俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

スペシャル押さえ金!ZIT TOOLS 社『TAKING TK-801BL』専用タイプ新発売!

今日の福島市の最高気温は39℃でした。。駅前に大きな気温計があるんですが40℃オーバーでした。。
福島は東北地方なのにな、、(笑)

それで本題に入ります。

ZIT TOOLS 社から発売されている『TAKING TK-801BL』
この革漉き機専用のスペシャル押さえ金が発売されたんです!
ENGAWAさんとZIT TOOLSさんのコラボですね!!

縁が縁を呼び、、という感じでENGAWAさんが作り出したアイテムです。

これは駄洒落じゃないです。
ENGAWAさんのコンセプトですからね♪
僕はその中間あたりにいたそうなのですがあんまり自覚はないです。普通に買って普通に使っているだけですから(笑)

良い物は理由なしに熱く語りたくなる!
これが良かったのかな??

僕が愛用している革漉き機です♪
a0228364_0261180.jpg

革漉き機本体の性能ももちろんのことクラッチモーターの約3分の1重量、速度の切り替えがボタン操作で簡単、音が静かなサーボモーターで600Wというパワー、以前クラッチモーターの革漉き機を使っていたのでよく分かりますが物凄く静かな音です。
革漉き機の購入を考えた時僕は音の事がすごく心配でした。

総合的に性能もよく価格も良心的です。
価格が良心的な理由は機械自体が安くて性能が悪いとか中古パーツを使っているというわけではなく輸送ルートの改善などの企業努力によるものなのでご安心を♪
ニッピの革漉き機も触った事ありますが僕には差が分かりませんでしたσ(^_^;)

そしてアフターサービスも万全です。技術者の方もちゃんといらっしゃります。
やっぱり最初は不慣れで間違った操作したりしますよ、、グラインダーの刃を回転させるの忘れたまま丸刃にグラインダー当てちゃったり、あんまりいじらないほうが良いダイヤルいじっちゃったりとか、、
でも壊れたりしないですしダイヤルだってなんとなく分ってきて調整できる様になります。

たまにはZIT TOOLSさんに電話したいな、、とか思うのですが不具合がでたりしないので電話するきっかけがなくて困るほどですσ(^_^;)

そんなTAKING TK-801BLに加工なしでスペシャル押さえ金が装着できる!
朗報ですね(^_^)v

こちらの商品はZIT TOOLSさんで購入できます。
詳しくはZIT TOOLSさんのホームページのブログをご覧ください♪

通常のスペシャル押さえ金の方はENGAWAさんで購入できます。
あと素敵なツールもいっぱいありますよ。ステッチメーカーなんて凄いアイデアですよね!

スペシャル押さえ金の詳しい話題に入る前に革漉き機について少し。

買う前は本当にビビりました。大きい機械で安くもないですから、、周りに持ってる人いないからどんな感じなのか?さえ分らない状態で買いましたからね、、
でも買ってみるとなんで早く買わなかったのだろう!
と思う機械です♪革漉き機持っている方は皆思う事だと思います。

革包丁だと何分かかるかわからない漉きが一瞬で終わります。
a0228364_00413780.jpg
しかも正確に、、

革漉き機購入を検討されている方からたまに相談がくるのですが、その際僕は保証のない中古の日本製革漉き機を買うより新品を買うのをお勧めしています。

いくら日本製でも整備されていない革漉き機を買うと自分でいきなりメンテナンスはできないでしょうからメーカーさんにお願いする事になると思います。
当然保証はないから整備代もかかるし部品だって交換する可能性大です。しかも大きい機械なので送料だってばかになりません。

新品最初から買えば良かった、、

こんな事も大いに考えられます。

*重要*
ただし、新品でもヤフオクで売っている新品ははっきり言ってダメです。特に革漉き機の名称に801という数字があるタイプは自分のメーカーのステッカー貼ったりしてカモフラージュしていますが実態は中国製の革漉き機「801」というものです。もちろんTAKING製ではありません。

ここらへんの事はZIT TOOLSさんのホームページにも書いてあります。
僕は1度知らずに買った事があったんですが、半年もしない内に壊れて返品しました。危なかったのは保証がきくのが半年だった事です、、ギリギリセーフでした、、問題なく使えている方もいらっしゃいますのでそれはそれで良いと思いますが、もっと長い保証が欲しいところですね。
革漉き機は30年、40年と使える機械ですよσ(^_^;)

長い付き合いになる機械なので購入の際不安を感じたらまず電話をしてみると良いです。優しい女性の社長さんが対応してくださりますよ♪

購入の際僕の名前出しても大丈夫です。話がスムースに進むと思います。
あと良い事あるかも??もしかしたらですよ。もしかしたら。(笑)

長くなりましたすいません。革漉き機のお話は終わります。

本題ですね♪

〜スペシャル押さえ金〜
「幅広面のベタ漉きを綺麗に漉きたい!」
これを実現させるための必需品と言っても過言ではありません。

ベタ漉きをしたいのであれば革漉き機を買った際、同時に買うべきだと思います。
「ベタ漉き」は例をだして簡単に言うと、2ミリ厚の革を均等な1ミリ厚にするという漉きです。革包丁やセイフティーベベラなどではかなり困難な作業ですよね。

a0228364_026341.jpg

左側がスペシャル押さえ金
右側は純正押さえ金

これから、なぜスペシャル押さえ金が必要なのか?という事を説明したいと思います。

純正の押さえ金だと2つの問題が発生します。

「一つ目の問題」

革漉き機は純正押さえ金をそのままつかうと基本的に4センチ幅以上のベタ漉きができないです(4センチというのは標準的な幅です)。

できないと言いましたが方法はあります。
例えば12センチ幅をベタ漉きしよう思ったら数回に分けて漉けばいいんです。一回漉いたら革をズラして、、という事をすれば幅広い面を漉く事が可能です。

しかしながら、純正の押さえ金だと一回の漉きでこんな感じの筋がつきます。。
(今回使用した革はグレイジング加工されたサドルレザーです。)

この筋がつくというのが僕が言う「ベタ漉きが4センチ幅しかできない」という理由です。
a0228364_026253.jpg

これは押さえ金の構造の問題です。純正は両端のエッジがたっています。

幅広く漉こうとして少し革をズラしながら漉くとこうなります。
a0228364_026298.jpg

わざと大げさに細かく、そしてかなりミスったように革をズラしながら漉きました。。
どれだけ筋が付くか分かりやすいですよねσ(^_^;)

どんなに綺麗に漉きをかけても4センチ幅ごとに筋が入ります。
この筋は早々簡単に消えません。
いや、、消すの無理だと思います。革にもよりますが、、

「二つ目の問題」

純正の押さえ金だとニトフロンテープという高価なテープを貼る必要があります。
a0228364_026856.jpg

純正の押さえ金は滑りが悪いんです。
貼らないで漉くとグレージング加工されたように銀面がツルツルになります。
漉いたパーツと漉いていないパーツが全く違う表情の革になってしまいますσ(^_^;)

ニトフロンテープは5千円くらいすると思いますし、切れたらいちいち押さえ金を外してテープを貼り直す必要があります。
その点スペシャル押さえ金はテフロン加工されているので滑りがよくニトフロンテープを貼る必要はないです。
その上通常より耐久性のあるテフロン加工が施されています。

幅広面のベタ漉きを綺麗に仕上げる事ができるようになるのは正に革命です。
革漉き機の使い方が急に上手くなったような気になるくらいですよ(^_^)v

次に「TAKING TK-801BL」と「スペシャル押さえ」の互換性の問題です。
今回の新商品発売で解消された問題ですが一応書こうと思います。

本当に、、1ミリもないようなズレです。

押さえ金を固定するピン
a0228364_026415.jpg

これなんですが、、

純正押さえ金だとこんな感じ
a0228364_026314.jpg

スペシャル押さえ金だとこんな感じ
a0228364_026551.jpg

本当に1ミリ以内のズレですよね、、

このズレのため今まではスペシャル押さえ金を装着しようとすると革漉き機の1パーツを加工する必要がありました。
a0228364_026671.jpg
ここについている。
a0228364_026792.jpg
このパーツです。
a0228364_026746.jpg

少し薄く削っているのわかりますか?

でも加工って怖いですよね、、、
レザークラフトの工具(特に刃物)は基本的にそのまま使えないのから研いだり加工する必要があると言われたってやっぱり「壊したらどうしよう?」とか思いますよねσ(^_^;)

専用のスペシャル押さえ金が新発売されたのはこういう点でも嬉しいですよね(^_^)v

あっ!
押さえ金交換する時は下に革をひいたりして交換してくださいね♪
a0228364_026117.jpg

いくら頑丈なテフロン加工でもビア樽(石)で擦れれは傷がつきます。

文章が長くなってきたのでそろそろまとめたいのですが、、もう少しお付き合いください。

レザークラフトを続けていくと研ぎや加工は付き物です。
僕は台所で砥石使って包丁を研いだり、工房内の金属加工スペースで工具の錆び取りとか簡単な加工してます。たまに簡単な工具も作りますよ。
a0228364_026919.jpg

最初の頃は鉄粉が付くと革が真っ黒になるから鉄の加工は怖くて仕方なかっのですがシュウ酸やレモン汁を使えば綺麗に消えるので安心して鉄いじってます♪
a0228364_026109.jpg

酸くらい漢字で書けよ自分、、とか思いました(笑)

最後に、、
僕たちものつくりは工具がないと物が作れません。あと、既製品の工具にはないけど自分の作りたい物を作るために欲しい工具がでてきます。こういう時は自分で作ります。でも僕は工具作りのプロじゃないので限界もあります。
そこは「刃物は刃物のプロ」、「木は木のプロ」、「鉄は鉄のプロ」に任せるべきだと僕は思っています。
今の時代、インターネットなどで色々な情報を得たり買い物がネットでできるようになったりと便利になった反面、廃盤に次ぐ廃盤、工具を作る職人さんの引退などで昔は手軽に買えたけど今は手に入れたくても手に入らない工具っていっぱいあると思います。

ここら辺は新しい世代の職人さんに頑張って頂きたいところです。また、ライフスタイルの変化の理由でレザークラフトができない方がいっぱいいると思います。

1番は「音」ですか?
音に配慮した工具が新たに続々と生まれてきているのでそうだと確信してます。
あと、価格は安いけど高級ツール並みの性能を持っている工具。

そういう工具は僕も欲しいです。
頑張ってお金稼いで利益がでて嫁の許可がでたらいっぱい買うぞ!!(笑)

長文乱筆失礼しましたm(_ _)m

最後まで読んでくださってありがとうございました。


今日は記事長過ぎたからご覧下さいと言えない(笑)
↓カートショップサイト
即納品可能商品のレザーアイテムやビンテージ工具を販売しております。

↓ホームページのリンクです。
Hand made leather goods
t.kanno


今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""

3〜4年前から知ってはいたが設定難しいのかな??と思い込み参加していなかった人気ブログランキング、、凄く簡単だったので参加してみました♪

ポチッとしてくださると元気が出ます。

革・革小物 ブログランキングへ

[PR]
by tkanno4649 | 2015-07-14 20:45 | レザークラフト
<< カービング仲間♪あといっぱい革... iPhone6plusケース、... >>



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん こ..
by tkanno4649 at 18:54
ついにアメリカンタイプを..
by angie at 18:44
>noraさん はじめ..
by tkanno4649 at 20:17
はじめまして。 kan..
by nora at 18:11
>angie さん 嬉..
by tkanno4649 at 11:17
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。