いてくるほど縫っても縫っても終わらず写真を撮るのも忘れてました(^^;;
手縫いに関しても大いに評価してくださりました。
で、完成です。
a0228364_21411502.jpg

現地で撮って頂いた写真を数点並べて終わりにします。
a0228364_21411646.jpg

a0228364_21411651.jpg

a0228364_21411797.jpg

現地の写真は雰囲気ありますよね♪
ちなみに名刺入れは嫁作で名刺が全部なくなって名刺入れだけ帰ってきたのは嬉しかったです(^^)

僕も現地に行きたいのですが、健康に関する事情があって今の状態だといけないんです。渡航中に調子悪くなって迷惑かける訳にはいかないですからね( ; ; )
今現在の医学では完治はしない病気ですが医学が進歩する事をいつも祈ってます。そしていつか現地に行きたいのです!

16th WORLD LEATHER DEBUT2017 無事終了!!

さぁ!来年は何を作ろうか!!
と現在ワクワクしてはおりません。。絶賛風邪引き中で布団から出れない状態です。革を触る気力もありません。なんて体力がないんだろう( ; ; )

おまけ♪
面白い刻印を買いました。
James Linnellのスタンプです。購入後に知ったのですが、Jim Linnellの息子さんだそうです。
a0228364_21411704.jpg

こちらはバリーキング。和柄ですね。
a0228364_21411754.jpg

こちらはチェコ共和国で売ってた面白そうなスタンプ。
a0228364_21411817.jpg


早く体調を戻してこれらを使った作品作りたいです。

最後に今回のWORLD LEATHER DEBUT 多くの方に支えられての受賞だと思っています。応援くださったり、製作意欲が湧く刺激をくださったり、信頼できる工具を提供してくださったり、陰ながらサポートしてくれた嫁がいたりと、皆さんに感謝です。
ありがとうございました。また来年も頑張ります!!

さぁ、、賞金は何に使おうか??(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-29 22:05 | コンテスト | Comments(0)

ホルスター製作過程「WORLD LEATHER DEBUT 2017 (その1)」

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

昨日鍼治療に行ってきました。かなり身体が変によじれていたようで先生も嫁も驚いておりました(^^;;
鍼の先生にはいつも緊張感をとってもらってふにゃふにゃ状態にしてもらっています。常に緊張していると精神的に参りますからね。

先日WORLD LEATHER DEBUT 2017のホルスター部門で優勝した作品の製作過程の紹介、、というか、写真を並べていこうと思います。作業台が散らかっているのはスルーでお願いします(笑)

カービングについて、本当はフィギュアカービングを入れようと思ったのですが僕らしくシェリダンスタイルカービングです。技術に自信を持てなかったというのもあるので今後勉強しなければです。
今回の図案は基本に帰るという意味で極力シンプルなものにしました。
製作期間は4月27日〜5月10日、だいたい2週間でした。完成は締め切りの8日前だったので「締め切りを守る」という目標も達成できました。アメリカへの荷物は EMSだとだいたい中4日なんですが発送して到着したのが締め切りの1日前でした、、シェリダンは他の地域より2日くらい?遅く届きますね。。


a0228364_18450107.jpg
それでは早速♪
今日はホルスターが完成するまでの過程です。

適当に型紙を作ったあとはとりあえずトコ革で試作です。
a0228364_19082602.jpg

ガンベルトの試作もこの時点でやっておきます。
a0228364_19082692.jpg


どんなにできがよくとも拳銃が入らないと意味がないので、、(^^;;

図案は1回適当に描いてみます。
a0228364_18172671.jpg

このとき色の具合なんかもみてみます。
a0228364_18172688.jpg

一晩寝かせると変なところを発見するので修正です。
まぁ、いいのでは?と思ったのは修正3回目です。ボーダーを紫に染色する案は却下しました。
a0228364_18172717.jpg

ホルスターの帯の製作
a0228364_18450128.jpg

a0228364_18450298.jpg

インレイは羊革でブラックゴールドです。

a0228364_18450206.jpg

マジか!という色合いですが、合わせてみると意外と目立ちません。
a0228364_18450295.jpg

スタッズなどで装飾したあと、トコ革の試作を使って長さがあっているかチェックです。
a0228364_18450305.jpg

OKですね♪

ここらか本体のカービング。
まずはフラワーセンターですがもっているのならばALL-2000を使わない手はないです。
a0228364_18172788.jpg

綺麗さは一目瞭然です。
a0228364_18252699.jpg


そんなALL-2000レザークラフト万能機(RP-2000卓上ハンドクリッカーもです。)がお得に買えるチャンスの記事が五助屋レザーさんのブログにあります。今がチャンスです。

あとはダーっと流します。
カット
a0228364_18252778.jpg

ペアシェイダー
a0228364_18252713.jpg


その他の刻印
a0228364_18252857.jpg

カービング終了&ジオメトリックスタンプ終了
a0228364_18322755.jpg

染色
a0228364_18322758.jpg

a0228364_18322799.jpg


フィグリー
a0228364_18322867.jpg

淵を漉きます、、結構怖い作業です。
a0228364_18322803.jpg

でもこの見た目の良さをみるとやらずにはいられません。
a0228364_18450389.jpg

コバは1センチありますね(笑)
a0228364_18450334.jpg

コバはこれで完成ではありません。なんだかロウとかイリスとか色んな事を試し過ぎてめちゃくちゃになったコバを直すのが大変でした(^^;;
2丁目は染色&トコノールでした(笑)
a0228364_18450383.jpg

帯が付いていると見えない部分のカービングです。
a0228364_18450433.jpg

スタンピングも見えないところですね。もったいない(笑)
a0228364_18513721.jpg

ところどころワープしましたがこんな感じの作業でやっと一丁完成です。
拳銃が入って本当に良かった、、この瞬間強く思うのです(笑)
a0228364_19122707.jpg

これを二つ作って、、
a0228364_18513784.jpg

ホルスターは完成です。
次はガンベルトなんですが、ホルスターのカービングあり部門なのでガンベルトは必要ないんだと思います(^^;;
でもあったほうが豪華に見えるので作ります。
次回はガンベルトです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-24 19:33 | コンテスト | Comments(2)

2017 WORLD LEATHER DEBUT 優勝しました!

こんばんは(^^)

最近色々と忙しくブログを更新できずにいました。そして密かにWORLD LEATHER DEBUT に今年も出品していました。

結果は優勝でした(^^)
作品は去年同様ホルスターでした。去年の3倍は頑張ったと思います。
今回の記事は出品作品の写真を数点、後ほど製作記事を書こうと思います。

a0228364_15190098.jpg

a0228364_15190145.jpg

写真だとわかり辛いですが、カービングの箇所は全て透かし彫りしてあります。

現地で写真を撮ってくださった方がいましたので拝借させていただきますm(__)m
Thank you for uploading my picture.
a0228364_15190105.jpg

ちなみに名刺入れは嫁製作です(^^)

毎回ですが、コンテストは1位以外は狙っていません。
だから完成後は見ることができない裏貼りの中にはこんな感じの文字を製作中に入れておりました。
a0228364_15190257.jpg


応援くださった皆様のおかげです。
本当にありがとうございます(^^)
来年も引き続き頑張ります!

最後にオーダーメイドくださっている皆様、黙って納期やご連絡を遅くしてしまい申し訳ありません。ホッとして力が抜けております(^^;;

Handmade leather goods t.kanno
菅野智宏
Tomohiro Kanno

今日はこんな感じです(^^)
[PR]
by tkanno4649 | 2017-05-20 15:04 | コンテスト | Comments(8)

2017 Leather Carving Contest(AZ Prescott)の結果報告

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

今年も昨年に引き続きアメリカのコンテストに積極的に参加して良い結果を出そうと、、

実は現在アリゾナ州のプレスコットで開催されているレザーワーカートレードショーのイベントの一つのカービングコンテストに密かに出品しておりました。
コンテストに限らずいつも全力でもの作りをしていますので、このカービングが僕の今の限界です。
a0228364_13521976.jpg

8インチ×8インチサイズの中でカービング、スタンピング、染色、アンティーク、コバ処理はOK、シルバーやブレイジングなどはダメですよ。というルールです。
このコンテストは昨年岡田明子さんがエキスパート部門で優勝しています。

ちなみに僕は一般部門での参加です。

結果をいうとダメでした。。
このコンテストは優勝以外の2位、3位がありません。だから優勝以外はダメなんです。

「コンテストは結果が全て」

という考えで僕は出品しているのでただただ悔しいです。参加する事に意義がある。なんて正直なところ微塵も思いません。ただ単純に力ぶそく。というだけです。

今回日本人の参加は僕だけだったのですが、世界は広いな、、と実感しました。そして皆さん基本は踏まえた上での斬新なデザイン、またカービング技法などを個々に編み出して個性をだしているのに圧倒されました。もう”スタイル”と言う枠を超えている作品が多かったです。
多くの素晴らしい作品を見れたことは大きな収穫ですね。

フェイスブックのほうでは既に皆さんの作品の画像がアップされています。(僕が撮った写真ではないのでアップはできません。すいません。)

僕は自分自身、まだ個性を出すなんていうレベルにないと思っています。だから背伸びはせず地道に基本的な事を日々実践し学んでいこうと思います。ここはブレてはいけないところです。

現在、かなり凹んでいますが、同時に激しく悔しい思いで、次回は見てろ!という闘争心に火がついています。
土日めい一杯落ち込んで来週から頑張ります!!

おまけ♪
ブログの訪問者数が50万人突破しておりました。
a0228364_13584935.jpg

いつも思っているだけだったのですが、今回こそプレゼント企画を開催させて頂きます。
詳細はまだ決めていません。決まり次第ブログのほうで発表したいと思います(ブログのコメント欄に書き込み可能な状態にしておきます。)。
楽しみにお待ちください(^^)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2017-02-25 13:27 | コンテスト | Comments(4)

2016 IFoLG Competitionで1位獲得しました♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今年は3つのコンテストに参加しました。
第34回日本革工芸展、2016 WORLD LEATHER DEBUT(シェリダン)、2016 IFoLG Show(オハイオ)です。

日本革工芸展は入賞、WORLD LEATHER DEBUTは準優勝とこれだけでも素晴らしい結果を出せたのですが、、

本日まで開催されていた2016 IFoLG Showのコンペでマスタークラスのポケットアイテムカテゴリーのビルフォードorウォレットクラスで1位を頂きました。
また、ポケットアイテムカテゴリーのベストオブカテゴリーも頂きました。
ややこしいですが、かなり良い賞だと思います。
a0228364_16475874.jpg

IFoLGのコンペは初めてだったので応募の仕方が全くわからない状態から始まりました。
まずここから大変でした。
申し込みもルールをしっかり読んでいなかったせいで締め切りを間違えたり、どこに送ったら良いのか?参加費はどうやって払ったら良いのか?
日本の参加経験者の方にももちろん聞いたのですが、細かなことろはアメリカの方々にコンタクトをとって教えて頂きました。
僕のうっかりで締め切りギリギリになってしまい多くの方にお手数をおかけしてしまいました。また、多くの方に助けて頂きました。感謝の連絡を良い報告も合わせて伝える事ができて嬉しかったです。
あと、頑張ってやりとりをしていたおかげで英語の勉強にもなったと思います。
改めて皆様ありがとうございましたm(_ _)m
来年は締め切りギリギリにならない事を第一目標に頑張ります。

僕もまだ良く分かっていないのでわかる範囲ですが、IFoLGについて。間違えあったらすいませんσ(^_^;)

IFoLGとはインターナショナル フェデレーション オブ レザー ギルドの略です。
アメリカでは各地にギルドという革職人集団?があります。毎年各地のギルドが持ち回りで主催者となり開催されるのがIFoLGのショーでコンペはそのショーの一イベントなんだと思います。今年はオハイオ州での開催でした。
なので僕が思うにアメリカに限らず全世界のギルドメンバーが集まりわいわい楽しむのが一番の目的なんじゃないかと思います?
?マークばかりですいません。これはショーに参加していないので良くわからないのですがフェイスブックで参加されている方々の写真を見ていたらそんな感じでした。まるで同窓会のようです。皆さん最高に楽しんでいる様子が写真から伝わってきます。
僕もいつか参加したいです。

コンペに関して、WORLD LEATHER DEBUTと全く違うな、、と思ったのはカテゴリー、クラスの多さとDivisionというものが存在する事です。
具体的にはオープンから参加して、頑張ってアドバンス、マスターへとランクアップしていく感じです。
僕は初めてだったので当然オープンディビジョンに参加したのですが、主催者の判断で初回からマスターディビジョンへの参加になりました。まずこれが嬉しかったです。

凄くややこしいのですが僕のカービングウォレットは、
マスターディビジョンのポケットアイテムカテゴリーのビルフォードorウォレットクラスのエントリーになりました。僕はS-1クラスでのエントリーです。
ちなみにオープンディビジョンはもっとクラスが細分化されています。
a0228364_18123325.jpg

ご覧いただければわかると思いますがとにかく細かいですよね。
そして今回僕が頂いた賞はマスターディビジョンのポケットアイテムカテゴリーのビルフォード&ウォレットクラスの1位です。それとともにポケットアイテムカテゴリーのベストオブカテゴリー賞(紫のリボン)というものまで頂きました。
この上には更にベストオブマスター賞というマスターディビジョンの1位もあるようです。それは流石に無理でしたがいずれは獲りたいです♪

IFoLGはショーがメインなんだな、、と思います。
全世界の革好きと交流できる事は羨ましくてなりません。来年はテキサスのようです。どうしてもいきたいですね( ; ; )
肩書きももちろん欲しいですが仲間が増える事の方が嬉しいですよね。

そして、僕のレザークラフトの大きな目標であったLEATHER CRAFTERS & SADDLERS JOUNAL に乗る事ができました!
a0228364_18123472.jpg

最終的には表紙ですね♪

a0228364_18123583.jpg

そうそうたるマスタークラフトマンと同じ雑誌に掲載されたのは誇りに感じます。
a0228364_18123640.jpg

ジム・ジャクソンの作品だって掲載されてますしね!

と言った感じで今年のコンテストは全て終わりました。
無事に帰ってきたら本当の終わりですかね?

これから通常営業です。自分の好きなものを存分に作れないのは少し残念ですが、時間をみつけてちょこちょこ作っていこうと思います。
そうすれば次回は締め切りギリギリにならないだろう!計画性のない人間なのでできる自信がないですが、、(笑)

話は変わりまして。
まずはオーダーメイド関連です。皆様には多くのご注文を頂き感謝です。
現在13点のオーダーメイドをお受けしている状態ですが納期の迫っている通帳ケース、お守りケース、レザータッセルを製作中です。
荷物が届くまでのお楽しみにしたいと思っているので製作中の写真はアップしませんが、エルバマットを使っての製作です。
手縫いサンプル作りましたよ♪
a0228364_18123730.jpg


オイルたっぷりで柔らかなのに目がギッチリ詰まっている革で使用していくと堅牢さが増していくそうです。凄く不思議ですよね?
これは五助屋レザーさんから教わったのですが自分用のお財布にもエルバマットを使ったので変化が楽しみで仕方ありません(^_^)v

あと、予約から2ヶ月待ちでやっとIQOSが届きました!
a0228364_18123886.jpg

a0228364_18124076.jpg

タバコ吸ってる感が凄くあるんですね!びっくりです。僕はIQOSに移行できています♪

それでケースを作ろうと思っています。これだけ大人気なのだからケースの需要もあると思い、木型を作ってみようと思いました。
ウェットフォーミングですね♪
実はあまりやった事がない技法です。
濡らした革を木型で絞り、乾いたらその形状になっているという技法でジャストサイズのケースを作るのに覚えて損のない技法だと思います!

この先使うだろうと思い卓上ノコも導入しましたよ(^_^)v
a0228364_18124079.jpg

a0228364_18124124.jpg

ハンディータイプの糸鋸としてもつかえるのにも惹かれました。男はこういう合体系にに弱いと思います(笑)

あと、LL TOOLSのツールラックも購入しました。
a0228364_18355815.jpg

刻印が半端なく増えてきたので、、先日また大量買いしました。クラフトツール社時代の刻印は買います。
a0228364_18355913.jpg

そしてスーベルナイフも買いました。
クラフトツール社時代の貴重なものとフィギュアカービング用のマルチブレードカッターです。
a0228364_18360008.jpg

マルチブレードカッターのメーカーはX-ACTOですね♪
名前だけは知ってます。
スーベルカッターも増えましたね。うちの嫁はよく怒らないな、、と思います(笑)
a0228364_18360161.jpg

続きまして、嫁のお父様が使ってくださっているiPhoneカバーのエイジングです♪
飴色というのはまさにこの色だと思います!
革はSサドルナチュラルです。
a0228364_18360274.jpg
元はこんな感じですよ。
a0228364_18360381.jpg

完成後、フラップが逆なのに気づいて直したので写真でみるとカメラ穴が裏表逆になってますσ(^_^;)
Sサドルは浅草のレザーメイトさとうさんで売っている革です。とにかく銀面が綺麗な革です。
端切れの先まで綺麗なグレージングが入っているのでどこから端切れなのか?がわからなくなってしまうほどです。切り売りもしてますので是非使ってみて頂きたいかわですね♪

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-09-19 18:42 | コンテスト

2016 WORLD LEATHER DEBUTの作品奇跡的に帰ってきました!富士鞄工房レザークラフト教室!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

オーダーメイド、教室、講習会参加など色々と忙しくブログを更新できずにいます。メールの返信も遅れ気味です。大変申し訳ないです。

ネタがたまる一方なので少しずつ更新していこうと思います(^_^)v
↑何年も前から言ってるような気がします(笑)

ご心配をおかけした、2016 WORLD LEATHER DEBUTに出品したホルスターの件です。
なぜかマレーシア経由で帰ってきました!
出品してから約3ヶ月かかりました。
a0228364_13393130.jpg


良いお知らせができて嬉しいです!

どうやら船便に紛れてしまったようで今もレザークラフターズ&サドラージャーナルのマネージャーとともに調査中です。
まだ必要とするやりとりがあるのですが、無事に帰ってきた事でやっとコンテストが終わった、、長かった、、と緊張の糸が切れたのか?酷い脱力しておりますσ(^_^;)
きっと3ヶ月間の緊張は僕自身が感じる以上の物があったのだと思います。。
ホルスターが届いたその日に教室に参加してくださったOさんは数年ぶりの再会でした。これも凄く嬉しかったです♪

細かな事も書きたいのですが、これは後ほどでまずは第一報と思います。
協力してくださった皆様、親身になって心配してくださった皆様本当にありがとうございました(>_<)

今年はRunner Up (準優勝)です。次回はWenner になれるよう頑張ります(^_^)v

続きまして、先日は宮城県気仙沼市で開催された富士鞄工房藤本昌悟さんのレザークラフト教室に参加してきました。
a0228364_13462462.jpg
製作したのは通帳ケースです♪
a0228364_13583306.jpg

a0228364_13583331.jpg


革もリスシオを思わせる風合いにプルアップと非常に興味がある革です。
どこの革なんだろう?聞いたような気がしますが忘れてしまいました(笑)

会場の気仙沼市は初めていきました。
震災から5年以上経っておりますが、津波の爪痕が未だに残っている状況に目がくらむ思いでした。
会場の建物に書かれている津波浸水深、、
2回の教室会場に到達する高さです。。
a0228364_13481130.jpg
あまりの高さを目の当たりにすると想像すらできません。。
僕が住む福島市も復興したとは感じられません。全体的に言っても復興しているなんて感じられないのが僕の思いです。
ただ、皆さん頑張ってるのは肌身で感じる事ができました。
こういう事を感じられたので参加してとても良かったと思います。
熊本地震も脳裏によぎりました。未だに予断を許さない状況なんだと思うのですが、こちらではニュースなどでほとんど報道されません。
僕はニュースなんてほとんど信用していないです。頑張って欲しい、、なんていえないです。限界まで頑張っているはずですから、、
少なくとも僕は絶対忘れていませんので陰ながらできる範囲ではありますが継続支援を続けていきます。

明日は僕の工房でレザークラフト教室です。
とろける様な暑さに体力も精神力も奪われていきますが仕事がいっぱいあるのは贅沢な悩みですね♪

続きまして
オーダーメイドで作らせて頂いたジープをモチーフにしたオーダー主様拘りのスマホケース♪
a0228364_14141541.jpg

a0228364_14141632.jpg


S様から頂いた写真です。
先日日光浴させたとの事で、この状態からどのような変化をしたのか?楽しみです(^_^)v
a0228364_14111352.jpg

とても気に入って頂けたようで安心しました。
いつも全力で作りますが、僕のかっこいい=お客様のかっこいい、ではないとつい考えがちな僕はいつでも喜びの声を聞くまで心配で心配でなりませんσ(^_^;)

励みになります!暑さに負けず頑張ります!!


よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-08-01 14:19 | コンテスト

全てが全て上手くいくものじゃないですねσ(^_^;)

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

ここ最近、第34回日本革工芸展入賞、2016 WORLD LEATHER DEBUT 2位と自分でも驚くほど良い結果を出せています。
なんですが、、WORLD LEATHER DEBUTに出品したホルスターが帰ってきません。まぁ、間違えなく郵便事故です。主催者側と必死になって探したのですが万策ついてしまった感じです。
保険はかけていたので補償金もらったあと受賞の証明書とリボンだけもらって終わりになると思います。
いくらポジティブに考えようと思っても無理でした。ダメージは半端じゃないです。
しっかり挫けて、しっかり立ち直ろうと思います。いまでもずっとそうしてきましたから大丈夫です!

かと言ってレザークラフトから離れる訳にもいかずオーダーメイドや教室はなんとかこなしている感じです。正直な事を言うと革を触るのすらストレスを感じます。。
そんな感じなのですが、オーダーメイドはいっぱいありますし、教室も予約まぁまぁ入っているのは幸せな事です。

とにかく2016 WORLD LEATHER DEBUTはどんな形でも良いから結果がでて区切りをつけたいところです。宙ぶらりんの感じが嫌です。
結果がでるまでブログのほうも書きたくなかったんです。愚痴ですね。申し訳ありませんでしたσ(^_^;)

話は変わりまして、まずはオーダーメイドです。
お得意様のI様のロディアケースです。
a0228364_16350525.jpg

ペン刺しはちょっと太めのボールペンを刺せるようにしました。サイズ的にちょうど良かったのでエルのコバ塗りローラーペン(旧)を刺して形付けをしました。
ちなみに旧ローラーペンは話にならないくらいペン先が回らないです。今は新ローラーペンになってますσ(^_^;)
a0228364_16350628.jpg

革はルガトショルダーのオレンジです。
一枚革の中でも一番トラ目の激しい箇所を使いました♪

次にY様オーダーのiPhoneカバーです。
ハイビスカスの花のカービングご希望でした。今までカービングした事のない花でちょっと難しかったです。
a0228364_16350698.jpg

縁は引っ掛かりがないように斜め漉きをかけています。
a0228364_16350661.jpg


制作前の打ち合わせで柔らかな表情が良いとのリクエストがあったので全体的にメッシュなどのないプレーンの刻印をつかいました。
a0228364_16350788.jpg

こういう感じの使い分けできると表現の幅も広がりますね♪
あと、革製カバー持参のオーダーだったので剥がしたこの革が不必要になりました、、でももったいない。
a0228364_16350794.jpg

革を捨てるのが忍びなく思ったので簡単な構造のペン刺しをサービスで作らせて頂きました。
a0228364_16350769.jpg

a0228364_16350821.jpg


作り置き品としてBASEで販売していたカービングロングウォレットの3点セットがS様の元へ旅立ちました。
S様から送っていただいた写真です。
a0228364_16350895.jpg

決して安い商品ではないので売れないだろな、、早く売れないかな?
なんて思っていたのですが実際に売れると気に入ってくださるか?どうか心配になりますσ(^_^;)
凄く気に入って頂けたようで安心しましたが、長く使っていってくださるようメンテナンスをし続けるのでここからが本当の難しい作業なのかもしれません。
作品で僕が唯一楽しめないのはエイジングです。エイジングもお使いくざさる方によって全く違う変化になると思います。ガンガン使ってくださりエイジングで味がでた状態で戻ってくるのを楽しみにしています(^_^)v

S様からはアイコスというタバコ?健康的な電子タバコのようなものなのでしょうか?を教えて頂いたので早速予約しました。凄く人気があるようですねσ(^_^;)
a0228364_16350823.jpg

コンビニ予約すると割引が大きいです。
アイコスが手に入ったらケースの方作りますので今しばらくお待ちください(^_^)v

次に教室です。
バタバタとして写真を撮るのを忘れてしまった回が多かったのですが、T様は今エルバマットのトートバック作りをしています♪
a0228364_16525735.jpg

僕の教室はかなり進み方が遅いです。毎回申し訳ないな、、と思っています。
a0228364_16525711.jpg

糸選びも重要なので何種類か試し縫いして頂きました。これは好みですね。糸は選択肢が多過ぎると迷いますよねσ(^_^;)

おまけ♪
先日、猛暑の中工房で作業をしていて熱中症になりかけました。原因の一つとしてライトが白熱球だから頭上が物凄く熱くなるというのがあると思いLED電球に替えてみましたよ♪
a0228364_16525768.jpg

全く熱は出ないです。しかもかなり明るい。ちょっと明る過ぎたかな??目がまだ慣れない感じです。

僕は2つのライトを併用してます。
a0228364_16525800.jpg

歯医者さんにあるような蛍光灯です。
僕が思うに、光を混ぜると目が楽です。
目が疲れると肩腰にまで影響がでるのでこういうのは凄く気を使います。

おまけ♪
エルバマットのエイジングを楽しみたくてiPhoneケースを作りました。
a0228364_16525859.jpg

フラップを逆につけてしまいました。厚さで脳みそとろける季節ですね(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-07-08 17:47 | コンテスト

第34回日本革工芸展を終えて♪

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

僕は6月9日の午後だけ会場係のお手伝いをさせて頂きました。
a0228364_14532211.jpg

a0228364_14532327.jpg

a0228364_14532370.jpg

a0228364_14532439.jpg

なんか全体的にオシャレです。

会場内は写真撮影禁止なので会場風景の写真はありません。なので本当は会場でお会いした方々と一緒に写真撮らせて頂きたいと思っていたのですがそれができず残念でしたσ(^_^;)
話に夢中でそれどころではなかったというのもありますが、遠方から足を運んでくださった僕のお客様、いつもお世話になっているレザークラフト専門店ひまわりの店員さん、レザーメイトさとうの社長さん、ZIT TOOLの社長さん、名前は知っていたけど初めてお会いしたら方々、講習会でご一緒させていただいたもののなかなか話ができなかった方々、、本当は一緒に写真撮りたかったです。
お会いはできなかったですが、クラムジーライフさんも忙しい合間を縫って作品を見にきてくださりました。
皆さんありがとうございました(^_^)v

お客様のI様からは以前ご購入頂いたロングウォレットを見せて頂きました♪
エイジングをみると嬉しくなりますよね。
a0228364_14071948.jpg

写真を送ってくださる事はあっても、直で見させていただく機会はなかなかないです。

工芸展の作品については写真を撮れない、、というのが逆に良かったと思っています。その分必死で目に焼き付けるようにみますからね。
会場の雰囲気、照明、多くの方の作品と一緒に並べられた状態で見る自分の作品は当たり前ですが、自宅で見た自分の作品とは全く違う印象を受けましたよ♪
やはり直接自分の目で見て感じる事が大切なんだと思います。
この工芸展の作品は図録で見る事ができます。レザークラフト専門店に問い合わせれば?若しくは日本革工芸展のホームページから問い合わせれば購入できると思います。
僕の写真だけ掲載します。
a0228364_13114001.jpg

a0228364_13114158.jpg

皆さんの力作が掲載されております。よろしければご購入して頂きたいです。次回の日本革工芸展に出品を考えていらっしゃる方の参考にもなると思います。

僕がイメージしていた日本革工芸展の作品は芸術色の高い。この作品は本当に革でできているのか?だれも真似できない技法の作品でなければいけないのか?でした。
確かにこういう作品が多かったです。
参考書だとこれが一番近いイメージでした。
a0228364_13294002.jpg

ちなみにこの参考書で紹介されていた先生方は会場にいらっしゃりました。
参考書をみて作ってはみたけど失敗した事を伝えると快く教えてくださりました。

と、こういうイメージが先行しますが実際はそんな事もなかったです。
僕もよく作るような作品、、例えばシェリダンスタイルカービングが施されているロングウォレット、カバン、メディスンバッグなども入選作品として展示されていました。
なので僕が思っていたほど間口の狭い工芸展ではありませんでしたので皆さんにも是非気軽に参加して頂きたいですね。今回は初出品の方が多かったようです♪

また、第二会場も設けられていて、こちらはどちらかというと僕のような人にとって馴染みやすい作品が並べられた会場があるのは嬉しかったです。アメリカのコンテストで賞を取った作品を間近で見れました。やっぱり写真とは違うな、、と思いました。
ますますアメリカに行きたくなるばかりでした(笑)

日本革工芸展の一番の目的は革工芸の発展と革という素材の魅力を皆さんに知ってもらうことだと思います。
もっともっとレザークラフト熱が広がって欲しいなと思います(^_^)v

作品が入選して熊本からきていたTさん。いっぱい話をしましたが、工芸展の作品の中で一番の新しい風だと思いました。お互い頑張りましょうね(^_^)v

工芸展の後に授賞式がありました。
賞状の受け渡しだけではなく審査員の方々の講評もありましたが物作りの核心に迫るような深い話で僕には難しくて理解できない崇高なものでした。多分あと30年くらい頑張れば自然とわかるものなのだと思います。
いや、多分一生分からないと思います。

歴史ある工芸展、それを長年支えてきた先生方の元で次世代を担う方々の頑張りも感じました(僕なんかよりずっとキャリアはありますが、)。

皆さんもご存じだとは思います。Soul Leather(革魂)の大竹正博さん。日本革工芸展はもちろんアメリカのコンテストでも1番をとる実力者です。
工芸展の準備から始まり全てに尽力された筈です。パワーありますねσ(^_^;)
a0228364_14071988.jpg

この日のために事前に氷室京介のライブに行ってマイクパフォーマンスを盗んできたという噂を聞きました(嘘)
表彰式では司会進行役を務めるなど大役本当にご苦労様でした。

この後親睦会?飲み会があって名刺交換をしたのですが、あまりに多くの方と話をしたので名前と顔が一致しません。皆さんもきっとそうでしょう(笑)
a0228364_14071911.jpg


こんな感じで初日を終えました。

2日目は岡田明子さんの自宅にずっといました。
言わずと知れたシェリダンスタイルカービングの第一人者、本場では1番名の知れた日本人だと思います。
a0228364_14071936.jpg

そんな方を一日中独り占め♪
ずるいぞ〜との声が聞こえますがそりゃそうです(笑)
a0228364_14072017.jpg

自撮りができない(笑)

過去のコンテスト受賞作品がダンボールに入ったままで飾ったりはしていませんでした。僕もなんでなんとなくわかります(笑)

先日の疲れがなかなか抜けずそれを気遣ってくださり、ご自宅でボケ〜っとさせて頂いたり、ご飯作ってくださったり、作品を触らせて頂いたり、工房を見せてくださったりと、、
それで夕方は岡田さんの教室の見学もさせて頂きました。まぁ、見学なんてできるわけないので僕も参加した感じです(笑)
ここでも、初対面だけど僕のブログ読んでくださっている方がいらっしゃりました。
よくある事なんですがやっぱり嬉しいです。また機会がありましたらよろしくお願いします(^_^)v

そして、最終日は五助屋レザーさんの工房にお邪魔しました♪
岡田さんに車運転させて一緒に行くという失礼(笑)
a0228364_14072075.jpg

噂の恐怖の階段は降りるときが恐怖です。
a0228364_14152581.jpg

階段じゃなくて梯子だと思います(笑)

メールや電話は何年も前からしていましたが、実はお会いするの初めてです。
やっぱり初めてお会いした感じはしなかったです。到着とともにお互いマシンガントーク。お互い時間を忘れてお昼を大幅に過ぎて地元の美味しいラーメンをご馳走になりました♪
a0228364_14152655.jpg

五助屋レザーさんは半分も写ってない(笑)

キーケースくらいは作れるかな?といってもらった端切れはキーケースなんて作りません(笑)
a0228364_14452964.jpg

ミシンでダカダカと、
a0228364_14452985.jpg

お財布作る予定です♪
a0228364_14452900.jpg

それぞれのエイジングを楽しみたいです(^_^)v

帰りは僕の疲れを気遣ってください町田まで送ってくださり1番楽な方法で帰りました。
a0228364_14152682.jpg

なにからなにまですいませんσ(^_^;)

まぁ、、濃い数日でした。お会いした方々、、みんなが羨むのもよく分かります。僕自身もそう思いますから。。

工芸展の前になりますが、刃物の館やすらぎ工房の若大将と僕の教室の生徒さんが祝勝会を開催してくださいました。
a0228364_14453016.jpg

財布を並べました。
a0228364_14453103.jpg

まぁ、普通こんな感じですよね。にも関わらず生徒さんは高級ブランド品の財布でした。ダメです(笑)
教室で作りましょうね♪

人に支えられているんだな、、といつも思います。
人との繋がりが広がるのは頑張れている証拠であるとも思っています。
僕は僕自身が頑張る事でしか恩返しができないです。それ以外はわかりません。
最近の疲れはレザークラフトを始めてまだ7年と経験が浅いのをどうにかしようと背伸びしているのも一つの原因だと思います。
もうちょっとスローペースでいきたいのですが、オーダーメイドもここ数年途切れた事はありませんし、生徒さんも増えてきました。また生活もあるのでなかなか休めませんが贅沢な悩みだと思います。
甘えてばかりはいられませんが疲れたらまた遊びにいかせてください。
疲れ果ててレザークラフトが嫌いになったら元も子もありません。
皆さんこれからもよろしくお願いします(^_^)v

おまけ♪
ハクバースの刻印6本買いました。
a0228364_14483273.jpg

嫁に、面白いね。。と言われました。
模様が面白いんじゃなくて、この財政難でこんなものこっそり買うその姿勢が面白いのかもしれないです(笑)

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-06-14 15:48 | コンテスト

旅♪

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

2016年6月6日、666だから多分今日は悪魔の日だ♪
ちなみに嫁の友達の誕生日です。
Happy birthday\(^o^)/

そして今日は飲み会です♪

連続のコンテストの出品で滞っていたオーダーメイドがあと2つになりました。
フルオーダーでブログアップできない作品も増えてきましたが、ベルトだけ♪
a0228364_02065944.jpg

トラディショナル?アリゾナ?というスタイルなのでしょうか?わからないですがダイナミックな図案です。
本当はツルのところなんて思っ切りカモフラージュを使うんですがあまり使いませんでした。
シェリダンスタイルカービングの場合、カモフラージュは飾り程度だと思います。使いこなせない刻印の一つでもありますσ(^_^;)

作業中鉄粉がついて黒くなりました。。
a0228364_02070003.jpg

となりに金属加工の作業場があるから当たり前です(笑)
a0228364_02070082.jpg

鉄粉はやはり避けたいところなんですが、どんなに気を付けてもダメな時はダメです。

でも、シュウ酸つければ消えるの分かっていると安心できます。年々漢字を忘れていきます(笑)
a0228364_02070073.jpg

こんな感じに消えます♪
a0228364_02070162.jpg


6月9日から東京、神奈川に2泊3日の自分探しの旅に出てきます。
多分旅にでても自分は見つからないです。取り返しがつかないほど我を見失ってますから(笑)
革関係の旅なので得るものが多い旅になると思います!

なんですが、WORLD LEATHER DEBUT に出品したホルスターはもっとすごい旅をしてます。
こっちは一ヶ月くらいの長旅になるでしょう、、

アメリカ横断の勢いで今アメリカの真ん中あたりウィスコンシン州のオシュコシュというところにいます。

学校の地理で習った記憶もない場所です(笑)
いつ到着でも良いのでいっそのこと世界一周してきて欲しいです。

旅の記録を書いてみたらすごい感じです。
こんな感じになってしまった原因も参考になれば、、と書いてみます。

行き
郵送方法:EMS(国際スピード郵便)

福島県福島市(2016/6/12)

同県郡山市(6/13)

東京都税関(6/13)
税関パス(6/13)

東京都国際郵便局(6/13)

カリフォルニア州ロサンゼルス税関(6/13)
税関パス(6/15)

同州ロサンゼルス国際郵便局(6/15)

コロラド州デンバー(6/17)

ワイオミング州シャイアン(6/17)

同州キャスパー(6/17)

同州シェリダン(6/18)

到着(2016/6/18)
到着まで7日、6/19日必着なので前日ギリギリでした。

ロッキーマウンテントレードショー(ワールドレザーデビュー)
6/19〜22

帰り
郵送方法:USPSプライオリーメール(アメリカの郵便局)

ワイオミング州シェリダン(2016/6/22)*ここから返送完了までの日が追跡できませんでした。

同州キャスパー

同州シャイアン

コロラド州デンバー

カリフォルニア州ロサンゼルス国際郵便局

同州ロサンゼルス税関

税関でストップ&返送

同州ロサンゼルス国際郵便局

コロラド州デンバー

ワイオミング州シャイアン

同州キャスパー

同州シェリダン

ウィスコンシン州ラインランダー(レザークラフターズ&サドラージャーナル)へ返送
*帰りの便発送から返送まで12日間

再送(6/2)

同州オシュコシュ

多分トラックor飛行機の中?(2016/6/6)

できれば帰りは西側のロサンゼルス方向じゃなくて、よく分からないけど東側のトロントとかから帰ってきて欲しい。そしたらアメリカ横断みたいな感じになる。

こうなった原因

1 土日の荷物の動きがあまりないように感じる(追跡していてなんとなくですが、、)
2 税関をどのくらいの日数で通過するか?わからない。税関職員の判断なので運もあると思う。
3 保険を高くかけ過ぎたため税関でストップ&リターン
4 アメリカに入ってからの荷物の中継が凄い
5 日本のホームページ(日本の郵便局)で配達日数を調べたら4日で到着する予定が実際は7日、、などとあてにならない(去年は4日で届きました。帰りも6日で帰ってきました。)。


伝票の品物名に売り物ではないことを表記するのも考えた方が良いです(例えばギフト、コンテスト出品作品、個人で使用するものなど)。革製品は高級品扱いされるらしいです。自分で作ってるとそこまで高級とは思いませんがお客様の側からすると高級品です。←これは忘れない様にしたいです。


EMS(国際スピード郵便)の保険に関しては日本の郵便局で商品価格を20万以上にすると関税がかかる?税関でとまる?と説明を受けて19万8千円にしました。
a0228364_17434617.jpg
二重線で消したので無事通過するのか?凄く心配でしたが日本の税関は全く問題なくパスしました。
なので福島県福島市からロサンゼルスに着くまでは2日でした。
ロサンゼルスに着いてからは税関で2日、これもスムーズでした。

帰りについては税関でどれくらい止まったか不明ですが帰りの便発送から返送まで12日かかりました。
レザークラフター&サドラージャーナルからのメール内容では帰りの保険金が高くて税関で引っかかったらしいです。僕は$3,000.00の保険をかけていたんですが、$2,500.00以上だと税関で止まるとの事、、$2,4900.00にして欲しいとのことだったのですが、$2,000.00しました。よく考えたら紛失して保険金もらったって作品自体は帰ってこないんだから保険なんて関係ないや、、と思いました。来年は$1,000.00くらいにします。
6/2の再発送から現在4日目です。1回返送されたので当然ここからも送料が発生しました。
行き4,000円、帰り1回目$40.00、帰り2回目$85.80、、適当に計算しても送料だけで2万円です。

ちなみに賞金は$250.00なのでだいたい2万7千円、、ほぼ送料で消えます。
それで今賞金の受け取り手段がなくなってしまい受け取れない状態です(笑)
PayPal(ビジネスアカウント)かアメリカの銀行への振込みの2択で僕はPayPalのパーソナルアカウントしかないので先方と協議中です。英語の勉強になります。

以上なんですが、僕はラッキーなんですよ。
なんでかというと行き帰りの状況が逆だったらコンテストに間に合わなかったんです。
良い作品を作るのは気合いでなんとかなりますが、荷物が無事に届くかどうか?は半分運です。
ただ、僕が今回書いた配送の経過、保険金、税関の問題など次回参加される方の参考になれば、、と思って書いてみました。色々書いておいてなんなんですが、完璧な方法なんてないような感じがします。

こう考えると日本の運送会社って凄く優秀なんだと思います。

東京、神奈川に遊びにいく時は作品もっていこうと思ったのですがちょっと無理そうです。

よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-06-06 18:18 | コンテスト



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> きょーへーさん い..
by tkanno4649 at 12:52
ありゃー!!みるの遅くな..
by きょーへー at 12:34
ありがとうございます ..
by なつき at 19:58
>なつきさん 僕もです..
by tkanno4649 at 15:48
ありがとうございます! ..
by なつき at 07:28
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。