俺のホビー!!ほぼシェリダンスタイルカービング(゚д゚)(。_。)ウン!

カービングボード作製過程の紹介です(o^∇^o)ノ(その1)

こんばんは(^▽^)/

今回のカービングボード作りは暑い中かなり気合いを入れていたので、完成後は暑さに負けてとろけてます(゚ー゚;A

しばらく作品作りは手仕事市の作品だけにします....

そうだ!!

出店決まりましたよ!場所はBブロックだそうです(^_^)
a0228364_20463162.jpg


話は変わりましてカービングボードの製作過程の紹介です。写真撮るの忘れてて途中かなり抜けているのですが良かったらみてやってくださいm(_ _)m
参考書とは違う方法もあるので、「こんな方法もあるんだ〜でも俺はこの方法が好きだ!!」みたいな感じでみてくださいね(笑)

まずは図案描きからですね。
a0228364_20511879.jpg

今回はかなりの書き直しをしました....鉛筆で描いては消しゴムで消して...手は真っ黒になって..みたいな感じです(゚ー゚;A
1番上に写っている下書きは1番最初に描いたものです。よく見て頂ければわかるかも知れないのですが、まずは全体的なバランスを考えて細かいところは気にせず荒く描いて行っていって徐々に解像度を上げて行く方法で描いています...そこから手直しが始まるのですがホントの戦いはここからのような気がします。
今回ちょっと気が付いたのですが、iPadで図案描いて見ようと思ったけど上手くいかなかった時、自分の図案を画像として見ると第三者の目で見る事ができて図案のおかしなところ見つけやすかったです!

次にカットと刻印打ちです。
a0228364_20514288.jpg

凄い大切だと思っているのはカッターの切れ味を常にキープすることだと思います。水分量は自分に合った量で良いと思います。
でも、カットのとき革に刃が引っかかる感があるようだと水分量もしくは研ぎが足りないと思うのでルージュスティックでしっかり研いだ方が良いと思います。
あと、スーベルカッターは両刃なので数を数えながら裏表同じ回数といで下さいね。これはスーベルカッターに限らず両刃の刃物でも同じです。
このルージュスティック台は自作ですが、「木の台座にタンニン鞣しの革を2枚用意して吟面とトコ面が見えるように貼付けてトコ面にはルージュを塗込んで油をしみ込ませただけです。」
ルージュスティックは100均でも売っていると思います。油もミシン油でOKです!
a0228364_21351868.jpg

今回は「シェリダン」「アリゾナ」「スツールマン」「カルフォルニア」「フィギュアカービング」を取り入れたのですが、刃は1番太いもので刃の中心が湾曲しているものです。
力加減で様々なスタイルに対応できるのでほとんどは1番太い刃です。
だた、シェリダンの花の付け根のデコレーションカット..これは細かすぎて出来ないので角度のついた刃を使っています...たまにカットしない方が...と思うほど苦手です(笑)


僕の彫る順番は「フラワーセンターの打刻」→「カット」→「アンダーショット(アンダーカット、リフターetc)」→「ベベラ」→「ペアシェイダー」後はあんまり決めてません。

この順番も花を打つ時は「フラワーセンター」→「センターシェイダーor縦線の入ったペアシェイダー(フラワーセンターの周りをすり鉢状にする作業です。)」→「カモフラージュ」→「スーベルカッターでのカット」→「アンダーショット」→「ペアシェイダー」→「ベベラ」→「デコレーションカット(フィニッシュカット)」と言った感じで全く違います。

カットと刻印打ちも参考書に載っている基本は「カットはメインの花からでベベラ打ちは逆から」みたいな感じですよね?
でも、カッターの後「アンダーショット」→「ベベラ」をやっているとベベラ打ちで挫けそうになるので部分的に好きなところから彫って行ったりもします。

自分にあった方法で結果が良ければいいんだと思っています。

革の水分量をキープするにはジップロックかなんかに入れて冷蔵庫に入れておけば良いと思います。

ここから様々な刻印を打っていくのですが、以前に記事で書いた打ち方と変わっていないのでタグで過去ログを見て頂ければと思います...実は写真取り忘れです(゚ー゚;A
a0228364_20522630.jpg

いきなり飛んで最後に打つバックグラウンドなんですが、今回は3種類のものをつかいました。「バーグラウンダー」と「メッシュのグラウンダーでメッシュの細かいのと(A98,99)中目くらいのもの(A104,104-2)」です。
まずメッシュのグラウンダーなんですが、
写真1のようなところ...ベベラ入らないですよね?ここは刻印の爪先で潰してやると良いと思います。
角を決めたら、
写真2の真ん中当たりのボコッとしたところ...僕はこれ邪魔なので外周を打つ前に軽く潰しちゃいます。
その後は、
写真3みたいに外周を潰してから全体を打ってます。

バーグラウンダーは出来ればツルなどの流れに合うように打っていきたいところですが、なかなか難しいです...どうしてもできないところもあります(゚ー゚;A

長い記事ですいませんでした。今日はこんな感じです(⌒∇⌒)ノ""
[PR]
by tkanno4649 | 2012-07-13 22:05 | レザーカービング
<< カービングボード作製過程の紹介... カービングボード完成です( ゚... >>



レザークラフト、シェリダンスタイルカービング、ギターなどなどの趣味の記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓カートショップサイトリンク↓
【BASE】Handmade leather goods t.kanno
*即納品可能の革製品やレザーカービング工具等を販売しております。よろしければご覧下さい。

↓ホームページリンク↓
「Handmade leahter goods t.kanno」
オーダーメイド、レザークラフト教室のお問い合わせはホームページをご覧下さい。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> angieさん カ..
by tkanno4649 at 03:57
浅いカットと深いカットの..
by angie at 23:02
> angieさん 僕..
by tkanno4649 at 08:45
いつも楽しく見てます。 ..
by angie at 08:34
>じんさん はじめまし..
by tkanno4649 at 17:35
以前の記事
外部リンク
ブログジャンル
フォロー中のブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。