俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

レザーカービングの工具について(その7)

こんばんは( ゚▽゚)/

先日エアコンを買ったんです...すご〜く種類あったんですが迷わず「白くまくん」にしました♪
理由はエアコンと言われて思いつく名前が「白くまくん」だったからです!
この感覚古い人間の発送ですかね??

店員さんから色々な機能などの説明聞いたんですが全く頭に入ってこなかったです。あんまり興味ないからだと思います。散々説明受けたあとに「とにかくパワーがあるほうが良いです。」とか非常に失礼なことを言って買いました...でもパワーは欲しいですね!(笑)
僕のブログも興味ない方からするとこんな感じなんだろうな〜なんて思います(爆笑)


これで今年の夏のクラフト活動もいい感じになりうそうです♪

iPhoneケースのオーダーも発送したので暇になる予定だったのですが、白くまくんの取付け工事しなきゃ!ということになって大掃除してました...行方不明だった材料とかいっぱいでてきました!革もでてきたんですが押し入れの湿気にやられてました(゚ー゚;A

ではここから本題です!
前回の記事はこちら↓
レザーカービングの工具について(その1)「まず始めに...的な記事」
レザーカービングの工具について(その2)「スーベルカッターについて」
レザーカービングの工具について(その3)「フラワーセンターとシーダーについて」
レザーカービングの工具について(その4)「ペアシェイダー(サムプリント)について」
レザーカービングの工具について(その5)「ベンナーについて」
レザーカービングの工具について(その6)「ベベラについて」
リンク合ってるかな?自信ないです...間違えてたら容赦ないツッコミお願いします(笑)
あと、この記事シリーズ放置してたので自分がどこまで書いたのかを調べるのが大変でした(笑)

今回は「アンダーショット(リフター)」についてです。

後でも書きますが、通常刻印で言うとアンダーショットは「ベベラ」に分類されています。「革の下に刻印を潜らせて革を持ち上げる」という使用方法のほか「先端の丸いベベラ」としても使用できるということです。

どこで書こうかな?と思っていたんですが、レザーカービングはどんな厚かろうが「ミリ」単位の厚みの革で立体感を出さなくてはいけません。
それには「カットの強弱」、「刻印の強弱」、「刻印で模様をつけて奥行きがある様に錯覚させる」、「打刻によって革を圧縮させて色(陰影)を付ける」、「メッシュの荒いもの、細かなもの、ないものを組み合わせる事で奥行きを表現する」、「染色をする」...
もっとあると思うんですがぱっと言われて思いつくのはこんな感じです。結構適当ですね..すいません(゚ー゚;A

以上のようなことをすれば「唐草模様」は表現できると思うんですが、より立体感のあるシェリダンスタイルカービングを彫るには「革を持ち上げる」ということをプラスする必要があると思います。
そこで使用する刻印が「アンダーショット(リフター)」です。

僕が持っている「アンダーショット(リフター)」はこんな感じです。
a0228364_1745474.jpg


シェリダンスタイルカービングを彫るには必需品とも言える刻印だと思います。
なので色々と試していくうちに本数も増えていきましたが、「アンダーショット(リフター)」の1番細いタイプはできれば国産品ではなくバリーキング刻印が好ましいのでは?と思います。
最初のころはやっぱりバリーキング刻印なんてとても買えなかったので通常刻印のB892を使っていました。

あと、この刻印は自作される方も多いと思います。
僕はバリーキング刻印で1番細いものよりさらに細いものが欲しかったので自作しました。
簡単に作れるとまでは言いませんが、他の刻印に比べれば1番自作しやすい刻印だと思います。
a0228364_174586.jpg

僕はステンレス製の釘の先端を曲げてからバリーキング刻印の構造を参考にヤスリやルーターで削って作りました。

それで主に使用する箇所は「スカラップ」です。花とか葉の凸凹のところですね♪
かなり苦戦するところだと思いますが、凹の部分は「アンダーショット(リフター)」に任せて凸の曲線をキレイにカットするよう意識すればいい感じに仕上がると思います。
a0228364_17529.jpg

「スカラップ」...左上のような感じの凸凹ですね...今でも苦手意識があります(;^_^A
「スカラップ」→「帆立貝のフチ」を想像してみて下さい凹の部分はそんなに入り組んでいないはずです。

右上の写真なんですが、もの凄い適当にカットしてみました!僕はいつも凹の部分は深くカットしません。
この状態だとマズいような雰囲気が漂っていると思いますが、左下の写真で「アンダーショット(リフター)」を打込みました。
これだけでいい感じになってきたと思います?
あと、打込む方向は基本的に「フラワーセンター」の方向です。

それから「ベベラ」と「ペアシェイダー」を打ってみましたがそれなりにキレイな感じになっていると思います。

自分なりの考えなんですが、「スカラップ(花や葉の凸凹)」は「アンダーショット(リフター)」の性能で決まるぐらいに思っています。


その次に先ほど軽く触れましたが「先端の丸いベベラ」として使用する方法です。
a0228364_1751943.jpg

スクロールでその使用方法を紹介しようと思います。

まずスクロールの内側の急カーブですね。こういうところは通常刻印のB61あたりで先端の曲線を利用して回す様に打っていけば奇麗なベベラ打ちができます。やや強めに打つとツルが少し持ち上がる効果も期待できます。
これは僕がやっている方法なんで基本なのかどうかは不明ですが、ツルの先端に打込んで革を持ち上げると「ツルの先端=深いカットとベベラ+革を持ち上げる」、「ツルの終わり=フェザーアウト(鋭く抜ける)」ということになります。

つまり強弱(コントラスト)をよりつける事が出来るのでツルの立体感が増すことで全体的にも立体感が増すという事です。

長文なのでかなり誤字脱字あると思いますがご容赦ください(;^_^A

次回の刻印記事は「カモフラージュ」「ミュールフット」あたりをいこうかと思っていますが、僕は個人的にシェリダンスタイルではほとんど「カモフラージュ」をつかいませんし、「ミュールフット」に関してはあんまりこれと言った拘りもないです..なので実は未だに通常刻印をメインに使ってたりします(笑)
なので最後の「バックグラウンド」までいくかもです..?

今日はこんな感じです(⌒ー⌒)ノ~~~


ここからはただの宣伝です(笑)

皆さんCreemaって知ってます?なんだか手づくり作家さんのためのネット販売・展示ができるサイトなんですが、密かにやってるんですよ...展示だけですが(笑)
オーダーはご相談に応じて...かなり強気な値段つけてますが適当な値段です(笑)できれば打ち合わせでお互いわくわくできるような感じで盛り上がりたい感じです♪

不慣れなところもありますが、よろしければ僕のマイページもあるのでご覧下さい♪
『Creema』のマイページ
[PR]
by tkanno4649 | 2013-06-30 18:22 | シェリダンスタイルカービング
<< 着弾ラッシュと刻印の加工! 初ウォレットロープ‼と「初めて... >>



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能アイテムをお安く提供させて頂いております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん 返..
by tkanno4649 at 23:35
残念ながら今回ははずれま..
by angie at 20:54
> kinariさん ..
by tkanno4649 at 23:44
> nogu0712y..
by tkanno4649 at 23:42
参加させていただきありが..
by kinari at 23:17
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。