俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

ALL-2000を使ってみた感想(抜き型用アタッチメント編)、レザークラフト教室、生徒さんの作品、革包丁のカスタム、コバ処理剤の調合!

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

今日は色んな荷物が届いてやりたい事だらけになってパニック状態の1日でした。ブログのタイトルがそれを物語っていますね(笑)

それでは早速♪

ALL-2000を使ってみた感想シリーズ
第1回目は抜き型用アタッチメント編
仕様変更との情報を得て購入させて頂きました。
板の付いたアタッチメントですね♪

1番左のアタッチメントはまだ完成したものじゃないので正規付属品ではありません。僕は加工して使っていますが完成品としていずれは付属するものなんだと思います。
a0228364_19424222.jpg

小さい抜き型は板付きのアタッチメント、大きい抜き型は鉄板とアタッチメントの組み合わせで使用できますね♪
a0228364_19563079.jpg

この板付きのアタッチメントはなかなか探しても見つからなくて左上にあるような金具を加工して使おうか?でも精度が極端に悪いから本体壊れたら嫌だな、、と思っていたので大助かりです♪

ALL-2000を使用する際のコツの一つとして今のところ気付いている事は「あまり力を入れない。」という事です。
予想よりパワーがある事を念頭におかないと抜き型が下敷きにめり込んだりします。
同じかどうかはわかりませんが、良い工具は力をいれなくても上手く機能しますよね。刃物は特にそうだと思います。
妙に力を使っている感がある場合は工具を疑ってみるのも大切だと思います。
「この革妙に硬くて切れないな、、」
というのは刃物の切れ味が悪いだけです。革は柔らかいです。

話逸れました。戻します。
僕が使っているALL-2000は零号機(プロトタイプ)です。なので多少ですが、本製品と違うところがあると思います。
とりあえずハンドルに網目模様刻印を打ち込んだ革を巻いてみました♪
a0228364_21434636.jpg

この網目模様刻印は五助屋レザーさんのところで買ったのですが、五助屋レザーさんにこの写真を見せたら、素でブレイジングしているのと勘違いしてました(笑)
それだけ良い刻印と言う事ですね♪

それで数日使用していて気になった点があります。
それはレバーを下げた時少し力を入れると本体が右前に少し倒れる感じになる事です。
これはレバーの角度、レバーがやや外向きになっているからか?
と思い。本製品の写真をみたらやはりレバーは垂直に降りるようになっていました。試行錯誤の結果だと思います。零号機の僕のハンドルの形状はなおそうと思います。

次に気になった点、
ALL-2000はドリルスタンドなどの構造とは違い、アタッチメントの長さを変えたり、下敷きの枚数で高さを調整します。
正直な事をいうと面倒でドリルスタンドの様に高さを調整できるようにすれば良いのでは?などと一瞬思いました。でも、、
a0228364_21434761.jpg

ドリルスタンドの様な構造にすると、
多分菱目打ちくらいなら大丈夫だと思いますが、プレス機、スタンプ刻印の打刻、アクリル刻印のプレス、コンチョ製作が不可能になると思います。
精度、パワー、多様性などを考えるとちょっと面倒ですが、アタッチメントと板の枚数で高さ調整くらいは面倒と感じてはいけないかな?
ALL-2000はアタッチメントなどで今後進化していく工具です。もしかしたらここらへんも解消される時がくるかもしれませんね?

使ってみて良いと思ったところ、悪いと思ったところは素直にレザーしようと思います。あくまで僕は一ユーザーです。

ALL-2000のおまけ話♪
嫁にコンチョを作らせ、空いた時間で僕はルータービット製作♪
a0228364_21434794.jpg

非力な嫁でもこの綺麗なドーム!
そして4年前くらいかな?こういう形状だけでなく凄い色んな形や色んな木材を使用して素晴らしいルーターのビットを作るアメリカの職人さんがいたんです。
なんか武器みたいな形状が多かったです。
(過去形にして失礼今も作っていると思います。アメリカでは有名な方だと思います。)
それに感化されて何十個も作っていっぱいあげましたが、これは絶対あげないで自分で使うぞ!!(笑)

あと本当に良い工具だと思うので宣伝♪

前回の記事のコピペで失礼。
ALL-2000は高価な工具です。あと、昔からある工具ではないので使い方が参考書などに書いてある訳ではありません。だからそういったアフターサービスを受けることができる五助屋レザーさんのところで買って分からないところは聞きながら使いこなしていくのを強くお勧めします。
購入の際は五助屋レザーBASE(カートショッピングサイト)1番のお勧めは直接五助屋レザーさんに電話やメールしたりするのがお勧めです。

こんな感じのレビューをしてからすでに数台売れています。そして僕のところにも日本のみならず海外からも問い合わせがきてます。フランス語とかで問い合わせきても簡単な会話で「五助屋レザーさんはどんな外国語でもOKです。」と適当に五助屋レザーさんにぶん投げ事後報告(笑)それで返答は「言葉はOKです!」流石。そういうと信じてました。僕は片言ですがなんとか意思疎通はできてます。適当でいいだろ!単語だけで伝わるもんだ!この勢いがあればOKです。僕もなんとかなってますから♪
話題変わります。
レザークラフト教室の生徒さんの作品♪
いつもやる気満点のM.Kさんの作品です!
a0228364_21434872.jpg

かなりのペースで上達も早いです。段漉きまでやっていますが、レザークラフト歴は約半年です(笑)
オーダーも順調に頂いているそうですよ♪
抜かれないように頑張らねば!やばいぞこの伸び方(爆笑)
注文したは良いけどなかなか入荷しない菱目打ちの4本刃、、品薄状態のようですね、、また爆買い??数年前にメーカーから在庫が消えた事ありますよねσ(^_^;)
M.Kさん今しばらくお待ちください。

次に仙台レザーズさんです。
レザークラフト界で凄い切れ味!と噂の革切りハサミ!(当然僕も持ってます)をお渡ししたのでハサミケースを♪
半分僕がやったのでコラボの印で屋号刻印はダブルネームてます(^_^)v
a0228364_21434892.jpg

手縫いは糸が汚れない。針を手から一切離さないで縫う方法を教えさせて頂きました。
ちなみにこの縫い方はポニーがないと無理です。
山本氏、顔出しNG、、と言う訳ではなく風邪だそうです。
皆さんも体調管理は気を付けてくださいね。僕はルータービットを作る際マスク付けるのを忘れて思いっきり黒檀の粉を吸ってしまい喉が痛いですσ(^_^;)
黒檀は知りませんが、ココボロなど吸いこむと体に良くない木材もあるので気をつけなければ、、

あっ!そうだ写真を撮るの忘れて残念だったんですが、クラフト社から販売されている卓上の小型革漉き機スカイミニを触らせていただきました。
一般的な革漉き機とは全く構造が違います。まず違うのがフットスイッチがないので右手をレバーを操作して革をおくって、左手一本で革を押さえる、、
革漉き機で革漉くとき片手でやったことなんてほとんどないです、、だってズレますから、、
そしてなかなかな値段します。そして、確かにコンパクトですが重量は普通の革漉き機ばりです。
これ買うんだったら普通の革漉き機買った方が良いですσ(^_^;)

次の話題に変わります。
コバ処理剤のカスタムです。
以前商品を買ってくださったお客様でレザークラフトをされている方からこんな質問がきました。
「イタリア製イリスのカスタムカラーがショップで売ってたので(お店独自で色を調合してるんだと思います。)を買ったんですが割れるんです、、あと茶色買ったのに中は焦げ茶、、」かなり中略しましたがこの様な内容です。
ちなみに日本の大手メーカーで販売されているイタリア製イリスは無色、焦げ茶、黒だけです。
a0228364_21435024.jpg

僕が思うにイリスは強度でいうと1番のコバ処理剤だと思います。
主成分がビニールエマルジョンで4年ほど前に嫁にあげた長財布にも使用していますが、割れてません、、

イリスの強度を上げる方法はまずコバミラー55(無色)を塗ってからその上に色付きのイリスを盛れば良いんです。
イリスはとても良いのですがエッジコートやバスコの様にコバに染み込ませて固めるタイプの顔料系コバ処理剤ではなく、コバに盛り付けて固めるタイプの顔料系コバ処理です。
大まかなの説明ではありますが間違えではないと思いますが細かなところはお許しくださいね♪

だから盛り付け方の上手さでコバの綺麗さが決まるのでなかなか難しいものがあります。ビニールエマルジョンなのであとから磨くができないのもきついですねσ(^_^;)
この問題を解消する為の道具は色々あります。1番安いのだとこれだと思います。
a0228364_21435039.jpg

a0228364_21435051.jpg

こんな感じで塗るんですがベアリングの性能が悪すぎて使い物になりません、、最初に買ったのは本当に回りませんでした、、それで交換してもらったんですがこれも微妙、、ベアリング真っ直ぐ入ってないし、中国製だから仕方ないか?と諦めました。
ちなみにヤフオクで売られているカラフルなやつも中国製です。極端な当たりハズレがあるのでおすすめしません。
アメリカではこれとは全く違う構造のコバ処理剤を塗る工具が発売されていると思います?日本でも発売されると思います♪

かなりの脱線失礼しましたσ(^_^;)

それでコバ処理剤のカスタムをしてみました。
結果だけを言うとエッジコートのタンに近い茶色でひび割れにも強いものができました。
今は改良されていると思いますがエッジコートのタンは発売当初、アクリル成分が多過ぎてとても使える様な粘度ではありませんでした。餅なみの粘度でした。
水で薄めると良い、とのことだったのですがどうも上手くいきませんでしたσ(^_^;)
a0228364_21435038.jpg

a0228364_21435101.jpg

大好きな実験です♪
今回の実験はイリス(コバミラー55)ベースとバスコ(500目止め液GT)ベースのカラフルなコバを固めるタイプのコバ処理剤をつくる事を目標としました。
皆さんもご存知かもしれませんがイリスは顔料(アクリル絵具など)を混ぜて使う事ができます。
バスコに顔料はOKなのか?という事はまだ実験段階でわかりません。バスコはイリスに似ていますがコバにジクジクと染み込んでいく感じなのでイリスよりは塗りやすいです。あとカラバリも豊富です。

配合量は色をはっきりとつけたいか?で変わるのですが今回は一対一の割合で作りました。
イリス、バスコともに無色とはありますが、正確には乳白色です。なので赤を混ぜるとピンクっぽくなりますし、茶色を混ぜると薄いチョコレート色?の様な感じになるのでこれも考慮した配合です。

今のところの実験結果
1 イリス(無色)+ローパスバチック
ダマになって固まり失敗、、

2 イリス(無色)+WA
良い感じに作れましたが割れました。失敗、、

3 バスコ(目止め液)+WA
これも良い感じでしたが、割れました。失敗、、

4 バスコ(目止め液)+アクリル絵具
なかなか良い感じ。ただし先ほども言った赤を入れるとピンクになる現象で半分失敗。。

5 バスコ(目止め液)+エッジコート(タン)のアクリル成分+コバインク黒ほんのすこし
色は茶色に違い感じのタン、塗りやすい、ひび割れにくい!成功!
いやいや、耐久性のテストは実際作品に使ってしばらく使うほかないです。
実験は継続させようと思います♪

あと、ヌメ革で作品を作るに当たって、経年変化も楽しみたいけど雨など水濡れで染みになるのは避けたい、、コート剤を塗ったほうが良いですか?という質問。
なかなか難しいです。染みも経年変化といえば経年変化です。
色々な方法あると思いますが、僕がやっている(やっていた方法)はレザーコートを水で薄めて薄くぬる。ラナパーを塗る。
今はラナパーが多いです。ヌメ革との相性は抜群ですし、若干ですが防水効果もあります♪
a0228364_22075210.jpg

メンテナンスにも使えるのでおすすめです。

いや、、最近記事が長い、(笑)

最後に一つ。アクリル刻印のオーダーです♪
ウェインジュースキーのこの刻印用の治具を作ってもらいました。素晴らしいですよね!
a0228364_22075399.jpg

サイズがかなり小さい上、ガイドのない刻印なのでちょっとズレるとアウト、、何枚革を駄目にしたか?
自分で色々と治具も作ったんですよ、、でも上手くいきませんでしたσ(^_^;)
a0228364_22075330.jpg

タップオフですね。
花や葉っぱのタップオフはもう使ってないです。フリーハンドでその時の気分です♪

凄く良い刻印なのにもったいないな、、と眠っていた刻印が目覚めました!凄く嬉しいです♪

実はこのオーダーかなり無茶でした。アメリカの刻印なので当然インチです。
刻印の構造からして縦3に対して横1のサイズなのでセンチなら話が早いんです。9cm×3cmでお願いします!これでOKです。
ところが、、
a0228364_22075312.jpg

a0228364_22075468.jpg

0.01表示のダイヤルゲージでも微妙な数字、、
この写真を送って、これに合うの作ってください!
と言う無茶なオーダー(笑)
ところが五助屋レザーは断らないです。僕もオーダーは断らないので意気投合です。
ノウハウでなんとかしてくれるだろう!という確信がありましたから。
0.01単位の精密なアクリル刻印を作れる技術とお互いスタンプ刻印の知識、あとはなんとなくこうだろう?というのが分かるからできたアイテムだと思います。

再度アップですが、素晴らしいですよね。これが本来の刻印の性能です。そしてそれを引き出す精密な治具。
a0228364_22075406.jpg

基本的に治具や売っていない工具は自分で作りますが、それを木で作れば木工職人さんには勝てません。鉄で作れば鍛冶屋さんに勝てるわけがありません。正確さで言えばコンピューターには勝てません。

出来ないことは人に任せる。それで僕は革に専念する。
近頃の僕は非常に合理的です♪
だって僕は革で作品作る人間ですから(^_^)v

なので包丁研ぎもやすらぎ工房さんにお願いしてます。1回本研ぎしてもらえば、切れ味落ちたな?と思ったときすぐに仕上げ砥石で少し研げばすぐ復活です。
中古の革包丁が何本かあったので自分の欲しい形にカスタムしてもらいましたよ(^_^)v
a0228364_22132880.jpg

やすらぎ工房さんは刃物のカスタムはお手の物です。丁寧に相談に乗ってくださりますよ♪

今度こそ最後のおまけ♪
エルバマットの端切れでウォレットロープを思いつきのデザインで作りました。
a0228364_22075521.jpg

最後までお付き合いありがとうございました♪
よろしければご覧下さい^_^
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。また、ご購入頂いた方には個別で技法などのご質問受け付けております♪
こちらのサイト閲覧数かなり上がってるんですが在庫切れのまま放置状態です、、ここら辺もがんばります!水面下で動いております♪

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno



今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
↓ポチッとしてくださると元気が出ます♪あと様々なスタイルのクラフターさんのためになるブログを発見できます(笑)↓

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2016-01-17 22:27 | レザークラフト
<< 最強コバ処理剤!コバオール!! レザークラフト万能機ALL-2... >>



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能アイテムをお安く提供させて頂いております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん 返..
by tkanno4649 at 23:35
残念ながら今回ははずれま..
by angie at 20:54
> kinariさん ..
by tkanno4649 at 23:44
> nogu0712y..
by tkanno4649 at 23:42
参加させていただきありが..
by kinari at 23:17
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。